2017年06月09日

自作てい鍼に静電気防止テープを巻いてみたら・・・



施術用の自作てい鍼を効果的に措置を行う目的で、
体内蓄積している静電気を排泄させることが基本。
・・・だと、私は考えています。
そこにこだわろうと思いまして、Amazonから除電に効きそうな購入しました。

そのような折り、お客様から私のイメージを見透かしたかのような導電性ある糸や布等のグッズもあるし、
てい鍼をつくるときには工場に頼めそうなところがあるから覗いてみれば!などなど、
他いくつものアドバイスを頂きまして。
(U様、ありがとうございます!)

導電性ある布は、私はすっぽりと頭になかったので、
興味津々になって調べさせていただいております。


アーシングとして静電気を地中に逃がすことで、
体内の不要な蓄積した静電気を対外に逃します。

そのための比較的強力でかつ安価なグッズ。
アース棒とアース用のケーブル、それに腕に巻き付ける除電用のグッズと。
それぞれ買い求めました。

後日、その設置を試みようと考えています。

ですが意外に腕に巻き付ける除電グッズが、
じっとしている状態ならばいいのですが、
少し姿勢を変えると体に絡まってきます。

そこが意外にネックだなーと思いまして、
当初の思惑とは違ってきました。
私がてい鍼を持っているので、
私の内側にある静電気をすっきり除電する。

すると、硬化した筋肉のしこり部分がリリースされるときには、
酸化した部位がそこに電子的にも作用してそれを邪気と呼んで
それが動き始めることになります。

それを私に除電グッズを設置して、
てい鍼伝いに私へ多く帯電する酸化から生じたり、
呼吸器の問題からくる滞留した静電気的な影響を
地球へとアースして逃がそうというプランでしたが。。。

なかなかどうして。 ^-^

ここはもう少しやり方を考えてみようと思います。


やっぱりコスト的に多少値がはっても
1mほどの広さがある除電マットにしたほうが良かったのだろうか。
 ^-^;


神経系の改善には、特に体内に蓄積した静電気があると
その静電気は横隔膜等の呼吸器周りにまとわりつきます。

すると体内の電場、磁力線が通常は必要なものを取り入れ
不要なものを波動的に排除する選択的な力があるのですが、
それの乱れを生じます。

本来は地球が太陽からやってくる宇宙線を、
幾層も電磁バリアーを張り遮断してくれるのと同様な力が
人体には備えられているという人もいます。
地球の電磁バリアー層があるから人間も植物も生きていられるのですね。
なかったら宇宙線により焼け死んだり皮膚病で絶滅していますから。
地球を取り巻く幾層もの電磁バリアーは、その内側に住まうものに、
ものすごい重要な住環境を与えてくれるものとなるのです。

ちなみに、あの美しい神秘的なオーロラとは、
地球が南極等の極付近へと弾き飛ばした宇宙線が輝いている姿なのですね。


人体の周りにも、地球同様に幾層もの電磁バリアーが張り巡らせてあるから、
安心して本体が守られている安心感があるのです。
ただそれが人体内部に多量に静電気が滞留したなら、
そちらの影響により電気的な気の乱れが生じてしまう。

微妙に私もですが、私同様に仕事をしている方などは、
そのようなバリアーが持てている状態かどうかにつき
目の前の方をみて直感的に感じ取るときがあるのです。

すると、ボディチェックをすると、
決まって呼吸器系が機能制限があるなどの問題が内在していたり、
感情面の同様が心臓部や肺などの胸郭部に影響を与えているのです。


地球の土に実際にふれて、
自分の内側に帯電している静電気を地球に流すアースをとることで、
静電気などを排泄することができるように、
そのようなときは心がけて行きたいですよね。

でもそれがなかなか思うようにできないとき。

地球は何層もの電磁バリアーで宇宙からの人体にも有害な宇宙線を防いでくれています。
ただある程度、人体にも有益なものは選択的にか地表にも届くようになっています。
そう、選択的に、まるで意思があるかのように。

ただそのバリアーが乱れてしまった時には、
有害なものも有益なものも選択的に遮断したり取り入れたりできなくなりますよね。
大変に困った状況です。

人体も地球と同様のシステムが備えられているといわれておりますが、
それが排泄すべき不要な静電気が体内でたまりすぎて対流することで
気が乱れてしまうのか必要なものも不要なものもわからなくなります。。。

すると、ここからは私の推測ですが、
外から体に届く影響が有害なものか有益なものかはわかりませんが、
有害なものかなと思えるようだと感知したり勘違いしたりするなら、
とにかく有害なものはまだしも有益なものも遮断してしまうようで。

そのような静電気が体の中に帯電しておられる場合には、
施術で使おうとして与える圧なども、さらりと排除対象にされてしまうときが見受けられます。
体力がある人はそれほどまでの強さでブロックはしない場合もございますが、
呼吸器や循環器、免疫機などの働きが落ちていて体力値が減少しているとき。
一般的にアレルギー症状と呼ばれる反応が示されることがでてくるようです。

身体に届かせられる影響にも、
結果的にその方に役立つものもあるのですが、
そんなものはおかまいなしで、悪いものだったらどうしようという判断基準で
身を固めてしまうかのようにきつくブロックをかけてしまわれることが多くて。
直りが悪い素地を創り出してしまいます。

そのようなアレルギー症状のような対抗措置さえも取る力がなくなるときには、
そのときには非常に深刻な状態が内側に現れているような気がいたしますので。
注意深く見ていかなければならないでしょう。

そんなときに地球に体内に帯電した静電気を流すアーシングがいいんですよね。

だって、外に出て15分ほど土に触れ合えばいい。
それは「ただ」です。
アスファルトではなくて、地球の芯までつづく土。
 
だから究極、屋外の土の上に裸足になってもらい、
てい鍼を使い帯電した邪気を抜いていくのは
とてもパワフルで合理的な結果を得られるものと思います。
そのような地が、とても気のパワーがほとばしるところでという場合には、
成果は上がるものだと実験で実感しています。




最近のマンションでは、コンセントの一部にアースを取る穴が開いていて、
そちらに設置すればOKというところもあるのですが、
私の家のような古い家ではアーシングをするには、
上記にあげたようなアース棒のセットなど手間がかかったりします。

なかなか面倒かもしれません。


そんなところではなにがいいかなぁと、Amazonでひたすら静電気防止グッズを調べ。
静電気防止用のリングやブレスレットや、対策グッズがいくつもヒット。
そのなかに静電気防止テープを見つけました。



静電気防止テープ
ご存じでしょうか?


TRUSCO 静電気除去テープ ブラック 25mm×5m SDT255







すると上記商品のカスタマーレビュー欄に、
頭痛持ちの方が頭にこちらのテープを巻いたら、
なんとそれから頭痛がないんですよという書き込みがありました。

ちなみに、先程、お客様の中で偏頭痛に悩まれている方がおられ、
その方も、冬の乾燥時期に自動車に乗るときに静電気のぱちーっという閃光が特に強いようだと
その奥様から教えていただきました。
すると、、、もしかすればこのお客様が、
偏頭痛が起こりそうなときがわかるそうで、
その前に頭に静電気除去テープを内側にたくさん貼り付けたニット帽をかぶせたりすれば。。。
どうなるのだろうか? 



それを聞けば、、、
私も試すしかありませんね。 ^-^



とりあえず、購入して手元に届いた静電気除去テープを、
オーディオ機器の周辺の静電気を防止させてみましたら。

すると音質がだいぶよくなったような気がしてきます。

特に喜んでいるのはアンドロイドタブレットのケース側にテープを貼り、
ケースに装着し静電気除電したらオーディオスピーカーの再生力が向上したようです。 ^-^

ただ明瞭に、どれがどう変わったかまでは聞き分けることのできる才能がないため、
どう説明してよいかはわかりませんが。
これだけでも、うれしいもんですね〜。


とりあえず自作てい鍼の以前に作った試作品に静電気防止テープを巻き付けました。
施術の際の気の流れを良くする効果が上がるかどうか、実験をしたかったのですが。

てい鍼内の気の通りが改善したかどうかは、現状では数値的に表現できるものではなくて。
感覚的に良否を感じるしかないのですが。

ただひとつ、いえることがあります。

自作てい鍼は金属の丸棒のような形状ですから、
滑り落ちやすくて、、、というネックがありました。
それだけではなく、失くしやすいということもある。
ころころころっと転がってしまって、
どこかになくなってしまうときがあるので困っていて。

こちらの静電気防止テープを巻き付けましたところ
滑り止めにはなりますね。

はっきり言えばてい鍼の気の動きの速さを邪魔する邪道といえるものですが。

鹿革をてい鍼に巻きつければ、生物の有機体でもあるので、
まずそちらに気が周る量が一定量あることになるでしょう。


するとお客様の患部といえるような場に、軽く触れるか触れないかといううちに、
すでに数センチ離れたところからもてい鍼の気はお客様の皮膚のセンサーでは捉えております。
気を感じ取れる人ならば、
手を差し出していただいてその手の甲の数センチ上に離して、
質の良いてい鍼を前後左右に振ればわかります。

鋭角に尖った先を振った時と、
鈍角に丸まった先を振ったときでは、
手の甲で感じ取れた感覚はあきらかに違う
なんらかの動的なエネルギーの流れの質を感じられます。


てい鍼の性質上、細いもののほうが
刺すような鋭い気の流れがでますが、
私の自作てい鍼の太さがあるものは
気の送りが遅いものになっています。

それを鹿革という有機体をてい鍼に巻きつけることで、
お客様の皮膚に接する瞬間のファーストインパクトの気の流れをわざとさらに遅らせて
じんわりと時間差で届かせるようにできれば。。。
ファーストインパクトがソフトでじんわりと来る場合は、
トップノートでツーンとくる匂いは避けたいが、
ミドルノートでじんわりと来る場合はどんな匂いかを嗅ぎたくなるのと同じ反応をしめすものだろう。

そうなれば、神経に触るような痛みがてい鍼を置く前から皮膚が察知して身構える反射が起こり、
それがさらにお客様の痛みの原因につながってやいやしまいかと思いまして。

あて布的に使うという、てい鍼のそもそもの効果否定をおこなうようなアイデアを越すためには
そのような生理学っぽい人体の反応具合を想像しながら手探りをするようなことになるのですね。

^-^;


鹿革をてい鍼の側面に巻きつけた効果が、
実際的にあがるのか下がるのかは、
私自身で実験したところ、
実感では下がりはしていないような気がします。

(追記:2017年6月10日 
静電気除去テープを、持ちて部分に巻き付ける量を1メーター弱にまで伸ばして巻いた際、
てい鍼を押し当てられた際の痛み方は激減しました。
私以外のものにも実験し、同様の結果を感じられました。不思議がられました ^-^)
やっぱりそうなったな、と理詰めで考えれば想定内のできごとが起こりました!!


鹿革を巻いても痛みはさほど減っていないような気もしますので、
現在、鹿革を巻いてその上に静電気除去テープを巻きつければどうなる?
など、条件を複雑にして実験中です。

ちなみに巻き付けておいて半日ほど放置しておくことで、
内部の電子の流れが変わるものなのです。
貼ってすぐに影響が大きく変わる感じもありますが、
隅々まで変わるよう内部がこなれてくるまでには時間がかかるのです。
貼った瞬間に試してみて、あまり効果がないなと即断しないほうがいいでしょう。

いまメインで使おうとしているてい鍼にこちらを巻く勇気はまだないのですが、
おもしろい実験ができたと喜んでいます。


以上、とりとめがなくなってしまいましたが、
自作てい鍼を使うに際して、痛みの軽減や効果の向上につなげようと必死です。
その思考過程の一部を書かせていただきました。 ^-^


お読みいただきましてありがとうございます!


ちなみに、私は右手人差し指が腱がぼろっ使いすぎで歪みがでて、
右手中指は爪が紙ヤスリで1/3ほど生爪を削りとってしまいました。
また背部筋を異常なまでに急激に酷使し続けた一ヶ月ほどでしたから、
久々に意識が飛ぶような眠気やだるさなどを日々味わいました。

おそらくこのてい鍼をこさえれば、このお客様のこの部位のリリースには画期的だと思った瞬間、
本当に脇目もふらずに必死に7〜8時間ぶっつづけで工作しておりますので。

自分もちょっと太めの2センチほどのてい鍼がほしいなと思うなら、
ネットでお調べいただければお近くに金属加工を一本からしていただけるようなところもあるかもしれません。
そういったところにお問い合わせしていただければいいでしょう。
ぜひ、てい鍼づくりで体を壊さないように ^-^;
posted by スズキ at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

胸骨の曲がりと圧痛点のリリースを自作てい鍼をつかって



胸骨とは、胸の前にある左右の肋骨が交わる縦に長い骨です。
こちらは、一般的にはまっすぐな剣のような構造となり、
まさに最下部では剣状突起とよばれています。

ただ呼吸が自覚がなくてもしづらい人の場合。
肋間筋は炎症を持ち、せばまったり広がりすぎたり不連続に並んでいます。
剣状突起が内側に入っていたり、左右どちらかにねじられたり曲がる場合、
横隔膜の上下動が制限されていて腹式呼吸が制限されていますし、
同時に腹直筋がへそにかけて強く緊張しこわばります。
または免疫力が弱かったり、
肋間神経痛を患っていたり、
そくわん症や猫背により重心は臍下丹田からかなり上方へずれてしまって
不安定な疲れる立ち方や座っていてもつかればかりが気になる状態です。

はたまた、顎関節の痛みがある人や強い肩こりや首凝り等がある人は、
私が知るところでは、ほとんどの方々がこの胸骨にゆがみがみてとれます。
状態が悪いようであれば、
いくつかのくねくね曲がったりでこぼこ上下しているかのようなおうとつがあります。
そして同時に胸骨の裏手にある胸椎の変位が著しい場合には、
偏頭痛に襲われやすくなります。
また胸骨柄につとに変位がみられれば、喉に対して不調を来しますし、
とりわけ免疫系に問題が生じてきてしまうのです。


そして胸骨が曲がりだすときに観察できる圧痛部分は、ジグザグになって曲がった外周部分に
ほぼ100パーセント強烈な圧痛点があるのです。

私自身、先日からほんの軽い圧で肋間を自作てい鍼でこするだけなのに、
痛みが強く感じられるお客様がおられるのかを調べていき、
単純に靱帯部の硬化したしこりに10グラムほどの圧力でこすられた、
たったそれだけの圧で痛みを感じとるのだろうかと疑問に思いました。

その痛みは、単なる肋間神経をとらえたものでとどまるものではなく、
その下部を通る心臓神経叢や肺神経叢などの神経叢に影響を与える。
つまり表面的な凝りとはレベルが異なる部位に影響が達するのです。


ちなみにべんせき素材のマッサージ棒。
こちらで自作てい鍼でかけられる圧と同程度をかけてみても、
あまり心臓等の神経叢にまで至るようなひえぇ〜っと叫びたくなる
そのような痛みは皆目出てこないというケースがあることを
臨床から見つけだしました。

というのは自作てい鍼は人の肌に近いところに近づければ、
てい鍼の内部の金属部の電子流動が人体へと影響を与えるという作用があるのでしょう。
それに加えて私の意識エネルギーを流し込むのにも、
べんせきのマッサージ棒の先っぽから私の意識エネルギーを流し込もうとしてもさっぱりなのに、
自作てい鍼では容易に私のイメージを創造した末に創り出された意識エネルギーを流し込むことができる。
それではじめてひえぇ〜っというようなことが起きているのだということも、
おぼろげですが見えてきたんですね。


詰まるところの話、
今まで解くには、ほぼほぼ肋軟骨が骨化けした状態のものは、
不用意に手を出したりすれば骨折するのが目に見えるもので、
ピンポイントに絞り加圧をするのは難しいところだったのだ。
だからアクティベーターを利用して、
骨折する心配がない強い瞬間加圧を主に加えることでゆるませようとしてきたり、
患部となる胸骨のゆがみをピンポイントで押さえてもほぼほぼまったくゆるむことはないし、
やられるものも痛いだけで何らメリットが後に残るものではなかったと検証しているので、
それは登っても益のない道だとわかっていたからとることがなかった。
唯一、重りを密着させて事故防止のため垂直加圧を避けた水平面をこするようなずり圧を、
私が息の根をほぼ止めるほど緊張し精神を集中してかけることである程度の面のリリースはしていた。
ですが今回、自作てい鍼では容易にアプローチできるような狭いエリアでの加圧は
重い重りを使えば事故が発生するおそれがあるのでできなかった。

そのようなところで、以前から何か小回りの利くものをと考えていたのだが、
そこにうまく自作てい鍼が当てはまった状態です。





肋軟骨が柔軟性を持っているのが通常状態ですが、
ほぼ一切の柔軟性を廃したような堅さに至る方もいますし、
所々動くが大方は理想型の動きができないよう可動制限をされている状態。
そうならなければ、
自らの力により強烈なゆがみ圧を胸骨にかけてしまい変位を進行させるなど、
深刻な状況にはなりはしないのです。

そしていったん、この負のループに乗れば、さまざまな症状を引き起こす温床となる。
あまりここでは一般の方が見ていますから私の見解を述べるのは差し控えますが、
胸郭全体が変位する恐さは、
どのような胸郭の変位のパターンでどのような症状が将来的に
または現在においてでやすい状況であるのかがわかるため、
非常に重視する主要部のひとつであります。


ということは、、、。
多くの方々が胸郭の釣り鐘のような形状がずれているようですから、
胸骨の変位も少なからずそれらの方々はもっておられるものです。


ちなみにいうと、
いままで私が自作てい鍼でリリースして大いに効果を感じたのは、
私の施術を何度か受けていただけた方々で胸郭の大枠がゆるゆるにして差し上げた部分が、
すでに多くを占めるようなリリースを済ました方ばかりで、
そのような胸郭の柔軟性が得られていない胸骨や胸郭の変位が大きい方が、
単純に自作てい鍼でトリガーポイントをゆるめるだけで全体が丸く収まるとは思えません。


つまり私の施術の全体の中の流れの中に取り込まれるものとして自作てい鍼を採用したとき、
大いにその成果が出るということなのですね。

そのことはやはり昨日、今日の臨床でも明らかに感じられました。



一昨日、キョンセームを挟んで圧をかければ痛みが低減するだろうと推測するとブログで申し上げました。
本日、Amazonで注文したものが届いて、早速試したのだが、
残念ながら、てい鍼としては、通電感が損なわれた感じでうまくいかなかった。



キョンセームを挟んだ瞬間、通常のマッサージ棒としてだけの効果に限定されてしまうのだ。
てい鍼としての邪気を抜く感触が消えてしまっているように感じられたのは私の錯覚だろうか。
実際にはやはりキョンセームを自作てい鍼と皮膚の間に挟むことで、

マッサージ効果のずり圧は強まってくれた。

同時に圧をかけられたときの痛みも確実に低減している。
だから、それで満足しようと思えばできないこともないのだが、、、、。
今回手に入れたキョンセームは、確かに鹿皮の一種ではあるが、
別の鹿皮を試すしかないのだろうと考えて、今度は洗車用の厚みのある鹿皮を注文した。。。
それを用いて工夫を凝らして、何らかの奇跡を起こすことができればと真剣です。

鹿皮を利用した痛みの軽減策が、
お客様のみにとどまらず施術をする側にも安心さをもたらします。
ちょっと予定外の出費でつらいですが、
ここに投資しないといけない。
ここは妥協しないほうがいい。




余談ですが、
胸部を心臓当たりの高さで水平に輪切りにすると、
理想では左右の肋骨部分と前の胸骨と裏側の胸椎が規則正しく並びます。

それが利き手側が過剰に使われすぎて疲れが残りつつパンプアップがはななだしくなれば、
胸骨部分は平行四辺形のようなずれ方を示します。

この平行四辺形の場合は、
軽度な変形率であればある程度のリリースで元通りに近づけていけるものですが、
もしも多年にわたり軽度とはいえない様子が維持されてしまっているとすると、
非常に高度なリリーステクニックを使っていかなければ元通りの理想型にはなりません。

また脊椎がそくわんしているかどうかを観るときに、
胸椎が大きく曲がっていてコブ値が大きければわかりやすいのですが、
胸椎の棘突起部分がねじれ等があったとしてもその下の胸椎の本体がどうなっているかは
深く奥に埋もれていて、
そこからはそくわんがどのような状況であるかの察しがつきづらいでしょう。

その場合は、肋骨部の形状全体を計測し読むとわかるケースが多い。

それは左右のどちらかの肋骨が前後が狭くなり、反対側の前後が拡張している場合。
それの際は胸椎のゆがみも内在する状態の側湾があると判断できる。
それは心臓の高さで前後にCTスキャンで撮影すれば、
容易にその胸骨と胸椎の中心線のずれが大きくなっていることが見て取れるだろう。

じつは不思議なほどこのような自分はそくわんなど無関係だろうと思っている人も、
側弯傾向のある肋骨の形状をしている人がおられるのです。。。
私には、あまり症状がとかお客様を脅すようなことの結果がでることは好きではないので、
リリースが進んだり終わってから、ようやく「実は・・・」と話をさせていただきます。

その実はという前に、施術を受けるのを辞めてしまわれる方もおられるのですが、
それはときとして致し方ありません。

それは実際に本人がその部位の問題を直面してしまうと、
そちらに今まで感じたことがなかったような違和感や異物感を持ち始めて、
生活上、支障を来す人もでてきます。
自分の身体について、正確に受け入れようとする方のほとんどは、
すでに自分の状態を私の目線と似たレベルでお持ちの方でした。
それもあっていきなりマイナス面のことを伝えられるのは差し障りがあるので
黙っているほうがいいと私は思います。



この側弯傾向のある肋骨や胸椎や胸骨を含む個性的な胸郭。



私が自作てい鍼で少しずつリリースがしたかったところの5大イベントのひとつです。

そして、やはり、自作てい鍼が胸骨の形状を変位させるような堅さをゆるめるのに
強力な武器になってくれていることがわかりました。



これで、、
大胆に大きな重りを使いこなしてリリース法を、
繊細かつピンポイントエリアでのリリースを安全にこなせたり、
重りを使ったリリースをする前のとっかかり部を作るような
下地づくりをできるようになったり。


ここ数日の施術の大変さは自作てい鍼のせいでどっときていますが、
何かがようやっとつかめて、すっきりしてきましたね。

posted by スズキ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

真鍮製自作てい鍼 20ミリ幅へ そしてあて布にキョンセームを・・・

一昨日前の施術を受けていただけたお客様。

バレエを長きに渡りなさっておられる女性ですが、
私の自作てい鍼を御覧頂いて、
「この重さがいいね、欲しくなります!」
とうれしくなる感想をいただきました。 ^-^


そして、
私は依然として「てい鍼」づくりに、邁進しています!
自作てい鍼を考えていた当時より、
意外なほど制作や研究に時間を費やしています。


真鍮の丸棒を削りだし、
いずれも100ミリ長さで
10ミリ幅、15ミリ幅、20ミリ幅と磨きをかけてみました。

自作真鍮てい鍼 いろいろ.jpg

20ミリはちょっと太いなぁと思えていたのものの、
25ミリの丸棒を素材として一本だけ買っています。

たった5ミリの太さが増すだけで、
削り出しの作業量は累乗分あがっていくような気がしてくるほど、
しんどくなってくるものなんですね。

25ミリの丸棒を削るのは、どんだけしんどいのだ?


100ミリ長さで20ミリ幅のてい鍼ですが、
これはほぼほぼ形状はマッサージ棒ですので、
こちらをてい鍼と言っていいのかどうか迷う。

マッサージ棒として圧のかけられるパワーは、
他の幅が小さいものとは段違いの強さですね。
思い切ってマッサージ棒と呼びたくなります。

こちらの太い側と細い側と、
繊細に感じ取るセンサーを働かせると、
やはり感じがずいぶん違うものだと思えました。

細い側を身に当てれば体が緊張する感じがする。
太い側を身に当てれば体が緩みだす感じがする。

軽く当ててもそのような変化が感じられるところは、
いまだに多少はてい鍼としての電子誘導が内部で起きているということなのでしょう。

ちなみに尾骨周辺は天然の人体のアンテナやセンサーの役目を担っているので、
尾骨周辺に当ててみると感度鋭くてい鍼の役割を感じ取れるかもしれませんね。
尾椎周辺にとんがった先端という印象を持つものを近づければ縮み上がります。
その反応から確認を取るわけですね。

20ミリ幅の自作てい鍼を握った感じでは、
この太さではもう少し長さがあったほうが良さそうな気がしたが、
すでに100ミリの長さの丸棒として購入してきたものですので。
そこを伸ばすのは不可能です。

このサイズになりますと、重さも加算できますので、
まん丸の形状では手から滑り落ちやすくなります。
それを避けるため、わざと側面に角張るようにする。

ちなみに、仕上げになると紙やすりで磨いていくと、
磨いているときやその後数時間から半日は目が痛くなり喉が痛みそれに苦しみます。 -.-;




目黒不動尊や等々力不動尊などへこちらの自作てい鍼を持って行きまして、
こちらの自作てい鍼を使い人々の体を癒せるようにとお願いしにお参りさせていただきました。
そして両不動尊とも湧き水が出ており、
その水に浸してお清めをしたりします。

これは、気持ちの問題ですが大事ですね。
愛情を持って道具を大事に思うことです。



また、こちらの自作てい鍼を使う際の痛みの軽減について、
以前から考えているひとつの改善案がありました。

鹿革をあて布的に挟み込めば痛みは大幅に減少するはずだろう」です。

化繊や植物性の布でクッションさせてはてい鍼の力が低減するような気がして、
それを避けるべきだろうと思いました。
実際に試しに化繊や綿、麻などや絹などを使ってみましたが、どうも違うんです。

頭のなかで瞑想中に割り出されてきたのが、
鹿革しかございません」でした。


タイムリーなことに、昨日、私が友人宅に遊びに行くと、
そちらの方はたまたまメガネに鹿革のメガネ拭きを使っておられまして。
ちょっとだけてい鍼でその鹿革を挟んで圧をかけさせていただきました。

すると、だいたい私がイメージしていたとおりに痛みが軽減しています。
そして痛みが軽減するだけではなく、
成果が目減りするどころか、
マッサージ棒で得られるトラクション効果があるいは増している感じに。

これで痛み対策は十分とはいかないまでも、
一歩だけ前進できたということでしょうね。


「キョンセーム」というキョンという鹿のなめし革を利用してみようと思いました。
通常の鹿革とも違う品質だということで、
いままで私は使ったことがありません。

キョンセームについて
http://www.kasuga-fur.jp/product/kyonse-mu/

動物愛護の気持ちを持っておられる方々も多くおられますので、
施術で毛皮を使うというのはいかがなものかと思うところがあります。
ですがこの度だけは、本当にキョンセームの特質が最適なものでして、
キョンに感謝して使わせていただこうと思います。

明日に以下のキョン製のメガネ拭きクロスがAmazonから届く予定です。


春日 KASUGA キョンセームクロス 20cm×20cm

20cm×20cm のサイズでは、使うにも小さすぎるような気がしましたが、
まずは小さいものをサンプル的に購入して、
これをもとに試行錯誤を加えていこうと思っています。
posted by スズキ at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ステンレス製マジックソープってマッサージ器具として使えそう!!^-^

100円ショップのキャンドゥで、
ステンレス製マジックソープを購入。

流水効果とステンレスの触媒反応で、手についた嫌な匂いが消える!
楕円形

・・・もちろん、私がこちらのグッズをみたときに思ったのは、
「マッサージツールとして利用できないものか?」
です。

もし、うまくいかなかったとしても、
ふつうにマジックソープとして使えばいいのだから、、、。
そう思い買ってみました。

帰宅後、商品をパッケージから取り出すと、
軽すぎるためマッサージをする際に、
マジックソープ自体の自重を活かせない気もするが、
持っていて持ち疲れの負担感がないというところで
そこは良しといたしましょう。

手の収まりもよく握りやすい。
それにエッジが丸まっていて、
接触点が痛くなくて、いい。

個人的感想ですが、
手のひらや腱鞘炎になりかけの腕部分も、
そして肋骨の肋間部分も心地よくマッサージできる。

同時に、ぜひお勧めなのは足の裏の足底部分へのマッサージ。
意外に足底の足底腱膜が硬化していると、
それだけで腰痛や体のねじれや倦怠感も。
想像以上に、全身にこの部分が固まると影響が出てしまう。
もちろんバレエをなさっている方が、
足部の柔らかさを増すためにマッサージを加えるときなど、大好評?

足底部位へのマッサージグッズに、
いいグッズはないものかと思って。
過去いろいろ探していたのですが、
なかなかこれはいいんじゃないか?




追伸:
キャンドゥ と ダイソー の 両 100円ショップで
同様のステンレス製のソープが発売しておりました。


マジックソープとステンレスソープ.jpg

キャンドゥが 「マジックソープ」
ダイソーが  「ステンレスソープ」

持ってみるとちょっとだけキャンドゥのマジックソープのほうがサイズが大きいため、
私のような手が大きい人にはこちらがマッサージツールとなされるなら向いているでしょう。
posted by スズキ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

アルミと真鍮の電位差を使ったハーモナイズで、体の内側から緩めよう

最近、多少の計算はしつつも直感におもむくままにてい鍼を自作している日々が続いています。

右手の張りとしびれがひどくなってきているので、
一休みしなければと思いつつもう少し前進せねば。。。

そう思いが先走り、
作ってみてから使い方を考えるような状況が続いています。
( 実際は想定していた通りには活躍できずに終わり、
  別の使いみちとして転用したらたまたまヒットした感じです )

アルミと真鍮でハーモナイズ.jpg



ただアルミ製のてい鍼を自作したとき。

マッサージスティックにも成り得ないモノができてしまいまして。 ^-^;

マッサージスティックとして実用しうるには、
適度な握りやすさと重量感が大事なのですが、
アルミゆえに軽くて圧をかけると皮膚表面を削るいやな圧がかかるだけでして。

かといって、てい鍼としての「気の移動」が内部で感じられず。
相応に私は鋭く自分の眉間の目を尖らせてはいるものの、
真鍮ほどのものはさっぱりと感じられないのです。

この使いみちは「単体では」考えにくいものです。


そこで「ハーモナイズ」という発想が思い浮かびました。
気の調和を取るという意味でのハーモナイズです。

物質にはそれぞれ固有電位があり、
真鍮とアルミでは電位差が生じます。

その電位差があるものを左右のそれぞれ極性を持つ手で握ります。
右手にはアルミ、左手には真鍮。
そしてアルミと真鍮の間には、
通電をしてくれるネックレス(ワニ口クリップでもOK)。

以前、極性療法を勉強していたとき、プレート板を使って実験していたのですが、
てい鍼というちょっと握りやすいものに真鍮やアルミの形状を整えられたのです。

もしかすると、以前に感じた以上のなんらかの成果を感じられるかもしれません。

そんな期待感をもって、
自身で人体実験をしました。

すると案の定、瞬時に気沈丹田状態が容易に作り出せる実感を得られてびっくり。
しばらく、こちらを握りつつ、体の中を流れる気を加速させる意識を持つことで、
体の各部は明瞭に意識できてくるし、それにつれて気血一致の流れが加速されて
体のこりの有りそうな血行不良の場に血液が届けられるため筋肉が弛緩しやすい。

これって、グリグリとマッサージスティックとして加圧を加えなくても、
優れて体の内側から凝りを解いてくれる新たな切り口ですね。

真鍮丸棒やアルミ丸棒のような、丸棒のままでてい鍼という形に削りだしていないもので、
再度実験をしてみると、やっぱり、自作てい鍼のほうが気のサークルが高速化して感じる。

体をぼろぼろになるまで必死に手塩にかけて磨き上げたてい鍼だから
その思いが通っているから、そのように感じるのだろうか。
でも、、、どうやらそれだけじゃないようですね。

なかなか興味深い。



ハーモナイズの原理を、
てい鍼に使うことってできそうなのだろうか。。。
現在、自作てい鍼だけでは、私が目論んでいるものへの成果が思うように出ないと察していて、
「静電防止リストバンド」を複数仕入れて左右の手足にうまくハーモナイズの原理を活かして
どうにか補助できないかと、思案しているところでもあるので。

体内のマイナスの電位を持つ電子の移動をどうリードするかという課題があります。
その滞りがあれば治りは悪いですし、通れば順調。
大きく勝敗を分ける側面があります。

肉体面の気の滞りは往々にして
こころの気の滞りから生まれるものです。
そこは絶対に切り離せないところですが、
引っ絡めすぎると整理してものが見れなくなる。

まずはシンプルに肉体面の気の滞りを改善させる手法を、
今回のハーモナイズのようなものも含めて知っておくことは役立つでしょう。

そこは現状の私の施術で提供している筋膜リリースとはかけ離れた世界ですが、
私自身は常日頃に考えている範疇です。

このアルミと真鍮の電位差を使ったアプローチの成功は、
気の流れの滞りを改善させる布石として
明るい光を感じます。

結果的に、
アルミの自作てい鍼はてい鍼とは呼べるシロモノにはなりえませんでしたが、
結果オーライということでしょう。


最近の、一工夫でした。 ^-^;



もしみなさまも自作てい鍼を「真鍮(銅なら尚良)」そして「アルミ」と創りだしたら
ハーモナイズの実験してみてくださいね!

瞑想をなさる方には、特にお勧めします。
気は鎮まりリラックスできる効果もあり、
自分本来の体を取り戻すのに役立ちます。


ちなみに、
繊細な人はつぎの点を理解していただくといいでしょう。

握りやすさを考えて、幅は1センチ以上2センチ未満ぐらいが適当かと思います。
ハーモナイズをおこなう周囲では電磁波が強い電場を避けてください。
真鍮は北に、アルミは南に方位設定したほうがしっくり成果を感じ取れるでしょう。

こちらのハーモナイズは民間医療的な事柄ですから、
期待したほどは成果が出なかったとしても、
笑顔で「いい経験をしたな」と許して下さい。

ほか、いろいろ細かいオペレーションがあるもので、
書ききれないところもありまして。 ^-^;;
関心がある方はポラリティ療法の英語版などをお読みいただければ、
参考になると思います。
posted by スズキ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

【業務連絡】:2017年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました

【業務連絡】:2017年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2017年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

最近は、真鍮製のてい鍼を作っています。

米粒の半分以下のリリース箇所を的確にとらえ、
その成果は私も驚くほどです。
それは数日間、私的な研究でも、また、施術でも実際に使い、
その成果面は大きい。

結果としてより詳細まで解ける解ける。
身体の状態の変化が大きくなる場合には、
現状と変化後の様子を相当な計算が必要。
それにも増して私の仕事は増えるから、
一回の施術で2人分以上の神経と体力を使う疲労が襲ってくる。
施術が終わると、そのまま倒れこみ意識を失って眠る状態です。



ただ、そのリリースの改善変化は、
今まで私も観たことがない!
求めていたものが手に入った感がある。

(私は、こんなところで誇張はしません ^-^)


てい鍼がピンポイントで活躍しだすことで、
今までならば、絶対に解けない部分がさっと解けていった。


施術研究の方向性は、確実にあっている。


「えっ、、、こんな深部に純粋にピンポイント圧が入れられるの?」

というのは、
指での加圧でもできなかった、
アクティベーターでも無理だった、
ゼロプロマッサーでも歯が立たず、
重みあるブロックでは周辺圧になり奥の奥へのピンポイントができない。

それが、自作てい鍼では対応可能だ。



ただ問題もある。
「リリースの際に痛み」がある。

痛みがあるというのも、
結局なお客様ご自身の体の中に極度の炎症があって、
その部位にてい鍼の太い部位が接触すると軽くこするだけでも緩む。
ただ、それが慢性化した多年に渡り寝て酸欠状態が続いた凝り部は、
軽くこするだけでは解けないというのも理解できた。


その場合に、少しずり圧を強めにかければ、
小気味良く凝りがとれていってしまいます。



ただそれ以前に、ほんとうにディテールまで的確に炎症がある部を
きっちり狙われると、そのアプローチをされるとちょっと、
「ひぇーーー、また的確に痛いところを狙ってくるぞ!!」
となると。



無意味につらい痛みが加えられるようなことは一切しません。

実際に自作てい鍼でリリースされた後には、
その部位の可動域制限は驚くほど解除され、
大きなステップアップができたと思います。


ただやっぱり、つらいのは事実。

痛みがあったというお客様の言葉から、

早々の私からの対応として、
「痛みを避ける意図で自作てい鍼を使わない」。

そのことも見当すべきだろう。
現状では、さらに自作てい鍼のバリエーションを増やして、
痛みが出づらい工夫をしていきます。

だが今回の痛みが軽減できるという課題は、
お客様自身の体の内側に潜んでいる
しこりが強烈な炎症がある。
それが解ける。

解くべきところを、正面切って対応したときに、
その結果、アプローチできた瞬間痛みがでただけであり、
発痛原因はしごく単純なものです。

炎症が、そこそこでしかなければ、
さっと、てい鍼でこすり圧がかかったところが
おもしろいように緩むだけで痛みなんかはゼロ。
この自作てい鍼の恩恵を、私自身が一番受け取っています。




重量感あるブロックで接触面を増した梃子によるずり圧という
痛みを軽減させる魔法を使ってきたが、
自作てい鍼の狙い目は、
そこでは取りきれないディテールや芯を抜くためのものである。

もちろん、、、
指では届かないし痛みが強くて解けずじまいですし、
アクティベーターでも圧は生きない
(※元来アクティベーターは、神経へのアプローチ用途で使い筋膜リリース用ではない)し、
ゼロプロマッサーでもずり圧とはいかないから筋膜が解けない。
時間をかければ、それらでも対処ができるというものではない。
そのようなことは、施術を研究してきたからこそ痛いほど解る。

それに対して、自作てい鍼はかなり使えるなと思いました。

特に肋間筋部分や股関節部、そして仙骨や頸部、鎖骨部、肩部、
脊椎と起立筋との隙間、腋下、膝裏、足部など。
実際に正確に早くリリースすることができた。




ただ、やっぱり繰り返し言うが、
すでに体の内側に潜んだ強烈なしこりを的確に狙われるのは、
受ける側にしてみれば、やはりつらい。



ピンポイントアプローチでは解けるが、
炎症部のリリースを受けるのは後々には幸せになるのだが、
受けている時にはほんとうにしんどい。

私が受け手のお客様の立場となれば、どのように判断するだろう?

最近は重みあるブロックでの梃子でのずり圧では
痛みを低減させる工夫が実ってきたので快適な施術だった。
だが、ひえぇーっという痛みが出てしまう施術に逆戻りは、
つらい、、、。


そのようにお考えになられるお客様もおられるでしょう。

痛みがでる可能性があるのだと先に伝え、
利用希望者を申請制にさせていただいて、
基本は施術では使わないという姿勢でもいいのだろう。


現在、施術を受けに通っていただいている鍼灸の免許をお持ちのT氏は、
いつも「体の状態を直すためには、なんだって受けてやろうじゃないか!」
という姿勢です。
彼の腹は座っていますので。

そのような方なら強く自作てい鍼を使うメリットを感じてくれている。
それならばそのような方々への申告制の「特別プログラム」として、
自作てい鍼の利用は控えるほうがいいのかもしれません。


現時点での自作てい鍼の、
メリットとデメリットを提示し考慮していただくのも、
今はまだ自作てい鍼の研究中でもあるため、
正確に物事を伝えるには難しい話になり誤解を生じそうです。

ならば痛みが軽減できるような工夫が練られていってから、
特別プログラムという申告制をなくすのが妥当でしょうか。
悩みます。


後日、こちらはブログ・メルマガ等で、
あと少し利用を試みさせていただいて様子を観て
今後の自作てい鍼の施術中での利用するかどうかの結果をお伝えします。

そのようなところを思案しているこの頃です。




ただ、ひとつだけ言えるのは、
自作てい鍼のおかげで施術のサポート範囲が
大幅に拡張されました。


そのことは事実であって、
今までさらにディテール対応をどうしようかと
探りに探っていったところから結果が出たので。
米粒の半分以下のアプローチも、
数枚奥の筋膜層を狙い解けるアプローチも、
さっとできてしまうという、
ありがたさとよろこび。



自作てい鍼の効果が高いのに比例して使い方が難易度は高いもので。

施術中に使う私の神経は擦り切れそうですが、
気持ちは晴れやかですっきりしています。

うれしいなぁ〜。 ^-^




自作てい鍼で痛みが低減させられる工夫を施した
ディテールまでの筋膜リリースができるようになれれば、
ひとまず、私が施術を始めた当初の目標はかなえられた。
私なりに、人の体に全身全霊を傾けてきた結果がみえた。

そんな感じがします。


それで筋膜リリースの勉強は終わることにして、
新たな次のステップアップへ、進めそうですね!

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

真鍮のてい鍼で胸郭をこすってみて。「痛い!」が、画期的リリース

真鍮てい鍼をマッサージスティックとして利用。

昨日、今日、お客様に下記のマッサージスティック、
100ミリ☓10ミリと100ミリ☓15ミリの二本を用いて、
胸骨周辺のリリースを行いました。

真鍮てい鍼.jpg

正確に言えば、比較的に軽い圧をかけるというよりも、
胸骨部分や肋骨と肋骨の隙間の肋間筋部分をなぞる程度でこするだけ。
強い圧などはかけてはいません!

ただ、普段はあまりいたいよ!とおっしゃらないお客様が、
びっくりするほど「痛いけど!」とおっしゃられました。

それは事前に肋骨や胸骨部分にリリース圧をかけており、
その部分の血行が促進され緩みやすくなっているからです。
やさしくこする程度ですから、
この工程をとらなければ、まったく痛みが出ない程度です。

痛いなぁ!!!となりつつも、
実際、このてい鍼で軽く患部と言えそうな場所をときます。
するとこちらをこすり圧をかけた前とかけた後では、
ずいぶん緩み方が進んだことが気づかれます。

ちなみに、、、。
2本を同時に使ってこすり圧をかけているので、
1本でこすり圧をかけたときの数倍も痛みが軽減できているのです。

「これでもか〜」とおっしゃられそうな雰囲気ですが、
本日のお客様に「そういうことで2本でこすり圧をかけているんですよ」というと、
すかさず言葉が「じゃ、絶対に1本で圧をかけるようなことはお断りよ!」という。

そのようなきっちりきっぱりとおっしゃられたところから、
どれほど胸郭の前部分に負担がかかっているものなのか!

昨日のお客様も、今日のお客様も、
傾向が似ているところがあり、
背中側の胸椎周辺の後屈を作り出しているのは胸郭前部分が詰まりがあるためです。

以前は頭を顎をその胸郭部に乗せて頭部を支える形になっていたのですが、
すでにそのような支えを必要としない、
立派な立ち方ができているお二人です。

その詰まりは施術が進んでほんとうの後の後に残っているような、現状無いほうがモアベター。
そこにある存在意義がないものなので。

この胸郭の前部分を緩めれば、背中側の胸椎周辺の後屈を廃するきっかけにもなる。

そのことが、私にも計算上ありありとわかっております。
申し訳ありませんでしたが、
痛いな!と言われつつも胸郭前部分を解いていきました。

解かれた後を、実際に味わってみて呼吸の質があがった、
その状態を体験して頂きたかったのです。



実は、私の知り合いが肺がんにかかり、
大変なつらい状況になっていると話を最近聞きました。
その方のお母様から、どれほどつらい手術後の生活があるのかをお伺いしました。

まずはガンになりづらくするためには、
日頃から胸腺部分を揺り動かし緩める。
リンパの最終点、胸骨角部分への刺激。
肋間筋の柔軟性を保たせて心臓の働きを低減させないこと。
など、他にも胸郭リリースを積極的にしていってほしいことがある。。。

知り合いが肺がんになられた後になったころに、
その問題に直接的にアクセスしたとしてもつらい。。
ですが、今できるところでは、、、というところで、
胸郭リリースを自分でできるようなやり方を伝える。
その取組を伝えること。

その課題に取り組むことが大事なんだと思いました。

私が自分自身の体に胸郭リリースを加える。
真鍮のてい鍼(ほぼマッサージスティック扱いですが)を利用し、
積極的にリリース圧をかけてみたのです。

すると、、、
非常に呼吸するのが楽になったことから、
やはりこれはいいなと実感した次第です。


「短時間でこんなに緩むんだ!」

「こんなに小回りがよいから、
日頃なら見過ごしてしまいそうな小さな米粒程度のしこり部もわかるし消せる!」


ただ・・・
私の胸郭周りは詰まりがあまりないのが幸いし、
それほどの痛みなどは感じられなかったのです。

だからお客様にはつらい思いをさせてしまい申し訳なかったなと思う次第です。

またやり方を工夫を入れて、
痛みの軽減をできるようなやり方を考案していかなければと考えています。


そして胸郭を緩めていく習慣を各自が持っていただくことがあれば、
自身の免疫性を向上させる有効性のある取り組みになりますから。
特に私の施術で胸郭部の緩みが出たお客様の場合です。

胸郭変位の状態は内省的に自身を観られる多くの方々は気づくはず。
ガンも胸腺という心臓の真上に位置するがん細胞を制する免疫系が
活躍できないような硬い胸郭を背負った方が、
やはりなりやすいという傾向はあるようです。
もちろん他のアトピーや花粉症等の免疫系の疾患がある方も。
そしてすでに症状が出ている方の場合には、
すでに胸郭のコンディションが硬化が強く動きが悪い人も多数おられるでしょう。

そのような方々の状態で真鍮のてい鍼でこすり圧をかけても、
痛みの質は上述されたお客様の痛みとは別物で解ける状態での痛みではないので、
理想として胸郭の全体の可動域制限を施術で作り出してから。
それから自身で思い思いの形でてい鍼でリリースをして欲しい。

そうなれば、
施術という他者アプローチがその後のセルフケアグッズとして、
てい鍼を使ったメンテが活きるものとなるだろう。

そんな提案が、いずれはできるようになれればと願っています。



あと話をつけくわえれば。
この真鍮のてい鍼でのリリースは、
ベン石というマッサージ用途に適した石で創られたマッサージスティックよりも、
遥かにリリース深度が好成績なんですね。

他の石でできたマッサージスティックでも試しましたが、
この真鍮のてい鍼ほどリリースできることはなかった。

真鍮100ミリ☓15ミリというサイズ感と重量がいいのだろうか。

真鍮とは黄銅とも呼ばれて、
銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。
別に銅や銀や金などの鉱物で制作されたものでもいいのだろう。

実は銅でも作ってみたいなと思っているのだが、
銅の直径15ミリの丸棒が私が探したところでは東急ハンズや他店でも置いてなくて。。。
どういったことなのだろうか?と思う次第です。

また昨日、東急ハンズ渋谷店で、真鍮の材料の追加分とあとはアルミの材料も買ってきました。
アルミは、、、実は重さが軽いので、お客様の胸郭部のリリースをするこすり圧をかけてみて、
痛みがでないような感じになるようだ。
アルミてい鍼をざっくりしたものを試作をしたのだが、
効果的なリリースができた感じがしない。 ^-^;


てい鍼ではアルミってあまり使わない素材なんですよね。


持った際の軽すぎてというところも質感的にあります。
それが問題であるのだろうか?
なぜアルミをてい鍼の素材にしないのか、
理解できたような気がします。。。。

真鍮ほど気の増幅やら浸透などの感じられずにいます。

それに中途半端に柔らかいのがアルミの素材でして、
鉄ヤスリでこするとヤスリの目がすぐに詰まって削れなくなってしまう。
そこが制作していて鬱陶しく感じてしまうのですね。


ただ、、、
ハンズでかなりの量のアルミの材料を各種買ってきてしまった。。。
2000円分は買っただろうか。
どうにか活かしたいと思います。



たとえば、昔に流行った、
10円玉と1円玉を体に貼り付けて治療するというやり方が思いつく。


10円は銅 95%を含み、
1円がアルミニウム 100%

この療法は、銅とアルミの電位差を利用するものでしたよね。
私は11円療法は、ふむふむと、おもしろいなと思いました。
ただ、実際には自分の体で人体実験をしつつもさほど成果を感じませんでした。
そこそこは影響は受けていると思いますが、
私がお客様に施す際にお勧めできるほどではないんです。



それじゃ、1円硬化だけでも、アルミの特性を使って、
いろいろと体の症状がケアできるという本も幾冊も市販されてますよね。


1円玉を体にはると超健康になる

1円玉療法では、1円玉の素材であるアルミニウムのイオン化傾向(金属が電子を放出して、
プラスの電気を持つ原子になろうとする性質)を利用して、病気や症状を調整します。
ここで紹介する1円玉療法は、1円玉で肌を押して、こすり、はるという3つの動作を行うことで、
効果がいっそう高められています。症例別のはり方に従って、ぜひ実行してみてください。
本書で紹介しているのは以下の32症状になります。
「ひざ痛」「腰痛」「脊柱管狭窄症」「座骨神経痛」「肩こり・肩の痛み」
「寝違い・首の痛み」「股関節痛」「高血圧」「糖尿病」「ぜんそく」「物忘れ」
「耳鳴り」「難聴」「ドライアイ」「老眼」「飛蚊症」「便秘」「過敏性腸症候群」
「うつ」「めまい」不眠」「頭痛」「胃のむかつき」「冷え症」「肌のかゆみ」
「乗り物酔い」「夜間頻尿」「痔」「精力増強」「性交痛」「生理痛」「更年期障害」

とのこと、、、。

もしそのような成果がでるなら、、、奇跡?
素直に私が見つけたい成果まで出るとは信じられません。

このような気持ちでいる私ですからプラシーボ効果は期待できないため、
もうちょっと素直な私の母にでも、
「これはね、すばらしいアルミの丸棒でね」とオススメして様子をみてみようかと思います。


アルミの10センチ長の丸棒を直径別を各種を揃えて購入したため、
気づけば大量に買いすぎました。。。


無駄にはしたくないので、どうにか、、、利用法を考えなければ。
もう、てい鍼の素材として使うという用途を変更したくなります。 ^-^;


アルミ丸棒 イメージ

posted by スズキ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

書籍紹介:【本当に体が硬い人のためのくずしヨガ】「AR機能」がおもしろい





本当に体が硬い人のためのくずしヨガ: 小さな動きで体が変わる!ポーズの正しいくずし方

●---------------------------------------------------●
内容紹介

体が硬くて、ヨガをあきらめていませんか?
たしかに、ヨガには体が柔軟でないと難しいポーズが多々ありますが、
そんな難しいポーズも上手に崩したりプロップス(補助器具)を使えば、
完成形のポーズと同じ効果が得られます。

体の硬い人ほど小さな動きで大きな効果を得やすいため、
むしろそんな人こそヨガは向いているのです。

本書では、硬い人でもできるポーズの上手な崩し方や、ポーズをとるための部位のほぐし方、
ヨガプロップスの使い方を丁寧に解説しています。
体に無理のかからないポージングは怪我の心配もありませんし、より効果的です。

ポーズが難しくてできない、効果がなかなか出ないとお嘆きの方こそ、
本書でヨガの楽しみを再発見してみませんか。

※本書にはスマートフォンやタブレットで動画が見られるAR機能が付属しています。
指定のアプリで画像を読み込み、ポーズのポイントを動画で再生することが可能です。

●---------------------------------------------------●

より関心がございます方は、
下方のURLにて株式会社誠文堂新光社 プレスリリース としてこちらの本の紹介が、
数ページの掲載付きでご覧いただけますので、ご参考までに。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000161.000012109.html



ここからが私の感想。 ^-^

最近、ちょっと図書館で借りてきて驚いた本。

本書をとってみたら、
本の後編に「リストラティブ・ヨガ」という、
休息のヨガと呼ばれる、
動きのない体が非常にリラックスできる状態で休養を取るためのヨガが紹介されていた。
カラーの写真付きで詳細にわかりやすい形で紹介している和書はあまり観たことがなく、
紹介数は6ポーズだけではあったがこれだけでも価値があるなと思って貸していただきました。 ^-^

リストラティブ・ヨガはやってみようとするとセッティングに手間暇工夫が必要ですが、
まさに、極上のリラックスモードです。


ヨガのポーズの難易度を下げやりやすいようにした
体の硬い人のためのくずしポーズ。
こちら、日頃からヨガ等をなさっておられる方には必要ではないかもしれませんが、、、。

ちょっと最近は運動不足だなとか、
体が硬いからヨガなんてと敬遠しがちの人にとって、
やってみて気持ちいいものですよ!

それだけでなく、スマホやタブレットで動画が見れる??
ってどういうものなのかなぁと本書内の解説文を観てもわかったような、わからぬような、でした。

AR(拡張現実)機能というものを、
まったくイメージが湧いてなかった。

でも実際にアンドロイドアプリの「COCOAR2」というソフトをダンロードして、起動し、
本書の「AR機能」アイコンのあるページへカメラを向けると、
なにやらスキャナーでスキャンしているかのような模様です。

すると、映像のダウンロードが始まり、それが完了すると本の
「AR機能」アイコンのある写真の真上にきっちりサイズが調整され重なるように
映像が再生されるじゃないですか!

本の中の写真が映像に置き換わり映写されているかのような雰囲気で、
カメラのファインダーになった部分が目に映るのです。

^-^;

みなさまは、ご存知でしたか?

私は、こういうのがあるって知らなかったから、
びっくり。


すばらしい試みですね。

posted by スズキ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

【業務連絡】:2017年5月28日(日曜日)午後9:00に、2017年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:
2017年5月28日(日曜日)午後9:00に、
2017年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2017年6月の予約表更新、予告日時}




■ 2017年5月28日(日曜日)午後9:00




上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

※ 6月の予約表更新が、
  5月28日という月末の忙しい時期になってしまいました。
  大変に、申し訳ありません。


更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。



【 編集後記 】

こんにちは!

ボディワイズの鈴木です。
お世話になっております。

自作てい鍼を作ってます。

真鍮丸棒(長さ100ミリー直径10ミリ)200円
真鍮丸棒(長さ100ミリー直径15ミリ)322円
(※ 東急ハンズ渋谷店で購入 )


こちらを鉄ヤスリやかみやすりをかけ、
金属磨きのピカールも施してみました。

すると綺麗に仕上がりますね。

真鍮てい鍼.jpg
(直径10mmのてい鍼は2本作っております。^-^ )


真鍮って、美しい。
それに安価だからガシガシと使えます。
直径の太さゆえにマッサージ棒としても重宝してます。

ただ硬度が高い真鍮は削るのは大変で、
腕が悲鳴を上げ、指先は水膨れになる。
普段ないような首こりや肩こり腰痛へ。
それに自分の腕の凝りはもう、パンパンに。。。

だったら、この2本のてい鍼で効率よく解いていこう! 

こちらの2本のてい鍼の使用感として、
私が所有マッサージ棒のべんせきや水晶や木製と比べて、
凝りに対して、さらに強力な対応力を発揮してくれます。
炎症部の不要な余熱を容易に奪い去りクールダウンへ。
自分仕様に手になじむように削り出せて持ちやすいし、
重すぎず軽すぎずの適度な重みがちょうどいいのです。

想像以上にセルフケアグッズとして役に立ちそうです。



ケアの仕方は簡単です。
2本の真鍮のていしんを束ねて、
痛みのある腕の患部やその周辺をこする感じ。

腕の凝りの部位に強く押しつけることなく
てい鍼の自重だけで圧をかけるだけで効く。
内部的な気の通りが変わる感じがする。

てい鍼の本来の効果ですね。


ちなみに2本のてい鍼を用意した理由は、というと?

てい鍼を一本だけ当てる場合は
その一点に意識が向けられ緊張が強く感じられる傾向があります。
それをうまく使えば、緊張と弛緩はワンセットとして刺激を作り、
そこから催眠状態に誘うような深いリラックス状態へ持ち込むこともできますが。
しっかりと修行なさった高い技術に裏打ちされた鍼灸師の先生でなければ難しい。


それを2本のてい鍼で2点同時に刺激を加えることで、
一点だけの刺激に聞き耳を立てさせる脳の状態から引き離し、
二点のどちらの刺激に意識の焦点を当てるかを放棄させます。
軽い思考停止状態を創りだすことで
リラックスモードの副交感神経優位な状態へ移行しやすくなります。




他にも二本のサイズ違いのてい鍼を制作した理由はあります。
それは、、、。

クラニオサクラルセラピーで著名な
アプレジャー博士の使うテクニックの一つに、
『Vスプレッド』と呼ばれるテクニックがあります。

両手で患部を挟み込み、
一方の手は指をチョキにして、
他方の手は指を人差し指を伸ばす。
そして人差し指側からチョキの指の真ん中へと
気のようなものをとばして患部を貫通させて癒す。
そのようなテクニックです。

たとえば気を感じられる人が『Vスプレッド』を受ける場合、
電気的なびりびりっという刺激に驚く人もいます。
これは特別な超能力などではなくて、
生物としての人間は神経が通り通電しているもので。
練習を惜しまずにトレーニングすれば、
誰だってできるようなテクニックです。

急性の痛み等には効果は速攻があるものです。
ですが繰り返せば、慢性化した痛みがあった膝等の不快感も、
改善されてしまうこともある強力なテクニックのひとつです。

神経系の動きが鈍っているときに、
その働きを誘発させる作用もあり、
そこは神経系のトラブルに対して
効果を発揮させることができます。


このテクニックを使うとき
施術者のエネルギーを積極的に照射する仕組みですが、
そのエネルギーの発生源をてい鍼に部分的に任せる。
それと同時に、
てい鍼で照射するエネルギーは指向性が高いし、
尖った先を向けるか丸まったお尻のほうを向けるか。
それも活かせないか?

工夫の余地があります。



などの当初は目論見があったのです。

自分を納得させるアイデアがあれば、
失敗を恐れずやってみようと思います。
実際にやってみてどう決着がつくのか?

想像以上におもしろいことって、
体験からしか生まれないのです。

いつまでたっても完成はないが、
未完成の魅力ってありますよね。




最後の最後に。
真鍮丸棒(長さ100ミリー直径15ミリ)で作ったてい鍼。
結果的にマッサージ棒にしか見えないが、力強いですね〜。
セルフケアグッズとして手元に置きたい筆頭です。
気に入りました。


施術をお受けしに来ていただいた際に、関心がありましたら、
「真鍮のてい鍼、見せて!」とおっしゃってくださいね。

みなさまも自作をチャレンジしてみてくさい!

^-^

【 終わり 】


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

背骨をリラックスモードにしてみよう!

脊椎のリリースのために、
工夫をしてみよう。

そんなアイデアのひとつを紹介いたします。

脊椎リリースのためのパワーストーン.jpg

上記は、ヨガマットの上にさざれ石を縦に並べたものです。

左手から右手への並びはつぎのようにしてあります。

・インカクリスタルとトルマリン
・ヒマラヤ水晶()
・トルマリン(天然電気石^-^)
・黒曜石 ()
・トルマリン(天然電気石^-^)
・シュンガイト(グラウンディング・浄化)


さざれ石の上に脊椎をのせる感じで横になります。
ちょうどボークス製の人形を脇においております。
この人形の背中の脊椎の下に、
さざれ石が並べられているイメージですね。

さざれ石の上に背骨を乗せると自然に少しずつ背骨の凸凹の状態に
さざれ石の粒が押されて脊椎とさざれ石との空間を減らして密着へ。

すると、、、
しばらくすると脊椎の椎間板が緩みだしリラックスモードに。
これって、ストレッチポールに乗っかる以上に安定しますよ。


ただ、できればですが、
さざれ石を入れる袋はオーガンジー素材の袋を別途用意して、
ビニール製の袋が裂けてさざれ石がぶちまけられる惨事が起きないようにしたいですね。

もしパワーストーン天然石のなんらかのパワーを実感したいなら、
オーガンジー素材のほうがモアベターというところでもあります。

posted by スズキ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする