2017年08月23日

「劣等感」が大成への鍵

アドラー心理学のアドラー博士が
心理学に深く興味を持ったきっかけのひとつ。

そこに『劣等感』がありました。


彼が開設したクリニックに、今は花型のサーカスのスターたち。

その多くが体が弱かったり運動ができなかった過去を持ち、
その劣等感をはねのけようと必死に誰より、努力し続ける。

体が弱かったからこそ、
子供のときにみたサーカスの空中ブランコのさっそうとした演者の笑顔に魅了された。
あこがれたのでしょう。

苦手なものを我が身につけようとするときには、
どれほど苦行になったか、本人しかわからない。

健常な団員希望をした者たちは途中でサーカス団から去ったものの、
劣等感を持った者たちが、歯を食いしばるものたちが、
サーカスの舞台でさっそうと演じるまでなっていった。

劣等感をはねのけて余りあるほどの情熱は、
かえって偉業を成し遂げる結果へと繋がる。

「劣等感が偉業を成すための鍵」

そのようなケースから劣等感には力がある。
そこにアドラー博士は惹かれて、
幾冊かの劣等感について語る著書を残した。


劣等感を持てたものに対し前向きを迫る力は、
人生を明確に、そして大きく変える。

そんな一歩を踏み出す力の源泉となるといえるだろう。
 

そういえば、私自身も、元々体が本当に虚弱でしたし、
かなり劣等感の固まりのようでもありましたから。

劣等感というよりも、悲観的でもあったのですが、
それでも、
「そのままじゃ、情けないよな・・・」
とか
「悔しいです!」と、ザブングルの加藤さんがシャウトするかのような気持ちも。^-^;

ただ後ろ向きになるのも勇気が入ります。
そんなことをすれば、劣等感が確実に増していくだけですから。
やっちゃいけないことの筆頭ですよね〜。
そこは、、、。

遅々とした自らの歩みの速度を大事に保ちながら、
劣等感を癒やせる力を求め変化し続けてきました。

私自身は、それほど現状大成するものではございませんが、
施術での品質、付加できる価値、そして施術で関わったお客様の感動の声を聞いて喜べてきました。
それで、私は、じゅうぶんにしあわせな気持ちでいることができております。




あと、他の人を道連れにしてしまうのもなんなのですが、、、。
最近、騎手の宮崎さんとメールでやり取りをさせていただいていて。
先日私のブログでとりあげさせていただいた方なのですが。

2017年08月11日
あなたは ”Z-health” って、ご存知でしょうか? ^-^
http://bodywise-note.seesaa.net/article/452598938.html
興味ある方は参照のこと。 ^-^


彼に魅力を感じたことがあります。

どういったことかというと、、、。

私は随分前のことですが、
彼の施術を一度したことがありました。
そこの彼の体に書かれていたものを、
よくよく触れて知ってしまったからでしょう。

もちろん騎手をなさられるだけの力量はしっかりしておありだと確信します。
ただ潤沢な体力等を備えられているから戦えているわけじゃないのはわかる。

精神力を熱く膨らませつづけて前進し続けて、
目の前に現れたことに取り組み続けて成熟へ。
葛藤を持ちながらがんばっているんだろうな。
勝手にそのように感じていたことがあります。

今考えれば、身体的な劣等感を持っておられる自覚を持ちつつも、
目標となる騎手を仰いでトレーニングに励み続けて夢をかなえる。
劣等感をバネにして他者を凌ぎに凌ぐ力に変える執念。
そんなものをお持ちだなと、施術をして感じたことがありました。

そして彼は、これから Z-health という新たな自力を伸ばす力を得たことで、
本業を下支えしてくれるものと信じてやっていこうとしておられるそうです。

落馬事故を起こされて大変な怪我をなさったことがあって、
私としては心配していたのです。
落馬事故を知り、
おそらく多数の方々から安否を案ずるメールをもらっているだろうから、
私が書くのはなんだか面倒をかけるんじゃないかと思って、
書くかどうか5日間位は迷ったんですが。 ^-^;
大怪我だが無事だとのメールの返信をいただいて、
安堵したことを覚えています。


宮崎さん。
重症でベッドに横たわりながら
身体操作の研究をし続けたといいます。
それで Z-health へ深く学び関われる時間を得たことに。

なるほど、なるほど。
やることが前向きで、
骨がありますよね〜。 ^-^

こういう人は、
大成するかどうかよりも、
とにかく自分のやりたいことに対してどんな手を使ってでも工夫してそれを得ようと頑張り続けられる。
そういうことなのでしょう。





私は、劣等感という自他を比べたときの身をすくめたくなるつらさにも。
自身の多様な価値を認め、
それに近づくためのゴールを含んだものとして考えていこうと思います。


そう思えるようになってきたときから、
劣等感を背負っていた自分の姿からも、
そっから好きになったと受け入れられだした気がしてなりません。



また、施術の仕事をさせていただいておりますと、
お客様の中にはとても人に自分の体験を語ってもわかっていただけないだろうと思えるほど、
心中、深刻でつらい身体上の思いを持ち続けてきた方々もおられます。
そのようなお客様を、何人も、何十人も関わってきました。

私自身では、いまだに人間ができていないところがあって、
うまく寄り添い続けるということもまなならないのですが。。。

やはりそれでも、いつかは劣等感を持てたからよかったと、
口を開いていただける地へと近づく努力に身を任せていき、
いつかそこから大切な成長の緒を得るきっかけになさる人。

そのような有意義な人生を送っておられる人なのですよね。

そんな気がしております。

posted by スズキ at 15:43| Comment(0) | 心理的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施術者との関係性:「パートナーシップ」と「代理業」の違いとは?



先日、同業者の施術院のお店におじゃまさせていただいたとき。

「どのようなお客様が、先生にとって、理想でしょうか?」
と質問させていただきました。


すると、先生からの回答は・・・

「そうだなぁ。
やはり自分自身の体について積極的に関わろうとする人のサポートをするのがやりがいを感じますね」
というような意味合いの返答をいただきました。
お客様自身が、自身の体に対してどのようにしていきたいかの目的意識がおありで、
その目的にかなう力添えができたときにやりがいを強く感じられるといいたげです。 ^-^


こちらの先生は、お客様とパートナーシップを結び、
お客様の喜びを増すことを、
自分の喜びと感じられる人なんだなと感じました。


だからこそ、
日頃から一生懸命に勉強して自身が得た成果をお客様に持って行ってもらいたい。


私や他の施術者の多くの方々も。
「身体」とは、神様の最高の贈り物だと考えていて。
所有できる金銭・動産・不動産より欠くべからざるものだから。

そこに関わろうとする緊張感があります。




お客様が施術者を選ぶ際に、施術者との関わりをどのように考えるか。。。

たとえば、
「腰痛が起きたから、ちょっと、ここを揉んでもらったり調整してもらって。
それだけのものでしか施術院の存在価値ってないような気がする」
と考えたとき。

突然のぎっくり腰などで急場をしのがなければならないときには、
私も生活者目線で見ていくと、
このような場合もあるでしょう。


とりあえずは施術者の存在が修理工のような修理の代行業者か代理業者になり、
仕事を丸々投げていただくこともあります。


ただ自身の健康の維持や促進を大事なものだと否定することはないでしょうが、
「先生を信用したから、とにかく、治して」という気持ちがあれば丸投げしているかのよう。

なかなか。。。。。。

この場合には、意外に施術者が様々そのお客様にあったアドバイスをさせていただくも、
あまり実践していただくようなことがないようです。
私が上記で質問をさせていただいた先生も、
そのようにおっしゃっておられました。

ただ、少しでも改善した状態を維持し促進してほしいから、
あきらめることなくお客様がなされば有益なことを
「もし、できましたら〜」と押し付けがましくならないよう気を使いながら、
やはりアドバイスを送り続けるんだようねとおっしゃっておられました。


お客様の気持を
施術者を体が不調となったとき治してといえる修理代理業者ではなく、
お客様の向上的に体を改善し続けるためのピットクルーであり、
同時に強力なあなたがいないと困るよといっていただけるような
パートナーになれるように願っているものです。

お客様が
自身の体をどうしたいのかと向き合いつづけ、
そのようなときに専門的な視野を明るくしてアドバイスができて。
自身の体のいまをどうしたいのか
そしてこれからの自身の体をどのようにしていこうかという青写真を描く手伝いをさせていただきたい。


そのようなときに、
施術者のお客様に有益な知恵を振り絞り、
ともにお客様の身体を愛情を持って育てるモチベーションが高まるのが「人情」ともいえるでしょう。
施術者だって、人の子ですから。 ^-^



もしお客様が、気持よく語りかけることができる施術者にご縁があれば、
目の前にいる施術者を、
今、身体メンテナンスをその場限りでお任せする代理業者と考えているのか。
それとも、自分と施術者が、
ともにお客様の自身の体を今後も良くし続ける工夫を相談し続けて成長し続ける課題をともに取り組むパートナーとして感じているのか。

今の気持ちを、あらためて考えていただければうれしいことが起こりそうですね。

おそらく私が訪れた先生のところなどは、
そのようなパートナーシップを感じられるならば、
リターンがとっても多いと思います。 ^-^

パートナーシップを結んでひとりひとりのお客様のことを真剣に考えていく精神や器も必要。
人間観察の深さが根底になければ成り立ちません。

そうなると効率化してお客様の回転数をあげることで、
施術院側としては利益を多くすることができる計算式もあるので、
そこを手放したくはないのが本音でしょうが同時に「売れたい」という思いよりも「愛されたい」。

愛されたい気持ちも、しっかり全面に感じて大事にしたいというなら、 ^-^
お客様とのリレーションシップを必死に工夫なさるものでしょう。


そんな先生が同業者としていてくれるって、うれしいなと思った次第です。
posted by スズキ at 14:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

【業務連絡】:2017年9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2017年9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。

みなさまは、
ロルフィングというボディワークをご存知でしょうか?

本日、
ロルフィングという手技療法をなさっておられる
橘さんのセッションを受けさせていただきました。

私は他の施術者のセッションを受けたことがなく、
これは実に珍しい事なのです。

ほぼ、ぶれずに独自の世界を進みつづけるので。 ^-^;
現状で求める「目的」にのみ意識を集中させる。
外部のセミナー等で有益なものと思えるものも、
未消化になりそうだと思えばパスして、
自分の把握する仕事部分をひたすらに磨きをかける。
頑なに、そんなやり方でやってまいりましたもので。


先月のこと。
ボウエンテクニックという手技療法の
講習会に参加させていただいたときに会場で。

「あれ?橘さんじゃないの」

顔見知りのロルファーの方で、
お会いするのは、久々でした。

講習会の帰り一緒に駅まで歩く道すがら、
「最近、ワークで関心あることは?」と尋ねると。


私の想像を上回る、
興味深い内容を語ってくれました。



その詳細を橘さんの許可無く話すと。
営業妨害になりご迷惑をお掛けしそうなので、 
関心を持たれた方は
橘さんのホームページやブログをご覧ください。

そして私がどのようなところで触手が伸びたのか、
想像してみていただければ光栄です。 ^-^

  ロルフィングのたちばな
  http://rolfing-touch.info/


橘さんのワークは
私が想像していた通り、繊細なタッチで行われます。
ただ想像していた通りというのがクセモノですよね。

私が橘さんのワークの話しを聞かせていただき、
想像力をたくましくしてみたとして。

一瞬、わかったと思えたとしても。
それは完璧に「誤解の世界」です。

冷静であれば、
「わかったような気がした」とか
「わかったつもりになれた」ということでしょう。
実体は、おそらく1/10もわかってはいません。

これはご縁と思い、
さっそく橘さんにセッションを受けさせていただけるよう
お願いさせていただきました。

セッションを受けさせていただいた後に、
「骨について」などのセッションを受けたときにわかる感覚を元に、
それを共有できたゆえに解説をしていただいて理解が深まりました。
腑に落ちるところも、そして目から鱗が落ちるところも。

本日、私が受けさせていただいたワークは、
橘さんの日頃なさっておられるところの一端。

研究熱心さから、
今後も施術技術レベルを上げ続けるのでしょうね。
大変、有意義な時間を過ごさせていただきました。

私も、私独自の拘りを活かしながら、
今後の施術に磨きをかけたいと思いました。 ^-^



お読みいただきまして、ありがとうございました。

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 21:56| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハニカムてい鍼

自作てい鍼のジャンルのうちでも、
少しずつ多様性を持たせて研究しています。

新たに数本作ってみたのが、ハニカム形状のハニカムてい鍼

自分用に経穴の学習用にてい鍼を自作するにおいて、
「円形」の丸棒を用いて幾つか自作してきたのだが、
この度は「六角形」の断面を持つ六角柱状の真鍮製てい鍼を作ってみた。

10センチのハニカムてい鍼.jpg
(写真的には「円形」に見えなくはないが、それぞれすべて「六角形」です)




ハニカム構造(ハニカムこうぞう、英語:honeycomb structure)とは、
正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造のことで、
ハニカムは蜂の巣をあらわします。

面を隙間なく敷き詰めることを平面充填(へいめんじゅうてん)といい、
平面充填できる形状は「三角形」、「四角形」、「六角形」の3つのみ。

たとえば「四角形」ならば、以下の様に隙間なく敷き詰めることができる。
■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■


上記3形状以外は、
たとえば「円形」を敷き詰めると、円と円との間には空間が開いてしまう。
●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●



円形でつくられたてい鍼は、
平面充填できない分、指で持つと少し隙間が空いている。
そこに対して、さほど不自由さを感じる程ではなかった。

だが平面充填ができて、指にフィットする感覚は、
指と指の間に挟んで持つ場合には、
個人的な感想はハニカム形状のハニカムてい鍼は、上々。

各人の手指の大きさなどから、
六角棒の直径のフィットするサイズは違ってくるのだが、
私自身、8ミリサイズがもっとも使いやすく感じました。

そして考えてみると
私が日頃お世話になっている「 SK センターポンチ CP-100 」

に似た形状で、使用感もそれに準じるものになっていることに気づいた。
つまり、こちらのセンターポンチって、お安いですが賢かったんだと、
改めて実感した次第です。

ホールド性は私の使い方では円形よりも六角形のほうがいい。

市販てい鍼を調べる際に、
六角形の形状をしたてい鍼を私は見たことがなかった。

 六角形が市販されていないという理由は?

 もしや気の流れが弱くなるのでは?

 など、、、他にも不測のデメリットがあるのではないか?

等々の問題があるのか含めて自作して試すつもりであったが、
ホールド性が良くなった分、
指の延長線上としての使い勝手がよくなったメリットがあり、
力の微妙な入れ具合の精度がかなり想いのままに反映できるようになった。

円形てい鍼とはハニカムてい鍼のなかを生じる電子の流れは違い、
指向性が高まり鋭さが増したような感じを受けた。
同じサイズの直径の円形よりも六角形のほうが平面充填されている分、
素材の量感は増えているが、
指と指に沿わせるように挟みこむとフィット感が高く、
かえって軽く感じるほどだ。


実際使ったハニカムてい鍼のメリットのなかで最大のものといえば。
円形だとコロコロと転がって、気づいたら手元になかったということがよくあるのだが、
六角形ではある程度の角度がある傾斜面でも転がらずにいてくれる。
これは実に、大きいですね。


もしかしたらハニカムてい鍼に磨きをかければ、
施術中に経穴のアプローチをこちらでおこなうというようなシーンも生まれるかもしれないですね。


【追伸】
2017年8月23日

 六角てい鍼の素材について

丸棒から角を六角形に削ったのだろうか?というご質問を頂戴いたしました。
六角てい鍼の真鍮製六角棒は、
東急ハンズ渋谷店で購入いたしました。

丸棒から角を削って六角棒に仕上げるには、
固定台がしっかりしていると同時に磨きの大変さが想像できませんでした。 ^-^;

同じ寸の幅を持つ丸棒よりも、六角棒のほうが多少値がはるかもしれませんが、
東急ハンズ等で六角棒がありますから、そちらをチェックしてくださいね。



■ 鍼灸師の方から六角てい鍼についてコメントをいただきました
  Rさん、多謝!!!

> 通信欄:6角のてい鍼は初めて見ましたが、似た形状の物は中国の王墓から出土しています。そちらの用途は不明ですが、先端は鈴木さんが作られた物と同様に非常に鋭利でした。
>
> 宝石のカットの事を考えると丸より角の方がビーム発射用には良いのかも知れませんね。
>
> 因みに六角の鍼管は業界でもメジャーなアイテムです。元は盲人が床に落とさない様に考案されましたが、使いやすいので今では特に盲人用ということもありません。

中国の王墓から出土したというのも興味深い。。。

また「六角の鍼管は業界でもメジャーなアイテムです。」という点。
存じ上げませんでした。 ^-^;
posted by スズキ at 07:20| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

【業務連絡】:2017年8月21日(月曜日)午後9:00に、2017年9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:2017年8月21日(月曜日)午後9:00に、
2017年9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2017年9月の予約表更新、予告日時}




■ 2017年8月21日(月曜日)午後9:00




上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。




更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。



【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。


昨日、私の施術をお受けいただいているお客様のおひとりに、
男性で私と同業の施術者をなさっておられる方がおります。

ご本人の了解をとっていませんので詳しいことはかけません。 

施術をするものとして、
人生の醍醐味を感じるとき。
または分岐点となるものとして。
勤め先から独立開業なさって施術院を独自に開業があります。

そしてつい数カ月前に、独立開業をなさったとのお話を聞いて。
図々しくも訪問させていただきました。
(M様、ありがとうございました!)


お店は、ビルの中の一室をお借りしてのこと。
一歩、室内に入った瞬間、
日当り良好で明るい部屋の内装から清々しさ。


彼から種々の条件を考慮すれば、
驚くほどの好条件で借りられたとおっしゃられていたのが
納得できました。

私も一歩、その室内に入ったときに、
本当にラッキーだったですねと痛感。

その室内。
手作りを基調としたおしゃれな内装。
それも好感が持てます。

施術自体は、
すでに多年に渡り活躍なさっておられるので、
どんな人でもどんと来いということでしょう。

私の他の施術院開業をなさった方ではありえない、
彼は新店舗開業の最初からお客様が彼を慕って来てくれて、
ご予約をいれてくれているということで。
きっとお客様に愛される仕事を心がけているのだろうなと、
そんなところからもひしひしと感じ取れました。


そしてゆうに3時間以上、 ^-^;;;
開業前に店内に工夫なさった点や、
今後にどのような施術院としてお客様を迎えたいのか、
などなどお話を聞かせていただきました。
大変に参考になりました。

ただ、、、
私は昨日は休みでしたからいいが、
彼は私の訪問後に施術でしたから、
疲れさせてしまったのではと反省。 m__m


これから1年後、2年後、そして10年後も。
彼はその場を大事にして経営をし続けるのか。

彼の性格を見れば手堅く実直、
そしてバランス感覚がよく安定感がある人で、
無理せずにマイペースで成長を続けるでしょう。

日々の成長の結果、
新たな新天地へと移ることもあるのでしょうか?

ただ、たった今は。

新店舗の開業後のこれからのロードマップづくりに、
様々な今までしたことがなかった課題に接しながら、
体力全開で積極経営を目指されることでしょう。

彼や彼のお店から、そのような気風を感じて、
私も!と思う気持ちにさせていただきました。

感謝です!!


(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 13:29| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

伊勢五郎太の消臭力は、いい!



以前、「伊勢五郎太」という、一般的には庭石等で利用されている石について、
ブログで書かせていただいたことがありました。

こんな感じの石です。


伊勢五郎太 2寸(60mm) 20kg(12.5L)


伊勢五郎太 5-6寸(150-180mm) 20kg(12.5L)


和風のお庭や玄関の周り、アプローチ、坪庭、ベランダなどにお勧めします。
産地:三重県
別名:伊勢ゴロタ

★下記の用途でお使いいただけます。
・敷き砂利
・園芸用


残念ながら、我が家に庭などはないのですが、
部屋のなかに取り入れることもいい成果が出ます。



私は、施術をする場には気の場を整える作用があるものをいくつか揃えて置くこと。
そのようにしておいたほうが、施術成果がそれだけでも、ぐっと向上することを実体験で知っているため。
いろいろ工夫しています。
そのひとつのグッズとして、伊勢五郎太を取り入れていたのです。
なにげに部屋の四隅にあまり人目につかないように置いてます。



最適な石を形状や様子から選択して、
それら石を3つを折り重なるようにして立てた状態にすることで、
お客様の緊張が自然に解けてきて、
リラックスモードの副交感神経系へ、移行しやすくなるんです。

不思議に思えるのですが、
実は、これをする前とした後では、感覚が鋭敏になっている人には、
「?。なんだか、いつもと部屋の気が違ってますが。何なんだろう」
と、察していただけることがあります。

そのような体感がなかったとしても、
実際にはその周囲一〜三メートル前後に、
活性化した気の送りが生まれだして、
その場にいる人体の気もめぐりやすくなる。
それがリラックスモードのスイッチなんです。


また邪気と呼ばれるような気の滞りだすようなエネルギーも浄化してくれるように感じていて、
知人の施術者に、最近ちょっと疲れが溜まってというような場合には、
おすすめすることもあるんです。

ちょっとあやしいなぁとおもわれそうですが、
自己責任の原則のもと、
興味がある方は試してみてくださいね。




そして伊勢五郎太には、特筆すべき他の力も備わっています。
大気中の放散された物質を取り込むパワーが強くて、
化学物質過敏症の友人宅に伊勢五郎太を適宜配置するところを指示させていただいて、
ちょっと大量に配置してみたという実験をしたことがあるのです。

化学物質過敏症になる体質の状況とそれを生む場の状態はさまざまですから、
成果はケース・バイ・ケース。
ただ、そのときは予想していた通りの、なかなかの成果でした。 ^-^


そして先日、お客様より自宅で用いた際の感想をいただきました。

家人にお体のコンディションから便秘症の状態になっていた方がいたのだそうです。
その方のトイレの使用後には、強く消臭剤をまかなければ、、、という感じだったが、
伊勢五郎太をトイレに多めに設置するようにしたら。
その臭いがまったく気になることはなくなってしまった!
そのようなことを驚きを持って伝えてくれました。

相当の消臭パワーがあるんですね。

私は、トイレにひとつだけ鬼門浄化のため伊勢五郎太をいれていた程度でした。
ただ消臭パワーを発揮させるほど伊勢五郎太を入れてしまおうと言う発想がなくて。

とても勉強になりました。

実際、先日アマゾンで伊勢五郎太の追加注文をして、
あまりかっこよくはないですがトイレ内にどーんと幾つもの伊勢五郎太を入れました。
すると、そこの空気の質が涼たるものになって感じられだした。
空気の気が軽さを帯びると、その場が人体にとって還元作用を及ぼすようになるのですが、
そのような状態になりますね。

特にトイレという密閉された小さなスペース。
そこに気を整える伊勢五郎太の大量設置。。。

そこの場の気がよくならないわけがない。 ^-^

posted by スズキ at 04:35| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

脳は生き残りのために活躍する

先だって、ブログに取り上げさせていただきましたZ-health。

脳機能特性をというところを細かく専門用語を並べて語るも、
施術者仲間からはピンと来ないというつれない反応でした。 ^-^;

私自身、脳機能の特性をというところでは、
フェルデンクライスメソッドの脳のプログラミングを押すボディワークや
アプライド・キネシオロジー等の神経系を通じた施術を学んできたおかげで、
その魅力を感じているのですが、
脳機能のレンズを通して動きを変えるというアプローチを
どういうものかということを伝えることまでは思いが至りません。

相当に解剖生理学的視野がなければ、語ることができないのです。
残念ながら、私にはそこが十分ではありません。



とりあえずZ-healthとはイメージが異なりますが、
私の言葉でどのように脳と動きとの関係性を見ているのかを語りたいと思います。
m__m



5分の使い方で人生は変わる

こちらの本を読んでいたら、
興味深いエピソードが紹介されていた。

この本の著者の小山氏。
若かりしときに事業で失敗して路上生活をしたことがあるそうです。
そのときの体験。

今日明日を生きるために食事を手に入れるなどのことが関心事となり、
早々に自身の身を清潔にすることは忘れてしまっていました。
公園の水道で体を洗うこともできたはずですが、
脳はすでに体を清潔に保たなくても生きていけることを知り、
そちらへ関心を保つ必要がなくなっていった。

生き残るためには、
身奇麗にするより
他に緊急で必要なことがある。
だったら、そちらへと関心を寄せて対処していったほうがいい。

すると脳はいつしか風呂に入らなくても平気になってくるどころか、
風呂にはいることが億劫どころか苦痛に思えるようになってしまう。



今の自分にとって大事なものは何かを脳は基準を設け判断している。



そしてそのフィルターから、
今を生き残ることが大事だ。

生き残るために優先順位が低いことに関心を寄せることは、
ネガティブな結果の訪れへと近づいたことと本能的に悟り、
そうするのに抵抗しようとブレーキを踏む行動に出ていく。

人に対して未来に向けて何かをおこなうことの大切さを説くこともできるが、
現状の土台が崩れそうであれば、
脳は躊躇なくブレーキを踏む。


このような脳の生存確保のための機能があることを、
念頭にいれて行動をつくり上げるようにしているでしょうか。

現状の差し迫った二者択一の選択肢があるならば、
基本安全策を選択するようにできているものです。



たとえばですが。。。
体の使い方について学んだ時のこと。

写真に立位姿勢を撮影してビフォア・アフターを客観視した。
立つという体の使い方を新たに学んだときのリアクションで、
「これは、画期的な身体機能を活用できる所作ですね!」
と満面の笑みを浮かべたとしましょう。


それは他者から得たアドバイスを元に、
自分で動きを試行した結果に得られた戦利品のようなものです。

ですが今までの自身が繰り返してきた姿勢。
それも、体の歪みを人は誰しも持っている。
その歪みを強力に補正するよう工夫を重ね続けて得た姿勢です。

ビフォア・アフターのビフォアの姿勢が
即座に過去のものとして葬られるものでしょうか?


それは、難しいものだということは察することができるでしょう。

いったん骨盤部分が無意識のうちに左右どちらかか両方かの腸骨が前傾しだしたなどの歪みが生じれば、
相当な質の良いエクササイズを取り入れていたり、
身体感覚に鋭敏でかつ骨格でバランスを再構成する感覚に優れた者以外は、
気づかないうちに歪みを残したまま体の傾斜をただ支えるというだけの補正で対処するようになります。

それはどういうことかといえば、
たとえば家の土台が軟弱だったり老朽化した立て付けが悪い家であったりすれば、
傾斜しだすこともあるでしょう。
とりあえずあなたならば家が傾斜しだしたらどうしますか?
私ならば、倒壊を免れるために有無も言わさぬうちに血相を変えてつっかえ棒を探し出しますね。
悠長に「あぁ〜、家が傾いて倒れていくぅ」と眺めているようなことはしません。

つねに倒壊の恐れを感じ続けているのです。
それが歪んだ状態の骨格を持っているということなのです。

今も刻々と歪みの状態は新たな局面をむかえるよう変化が続き、
新たな支え棒を必要としているのです。

歪みが歪みを呼び込みさらに複雑な筋骨格系のアンバランス方向へ向かいだして、
現状維持をすることが困難になる仕組みです。

回り始めたマイナスのスパイラルが広がるにしても、
それはしかたがないのです。

運動系の身体操作という野生で生き残るには緊急かつ必須の事項だと、
私たちの本能、そして脳が高い優先順位だとして判断していますから。


体のバランスを根本的かつ深刻に見失ったようなときには、
相当念入りに体の傾斜が複雑に生じてそれを支え続ける体になっています。
一度、そこにまで達すると、自力で体の歪みを改善させて体調を良化させることが難しくなってきます。
自分の脳が良かれと判断して、
傾斜した体を支え続けるための部材をしこりとして用意する緊急避難的措置を行うのですから。

その脳の得た生存確保の基準は相当に高いものですから、
その高さを超えるものは容易には現れることはないはず。。。

ただ、、、
本当の体の理想形は、
体の深部にしこりを配置させて歪みを補正する状態ではありません。
不用意なしこりをはびこらせれば、多くのデメリットが生じます。
関節の可動域を減少させていき、
体内の体液の流動性を停滞させたり、
神経を圧迫させたり内臓諸器官に負担を強いてみたり。。。

ですが、それらが生じてしまったとしても、
体が支えを失って傾斜し動けなくなるより、
ずっとマシな快適な状況なのです。

そのことを把握しておけば、
なぜ、自分が新たな体の使い方を覚えようと、
何十回も何百回も慣れるまで体にいいというエクササイズをしてみても、
思うように改善できないのか?

その理由がわかってくるでしょう。


たとえば、私が自分自身によくやる手ですが、
身体操作上の不備や未熟を感じた部分を得て、
新たな身体操作法を身につけるようなときは。

自力で体の動きを紙に図示したりメンタルビジョンにシミュレートさせていきます。
徹底的に繰り返しアイデアを出し、
そのアイデアに加筆訂正を加えて、
最終的な見方を深めていきます。

そのような絵を脳内に腑に落ちるまで描ききるだけです。

そして「新たなイメージ通り動くのが当然だ」と感じ始めれば。
つまり生き残るためにはこちらの身体操作にすべきだと感じた。
すると、すでに脳内の身体操作ビジョンの基準は
過去のものから新たなものへと書き換えられていくのでしょう。

その場合には、不思議に思われますが、
体は勝手に新たなビジョン通りに動き、
練習などは一切不要ですね。
新たなビジョンに印象の楔が深く突き刺されば、
過去の不適切な身体操作には逆行することはない。


身体操作方法を教えてくれる先生や師範のような他者から教えられたことは、
先生が言わんとしている言葉が伝わるかどうかの適切さは一般的に十分でも、
先生と生徒が共通言語で話ができていないときも多い。
先生の言葉は意味内容は簡略化されていたり、
ねじ曲がっていることが多いように思います。
それ以前に、先生が説明をしても身体操作上、
体ができていない人には、
自身の体で容易に言われたことは再現できず。
そんな自身にフィットせぬものなどが容易に脳のなかで取り入れるべき優先順位が高いものとして、
慣れ親しんだ以前の身体操作法を捨ててしまうようなことは起こりはしないのです。
そのような点を理解することができていれば、
本当に身につけるべきものかどうかを判断を


結果として腑に落ちてはいませんから、
脳内ではそれに魅力を感じきれません。

先生の解説等を元にして内容を咀嚼しないかぎりは
自分のものにしたくもないよそ者の不自由なツールでしかないのです。
脳内にある過去の動きの基準を引き下ろすべきだという信念は芽生えていないならば、
一時的には講習会等で得た動きができていたとしても、
やがて過去の動き方に舞い戻るでしょう。

実際のところ、
新たな動き方へ変化させるという場合には不測の事態に陥り、
ダメージを身体へ与えるリスクが想像以上に大きくあるものです。
そのようなリスクテイクを無計画で不用意にしていくならば、
早々にミスの連続が祟ります。
そこへの対処法や改善法を熟知しておらねば、
体は崩壊した状態へ流れ着くでしょう。

そのようなリスクテイクを、脳は好まずに、
今までの生き抜けてきた実績のある過去の使い方に固執する。
それが得策と考えているのです。


動き方を改善させるという内容は以上のような性質があるようです。


ただ逆に考えれば、脳の特性をよく把握していけば、
脳に気に入られる手順や手はずで、
うまく改善させるプログラムを書き込むことができるものですよね。


そのように考えてみると、
脳機能を把握して作り上げていくムーブメントアプローチは、
魅力的なものにもなりそうですね。
posted by スズキ at 09:34| Comment(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

あなたは ”Z-health” って、ご存知でしょうか? ^-^



以前に何度かメールのやり取りをさせていただいた男性で、
お試しのセッションを受けていただいたことがあります。
私が彼にお会いした際、真剣に自身の身体操作について考え学ぼうと努めておられる好青年だな!と。
そのような印象を持ちました。


宮崎北斗さん。
騎手をなさっておられます。

先日、Z-healthという実に興味深い脳機能面から身体操作の理想化をはかるという、
画期的なボディワークの指導、
そして将来的には施術を含めたアプローチをなさる技術を学びにいかれたとのこと。

それでもって、現在は騎手というハードな仕事をなさりながら、
Z-health の個人セッションの受付もしておられ多忙に活躍中。


宮崎さんのホームページ
不調を改善・人体のポテンシャルを最大限に引き出す探求BODY DISCOVERY
http://hktmyzk.tokyo



ここで。
Z-health」とはなんぞや?!


Z-health について、
Z-health オフィシャルホームページ http://zhealtheducation.com/ 
やYouTube映像などにより情報を探せばいくつか見つかりましたが
言語が英語でしっかりと内容を理解するには及ばず。。。

だから私には宮崎さんのZ-healthについて語るホームページ内の解説が貴重な情報源です。


あとは先日、宮崎さんからは、丁寧にメールで Z-health の専門的な概念を含んだ説明を受けました。

宮崎さんが語る Z-health とは
「脳神経のレンズで身体を見るから、問題の本質と解決策が見える」という
脳機能特性を積極的に捉える視点で身体操作等の改善を図るという考え方をもっておられるそうです。

これは日本に近々受け入れられてほしいコンセプトです。

私は宮崎さんから教えて頂くまでは Z-health の存在を知りませんでしたが、
「私自身もいつかそのセッションを体験してみたい」という気にさせられる内容です。


ただ私の知人(施術者)に宮崎さんがメールで知らせてくれた専門的な脳神経のレンズについて
概要を述べられた文章のままを告げたところ、
脳機能面へのアプローチによる人体の変化について存じあげなかったとのことで、
脳が動きを記録しているし導いているものだから、
その動き方の手続きを脳に認識しやすく更新させるやり方があるんだといってみても、
ほとんどピンと来ない様子でした。
目が点状態でした。


先日私が宮崎さんへのメールで
「私のブログで宮崎さんの活動を紹介させてくださいね」とお願いさせていただきました。
ですが、私の知人の施術者が理解が容易ではない様子でしたから
なかなかどうやって伝えればいいのかを考えあぐねておりました。

私が言葉足らずでZ-healthについて語れば、
ネット上でそれについての誤解を植え付ける発生源になるというのもよくありません。

それよりもお読みいただけた方々に、
Z-healthについて親しみを感じていただけるのが真っ先に必要だろうと思います。
前向きな興味を持っていただけることが大事だと思うので。


すると、今日、気づいたのですが・・・。

ネット上に、
宮崎さんが“z-health”について取り組まれた経緯等が紹介されているページがあるではないですか!

こちらを紹介させていただければ、
難しい表現もなく親しみやすいため一般の方にもイメージしやすい内容で、
ちょうどいいんじゃないかなと感じました。

これから、もしかしたら日本で広がる可能性が大いにある“z-health”だと思います。
ご興味がわきましたら、ぜひ、下記ページをご覧ください! ^-^


宮崎北斗騎手(1)『サッカー界でも話題“z-health”を習得しに渡米』

http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=37120





最後に、私個人の願いとして。
すばらしいポテンシャルを秘めたワークセッションも、
実際に受けていただける人の体験を通してのみ、
価値は現れて、それが人へも語り継がれるというもの。

ぜひとも宮崎さんに、時間の許す限り個人セッションの指導者として、
多くの方々に関わっていただいて広めていってほしいと思う次第です。 ^-^




2017年9月6日追加

以下にYouTubeにアップされている、解説映像を貼り付けておきますね。
手書きで絵を描きつつ解説をする手法が目を引きます。


Z-Health and Neurology 101
posted by スズキ at 04:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始める

先日、メールで問い合わせをしてくれたお客様とのやり取りのなかで。。。

(お客様からの文章を一部抜粋させていただきました)

> ちなみにコーチングは私も興味があって、
> 宮越大樹さんの動画など観て、いつか教わりたいなぁ、などと思っています。
> 原因論より目的論。ただ真理は何事も万事共通するものと思ってますが、
> 整体や病気治療に関しては本当の原因を取り除かない限り治らないですよね。
> ただもしかすると病も気の持ちようで、目的論で前向きになれれば、
> 病も自然治癒する可能性が高くなるのかも知れませんが、
> 不治の病などはやはり原因が無くならない限りは無理なのでは?などと考えたりします。
> 両方の考え方を自在に使い分けられたら、理想的なんだろうな〜と、思うこの頃です(^^

私も同感です。
目的論的にみるか、原因論的に観るか。
バランス感覚が必要だと私も思います!

そのバランス感覚がすばらしいほど、
失敗してもくじけず、
成功してもおごらず。
病というなかからも、
自身の人生にとっての意味、意義を見つけようとする人になれるのだと感じました。


去年、コーチングを勉強してみて。

やはり、自分で自分におこなうセルフコーチングと、
最高にハッピーなコーチとおこなうコーチングでは、
大きな違いがあるなと実感しました。


コーチとしてクライアントに必要な傾聴し質問する姿勢とは。
「勝手に、わかったつもりにならないこと」でした。

つまり
【 真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始める 】
ということなんですよね。



真の知への探求をするときのワクワク感やドキドキ感が大事なんですね。

誤解を避けるのは難しいのですが、
「勝手に、わかったつもりになって話をしていると、話が噛み合わなくなる」のです。
そのような益のないセッションをしていては、
継続するコーチングセッションの依頼はいただけるわけはないんです。



たとえば、
コーチがクライアントとコーチングセッションを進めるとき。

クライアントが出したお題が「英語が話せるようになりたい」だったとしましょう。

コーチが、瞬間的に自分が英会話が得意だったとします。
するとうかつにも、コーチングをしている立場を忘れた。

「クライアントは、英語を話せなくて困っているんだな。
じゃあ、私が知っている英語を学ぶためのノウハウを教えてあげよう。」

というのでいいのでしょうか?

よーく考えてもらえればわかるのだが、
コーチに英語の学び方を教わりにいくよりも、
英会話スクールにでかけたほうがいいはずでしょう。
コーチが見当違いな方向へとミス・リードしている。

ついコーチング初心者はやりがちな相談を受けた人モードなんですよね。

コーチングを学んだものならば、
どこが変だかわかるでしょう。


まずは、
コーチは、クライアントがなんとなくの思いつきで述べたテーマなのか、
それとも英会話をせねばならない深い理由があるのか、
見極めたいんですね。

だから、いいます。
「えっ、どうして英会話の勉強したいの?その背景を、ちょっと教えてくれないかな」
と質問を送り詳細を教えてもらおうとします。

すると

「就職するにも英会話が必要だし・・・海外旅行でも・・・」
という常識的な視点で述べた答だったら、

「就職するのには英会話だけスキルを磨けばいいわけじゃないんじゃないの?
それなのに、なぜ、英会話押しなんだろう?
比べるのも変だけど、
英会話で海外の人と話せている自分を想像したのと、
志望した就職先に入社して活躍している自分を想像してみて、
どちらが、より、うれしくなるだろう?」

「あっ、英会話で海外の人と話をするのなんかよりも、
就職先の確保のほうが就活中の私には必要ですね!」

「英会話も就活もどちらもあなたにとって大事なことだと思います。
だからあなたはこのまま英会話で話をしていくこともできますし、
就活をテーマとして再設定することもできます。どうだろう?」

すると、すかさず、
「今は就活を先に、
これからどうしていけばいいかを整理する時間にコーチングの時間をつかわせてください」


そのように、テーマが変わっていくことも多いのです。

コーチの側から、
クライアントが関心を持っているものってなにかを知りたいというオーラを出し、
クライアントの関心事に関心を真剣に持ち続けて質問をしていく。
そのような姿勢でコーチが関わろうとするときに、
クライアントの頭は自問自答を深め内観していくのです。

それもこれも、もしコーチがクライアントが英会話を学びたい人だと、
いわれた通りの言葉をわかったつもりになって反応しているならば。
それはクライアントという一人の思考パターン内の発想で生まれる
自分なりのテーマ設定という限度枠を超えることができないままです。

だってそうじゃないですか。
自分で、もう英会話が大事だと信じて、
そこの学習に花丸マークをつけたとき、
他のさらに大事なことが影に隠されて見つからなくなってしまったのですから!
英会話に自身の脳がフル回転させてしまうなら、他のことは見えなくなってしまいます。

そのままでいいんですか?


それがコーチという別人格の思考パターンを持ったものが関わることで、
「あなたにとって必要なこととは?」
「あなたが制約がなければしてみたいこととは?」
という質問を繰り返されて畳み掛けられていく。

そう問われるうちに
今まで考えていた大切なものの存在がゆらぎだし、
さらに真に迫った大切なものがあらわれてきます。

「あっ、そういえば、
英会話をマスターしていない人も就活で生き残っているし、
英会話をマスターしていても就活で失敗してる先輩だっていたし。。。
だったら、英会話をキーにして、いま、そこに時間を使う時期じゃないよな。。。」
と、自らさらに本質をついた自問自答を繰り返す間(ま;時間)が大事なのです。


綺麗な井戸水を手に入れるには、
浅い地層では濁り水が出てしまう。
ならばさらに下まで深く深く掘り進めていくことが大事なんだといいます。
すると、こんなに深く掘ったのに綺麗な水が出てくれないなんてと諦めようとした次の瞬間。
その最後の一回の掘り起こしをしたときに、
偶然というよりもそれは必然に近い水が湧いて出てくるものです。


クライアントには、そこで変化を受け入れ始めていきます。
コーチが関わりそんなセッションを繰り返し受けていくと、
コーチング的な思考法が身についてくるようになってくる。

いつもの自分だったら当然のように英会話に貴重な時間を突っ込んでいって、
それがまったくもって正しいことだと信じて疑わなかったかもしれない。
それで紆余曲折で波乱があったとしても、やったことは無駄じゃないと、
そう考えてこれたと思う。

ですが自分が選択したテーマ設定自体を変えてもいいなんて。
見方をマクロからミクロへと交互に幾度も変えていくなんて。

そうやっていくうちに、明らかに先程までのテーマとは違う、
さらに自分が望む未来を得るためのプランを探し当てるなど、
考えてもいなかった。
モチベーションを上げていくには、
ステートメントをよろしくテンションを上げて、
とにかく一度設定した目標を変えずにやり抜け。
そう考えていたが、、、。
はたして、それがベストなアイデアであったか疑わしい。

テーマなんて自分が日々成長していく過程でいくらだって変わるのが当然で、
変わらないままでいるほうがおかしいというのなんていわれるなんて思わなかったし。。。

人の脳の特性として、
自分の世界に入っているとき。
その枠組から外にでられない。
それは他に必要なものが目に入っていても、
脳がそれを除外して興味関心をひかないようにして目的物だけに注意を向けだすので。


クライアントの、真の関心事について、私も知りたい。


・・・ですが、決して多くはありませんが、
一筋縄ではいかないこともでてきます。


得にはコーチとクライアントとの相性はシビアです。

相性があわないのに継続してセッションをするのは、
結果として嫌な後味の悪い経験を残して終わります。

そのような恐れがあるなと感じたときには、
どうすればいいでしょう?


クライアントとコーチは、
大人と大人が対等に礼節を持って協力的にひとつの目的目指して進むものです。
いわば横目線での対等な関係。
ただし互いの非の打ち所なしという聖人でもないのですから。
なかなかつかず離れずというときもあるのですが、
コーチからもセッションを断ることもでてきます。

クライアントがコーチに次のセッションを受けないと決める権利があるのと同様に、
コーチにもクライアントに次のセッションを提供しない権利があるのですから。

つまり対人関係は、人の成長を促進させる最大の起爆剤にもなりますが、
同時に対人関係は、人の人生を狂わせてしまう原因にもなりかねません。


前者のようなコーチとクライアントが共に成長できる組み合わせのとき。
そのときはコーチがいてくれて、自分一人でいくよりも良かったと思う。
そのような同行二人と呼べるような友として、コーチを雇う人がいます。

後者のような関係を無理して続けても仕方がありません。
自身が反省すべき点は猛反省することになるでしょう。
二度目は同じミスはしないから許して下さいねと心で謝罪しつつ、次に進みます。

そして相性のいいベストパートナーといえるほどのクライアントを、
こちらから動いて必死に出会うよう努力し続けるのです。


それもこれも、始まりは、
【 真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始める 】
という姿勢で質問をするから、信頼関係が築けるのですね。

ゼロベースで相手の話を聞くこと自体、
やってみれば相当な心的な余裕やゆとりがなければできるものじゃありません!
そこには傾聴する訓練も必要になるでしょう。。。
コーチングのシーン以外でも、私はこのような起点から話を組み立てて話すべきかなと。
なかなかできませんが、努力はしていこうと思います。 ^-^


私はコーチングの思考で体の状態が思わしくない状況でもがんばっておられるお客様のサポートができれば。
そのように考えて取り組んできました。
人は自分の内側にある勇気にさらに火をつけるような発見があるとき、
不思議なほど、他の人とは違った体の改善スピードを見せることもあります。
自分の人生のつらい側面にばかりスポットライトを当てて拡大する気持ちは、
私も、少なからずわかりますから。。。

これからのクライアントの生きた証の自分史を描く際に、
少しずつでも明るい側面を共にみつけ拡張していこうと約束するようなコーチがいる。
そのような存在でいられるならば、どんなにこの仕事にやりがいを感じられるでしょう。

それに対して、今すぐの成果はでないと思います。
まだまだ人間として磨かなければならないところが多くありますから。
ですが一年、または三年も経つ頃には、コーチングスキルが身について、
その先の何かを見つけられればうれしいですね。

そのようなことを思うこの頃です。
posted by スズキ at 04:12| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

もしも、、、金製の自作てい鍼を造ったとしたら、どうなっていた?

昨日、施術をさせていただいたのが鍼灸師さん。

そこで「てい鍼」の話をしていたときのこと。

金属内には自由電子がたくさんあるのでして、
それら電子は、金属内を自由に動き回っています。
その様な金属に電圧を掛けると自由電子の向きが電圧を掛けた方向に綺麗に揃って金属内を電流が流れだす。

そういった特性を持っているわけで、
てい鍼では金属棒を太さを違えた太い方と細い方の2極をもたせています。
そうすることで、
太い方から細い方へと自由電子の流れは起こりやすいというのも金属の持つ特性としてありますので。

金属内部にある自由電子の流れの向きを太い方から細い方へと電流として流れるものです。
そちらを応用しているツールがてい鍼なんですよね!

細い方を当てれば自由電子は磁力的な特性を併せ持ちつつ
体内へと渡り自由電子のエネルギーが渡されていきます。
エネルギーのやりとりの補瀉のうちのエネルギーを補う
補瀉の補の力を発揮します。

太い方を当てれば自由電子は磁力的な特性を併せ持ちつつ
過剰になった体内の自由電子のエネルギーを捨てることへ。
エネルギーのやりとりの補瀉のうちのエネルギーを瀉する、
補瀉の瀉の力を発揮します。



そして、そして。

金属内部に流れる自由電子の様子は、
金属ごとに異なってくるのですよね。

私の自作てい鍼は真鍮の丸棒を削りだしたもので、
真鍮製」です。

ただ真鍮よりも、
純銀のほうが電流の流れがいい。
それにも増して、
純金のほうが電流の流れはもっといい!

ゴールド、金、それも純銀が金属のなかで一番、電流がよく流れるのですよね。
それもあって治療師でてい鍼を用いるものは、本格的な人ほど金製を持ちます。

ちなみに電圧をかけたときに電流が流れるわけですが、
その電圧を誰がどのようにかけているものなのかです。

そこには施術者ごとに、てい鍼を使うと成果が異なる。
それに起因する理由は、施術者の人体の気と呼ばれるようなエネルギーを使っているのかと。
てい鍼内部の自由電子の動きを一定に流す電流を方向づけるための電圧が施術者の肉体由来。
私は判断するわけです。
そこがてい鍼をてい鍼たらしめるエンジン部分です。
(ちなみに、もし電流の流れは、電気的なエネルギーの高いところから低いところへ、送られていく・・・)


だからちょっとふつうの金属の棒なら生じることがない不思議なことも起こることも。。。

それが、軽くこするだけで、患者の患部の神経組織が炎症を持っている部分に電子が流れ、
不思議なほどの痛みがでていくということで、体内の問題箇所が浮き彫りになってしまいます。

ちょうどそこで起きているものは
「邪気論」や「体性感情解放法(ソマトエモーショナルリリース)」などの本のイラストにあるような、
エネルギーが流れることができなくなって膿がたまるような状態で内在し続けるままになって、
その周囲にも悪影響を与えているものの存在を感じ取れるのはありがたいものだと、
私は実感できています。

それは私が想像した以上に、自作てい鍼でその部分の内在した部分への解放をおこなわせていただいたとき。
すでに体の状態がかなり底上げされて完成度が上がっている方々がメインだとは思うが、
今までの私の施術ではどう逆立ちしても届かなかったところの成果が、
それぞれのお客様に現れてきたことから前向きに真鍮の丸棒を削った成果が出てよかったと思う。

真鍮の丸棒は、思った以上に硬かった。
直径が1センチほどの細いものは、
そこそこ楽に削り成形できました。

ですが2センチを超える太さがあるものを5本ほど削った。
鉄のヤスリでひたすら削るときには、
削っているうちに体のこわばりは末期的にカチカチになる。

上記のような自由電子のやり取りが起これば何か見て取れる成果が生じるはずだろうと、
淡い期待をするものの、そんなこととなる確証はなくて。。。
それはもともと私が今利用している自作てい鍼ほどの太さを持つものが市販されてはいないようで、
自身で削りださなければならなかった。

ほんとうに、私は夢でも自作てい鍼を手にする印象を受けて、
それはもう、作るしかないと腹をくくったのですが。
そこで見たほどのことが起きると想像するのも不安でしたが。

で、金製の自作てい鍼はコスト的に、
一本の直径2.5センチ☓長さ10センチの金の丸棒は50万近くするようで、
もし仮にこれを自身の手でこさえて施術で使いこなせるならば、
現状の真鍮製のものよりも成果は飛躍するだろうと想像できた。



だが、そのときに昨日のお客様の鍼灸師さんが、教えてくれた。

金製のてい鍼を使う人は、特別と呼べるほど施術者自身のエネルギーを消耗して、
それはもう、、、他の金属製とは別格で、大変な、気の消耗となるという。
ここではいえませんが、そのために、
私も驚いた「えぇ!!それって、本当にそんな対策の仕方があるのか!!!」という、
想像だにしなかったやり方で対処している鍼灸師がいるのだと聞いた。
それの内容でなおさらどれほどの心身のエネルギーが金製てい鍼で消耗がなされるか、
直感することもできて、正直、芯から背筋が凍りついた思いをしました。


施術者が気を使い電圧を生じさせて金の内部の自由電子を方向づけさせて電流を流す際に、
多くの気を使い流すことになる。
それにより施術者は強烈な気枯れ状態を受けるのでしょうか。
私は個人的にそのような印象を身を持って感じています。

確かに、電流の流れが金製であればベストということは、
そうなるというのも、一歩引いて見通せばそうなるだろう。
金製を用いればそうなるのではないかとは感じてもいたが。。。


だが迂闊にも、純金という金には特別な潜在する力が作用していて、
施術者にもクライアントにも両者とも金を介してしあわせになると。
柄にもなく、勝手な論理を超えた希望的な見方をしていたことに気づいた。


それが鍼灸師さんは、経験則的にも、またはご友人の同業からの知恵や情報からも、
金製のてい鍼を使うと施術者の体が来がれ状態になるのは当然だと教えてくれた。
さすが専門家のなかでは実質重視の知識が隠されているものだと驚きました。



真鍮製の自作てい鍼で、対策が必要になっていたほど気枯れが身におきていたので、
それが金製になれば、逃れられるんじゃないかと漠然と思えていたのが愚かしい。。。

まずは真鍮製の自作てい鍼を余裕を持って使いこなせるノウハウを得られなければ、
金製の自作てい鍼は私は手を出す時期じゃないといえるだろう。

もしも私がお金持ちで200万円ほどで金の丸棒を用意して
金製自作てい鍼を造っていたらどうなっていたことだろう。。。

それほどの経済的余裕がなくて、救われたような気持ちだ。 ^-^


金製の自作てい鍼は、費用的に私の収入では現実的ではないが、
純銀の自作てい鍼は、どうにかつくれるんじゃなかろうかと、
お客様の鍼灸師さんがアドバイスをしてくれている。

この純銀で制作をするというのでも数十万ほどかけることになるが、
こちらならば清水の舞台から飛び降りたつもりでいけば、
独創的なさらに自由電子を司る力を秘めたツールが手に入るということになるだろう。
かなり画期的な使い勝手の良さで、施術のやり方を一変させる力を秘めていると思う。

そこには、正直に言えば、関心があります。

まずは真鍮製の自作てい鍼で気枯れを解消させるノウハウを積まれたときには、
手を出せれば面白いですね。
posted by スズキ at 22:07| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする