2017年02月28日

ストレスから病に至る仕組み『キラーストレス』

脳梗塞等の問題がどのような原因から発生するのか?

そのような一環で、探しまわって『キラーストレス』のキーワードを見つけました。

キラーストレスとは、
2016年6月18日に放送された
『NHKスペシャル:キラーストレス 第1回、あなたを蝕(むしば)むストレスの正体〜こうして命を守れ〜』
で使用された新しい造語です。

私はこちらの放映したときは仕事中で、
全編を観ることができませんでしたが。

昨夜、その番組を YouTube で、偶然その映像を観ました。

改めて視聴して、ストレスが血管や脳を破壊したり、がんを悪化させたりするといった、
人を病に陥れる詳細なメカニズムが明らかにしてくれていて、すごい納得です。。。
血管が破壊され、脳卒中や心筋梗塞、大動脈破裂を引き起こしてしまうのもキラーストレスが起因することも。。。

なるほど、、、。

ちなみに私が視聴したYouTube映像は、
NHKスペシャル番組を違法アップしたもの。
そちらを堂々と貼り付けるのは忍びないので。 ^-^;

お手数ですが興味がある方はYouTubeで『キラーストレス』の検索語で調べ
ぜひ、ぜひ、そしてぜひに!
ご覧くださいね。


ちなみに、
第一回の放送が、キラーストレスの仕組みを理論的に詳説する内容で、
第二回の放送は、コーピングやマインドフルネスなどによる、キラーストレス対策を紹介してくれています。



NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」第1回内容 - NHKオンライン
http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html

上記ページ中には、
ライフイベント ストレスチェック』を、
該当する内容のボタンクリックすることで合計をだしてくれるコーナーも。
こちらは意外に役だつような気がします。



試しに私が、ストレスチェックをしたら、
完璧に病気を引き起こす可能性のあるストレスが溜まった状態でしたが。
まいったな〜。 ^-^;
posted by スズキ at 15:11| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

【業務連絡】:2017年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2017年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

先日、「分杭峠」というゼロ磁場と華々しくいわれていたパワースポットについて
ブログに書かせていただきました。
知る人ぞ知る、ところですね。 ^-^;


分杭峠とは、長野県伊那市と下伊那郡大鹿村との境界に位置する標高1,424mの峠。
分杭峠は中央構造線上にある街道沿いの峠なもので、脆い地盤で崩落もしばしば。
そういったこともあり東京から足を伸ばすにも、前年までは高速バスで行けたが、
今はそれも運休になってしまいました。

峠の近くまでシャトルバスで行かなければならないルールがあり、
現在では今年の4月からのシャトルバスの運行はする予定ですが、
運行日がいまだに正式に決まっていない状況だそうです。。。

数日で3月になっちゃうのに、ずいぶんゆっくりしている?
分杭峠に至る道は、いまだに雪が多いからでしょうか。

もうかれこれ2009年ころに知られ始めた場所の模様で、
8年ほども時間が経ち、今はブームも過ぎた頃でしょう。


かえって、人が多過ぎるよりも、
私としては非常にうれしい限り。
しずかに座禅をしてきましょう。


大地のエネルギーがほとばしる地が分杭峠だといわれます。
自分の内側からエネルギーの流れが感じられたものを
いざ、自身や知人や親族が病となったときや、
またぜひ皆様にシェアしたい気持ちでいます。

私はパワースポットととして強い力を持つ場所では、
自分の思い込みから自分のこころを狭くしていたものが、
いい感じに開け放してくれるようなきっかけをいただける。
そのような良質な意識のシフトが起きる場所でもあります。
私は、この精神的な質的向上ともいえることが起きればな、
と願うところもあります。

もし自分が訪れ体験した成果が、すばらしければ!
ブログに書き込んだり、
お客様に直接、「行ってきました!」と
感想を述べさせていただければと思っています。

今年中に、どうにか分杭峠にたどり着きたいものです。 ^-^;

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動き方の『気づき』だけでは体は変えられない



人の行動が変わるきっかけとなるのが、
「あっ、そうか!!」というような気づきをえたことによると思われます。

たとえば、
立ち居振る舞いのなかで、
この「あっ、そうか!!」とかアハ体験とかいわれるような感情が動くような発見をするほど、
そこへの関心が深いものでなければそのものの内的理解の深さは浅いものですから、
気づき得たとしても記憶の領域に刺さりにくい。

それは実際はそのものの自覚によって左右されるものですから、
以降、少しずつ自身の身を立てる気持ちで理解を深めるように。

他者が与えることができる理解は、
自分の知識レベルがそれに見合った分だけ受け取れる仕組みになっています。

それは簡単なことですよね。
小学一年生に、大学一年生の高等な物理の問題を解けといわれても目を白黒させるでしょう。
そのときどきにあった自分の学びの進ちょく状況にあったものしか受け取れないようにできているものです。
それは別に「良い・悪い」の問題ではなくて、
少しずつステップアップしていくかどうかの課題を自身が取り組むかどうかでしょう。
今の自分にあったテキストを、それぞれが選べばいい。
たとえ今は習熟度が小学一年生でも、学ぶ熱意があれば飛び級だってあるでしょうし。
あきらかに高度な知恵や知識を得られるようになれば、身の処し方も変わってきます。
体の使い方の学習は義務教育じゃありませんから、
どのステージに自分がいればいいかについては自分が選ぶ問題です。

私の体の使い方の指導も、
強く打てば強く響き、弱く打てば弱く響く。
それが正解で、無理矢理にでも高いところを学ばなければならない、
という押し付けが行き過ぎるのはよくないように考えています。

そこは私はじっくりと自分の状態を知り、
そこから表面上の知識ではなく体験をともなった学習でペースを守って進んでいくようにしたほうがいい。

時間がかかったとしても、他者から受け売りの知恵や知識は、
自身で噛み砕いてみなければ意味がないし役立たないでしょう。

プールで泳いだ経験がないのに、座学の本だけで泳ぎをマスターするのはせよというところですよね。




もしあなたが身体操作の知識や知恵や体験値が身に備えられた人へと移行できたとき。

動き方の良質なやり方の模索をするときに、
いくつもの気づきを得るでしょう。
動きの基礎を得られてくると、
自然に体の操作をこうすればいいんじゃないかとひらめき出すのです。

自分で得た気づきは、
そのまま自分の脳に書き込まれて、
スムースにそれが使えるようになることもあります。
そのような『気づき』って、大事だといいますよね。

でも気づいただけではイメージしただけで実践がなければ、
やはり定着率は低いですね。

そして他の人から教えてもらった動きから『あっ、そうか!!』というときがクセモノです。

一瞬腑に落ちて、気づいてわかったような気がするのですが、
それがそのまま身につくかといえばそうではないのです。

私にも経験がありますが、
本で読んでみて感心した身体操作も、
早々に記憶のメモリーから消去されてしまう。
結局、本を読んだ時間がかなり浅い利益しかなかった。


そんなときに、コーチングを学んで知ったことですが。
セルフコーチングを自身でする気構えがあるかどうか。

そこ、重要です!


身体操作も、
気づくことが大事、大事と叫ばれることもありますが、
コーチングの世界では、
気づきが人を変えるとは考えない。

それはどういうことか?

気づいたとしても、そこから得た知恵や知識は、
自身の意識をシフトさせる瞬間を与えるだけの
印象を得るには弱いのです。


人が気付きから得た身体操作の変化を定着させるために、
結果として後にどれだけの時間をそれに割り当てたのか?
というところを重視するのですね。

コーチングセッションを受けていただければ、
そのようなときは、
「やってみて、どう感じた?」 
そして
「さらにそれを改善するには?」
という流れを重視します。


そのような体験学習に十分な時間をかけたものが成果を生む気付きと呼ぶべきものといえる。


一見すると、そんなの当たり前じゃないかといわれそうですが、
気づき知っただけで満足して終える人がほとんどなんです。
そのアイデアが時期に記憶からこぼれ落ちるか、
メモを取ってもやがては死んだ知識に成り下がるか。

そのような扱いになってしまった経験て、ありませんか?


おそらく、私自身、アイデアを思いつくことは相応に量がでてくるときもあるのですが、
そのようなものを気づいても、
自分の体にそれを体験させて身に染み込ませて改良を加えるほどまでは、、、。
正直に言えばできていなかったことも多いと思います。


気づいたあと時間をどのように使うかが、気付きの価値を左右するものです。


コーチングを継続的に契約するときは、
気付きが得られたとクライアントが言えば、
もし実際にやることが困難な難しさをともなうものならば今日明日にできる簡単なステップに分けて、
それをやってみたら次回のセッションかまたは早々に連絡をいただけますかと間髪入れずに頼みます。

そのようにコーチという人を介することで、
気づいたあとにそれをもとにした行動に時間を費やす大切さを学ぶことができるでしょう。

単純ですが、このような体験学習に慣れていくと、考え方の進度は一様に早くなり深まり、
無理なく自分の得たかったものが身に備わる経験をするはずです。

気づいてもそれが意識から流れ去りつつけたもったいない状態であった不毛の大地から、
気づきから自分の意識を大きくシフトさせるほどの大きな変革にまで繋げられるもへと。
コーチングセッションを受けて、それを体験していくことで人が成長するということは、
ここにもひみつの一端があるのです。

数度のコーチングセッションから
気づいてからそれを噛み砕いて実践する時間を費やす約束をして実行する習慣を持つことが、
どれほど自身に大きな見返りをもたらすかを体験してびっくりしたり喜ばしく感じられたり。
私も、そこは実感しました。

違いは大きいですね。


芸能人の武井壮さんは、
自身の身体トレーニング法も、
独自の気付きから多くの成果をえているそうですね。
そのようにテレビで見たことがあります。

武井氏は自分で気づいたことをそのまま流さず、
独自に後のトレーニングメニューに落とし込み、
確実に気づきから飛躍するタイプだと思います。

本来は武井壮さんのようにセルフコーチングが、
自主的にできるような精神力や意志力があれば
どれほどすばらしいことでしょう。


習慣の改善や実行性をともなわなければ意味のない気付きもあるでしょう。
もちろん、気づきの効果的な活かし方は体の動きの修養以外にも同様に言えます。
気づいたあと、それに対して気付きに基づいた課題を出してそれを実施すること。


何事でも「アウェアネス(=気づき)」は大事ですが、
気づいただけではではなにも動かないし、生まれない。


気づきを得た後に時間をどう使用するかが、
単に気づきを得るよりも何十倍も大事です。
posted by スズキ at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

【業務連絡】:2017年2月26日(日曜日)午後9:00に、2017年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


【業務連絡】:
2017年2月26日(日曜日)午後9:00に、
2017年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2017年3月の予約表更新、予告日時}




2017年2月26日(日曜日)午後9:00




上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。




更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。



【 編集後記 】

こんにちは!

ボディワイズの鈴木です。
お世話になっております。


このたび、私の施術に関心を持っていただき、
予約順番待ちにお並びいただきましたお客様へ。

3月予約表の更新状況の空き状況をみて、
予約順番待ち番号の早いお客様から順次、
ご予約を受け付けさせていただく旨の連絡を
させていただきたいと考えております。



ひとり、ひとり、体の状態はまったくの別世界です。

新たなお客様との出会いから、
私もまた新たな勉強をさせていただく気持ちで
気分一新してお待ちいたしております!




================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイスマッサージ・ヘッドマッサージで集中力や思考力がアップするかも!

歯のかみ合わせについて

独自の(^-^;)フェイスマッサージ成果のひとつとして、
最近つとに感じるのが、歯のかみ合わせがよくなった点。

私は右利きです。

すると右骨盤の腸骨が前傾しやすい。
その右腸骨の落ち込みが発生していく。
つまり左右の骨盤の高さがちぐはぐになる状態ですね。

「利き足」というものを持っている人間は、
相当注意深く左右差を消す努力の大切さを知らなければ、
そこから必ず問題は発生していくのです。
利き足を持つ感触は、
ふともも部の前側の筋にあたる大腿直筋や外側広筋を無意識にエンジンとして使おうとする悪癖です。
ほんらいは右側脚部裏側にあるハムストリングスがエンジンになる筋肉ですから、
そちらをしなやかに活性化させてパワーを発揮させて動く感じにするのがいい。

そのようなハムストリングスがエンジンで、大腿直筋が方向指示器としての役割分担通りの意識で歩く。
それをしていかなければ、単純にウォーキングをしても体が整えられずにゆがみだしてしまうものです。

午前中のお客様が、そのことに気づいておられて、
「ただウォーキングをするだけじゃダメだろう」とおっしゃっておられました。
さすがですね〜。

私は、中国では後ろ歩きだけする専用の歩行レーンを設けたところもあるので、
ぜひ、後ろ歩きをしてトレーニングしてみてくださいね!と。
実際に後ろ歩きをすればわかるが、左右のハムストリングスが均等に使えて、
急性の腰痛がきびしい!ってなっている人は3〜10分程度も後ろ歩きをすれば、
不思議なほど腰が緩み伸び出して腰痛が治まってしまうのです。

ウォーキングの姿勢等に不具合を感じている人は、ぜひ、試行錯誤のための取っ掛かりとして、
やってみるといいでしょう。

ちなみに、中国では国民健康保険がないので病気になれば実費と聞きます。
そうなると気軽に整骨院や整形外科にいくのもかなり高額な医療費を払う。
そうならないためには自衛の意味が深い自己管理には貪欲に取り組みます。
そのような意識は大事ですね。



話がそれました、
修正しましょう。

右利きで右腸骨が前傾すると。
骨盤の落ち込み分はそれを帳消しにするため腰部にL字側湾をこさえつつ右肩に上がりが出てくる。
そうやって骨盤部分で生じた体の軸の歪みを修正していく。
頭部の脳は地面に対して水平位置に置かなければ思考が鈍るし、視認性もひしゃぐので、
頭部は水平になるよう設置するために最大限努力するような作り方がなされているからだ。

ちなみに右手が使う使用頻度が高くなれば右肩がさらに持ち上がりだす傾向が強まり、
体のL字側湾は強まってダメージが背部起立筋のみではなく腰方形筋や肩甲骨の位置を決める菱形筋、
または頭部の傾斜を修正するための斜角筋などが立位姿勢でいるだけで、
過剰に使われてしまう人も出てくる。

それが昔の私だった。

施術を始める前には、
身体操作を考えたことはあったが、
歪んだ状態の体での内部感覚を頼りにしたため、
どこにも頼りになる指針なく暗中模索状態での太極拳やら。。。のレッスンだったから。
残念ながら、あまりのひ弱な私の体はかえって正当な体の使い方からはかけ離れたことも随分してきて、
つけちゃいけないところの筋肉をかなりつけてきた自覚がある。

それらも相応に姿勢よく心がけて改善傾向を示していたのだが、
手を付けていなかったところが首から上の部分だった。

フェイスマッサージをしていた当初、
それまでは「左顎関節周囲の硬化した側頭筋や咬筋など」が顔の筋肉の状態を変える鍵だと思っていた。

そこは右利きであるが故に、頭部が右に傾斜する状態を食い止める筋肉として
左側の斜角筋や顎の筋肉を常に固めるという特徴があるからだ。

ちなみに右に頭が傾斜すれば右顎は閉じるが左顎は開いてしまう。
左顎が開いたままでは集中力が続かなくなるため、
無意識のうちに左顎を食いしばることで左右の顎とも噛みあうよう補正するのです。



解き始めていた当初は、
左顎をリリースすればいいというのは正解だったなと思った。。。

左顎関節周囲の緩みは思ったほど難しいものではなくて、
リラックスした筋肉に変わっていきました。
そして左顎からカクッというクリック音が。
思ったほど顎関節のリリースは難しくない。



そんな余裕が出た気持ちでしたが、
そうなってもしばらく頭部のリリースをし続けると、
右側の顎部分からクリック音が聞こえ出してきました。


そこは意外でした。


それほどまでは右顎関節は固くは感じていませんでしたから。。。

ですがさらにワンステップ上に推論をするならば
アナトミー・トレインを知れば大腰筋等含むコアの筋肉を通じて顎関節をみればよかったんですね。
すると確かにコアの右顎関節が流れの末端と考えたいものでありました。

それは右利きであるが故に、右股関節がはまりが浅くなることから由来するのです。


いろいろと筋肉の連鎖などの関係から人体を読もうと努めていきましたが、
自分の体が素材として追求されたときには、
悟りにも近い「あっ、そうか」という言葉がでてきます。


そして今まで自分では感じたことがないほど、
顎関節のかみ合わせ位置が理想位置に並んで。

顎関節の位置の理想状態はフェイスマッサージをしなくても保てるか?
というところを意識して、わざと3日間ほどフェイスマッサージをしないでいるのですが、
短期でこれが戻るということはないことも確認できました。
右顎関節が緩むと体の芯の緊張状態も緩みだして、
眠気が強くなり自分の内側で少しずつ何かの歯車が動き出す。
そのような感じがしています。


今時点、集中力や思考力が向上。


かつてコーチングスクールの音声を聞き流しで学習してきたのですが、
本当に聞き流して意識に引っかからなかったところが多かったのです。
ですが、それがかっちり講師の言葉の要点が頭に書き込まれていった。

コーチングスクールに通っていたときにこの状態に至っていれば・・・。

それは今考えればショックではありますが、
絶対に別の形で取り戻す気になっています。



そして今日もお客様から、
「顔が細くなった?」と言われました変化はありますが、
見た目ではわからない中身の面で
私って顎関節のずれで、人生上かなり損をしていたかも。。。


もしかすると、昔は記憶力が良かったのだがという方は、
顎関節の改善する必要があるかどうかを側頭筋や咬筋の硬さなどを調べてもらって。
もし顎関節に問題があるならば、ほぼ100%仙腸関節のズレが生じているもので、
その仙腸関節の調整を必ず先行して完了させておいてから顎関節のリリースにいく。

そうすれば、けっこう画期的なことになるんじゃないだろうか?!

そんな気がしています。





フェイスマッサージだけを先行させるのも問題があるなと思って慎重な姿勢を取りたいと考えているのは、
上記にあげる「仙腸関節のずれ」からくる体の側湾が顎の食いしばり等の問題を起こしているのですから、
そちらの原因行動を取り除かないうちに顎関節周囲の筋肉を緩めればかえって不測の事態に陥りますから。

積み木を積み上げる構造体を考えていただければ、
積み木の地盤部分が傾斜していればいくら上部の積み方を工夫しても不安定さは拭えないだろう。
同時に上方の積み上げられた骨格の積み木部分は傾斜していて滑り落ちようとしている状態を、
筋肉を骨化させてつっかえ棒を創ってあるから落ちないよう構造を場当たり対応しているのです。
そのつっかえ棒を引き抜くというのが、下地の骨盤部の水平性を取り戻す前に顎関節周囲を解く。
ということなのです。


以前メールで、お客様に私のフェイスマッサージの簡易ビデオを創って施術を受けている方に提供したい、
というのは、この骨盤部分の水平性が確保されている人じゃないと顎関節周囲を深く解くのは危険だから。
手探りで自分で体の状態を探っていくことは私は決して否定的ではありませんが、
顎関節周囲は精神的支柱にも左右されるほど影響が深い部分です。
知識がないまま取り組みを先行しすぎるのもミスしたら収集がつかなくなるのです。

そういった意図があります。


posted by スズキ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

書籍紹介:『Polarity Process』

Amazonから洋書を購入。


Polarity Process (英語) ペーパーバック


ポラリティセラピーについて、
数冊和書がでています。
とても参考になるものですが、
一般書として普及目的の様子が色濃く思えます。
すでに和書は読んでおりますので。 
特定のポラリティセラピー関係の洋書はさらに深い内容が目白押しで、
手にしイラストを見るだけでもインスピレーションがわき起こります。

こちらの洋書は、ポラリティセラピーでおこなうセラピーのセッション部分は割愛されていまして、
クラニオサクラルセラピーなどをなさる著者の特性も活きた、
理論面での内容理解を深めるのに役だつような本となります。



では「ポラリティセラピー」とは?
極性療法と和訳できるでしょう。
体にはパーツごとに、帯電した極性を持っています。

ポラリティ的に
手の使い方の妙を知ることも役だつすぐれもの。

たとえば
右手は(プラス極)、
左手は(マイナス極)、
のような帯電しています。


「プラス極とマイナス極」が引き合えば<安定>する。
これがいい感じの状態ですね。
それに対して「プラス極とプラス極」や「マイナス極とマイナス極」では反発して<不安定>に。


たとえば選挙期間中の候補者は
何百人もの有権者と握手をする。

そのときに右手で握手をするのが慣例ですね。
握手をする両人の右手がプラス極同士で反発。
つまり反発するのを無理に握っている状態で、
候補者は多くの者と握手をしたらしばらくは
手が冷たくエネルギーの流れを失いしびれる。
そのような体験することになる。

「えっ、それって、握力を出しっぱなしにしたから、疲れてるだけじゃないの?」

といわれそうですが、
候補者が相手の左手にも触れるチャンスを持てれば、
候補者の手は赤々と生気を持ったままを維持できる。


というとわかるように、
施術者が施術をするとき。
なにげなくお客様の手を取るのではなく、
注意深く私が右手でお客様の左手を取る。

実際は施術をするものの良し悪しは、
そのような細かな気遣いや心遣いをしっかり忍ばせているものです。

それは意識的にしていることですが、
自分の頭と体の操作の一挙手一投足。
うまく足並みを揃えられるかどうか。


人体の極性の質を頭に入れておけば、
他にも応用範囲が広がっていきます。

考えようによっては、
エネルギーの流れを追っていくなら、
人体中を電気的な回っている状態が
正常であるかどうかにかかってくる。

目に見えない部分だから、
どのようなことが起こっているのか?
その不具合状態は自覚しづらいです。

そこを触覚的に察知し判断するので。
本を読むだけでは、
うまく機能できない場面もでてきます。
だから私たち施術者は体を磁気的に調和した状態におけるよう、
日頃から日々感じながら生きるようにして、
極性を触角という感覚から察知する力を強めるようにしている。
そうできなきゃ臨床で活きないものに、
時間や労力をかけたくはありませんし。


ですが、もし極性の状態を察知できない方でも、
それを知っているかどうかで人体の理解視野の広がりが大幅に変わります。
その理解から酸化と還元のようなところにも、
ちょっと変な見方をつければ応用が効きそう。
そこも決定的に役だつ切り口が見えるはずで。。。


健康面について極性の状態について考えれば。

たとえば極性が混乱した状態に陥る状態なら、
その方の発する空間のエネルギーは低くなり、
自律神経系のコンディションも具合が悪くなるものです。

そこをうまく電荷を調整することで、
体の状態の改善効果がでてくるので。

極性という電気的な調和を司るなら、
それが<ヒーリングアート>といえるほどの
内部のエネルギーのくすぶりや欠けを改善するサポートをすることとなる。

そうすると体がびっくりするほど正常化した状態に向かいだすこともある!
そのような仕組みをわかって改善が起きた中身を見れば当然のことですが、
仕組みがわからなければ魔法のように思えてしまう傾向も。


ただ、傷ついた状態が強ければなかなかエネルギーの流れが改善して、
自分を癒やす意識に同調することが起きづらいものであって、
そのようなときにはエネルギーワーク的なものよりも、
肉体的な変化変容をアグレッシブに創りだすものから結果を生み出すほうが適したときもある。

そして現在のボディワイズの場合は筋膜リリースに焦点を合わせてセッションをしているので、
一見するとエネルギーワーク的なものなど考えてなさそうに見えるかもしれませんが。 ^-^;


繊細なタッチで圧を加えるような際、実は極性の影響はさらに強まるので、
学びを深めようと常日頃から考えているのです。


それでこの度の本を購入へ。

ポラリティセラピー関係の和訳した本では内容的に足らない部分があるのはわかっているので、
やはり洋書を手にするしかないのですね。 

そこでとりあえず日頃からほしいなと目星をつけていたPolarity Process (英語) ペーパーバックを中古本で英国のショップから購入。
コンディションは「ほぼ新品」です。

が!

驚くほど前所有者の書き込みが多数!
本の中にあるイラストにも思い思いに呪文のような記述が。
表表紙の裏側を写真に取りました。^-^;

ポラリティプロセス.jpg

「おい、おい。ほぼ新品がこれなら、
のコンディションはどういうものなのだろう?」
そう販売書店に対して感じました。^-^;


ですがその書き込みの内容の端々を読み込むと、
前所有者がこの本を買ってどれほど多くのことを学んだのか!
愛情もぎっしり詰まったものと思えて手放せなくなりました。

医学的な専門用語も書き込みしておられ私と同業者でしょう。

私も数冊、自分の施術の教科書として隅から隅まで学んだものはありますが、
多くは買って安心しているような気がします。。。

現実的にこれではなんら学べてないと思うが、
時間が工面できないからしかたがないと感じ、
積読ですまそうとしていました。
この姿勢は本に対しても失礼で、
猛反省しなければならないです。


そんなことを骨身にしみて感じました。
posted by スズキ at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

書籍紹介:【甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方 DVD映像120分 日常動作を磨く77のコツ】



甲野善紀氏とご子息の甲野陽紀氏の本。



甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方 DVD映像120分 日常動作を磨く77のコツ

体の使い方を匠にしてくれる本ですね!

77もの動き方のコツを伝授してくれるんですから、
これだけ身につけられれば相当な身体操作がグレードアップしそう。

「体の使い方の感覚ではこのような使い勝手ができるようだが、、、」
と自身の右脳のイメージ上では体の操作の設計図があるものの、
そこは今までごっちゃに学んできた知恵のかけらが繋ぎあって、
とっさに飛び出てきたものです。
感覚的には、このパーツとこのパーツとこのパーツと、、、と、
いくつもの部品を使って作り上げましたと言いたくてうずうず。
どうにか頭のなかで段階をおって登りやすい道を模索しようと。
でも途中で迷子になってしまう。。。
そこを日頃から反省しています。

でも動きの質を編集して切り取り、
言葉に当てはめて表現することは
私以外の先生方でも常に勉強といっておられることもあって。

言語化してここの操作はこれがポイント!って、
動きの要点を的確に抽出デキる人は尊敬します。

そんな作業が長年にわたり一般の人にもわかりやすく身体操作を伝え続け工夫している様子が、
下記の本からはありありとつたわってきます!

日常動作のちょっとした改善点の「目の付け所が増える」と、
動きの力みがだいぶ削られていきます。
美しい生きる姿勢が手に入るでしょう。


ぜひ、書店または図書館へ! ^-^

甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方 DVD映像120分 日常動作を磨く77のコツ

内容紹介

大好評「驚くほど日常生活を楽にする武術&身体術」のより日常生活に役立つノウハウを満載した第2弾。

えっ?本当?絶対驚く! コツさえつかめば、誰でもできる小さな力で大きなシゴト。

甲野善紀、甲野陽紀が教える、さまざまな生活の知恵。
日本古来の古武術は、武道だけではなく、物を持ち上げる、歩く、走る、登る、立ち上がるといった様々な生活の動作にも応用でき、
信じられない力が出たり、楽にできたりします。
また肩こりや腰痛にも効き、その他の健康効果も抜群です。

写真とDVD映像(120分)で、わかりやすく丁寧に解説しています。

日常生活での様々な場面で役立つカラダの使い方、ノウハウが中心の内容、
甲野善紀、陽紀親子、共演共著ということにも注目の書です。

甲野善紀 甲野陽紀 対談
第1章 カラダは自在に動くようにできている
第2章 小さなチカラで大きなシゴト
第3章 「立つ」と「座る」は奥が深い
第4章 自分が変われば動きも変わる
第5章 カラダはココロの鏡です
武術から日常動作へ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また一部、上の本にも内容的に紹介されている技?が、
あさいちに甲野善紀氏が出演なさっているときに紹介されているようです。
関心がある方は、ぜひ、ご覧下さいね。


あさイチ 甲野善紀 古武術
posted by スズキ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

「 身病の要は 四大 と 鬼 と 業 なり 」

真言宗の開祖、空海(弘法大師)。
空海は『秘密曼陀羅十住心論』という彼の著述のなかで、
病に犯される要件を次のように分析なさいました。

「 身病の要は 四大 と 鬼 と 業 なり 」

四大」とは、地水火風。
地が、骨や肉。水が、水分。火が体温で風が呼吸のことだそうです。

」とは、鬼のようなこころになること。
妬み、嫉妬、鬼のような残忍なこころを持つことで、病をえることもあるといいます。

」とは、カルマのことです。
カルマとは日ごろしてきたおこないの良し悪し、善行と悪行です。
よい行いをしているようならば病は遠のくのでしょうね。
でも悪い行いをしているようならばその積み重ねから病をえます。

空海は、いいます。
「四大」が病の原因になったときには、医者に診てもらって薬をのみましょうといいます。
「鬼」のこころから病をえたときには、真言をとなえよう。
(いまならカウンセラーとのセッションといわれるところもあるかもしれませんね)
「業」のこころから病をえたときには、過去の行いを懺悔して悔い改めていかなければなりません。


つまり
「四大」から生じた病は、他者の医者や施術者の仕事でも対処できるところもありますが、
「鬼」や「業」から生じた病は、医者や施術者には肩代わりできるものではなくて、
病を得た自分でしか治せないもの。

考えようによっては、自分で治すことができる可能性が高いのが「鬼」や「業」。
「鬼」や「業」により病を生まないようコントロールするのは人生の本業です。


施術をするものも、病の構成を「四大」にばかり目を向け切り取り、
魔法のように病を癒せるといえるものではないことを知りましょう。
病とは、他者の関わりのみで無にできるほど、単純なものではない。
そんなことは当たり前じゃないかといわれるかもしれませんが、
施術をする側の認識やこころの問題から、
「四大」を診ることで病のすべてのかたをつけられると誤解しそうな言葉が聞こえてくるときがあります。

私が思うところでは、
施術は、万能じゃないし、限界が有るものだと考えています。

それを空海は、「鬼」「業」という2つの言葉で表していて。
私には言葉の表現力がたりませんので、
どうしても思考でごたごた説明しようとして、まとまらない。
それがこれほどまでにシンプルかつ印象的な言葉で語る力は。

本当に脱帽します。


「鬼」や「業」については、
自分が持つ意識や認識そして行いが、
自分の思い描く理想の実態と、
どのような誤差があるかに気づけたとき。
自分のなかで生じる「鬼」は退散します。
自分の「業」の行いに愛情が満ちてくる。
そんな目を育てること。


否定的で息苦しくなる側面を煙のように溶かして、
温かい陽の光を浴びてすくすくと生きていこうとする肯定的な自分で、
人生に関わろう。

それがやがて病を遠ざけるのだ。

曇りない視線で空海は、そんなふうにも人を観ておられるように感じます。

posted by スズキ at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

今年中に、分杭峠にいってみたいなと。^-^

人間の体は成人では約60%は水でできています。


詳細に述べれば、
次のようになります。

胎児は体重の約90%、
赤ちゃんはは約75%、
子供は約70%、
成人では約60%、
老人では50%。
年齢によって分かれます。

余談ですが男性は女性よりも筋肉量が多く、
比して女性のほうが一般的に脂肪量が多いため水分量は低くなっております。


そして、そして。
成人の人体は60%も水分で出来ているんですね!

体内の水分代謝力の良否は、何によりきまるのか?
pH(ペーハー)という単位を聞いたことがある方もおられるでしょう。
体内の水分の電子が減少して酸化したら体内の水分代謝力(血行や他の水分の流動性)は悪化します、
電子が増えて還元した状態となれば体内の水分代謝力はアップするようにできているのです。

そんな体内の水分代謝力を向上させてくれる地球規模のミラクルな場があるのです。


それは「 分杭峠 」のような「 ゼロ磁場 」と呼ばれる地ですね。


イヤシロチのひとつといえるような「ゼロ磁場」と呼ばれている場に、
一時間以上も長居をしてゆっくりくつろいでいるだけでいいのです。
それで体内に多量に含まれる水分が還元化されていくこととなって、
体内の水分代謝力が飛躍的に向上してくれるようです。


すばらしい!! ^-^


体内の水分が還元されて流動性が改善向上することで、
血行の改善やリンパの流れ、脳脊髄液の流れなどなど、
体内の三大体液がスムースに代謝するようになります。

それって、ときとして体液が流れづらくなったことで、
問題が生じた症状を改善させるきっかけになるんです。


還元力の強く作用した水分により体内では
若返りがかなえられるようになるようです。

強い還元力があるものでは、公式なデータではないが経験則上
自律神経系統の通電も改善されるような結果がでてきてくれる。


そしてゼロ磁場で脳波を計測するならば深いリラックスしたときにでる脳波状態に、
自然に移行しやすくなるため、日頃緊張したままの緊張疲れが軽減してくるのです。
比較的、容易にどなたでも深い瞑想状態の脳波がでてくるようなので。

副交感神経系の働きが正常化し
きっちり自己治癒力が向上した状況へ向かうことができるようになる。


推測でしかありませんが、
分杭峠のような身体的な使い勝手の改良の下支えをするパワーと
私のような筋膜リリースを得意とするものの活躍によるお客様の状態の改善とは。
相乗効果のようなものが期待できると思います。 



余談ですが、私自身、都内でも聖地と呼べそうな場所に行くときに感じることは。
心身が癒され脳波の安定した状態を体感している。
脳脊髄液の流れもリズムと力強さの粒が整いだす。
自宅にいて寝るだけで疲れを癒やすよりも、
そういった聖地に頼って出向かせてもらう。
そのほうがすこぶる改善感覚が優れてくる。
そのことを自分の身で感じ取れるのです。


ですが、もし身体的ななんらかの「症状」等があるときには、
身体的影響が大変に強いと言われる「分杭峠」のような
強力なゼロ磁場という場を選択して利用も考えてもいい。

そう思うところがあります。

ただ
一度は分杭峠に訪れてみなければ、
話にならないような気がしている。

一時間以上ゆったり分杭峠の木製ベンチに腰を下ろし、
身についた心身の垢がどのようになるものだろうか。

実際に自分が体験してみた感想からでなければ、
いいも悪いも、説得力ある形で語るのは難しい。


そんなことを考えて、
先日、思い立って長野の分杭峠にいこうかなと、
そう考えてネットで調べるなどしてみたら。。。

分杭峠の地は雪深いようなので、
今は唯一の分杭峠に訪れるための交通機関。
シャトルバスでの人の輸送ができないため、
現在の期間は運休状態なんですね。

でも4月以降になって雪解けを迎えれば大丈夫。
今年は時間を設けて行ってみたいと思案中です。


一応のこと、テレビ番組で分杭峠を取り上げた映像を貼っておきますね。
関心がある方は、ご覧いただけましたら幸いです。



https://youtu.be/-rSZFM1Fmq4
パワースポットニュース 長野県伊那市分杭峠 その1


https://youtu.be/hw2pTH6338g
パワースポットニュース 長野県伊那市分杭峠 その2


https://youtu.be/BEiWu-RJp44
2003.7.26 日本最強パワースポット分杭峠 ビートたけしのこんなはずでは!その2
posted by スズキ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

オーケストライクな脊椎ムーブメントは首の黒子が作る

オーケストラが、
すばらしい演奏を披露してくれるには。

楽団を構成するものたちが、
それぞれ独自の役割を持ち、
課せられた仕事に専念する姿がある。

たとえば東京フィルハーモニー交響楽団には、
多くの楽団員が在籍しているでしょう。
なかでも指揮者は花形の職業でしょう。
楽団のホームページをみれば指揮者の存在感は大きく扱われ、
ドーンと全面おしされていますね。
すると指揮者がいて、あとは楽団員がいて、というように早合点したくなります。
ですがそれだけでは、いい演奏会が実現できないようです。
実際は「これまでの定期演奏会に登壇した指揮者一覧」という東京フィルハーモニー交響楽団の
ホームページをみれば、
多くの指揮者の方々が掲載されています。

定期演奏会で指揮をする指揮者は、
常任されているわけではありませんから、
比較的短期間での楽団との関わりになる。
楽団員のひとりひとりの状況をつぶさに把握して人間関係を何年も前からの知り合いであるかのように、
互いを知るようなことも難しいでしょう。

それに楽団員も数多くの定期演奏会に登壇する指揮者について、
常任の指揮者と同様でいこうとするのにも無理があるでしょう。

すると
「指揮者」と「数十名もの壇上に上がる楽団員」との間に、
中間管理機構として「バンドマスター(=バンマス)」という縁の下の力持ちが必要になります。
「指揮者」と「数十名もの壇上に上がる楽団員」の両者をサブリーダーとして双方の情報を把握し、
中間地点で掌握、情報を適切に編集しつつ中継し伝えます。
そのような遂行する役目を担う存在がなければ、
大所帯のオーケストラは統一感ある成立にまで
短期間でクォリティ高くなれるまでたどり着けないのでしょう。

つまり

指揮者 ←→ バンマス ←→ 楽団員

指揮者-バンマス-楽団員.jpg

このような仕組みになっていることを把握してくださいね。


次に、人体の脊椎操作をオーケストラの指揮命令系統と同様にたとえて考えてみましょう。

指揮者 ←→ バンマス ←→ 楽団員

それに呼応するのが


頭(=指揮者) ←→ 首(=バンマス) ←→ 背部(=楽団員)

ボディ指揮系統のレトリック.jpg

となるでしょう。

首が頭部の進行方向の指揮を背部に伝えます。
背部の支が頭部を支える力を首が中立ちます。

頭と背部の中間管理職として首が双方を熟知してベストな連携をしてくれる。

そして首には頭部のもつ脊椎操作をかなえるコンダクター役を擬似的にかなえる強力なパワーを持ち、
同時に背部の頭部を支える仕事の直接的仕事を操作的にかなえているのもここの部分に集約されます。

つまり頭部や背部に直接置き換わるものではないが、
その両者の機能をかなりの割合で併せ持つ存在が首。

両者の役割を身をもって知っている首だから、
うまく脊椎全体の統合的操作の裏ボス的存在。



優れたバンマスがいるすばらしいオーケストラのシンフォニーを聴きたくありませんか。
それと同様にあなたの首が頭部と背部を絶妙に関連付け一体感を醸しだしたときのシンフォニー。
超絶かっこいい自然体を体験してみたくありませんか?



それをかなえるのがの役目なのです。




首は、精神的ストレスが募り緊張すればすくんでみたり、
スマホを頭を前にたれて覗き込み操作を続ければ負担を蓄積していきます。
デスクワークのお仕事で、やんごとない状況で疲労していく場合もあるでしょう。
すでに首の深部に負担をもつ方が多くおられるのだと、お客様に教えていただきました。。。



首の役割を、
頭部との関係と、
背部との関係と分けて分析をなさってください。
そして不断にオーケストラの名演奏を奏でつづける裏方として首を機能させるよう訓練していってください。

首のお役から目を離さないことです。
頭部への伸びやかさと中心軸を感じ創りだしつづけるのです。

自律神経系の良否も、この意識から効いてくるといえるものだから。

最後に、参考までに。
私がヤムナボールを利用してヘッドマッサージをし続けて感じていることは、
首の緊張は頭部の頭皮や表情筋、特に顎関節周りの筋肉の凝り化が強ければ、
その強さに比例して快適性を失うようだと感じられました。
首に意識を向けにくい方で、
相応にすでに筋膜リリースを受けて緩んでいる方や、
もともと柔軟性が高い方々はヘッドマッサージが首への意識を高める助けになるでしょう。

ただ腰背部の筋や臀部などの筋肉群が硬化が著しい方の場合は、
深めにヘッドマッサージを取り組みすぎると、
かえって頭皮が胴体部分の硬化萎縮した筋肉群に引き下げられて、
頭部の縫合の開きが悪化するものです。
ですからそのような背部が硬い傾向がある方々は、
逆効果になる恐れもあります。
先行して背部の筋膜リリースを受けることをお勧めします。
posted by スズキ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする