2021年01月02日

ひとり新年になって合気柔術の稽古に通う予定でしたが・・・ -.-;

個人的な悩みなのですが、
年明けから合気柔術の稽古に通いたいと去年年末に考えていました。

いちからカラダの使い方を精査するにも、
自己流に傾きすぎた動き方の視野の狭さを押し広げることが必要だと思いまして。

お客様から紹介していただいた道場で私も気に入りました。
月に1〜2回というローペースですが通ってみることで
施術のときにの自分の動きの無駄や無理やむらを見つけ出したいと考えてまして。

ですが小池都知事が緊急事態宣言を要請するというようなネットニュースを観て、
「・・・やはり合気柔術の稽古に神奈川のとある道場までいくのは、いまは難しくなってきたな。。。ほんとうに残念。。。」

という流れに傾いてきています。


道場内は換気やマスク着用など、最大限に注意を怠らずに稽古をしておられる慎重なところです。
体の操作は、頭の中のイメージを描くだけはできても実際に体がそのようには動かすことができません。
そして対面する道場の諸先輩から、ひとつでもふたつでもご注意や指導をいただく声をかけていただければ、
目から鱗が落ちるようなこともおこります。

人から自分の思考や成長スピードを上回るような
多くを指摘されても頭や体がそれに追いついていかないものです。
ですが一度でも二度でもその言葉を耳にすることができたならば、
自宅で独り稽古をするうちに内容を理解できることも起こります。


自分一人だけでの自主練は、人に観られることもなく、
なんら動きがぎこちなくても恥をかくこともありません。
もちろん多くの本やかつて他の道場で稽古させていただいた内容など、
様々な情報あって初めて自主練も成立するものなのです。
ゼロの知識でやり続けてもなかなか大成することはないでしょう。
私のような、基本凡人には。


だから先日、バレエをしておられるお客様に教えていただいたバレエダンサーの石井久美子さんの映像等、
一般の人にも言いえているような内容のことも多く含めてレクチャーしてくれている映像教材もあり、
そのようなものを視聴して、知識をプラスすることも余念がありません。

ですが独りげいこにあまり甘んじすぎていても、
自己成長を妨げることとなります。



それはいまの私にはよいこととは思えません。

特に仕事を休業しているときには、
「あのお客様にはこのような動き方を、つぎにつたえよう!」などのいつもならしている動きのレクチャーの準備がごくごく具体的にできない。
そのような状況のときほど、
内心、このままじゃまずいなと焦るものでして。



今年の半ばには社会情勢的に明るい方向へ進むことを信じて、
今年のカラダの使える要素を自分なりに増やすという目標をクリアできるようやっていきたいと思います。
posted by スズキ at 16:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒さと心理的な緊張がつのると上虚下実が保てずに、上実下虚になりやすいようです。それはある程度なら施術でケアできます!

今日の元日は、スーパーマーケット等お休みのところが多く、
西小山駅近くの「まいばすけっと」にいくと普段見られない混み方でした。
みなさまは、用意周到にご飯を用意しておられることでしょう。


カラダの重心位置は、上虚下実(じょうきょかじつ)が理想とされ、
上半身はすずやかに力みなく軽々と、
下半身は充実して安定していること。

それが寒さや心理的な緊張、そして運動不足がたたり乱されることが多くなりました。

はずかしながら私も、
寒くなってきていると、人の背中は丸まりだします。

加えて昨今は、毎日、自分や皆様が無事に一日が過ごせるかなって。
心配する日々です。
緊張が抜けないままのときが続けば、
肩の位置が上に上がりだし、胸椎が後ろへ出っ張る猫背へと固定されてしまう。


すると全身への血液循環が滞りだすのと同時に、全身の気の流れが悪くなりだして自律神経系の乱れが生じます。
脈を診ると、その状態であるのは一目瞭然です。


カラダの使い方を気を配るようにしてまいりましょうという私自身が、
右肩の内旋により右手への血行を極端な悪化をさせてしまい、
右手が死にだかのように冷たくなってあかぎれができそう。

それもあってセルフケアとして、ベン石温熱器を2機使って血行を抑止している血管部位の筋硬化部位を特に温熱で緩めてみた。
自分でおこなって手が届く腕に対してのケアはこれでかなりの改善がみられるのです。
動脈が流れる場所は、骨がある部位の近くであり、それは最下層の深層部です。
浅い部位のみを緩めたとしても、一時的な血行を改善効果はあっても、
それでは持続的効果は数十分から長くて数時間です。
そのような対処は風前の灯火的なあざといものです。
量的に多大な負担や負荷がかかりすぎているときは、
焼け石に水のようなアプローチを受けると、
自分は施術を受けてもすぐにつらさがでてしまうと。
救われない不安定な気持ちとの葛藤が生じるようです。。。

なのでそれ以上の深いものを狙っていくならば。
深層部の動脈の血管を圧迫しつづけて緩められなくなったものに対して、
いっときはどーんという衝撃があるようなアプローチであったとしても、
数日からそれ以上の改善し続ける時間を設けられるリリースのほうがいい。
そのようなリリースをうけることができれば、
改善できたときのほっと一息付けるため姿勢や動作への気配りが容易になる。
余裕が心理的にも生まれるということです。





背中の肩甲骨の棘上筋・棘下筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、菱形筋などはネックになっているとわかっていても、
ベン石温熱器を握る私の手は、そこまでは手が届かない。。。
そして上部胸椎がずれだせば、胸腺という免疫系の最大級の要所の機能が低下して風邪をひきやすくなる。
ウイルスや細菌などへの抵抗性が落ちやすくなるのです。




ここからちょっと余談ですが、、、

ただ、いいかわるいか微妙な物言いですが、
今の日本人の姿勢特徴をみれば欧米人のさっそうとした姿勢で胸の位置を理想へと固定して、
しっかり自然な深々とした呼吸をすることができている人たちと比較すると、
自然な自発呼吸をするときの呼吸代謝量がおおかたが少ないようなのです。
息苦しさを感じられるはずの部位にしこりがだいぶついているものの、
本人がそのことに気づかずに自分は普通に呼吸ができていると思えている。

そのような認識でいると、日頃から呼吸がしづらいという負の状態に不感症になって麻痺を起こしていて、
さらに悪化させられるようなウイルスや細菌による呼吸のしづらさが強いられても、多少耐えられます。
もちろん、これは耐えられる分だけの余力があるという条件付きのことですが。

それが平素から深い呼吸がある程度できるような「伸筋を使える者たち」が呼吸困難を強いられたときには、
精神的動揺もひどくあらわれてパニック発作を起こし極端なダメージの傷跡を付けられてしまうようです。
西洋人のほうが伸筋を使う者たちが多いため、呼吸器系がパワフルな傾向があるのです。
ただそのような旺盛な呼吸推進力が強烈なブレーキを踏まれると、
善から悪化の振れ幅が普段呼吸がしづらい人以上にきついものと感じられて、
精神的苦痛が耐えがたくパニックへと陥りやすい傾向が強まるそうです。
そのことはスポーツをなさる方々でも伸筋を使えている人がいて、
その方々の様子から伝わってきます。
コロナウイルス感染が呼吸器の肺胞に問題をしょうじさせる特徴があるそうです。
普段にそこを存分に使えているものが病により急激にその組織を取り上げられたなら、
ほんとうに苦しいんでしょう。。。

で、このような伸筋を使えているものが肺胞機能を制限されたときに、
上虚下実という重心どりができなくなって、
上実下虚のようなアンバランスな状態となります。
そのときに胸椎や胸骨柄あたりに骨格上の変位している部位を見つけ出せる場合もあります。





元へと戻ります。 

私も、完成度は低いものの身体操作上、伸筋群を活かすよう心がけています。
すると上記で上げた「背中の肩甲骨の棘上筋・棘下筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、菱形筋などはネックになっているところ」の引っ掛かってしまうところ。
こちらを敷石につかうホットストーンを温めて背中の患部にあたるよう設定して刺激を与えるようにすると。。。

角度的にあて方が難しい面があるものの、だいぶこれでカラダの状態が上向いていきました。
以前の施術での肉体的な疲れであれば、
ランブルローラーのようなごつごつした刺激を受ければ、
それでほぼ復活できるようなものでしたが。
それが精神的緊張が根を張ると、24時間休むことなく脊柱起立筋を緊張させて身を固めて自己の感受性を落とし、
同時に外敵から身を固めて守るという本能のままいつづけようとするため。
こうなるとミリ単位のポイントを狙って刺激を送る必要がある対処が必要なため、
それにはランブルローラーの刺激は大雑把すぎるのです。。。




ちなみに、このような寒さや心理的な緊張を受けているのは、私だけではありません。

それは私とほぼ同様な背中の緊張の度合いの強さから起立筋が脊髄神経を縛り拘束しているようなことで、
カラダの不調を感じられている人もでてきているんです。
特徴として寝付けなくなって睡眠障害が生じたり、寝ても悪夢ばかり見る。
あとは津液の固摂力が低下していく傾向も見受けられるようです。



この場合、腕全体の隅々までの凝り、首の深部の凝り、肩甲骨回り、
大胸筋部分、三角筋、腹直筋と腹横筋や腹斜筋、そして仙骨部から首付け根までの起立筋全体を解くことで、
心身ともに拘束感が深々と緩まりだします。

もちろん浅い部分のみを固めた状態の方にはその程度にあったリリースで十分です。
ただ精神的な長期にわたり24時間かかり続けた緊張は筋肉の繊維を痛め続けて、筋組織の状態事態を悪くします。
それらをうまく代謝させて新たなものへと置き換えを促進させるような深さまで緩めなければ効きが思わしくありません。。。


これからの時期。
さらに寒さと心理的な緊張の度合いは増すことも考えられます。


もしベン石温熱器を購入された先生方がおられれば、
現状のお客様の中の多くの方が上虚下実の逆の「下虚上実」という
非常にアンバランスな緊張を強いられ続けるパターンを保持していることがみえてくるでしょう。

私が昨日に、上記の部位を近所の友人宅へとリリースさせていただきにいったのですが、
非常に即効性もあって喜ばれました。
ベン石温熱器を持参しての出超だったのですが、
ベン石という筋肉のリリースに対して特別な素材を用いて熱転写させていただくことで、
以前の私には想像できないほど効率よく、そして受ける側も気持ちよく負担感が少なく施術ができますね。

ちなみに平素、本業の施術では角型のベン石温熱器をもちいることが多いのですが、
経絡やマルマ療法の応用でピンポイントに注熱をしたかったので丸型のベン石温熱器をこの度は用いました。
丸型ベン石温熱器を使うことでピンポイントへの注熱がしやすくなります。
ただ温度管理が、角型よりも丸型のほうがシビアになるので、その点は難しさもあります。


posted by スズキ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年12月31日 大みそかのご挨拶 

2020年の大みそか。


皆様にとりまして、
いかがな年になりましたでしょうか。

大変ながらにも、
なにかひとつでも、ふたつでも、
よい思い出やさらなる飛躍へとつながる出来事があればと願っております。


私も、想定外のことが多数起こった一年になりました。

身の回りに新型コロナウイルスに感染した方がおられず、
テレビやネットから日々続けて増える新規感染者の人数を知るものでした。

それが
お客様にすぐれた身体操作をレクチャーする映像配信をしていると教えていただいたバレエダンサー の 石井久美子さんのVlog。
少しずつ身体操作を学ばせていただいて、かなり目から鱗が落ちる的確さに喜んでおりました。
そして一週間前ほどに、こちらのブログに石井久美子さんがコロナにかかったかもしれないと伝えておられる映像をエンベデッドさせていただきました。
そのときは検査して結果待ちという状況でしたが、
その後に陽性が判明したというお知らせ映像がアップされております。

バレエダンサーをなさっておられる方々の我慢強さは、
私の知る上では、一般の方と比較できないものだと感じています。
そしてその上位におられる彼女が、カラダの痛みやおそらしい具合の悪さをつたえてくれました。

下に、その映像URLを記入させていただきます。

【コロナ】 お医者さんを呼びました。 #DAY8 #経過Vlog
https://youtu.be/LQYe1XHgUaU


こちらのVlogを見せていただかなければ、
私には、いったい新型コロナウイルスに感染し発症すればどのようなことが起きるかといった
具体的な苦しみについて感じ取ることができていなかったでしょう。



個人的には、
新規感染者数が多くなることも気にかかりますが、
それ以上に、どこから自分が感染したかという認識ができない感染者の割合が50%を超えたとき。
そのタイミングを見計らって、仕事をいったん休業にすることが必要だろと考えておりました。
なんら科学的な判断基準ではないかもしれません。

自分なりの考えで、
公共交通機関により人の移動が多くなるときに感染リスクが高まり
私どものところへ足をお運びいただくための行き帰りに感染するようなら。
施術で体を癒しにきたはずが、かえってこないほうが正解だったと思える。
そういった状況だけは避けたいと考えてのことです。

これは私の施術をお受けいただくお客様の過半数が東京都外で
1時間以上かけてお通いいただいているという特殊性があるためでもあります。


新型コロナウイルスの感染は乾燥する時期に広まります。
その時期を過ぎたころには、感染も落ち着きだしてくれます。

そう想定してそのときをじっと待つことにして、
いまは家でできる仕事上の自己成長につながることに注力しようと考えました。


新型コロナウイルス感染拡大の情勢を受けてではありますが、
突然の休業により多くのお客様に、ご迷惑をおかけして大変恐縮でございます。


皆様の来年の健康とご多幸を、
お祈り申し上げます。



2020年12月31日
ボディワイズ
鈴木政春

posted by スズキ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっているんですね

私の東京に住む知り合いで父親が年末には帰ってこいといってくれても、
「いえ、いえ。今年は泣く泣くご辞退申し上げます」
というやり取りを聞くことがありました。

年末に帰省する方は、今年はコロナの影響により少ないものの、
事情によりどうしても帰省せねばならない方もおられるようです。

そのような方々向けに検査をしてくれるところもあるようです。

ご実家に高齢の父母、祖父母がおられると、
新型コロナウイルスをもっていきたくない。
だから自分の身が陰性か陽性かを知り、
その上で判断することが、まず求められます。

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっています。
ネットで検索しても、そのような検査キットを販売する業者のサイトが見つかります。
それらを観てみると検査キットも多種あって、どれがどれだけの精度であるかはわかりません。


私が日頃施術業務用の商品を購入利用しているサイトでも販売するようです。
メールで、予約販売開始します!という内容を読んで、
なんでエステや施術等の商品の販売をする業者が、このようなキットを売るの???
とちょっと違和感を感じました。

でももしかしたら、
もちろんこの検査キットは医療検査とはいかないものの、
定期的に自己検査をしたうえでお客様に接することが私たちの業界では求められるようになるのだろう。
そのように感じました。


下記URLに商品説明がかかれています。
ただこの商品説明について抗体検査の知識が足らなくて、残念ながらピンときません。

「1回分あたり1960円!初めてでも簡単!すぐに結果が確認できる便利な「抗体検査キット」」
というキャッチーなところが、あぁそうなんだ。。。と漠然としてわかった感じになるところ。

【予約商品】 COVID-19IgM/IgG抗体検査キット(5個入)
https://7beauty.jp/item/34550/?utm_source=7beauty&utm_medium=mail&utm_campaign=20201228_new-item_igmigg_btn&sci_ch=1806


posted by スズキ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

『iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3』を買って、本を大量自炊中です

個人的なことですが、
いままでフラットベッド方式のスキャナーを使ってます。



数枚の書類をスキャニングするには問題はないし、
画素数が高いので写真も鮮明に抽出できますから。
すばらしい。

それに価格も1万円以下で手ごろですし、
解像度も高いので愛用してきました。

ですが大量のスキャニングには向かない。

本のページを開いてひっくり返して、ページがたわまないようにぐいっと力で押さえつけます。
それが時間もかかるし労力も甚大です。

多くの本をスキャニング作業した直後は体が壊れてしまう感じです。
手がしびれて背中も曲がります。カラダも冷え冷えとするほどの負担。




これから百冊ほどの分厚い施術専門書をデジタルデータ化する予定です。
そうすることでいままで収取した知財を効率的に活かせるようにしたい。

スキャニング予定の本.png

それにより施術の総合力を倍以上に確実にアップできます。


透明文字付のPDF化して【Liquid text】を利用すれば、複数のPDFファイルを串刺し検索が容易となります。
(以前、私のブログで【Liquid text】について書かせていただきました → PDFアプリの紹介【Liquid Text】をつかって、脳機能の健康維持を施術専門書等から抜き出し学びなおし中です http://bodywise-note.seesaa.net/article/479090322.html )


Liquid text.png
たとえば資料性の高い均整術の本、オステオパシー系、中医学、アプライドキネシオロジー系などを複数集めて
『脳梗塞』や『更年期』や『がん』や『腰痛 肩こり』など、調べたい言葉を検索語とすれば。
いままでは複数のファイルを別々にPDF ビューアソフトで開いて、テキスト情報をコピペしてました。
その作業は何日も徹夜するほどの大変さ。

それが【Liquid text】を有料版にすれば!

テキスト情報で縦並べで閲覧するしかなかったものが、
フロー化して右側に要点を抽出できてそれを集めて配置できることで、
一覧して見えるような情報配置にできてしまう。


とことん、私はこれがしたかった!!

これで数冊の本から一つの関心事のみを集めた中身が濃い複数視点から得られた強力な抜けのない一冊が作れてしまうのです。
実践者として結果を出したいならば。
複数人のエキスパートからタイミングよくアドバイスをいただけるような探索ができると。
本当は複数の専門家がチームを組んでアイデアを出し、対応ビジョンを創造できればいい。
ですが私は独りで施術をしているもので、
よんどころないお客様の状態から専門家に知恵を借りるときには、
礼儀としてかならず手土産をもっていかなければなりません。
それにも時間やコストがかかります。

バラバラの本から知恵を抽出して突き合わせることは難しい作業ですし、
お客様のお体の緊急性が高い場合もありますから、
そういったときには、何度も何度もそのようなコストを支払ってきました。
お客様には直接そのような裏方のことは申し上げることはありませんが、
毎回同じことを施術でしても、その人の身体はその施術の刺激に慣れて、
そこから先の階層へと昇ることはなく下るものです。
だから徹底的に今までのやり方を咀嚼して含めつつ、
あらたな飛躍のしあわせになるアイデアを含めた施術に押し上げるよう準備をしていきます。



ただもし他の先生からお知恵をいただくときでも、
そこで得られる情報も一分野からの情報です。。。
総合的にそのお客様の全体像をつかんで伝えることも実質できるものではない。
だから、そのお知恵を借りてそれで、そこだけで十分な対処ができることは少ない。
それも事実です。

私の指向の視点が狭まっているところを拡張させていただくにとどまることで終わることも多い。

ならば複数の分野をまたがって検索をかけてくれるようなツールを使いこなせれば、
多方面からひとつのその体の条件を分析して対処できるやり方を得られるならば。

かつては丁寧に調べて4〜5日かかっていたものが、
それがいまではわずか2〜3時間で、今まで以上に内容の濃くアイデアが豊富な見方を得られるようになるとは。

ほんとうにありがたいアプリです。



ただフラットベッド式のスキャナーでのスキャニングを試みて10冊で「俳人になりそう」と感じまして。
人生の風流を読むというより、悲哀を読む感じになりそうですが。



そこで本もスキャニングできるドキュメントスキャナーを購入しました。 
モノをこれから少なくしようと手放す整理をしているところなので、
極力新たなものを買いたくなかったけど、命には代えられません。 ^-^;


https://amzn.to/3hoVet2

iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3 1700万画素 非破壊 自動平坦化 A3サイズ対応 多言語OCR機能 高画質 USB書画カメラ



こちらは高画質のUSBカメラを使ったスキャナーです。
ドキュメントスキャナーとしてはミドル機種に該当するものといえそうでしょうか。
もっと高機能の最新式がよかったのですが、
予算の関係上、30000円を超えるのは厳しかったので、
こちらの購入に踏み切りました。



フラットベッド式でスキャニングするより、
総合的に【 1/5 】のカラダの負担で済みます。

ほんとうにありがたい!!




私はデザイナーではないため、
OCR機能で正確な文字データへの変換ができれば十分です。

本が開くと「たわみ」がでますが、
そちらはソフトウエアでフラット化してくれます。


私の場合、400ページを超える分厚い本が多数あります。
そうなると本のたわみ方はかなりでてきてしまいます。
たわんだ部分の文字は進んだOCR機能上でも弾かれて正確なテキストデータ作成ができません。
対策として2000円前後の透明のアクリル板を買いましてこちらを紙面に押し付けて本のたわみを軽減させています。
こうすると文字データへの変換の正確さが増しますのでお勧めです!





あとは本機の機能として面白いことに、
USBカメラを使う撮影方式で、
ビデオ撮影ができてプレゼンなどにも役立つようですね。
それはあまりやってみる機会はないかもしれませんが。


ただ私の所に多数あるホットストーンの石の物撮りがしやすくなるかもしれません。


英語や中国語の本も、しっかり読みこめるようにできれば。
この際だからデータ化してネット上で一ページずつの邦訳という手間暇時間はかかりますが、
和書以外のホットストーンの良書の多くに手をかけて行こうと思います。





これから本を書棚において置きたいので本をバラバラなページにせず非破壊で自炊しようという人がいたら、
高画質のUSBカメラを使ったスキャナー、お勧めです。

(安価な機種では、ドキュメントスキャナーとして、
 ソフトウエアでの対応でたわみのないまっ平らな書類は取れるけど、
 たわんだ書籍は対応しづらいというものもあります。
 そこだけちゃんとチェックしておくとよいでしょう。
 ただ透明のアクリル板をうまく使えば、ある程度の本のたわみが出ても読める程度に収まるようですので。
 そこはショップで質問してみるといいでしょう)


posted by スズキ at 13:17| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物の生命エネルギーをわけてもらおう

これからの環境を守りたい。
そのため脱炭酸宣言がでており、急ピッチで対応が進められています。

一般家庭での脱炭素化は、燃えるごみの量を減らすことでしょうか。

一軒の家庭がだす食料ごみはわずかでも、
数万件の家庭がだすならば大事になります。

そんなとき植物を育てている人なら、
食品の野菜等のごみを堆肥に変える【コンポスト】をしている人もいます。

私もプランターで植物を育てるようになってから、土づくりの大切さを身に染みています。




いま、私の家のプランターのゴツコラが寒さで弱ってきまして。。。 -.-;
一年サイクルで新鮮な取り立てゴツコラをいただくのも難しいなぁと実感しています。

ただ玄関わきのプランターは元気。
今年の春に無謀なほどの腐葉土をいれて大量のコバエが発生して大変な事態になったのですが。
そこに植えられた枯れる時期のカキドオシがどんどん成長して、わさわさになっています。
日当たりも悪い場所ですが、大量の腐葉土が有機肥料に徐々に変化してくれたのでしょう。
そこから、こんなになるとは。。。「やるじゃん、カキドオシ!すごいな有機肥料!」


ちなみに他の化学肥料のみをあたえられた条件のいい場所に置かれたカキドオシは、すでに枯れだしています。
追肥として化学肥料を与えても、ひっぱくして枯れだしたたままの厳しい状況のままです。
いかに土の力を秘めさせるか。

人も、どんなに身体操作の勉強をしたとしても体作りができなければ、台無しです。
だから技を磨く前の「身体づくり」こそ命です。
身体操作の技はそのあとでついてくるものです。

それと同様に、
育てる植物の特性を知り、土づくりに精通して土壌の力がよくなれば、
植物は期待以上の成長した姿を見せてくれます。

それらハーブの様子を見ると、
人が心身ともに健康にたくましく成長し育つための土壌づくりも大事だなと思い浮かべてしまいます。




人の手で育てるプランターで植物の生命エネルギーが高めるには、
手間暇時間がかかりますが、
そこをわかって計算できるようになると、
様々なトラブルの予防も必要でしょうが、
すばらしいおいしさや薬効を与えていただけます。




人は昔から、植物がもつ薬効を頼りに生きてきました。

薬効といっても、自分のカラダの状態を深く理解できてないなら、
著名な薬草も一歩間違えれば毒にも変わる。

たとえば、私は家で「アシュワガンダ」というナス系のアーユルヴェーダでは大変に貴重とされるハーブを植えています。
2年ほど育てると根に薬効成分が集まり、それを用いられるものです。

このアシュワガンダは抗酸化作用も強い。
それは体内にできた悪性腫瘍(癌)をたたくような成分が含まれております。
それは現代医学でもちいられる癌を制する薬に含まれているものと同様の成分となっています。
アーユルヴェーダ医はそれを5000年前から知り、癌患者様に対して用いています。
「アシュワガンダと、そしてホーリーバジルと・・・」
というように薬効成分の特徴から処方していきます。

すると、このハーブの薬効をいただくかどうかで違った成果がもたらされるのです。

ただ過去に症例として、
自分の体質状態をわからずにアシュワガンダを筋肉増強剤として使おうと頼りすぎた人が、
肝臓に障害を受けるという事例がでております。

アシュワガンダは「アダプトゲンハーブ」です。


【 アダプトゲン 】とは? (Wikipediaより)
アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。
どのアダプトゲンも抗酸化物質を含んでいるが、抗酸化物質がすべてアダプトゲンであるというわけでもなく、
抗酸化作用がアダプトゲンの第一の作用であるとも言い難い。
アダプトゲンに関する認識は数千年前の古代インドや古代中国までさかのぼるが、
本格的な科学的研究が始まったのは1940年代後半になってからである。
1947年、Nikolai Lazarev 博士はアダプトゲンを、
「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、
非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義した。



アシュワガンダも、抗ストレス作用が大変に優れている代表的なハーブです。
日本では育てて観賞用にするのは認められています。
ですが薬効成分を抽出してサプリにしたりハーブティにして流通されることは禁止されています。
なにか特別な意図があるのだと思いますが、非常に稀なハーブです。



調べてみるといろいろ裏事情も見え隠れして、興味が尽きません。




昨日。

生のゴツコラとホーリーバジルの生命エネルギーの高いものを、
アルコール度数40度のウォッカで2週間つけて栄養成分を抽出したチンキを作りました。
両方とも非常に波動的に高いハーブです。


マザーチンクチャー.png

左の透き通ったグリーンがゴツコラ。 右の茶色がホーリーバジル


このようなチンキにしてもちいることで、長い間、そのハーブの薬効をいただけるので、
紅茶に数的入れて特別なハーブティにしたり、
部屋に霧吹きでシューッとすれば気分一新。
特にホーリーバジルのほうは、魔除け的に邪気をはらう力が強いようです。





余談ですが、
カラダとこころのストレスを減らそうという身体づくりのやり方に効きそうなYouTube映像を見つけました。
2年ほど前に中国で流行っていた誰もが楽しんで踊れるダンスのようなものかと思います。

クリスマスイブにご近所様の知人宅へ遊びに出かけてのこと。
(今の時期ですから、大人数の集合ではありませんので!)
椅子に座りながら私も軽〜くですがノリノリで踊ってました。
何度も曲を聞くと、頭の中でエンドレスループしますから気を付けましょう。 ^-^;



https://youtu.be/pNvTqK2rIys
【挖健康】廣場舞《海草舞》抖掉你的蝴蝶袖〜

インストラクターの手に入れ墨の男性。
体幹ができた動きですね。




上記映像の元のミュージックは以下に。


蕭全 海草舞 完整版MV Hai Chao Wu
https://youtu.be/W50B3GDmEsg

歌詞を和訳して読んでみたら、メッセージ性もあってうなりますよ


posted by スズキ at 11:30| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

書籍紹介;『セルフケアの道具箱(ストレスと上手につきあう100のワーク)』自分のこころに自分で寄り添いましょう!!

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。

キリスト教徒ではない私ですが、例年クリスマスには、明石家サンタをたのしく観ることとクリスマスイブに歩いて15分ほどの碑文谷にあるサレジオ協会のミサに参加するのが恒例でした。

一昨日前のクリスマスイブは、教会のホームページにネットでミサの様子を配信するから、極力そちらでとのこと。
それはもっともな話でネットでミサに参加。後日、献金をもって教会へと向かおうと思います。



人は、元気が失せてしまったり勇気がくじかれてしまったとき。
免疫力が下がります。


このようなときは、ささやかなものでよいので、自分を楽しませたり、ご機嫌にさせたり、鼓舞させることが大切になってきます。愛を感じる、気持ちが入っている。

そのようなことを見つけ出して、いい時間を過ごすようにしたいですよね。

でも、ちょっと、ちょっと。
早々につらいきついときなんだけどという場合も。

そのようなときストレス心理学・認知行動療法を専門にしている先生が書いた本は役立つでしょう。



『セルフケアの道具箱(ストレスと上手につきあう100のワーク)』
ストレスが溜まって苦しい。
そのようなメンタルの不調から回避するためのサポートになる本として人気があって、私の施術をする友達からも紹介されました。

ストレスマネージメント、認知行動療法、コーピング、マインドフルネス、スキーマ療法などの理論をもとにしたわかりやすいワークブックです。

私もこちらの本を手にして読ませていただいて道具箱と銘打っているところがわかりました。
単なる心理学の読み物ではなくて、シンプルなワークが多く紹介されています。

実践したらしぼんだこころを膨らませてくれるようなこともあるでしょう。
こころのストレスがだいぶ溜まっているようなら、この本はお勧めです。

ただもし肉体的な体の炎症がメインならば、それは私たち施術家のところに足を運ぶことをお勧めします。
人によっては「誰かとつながること」が大事なときでもありますから、なじみの施術の先生の所で。施術をする先生方は、私を含めて守秘義務を持っており、それはお客様のお体についての情報やその他の個人情報も該当します。
それは雑談枠もです。


余談ですが、社会的ストレスが引き金になって更年期症状を急に感じ始めたり、その症状が強まっているという方が多くなってきているようです。
更年期障害というと女性ばかりと思われるかもしれません。
確かに女性の症状のほうが女性ホルモンの変化の大きさにより、つらさが顕著に表れることが多く、体調管理のため更年期外来という特別な医療分野もあります。
女性向けの更年期障害の解説本もわかりやすいものが多く出ており、
それらは参考になるでしょう。

いまは男性にも、年齢的に40代半ば以降の方に更年期障害に近いといわれるような症状が出てきているようです。
いままでは通勤して大変なところもありましたが、それはそれで同僚と顔を直接会わせられる貴重な時間。そんな会社通勤からオンラインミーティングへ。
パソコンを操作し続ける時間が増えたようです。
そして得意先やお客様先や会場などへ体を運ばずにネットで講座や営業をするよう仕事へと変わった人も。
それで家族との会話が増えたりというケースもあります。
ただ仕事の様子が変わることで新たな仕事を振られて担当するものが増えたり、時間にゆとりがでることばかりではないようです。
そうなるとストレスを感じるということもありますよね。
そのような男性が精神的なストレスから起きたものとはいえないような、
男性更年期障害の症状といえるような状態がみられるケースが増していってるといいます。

そのようなときは女性が女性ホルモンの変調と同時に生じる問題に取り組むという考えと同じように見ていただいて、男性も自身のホルモンのでかたが変わるようなこともあって、そこからの障害があらわれることもあること。
そのことに気づいていただいて、食事にホルモンバランスを改善させるような食材をもちいるようにしたり、内臓部の冷えを低減させるような全身の適度な運動を日々取り組めるようなものを実践するようにしていきましょう。
男性用の更年期の本ではないが、女性用の更年期の本もかなり参考になるので、気にしてみていただけるとよいでしょう。
そうすることで体の症状を抑えられたという男性もおられましたので。
posted by スズキ at 19:37| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

他国でのコロナのようす

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。

朝方など部屋が乾燥して、のどが痛くなったりしておりませんか?




いまの時期。

少しでものどが痛くなったりしただけでもいろいろと心配になるものです。


私の施術をお受けいただいているお客様から、
ロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー・バレエへの入団している【 石井久美子さん 】というバレエダンサーを教えていただきました。
YouTubeチャンネルをもって、積極的にバレエダンサーに必須の足の使い方を指導解説してくれる映像が多数アップされており、
少しずつ私もその映像を見せて学ばせていただいております。
的確に解剖学的な深い視野を持っておられることは【ワガノワバレエ学校(←身体操作について英知が集約している教育機関といえるすごい学校です)】に留学し学んだところからもわかります!
ぜひ、カラダの操作に関心がある方はご覧いただければと思い願うすばらしさです。


ロシアのバレエ団で活躍しておられるそうですが、そのロシア・サンクトペテルブルク。
コロナウイルス感染猛威を振るっているといいます。


その石井さんがYouTubeで、自身が新型コロナウイルスに感染したかもしれないという映像をアップされていました。
マリインスキー・バレエ団で、多数の関係者が罹っているそうで、
いまはまだ検査を受けて、その結果待ちという状況だそうです。

ですが石井久美子さんは、ウイルスに感染したかどうか。
それがインフルエンザウイルスかコロナウイルスかなどわかりません。

検査結果が陰性であることを、
こころより祈っています。


https://youtu.be/yxzFFjNfsik
コロナに罹ったかもしれません


私の直近の周りでは、幸いにも新型コロナウイルスに罹ったという方はおられません。
そのため直接的に個人からどのような状態だったかお伺いする機会はありません。
この映像を観させていただいて、もし自分がまたは家族や友人がコロナに罹ったとしたらと改めてその大変さを感じました。

映像後半に「多くの陽性者がでているサンクトペテルブルクで生活する気持ち」を述べておられるところがあります。
東京とサンクトペテルブルクとどちらの状態がどうなのか、比べる術は私にはありませんが、
どこの国のことでも、これ以上の大事へとならないよう感染が終息していただけるよう願うばかりです。
posted by スズキ at 12:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

じつは施術ができない期間が続くというのは避けたいため、施術家同士での研究会はしています。^-^

じつは施術ができない期間が続くというのは避けたいため、施術家同士での研究会はしています。^-^


今朝がた、徒歩圏内の同業の施術をしている先生のお宅へお邪魔いたしました。

「首の不調があるんだよなぁ」とおっしゃられる、先生。

わたしも今日は時間があったもので、
ワークベッドの上であおむけになってもらい、
ボウエンテクニックという自律神経系の改善を得意とするセッションの変形バージョンをさせていただきました。

頚椎4番に変位があると「眠れなく」なりますので、首のチェックをしていたときにその点を見つけてそちらと上部胸椎に絞ったリリースをしていこう!
そのように考えて、ショートセッションを組みたてました。

ただ頚椎4番あたりにずれた状態が一週間も経過すれば、頭部の顎関節がずれがでてきて側頭部の緊張が抜けなくなっています。
すると側頭筋にさほど強い圧をかけなくても痛点ができあがっています。
あんのじょう、それはあり、右側の側頭筋に強い痛みという違和感があるということを確認。
咬筋を緩めるため、口を私の手で他動的に開けたままの様子を2分間。

それからはボウエンテクニックセッションでもちいる頭への深く眠りにさそうアプローチ法で、すやすやと寝ていただきました。

これで神経系の負担感はゆるんだためそちらの興奮は低下して脳脊髄液のリズムも正常化したものの、
上部胸椎や肩の内旋、股関節右側のずれなど筋膜への深いリリースが必要なものでして。
と寝ていただきました。

これで神経系の負担感はゆるんだためそちらの興奮は低下して脳脊髄液のリズムも正常化したものの、
上部胸椎や肩の内旋、股関節右側のずれなど筋膜への深いリリースが必要なものでして。
それはいずれ、また時間をみて伺おうということになりました。 




という、同業者同士の交流セッションでした。





頚椎4番がずれると、なんで、ねむりづらくなるの?


血流が足らなくなってくるような代謝の滞りが強まることで緊張が抜けなくなってきます。
そんなときに脳内にいく血液量が減ると
睡眠が浅くなってしまう。
寝つきが悪くなっていく。

それは頚椎4番がずれてしまい頸動脈近くに筋緊張が強まったため、
頸動脈部分の血管を圧迫して脳への血流を抑制しているのです。

そういったことが続くと脳のエネルギー不足と脳の酸欠により感情のエネルギーが乱れて収まりがつかないようになります。
すると自律神経が高ぶったままになりやすい。

そのような高ぶりがあると寝付けなかったり、
いくら横になって寝ても疲れが抜けなくなる。


それは強くなって継続すると鬱とにた症状が出始めてしまい、
肉体部分の筋肉部分のサブラクゼーションからの由来した感情の負担は抜けづらいんです。

感情がもともと問題が大だったと思うようなことがあったとしてもそれが改善しても治った感じがない。
食材で気鬱を改善させるものでも難しいし。


興味深いところですよね。

「頚椎4番がずれて左側へのゆがみが高すぎですね。じゃあ、こちらを改善させてしまいましょう」

で、これで状態の底上げができて、そこからの食養生などにアプローチするのもいいでしょう。



ただスマートフォン。
こちらを5分以上、継続的に使いつつ文字入力すると、、、多くはこれだけでかなり頚椎4番がずれる基盤ができてしまいますから。

そのようなことを避けるように、うまくスマートフォン、つかっていきましょう! ^−^
posted by スズキ at 13:52| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

ゴツコラとホーリーバジルのマザーチンクチャーづくり、ためしてます

まとまった時間をつかって新たな施術研究もとりくみつつ、
ほぼおばあちゃんの自然由来の薬箱のようなことを大事にして実際に試しています。


施術のときのサポーティングマテリアルとしてもちいることも視野に入れています。


同時に学んで実際に生活に活かすことからはじめることで、
どのような変化があらわれるか挑むことのたのしさを感じます。


私が特に重視しているおばあちゃんの薬箱のなかのひとつにゴツコラとバコパというハーブの利用があります。

抗ストレス & 抗酸化 などにすぐれた効果を証明されている【 ゴツコラ(和名:つぼくさ) 】、
そしてゴツコラと同様にアーユルヴェーダ医により貴重なハーブといわれている【 バコパ・モンニエリ 】。


ゴツコラとバコパ・モンニエリ は、
インドの最高神ブラフマンの名前(ブラフミー)をもらうほど、アーユルヴェーダでは重要なもちいられ方をされているハーブです。


私の家の玄関先にハーブが植えこんであるプランターが連なっており、
その多くがカキドオシという別のハーブですが、
そのなかにもこっそりゴツコラが息づいています。
そして屋上には衣装ケースにいれて バコパ・モンニエリというハーブも育てています。
いまは屋上は極秘扱いなので写真が貼れなくてごめんなさい。





ときどき私のブログでゴツコラの名前を見かけて、
摂取したらどういうメリットがあるの?

と、ご質問をいただきます。

ゴツコラとバコパ・モンニエリ 。
両ハーブをあわせていえば、両方とも多岐にわたる有益成分が含まれており、
西洋では研究者が詳細な成分を分析し、実用実験を論文化したものが多数存在しております。
それもあって、ひとことで解説できるものではありません。

なのでざっくりというなら抗ストレス作用と抗酸化作用があげられるでしょう。

抗ストレス効果により、こころの落ち着きが図られることも知られています。
人は強いストレスを受ければ体がそれを受けて緊張し、脳への血流も低下します。
過剰なストレスの感受レベルを低減させることで、
かえって視野を拡張させて物事に深い観かたをすることができるようになります。

抗酸化により、体内の酸化が病を作り出しますからそれに対抗できる力があります。

そして他には脳神経への刺激により「記憶力アップ」が期待できます。
これは特にゴツコラは顕著で<食べるIQ>と呼ばれるほどです。

それら作用の発揮が顕著に強くあらわれるような成分が含まれているハーブの一種であり、
代表格がゴツコラとバコパ・モンニエリということです。



もちろんそれらはサプリメント化されて手に入れることもできます。
以下写真は、iHerb(アイ ハーブ )というサプリ等を販売する通販サイトから手に入れたものです。

バコパにゴツコラ.png

左側がバコパ・モンニエリ  / 真ん中がゴツコラ / 右側小瓶がゴツコラのチンキ(マザーチンクチャー)


ゴツコラのサプリは、口にしてやさしい。
何らかの急激な変化を受け取れるものではない穏やかなものというのは、生ハーブとしてとったときとそのまま同様でした。
じわじわとハートに、そして頭上に感じるものです。
想像していた通りサプリの成分はしっかり配合されているのはわかりますが、
生ハーブより摂取した成果は下がりそうに感じました。

バコパ・モンニエリは、錠剤内が顆粒になっており、それを割って口にしたとき。
他のハーブでは感じたことがなかった、胸から上の前方向になんらかの開いた感じを得られまして。
「なんなの、これは?!」と、ゴツコラとは違った強烈ななにかを感じました。
こちらは薬効がやや速く感じますが用法を間違えれば危うさも感じられました。
ゴツコラ以上に慎重に用いる必要がありそうですね。
摂ってみて、そのように感じられました。



そして、自宅のゴツコラ等をもちいて、以下のハーブティンクチャーのつくりかたの映像なども参考にして、
ゴツコラやホーリーバジルなどのチンキをつくっています。



ともみんのキッチンコスメ教室☆ハーブティンクチャー編
https://youtu.be/3sW1T88kbPg


フレッシュな摘みたて生ハーブが、もっともパワフルな効果を期待できますが、
旬のときのハーブの栄養成分をそのままウォッカのなかに抽出して使えるようにできれば。
フランス等の植物療法をしている方々の本をみれば、そのようなものを有効利用して、健康的な生活を送られています。

自宅で自生したハーブももちいることができますから、それは安全が100%です。
あと一週間程度でできあがります。

ゴツコラとホーリーバジルのマザーチンクチャー.png


うまくこれらの効果の実感ができたら、
いま、当家で自生中のバコパ・モンニエリ、ビワの葉やカキドオシ、フェンネルなど、
自宅採取したものをハーブティンクチャーにしたいですね。






posted by スズキ at 13:31| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする