2021年05月18日

きょうの健康【 いま注目!東洋医学のチカラ 「体力を回復!“補剤”の実力」】 という番組、漢方に関心ある方は、参考になるでしょう。

Tverを観ていたとき、
NHKのきょうの健康という番組の映像がありました。

そして、まさに今日の20:45分で終了予定の、もうすぐ見れなくなる映像に、気になるお役立ち映像がありました。

東洋医学のチカラの特集で、漢方の「補剤」について、わかりやすく解説してくれています。
漢方に関心ある方なら、観ていただければ参考になると思い、情報を掲載させていただきます。






きょうの健康
いま注目!東洋医学のチカラ 「体力を回復!“補剤”の実力」

NHK Eテレ・東京 
5月11日(火)放送分
5月18日(火) 20:45 終了予定

Tverの上記映像のURLは以下になります

https://tver.jp/corner/f0073911


【毎週月〜木曜日 Eテレ 午後8:30から放送】

漢方薬のなかで、体に必要なものを補う役割をもつ“補剤”。低下した体の機能を向上させてくれることが知られている。代表的なものとして「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」がある。最近の研究で“補材”は、体の免疫機能を調節することも分かってきた。漢方方専門医を探すには、日本東洋医学会のホームページが便利。補材の効果を詳しく解説。
(※NHKプラスでも配信中! https://plus.nhk.jp/


【関連する記事】
posted by スズキ at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

骨盤のずれから、背中の鍼がきつくなったつらさの改善に効く、くさび型ブロックテクニック。

こんにちは。

私の家の前が桜並木の歩道になっていて、
朝5時の人通りが少ない時間帯に、
ご高齢の方が散歩し、
若い人がジョギングで息をはずませています。

私は家の前の私道に我が家の植木の葉っぱが落ちたものを、
さささっと掃除しているときに、ご近所から「おはよう」と声がかかります。

日中は極力外出をすることないよう時間を選んでる人が多くおられるんですね。
適度な運動が与える健康的な代謝力向上、それにともなった免疫力の維持など、
こころを配っていますね!

私は夜遅くなってから歩く感じで、日中の頭がクリアな時間帯は施術研究に当てています。




お客様から、メールで問い合わせがありました。


自宅で椅子に長時間座り続け仕事をすると、
ついつい足を踏ん張ったり、足を組んだり。
そのようなだらっとした姿勢をしなくても、
相応の負担が、腰、背中、首に課されることとなります。


そうなると腸骨が前傾したまま固定され、
仕事中も仕事後にも骨盤がずれたままになってしまうことがあります。
それが積み重なると、頭の中がもやもやしたり、肩を持ち上げて気持ち悪さを拭おうとします。
これが過ぎると視力がずんずんと下がり始めるんですよね。。。



骨盤部分の脚部や腰部などの太い筋が凝って理想状態の位置からずれてしまっているところの凝りは、
脚部の末端のしびれやむくみなどの代謝異常という不具合は感じだすでしょう。

こうなると「腸骨」がずれると「肩甲骨」が同時期に同様なずれるようになっています。
そういう仕組みがあるんですね。

この場合、腸骨の位置のずれが改善できない限り、
肩甲骨と肩甲骨の間あたりの詰まった感じの気持ち悪さが抜けません。


ランブルローラー等で肩甲骨と肩甲骨の間あたりをゴリゴリ刺激しても、
やっているときは気持ちいいが、そこが問題ではなく根が他の腸骨のずれから登ってきたものですから。
まったくランブルローラー等での刺激したときの気持ちよさは長持ちしないのです。


では、そういうときはどのような対策があるでしょうか?



ひとつの対策法は、
上記でもうしあげましたようにしっかりと30分以上、大腰筋を活かしたウォーキングで散歩すること。
そうすることで、気分もリフレッシュしますし、腸骨の前傾も改善し、背中の負担感も軽減するでしょう。


でも、、、今の時期、外出は極力したくない!


という思いもあるのはわかります。

ならば。


ブロックテクニックという対処法があります!



くさび型ブロックで骨盤調整.jpg


私も、日中長時間、必死に頭を使い続けていて外出を控えてますので、
このブロックテクニックを使います。


ブロックテクニック用の製品は5000円以上するので、もってません。^-^;
私は自動車の傾斜地にはめるくさび型ブロックにシリコンマットでくるんで自作して使ってます。
私のくさび型ブロックの傾斜度は45度くらいがちょうどいい感じです。
(※傾斜度は、各人の骨盤の前傾度により最適角度は変わりますが、最初は30度くらいから始め、
  物足らなければ角度を少しずつ高めるようにしてください)



代用として、バスタオル等を硬めにしばって、すべり止めマットなどを巻き付けてみて、
うまくくさび状に仕立てて使っている人もいます。
皆様も、工夫して自作してみてください。


くさび型ブロックを腸骨のとんがった部分の直下に設置します。
ポイントは、腸骨のとんがりを上方に押し上げるようすること。
あとは<うつ伏せ>で寝るだけ。

私の自宅には、胸の下に置くマットやフェイスマットがありますから、
そちらも使います。 ^-^


きもちわるいぞ、背中が!!と、
不快さを耐え続けて作業するよりも、
20分ほど、くさび型ブロックを使った骨盤調整に時間を割いたほうが成果の高い仕事ができます!!


※ 骨盤のずれ方には個人差があります。一度試しにやってみていただいて、不具合を感じたらすぐにやめてください。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【ビワの葉温灸用にベン石温熱器は、活かせるのか?の実験】


本日は、もうひとつ課題があります。

自宅の玄関前のビワの葉を使って、人体にどのような良質な影響が得られるか。
試してみようと考えています。

がん体質の改善にビワの葉は効果が高いといわれております。

ビワの葉温灸、、、棒状の温灸を重ねた紙越しに熱をビワの葉につたえて、
枇杷の葉の有効成分を体の中に取り込むという健康法があります。

ですが、、私はこちらのセットを買ってやってみて痛い思い出があり使いたくない。。。


ならばベン石温熱器の加熱力を活かしてビワの葉療法のようなことができないだろうか?
活きの良い採取したてのビワの葉を使ったビワの葉の温熱がうまくいかないか、試してみるつもりです。


ビワの葉ベン石温熱器.png


ちなみにビワの葉温圧器という製品はあるのですが、85000円以上の高価な専用器具です。
こちらを本来は購入して試せればいいのですが、今のところ、その出費は難しいもので。

ベン石温熱器の可能性を追究する意味もあり、
調べてみたいと考えています。

私の落語愛好家仲間から、体調不良を被ってしまったという連絡があって、
少しでもその方の改善を祈念して、なにかよいものを送れればと考えています。
posted by スズキ at 14:26| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

みなさま! ヨモギ座布団って、ご存知ですか? 農家さんの腰痛対策に使われるすぐれものなんですね!

日本は、かつて農産物を輸入に頼ってきた。
ですがこれからは地産地消の内需拡大へと向かう傾向が高まってきました。

農家の高齢化と後継者不足が問題となっており、
職業安定所等には地方で農家をしていこうというチラシ・ポスターが多く見かけることができます。


「将来的に農家の働き手の方々へ施術を送り届けることはできないだろうか?_」

ボディワーカーの販路拡大ではございませんが、
個人でやるコーチングシートに自分ができること、したいことなどを書き込みました一つの項目が上記です。


そこで【現代農業】という農業の業界雑誌を図書館から借りてきました。

幾冊か目を通すうちに、
画期的な、腰痛にすばらしい手作りグッズの紹介をしておりまして。
そちらを皆様へシェアできればと思いまして。




【現代農業 2019年7月号】農山漁村文化協会
巻頭特集:身体にいい草、すごい草






腰痛にいい「ヨモギ座布団」の紹介です。

薬効の強い梅雨前までのヨモギの新芽辺りを摘んで乾燥させ、
座布団を綿を入れる袋に詰め込みます。
このヨモギ座布団を3個作ります。
そして「背中、腰、頭」の下にそれらヨモギ座布団を敷いて寝る。

そうやって深刻な腰痛を解消させたという方がおられます。


ヨモギというと、葉の裏の白い綿毛部分をこそいで集めると、
それがお灸につかう「もぐさ」になります。


もぐさに火をつけることで、温灸のすぐれた薬効が得られることは、どなたもご存知でしょう。



ただヨモギの面白い植物上の性質によると、
人体の皮膚につければ、薄い布越しでも火をつけなくとも温灸のような温かさを感じられます。
ヨモギの持つ薬効も得られるそうです。
そう紹介されている書物もあるそうです。

私は、存じ上げておりませんでしたから、
「えっ、それっておもしろいよ、絶対!」と食いつきました。

ヨモギは5月〜7月頃の春から初夏に芽吹き、葉をつけます。
この頃に収穫された葉がより薬効効果が高いとされています。
その間に採取するようになります。
採集して、十分な軽さで風に飛ぶほどに乾燥。

100円ショップで袋状でジッパーが着いた座布団カバーや枕カバーを買って、
そちらのなかに乾燥よもぎの葉をボリューム感あるぐらいしっかり詰めます。

そうして作ったヨモギ座布団を敷いて、
その上に頭、背中、腰などを上に乗せて寝るようにして使います。

※1〜2週間使うと、よもぎの葉がつぶれてかさが減るので、
そこはすかさず追加の感想ヨモギを加えて増量していきます。


ヨモギ座布団.jpg



関心を持った方がおられれば、ぜひ、自作してくださいね。
私も、これは作ってみようと思ってます。


こちらのヨモギ座布団を使うことで、どのような変化が人体に起きているものか?
そこは、治療家が紹介する本ではございませんから、効くからくりを知ることはできませんが、
ヨモギという古来より西洋でも東洋でも広く薬効の高さをたたえられている薬草は数が限られます。
ヨモギは西洋では神話のアルテミスにちなんだ名がつけられるような神聖な薬草として知られています。
アルテミスという女神の名が冠されていて婦人科系のサポートにとてもよいともいわれていますね。

また、よもぎは漢方に使われる生薬として「がいよう」といわれています。

艾葉 がいよう ガイヨウ よもぎ ヨモギ 刻み 30g 薬膳料理 薬膳食材 薬膳茶 薬膳鍋 薬膳スープ

またヨモギは薬酒にしたり、化粧水にしたりと用途もいくつかございます。




著者が自身の体調悪化の具合をつたえる文章から、
膝等が”しびれ”だして、それが体幹におよびというとき。

初期段階での痛みが出ているときは、一般的な整体院でも対応できるときもありますが、
痛みからしびれに変化してくるなら、力技の施術を受けて明らかにダメージを蓄積した部位が、
さらに悪化させられるようなことになるケースが多いのです。
しびれが出てきている状況では、部位的に慢性化して久しいため、
患部の組織は気血が不足して壊れやすいもろい状態になっています。

そのような薄氷を踏むようなガラスの腰状態を診るには、相当な技量と見立てができること。
あとは安全第一の旗印をたてていない整体院では、お世話にならないほうがよいでしょう。

高齢になられた方の場合ですが、
加齢により壊れやすくなっているコラーゲン生成力が落ちており、
同時に飢餓状態に陥っている患部です。

若い人であれば、ある程度、自前でコラーゲン組織の貯えがあるから立て直しも期待できますが、
加齢が進むと、人にもよりますが、成長期の1/10以下にまで、体内のコラーゲン組織の生成ができていない状態に。
生理的な状態を認識すれば、誰でもがそうなるということなのです。

だから私たち施術をする者は、年齢や運動状況、ストレス、食事様式などからも、
この人は早々によい感じになるだろうと予測していたり、
またはその逆を危惧したりいたします。


加齢が進み、そのときに四肢にしびれがくると、そこから元の体調のよい状態にまでリカバリーするのは、
整体等ではかなり手間暇時間、労力やが必要になるのです。


それがこちらの著者は、しびれまで進んだが、
ヨモギ座布団と、もうちょっとヨモギやビワ等の薬液をいれたぬるいお湯に長くつかるなど、
いろいろと他にも手を伸ばしたといいますが、
それらをなして、体調が徐々に改善。

しっかりと体調が改善してから、すでに6年経ったが、今も大丈夫だよ!
とのこと。


これって、本当にすごいことです!!!



あとは睡眠は深まり、朝の目覚めもよく、ご飯もとてもおいしくなるとのこと(著者体験談より)。
ヨモギ座布団を使うと、格別な深い眠りが期待できそうです。


で、


「もしや、すでに製品化してるのか?」と思いAmazonで調べⅮると、、、

ありました。 ^ー^



よもぎ蒸しカイロ・レンジでチンするお灸カイロ(薬草 あずきカイロ)【ぽかぽか よもぎっこ】きいろ

※小豆、よもぎ、びわの葉、生姜、ラベンダー、岩塩が入った天然素材100%のホットパックです。
ということで、よもぎ以外の成分も多く、工夫されているんですね〜。
特にびわの葉を入れたというのは、興味深いですね。
また岩塩を入れることでレンジでチンする加熱法が可能となるのも、よく考えておられます。
(ビワの葉は、よもぎと相性のよい薬草です。神経痛、リウマチ、肩こり、腰痛などでカラダが痛むときに、これらを薬酒に付け込んだものを湿布したり、塗布することで痛みを和らげるそうです)
また私は個人的に母ががんであったときにビワの葉温灸を試そうとし、
母に熱くてつらい思いをさせたがそれに見合った効果が明瞭にはわかりませんでした。。。
岩塩の温めによるビワの葉のエキスがにじみ出るというものであれば、
ビワの葉温灸のような熱さも技術も必要がないので安心してビワの葉のエキスの薬効を試せそうです。




ただし私はヨモギだけの座布団が欲しい。 ^-^;
上記、製品ではサイズが小さいので、私は購入は見合わせますが。
こちらの商品のカスタマーレビューを見ると、レビューの人数も多く高評価です。
きっと、いい製品なんだろうと期待できますね〜。

もし、どなたか使ったことがある方がいたら、あなたの使用感をぜひ教えてください m__m



個人的なことでございますが、
いま、私の家の屋上でよもぎを種から育てています。
まだ、全長12センチほどと小さく使える量がないのですが、大きくなってくれることを期待しています。

ヨモギ.jpg


※ これだけじゃ、服用実験用途と座布団用はまかないきれませんから、来月の緊急事態宣言延長明けに、
  千葉県香取へ自生したよもぎを取りにいこうと考えています。巨大な袋を背中に背負って高速バス移動するのか。。。
  
  
ちなみによもぎ蒸し用の乾燥よもぎはAmazonでも売ってるので、
こちらを転用するのもいいかもしれませんね。

posted by スズキ at 17:07| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

ベン石温熱器、排酸棒等でしっかり筋膜をリリースされたあとのセルフケアに。 オイルマッサージは、いかが?

ベン石温熱器と排酸棒の連携で筋膜リリースを受けた。

では、鎧のようなこわばった筋肉がリリースされたタイミングで、
自身でも自宅でできる推奨されるものは?


そのような質問をいただきました。



ご自宅でベン石のかっさや排酸棒をご用意いただいて、
施術で受けたリリース個所を参考にして自分でも解いてみる。
そうすることで私の施術を受けた後の良好な状態が維持、促進できるでしょう。
おそらく維持にとどまらず、気血の通り道を計算して解いていますから、
さらなる改善へと向かえる状態の促進へ通じるでしょう。

まず、そこはお勧めです。 ^-^


他には?


もうひとつ、私自身、少しずつ試してみようと思っていることがあります。


アーユルヴェーダ系のマッサージでは、皮膚にごま油を使うマッサージを施すことがあります。

確か太白のごま油を一定時間加熱することでさらさら度合いが増し、皮膚への浸透力がさらに優れたものとなります。
そのような下準備をおこなうと、アーユルヴェーダでの古書での言い伝えですが「皮膚から15分で骨にまで達する」といいます。
科学的に実際そうなっているかどうかは、私にはわかりません。

ですが人体内部で必要な油分が足りていないときに加熱処理したごま油を皮膚に塗ると、
塗ればまたなくなり足して、「あら、また皮膚に吸われてなくなったわ」という感じに。
信じられない量を吸収するが、適量の油を補充すると同時に、皮膚は油をはじきだすのです。

その様子を確認できたら、これで終わりです。


ちなみに筋膜同士が癒着して硬化が進んだ個所には、油が切れた機械仕掛けのロボットのようなものです。
それでなめらかに正確に動いてほしいと期待しても、それは油でなめらかに動ける歯車の回転が動力になっているなら、
うまく作動してくれないのは当然といえば当然です。


そういった油切れで動きがぎくしゃくしているなら、油を指して動きをスムースにしますよね。


筋膜をリリースされた時点で、ベン石温熱器や排酸棒で筋膜の膜部の癒着や骨との癒合など、
積極的にはがされたとします。
十分に体内で新たな筋膜をうるおす油を自前で作れるような食事を心がけておられることは、
たいせつなことです。
そこは乾燥したハーブのような干からびて生命エネルギーを失ったプラーナレスなものより、
摘みたてで香りが伝わるような生命エネルギーを強く発しているものを口からとるようにします。
気は経絡中を行き来するもので、それは筋膜の中を通るものなのです。
口から摂取した生命エネルギーをの強いハーブ等は、体内の気の通りを力強くしてくれるのです。
それにより気が通じ神経が働きだし、血を誘引して、体調を底上げすることができていく。
それが続けば体質的にも自らの内部の生命エネルギーが高まるような、
良好な体調の維持が容易になるよう変わっていけるのです。

それゆえにアーユルヴェーダ医などでは、便利さから乾燥したメディカルハーブを処方するときもあるようですが、
ものにもよりますが基本はせっかくのハーブの命をいただくならば、その生命エネルギーを感謝していただき同化するようにといいます。


で、ちょっとわき道にそれましたが、筋膜の柔軟性を維持するにも油が使われています。
その油が切れていた体調であれば、先ほど申したような多くの油を皮膚から吸い込みますし、
別の調べ方をすれば、カッピング(吸い玉療法)をして黒痕や紫痕などの色素が皮膚に浮かび上がっていたら
そのときの皮下の状態は油切れと油のよごれが混在しています。


まだ私自身がマッサージ用のごま油を切らしていて ^-^;
自身への実験ができていないものですが。
以前より、数段、筋膜のリリースの深さが本丸の奥部まで進みました。
中医学的に進んだ病といえるような部位は、そのような深部にまで位置が落ち沈んでいます。
そのような部位に対して、固まって固形化したりねばついて動けなかった部位を揺動をさせ、
強く酸化した出て行ってくれにくかったおけつの滞留に動きが現れます。
そのときに経皮より良質なごま油を送り込み、強く酸化しねばりついたものを拭い、
そしてさらさらな適度なpHに落ち着いているごま油をおけつがいた場所と挿げ替えるのです。



私自身、アーユルヴェーダ系の専門的な本を読んだとしても和書で翻訳してあるもののため、
十分な情報量をえられていないのが現状です。


そして今の、ホットストーン、ベン石温熱器と排酸棒などを絶妙に組み合わせた、
体内の奥に蓄積し続けている「酸化した物質の追い出し」と「良質なオイルに入れ替える操作」には、
可能性を感じます。

オイルマッサージは、半裸か全裸のような状態でエステでなさっておられます。
でも私の所ではエステではございませんので、ぜひ、セルフでオイルマッサージをなさるとよいでしょう。
セルフでオイルマッサージをするにも、カラダの前面の胸部や腹部、脚部や腕、首、頭部はやりやすいでしょう。
ただ腰背部や臀部の仙骨部分など、かなり油を指すのが重要な脊椎回りが手が届きづらいのがネックです。
起立筋群が脊椎を立たせる過酷な支柱役を続けて疲労蓄積して酸化物質もたまりやすい場所ですから、
腰背部をしっかり必要な分量のオイルを注入することができているかどうか。
それは非常に重要です。

女性であれば、そのような部位のオイルマッサージをしていただけるサロン等に足を運ばれてもよいでしょう。
または家族の誰かに、やり方を丁寧に伝えてお願いするのもいいでしょう。


ちなみにこのマッサージ用オイルにするごま油。
インドのアーユルヴェーダ医では、やはりゴマからごま油をしぼってみると、
油の性質上、酸化しづらく安定したものでありますが。
こだわりがあるところでは、絞ってからあまり長期保存したようなものは使わないといいます。

実験的に私もしぼって1年以上経った古くなったごま油を使ったときと、
しぼりたてといえるものを使ったときを比べたときがあります。

そのときはべたつき等は古いものがあったが成果は、私自身の身体では際立った違いは感じませんでした。
ですがオイルをグリースのようなすべり材として観るか、フレッシュならプラーナのあふれた生命体ととらえるか。
それによりおのずとどちらを使いたくなるかが決まってくると思います。



またオイルマッサージをするときに、アーユルヴェーダでは「マルマ療法」という、
皮膚の上に現れた体の不調を抑えるためのマルマポイントを特に多く油を塗り込み吸収させることで、
さらなる体の状態の向上をはかるやり方があります。

私がベン石温熱器をあてがっているところは、
実はその効果的に身体の状態を向上させるような書き換えをできるというマルマポイントを温めてます。
マルマポイントと、ポイントというと経穴のような点をイメージされると思いますが、
もうちょっと広域にわたるエリアだと考えてだいたいの位置を把握していただければよいでしょう。

なので施術を受けているお客様は、その点を思い出して念入りにオイルを手に付けて塗っていくといい。
それにより改善成果は、場所や状況に寄りますが、倍から数倍の差異を感じます。


私はアーユルヴェーダ用によいごま油を切らしていますが、
エドガーケイシー療法用のピーナッツオイルでセルフオイルマッサージをしています。

やはりマルマポイントを把握して、メリハリあるアプローチをするかどうかで、
マッサージ後の体調が違っていきますね。
そこは専門的な話になりますから一般の方はそこまでこだわらなくてもいいかと思います。
ただ同業者の先生方で関心があれば大きなメディカルブックセンターなどで以下の本をチェックしてみてください。
私が勉強した本でもあります。



posted by スズキ at 15:48| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

業務連絡:【ボディワイズ:緊急事態宣言延長により5月31日まで休業延長いたします】



【ボディワイズ:緊急事態宣言延長により5月31日まで休業延長いたします】

政府は、東京都等に対し5月11日までとしていた緊急事態宣言の期限を5月31日まで延長することを決めました。

それに関連し、5月31日の緊急事態宣言の延長期間まで、
本格的な施術ご予約の受付を休息させていただきます。

ボディワイズへお通いいただいておりますお客様、
またご新規での問い合わせをいただいておりますお客様に対し、
ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。




■ アフターフォローのご希望のお客様につきまして

※ 現状では、アフターフォローの施術につき、
  お客様の急遽、施術で対応してほしい状況が生じたようなときは、
  個別にご連絡をお待ちいたしております。
  ご連絡をいただけました際、
  施術前のエクササイズをつたえる等の助言をさせていただいたり、
  施術をお受けいただくのが最良と思えたときは受け付けております。

  急きょ施術が必要になる事態といわれても、、、、
  なかなか具体的に現状のお体がそれに当てはめられているかどうか。
  判断が難しいときもあると思います。

  そのようなときは、気軽にお問い合わせください。






============================

【編集後記】

(その1)

■ 緊急事態宣言延長もやむを得ないと思えた変異株の流行と、ワクチン接種時期の不明瞭さ


以下の番組をTverで視聴したとき、
緊急事態宣言が延長されたことも致し方ないと感じました。

クローズアップ現代+
「健康自慢の人が重症化【変異株】家族が次々感染」
NHK総合・東京 5月11日(火)放送分 5月18日(火) 19:57 終了予定
https://tver.jp/corner/f0073908

政府が推奨する個人や企業でできるコロナ対策は、
民主主義の代表のことばで耳を傾けるべきです。
それは手洗いやマスク、そして「三密を避ける」の徹底です。

しかしながら変異株の感染力は従来通りでは不足しており、
政府主導で推奨する対策では足らない実態があるといいます。
それが今回の「クローズアップ現代+」の内容の一部主張です。




ボディワイズでは、
緊急事態宣言延長ギリギリまで
お客様とお会いできる機会を持てるものとたのしみにしておりました。

施術のご予約受付再開のタイミングに間に合わせることができるよう、
以前には不可能といえた施術対応部にも対策を打てるよう、
自問自答と新たな着想からの施術研究により技量を仕上げてきました。



「孤独のグルメ」ならぬ、「孤独な整体」でした。



私がつねに目標としているのは、独自の施術技術を磨くのは手段です。
それが目的ではありません。
独自技術をもちいてお客様の身体的な改善の進行をさらなるサポートができる機会をもつ機会を得られたとき。
いい仕事をするための道具を手に入れられた喜びがあふれてきます。


もともと自宅開業で自宅勤務。
過去に4度ほど身体を壊して長期休業を繰り返した経験があります。
身体的不調が暗澹たる心身を引きづり、
否応なしに新しい生き方をデザインしてきました。
経済的な継続は、そのとき鍛え上げられ、これからもそのおかげで継続できます。

世界や日本の経済は、
好調企業と不調企業の二極化といいますが、
経済全体の血流といえるお金の流れが滞る、いま。
物質において日本を含め世界的な恐慌が起きる恐れも出てきました。

物質的なものを増やして安定し、しあわせを感じるのは資本主義の根幹です。
最低限の生活と目されることを送るにも、しゃにむに働く必要もあります。
そしてそこにばかり焦点を当てすぎれば、
しあわせを感じられないつらさを背負い込む人生を送ることになるかもしれません。


私は、過去の長期休業を繰り返しにより物質的豊かさをほどほどとして求めるにとどめ、
「精神的な満ち足りたしあわせを感じること」に重きをおいて生きようと考えています。

それは私の場合、施術を通してお客様の健康面のバックアップをすることができたとき、
かなえられます。
その気持ちから、丁寧に時間をかけた施術を心がけています。


かかわらせていただいたお客様とともに、
お客様のお体の快適度をあげるという面の獲得から、
お身体に秘められた『身体的智慧』を感じる体験をしていきたい。
(「ボディワイズ」=「身体知」は、いい名だと改めて思います)


近年、そのような思いが、昔の若かった時と比べ物にならないほど、
強く感じられるようになってきました。



そのような気力と体力が整えられたタイミングで、
コロナによる人との接触を少なくするべき現状は、
さらに孤独の整体研究が試練を課されたのでしょう。
私としては、以前の施術より、だいぶ飛躍できたと感じており、
すぐにでも、施術のご予約受付の再開をしたい気がはやる時期です。

今一つ、今の時点でなすべきことを求め、
これからやっていくべきことも再検討したいと考えております。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(その2。)


先日、「排酸棒」に興味ありという鍼灸師の先生からメールをいただきました。
そして後日、私のそのデモを受けに足を運んでいただけることとなりました。
m__m

私以上に排酸棒を知る方々は他におられるものですから、
私がなにかお伝えするのもおこがましいところです。 ^-^;

なので、こんな感じに私は使ってるんですよという具体例をご覧いただいて、
少しでもたたき台としての参考としていただければうれしいと思っています。


最近の排酸棒との付き合いでの気づきとして。


私がゴツコラ(和名:つぼくさ)を江ノ島に調べに行ったとき。
排酸棒をどう使えばいいかを、思案しているときでもありました。
江の島神社( http://enoshimajinja.or.jp/ )のひとり暗がりになった中津宮に、
帰り際に詣でたとき。
江の島弁財天から管鍼術を授かったといわれる杉山和一(検校)は「福石」に縁があった。
「福石」につまづき気を失った杉山検校先生は、
夢で江の島弁財天が現れてありがたさから手を合わせようとしたとき、
手にチクチクと当たった痛みを感じ、諸説あるが竹筒に松葉が入ったものが手に刺さるのを感じました。
そのときの着想から、日本独自の髪の毛ほどの細さの鍼を効果高くあつかう技術が産まれました。

暗くて見えづらい石碑に書かれているそのような文言を読み、
排酸棒にも同様に筒に通し、正確かつ精密に刺激を送れないだろうか。

排酸棒をつかって患部をざっくりと擦ると、
場所により極めて激痛がでてきてしまうのです。
軽擦では痛みの問題はありません。
ただし軽擦は、セルフで長期間かけてとるならばよい方法です。
施術の場ではそれでは時間がかかりすぎ、期待できる成果がでるまでは解けない。
そういった激痛が出る場所ほど、ある意味「治療点」とも呼ばれるべき部位です。
その部位へのアプローチ方法の着想をえるために、
静かな神社仏閣で瞑想をするわけですが。。。


そんなことを考えながら福石をなでていたとき。。。

排酸棒を筒になるような持ち手の柄として、ショックレスハンマーで軽打するとどうなるか。
という絵が、頭の中にでてきました。

このトントンと軽打するやりかたは、経験あります。
以前よりおいでいただいているお客様は体験なさっておられるでしょう。
私は、2年かけてどのようなハンマーをもちいればよいか。
それによる軽打の圧の量の区分け方は。
どのようなハンマーの握り手で持てばよいか。
どのような叩くツールを持ち手でささえればいいのか。
簡単に見えそうなところで、実は使えるには30ほどの多くのノウハウをいれています。
そこは合気柔術などのノウハウがなければ発想して理解できないような質のものです。
これは私のまったくの個人技で、他の方にも同様に通用する形でつたえられませんが、
それぞれの先生がそれぞれの得意な着想で活かせる可能性を感じました。

私は垂直方向の加圧とその刺激の余韻が患部を揺さぶり解く様子を。
そういったことを散々研究して実際実用して成果を出していたため、
ショックレスハンマーで柄を筒で通した排酸棒を叩く絵が見えたとき。
(そういったヴィジョンは手で触れるほどリアルに、そこに現れます。
 ただしその絵は正確ですが私の観察力が甘くて驚くことがでてきます -.-;)


絵が見えた時点でやることは腑に落ちてしまい、
江の島神社の龍神様、ありがとうございました!


自身がやり方のノウハウのリソースを持っていたとしても、
有機的に利点をかけ合わせて技術としてできあがるかどうか。
そんなことはたわいもないと思う人もいるかもしれませんね。
ですが、そういった積み合わせが人生を創る元なのです。


そしてここ数回のお客様への施術で、このやり方を利用していきました。
極々、これによる軽打でお客様のカラダのさらに芯に当たるコリの根っこが見つけ出せるようになりました。

(終わり)
============================
posted by スズキ at 09:50| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

「水やり10年」のごとく 、ひとつのことを考え続け深みを出そうとするときは時間がかかってしまうことがあります。。。

園芸や農業の世界では、
「水やり10年」という言葉があります。

栽培している植物に、
どのタイミングでどれだけの水をあげればいいか。
たとえばバジルを育てるときに、
水をいつも多めにあげておけば枯れないが、
根が育たないため病害虫やちょっとした日照りにも弱くなってしまう。
さりとて水を切らして放置すれば枯れて再生不能に。

それがわかるようになるには、
特別な専門性の高い栽培知識と同時に「鋭い観察力」が必要です。

栽培している植物の状態を多彩な視点で情報をキャッチできなければ、
専門知識という基礎力が活かせません。

観察力をもって栽培をしても、
つい水やりをしすぎて根腐れを起こさせたなど、
かえって人的な操作が過剰にまで入らないほうがうまくいくこともある。

ただ、そうした失敗も観察力をもって意図的になされたものであれば、
まったく同じ事は二度とやることもない。

観察力を活かして体験値を増やせたから、
1から10のうちの2〜3がミスっていたからそこを修正すれば成功するということもわかる。
誰かが「それはやっちゃダメ、危険だから」と言っても、
それをうのみにして手を出さないのは施術の初心者です。
まだ経験が浅ければ、そのような忌避事項の通りにする。
それが正解です。

ただそれでは成長戦略上、万年初心者でいたいならそれでもいいのですが、
多くは2〜3の驚異的な破壊力をもつ地雷が潜んでるが、
そこを細心の注意力をもって爆破させないようパッチを当てて危険を回避するなら。
「禁じ手」が「画期的なまでの生きた手」に化けることも歴史としてございます。
そこがわかるまでは基本に忠実に理解を深め続けること。


そのような「含み」があります。


そうした観察力に裏打ちされた着想から発展した仕事は、
一見すると力技で押し切ろうとしているように見えても、
鍛えられたものだから危なっかしく見えても着地する地点をめがけて降りることができます。

元気な植物に水をあげるより、
葉色が黄ばみ元気を失った課題を持った植物を持ったときのほうが、水やりが格段に難しくなります。
そのような難易度が高い状態の植物を必死に手当てする気持ちで観察して意図的な人的手出しをする。
ここでは水やりですが、それにもかかわらず幾度も枯らしてしまう。
そうした末に、わかってみればたいていは非常にシンプルな解法が見えてきます。


その技術が身に備わり、ものが見えるのが「水やり10年」。

そういうことでしょう。





「施術」もこれと同様のことが言えます。


最初は基本となる専門知識や経験が身につくことが前段階として必須です。
専門知識を身につけるには「特別な観察力」を磨き「観察した経験」が必要です。
そこで積み上げた知恵や技術をストックすることで対応力の選択肢を増やします。
天才でない限り、地道な行脚となりますが、それでも少しずつ進んできている実感を持てることもあります。




昨日、施術にて。

以前よりお越しいただいているお客様です。
お客様には一回ごとの施術で登ってきた私自身の施術力の成長の歩みです。

課題としていくつか解消すべき点がありました。
ただ上述した「水やり10年」のごとく、
カンタンな決まり事として解けるものではありません。

植物ならば枯れて残念に思い落ち込むこともありますが、
お客様に対してはそれでは済まないのです。

体位により変わりますがうつ伏せにて頸椎部分を観察します。
おおよそ第二頚椎の右への椎骨自体のずれ幅が6ミリほどでしょう。
ただ第二頚椎の棘突起先端部の回旋によるずれは1.5〜2センチ弱。
この第二頚椎のずれから環椎(第一頸椎)の水平軸の乱れと位置ずれ。
今まではこれらの部分の状態は硬い閉じられた後頭結節。
だったら、この後頭結節を無理やりでもこじ開ければいいのではと思われるかもしれません。
でもそれは植物の根をダメにしてしまうような人為的な水のあげかたと同じこと。
落としどころをつかめないまま手を出せば、植物が枯れるように、人も同じです。

こちらのお客様もこのもっとも施術上、難易度が高いと言って過言ではない。
第一頸椎は、そのような個所です。


昨今、こちらのお客様の状態が上向き、
必要な筋肉量の増加、呼吸器まわりの開放など、
第一頸椎部分を動かせる土台作りが進みました。

タイムリーにベン石温熱器で加熱して緩めて排酸棒でディテールを緩めるというやり方で、
部分への対応ができるだろうというところまできました。

私自身の身体(このときは頭部ですね)で試したのですが、
気を失うほどの激痛が襲ってきたのです。。。
私が相当これらの部分が硬かったためですが、
私以外の方々でも硬い方は少なくありません。

私は自分で自分に激痛アプローチをしているわけですから、
誰かに「いたいじゃないか!」と恨み言を言うわけにもいきません。

私はこの痛みに耐えて3週間かけて解ききりました。。。。。
だがお客様にこれを耐えてくださいというのは、無理だろうなと思いました。
というのも、激痛を感じつつも3週間かけて一日に30分〜1時間30分解くと決めて解いたわけです。
それで解けたわけですから。。。
一番痛かったのは、私の場合は、初日から4日目まででした。
痛すぎて涙がでてきましたから。。。
凝りの部分が表面が解けて中層の凝りが出てきて、そして深層の骨膜との癒着部が出てくる。
そしてこの深層の骨膜と筋膜または腱膜が癒着している部分が神経が鋭く痛みを感じ取るようになっております。
激痛が出て、そこのエリアが解けるとリリースを受けても痛みの具合の小康状態となり、やがて骨膜部に凝りのほどかれる部分が出るとまたもや激痛。
そういったところです。


帽状腱膜等頭部の白い部分は激痛.png

ただ、実質、この頭部の絵で赤い色ではなく頭部の上部や後頭部、耳の周りなどの白い色の部分は、
もし頭部の骨膜と癒着が進んでいたら激痛なんです。

だったら、排酸棒を使って軽擦でかるくこする感じで済ませばいいんじゃない?


いや、いや、それでは解けていません。 -.-;
お客様自身がセルフで解くのでは、実際は解き方のスペシャリストではないし、
どのような危険がそこに含まれているかは解き進めなければわかりません。
そのようなリスクも少なくはなく、私が3〜4割ほどのある程度の部分を解ける引水役をするかどうかで、
違ってくるでしょう。
そうしてから「この部分をこのようなイメージでご自身でも解いてください」とお願いされたほうが感じがつかめるでしょう。
それがないまま、頑張って解きましょうといわれても、、、「?」と不安が脳裏によぎるでしょう。
不安感は継続の手を止めることになるでしょう。
どこをどうやればいいか、そして、そうすればどうなるのか?
改善する実感がなければ、ただただ、痛みのサインに耐えるなどできません。
そして少しでも気になることが出てきたら、自身の今の身体状態を熟知して助言をもらえなければ、
解き進めて頭部の形が変わるような夢を思い描くなどできないでしょう。
それに私が見立てたところのポイントの指摘もなければ、、、。


そこをしたいわけじゃなくて、しっかりとほどく方法を知りたくて、
ベン石温熱器で加熱してから排酸棒を使うと、表層の皮膚近くにある張りがあれば表皮や真皮エリアのきつい痛部分は回避できて、
その奥のより硬さがあるところの深部にアプローチの層を深めることが容易になりました。

だが本格的な痛みが骨膜部への癒着が進んだ個所にあります。



そんなところのリリース法をどうすればいいかという難題が課題として頭から寝ても覚めても離れないでいました。

ですが江の島弁財天に参拝に行った時の帰りの階段を下るときに、
こころより感謝してしたりないことですが、
重要なそのような部位のリリース法のヒントをいただきました。m__m

以前、トントンとショックレスハンマーを使って、真鍮製のツールやホットストーンを軽打して患部を緩めるということをしていました。
ただ頭部でそれを直接やろうとしても、、、どうしても、結果がでないのです。
結果が出ないどころか、頭部へのトントンをすれば激痛が5倍ほどに増していく感じです。
それで解けるには解けるのだが、これでは無理。
特に頭部の側頭筋あたりのリリースが危険すぎます。。。

そこをクリアするための方法です。

まだ試行錯誤は続けている段階ですが、
昨日のお客様のリリースでは現状から鑑みて私は後頭結節が緩めば上々だと落としどころを決めていたのですが。
第二頚椎が、そのとき一時的なのかもしれませんが、大幅にずれた状態に見えたところが、まっすぐにうまく修正されて頭部を乗せています。
そのときの修正は、第二頚椎をまっすぐな位置に行くようにぐいぐいと押すような加圧はせず、
その第二頚椎をずらしてしまう要素部分を徹底的に微調整をつけながら解いていきました。

上部頚椎に加圧や瞬間スラストを加えて調整をする方法もありますが、
それは私がやるには危険な行為ですので避けています。
関節部にかかわるスラストは硬く固形化した筋膜部が棘のようにはがれて悪さをすることもあります。
いっときは瞬間加圧させられると、筋組織が硬いままではダメージを負うのが必至というときは、
強制的にその部位の塊を緩めるという反射に似た反応を起こす作用があります。
それで目的の頚椎部位が緩むかもしれません。
ですがそうしても、
元よりあった頚椎部分をずらしてしまう周囲の筋肉等は硬いまま残っている影響から、
元のずれた状態に必ず早々に戻ってしまいます。
関節部のスラスト操作での事故リスクをとりたくないということと、
早々の戻りがあるなら筋膜リリースとしての意味を見出せません。
そのような考えもあって、そのような矯正方法はしておりません。


このたびの外堀を埋めて本丸をとるような、周囲の頚椎のずれを起こす首や頭部、その他の関連部分を処理することで目的の頚椎がまとまった状態に位置が整えられたときには。
頚椎の一点に大きな負担がしいられ変更を受けるときの、周囲のずれを生み出す要素との温度差から、
お客様が感じる修正後の急激な状態変化により生じる悪影響が抑えられる。
その点も大きいですし、カラダの整えられた状態が外堀をしっかり埋めてあげておくと長く改善した状態が継続できます。
その調整のついた調子いい状態のときに、本来の身体のバランスはどこに位置すべきか、どのような身体操作がよいのか。
などの観察が進むタイミングです。


そのような観察がうまくなされておれば、その調子のいい状態が、その後に継続し、
ときにはさらに自己のバランスを修正し続ける調整力で体内の芯から体が変わりだす人もいるのです。



こういった外堀を埋めることで第二頚椎が正しい位置に修正できたら、環椎の位置ずれへの好転も起きているでしょう。
環椎は指先で外側から触診できない骨ですから、そうなっているのでは?という推測となりますが、
後頭骨のずれがねじれとして、まだかなり気になる量があるにせよ、後頭結節の部分が今までにない柔軟度を示してくれたことで、
第二頚椎が自己調整してちょうどいいところに収まったのと同様な調整が環椎にも起きています。

これだけ環椎がずれておられれば頭部内部に送り込めていた血液量は大幅に低減化されつづけてきたことでしょう。
それは環椎部分が頭部、または脳内へ血液を通すための調整弁の役割をもっているからです。
そこがずれて動脈管が圧迫を受けていると、どうしても脳内への血流量が削られることになります。







お客様曰く、
「私が、体調が思わしくなくなった学生時代のころ。まさに、この首の後ろ!ここから悪く成ってったのよ」と。


以前、その言葉はお客様から一度だけ聞いた記憶がります。
ただそのときは重いブロックのようなものを使って強いずり圧でといていたとき、
また真鍮製の握り棒みたいなものを使ってトントンと衝撃圧でリリースを図っていたときかもしれません。

いずれにせよ、そのお客様の以前に体調を根本から変調をきたす始まりがこの上部頚椎部分だといわれて、
そのときの私の施術技術ではカウンターストレイン等オステオパシーの技術や他の多くの手技を研究して取り組んだものの、
容易には状態が改善する兆しはみてとることができないものでした。
相当に根深いものをその体の奥にしまい込んでいるため、
他のお客様方よりも相当な手を尽くした記憶があるものの少しずつの歩みでした。

それがホットストーンを使い、ベン石の温熱器を使い、そして排酸棒を使い、、、など、
ここ最近のリリース方法での改善成績はかつてよりも大きなものと、私は実感しています。



ひたすらお客様のカラダへの観察の眼を尖らせて、
同時にどのようにすればうまくリリースが可能となるかの試行錯誤や情報収集という観察にも膨大な労力を使い続けてきました。

それがようやくこちらのお客様の課題の解法に、ひとつ近づけたような気がしました。


ただ、もちろんこの課題に取り組んでいるのはお客様ご自身もがんばっておられます!


施術でお客様と話をしていて「『観察力』が大事だよね〜」という話をしていました。

お客様は、自身の身体についてどれだけしっかりと観察をしていって、そこから得た理解に基づいて身体を再構築するか。
または最適なケアをするか。
そのような意図で「観察力」をもっとパワーアップしようと考えているんですと申されていました。


お客様の持つ、真剣なまなざしの観察力、そしてそれに基づいた自身の身体を底上げからステップアップへと導くことへ繋がるでしょう。




そのようなことを感じさせていただける、私にとって意義深い施術でした。



ですが今回の施術では頭部のリリースはお客様がかなり痛みに頑張って耐えてくれたから、
という献身的かつ協力していただけたおかげでもあります。

私が自分自身の頭部を解いたときの痛みとくらべれば、
私は黙ってても腱膜の神経に響いて痛みで涙がぼろぼろ出てました。
お客様の得た痛みは私と比べておおよそ1/5ほどの痛みに減じられた状態にまで工夫していけてアプローチしたのですが。。。
また頭部の筋肉は、側頭筋、咬筋、後頭骨につながる首の筋以外は薄い部分が大半を占めており、
その解剖図で色が白く見える部分は初回は非常に痛みが強く出て驚くものですが、
早々に薄さが際立つ組織であるがゆえにざっくりとごっそりと筋膜等の癒着がはがされるときの痛みがどーんとくるものです。
なので何度かこの部分はコリコリとしっかり解いていく、頭部の頭骨の骨膜に癒着して身動きが取れなかった頭皮が緩みだし、
それと同時に痛みの質が不安になるほどのものではなくなります。
個人的に、この操作を丁寧にして日々頭皮への血行を促進できるよう計算しながらおこなえば、
・・・年齢が進んで毛が薄くなるところがある人の時は、生えてきそうな気が、ふつふつとしています。

実は、この方向性でちゃんとした成果が、私以外の第三者で数名出るようなことがあれば。
「頭皮が硬くなって薄毛になったとき(※)」には、頭蓋骨が締め付けられる状態で骨が縫合部分で開閉がおきづらくなり、
脳脊髄液の脊髄への送り出しが減少気味となって自律神経系の機能に悪影響を与えている証拠にもなるのです。
なので自律神経系のネックが頭皮での見た目が改善することでわかるというもの。
そこはお客様自身も、体調変化を感じ取れることになるはずで、個人的に興味あります。
(※)遺伝的に薄毛になるというものであれば、この限りではありません。





実際問題、成果はでて、お客様の顔かたちをシンメトリーに変えるイメージは得られたものの、
これはまだ痛みの度合いがハード過ぎて万人受けするものではありません。
小顔矯正にも匹敵する顔の造作を変えられるため、
我慢強さのある女性は耐えられる方もおられますが。
男性は、果たして耐えられるのだろうか。。。。?

そこをクリアするためにも、リンゴが落ちて気づいたようなヒントを見つけられるよう、
さらに世の中にある私には未知のものにも深く関心を示して縁あるものから汲み取っていこうと思っています。

当面の目標は、「排酸棒の持ち手部分の細工をさらに加える」必要がでてきました。


施術上の課題は、尽きるようなことがあるのでしょうか。 ^-^;


posted by スズキ at 06:10| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

書籍紹介:『医療従事者のための中医学入門: 体質を知ると病気がわかる』 中医学の本としてよくまとまっていて、文字通り入門として、いいかも

中医学の本を一昨年前、必死に読んでいました。



中医学。
人間を知るためには魅力があふれる素晴らしい知識や知恵の集大成。
ほんとうにすばらしい!



中医学は西洋医学の人体の見方や概念とは大幅に異なり、
独自の世界観が確立されている。
両者が頭の中でごっちゃになり、
中医学が後発の学びであればそれが書籍から学ぶのも難しいように感じました。

たとえば臓腑の機能について西洋医学と中医学では概念が異なり、
西洋医学では解剖学的な臓器そのものを指すのでシンプルですが、
中医学では解剖学的なイメージ以外の特別な機能も含めています。




以下が脈診講座でお世話になった鍼灸の信頼ある先生から勧められた本です。


中医学入門


すばらしい本です。

入門本という位置づけとして、必要な内容を教えてくれる教科書です。
真剣に中医学を学び使えるまでなろうとする人には、
これが入門レベルでしょう。

ただし中医学の右も左もわからなかった独学の私には、
あまりにハードルが高い一冊。

私が本書を開いたとき。
初めて見た用語が一ページに数十も散らばり当惑します。
そこに読む気を削がれつつも、調べつっかえつっかえ読み進めました。

学ぶものが膨大過ぎです。

学んだ知識は機械の歯車のようなごとき力を発揮するもので、
それらが組み合わさると中医学の臓腑等の見方の視界が開けてきます。
そこに近づくための歩みです。






最近、以下の本を読む機会を得ました。


医療従事者のための中医学入門: 体質を知ると病気がわかる



本書には、本を読み進めやすいようにマンガで流れを紹介してくれたり、
カラーのイラストがあったり、WEB動画付きで解説が記憶に残りやすくなります。
西洋医学系の医療従事者の方々が、スムースに取り組みやすい本として親しみやすい構成になっています。


内容は市販の一般の方へ向けた中医学本よりは詳しいと思います。
最近、東洋医学系の一般書もいいものが多数出てきてるので、


検査のうちのひとつ、四診(望診・聞診・切診・問診)のなかの望診のなかのひとつの見立て方に「舌診」があります。
本書では、私も舌で読むというのは、他の脈診等よりも学習ハードルが低いが、十分に貴重な情報を汲み取ることができると思います。
元々、四診として複数の診断法で見立てた結果から証を立てたほうが、
それぞれの診断法の得手不得手があってそれらを補完して精度の高い見立てができるようになります。
ですが中医学を本で伝える入門という位置づけなら、舌診に重きを置くのはよいと思います。
脈診は直伝でなければ自信を持って身につきづらく、
本だけの学習にはなじまないので割愛するのもいい。
そんな割り切りを感じます。


こちらの本は、
まさに「入門」といえる仕上がりです。



中医学を独学する人には費用はかさみますが、

医療従事者のための中医学入門: 体質を知ると病気がわかる
¥3000

を、購入しましょう。


取り組みやすさは初学者のときこそ優先度は高いでしょう。
一通り目を通すことで中医学の概要を浅く広くとらえてから、
次のステップの中医学入門の書籍にステップアップするといいでしょう。

後者の本をいきなり学び始めて断崖絶壁感を味わうハードルが下がります。
楽しく学べる意識で滑りだせれば中医学を少し習得しやすくなると思います。



中医学入門


絶版中だが、この本は良書で根強いファン層がいるので、そのうち再販すると思いますが、、、。
現状は中古本を狙うか図書館で借りて読むこととなります。



 (こちらの中医学入門が読みこなせれば、多数の知識の歯車を組み合わせ一つの歯車を回せば
  他も回りだして流れ(機能・結果)が的確に読めるようになる足掛かりとなるでしょう。
  医療従事者のための中医学入門では、そこまでのことは期待できません。
  これは役割の違いでしょう。)

posted by スズキ at 03:02| Comment(0) | 中医学診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

ベン石温熱器を使って加温をした直後に排酸棒を使って患部に、さらに奥の大切な部分へすっっと刺激を送り出す工夫中です

排酸棒とベン石温熱器を交互に当ててリリースすると、
スムースに筋硬化部分の奥まで緩めやすくなりますね。

ベン石温熱器で患部を加熱して、排酸棒でリリースを加えてみました。
その部位は側頭骨の上の側頭筋です。

排酸棒のみで擦る以上のリリースが実感できました。

ただこの部位のリリースを以前から繰り返していて、
それに輪をかけて「ざっくり」「ずっく」と排酸棒の先端部が骨のある奥にまで当たりが感じられて。

いつもなら余裕で側頭筋をこすっていたのが、
「ヒエッ!痛い、イタタタタ」と驚きました。

そうなるんじゃないかなと、
先に予測はしていたものの。
やばいほど、痛かった。 ^-^;


私は排酸棒のみのリリースでは、正直、患部はゆるゆるとなっていくのはわかりますが。
気分がかわるとか、眠くなるとか、だるくなるとかはなかったのですが。

このベン石温熱器と排酸棒を使って交互に側頭筋を緩めたときは、
そのまま2時間、起きるのがしんどくなるほど眠気におそわれてまして。

突っ伏して寝てしまいました。

遠赤外線ドーム型サウナに入って寝入ることはあっても、
それ以外で、疲労は相応にあったとしても施術研究中にこのような状態になったのは初めてです。

非常にスムースに表層筋、中層筋を乗り越えて、深部の筋だったり、骨膜という膜組織に刺激が送られたことに影響したのだろうと思います。
この「骨膜」の膜部分が排酸棒の先端の接触部位の丸みはあるが硬度があるところに当たると、
ほんとうにゴリゴリッと、気持ちいいとは言えない強烈な刺激になります。
特に側頭部では孫悟空の頭につけている金の輪が締め付けられるような激痛の感じ。

いつもの排酸棒だけでこすっていたときは、このような激痛はなかったが、
ベン石温熱器で加熱してから排酸棒を使うと、ほんとうにざっくりと表層中層筋を排酸棒の先端が押し分けて奥に刺激を送ってきます。
ここは信じられないほど痛かったけど、本来、解きたかったところがこの奥の刺激を受けたところなのです。。。



そこを解けなきゃ、施術を送り届けて身体をよくしたくても意味が薄れるのです。
それがわかっているからこそ、面白いところに入っていけたと、ほっとしています。



だから、、、もうちょっと痛みを減らす工夫をしつつ、排酸棒とベン石温熱器を交互にもちいるというやり方を、
どうにかものにしたいですね。

そのひとつの工夫のアイデア。
排酸棒でベン石で加熱後に擦ると、たとえ筋繊維の流れを忠実に沿って刺激をしても痛みが強いのだが、
タップするような上下圧を繰り返す方法では痛みがでないのです。

円筒の管に鍼をいれて押し出すという鍼の打ち方があります。
私のイメージでは管に入った排酸棒を押し出すときの刺激の加え方です。
これで深い部位に刺激が通るし、思ったピンポイントを適切に拾っていける。
ただしまだイメージが先行していて未完成ですが。
部位により骨膜や靭帯、腱などの組織は、ベン石温熱器を使って加温すると的確に奥に当たって痛みがでるならば。
どうにかそこの痛みを抑えるだけではなく、さらに成果を狙えればと思います。


セルフワークで排酸棒を使っている人は、
それのみでもリリースを日々していただくと、良好な段階を徐々に負担なく押し上げる最良なやり方だと思います。

ただ施術という、特別な成果や変化を期待する場では、
ベン石温熱器と排酸棒を交互にして扱えた方がいいでしょう。


まだ未完成過ぎて施術の場で使える段ではないのですが、
面白い着想だったので、書き記させていただきました。


posted by スズキ at 17:21| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べるIQハーブといわれる『ゴツコラ(和名:つぼくさ)』を、自分なりに工夫してたのしんでいます


自宅でもゴツコラを栽培しています。
ダイソーで500円ほどで購入した半透明ケースで栽培中です。
おかげさまで独りで食べる量としまかなえてます。

ケース内のゴツコラ 2021-5-7 1.png

ほふくで伸びて生育場を広げる植生で、
しっかりと根付けば温度・湿度・光量そして水をあげる量を調整すると多くの葉を栽培できます。

ですがこの育て方は自然界ではありえない環境です。
それゆえに本来の自然界で生命力のたくましいつぼくさが育っているか?

つまり同じつぼくさという植物であっても、
育て方、育つ環境への気配り次第では、
栄養素として安定的なパワーを発揮してくれているかどうかは異なるでしょう。



そう考えると、もやもやしてきます。




その疑問を解消するには、自然界で自生する場所をいくつか定点観察をしています。
2か月に一度のペースで、ひとつのゴツコラ(和名:つぼくさ)の自生地を観察しています。

狭いエリアでも型のいいものが伸びたり貧相だったり、まったくなかったり。。。
そのような差から読み取れたものが、今後につながると思います。

どうせならばオーラがあふれんばかりのつぼくさをいただいて、
セルフヘルスケアに活かしたいじゃないですか!

一日一本で十分といえる大きさサイズのものを栽培できて、
「食べるIQ」と言える認知症の予防ができれば上々です。
他には、、、、
脳血管の詰まりによる症状があらわれたならば独身で独り暮らしの私ではやっていけません。
あとは含まれる栄養成分のひとつバコサイトだと思うんですがコラーゲン生成を促進させて、
骨の内部にある骨髄液を生成するボーンマトリクス部分に勢いをつけてくれる。

そういった「長寿をかなえるハーブ」のアーユルヴェーダ系で代表格のつぼくさにこだわるのも、たのしいです。


調査に足を運ぶことで、
調べた内容を咀嚼して下図の写真のようなつぼくさ栽培地の元を作ってみました。

ケース内のゴツコラ 2021-5-7 3.jpg


一見すると雑然としていて、つぼくさの株もまばらです。


まだ植え替え直後で株が根を張っていないのですが、
思うように根付けば梅雨明けぐらいに増える予定です。

いくつか工夫をしている点をあげると、、、
・繁殖している地の土や落ち葉を少量持ち帰りプランターの中に混ぜる。
(勢いのある繁殖地にはそのようになるサポートをする有益な常在菌等の微生物がいます)
・コンパニオンプランツ的な植物の種を撒いてあります。
・団粒構造をもつ土が培養土として最高級でそちらが混ぜられています。
・その他
いくつもの写真では見て取れない工夫がしてあります。

梅雨の影響による日照不足や不測のことも、
まま起きる昨今ですから、これからどうなるのか。



ちなみに植物を定点観察するにも、
園芸および農業素人なままでは観る視野も狭く調査も失敗におわりますから。
関連しそうな本・映像等、手に入る情報を広く集めて調査にのぞんでいます。

いつか誰かに、鈴木さんの育てたつぼくさがほしいといわれるまでのものを、育て上げてみたいですね〜。

私は、手技や運動系のボディワークの魅力をもちろん感じてやみませんが、
それと同時に、健康でしあわせな時間を、多くの人と共有できるようになれればとも願っています。
そのような福音をもたらしてくれると「いいな」と思えてなりません。




現在、カキドオシというつぼくさに非常に葉の形状がそっくりなハーブも育てています。
カキドオシとつぼくさのふたつをフレッシュな状態でお湯に入れて養分を抽出するハーブティをいただいています。
基本、乾燥ハーブはよほどでない限りつかわないようにしたいので、
自身で育てているハーブしかお茶にできないんです。 ^-^;

カキドオシがシソ科で香味が強く、利尿/ 冷え改善/ 風邪予防/ かゆみ止め/ 抗菌/ 滋養強壮 などに昔から使われている薬草です。
また糖尿病であれば血糖値を理想の状態に移行してくれる有用なハーブとしても知られて、多く民間でももちいられています。
自宅でリモートワークをすることが多くなり、通勤という運動が抜けて運動不足になる人が増えています。
同僚がいない自室での一人作業に慣れておらず、それもまたストレスになっている。
で、そのストレスで痩せてしまう人もいるのですが、
逆に肉付きがよくなる人もでていて生活習慣を健康の維持と増進につなげられるよう最適化しようというこころみ、大事ですね。

COVID-19の重症化リスク因子のひとつに糖尿病が挙げられています。
COVID-19の影響による生活環境の劇的変化が糖尿病の重症化リスクに繋がります。

私はそれを考えに入れてのカキドオシのハーブティをいただいているわけではなく、
あまりに多くなったカキドオシとどうつきあうかの課題の取り組みの一環なんですが。

ネットで「カキドオシと糖尿病」で検索をしてたら、
カキドオシ関係の情報じゃありませんが糖尿病について、
わかりやすい3分映像がたくさんというサイトをみつけました。


いつでも!どこでも!知りたい内容を3分間で!!
糖尿病3分間ラーニング

https://dm-net.co.jp/3min/

糖尿病じゃないという人も、たのしい雰囲気の映像です。
お時間があったら視聴してみると勉強になると思います。 ^-^


同型の葉をもつハーブは相性がよくカキドオシとつぼくさをあわせて生命エネルギーの気持ちよい増進を図ってくれるでしょう。
それもあって、いただくと、より体調の状態や脳の働きが良くなった感じがします。

おそらく、、、プラシーボ効果が大でしょう。 ^-^;




posted by スズキ at 16:41| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

排酸棒で頚椎2番が解けて感じた、首凝りのやわらぎと、右側の副鼻腔の改善した話

先日、頭頸部の凝り部分を排酸棒でリリースをしつづけていて。

それが功を奏したのですが、
右側環椎のちょい脇辺りが「ぺきっ」という音を立てました。

詰まりがあって頭部の水平面が乱れていた元凶の個所が動き出したのです。

それは頚椎の2番が後頭骨との密接な関係があるところで、頭の骨組織に影響を与えていて、
その部位を徹底的にリリースをかけたから起きたことです。

おもしろいものでこの後頭部の後頭結節の筋肉の硬さがあるとすい臓の故障があるかどうか、みてとれる。
摘まみ方にちょっとしたコツがあるのですが、この部分をつままれると痛みが出るのでわかります。
そのような個所でもあります。


頚椎2番が頚部張力を筋肉的に決めるもので、この部位が硬ければ首が脱力できない。。。
そして頚椎2番が不調があって1〜7番までの頚椎が緊張が続く場合、
頚椎の緊張が胸椎や腰椎などの緊張する原因になってしまうのです。


なので、背中の全体の柔軟性のありなしにも関わりますし、
脊椎が硬ければ四肢末端もそれにならうので硬さがでます。


そう考えると、頚椎2番て大事なリリースポイントですよね。


ただ、頚椎部分に係る深い部分を解くときには、
私は心臓部分が不整脈様の変調をきたしてみたり、
緊張を手放すという大きな変化に突進する予感は
その大変化に抵抗をしようとする無意識下のフルブレーキを踏まれた反動もあります。


そこは事前に予測した範疇で、無事に抜け出ることができました。



右側副鼻腔に狭さを感じていたため、
5年前に、6スポット治療|耳鼻咽喉科 青山セントラルクリニックに一度、
お客様と申し合わせて診ていただいたことがありました。

そのときはマイクロスコープで鼻の奥を診ていただきました。
継続的に通い続けるほどではないけど右側の副鼻腔が狭くなっていると指摘を受けました。

私も、どうもそこに不調感があると感じて、どうしたものかな〜と思っていたところです。

ただ6スポット治療が、目から涙と吐き気と、、、
つらい治療だったので一回で通院終了したことを覚えています。


そしてこの度、頚椎2番の操作を深めにしていくノルマを5日間継続したのちに、
上述したように第一頸椎横かなと思える深い部分がぺきっとなった瞬間。

右側副鼻腔炎かどうかを疑うような不調感が、大幅に減じられました。

1/10くらいにまでといいたいところですが、
1/3くらいが減ったような気がしています。 ^-^;
それでも、大きいです!
鼻呼吸が、昨今楽になってきたところが、さらに上乗せして楽に感じられます!!


これはすばらしくうれしいです。



皆様も、毎日続けて排酸棒で頚部・頭部を適切なリリースを加えていけば、
気になっていたところが改善される実感ができるかもしれません!!


もちろんやり方のノウハウをもっていたほうが効率はいいわけですが、
私も排酸棒は使い方のノウハウマニュアルなど本は観たことがなく、
YouTube映像も断片的なご紹介を少し出た程度の中国語でしたから。

興味を持たれた方は、ぜひ。



ちなみにですが、頚椎第二は頭部をスマートフォンを見るときに前傾させたとき負担がかかる場所です。
ここを長期にわたりキビシイ負荷を蓄積させることで、
私が頚椎2番がリリースされて改善していった逆の道をたどることになります。
スマートフォンは仕事でも使わなければならないという人も多いので、
そういった負担は明日に持ち越さないように。

頚椎2番の後頭結節部分を排酸棒で緩める習慣をつけるといいでしょう。





ちなみに、安価だった下記を販売しているショップ。
もう、売り切れてましたね。



何名かのお客様が、とりあえず手にしてみないと、いいかどうかもわからないということで買って試しておられるとのこと。
ありがたいことに連絡をいただいております。

「とりあえず、やり方はわからないままやってるけど、こんど、施術を受けに行くときにでもおしえてね」

とのこと。


了解です!! ^-^
posted by スズキ at 10:35| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする