2024年05月05日

私がYouTubeで驚いた60代を超えても若過ぎな人たち

こんにちは。
ゴールデンウィークはもう終盤。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は本日、仕事日です。

それで先ほど施術が終わってまったくの同世代のお客様から、
「お互いに年齢から身体がしんどくなってまいりますよね」
とのこと。

お客様はタブレット、スマホ疲れの形跡がありました。
私もデスクワークが多くなり、タブレット疲れあり。
お互いに運動不足が気になるところです。。。


私はお客様からの一声を聞いて、
以下のインディーズバンド打首獄門同好会アルフィー高見沢俊彦氏のYouTube動画を思い出しました。
数か月前に打首獄門同好会の「10獄放送局」というYouTube映像をみつけて観まくったため、
彼らが若かったときから昨今まで映像をみてきました。
現在の打首獄門同好会メンバーの皆さん、相応の大人の年齢になっているとはわかってます。

高見沢俊彦さんが、「俺 69歳だよ!」というと、
打首獄門同好会のベース担当のJunkoさんが負けじと「私も64歳です。」と、、、。


えっ、Junkoさん、若過ぎ。
私は驚きを隠せませんでした。


https://youtu.be/GB1krfgM-iA?si=XA0tZ89mdZKebgFu
日本の米は世界一Takamiy&打首

言葉は悪いですが、高見沢さんもJunkoさんも、普通じゃなさすぎで特異体質なのか?
そんな奇跡を疑いたくなりますが、
彼らのそうなる元気のミナモトってあるんでしょうか!?
高見沢さんやJunkoさんが、こんなに元気で若く見えるし、かっこいいってすごくないですか。

年齢から身体が老化しだしたよねといった悩みを感じたとき、
しんそこ、こんなにも素敵な諸先輩たちがいるのだと思いだそうと感じました。
posted by スズキ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月03日

マッサージペンを試用してみて、意外なことを実感しました


マッサージペンのはこの中に、
小さめな小冊子が入っており、
経絡が英語で解説してあります。

IMG_20240427_121935~3.jpg

それで経絡治療グッズなんだなとわかる感じ。

昨日、知人宅にてマッサージペンを使った経絡刺激を試していました。
マッサージペンの原理はシンプル。
皮膚は電気伝導率の高低があります。
ただ経穴は気の流れが滞った部位に現れるもので、
電気的な抵抗が少ないため通電量が多くなります。
そこでマッサージペンで経穴部分から体内へ電気エネルギーを送り込むと、
経穴から吸い込みます。
すると経絡線内の気の流れが停滞している部位が修繕され、
順調に気が流れる正常な状態へと改善を図ることができます。


主に背中の張りがある。
それが腹部の調子の悪さを出しているようでした。

背中は比較的痛覚神経の配置量が身体の前面より少ないため感受性が低く、
試用としては負担がどの程度かを慎重に知るにはよい箇所でしょう。
マッサージペンの受け手は、
もともと小顔矯正の人気整体院の店長さんで、
マッサージペンよりも高額なマシーンを使っていた方です。
それもあって体験していただいた感想をフィードバックしていただければ、
非常に参考になります。

1〜9まで電気エネルギーの強度が段階的に選ぶことができます。
もっとも弱いレベルの【1】に調整しトライしてみました。

受け手はうつぶせ寝。
マッサージペンを私が右手で持ち、左手は受け手の腰辺りに接触します。
電気の流れは、マッサージペンの先から受け手の経穴に入り、
受け手の体内を通電している電流を私の左手が受け取ります。
最初は膀胱経の兪穴に沿って試用してまいります。

すると、
受け手が「あぁ〜、びりびりする〜」との一声。

小さなペンですし最低量の電流で通電させているだけでも断線気味な経絡線を通す反応はでました。
受け手の詰まった膨満感を感じて止まないお腹辺りが
「ぐぅーーーーっ」とか「ぎゅるる」とか、
ときどき明らかに私の耳にも届くほどの大きさで聞こえる。
そしてそうなったあとは、その部位のびりびりする反応がマイルドに変わり、
筋肉の硬化がやわらいでいることが確認できました。
そうなると次の部位に移る。
そうしたことの繰り返しです。

試用して意外なことがひとつありました。
試用中に私が受け手の腰に当てていた左手。
つまり右手はマッサージペンを持っていて、
私のマッサージペンを持っていない左手に、
受け手が感じている何十分の一とかの量の電気的な振動が伝わってくる!!
その振動にはビリビリとかドッドッドッドッとか質と大きさの差異がみえてくるため、
私の左手の感じ方で受け手の受けている電気刺激の量や質などが手に取るようにわかった。
電気抵抗の高低により音が出ることで経穴の状態等がわかるものかと勘違いしていた私は、
じつはこんなにもシンプルな施術者と受け手との言葉がない会話がなされるツールだとは思ってもみなかった。
これ、使いこなせるようになれば、受け手の口からのフィードバックをもらうことなく、
正確かつ適切に受けて内部の経絡の正常化を実測できるということだから。

治療する側の私の体内にも右手から左手を通じる手の内部の経絡内に電気刺激が通っているため、
たぶん、使用後に施術者側の肩こりのようなものも一時的に軽減していったようだった。

そのようなことはまったくの想定外で、うれしい誤算。



ただ、たぶんに私自身は、このマッサージペンの刺激の質は、
自分の肌に直接当てるのが極度に抵抗があり、
自分自身にはまだ試すことができていません。
単純にビビり過ぎでお恥ずかしいとしか言いようがありません。
(かつて同種の機器をもちいたときに、激痛を味わったことがあり、
そのときのトラウマのせいです。
ビリビリを感じた瞬間、身体がすくんでこわばって自己治療にならないーー;)


ひとまず受け手の方のお宅にマッサージペンを置いてきて、
自身で試用していただいて利用した際の気付いた点などを教えていただく予定です。

そしてさきほどひとつ、フィードバックをメッセージしていただきましたが、
鎮静よりも活性となり、夜寝付けなかったとのこと。
それを含めてなんらかの変化があるということは、
そうした変化現象の理由を突き止めれば容易につかえるようになるはずです。


posted by スズキ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月17日

身体の凝りがハンモックで取れすぎた!? ハンモックの矯正力は恐るべし!!ただ快適に矯正をするにはコツがいるみたいです。


ハンモックで熟睡できるのかというと、
慣れるとしっかり眠れるそうです。

身体の脊柱起立筋群の凝りが自然に緩みだす。
推測ですが、ハンモックに仰向けで横たわる際の腰の中央が後屈し、
ゆりかごに乗るような形状になっている。
同時に自動的にもっとも落ち着く最下点へと身体が移動して、
脊椎の左右差などの歪みが自然矯正されていく。
ひと呼吸ごとに、こうした自然矯正は深まるようだ。
これは仰向けでベッドや布団に寝ているときは寝返りを打って
身体をごろんごろんと動かして起きて活動したときの身体のコリを緩める操作とは、
土台が違ってくる。
つまりハンモックは、身体の左右差を強制的に軽減させるような操作が加わり、
ベッドで寝返り身体を緩めるのは自身の錐体外路系の導きという自分発の操作です。

ベッドで寝返りの場合、うまく加減をして身体のなかのコリをリリースしていくが、
ハンモックは強制的に身体の左右差を緩める矯正力がある。

この2つの違いは、寝返りは過剰なほどのコリをいっきに解くことはしないのだが、
ハンモックは矯正時間の長さと身体内部の現状の大腰筋や起立筋などの抗重力筋の左右差が大きければ、
たとえば人により、一晩中ハンモックでねていたら抗重力筋のコリがいっきに緩みすぎて、
コリ内部の炎症が表面に現れて痛みを覚えるということがでてきます。

なので身体の歪みが少ない人には、ハンモックでの長時間くつろぐのは快適そのものだが、
身体の歪みがそこそこある人には、ハンモックでの長時間にわたる利用は避けてみたい。

ただこれは提案ですが、
ハンモックに横たわるというのが起立筋などの抗重力筋の左右差を拭う矯正と、
呼吸の位置が腹の腰裏という理想位置を自然に覚えられるという調整力がある。
だからハンモックを使う時間を、一日に30分、60分など、
自身の身体への過矯正にならない範囲を見定めるよう注意深く利用してみよう。
たとえば60分利用なら問題ないなら、翌日に90分利用してみる。
すると腰の中が不穏な張りや痛みを感じたら75分の利用にして樣子をみる。
それで大丈夫なら、一週間ほど75分で継続利用していけば、
時期に90分利用しても問題なく身体は変化を受け入れるようになっているだろう。



実際にハンモックをつかって一晩寝て腰がゆるゆるに緩みすぎた過矯正になって
SOSをしてこられた人がいました。
そこからハンモックの矯正力の可能性を感じたものの、
いっきに長時間使い続けると人によっては負担割合がどっと襲ってくるようで、
そこをうまく調整しながら利用したほうがいいな、と感じました。
posted by スズキ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月15日

痰湿と瘀血は血管やリンパ管内のガラクタだった?!



痰湿(たんしつ)」は水分が滞留したまま濁ったり腐るような状態のものをいい、
瘀血(おけつ)」は血液が痰湿と同様に循環が阻害され滞留するなどにより濁り不浄な状態となったものをいう。

水分も血液も、理想的な循環がなされていれば、さらさらと浄化が整うものです。

それが「痰湿」や「瘀血」に幅を利かせられれば、
リンパ管や血管などの中を通る液が粘度を増し異常な不純物を含んで流れをさらに阻害します。

イメージはガラクタが水道管に詰まって流れがひどいって感じでしょうか。
管の中の小石一つでも、流れる水流の勢いを削がれるのに十分な悪影響をおよぼします。
ただし体内の瘀血等は、小石がひとつどころじゃない場合があるんですね。



これら「痰湿」や「瘀血」の状態かどうかは、
舌を診たり、脈を診たり、切診してみたり、問診でわかります。

そしてこうした「痰湿」や「瘀血」が体内にある方々は病となりやすく、
同時に筋膜リリースを施しても効果が維持促進しづらいため、
施術をしはじめのお客様で「痰湿」や「瘀血」があれば、
まずは代謝を賦活させるような施術を通常中心にして樣子をみていきます。
何度かの施術を経て「痰湿」や「瘀血」が体内からだいぶん抜けてきたとなれば、
体質的に安定し始めた状態に移行しているため、
身体のある程度の大きな変化が訪れる施術にも耐えうる状態です。

こうした「痰湿」や「瘀血」の存在は、
日頃の食生活や睡眠時間、お仕事上のマイナスの過剰なストレスなどが続けば、
なかなか思うように軽減しづらくて、そういった場合は自己治療も必要でしょう。
たとえば瘀血ならば、刮痧を使ったセルフマッサージやカッピングをしてみる。
(カッピング道具はAmazon通販で海外物ならかなり安価に手に入ります)
カッピングした後に、青かったり赤かったりどす黒いマークが残るのは、
そちらが体内に遺留しているままとなっていた瘀血です。
吸玉療法やカッピングの本などを参考にして
何度か丁寧にセルフケアでカッピング等していかれれば、
徐々に瘀血のマークが目立たなくなり、
ついにはまったくでなくなります。

そうしてから筋膜リリースを受けるようにすれば、
スムースに身体は改善状態を叶えやすくなるでしょう。
自分でできるところは自分の手でケアをする習慣。
そういった自分の体を詳しく知る機会をもっていれば、
施術を受けるときにもワーカーに様々な質問もでてくるし、
自分の身体をどのよにしていこうかというヴィジョンがもてるでしょう。
posted by スズキ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(テラヘルツの身体への影響がヤバい)って、、、

テラヘルツは、一兆回振動する性質を持つ人工鉱石のこと。
私も2〜3、テラヘルツの刮痧などを持ってますが、
以下の映像ほどは効いた感じはなかったな〜。 ^^;
(もしお時間があったら、見てみてください。楽しそうですから)

こういったすばらしい商品です的な映像を観たあとは
プラシーボ効果が高まって効くのでしょう。



https://youtu.be/sO1nmRepib8?si=cXPSXODjfIFt03sR
テラヘルツの身体への影響がヤバい/美白、肩こり、運動パフォーマンスUPに繋がるかの実験結果は如何に!?



去年の年末に小山八幡様で伐採された葉のついた松の枝をもらってきました。
ほとんどは枯れてしまったのですが、わずか2房の葉のみ青々としています。
3ヶ月以上経って、すばらしい生命力です。

小枝から伸びた松葉をガラス瓶に挿し水のなかにテラヘルツ鉱石、いれてみました。

松葉は若さをキープしてくれるでしょうか?





また、先日、お客様の中に腹巻き状のEMS機器を購入なさったものを持ってきてみせてくださいました。
地価4万円を超えるもので高価ですが、
非常に薄く軽量で蒸れることないし、
多年にわたり使えそうですから。
それにEMSのパッド部分に通電しやすくするために特別な溶剤を塗る必要があるものもございますし、
パッド部分が消耗品として後で新たに買わないとならないものがあるなか、
こちらの腹巻きは水をちょっとだけ吹きかけるだけでよく、メンテナンスが楽です。
そういった判断で購入を決定なさったようです。

私も胴回りにちょっとだけ付けさせていただきましたが、
非常に軽くてつけてるかどうかわからない。
コルセットっぽく見えるが、ぜんぜん窮屈さもなくて快適でつけてるのを忘れるレベル。

このEMSを2週間ほど使い続けられた結果、
お客様の下部腰椎の過剰な前弯がだいぶん減少をしていました。
それもありいつもより腰椎が立っていることで起立筋のバランスが以前のテンションと異なります。
新たな腰がしっかり立った状態に移行しようとしている樣子がうかがい知ることができました

長時間の根を詰めたデスクワークがお仕事の内容ですから、
そうしたときに胴回りには不用意に足を踏ん張って腰を縮めがちになります。
そうした事態が起こっていることを、このEMSのピクピクっていう電気伝導の刺激が教えてくれて、
緊張を緩めてくれているものでしょうか。




昨今の効果が高い健康器具を生活に用いることで、
若さや快適性をキープできるものでしたら。
購入時は清水の舞台でも、あとは幸せそうですね。

ただこういった本当に良い製品に出会うまでに、
使えない物を多数つかんでしまうものなんですよね。
皆様、なにかいいものがあったら、ぜひ、教えてください mm
posted by スズキ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月11日

長生きするためにも、今日、病から身を守る工夫を

みなさま、お元気でしょうか。

現在、『インフルエンザ』や『はしか』そして『コロナウィルス』と、
病原となるウイルスが複合しているという状況。

昨日、病院にいかれたお客様からの報告は、
重装備ウイルス防護服を着用した看護師さんが対応しているそうです。
コロナウィルス対応のおくすりも薬局によっては欠品中だそうです。

私の家から徒歩8分ほどにある旗の台駅近くの昭和医科大学。
一週間前後から救急車のサイレンを昼夜問わず耳にします。
このブログを書いている今も遠方からサイレンが聞こえています。。
コロナ禍と比べれば、少ないものの気になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まったくの余談ですが、
先日の東京農業大学『食と農』の博物館に併設されるバイオリウムに、
50cmほどの(バオバブの木)の苗が1500円で販売されてました。
バオバブの木には花言葉はありません。
1000年以上成長し続けて巨木にもなる。
そう考えると強烈な生命力と長寿の木ともいえるでしょう。
買おうかどうしようか、迷いましたが思いとどめました。

私の家にきても1000年育てられる自信がない。
それを不憫と感じ、買わずにスルーしたんですが。

時間の尺度は生きる時間の長さにより、
それぞれの生物ごとに変わるはずです。
1000年以上生き続けられるバオバブの木に接し、
しずかに瞑想する。
そうするのもよし、
そこまで考えず観葉植物として部屋に飾ってよかったのではと。

命に関わる病を得たならバオバブの木でも枯れるでしょう。
バオバブの木も1000年以上、身を健やかに過ごせる場、
栄養もあり、水もあり、病害虫防除ができるところをえて、
生き続けられるということ。

バオバブの木ばかりではなく、
家庭内の植物栽培も同様で、植生を徹底してよく調べて観察。
そのうえで試行錯誤と工夫を加えながら面倒を見るわけです。
そうすることで生き続けてくれます。


私達の命も、そうした天寿をまっとうする植物と変わらずに、
自身の身体やこころに栄養をあたえ病気からの防衛をしながら
生き続けるのでしょう。
特にはいまは、様々な病原体となるものより、
少しでも身を守るための防衛が大事なときでしょう。


少しずつウイルス由来の疾患がおさまり、
皆様が健やかにお過ごしいただけますようお祈りしております。

posted by スズキ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月07日

都内でワオキツネザルの動作観察ができる博物館。ワオキツネザル!!(ワオッ)っていう運動性能でした!


東京農業大学に
「食と農」の博物館( https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/ )
があります。
世田谷区の馬事公苑近所にある、立派な建物。
建築家の隈研吾氏が設計し館内には隈研吾氏の重厚な本がありました。

食や農業について関心がある方には訪れたことのある人もおられるでしょう。
常設展示と期間ごとの魅力的な企画展でわかれており、


私は一昨日前に、醸造と発酵についての展示を企画展でしていることを知り、
いってまいりました。

発酵食品のサンプル展示や酒造りの模様の大スクリーン展示。
酒造りの道具をさわっていいよというコーナもあり、
体験型のたのしさをあじわうことができました。

すでに醸造と発酵企画展は終了してしまいましたが、
次の企画展のテーマは土壌についてという農業よりです。

興味がある方にはおもしろいけど、そうでもない方には、
土壌と言われても・・・ですね。^^;


そして館の別館的な立地に、
マダガスカルの世界?が広がる植物園および動物園。
温室になっていて
動物はワオキツネザルや他キツネザルがどっさり。
巨大リクガメもいました。
キツネザルの体臭が獣臭いんですが、
かわいいですね〜。
仲間思い。
そしてたのしそうに暮らす様子に癒やされました。


個人的に動作研究として、
最近、赤ちゃんのような四脚歩行のはいはいに
興味関心を深めていた最中。

微妙に思うように行ったりいかなかったりで、
試行錯誤をしているところです。
そのような折でしたので、
しっかりキツネザルの動作を観察してきました。

この子達のすばやさや運動性能、バランス力は神業です。
ネコとは違った観察対象となりました。
ちなみに入館は無料です。

ぜひワオキツネザルを観て癒やされたい方は、
こちらの博物館を訪れてみてくださいね
posted by スズキ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月07日

これからだ。これからの時代の継承者たちに贈り物を送れるか?



テレビに、ロバを自社で飼育して子どもたちに触らせて
自主性を育てようという試みをしていた方がでていた。

その方いわく
『10歳代のこの子達も、10年したら世の中を引っ張る人間になるんだ。
 そんな子達に貴重な経験をさせたいと考えたのです』

5〜6名集まっている子どもたちにロバに触るよう促し、
子どもたちが興味を持ったら自分はすぐその場から離れて見守る。
過剰な手出しはせず、子どもたちが自分でロバとの付き合いを考えるに任せていた。

すると年長の女の子が
『ロバの後ろからなでると、ロバは死角から触られて怖がるからね。
 ロバがみえるところでなでようよ』

そんな思いやりある接し方を年下の子達につたえるシーンが流れていました。
その場の雰囲気があたたかく、子どもたちの自主性とやさしいこころが育つ。
そう感じました。


未来を支える子どもたちへ。。。



そういった行動をなさることは、
未来を明るくすることになると思います。


昨今、知人の施術者と話していて、
こどもだってわかるようなオリジナル整体法を
映像にしてYouTubeチャンネルを作ってよろこんでもらえたらいいなと考えて。

なぜかマヌルネコというかわいいネコのハンドパペットを購入して、
これで目からウロコの落ちるこども用の映像作りたいねということとなり、
上野動物園に行きマヌルネコの動き方を感じ取ってみようとでかけました。
たのしい映像づくりの下準備?です。

こども用の整体メソッド。
頭の中でイメージするのは簡単ですが、
実際に思い通りのものを作るのは大変かなと実感中。
できるかは忙しい時間を割けるどうか等の課題と、
こどもに求められあこがれるものでもないもので。
頓挫の可能性も少なくありません。。。

ですがテレビをみていて、
『10代の子も、10年たてば世の中を牽引するんだ』
という言葉にハッとさせられました。
posted by スズキ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

身体を健康に導くための王道へ進まれている先生もおられるんですね

肥田式強健術を学ぶと、
身体を健康に保つためには以下のような要素が必要だと説かれます。

⑴ 筋肉の発達

⑵ 内臓の壮健

⑶ 皮膚の強靭

⑸ 姿勢の調和

⑷ 体格の均整

⑹ 動作の敏活

⑺ 気力の充実──動の極……されど拘着せず

⑻ 精神の平静──静の極……されど偏執せず


健康を取り戻したり、
維持したり、
促進する方法の王道は、
こうした項目を咀嚼して体現することでしょう。

私自身、極力1っヶ月に一回の施術にお客様が施術を受けに通われることを、
つとめて頻繁とはならないようにする理由の一つは、
足繁く施術院に通い詰めてほしいというより、
施術を受ける受け身以上の自分が取り入れるべきものを見つけ出してほしいという願いがあります。



整体の施術によりおこなわれるケアは、
こうしたさまざま必要とされる項目のうちのわずかな部分。
そう考えております。

先日、近所に私は存じ上げない先生ですが、
興味深い先生がおられることを知りまして。
てくてくとその治療院の所在へと歩いてまいりました。
すると治療は現在は積極的になさっておられる様子はなく、
まさに身体の操作や身体のあり様を学ぶ貴重な座学の提供などに
勢力を費やしておられる様子がうかがい知ることができました。


まさに健康への王道へと人々を導こうという目論見。
それを文字通り実践なさっておられました。
治療よりも運動!身体運用。
それは治療の技術を持つものがなさる身体運用の極意やノウハウを受け取れるということですから。
かなり貴重な場だといえるでしょう。
おもしろい人がいると感心しました!


posted by スズキ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月12日

お腹を温める実践中のお客様

ブログ2024/02/12
昨日、施術中にお客様から、
『お腹、温めてます』というお話を聞きました。

私も、500mlのペットボトル2本にお湯を入れたものを
ダウンジャケットの左右のポケットにいれてお腹を温めてます。

お腹を温めること。

中医学でいえば、病が最奥にいたるという最奥がお腹の五臓六腑の本体。
こちらが代謝不足で血流が悪くなると対象臓器が弱ってくる。
そこからしばらくすると発症というように進行するので、
そうならない未病のうちに温めておこうという試みです。

温めたお湯がダウンジャケット内を適度にあたためてくれて、
暖房を使わなくてもあったかに過ごせることもメリットです。


私がペットボトルで熱をというと、
お客様がペットボトルで温灸をする女性の鍼灸師がいて本もたくさんだしておられ、
とおっしゃっておられました。
その先生のお名前をうかがっても存じ上げない先生でしたが、
ペットボトル温灸の既存出版物があることは知っており図書館で予約していたんですが。
まさにその先生のことをお客様が話してくれていたんだなって、
後に予約本を確認して気づきました。
まさに情報通な方だと、つくづく感心しました。



それともうひとつ。

丹田部分に1キログラムの重しを置くことで、
ここを基点に私は動くよう精進しますというマーキング。
1キログラムの重しがあると動くときに『どすっ』ときます。

気功をなさる方々は、呼吸法をもとに下腹部を膨らませてボリューム感をだし、
そちらに『真人(しんじん)』という仮想の生命を宿す修行があります。
布袋さんなどもそういった修練の末に、あのお腹ができたのかもしれませんね。
『真人(しんじん)』を丁寧に居心地良いように暮らさせるよう工夫すると、
腰裏を伸ばして骨盤底筋の上に乗せることでいごこちよい環境をあたえるたくなります。
もし腰椎という腰骨を腹側に押し付ければ、
真人は硬い腰骨でぐいぐいと攻撃されている感じでいごこちが悪いので、
そうさせないやさしさをもちます。
それがまた大腰筋の活性化を促し、
自身の腰痛を起こさせないような姿勢にもなっているのです。


また、私は持っておりませんが、
臍にお灸というのは中国でも健康法としてひろく取り入れられ、
実践されていることなんです。

それなのでポピュラーな専用器具が多数アマゾンにて見つけることができます。
たとえば、、、伝統的なモグサを使うものもありますが電気じかけの小型のカイロのようなものまで。
posted by スズキ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月07日

川越氷川神社のゼロ磁場探訪、思うに任せず。ですが、

昨日(2024/01/06)、
川越氷川神社】へ初の参拝。
太田道灌の縁もある古社となります。
(何を隠そう私は太田道灌関係の本の多くに目を通し崇敬する者のひとりです^^)
太田道灌公の霊的な感性の強さは知られており、
戦をして負けたという記録がまったくなかった。
同時に人心術にも長けていたようです。
武人であり文にも優れた武将です。

あまり聞かない話ですが、川越氷川神社は、
ゼロ磁場上に設けられた神社と言われます。
ゼロ磁場というと長野県の分杭峠や天河辯財天、
伊勢神宮、高野山、鹿島神宮等の名を連ねます。

ゼロ磁場では心身の邪気をぬぐい病を遠ざけて、
優れてそのものの内なる力を開花させてくれます。
だから川越氷川神社の地に縁ある太田道灌公も、
そうしたゼロ磁場の地にいたから、
特別な機智を得られたのでしょうか?


そこで、私のたわごとですが、

「ゼロ磁場って本当なのかな?
そうなら、 癒やされたい!」

色々、今後を模索するにつけ、
オーバーワーク気味になって、
眼の前がぐるぐるしていまして。
たとえいっときでも、
そうした足場から身体を移したい思いに駆られました。

初詣の参拝も三が日を超えたころ。
川越氷川神社の参拝者数も下火と推察したが、だいぶ混雑。
皆様の信仰心の高さを思い知りました。。。

これでは境内を丁寧にダウジングして
「ここはゼロ磁場かな」といえる
ピンポイントスポット(龍穴)を探索するのには不向きです。

それで急遽現地でマップダウジングを行い、
社殿裏手に2本あるけやきの御神木の一端が、
特別な地場と関係する状態にあると見定めて、
本日の調査終了!
癒やされた感じはなく、
雑踏になった境内で一緒に来たものと離れないよう
必死に声がけするなど右往左往してた感じです。
また後日に再参拝させていただきたいと思いました。




いちおうは、これでも目的が終了。
ただ帰るには時間も早かったため、
氷川神社から歩いて30秒ほどの
ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)https://www.yaoko-net.com/museum/)】に足を伸ばしました。

(ヤオコー)とはスーパーマーケット。
そこはなんとなく美術館の名前を観て察したものの、
展示作品等は一切事前に調べず、入館いたしました。
入館料は、拝観のみ大人300円、500円で拝観およびドリンク付き。
氷川神社内での雑踏を忘れゆっくりしたくて、
500円のドリンク付きで拝観させていただきました。
館内作品の撮影はOK。
フラッシュや三脚等持ち込みは不可です。


足を踏み入れてわかったのですが、
この美術館は画家三栖右嗣氏の作品が展示された美術館。
不勉強な私は、美術館に足を運ぶ前は三栖右嗣氏を存じ上げませんでした。
高度な技法を駆使して描かれた作品に、しばし圧倒されました。
画家は作品背景について詳細に語ることはあまりなかったといいます。
なぜかというと、絵を観ていただけば、それで十分伝えられるという信念があるからと語ります。
まさに作品を見ていて、画家がおっしゃられたとおり。
作品を鑑賞するほどに、観るものの感性が動き出します。

IMG_20240106_145815.jpg

作品には、
【生と死】をテーマにしたものがあり、
画家自身の年老いた母を描いた「老い」という作品に深く胸を打たれました。

IMG_20240106_145607.jpg



思いがけず入館させていただいた美術館でしたが、
今年始めての美術館めぐりとして深く心にしみた次第です。
また機会あらばこちらのヤオコー美術館にも再訪したいと思います。



最後に余談ですが、
画家三栖右嗣氏が紹介されているビデオ(20分ドキュメンタリー)を、
美術館の方にお願いすると見せていただけます。
するとどこかでお会いしたことがありそうな似た方の記憶が蘇りました。
「あっ!合気柔術の岡本眞師範にそっくり。。。」
岡本眞師範といえば、合気柔術の理論的な背景が確固たる先生で技に優れておられます。
画家三栖右嗣氏も、東京藝術大学を卒業され絵画の技術の巧みさはすばらしい。
そしてそういった両者のお顔立ちがどことなく似ておられ、親しみを覚えました。
posted by スズキ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月28日

【経済評論家の森永卓郎さん、すい臓がん『ステージ4』】・・・ネットニュースで飛び込んできた。

【経済評論家の森永卓郎さん、すい臓がん『ステージ4』】・・・ネットニュースで飛び込んできた。



森永卓郎さんがレギュラーを務めるニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」で、
たのしい垣花さんとのトーク。すごく好きなんですよね。
コロナ禍の気分が滅入っていたとき、
森永さんや垣花さんのラジオに助けられました。

それが、まさか、森永さんが!
なんていうことだろう!!
驚きのあまり目を疑いました。



わたしごとですが、
私の母も膵臓がんのステージ4でした。
病院で医師からその宣告を受けたとき、
驚きすぎて現実かゆめかわからないほど。
それから母を自宅で介護しましたが、
もうちょっと長く生きてくださいという願いも虚しく、
半年弱の病との戦いの末に他界いたしました。

すい臓がん、ステージ4の大変さは私も身にしみています。


母のこともあって、
森永さんにすい臓がんとの闘病をがんばってほしい。
切に、そう感じてます。



posted by スズキ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月17日

シン富裕層になる人は、小さな成功と小さな失敗を経ているって!?

【羽鳥慎一のモーニングショー】で(シン富裕層)について特集されていました。
昔ながらの富裕層は、高学歴でいい服を着て、高級時計に高級車、そして大豪邸。
それが現代のシン富裕層と呼ばれる金融資産のみで億を超えて所有する人の多くは、
学歴はそこそこで、庶民的な服を着て、車種にこだわらず大衆車、一般層と同じ程度の家に住む。
自分が富裕層だと感づかれると、詐欺師の標的にされたり身内や有人との金銭トラブルが舞い込む。
それにシン富裕層になったたことで友人に距離を置かれたくもない。
だから結局、見た目では富裕層と思えないような出で立ちで街を歩いている。

そんなシン富裕層、どんな仕事をしているかというと、
本業でかせぎが大きい人よりも、副業をネット上でおこなうものが多いそうです。


かといって特殊な頭の良さがあるかといえばそうでもなく、
独自なニッチ分野を見出して行動し、
地道に小さな失敗と小さな成功の量をつみあげたことで、
重要な決断が必要な状況で的確な判断ができるようになったという。

大きな失敗をするとシン富裕層から退場しなければならなくなるが、
小さな失敗を恐れて行動が鈍ったものはシン富裕層になれはしない。

自分は成功ばかりできる人間ではなく失敗もする弱さがあることを知り、
それをつねづね、前向きな努力で補っていく。
それが習慣化したとき小さな成功や失敗は勝ちに欠かせない知財となり、
そうしてシン富裕層に自分を押し上げた者たちが多いという。

楽してかっこよく、成功だけしかしないっていうものはシン富裕層になれるものじゃない。


私はシン富裕層の方々がまっとうな努力をした末に財を成したと聞いて、
そこに親しみを覚えました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、、、
私にはこの話って、シン富裕層になりたい人だけに参考になるものでもないと感じました。


コーチングの勉強をしたとき、
【成功体験以上に失敗体験からより多くの気づきが得られ、変化や改善の原資となる】
成功からは学ぶものは少なく、失敗からさえも学ぶ気があるものは伸びるといいます。



身体の使い方の修練や身体を扱う施術を研究するうえでもいえているでしょう。

小さな失敗を経て成功を勝ち得る力を、いち早く養成できたものになることが求められています。

なんとなく、そんな気がするこの頃です。^^
posted by スズキ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月05日

素霊記念館の見学、行ってきました

8月3日に【東洋鍼灸専門学校 素霊記念館】へ見学へ。
https://www.toyoshinkyu.ac.jp/about/museum/

柳谷素霊(やなぎやそれい)先生という鍼灸に多大な貢献をなさった方のあゆみが
パネルや映像で紹介されております。
私は、詳細までは柳谷素霊先生について存じ上げておりませんでしたが、
記念館でお人柄を知る機会を得てよい機会を得られたとよろこんでおります。
経絡人形や鍼灸の道具に古典的名著なども展示されており、
学校関係者以外の一般の方にも予約制で見学させていただけます。
東洋医学に関心深い方ならば一度足を運んでいただきたいですね。

展示された経絡人形には、経穴部にまち針が打ってあり、
経穴を結ぶ経絡には糸で張られていた。
おそらくツボっていわれる落ちくぼむほうがツボらしい表現かもしれないが、
経穴にまち針が打たれると立体的に経穴が手でさわって理解しやすくなるため、
目が不自由な方がこの経絡人形を手で触って経穴の位置を学ぶにはすぐれた工夫がなされていると感じました。
なおかつ経絡のつらなりを糸を張って浮かび上がらせて触ってわかるようにしてある点は、いいアイデアです。
私も自宅に帰ったら自分の持つ経絡人形にまち針を打って勉強に励もうかと考えました。






見学からの帰り道、
寄り道して【アジアスーパーストアー】へ。
こちらはタイや東南アジア関係の食品や食器その他が手に入るお店です。
様々ある香辛料やペースト状のトムヤムクン等、惹かれるものもあるが、
生のホーリーバジル、レモングラスのスティック、それにしょうが科のガチャイを購入。
ホーリーバジルやレモングラスはハーブティ用です。
乾燥したものと生では風味が段違いだから新鮮なままパック詰めし
販売しているアジアスーパーストアーにいくとつい手が出るんです。
ガチャイについて、店で手に取るまで存じ上げませんでしたが、どんな食味か知りたくて購入。
帰宅後ガチャイをかじってみると、シャクシャクしてそのままでも食べやすくて辛すぎない。
漢方の生薬にもなるもののようですが、食材として普通に気に入りました。
いろんな東南アジア系のめずらしいナマの野菜やハーブが気軽な値段で手にいれることができ、
アジアスーパーストアーはたまりませんね〜


posted by スズキ at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月03日

熱中症になったら、将来の白内障リスクが( 4倍 )も増えるそうです

今朝、羽鳥慎一のモーニングショーをみていたら、
熱中症』の特集でした。

連日の35度超え猛暑が、いま、熱中症を患う方が増加しており、
熱中症が白内障リスクを、熱中症にかかったことがない方の4倍に押し上げるといいます。
そうしたビッグデータ解析がなされているという。
目玉焼きをつくるときの白身にたとえて、
白身が加熱されると白身のタンパク質が透明から白くなります。
解説では卵の透明な白身越しに透けて新聞が読める絵と、
卵の白身が固まって白濁して透けていたら見えた新聞が判読できなくなるシーン。
直感で視覚的にこんな変化が起きることを知らせてくれる。
こうした目玉焼きの白身と同様な変化が、
熱中症になると眼球内のたんぱく質に起きてしまい、
正常な透明から熱で変質凝固して白濁するといいます。

あまりにわかりやすい例えで、あっけにとられました。



合気道をなさっておられる知り合いのご年配の方で、
白内障になり片目が視力および視界が悪くなって、
『いままで培ってきた合気道の技をかけたくても難しくなったよ』
とおっしゃられて道場に通うことができなくなり寂しそうだったことを覚えています。

長い年月をかけて磨き続けた技が、
白内障で手放すとは考えてもおらず無念でしょう。。。


その方からのお話を伺ったあと、
眼は大事だと痛感した記憶があります。
それもあり熱中症予防へ注意を高めて、
切実な白内障になりたくない気持から強固になりました。


みなさまも、白内障予防の意味を含めた熱中症対策。
私にいわれるまでもないと思いますが、
がんばってください!


posted by スズキ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月28日

個人的に認識の足らなさから穴があったら入りたい気持ちになりましたお話です

今日も暑いですねー。

私の家の屋上屋根の100wのソーラーパネル。

日照が良い時間でも50ワット前後の発電量ですが
今日は60ワットを越えて63ワットへ。
いままで見たこともない数値で驚きました。

屋外の直射日光の激しさがうかがい知ることができます。
発電量の増加を素直にはよろこべませんよね。


あとひとつ、昨日、驚いたことがありました。

最近、私と競って?経絡・経穴の学習をしている方に
以下の映像を観るように勧められました。



私の5〜6名おられる鍼灸師の免許を持つ先生方には、
多くは中医学の勉強に卓越した方々が大半です。
患部へ鍼を刺す姿を見せていただきました。
鍼を刺す患部や状態により刺す深さは異なりますが、
確か5ミリ〜数センチの深さと記憶しています。

そうした見学を元に鍼とはこのような深さに鍼を送り込み
皮下の治療をなさられるものと思っておりました。

それはそれでもちろんのこと、
認識が誤っているわけではありません。
ですが次の映像を観て、
認識した幅が浅かったことに気付かされました。





https://youtu.be/seKuMhDJvKQ
『杉山和一の鍼灸テクニック』実技


鍼治療の実技講習を余すところなく見せていただけるとは
ほんとうにこころより感謝です。
1時間12分を超える長編ですので、
一般の方がご覧いただくことは難しいかとは思いますが、
私にとって大変に興味深い実技講習映像でした。

まず、こちらの映像を観て、
私は、目が点になりました。

実技講習で先生が鍼を打つ映像をみると、
鍼の先が刺さる深さが1〜2ミリほど。
『日本の鍼は浅い』とお伺いしたことがありましたが、
これほど浅い層の治療で治すものなのかと驚きました。


私がイメージした鍼の患部へのアプローチ概念が、
音を立てて変化した瞬間です。

正直に言うと、
鍼のことを多少のことは知ってるつもりになっていた自分が恥ずかしく、
穴があったら入りたい気分です。
私自身、杉山和一流の鍼のことをいままでまったく知らないまま、
杉山和一総検校のお墓参りや祀られた江島杉山神社にお参りしていたのです。
誠に失礼なことをいたしておりました。

少なくとも、そのことに気づけて幸いでした。


私は実技講習をなさっておられる先生の腹診の本は読ませていただいており、
本の中の語り口からおだやかで素敵な先生なのではと想像していたのですが、
映像中の手技をなさる様子からもそうしたお人柄がうかがえました。

近いうちに杉山流の鍼灸師様の治療を受けに脚を運びたいと考えています。

posted by スズキ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月25日

江島杉山神社の『鍼灸あん摩博物館』を見学させていただきました

昨日、本所一つ目の『江島杉山神社』へお参りへ。


IMG_20230724_143042.jpg

ご祭神は、江ノ島の市杵島比売命(弁財天)杉山和一総検校
杉山総検校は江戸時代に徳川綱吉への鍼灸治療をなし、
そして目の不自由な方々へ鍼灸の技術を教える講習所を創った方です。
若かき杉山総検校が当時弟子入りした先生により
鍼灸師に向いていないといわれ里に帰された途中、
江ノ島にて修行をなさり弁財天のご加護をもって独自の鍼法を編み出したと言います。

鍼灸按摩に縁の深い神社で参道の石に鍼灸の先生方やその団体名が
はいったものが多く見受けられました。



こちらの神社の特徴として
社務所2階に鍼灸治療院があり、昨日は多くの患者さまが訪れておられました。
同様に2階に『鍼灸あん摩博物館』が併設されており見学させていただけます。
東洋医学を勉強なさっておられる方は一度足を運んでいただければと思います。
『鍼灸あん摩博物館』を見学させていただくとき、
社務所の方に見学希望の旨をお伝えください。
見学希望来訪者の記名をしていただき、
中に入る際にスリッパに履き替えます。



多くの鍼灸に関する価値ある資料が展示されておりまして、
手で触って経絡線と経穴の位置がわかる経絡人形。
点字で書かれた院内のごあんない冊子。
展示物解説を音声でしていただけるペンとシート。
徳川綱吉直筆の(大弁才天)というたくましい毛筆の額。
中国医学書に鍼灸治療道具など、他にも様々な展示物。


IMG_20230724_133827.jpg


IMG_20230724_133832.jpg

IMG_20230724_132419.jpg

IMG_20230724_133402.jpg




最近、経穴や経絡の勉強を再度学びなおしておりますが、
目のご不自由な杉山和一総検校さまなどの方々は、
本を開いてみたり映像で学ぶことができなかったのです。
または本の端がすり切れてしまうほど読み返された鍼灸の本の一冊の本が展示してあり、
そうした数々の努力の末に学びを深め治療をなさっておられた先生方の努力を感じ取ることができる場でした。

胆経などいくつかの経穴や経絡などを、
うまく覚えられないと嘆いていた私の努力のつたなさを感じています。


最後に、館の方が見学させていただく際に親切にしていただきました。
そのおこころにふれて、大変にありがたく感じました。
posted by スズキ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月06日

朝倉彫塑館の生誕像をみると感じてしまうこと

都内では梅雨が継続中。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
梅雨のじめじめからバテ始めることってあります。
動いてもだるいし、動かなくてもだるい、、、。
なかなか始末に負えない体調を持て余すときです。

数日前『朝倉彫塑館(https://www.taitocity.net/zaidan/asakura/)』へ。


https://youtu.be/E1PAXWakwko


人それぞれ、芸術作品との向き合い方があると思います。
自分自身を振り返って、ほんとうに人それぞれなんだと感じるところです。


私が気に入っております作品のひとつに、
釈迦が生まれたときに天地を指さし、天上天下唯我独尊と唱えたといういわれがモチーフの
作品(生誕)という筋骨たくましい等身大男性裸像があります。
上掲させていただきました映像で最初に出てくる像です。


この像。

ぐるりと裏側にも回ってみる。
しばらくじーっと見ていると、
私には経絡人形をみるときの経絡の線が見えてきます。
邪道な見方ですが『こんな等身大経絡人形ほしいよなぁ。。。』
そういった感情がわき起こり、物欲しそうな目つきで作品の周囲をぐるぐる回り続け眺めます。


流注という体内を巡る経絡の配置を頭に入れるときに、
どちらの経絡同士がこの部位で交わるとか、
どこで臓器に入るのか。

なぜ、こんなにも多くの経絡が体の中を走っているのだろう?

十二正経や奇経八脈(きけいはちみゃく)から、
もうちょっと範囲を広げて絡脈までひとつの像で描き込みます。
そうした線が体内を透かして見る工夫した半透明像があれば、
直感的に、患者さまの体とその像がひもづけられたとすれば。。。

このような経絡が仕込まれ創造されなければならなかった背景があります。
一見しただけでは複雑怪奇なものに見えてしまうが、
それらがもつ機能を探り背景の理解が進むと、
それが施術に使える幅がでてきそうな気がします。







余談ですが、

ザクロ(nippori-zakuro.com)という夜はベリーダンスのショーをすることで有名なレストランにてランチ。
店内、高価な絨毯がしきつめられ、独特なステンドグラス調の照明器具が多数つり下がっています。

そこの陽気なトルコ人オーナーに、いじりまくられた。。。笑
場を和ませてもりあげるサービス精神が旺盛。
そんなお客をずけずけといじり倒しながら笑いをとっていくスタイルが定着していて、
そこになじめる人が引きつけられてリピーターも多いんでしょうね。

料理は贅沢ランチを注文したんですが、油が使われてない蒸し鶏丸々という感じ。
こんなに食べられないなと思えるボリュームですが、食べ終わっても胃がもたれない。

とてもおいしかったですよ〜。
posted by スズキ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月03日

神経内部を行き交うのは電気?それだけ??

先月末あたりにTEPCOから
電気料金の引き上げや各種割引制度の廃止のお知らせのハガキが届きました。

東京ガスから電気を買う契約をしている人のところでは、
そちらはいまはTEPCOから移る契約者を引き寄せるためか、
料金の引き上げ率はTEPCOよりだいぶ低くなっていてリーズナブルです。
東京ガス、今後の思惑があって仕掛けてきてますね〜


そして気づけばもう7月です。
本日、東京の私の自宅、暑いです。
爽やかな風で息苦しさはありませんが、
現在12時50分室温32度弱の暑さ。。。

ただひとつ、うれしいことがあります。

屋上の屋根に100wのソーラーパネルと25wのソーラーパネルを置き、
ポータブル電源に蓄電中です。
ポータブル電源にソーラーパネルで発電された電気をそのまま
2機のタブレットや扇風機に送る機能で電気利用中。
今の時期、施術のときの砭石温熱器に使っている電力も、
ポータブル電源の蓄電量が高いときはそこ’から使ってます。
おかげさまでわずかですが電気を買う量を減らせています。
小さなポータブル電源しか持ってなかったため、
早々にバッテリーが満杯の100%で充電できなくなります。
必要に迫られて500wのポータブル電源を買い足しました。
部屋のものを少なくしたくてだいぶ処分したんですが、
どーんと存在感あるポータブル電源が鎮座しています。

皆様も、色々なやり方で、
無理なく楽しく節電を実行しているのでしょう。




話は変わりまして。

耐えて勉強して身につけばぱっと見通しが効いて楽しくなる東洋医学。

そんな東洋医学の基礎中の基礎を、
ポータブル電源の電力で動くタブレットでYouTube映像の視聴を中心にして学ぶこの頃です。
本を読む、、、より、だいぶん記憶に残りやすく理解がしやすいのです。
なかでも東洋医学の基礎を学ぶおすすめは、円龍(まどかりゅう)さんのチャンネル。
軽妙な発話が耳に届きやすく教科書的内容が苦もなく頭に入ります。

東洋医学を勉強していると、
経絡学説や蔵象学説など多彩な人体理解を深める多面的な学習内容。
ただ他流のワタシには(神経学的な学科分類)が
取り上げられてないような気がしてなりません。
東洋医学を学ぶ人たちは解剖生理学も学びます。
そのとき各神経の位置や役割を学ぶ機会はありますから、
そちらで学ぶんだからいいんじゃないかと思いもありますが。。。

ただオステオパシーやカイロプラクティックの手技を使うに際し、
神経について頭に叩き込んでつかわないと臨床での効きがないことも。
そうしたことが珍しくない。

認知上消えたり誤作動を生む神経感覚器官が人間の体の中には多く存在しています。
神経上の電位低下等によって生じる麻痺や感受性異常が発端となります。
この状態に陥ると、本人的には不調感はあっても何が引き金かわからず、
または炎症反応の強い状態まで進んだ組織の神経もその箇所を区切る壁のため
神経はダメージを授かった箇所を把握できずに病状が進行するステージにいる。
基本的には私の筋膜リリースでは、そうした不感受性の高まりから生じる誤動作や動作不良、
動作不能に親しい状態部分の状態をすくいあげるのが仕事という側面が多大にあります。
実際の話し、そこを突っ込まないで主訴の対応で十分お客様は納得できるでしょう。
むしろ、痛くも痒くもない、本人が予想打にしていなかった麻痺した炎症箇所を持つ組織を観るのはつらいことであって、
お客様自身の本心としては『やめてぇ〜、そこ、突っついちゃ反則だからね』と訴えかけてこられることもありますから。
そうなると、その奥になにかしらがあるのをわかりつつも、無理をしすぎずにそこで止めるわけです。
(じゅうぶん無理したわよ!)と思われることもありますが、、、
放置して勝手に改善しないレベルのコロニーになっているときなどもあって、
失調したり停滞した箇所があるとわかって放置してしまう罪悪感が私に襲ってきています。
そことの駆け引きや、所々の兼ね合いでギリギリのラインを見ようとしていまして。。。
申し訳ありません!!
私が指先で感じ取っている患部の電気的な状態をお客様も感じられたとしたら、
もう少しだけ私よりの見方ができるようなこともでてきて、
リリースを受けたことでその後に始まる改善の波や悪化の阻止をリアルに感じとれることでしょう。


そんなとき、私が患部をさわる指先では、筋組織の状態を読むと同時に、
正常な電位が底で保たれているかどうか。
正確な電位をはかるテスターを手先につけて仕事をしているわけじゃないですが、
人の目には見えなくても実際に神経の様子を感じ取りながらの情報をもとに施術をします。
切診のひとつと含まれる手から得る貴重な神経系に関する情報といえるのか。。。
はたまた点字を指先で読むのと同じような捉え方で、
そこに書いてある意味内容を組み上げて訴えてきてくれることもあります。
へんな言い方をするようですが、
意味のあるデジタルデータが行き交う光ファイバーケーブル内の情報通信網のようなものが人体にもあり、
そこの情報をわずかだけ支線を繋げて読み取っているかのように感じることもあります。
経筋からもそうした受け取りができるように感じますが、
神経の末端などからもそうした情報らしきものを感じることもあります。
おそらく経筋は、その読み方がテキスト化されているので知識からです。
ですが神経由来で感じ取ったと感じられた情報は、
私にとってどういう現象であるかわかりかねます。

体内に蔵する電気。
組織中の電気もありますが、神経を通る電気の存在感は強さが違って感じられます。
神経内部を通る情報伝達、その上での組織機能の発揮が繰り広げられていますから、
私はつぶさに解剖図中から抜き出して観察する習慣がついております。
そういった神経の話が東洋医学の内容からは今のところ観られないのですが、
そこは(中医学で言うところの『気』)に含まれるものなのでしょうか。

posted by スズキ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月30日

『食生活による身体の退化』という本について。。。

私の食文化にくわしい知り合いについてですが、その知り合いは、いま、
ウェストン・プライスというアメリカ人歯医者の本をていねいに読んでいます。
「食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響」という本で、
和訳したものも出版されています。
先日、私も農文教書店でみた本ですが、私はこちらの本に載せられた文明食を食べる前の伝統食をいただいた人と文明食を取った人。
その写真の違いをみて、ただただ驚愕したわけでしたが高額な本だったため買わずにいました。。。
まさか品川区立図書館が、この本を持っていたとは・・・気づかなかった。



プライス医師は、自腹で世界各国の伝統食を食べる人を調べ、そうした伝統食を食べていた方が文明食を食べてどうなったかを、
写真等を撮影し残しました。
そのうえで伝統食をとる者の継承者からどのような食べものを得て、どう食べてきたかを調査し、
そうした面を下地に伝統食に含まれる栄養素を調べることで食生活により身体がどのような推移をしたかを詳説しておられます。



かいつまんで興味深い話を聞かせてもらったら、
文明食に染まった私には絶望的な話にも聞こえてくる内容です。
素直に健康的な人生を食生活をもって改良するには知らないで済ませることはできないと感じました。


身体の退化が食生活によりおきているときは、
そうした局面を打開するにはどうすればいい?



どこから手を着けなければ、
いまは見当がつきませんが、
ここへの軸をはずしたなら、
各種の健康法が砂上の楼閣のようだと思えてきます。



根になる本質がみえずに上辺をみていたなら、
目的の高さの健康レベルに達する途中で迷宮に入る。
そんなところを感じさせられました。



ちなみにのぶながさんという栄養学に精通したYouTube発信をしている方の人生を変えた本といわれるもののなかにも、
こちらのプライス博士の本が紹介されていました。

https://youtu.be/Jpcn5Agtkwc
posted by スズキ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする