2021年04月12日

最近買った、お客様用のフェイスタオル洗濯にいい白い二層式洗濯機。

最近買って失敗したもの。


お客様用のフェイスタオル。
ちゃんとほかの洗濯物とは仕訳けて洗濯ネットに入れて洗濯しています。



でも10日ほど前のこと、いきなり洗濯機が故障し、スイッチが入らない。
勝手な見立てでは、本体内部の排水部分に詰まりが出ているのではないか。

8年ほど使っている洗濯機。
いちおうメーカーからは7年ほどで買い替えが勧められているようです。
それは一部が壊れて修理に出しても他がすぐに壊れる時期が来たという、
悪魔のようなささやきにも聞こえてきます。

製造中止となった機種の部品をメーカーが取っておくのが、
故障の対応をするか買い替えをしたほうがいいというかの境目です。




洗濯機を買い替えようと考えたのですが、
そもそも狭い家で屋外の風雨がさらされる場所に洗濯機を配置して、
洗濯機の劣化は著しい。




ならば「小型二層式洗濯機」を浴室へ設置してみよう。




今どきの「二槽式洗濯機」は「1万円以下」で買える。別洗い用に最適?な格安洗濯機をAmazonで買ってみた

使ってみての感想。
全自動より、水は少なくてすむのはありがたいです。
洗いと脱水が同時に作業できるというのも、いい。

汚れ落ちがいまいちです。つけおき洗いを必要とするものもでてきます。

脱水の作法があります。鬼のように手で絞って水けを抜いてから入れないと洗濯機が振動して歩きだすのです。
けたたましい洗濯機を、なだめすかしつつ、
3リットルという少量の洗濯物を洗っては排水し、すすいで排水し、鬼のように絞って脱水へ移すを何度も繰り返す。
目が回る忙しい2時間を過ごしました。


タオルを数枚洗濯をするなら、洗ったタオルを絞れば脱水層の洗濯物の偏りもなく振動もほぼなくて快適です。



そうか!これは、お客様のフェイスタオル用にベストチョイスだったんだ!
そのように悟りました。
確かに、フェイスタオルとかマスク数枚の洗濯をする用途としては、これは最高にいいですね。


この洗濯機が届く数日前、たらいでゴシゴシして洗濯を試みて。
手で洗うより文明の利器なんだという感謝はあります。
ですが、浴室が狭くなりすぎて別の洗濯機を注文することも内心考え始めていて。。。

どえらいサイズ感のある中途半端な買い物をしたと、我ながら驚いています。


ただ、他院の先生方でも洗濯機でフェイスタオルを洗っている方はいるはず。

フェイスタオル洗濯用途は、水の消費は少量で短時間の洗濯ができエコです。

お勧めです。



一人暮らし用にもいいと商品説明にありましたが、
使ってみて「そうとはいえない。いいたくない」と実感中です。




posted by スズキ at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年がかりで中医の本、中医内科学と中医腫瘍学を、読むことができました。 ^-^

中医学の中医腫瘍学を含め、中医内科学の本を一年前に購入したものを、
いまさっき、一通り目を通せました。



中医学での内科的な治療法の本



中医学での内科的な治療法をベースにした悪性腫瘍の治療法の本


中医内科学」の理解を深められなければ「臨床家のための中医腫瘍学」は、読んでも無駄だと、知り合いの中医に明るい薬剤師にアドバイスをいただいたことがあります。
たしかに、その通りでした。



残念ですが、
中医学の基礎力が備わっていない私には、
これらの本の意味内容を深くまでは読みこなせてはいません。
一年かけて、少しずつ丁寧にみてきたものの。。。です。



中医学の基礎を学びとるにも、そのボリュウームもさることながら、
まったくの未知の概念を本で学ぶことの難しさは半端ではない。
最低でも3年はかかると脈診を習った先生は言っておられました。
その最低でもというのはまじめに日々5〜6時間中医学基礎入門など名著を読み込んで、
徐々に自分の血肉とその知識を習得できるのです。

まだそんな本を読みだして一年強の私は、初学者といえます。
本を端から丁寧に読み込むため学習スピードが遅く、基礎を丁寧に習得するのは3年でも足らない。

なので残念ながら中医内科学や中医腫瘍学の本は、
応用がきかないがとにかく丸暗記に徹しました。
パソコンにテキストとして打ち込んでも記憶に残らなくて、
時間はかかるけど手書きでノートに書き写しつづけるのです。




筋膜をリリースします!というボディワーカーの私ですから、
そのような者が中医内科学は必要ないだろうと私が習った脈診の先生も思われていたようです。

脈診ならば、ときには役立てられることもあるでしょう。
ですが、方剤等を処方することができる薬剤師でもない私ですから。
まったくもって、先生のお考えの通りです。




中医内科学と中医腫瘍学の読み込みに貴重な時間の多くを割いても、
お客様がそこを私に期待しているわけではありません。

なんら資格のない私が、中途半端な知識でお客様に何かをいおうというのは、
益の大きさよりも害の大きさのほうが勝るのです。
ただし人を見立てるための基礎を学ばない理由に、
それを唱えるべきではない。

スポーツのテニスなどの球技でも、最初はうまくできないが、
有意義な練習を積むことでうまくなっていくのです。
そういった練習過程が非難されるわけではない。
情熱をもって自らを動かす努力はしたほうがいい。
私は、そう感じます。




ただ中医腫瘍学を、自身で学びたくなったきっかけがあるのです。

私事で恐縮ですが、
数日で3回忌を迎えるすい臓がんで他界した母を中医学を学ばれた鍼灸師の先生にお願いしたとき。
私には中医学で腫瘍をどのような見立てをするのか、そしてどのような対処をするのか。
そのようなことをまったくわかっていない。
とにかく、私の力不足から他の先生を頼りたい気持ちが大きい時期でした。

西洋医学でも手の施しようがないということで、がん治療については一切治療はなく、
唯一、私が施術で母の固まりだした四肢末端を緩め、代謝をよくするようなことをしていました。
そうやって、手をかけてあげることくらいしかできなかったときの思いは、
「このような難病は、ごめん、私には治すことができないんだよ。
 でも、できるだけのことは手をかけて行きたいから、付き合ってください」でした。


鍼の先生にお願いしても、病状悪化が進み過ぎて発見されるすい臓がん。
健康状態が末期のため、通えたのも3度だけでした。
それでは腕の立つ鍼の先生も、治療で改善への協力をしたくても難しい。
ただそのような際でも、つねに気持ちを穏やかにしてくれるよう、
やさしく話しかけてくれていた先生のことを思い出します。



まったく中医学で腫瘍をどうみるかがわからなかったため、
先生がパソコンに症状やその日の対処をなさった場所を記録をしている内容を横でみていても、
それが母の状態の良し悪しをどう見ていてのことなのかが、私には判断ができませんでした。
なので質問をしたかったのですが、
母がいてその質問と回答を耳にすることとなり、私が質問からネガティブな印象が語られては母には忍びない。



そのとき思ったのは、
いずれ、まとまった時間ができたとき。
 中医内科学と中医腫瘍学の本を買って、
 少しずつ自分のペースで読んでみよう。
」でした。



コロナのため休業をさせていただいた期間が、
そのまとまった中医内科学と中医腫瘍学を、
つっかえながら基礎の中医学入門の本に帰りつつ読むことを許された時間となり、読み終えることができました。

おかげさまで知らなかった内科的な知識も量が増しましたし、
ひとつ、真剣に学び身につけたい目標として誓願したものに、
一区切りをつけることができました。



惜しむらくは、母の看病中に私がすでにこの本を読んでいたなら、
私のアプローチすべきところが絞れていたことでしょう。
当時は深い視野がきかず、
一手ごとに丁寧に施術はしていても、
果たしてこれが正解かと迷い苦しんでいた。
そういった手技の選択も当時より今のほうが的確にすることができます。
身内に対しては、という限定事項だから許してもらえそうなことですが、
そこは、わかりました。



コロナのまん延防止もあって、
数日後に母の命日、三回忌をひとりで墓参りにいくにとどめる予定です。
その墓前で、すがすがしく賢くなったと伝えようと思っています。
posted by スズキ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

ベン石温熱器と排酸棒と真鍮製スティックの連携に至った発端は・・・過去、鍼灸の先生にいわれたことが、胸に残っていたから

ベン石温熱器と排酸棒と真鍮製スティックの連携に至った発端は、、、話すと長くなりますから、
お時間がない方はスルーなさってください。 m__m;;




ベン石温熱器
ベン石」は、民間から医療機関まで、
多くの中国人に愛用されているマッサージツールです。


筋肉のコンディションを、実証と虚証のふたつに分類すると。
炎症を起こした熱を持つ「実証」、硬結として硬化が進んだ冷えた患部となる「虚証」。。。となります。

ベン石の特徴は特殊な微量元素等組成成分を含む素材であることにより、その「実証・虚証」ともに、すぐれた対処性を持ちます。
黄帝内経という古典といわれる中医学書のなかでも、とりわけ重視されている書中に端的にベン石のよさを記してあります。
現代では中国の研究機関によりベン石を詳細な成分を究明して、利用の有効性をデータで証明しています。



ベン石には、石を温めて患部に当て患部の血行を改善させて毒素を排泄させる重要な機能を発揮します。


古来にベン石を含む砕石地でベン石が取れなくなってベン石の伝統が廃れたのですが、
そのときに温められたベン石のかわりにもぐさを使ったお灸を代用としてもちいたといわれています。

それがベン石が「お灸の原型」といわれ、ベン石を加熱したときの筋硬化等を緩める力が目覚ましい。
電力でベン石を加熱して、お灸の原型効果を簡単にかなえてくれるのが【 ベン石温熱器 】です。


ただベン石温熱器のヘッド部分では、ミリ単位のピンポイント、つまり点的に刺激を加えるというのが苦手。
それはベン石のヘッドサイズが2センチ〜8センチほどと、面的に患部への接触となる関係に寄ります。


精密な極小単位の患部のピンポイントを狙い撃つことができず、
接触面が大きいため刺激がぼけてしまうというネックを補う必要があります。


そこで私の自作した「真鍮製のスティック」と「排酸棒」をもちいています。

真鍮製スティック」は、それほど強く圧することがなくても、電気的な気といえるような作用が神経につたわるため、
興奮して硬直が止まなくなった患部を神経的にリセットが進む。
それはそれをもつ使い手の力量により、効果が段違いとなる面白いものです。
まさにミリ単位の半部ほどの定点的に気を欠けた気を与え通せる場を見つけていく。
そのような感覚や触覚がなければ、
ほぼこのスティックは単に工具です。
強い気が出せる施術者であるかどうかも、それを活かせる要素になります。
不思議な成果を醸し出すものです。

こちらを使ってピンポイントにフックされたトリガーポイント内の硬結部分を外していきます。
かなりテクニカルな知識や経験が求められるでしょう。



それに対して「排酸棒」。
こちらは、線を引くようなラインを描く感じで、広く患部を含む部位を擦ることで成果が出せる。
「真鍮製スティック」では、ミリ単位の患部のフックポイントをとらえることで、
さっきまであった硬結を含むその部位の関連筋までもが「さっ」と失せるように柔軟化する。
反面、ミリ単位の見極めができなければ、まったく効き目は発揮できない。
だから私はこの点を取るときに、多くは目をつぶって眼球を上に向けて神経を集中し、
患部内部の状態を感知するため膨大なエネルギーを消費します。

排酸棒」でももちろん患部の状態を正確に把握できたほうが成果がでるのは理想的です。
ですが「排酸棒」は、そのピンポイントを含む周囲を的確に線を引くよう直線を描く。
そうすることで「真鍮製スティック」当たらなければならないようなピンポイントのフックポイントがみつけられない方でも、
患部の周囲を広くアプローチエリアとしてとらえ、
同時に数ミリから数センチ皮膚表面から奥に刺激を潜らせるのが容易にできるため、
効率的に刺激を加えるのが得意です。

排酸棒」の先端部の磁界の影響で興奮した患部の神経が抑えられ、
タダの磁気のないスチールよりも心なしか痛さが軽減して感じられるのもありがたい。




つまり、「ベン石温熱器」で、
「実証として最近に固まった炎症を発する筋肉」や「虚証として蓄積し続けた硬化し冷えたしこり化した筋肉」を、
まずは大胆にリセットをすることを先行させる。
そうして大きく問題となる部位の下地を緩めアウトラインを引いていく。

それから靭帯が硬化しているところには「真鍮製スティック」の円のムーブでリリースを図り、
広範囲にわたるしこりや問題があるところを線的に「排酸棒」の線のムーブでリリースを図る。


そのようにすることで、当社比で、数年前では解くという概念がなかった部分があからさまに解ける範疇化していった。

ただ「ベン石温熱器」「真鍮製スティック」「排酸棒」と、3つの道具を使い分け、丁寧な仕事で解いていくには、
私が当初、想定していた以上の時間と労力、そして集中力がかかることになります。

そこをマネージメントしていくことができるよう考えていこうと思っています。






あと、ここからは蛇足です。

先日、同業者の整体の先生から「鈴木さんは、なんだかいつも、へんてきなことを考えだしてるようだけど、どういう思考をしてるの?」

といわれてしまった。

自分らしさやありたい自分の姿を描くことで、何らかの発見を繰り返していると、、、いえればいいのですが。
そうでもないのです。

昨日の自分が絶対にやらない新しいことを意図的にやる、
または既にある技術でも組み合わせたり切り口を編集し最適化させるような深堀をする。

そんな方式で「アイデアを一日に必ず3つかそれ以上アウトプットし続ける」だけです。
たったそれだけです。
それを20年間続けています。

そういったアイデアは稚拙なものでもよいしそういったものが多いのですが、
かならず試行で結果を見て検証して終える。
それがルールです。
使えるかどうかは「勝手な想像上の思い込み」で批判却下するのは駄目です。
それこそ時間と労力をどぶに捨てたといえるほど、益のないことになります。

アイデアは試行され過半数が企画倒れ化して誰の日の目もみることはありません。
私のマインドの引き出しにきっちりとしまわれます。

ただそういう小さな経験値を得て自力の足で登ると、
他の先生と自分を比較してダメ出しして肩を落としモチベーションを陰らせる必要が消えます。
たった一人のライバルは昨日の自分。
過去の自分と競って勝利し続けたら成長が起きる。

そのための自己に課した枷が「アイデアを一日に必ず3つかそれ以上アウトプットし続ける」です。
10日で、それで30のアイデア出しができるし、
100日で、300の異なったアイデアがでる。
または有望なアイデアは深堀し続けて一般的な解釈以外の意味を見いだせたものが手元に残ります。


施術の場では、自分で施術の意図や仕組み、そしてもちいる背景を熟知しているため、
どこかの施術書に書かれていない新たなやり方も10年前から用いているかのように動き出します。
ただ、、、研究試行錯誤をなしているときに自分に施すときは、
かなり多くの自爆が続くこともあり、
どこに地雷が埋まっているか身をもってわかっています。

そのうえでお客様に「この部分は〇〇のような、ちょっと痛みがでやすいから、ごめんなさいね」というのも、
それは、さんざん、自分がその痛みを体験したからわかります。

この部分は患部としてドクロマークが施術やマッサージのテキストに書かれているが、
それって絶対忌避か、ある程度の忌避か、とりあえず忌避したほうがいい程度か。。。
そういうのも自分の身体で試します。

「絶対さわるなポイント」は、ときとして効果的な治療点です。
ならば施術教科書などテキストや先生方に止めろといわれても、
やっていいリミットのすれすれを感触としてつかむ努力はすべきというのも、
一日のアイデア出しのノルマのひとつとなります。


たとえば首筋です。
以前は手技で手をもちいたり大きなブロックをもちいたリリースが主でしたから、
首筋へのアプローチはできませんでした。
手の指先は釣り針のようなフックになっている骨が入っており、
指で骨以上に固まった首筋の筋肉を解くことなどできなかったのです。


そこが上述させていただいた「ベン石温熱器(一部スティック状のベン石を加熱して使う)」と「真鍮製スティック」と「排酸棒」の連携により、
以前は触れなかった部分まで「たったたったった〜」とリリースできるように変わりました。




話はそれますが、いま、これらのツールを有機的に組み合わせ施術に活かすことにより、
だいぶあった分厚いしこりや骨化したしこりをしっかりリリースできて「骨」がしっかり触れるようにしたいと願っています。

それは口に言うほど簡単なことではありません。





少し話がそれますが、
1年半前のことです。
私のところへ末期のがんを患っておられた男性のお客様がお見えになられていました。

末期のがんにまでなると、私にはどうできるということもも自信があるものではない。
そのため私が知っている鍼灸院のぴかいちの先生をそのお客様に勧め連れていっしょに行ったのです。

その先生は私の母が亡くなる前に3度ほど通わせていただいた方で、
私の施術の師匠が太鼓判を押す先生でもあります。


その先生は率直な物言いをなさる方で、
鍼灸により対応できる場合とそうはいかないとき。
最初に包み隠さず告げてくれます。


その先生の率直な言葉は、私にも忘れられない言葉で問われたことがあります。

「あれ、鈴木君。君は筋膜を緩めるのが仕事だったよね。でもさ、まだ硬いところあるんだけど」

私の施術においては、
基本的にカラダをシンメトリックな基礎を持ち立体状に引き連れたりゆがめられたりしない構造体にする調整をおこないます。
筋膜のテンションが異常に高まって骨格をゆがめてしまう部位を見定めて効率的にプライオリティの高い重要個所を修正しています。

すべての筋硬化がカラダからすべて消え去るのは理想と思われそうですが、
それは「過矯正」と呼ばれる状態に施術を受けたものが陥るものとなります。


他者に外圧をかけられてリセットされた筋膜は自らが凝りを産む慢性化した体の性情(体癖)を手放さない限り、
急激にゆがみを戻そうとする反応を体が起こしてしまうことになるのです。
それにより起こる負の反動が「過矯正」にはつきもので、それにより新たな今までなかった脊椎の側弯や前後湾が急場拵えをされてしまう。
そのときはよくぎっくり腰などが初期で起きる場合があります。

鍼灸の先生で、「構造体として全体のバランスを筋膜をほどきつつ整えながら調整をするのが、、、」と、
そのがんのお客様が前にいるときに話すようなタイミングではなかったため、
そのままお客様を連れて帰ることとなりました。


末期のがんで改善させるために病が骨近くの裏に入りこんだ状態だから、
その骨の近くに入り込んで問題を起こす癌化した何らかのものがあるなら。
この鍼灸の先生なら連れて行ったお客様の骨近くの裏に入った病の部位を
狙い撃つこともなさってくれるのだろうかと思っていました。
(私は私で鍼灸の知識が今以上に乏しいという当時でしたから、先生に失礼なことをいたしましたm__m;;)



その鍼灸の先生にいわれて「他人に頼むようではダメだ」と肩を震わせたことがあります。



その末期がんのお客様は、ベン石温熱器を手に入れた初期のときに来てベン石温熱器を使ったリリースを受けてくれています。

ただベン石温熱器の大胆に筋膜をざっくり処理リリースができるという得意部分はあるが、患部のディテールに入ることはできない。

そのような弱い部分を補う工夫をベン石温熱器でもしましたが、
それは海岸でビーチサンダルではなくハイヒールを履いて歩く人のようなものです。
ベン石にこだわらず別の最適な靴を求めて履き替える必要があるのです。

そのときに鍼灸の先生にお願いしようと走りました。
知識と経験それに人間性のすぐれた先生だということをしってもおりましたので。。



鍼灸の先生に突っ込まれづらいレベルまで筋膜リリース上の深い修正を施し、
そのうえで過矯正で施術を台無しにしないように仕上げていくこと。
それが私に当時できておればと思うと無念です。
それからすぐに他界なされたがんのお客様に申し訳ない思いをしています。

ただそのお客様が入院しているかどうかも私にはそのお客様の情報がない状態でした。
それから入院が長引いているのかと思っていたら、そうではなく、
入院後、2日目の日中に他界なさったといいます。
ちょうどその日のころ、玄関先が「ぴんぽーん、ぴんぽーん」とチャイムが鳴り続いて、
玄関のドアをあけても誰もいない、、、けど「ぴんぽーん」と、
最後にもう一度鳴って終わったということがありました。
そのお客様のご家族と「会いに来てくれたんだね。。。」と弔問のときはなしをしたことを覚えています。



それからかなり心が折れました。

ですが「人間ってなんだろ」という理解する道をあきらめるわけにはいかず、
骨近くの深さまでまんべんなく解けるようにという施術のやり方や経験としての
最適解を求めて試行錯誤を続けました。

コロナによる施術休業中は、中医学を学びつつ、
ベン石以外の「別の靴」を探し続けていました。



それからだいぶながい月日が経ちました。



で、いまの段階では、
「ベン石温熱器(一部スティック状のベン石を加熱して使う)」と「真鍮製スティック」と「排酸棒」の連携に至りました。

一年前以前なら時間をいくらかけたとしても、まったく歯が立たなかったところがありました。
それがそれらを効果的にもちいるやり方の工夫が積まれていくにしたがって、
解けて普通だろうと私も疑えないように収まるところもでてきました。

そして深く解くことができることがわかっているが、
お客様がいつもの姿勢のままの体癖でいたら過ぎた矯正となる場合は、
「あの、、、この部分、お客様の姿勢の今後の注意があれば解いて進められますが、いかがでしょう。忌憚のないところを教えてください」
という言葉を出せるようになってきました。


そうやって骨近くの深さまで癒着リリースを進められたお客様が増えるに従い、
先日からブログで述べたように「」へのフォーカスが強まりだしたのです。
それまでも骨が大事という潮流は本を読んだり等々するにつけ目についていたが、
施術で骨を触れるというまでリリースがなせるようになったときに、
だいぶ、別のビジョンが私の触覚上の感触も伴って現れるようになってきました。
個人的に、強くそう感じています。



まだ具体的なできていないことややりたいことなど、、課題は多数あります。
焦らずに一日に3つずつ、昨日の自分がしなかった試行錯誤を続けたいと思います。



個人的な考えですが、
神様がいたら、人が順当な努力をしないで結果を得られることはないと考えています。
日々、少しでも前向きな思いから成長を積み重ねること自体が面白い人を創るでしょう。
他者と自分を比べるよりも、自己の発想や着眼から自分を知り見つめることに価値がある。


そういえるように「最低、3つアイデア出し」にこだわりつづけることで、
今後、さらに良いものへといまの技術を変化させてくれると信じています。
posted by スズキ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

ベン石温熱器は、誰にでも、どんな場合でも使いがってのよいものか?

ベン石温熱器は、誰にでも、どんな場合でも使いがってのよいものなのか?

そう質問されたら答えは、NO、です。

ベン石温熱器の利用法を限定的に温熱療法のひとつとして認識するとき、
NOという返答が返ってくるのが正解です。


熱証』『寒証』『平証』という、三つの証があります。

温度仕切りの見立てだろうと、直感でわかりますね。

熱証』は、熱が行き過ぎるほどあふれて症状かした状態
寒証』は、熱が行きわたらずに足らなくなったため症状がでている状態
平証』は、『熱証』でも『寒証』でもない、ちょうどいい熱の中道をいく理想状態



「温法」として< ベン石 >をもちいるとき、
石を加熱しホットストーン化させる。

『寒証』と見立てられる方に対しては、かなりのカラダの個所に対してフルで大活躍できます。

< 『寒証』は、熱が行きわたらずに足らなくなったため症状がでている状態 >なので、
熱が足らないところを皮膚の上から熱を体内に注ぎ込み補うのです。

「補法」といい、冷めた個所に注熱をおこなうことで平穏無事な平温へと体内を戻す役割。
体温を数度上げるような代謝を起こさせれば、その時点で血行の阻害されていた体内のブロックが一時的に解除され、
免疫系への賦活へと状態を上向かせることもできるでしょう。

対して『熱証』。
たとえばすでに熱が高まって体温を高め熱がこもるような状態であれば、
その状態に輪をかけて体温をあげたりしてはどうなるでしょうか?

高温状態の身体を平温という低い体温へ熱を引かせるという低体温化へ向かわせる作用を機能させ、
無理やりバランスをとろうとする羽目に。。。
すると体内の温度バランスは崩れ体調が乱れるのです。
なので「温法」は、原則的に『熱証』に用いないものです。

患部の熱がこもるところから「熱を除去する」ほうが順当。
なら、どうすればいいでしょうか?

『熱証』の熱部を、寒冷のマイナス温度を触れさせて拭い去ります。
ガスコンロで鍋に水を入れて湯を沸かし沸騰させたとき、
その熱湯を冷ますのに冷水を注げば冷めますから、それと同じこと。



ただ、
「なーんだ、じゃあ、私は熱が高いからベン石温熱器は使えないよね」というのも早とちりかもしれません。


『熱証』『寒証』『平証』を、身体全体として見立てることもできますが、
そこを人体を「パーツごとに」観察する視点へと目先を変えることにしましょう。



頭部、

胴体(胸部)
胴体(腰部)
胴体(骨盤部)
腕(上腕)
腕(前腕)
脚部(大腿部)
脚部(脛部)

脚部や腕部に限らず、全身を前後左右上下などの位置や深さを別に観るとします。


すると、一見すると全体的には熱証だが、脚部は様子が異なって寒に傾いてるな、、、とか。

人体を細部へ観察して内部まで分け入ってみえてくる目をもって見つめる目であれば、
独りのカラダの内側には『寒』といえるような<寒冷部>がそこかしこに見えてくる。
私はボディチェックで体を観察したデータから、
サーモグラフィ画像のように人体をイメージで色分けして描いていきます。
『熱過ぎ』を濃い赤から薄い赤、『寒過ぎ』濃い青から薄い青、『平(ちょうどいい)』を緑色に、
カラダのパーツごとを塗り分けた画像を作成するのです。

そうすることで『熱』『寒』『平』のそれぞれが高度に<循環器上のネットワーク>が現れる図が浮かび上がります。



私もちょっと見でのボディチェックでは、その図を正確に作図できていませんが、
施術をするときに内部状態を探る探査モードで観て精密な図へと書き込みを増やしたり、
訂正や修正をすることもあります。

そのようなサーモグラフィ画像のような色分けされた絵を元にしているので、
主訴を教えていただいてた対処するにも役立てられます。
たとえば、
この部分は温度が低いからベン石温熱器をじっと60秒ほど当てたままにして注熱しておこう、
この部位は温度が高いから温法としてベン石を使うのは差し控えるべきだから
熱を放熱しやすくするような冷却目的でつかう石や金属をもちいよう、などを計算ができるのです。


そしてお通いいただいているお客様のカラダの状態は継続的に変化を見ています。
前回のお客様のセッションでのサーモグラフィ画像の情報を記憶しているので、
前回の状態と今回の状態の差異がどのような施術の結果、またはお客様の生活上の出来事で現れたのか、
それがプラスのものであればさらにそれを推し進めようと話をしますし、
それがマイナスのものであれば気になるところがあるのですがと話をもっていきます。
これはお客様の施術を再度受けていただけるとき、
カラダ内部を平温というちょうどいい温度状態へと体を導くよう、
時系列的な流れで見られ調整されるメリットとなるでしょう。


最後に。
私は買い逃しましたが、
オステオパシーの巨匠ともいわれているようなバレル先生の著書に熱を診るというものがありました。
ただいまは絶版になって、古書が私には手に入らないほどの高値になっているものですが。。。
人体の熱を読むことが、見立てに活かされることへの関心を喚起させていただいた本があります。
posted by スズキ at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

黄土のホットパック、好評のようです! そしてあと最近、ベン石温熱器と +α のグッズ利用を考えています

おかげさまでアフターフォローの施術のご予約をいただけましたお客様の施術を、
ここ数日、充実した気持ちでさせていただいております。


今回は一日に一名様のみに限った予約のとり方にさせていただいて、
お客様がお越しいただく時間を自由に設定できるようにさせていただきました。

アフターフォローの施術ですから受付人数は多くないので、
そのような人数制限を考えて施行させていただいたためか。
来週の平日は、連日、アフターフォローの施術をさせていただけることに。


ありがとうございます!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日、アフターフォローの施術をお受けいただいたお客様から。

私が以前書いた下記ブログをご覧いただき、
ホットパックを買って使ってたよ!」と教えていただきました。


2021年01月06日
黄土を使ったホットパックで肩こりや腰痛、目の疲れを軽減しよう!
http://bodywise-note.seesaa.net/article/479392798.html




市販の「あずきのホットパック」も試したことがるそうですが、
そちらはちょっと製品が使っていて不調となり使えなくなったので、
黄土を使ったホットパックを電子レンジでチンして睡眠時に試したら、、、とてもその日はよく眠れたそうです。

黄土は加熱で遠赤効果を発揮してくれるすぐれものですし、
日本の業者が間に入り取引したものでモノが日本品質に近しいので安心。
長く愛用できるので、いい買い物、なさったなと。 ^−^

お客様は末端は冷えることがあるといわれますが、体幹部はしっかり暖かな体質。
なのでこれからは使わなくてすみそう。
翌年まで大事に取っておいてくださいね!


もうすぐ都の緊急事態宣言が解除される予定です。
そうなれば屋外で運動しやすくなるから、
適度な代謝アップの運動を心がけるのが一番です。

でもつらいタイプの冷え性であれば、当分は役立つでしょう。
昨日のお客様の使用体験をお伺いして、そう感じました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





ここまではお客様にも、少しだけ関心を持っていただけそうなところ。


これからが少し「?」という感じかもしれません。


ベン石温熱器により、筋膜の癒着が進むトリガーポイント部分のような凝りのある個所。
そちらをリリースをするとき。

時には筋肉同士の癒着部を起始から終点方向へと筋膜の流れに沿うように圧をかけます。

時には筋膜の癒着部を90度で切るような形の独特で非常に効果的に筋膜を緩められる「ムーブ」でリリースをかけます。

時には筋膜の癒着部の上に密着させて加熱を30秒以上継続的にすることで、
癒着したコラーゲン組織が融解し始めてから上記のどちらかのリリース法をもちいます。

一本のベン石温熱器でリリースをおこなうこともあります。
ですが、それは私の場合は少なくて人体は平たんな部分は少なく「曲面が多い」ため、
2本のベン石温熱器を使い曲面を挟み込むような形にしてリリースを加えていきます。
すると押さえが効いて患部のリリースが大幅に効率化するのです。

あとは同一経絡上を通る患部関連の遠位に癒着部を作り出す本質的な問題点があります。
たとえばそれはこういうことです。
左肩の不調が主訴としてお客様が伝えてくれます。
私が右足にあるその「左肩の不調をつくる根」になる経絡でつながる部位の不調を見つけて解きます。
痛みが出た理由には、痛みが出ている箇所のみというばかりではありません。
左肩の痛みを作り出した原因が右足という遠位にあると一般の方にはピントきづらいのですが、
そのようなことも多々あります。

あとはデルマトームで体表関連部からみていくこともございます。

他にも、いろいろ対処法があります。





適宜、この個所はこのやり方を使えそうだなとか、あっちのほうがいいかもしれないと、
実際に施術上でリリースをさせていただきながら検証し、リリースが不十分なら別の手を使って改善度を増せないか?
など、私の眼球が上の方をじーっとみているときは、そのような思考モードに入っていまして失礼いたしております。

そしてベン石は、もともとがすでに中国医学のほうで多様な使い方が規定されています。
ベン石を患部へ当てて回したり、波状に血の流れるタイミングを見ながらトントントンと上下動の刺激を加えたり。
そうやって気の流れを促進させつつリリースにつなげていきます。
そのやり方を自主練をして施術の場で使うのです。



ただ考えたのですが、どうしてもベン石温熱器は丸みがある等の当たりの感触がもっさりしている。。。
それが当たりがソフトで痛みのような不快感がない快適さをうんでいます。

ですが切れ味抜群な点的であったり線的な刺激をおこなって、
お客様の脳にこの部分を意識してくださいという無言のアンカリングメッセージを書きこみづらい。





なので、そういうときはベン石温熱器を手放して、私の手での手技を選択することもあるのですが、
せっかくだから、どうにかベン石温熱器を使いつつ、効果を上乗せできないか?

ただいち早く、以前、私が東急ハンズで買ってきた真鍮棒を削った少し太めで細めのマッキーマジックペンのようなサイズのグッズ。
こちらは使えています!!

鉛筆のような六角形の形状で持ちやすく、
持つと真鍮らしいずっしり感があります。


ベン石温熱器を直接乗せるだけの加圧と、もっさりした当たり方では解けづらい患部も人体には多くて。
そのような特別な場所には、真鍮で自作したペン型のスティックをもちいて先に数回、特別な用法をもちいつつ擦る。
そして次にその刺激をあたえたすぐ後にベン石温熱器をかける。
すると、ベン石温熱器だけではとけづらく感じた部分が、
とてもよくリリースがかなえられるのです。

そちらの真鍮製のペン型スティックを昨日の施術でも利用させていただきました。
お客様にはベン石温熱器と当たりが違う刺激を加えられたな!と気づくはずです。
その瞬間に、その部位にしっかりとフォーカスが当たるためリリースが起きやすくなる。

ただそれだけではなくて、
ベン石温熱器よりもペン型の真鍮スティックのほうが、
患部を正確にミリ単位で当てられ、
それからどのようなラインで筋膜の癒着が浸潤した線がえがかれているかを正確になぞります。
その時点でもかなりリリースが起きているようなのですが、
そのペンでラインを描いた後にベン石温熱器に持ち替えて熱圧刺激を同様のラインを描いていこうとすると。
いつも以上に患部への刺激軌跡が脳裏に描かれて、その残像記憶を元にベン石温熱器で描くラインが、またまた正確になる。

つまりベン石温熱器でのみの皮下の凸凹を診るときではわからないような情報が、
ペン型でなぞると明瞭に指先に状態や状況を私の頭につたえてくれるのです。
それがかなりくっきりとした明瞭な情報で、皮下を指先でなぞるとき以上の情報を持ってきてくれるのです。
それに基づいてベン石を動かせるため、リリースをより巧みに引き出せるような操作ができるため、
ベン石温熱器でのリリース連携が生きてくるんでしょう。

これはまだ勝手な個人的な仮説ですが、
ベン石のだす患部への電気的な刺激と、真鍮の出す電気的な刺激の違い、差異は、
経絡上の興奮をあげたり下げたりという変化を作り出せるものかもしれません。






他のツールも試そうと考えて、
体に溜まった「老廃物・毒素」を出すこと目的にした「排酸術」で使われる「排酸棒」の入手へ。



ちなみに「排酸術」とは。
老廃物がたまれば、酸性に偏って酸性物質(尿酸・脂肪酸・乳酸・コレステロール)が溜まりやすくなり、
皮下に溜まり結晶化した老廃物を経絡の流れに沿って取り除く方法です。
詳しいことをお知りになりたい方は、ぜひ「排酸術」でググッてくださいね。
女性の美容にも、これって、かなりお勧めされているようです。
中華系の通販番組でも「これ、いいのよ」と絶賛販売中のグッズなので。


予算の都合上、私には本格的なものは手を出せないのですが、
安全性を考慮した上での磁気を帯びた金属製のツールの利用には、
関心がグイグイ持っていかれてなりません。

現在は施術の場でだせるかどうか、調査前でして。
その研究は、中国から注文したものが送られてくる、はずの排酸棒待ちです。 ^-^;

無事、中国からものが届いて、
目的の使い方を試行錯誤の上使い勝手が良さそうであれば、
その点、レポートさせていただきます。 


ベン石温熱器をご利用いただけている先生方に、
少しでも参考になればうれしいかぎりです。 




排酸棒を手にしてベン石温熱器との連携ではいまいちとなったとしても、
顔や頭、首へのケアには、このツールの磁気は効果は期待できそうです。
黄帝内経にある、経絡上の狂いを磁力で整えることができるという教え。
マグネットヒーリングをするための本格的なグッズを持ったことがなかったので、
その意味で純粋に魅かれるところがあります。 ^-^




posted by スズキ at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

【 業務連絡 】:東京都緊急事態宣言が解除した際は、『アフターフォローの施術受付』を再開させていただきます。

■===================■

<3月7日>
東京都緊急事態宣言が解除したとき。

『アフターフォローの施術受付』を、
再開させていただきます。


        2021年3月2日発行

■===================■




お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

ここ最近、
コロナウイルス新規感染者の人数は減少傾向にあります。
大阪など、独自に早期緊急事態宣言を解除する他府県が出てきております。

東京も現状の新規感染者数の減衰があるならば、
『 3月7日 』をもって緊急事態宣言が解除へと期待されています。


   大変、喜ばしい運びになっております。
   これも多くの方々の身の廻りでの感染防止のたまもです。
   ありがとうございます!!
   コロナウイルスに感染なされた方々には、
   その大変さからどのような言葉をかけてよいか、見つかりません。。

   コロナ感染しておられなくとも緊急かつ重篤な患者様が
   コロナウイルス感染予防のために病院で治療が受けられない事態。
   この状況が収まりつつあるということが、
   私には、なによりうれしいことに感じられます。




■ ボディワイズの予約受付の再開につきまして ■




ボディワイズのご予約受付の状況は、
東京都 1回目緊急事態宣言の折はアフターフォローの施術をしておりました。
すでに施術をお受けいただいているお客様のみを対象に、
予約を受け付けさせていただくご予約受付方法です。


ただこのたびの2回目の緊急事態宣言では、
冬季乾燥から急激な新規感染者数の伸びが予想されておりました。
それを考慮してアフターフォローの施術受付も休止させていただいておりました。

そのために多くのお客様へ多大なご迷惑とご不便をおかけして、
大変申し訳ない思いでおります。



【 3月7日 】に緊急事態宣言が解除になりました際は、
『アフターフォローの施術受付』を再開させていただきます。


3月7日以降、早急に具体的なご予約の受付方法を、
<メルマガおよびブログ>にておこないます。


また、段階的ではありますが、
その後に様子をみて『新規お客様の受付』をさせていただきたいと願っております。


業務連絡となりましたが、以上のこと、
お心おきいただけましたら幸いでございます。

長期休業期間中、一刻の時間も無駄にしないよう、
新たな施術の研究に励んできました。
その成果をお届けしたいと願っております。


どうぞ、よろしくお願いいたします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
             2021年3月2日


             ボディワイズ
               鈴木政春
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by スズキ at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

これからの施術再開を、さらに!がんばりたくなる絵葉書をいただいて、感謝!

仕事のゴール設定のしかたを

「自分のために (for me)」
という欲求と、

「あなたのために (for you)」
という気持ち。


このふたつの視点に立った軸が経ちます。



どちらか一方が正解で、他方が間違いというわけではありません。
この両者とも欠かすことができない、必要で尊いものです。


たとえば仕事のいろはもわからぬはじめのうちは、
思うほどの成果があがらず苦汁を味わうこともあります。
失敗しないようにしても、仕事始めのころは不測のことも多く、
叱られながら仕事をしていくことになるでしょう。

お客様に叱られるというのは、
見方を変えれば、
どうすればよいかの助言をくださっています。

それを助言として耳を傾け始めると、
自分のために (for me)」から「あなたのために (for you)」へと、
徐々に軸足が伸びていくようです。




やがて応援していただけるお客様があらわれてくれますと、
あなたのために (for you)」という気持ちが大きくなるでしょう。

すばらしきお客様との交流から、
培われた自然に満ちていく感情から「あなたのために (for you)」です。

お客様の大切な人生のために、微力でも貢献できるよう努めたい。
そうしてしあわせで充実した時間を過ごすことができるようになります。


そうなると「自分のために (for me)」よりも、仕事をするとき、または仕事を成立させるための影の努力をするとき、
がんばれるようになるんですね。
あなたのために (for you)」は、すごくパワーがでます。



たとえば、
いま、私の部屋に、2枚の絵ハガキを見えるところへ飾らせていただいております。
お客様の今後の抱負。
そして温かい心のこもったメッセージも書き添えていただいております。

そのようなお客様のこころ配りをいただくと、
これからのゴールのビジョンも飛躍していきます。


微力でもお客様のたいせつな人生を、豊かにしていただけるための貢献ができるようになりたい。



ありがとうございます!!
 
 m ^-^)m


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by スズキ at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

乾燥気候の燥邪の時期が過ぎれば、施術受付の再開をさせていただけると期待しています

今日の日中は、私の住む東京の品川は暖かかったですね〜。
明日までは暖かいけど、明後日は寒くなるそうです。

カラダには頑張って気温変化に対応してほしいですね。



コロナ新規感染者が、減少傾向がつづいています。
隠れたところで保健所の濃厚接触者を調べなくなるようなことから新規感染者が減るといわれもしますが、
徐々に軽減し続けてくれている。
最近、昼夜を問わず私の家から徒歩10分以内ほどにある昭和医大への救急車の台数が増している。
そういったコロナ以前とは異なった困難さは感じられます。
ですが春になり徐々に外気の乾燥が収まれば、
中医学で言う「燥邪犯肺」 燥邪による肺津の損傷で宣発と粛降が失調した病態であり、秋季や乾燥した環境にみられるもの。
そこから抜ければ肺の津液への問題から呼吸器に弱さが深刻になりやすい季節を乗り越えることとなります。
それによりコロナの重症化への影響がどうなるかは明らかなことは、私にはわかりません。

ですが「燥邪」と<ウイルス感染の増加>には、正比例するようなデータがあるようです。


乾燥した気候は、きょうや明日もまだ続きます。

ですが四季ある日本は、湿り気の多くなる「湿邪」の時期は、そ
れはそれでコロナ感染以外の問題はあるものの、
いまは、湿り気ある気候でのタイミングが訪れてくれれば、ほっとできます。
室内で除湿しすぎない適度な除湿を心がけるならば、かなりそこでも押さえ込んでくれそうです。


「燥邪」が人の肺を傷害しやすいときをすぎれば、
新規感染者も落ち着いてくれるようになり、
施術のご予約受付が再開できると期待しています。


いまは、再開の準備として、
施術から離れて施術力が弱体しないようにしたいのです。
それがままならないというのが、つらいところです。


そこで自宅にある、普段は書庫にしまって目にしなくなったが、
すばらしい本で捨てるに捨てられない本に目を通しております。

そして断捨離を断行し、
手元から手放すもの、残すもの、テキストデータ化して検索可能なものとするもの。
この3つの選別をしているところです。

手放すものも多くでたものの、テキストデータ化したいものも多数あり、
身体を固めながらのスキャニング作業をしているところです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



(< USBスキャナーを使っていない方は、読み飛ばしてください m__m >)



個人的なことですいません。

書籍のデジタル化を図るため、
USBカメラで撮影してスキャンしてくれる
「iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3」を購入しました。





スキャニングする際、日頃、読むことのなくなった蔵書を改めて目を通す機会を得られています。


使い方が添付の説明書だけではぴんとこなくて、けっこう試行錯誤していました。
私同様に工夫せざるをえない人がいたら参考になればと願い、私なりの工夫を書かせていただきます。



「iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3」の添付ソフトの「書籍スキャン」モード利用で、
「曲面裁断」
「連続撮影モード(7秒)」
本の撮影エリアを手動します。
本を開くときに指先が撮影されてしまうときに、
ソフトの設定で消すこともできます。
ですがしっかり消えてくれないのですが、PDF化したものは私個人使用なので、
他の人から文句を言われることもございませんので大丈夫です。

本機に同梱されていた「大判の黒色のラバーマット」は、
上面が滑りがいい素材でできております。
本を乗せてページをめくっているうちに、撮影したい個所からずれていきます。


USBスキャナー撮影の工夫.png

● そこで本が滑って狙ったスキャニング部分がずれてしまわないように
  以前Amazonで買った「超強力粘着ゲル滑り止めシート」で本を固定しました。
  スキャナー本機と本の間が空いており、本が上方向へずれやすいため
  本機とスキャニングする本の間にANKWERのモバイルバッテリーを置き「超強力粘着ゲル滑り止めシート」で固定。
  そして本の頭をモバイルバッテリーに密着させれば<上下の本のずれがなくなり>ます。

●  7秒ごとに撮影するモードでスキャンする際、ページをめくるときもたつかないよう、
  「指サック」を左右の親指にはめ、ページをめくりやすく、本を開いた状態で保持しやすいようにしました。

● 文庫本や新書サイズ等の本は、
  スキャナー添付のスキャニングソフトにより<拡大して見やすくして撮影>します。

● OCRの日本語識字率がいいとAmazonのカスタマーレビューにはあったものの、
  私は「読み取り革命 Ver15」でOCRするようにしています。
  これで検索精度が向上します。



これで見やすいPDFファイルが作成できるようになりました。
USBスキャナーをご利用の方は、「超強力粘着ゲル滑り止めシート」「指サック」を試してくださいね!



以上です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by スズキ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

足裏を砭石のマッサージツールでリフレクソロジー。してみませんか?

逆さぶらさがり健康器、つかってみると調子がいいよ!というブログを数回にわたり書かせていただきました。

ら、

「でもさ、逆さぶらさがり健康器、持ってないし、うちの部屋には大きすぎておけない!」
という連絡をいただきました。

私の家も狭いのです。
広げればたたみ3畳ほどのスペースを必要として、
たたんで収納してもその存在感は。。。
なんど捨てようと思ったか知れません。 


『もうちょっと小回りの効いたセルフメンテナンスができる方法はないの?』

となると、興味深いところではゾーンセラピー、反射区療法。
リフレクソロジーサロンなどで施術なさっておられますよね。

手や足、顔などにある特定のエリアをチェックすることで全身の状態を知ることができ、
その箇所を刺激することでチェックした部分の状態を改善させる事ができるというもの。

たとえば、足の親指一本の裏側のそれぞれの特定場所から、
●頭頂部
●視床下部
●松果体
●下垂体
●頭部
などの状態を知るチェックポイントがあるそうです。

私も親指裏だけでこんなにわかるんだな〜と感心しました。

以前から反射区療法のほうには関心があったのですが、
下記の本、カラーの写真だし、とてもわかりやすい!

いままで私が参考にしていたゾーンセラピーの本は、
情報はともかく白黒で版型が小さめだったため直感的にどの部分を指しているかが分かりづらかったので。



毎日、心地よい自分でいられる 不調と美容のからだ地図

内容(「BOOK」データベースより)
“なんとなく不調”もスッキリ!“もむべき場所”が正確にわかる、究極のもみワザ34。



そして上記の本は一般の方にもわかりやすく、過不足なくまとまっている良書ですが、
以下の本は施術者が持っていても大変参考になるものです。
内容が施術者用のセミナーでうけられるほどの内容であろうと感じられます。
施術者をなさっておられる方が、反射区療法の参考書としてみるには、
以下の本を目を通してやる気や興味を増してから、
上記の本を手にするというのも手かもしれません。



足裏分析リフレクソロジー 優れたセラピストは揉まなくても足裏で全てを見抜く!!

内容(「BOOK」データベースより)
新常識!!“視て、観て、診るリフレ”で必ず施術に結果が出る!!10000以上の実例から割り出したデータを徹底分析!!観察して得た3つの情報をアセスメントし、クライアントにどう説明するか、施療プランと目標の立案、食事や生活指導等ホームケアアドバイスの必要性など快方に向けての使い道を考えます。



また私は砭石(べん石)を使いこなすように訓練するため、
以下の特別な形状のマッサージツールを使って足裏等を刺激していて効果をたかめています。


泗濱ベン石(泗濱浮石) 足つぼ・手のひら かっさ あんま棒

力が入りやすいしとっても握りやすいマッサージ棒。長時間の使用でも、手が痛くなりません。
砭石の特徴として、
皮膚にこすりつけるときに
十分な摩擦により熱を持てば遠赤外線を発生して筋肉の硬さを緩めるときに奥まで熱が通りますし、
神経的な癒やしをかなえるような超音波が発生してくれる。
特別なパワー・ストーンです。


上記の写真はアマゾンで599円。
一般の方が利用するには、これで十分でしょう。
使い方の解説書などはないものの、
ゾーンセラピーの本を見てこちらのツールを握れば、
どのようなシーンでこのツールを活かせばいいかが想像がつくのでは。
使ってみると機能的ですし、指で押すとき以上の効果が感じられるという人が多い。

マッサージツールとして、上の砭石の形状は、大変によく工夫されています。


ただこのタイプのアマゾンで手に入るもののなかには、
どうみてもこれは砭石じゃないなというものや、
マッサージ効果を引き出すには十分な素養がないなというものなど。
さまざまなものが売られているようです。

最高の素材の砭石のマッサージツールは、
おぅほんとうになめらかで、やすものとはぜんぜん違うぞ!!というものなんです。

なので本業の施術をしている先生であれば、
お値段は張りますが本物の砭石のいいものを手に入れたいときは、
中国の本土のサイト等から上記のツバメ型で相応の値段のものを選ぶといいでしょう。
posted by スズキ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

動脈管を凝りが圧迫した部分の遠位組織にダメージがみうけられるケースが多いようです

皆様、こんにちは!

昨日、松屋はこのようなときでも24時間なのだろうか?
松屋のホームページでは24時間と書かれたままだし。
午後八時に東急目黒線西小山駅の松屋前を通ったら、
すでに大量のごみが店外に置いてあって閉店しているようすでした。

コンビニもまいばすけっとも通常営業しています。
食べるのに困ることはありませんから大丈夫ですが。



昨日、ブログで書いたものですが、
書籍紹介;『血流解析のすすめ Kindle版』凝った体の中の血流って、どうなってるんだろう?
http://bodywise-note.seesaa.net/article/479539038.html


「血管が圧迫されて血流がちょっと変わったって、血が減るのも少しだったら問題ないだろうし。
 そんなに細かいことを考えなくてもよくないんじゃない?」

と思われた方もいたようです。


確かに筋肉が凝る程度なら、それは自然なことです。
日々、運動するうえで必ずカラダの凝りは作られて、
健康ならその凝りといわれる疲れを翌日に持ち越すことなくほどかれて新しい日の活動を迎えることになります。

だが少しずつ前日の凝り、前々日の凝り、そしてそれ以前からの凝りなどを蓄積していくと、
日々、リセットして柔らかさをたもてるようにしなければならない筋肉がどうなるでしょう。

最初は、人体の皮膚に近い浅い部分に凝りができるのです。
この部分が凝りが出てもちょっとセルフマッサージをすればケアできると思います。
たとえばホットアンポであたためたり、アンメルツヨコヨコですーっとさせたりする。
それであとはリラックスした時間を過ごせばいいでしょう。

ですが同じ姿勢をし続けたり同じ筋肉ばかりを使い続けたり。
つまりオーバーユースが一極集中するといけません。
そして呼吸が無意識のうちに浅くなる傾向があると、
凝りがだんだん皮膚の近くの浅い場所から奥へと入ってくるのです。

そうなると骨の近くに位置する動脈管を圧迫するような深い部位の筋肉が凝りだします。


動脈管が圧迫された箇所の前後に位置する部分の血流も、
まだ体全体の筋肉の凝りが浅いときは他の部分のマッスルポンプの力で血行がやりくりされるようです。
そのときには凝った感じの気の通らない不快感があるものの、それ以上のことを感じることはないでしょう。

ですが他の部位のマッスルポンプの力が補完的に血液を循環させる促進作用を示せなくなったとき。

それはたとえば運動不足になったり、他のカラダの部位も筋緊張が続いてマッスルポンプの力を発揮できない様子になっていく。
そうなるとその動脈管を圧迫した凝りを作った場所から遠位に当たる組織が栄養や酸素が足らなくて老廃物や二酸化炭素の排出がしづらくなる。

それはいわば器官が弱ったようにみえて映るような症状が出始めているので、
その器官が問題ありなのかと思うこともあるのですが。

でも器官の細胞たちが生きて生きづらい環境を作られたら、
こうなるのって当たり前だよねという状況なのです。


そういうところを手の脈をとるような要領で、そのような関係部の脈でみると、、、
正常な脈の圧の強さもなく、中を通る液も足らず、ざわついていた・ねばついていた、などの問題が見えてくるのです。

そういった体の中を循環する血の道をみると、渋滞したりいつまでも工事中だったり。
そのようなところはあきらかにその後の渋滞を改善させる行為がなされないかぎり、
さらにその通り道は悪くなってきます。
翌日に、そしてまたその翌日にと持ち越し続けていくと、
体内をながれる血液の流れが変化していくのです。

それは興味深いことに、脈診で教わった、
太陽病的な初期段階から太陰として奥に徐々に病が入っていくことが見えるというものと同様な脈が取れるように思えます。

なので明らかにここの血管の中を通る血液のリズムは跳んだり弱すぎたり、など様々な情報を首や鼠径部や脇下や腹部大動脈や、
その他、脈をとれるところはおおかたを見て取ることで、見えてくるもの、現れてくるものがあるのです。


パルスオキシメーターなどはライトで指先の血流を観て血中酸素量をはかれるという計測器が1000円ほどでも手に入るものならば。
いつかは脈診を計測できるようなセンサー付きの時計とかも発売されることがあるかもしれません。
凝りによって起こる血液の乱流がシミュレーションできるようならば、
多くの方々は体内の奥にリスキーなしこりが持ち越しであり続けることに対して先手を打った行動をとれることでしょう。



表面上目に見えない世界。

そこに私たちの健康の状態は、よくあらわれているものです。
posted by スズキ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

書籍紹介;『血流解析のすすめ Kindle版』凝った体の中の血流って、どうなってるんだろう?

体の中を流れる血流。
血管を通る。

私の頭の中のイメージではある程度を描いておりますが、
そのイメージされた画像がはたして科学的に見てだとうなのだろうか?

そのような不安を胸にいだきつついました。

その血管を圧迫して血流を乱流化させてしまったら、、、。
一体どのような状態が、血管内部で起きているのだろうか?

そのような図示をしてくれるような本がないか、
ずっと、求めていました。


これはもう30年近くずっと求めてきたのです。


そして昨日、ようやくその回答をいただける本をみつけました。

そのような本があるとわかったら高くても買う予定だったのですが、
キンドルストアで、それも現在、0円です!?

えっ、ほんとに。



下の本の後半は、、、正直に言いまして数式が多く、私の理解の範囲を超えています。
ただし前半では乱流の状態が可視化した図をもってわからせてくれるため、
このところを見せてくれたところで、十分私のいままでの欲求を叶えてくれています。


血流解析のすすめ Kindle版
株式会社Cardio Flow Design (著) 形式: Kindle版



現在、0円ですから、もし気になる方がいたら、ダウンロードしてご覧いただければ。

圧迫された血管部位を通る血液は、流れが早くなる部分と遅くなり渦を巻く部分がでてきます。
流れが抑止されて通過する血液量が減じられることも問題が生じるのですが、
血管内を通る血液の流れの速度が流れの渦や急流という変則的な条件下に置かれたとき。
そこでなにが起きるかを想像してビジュアル化していただければ。

体の中でコリを作ると、たしかに厄介なことがおこるなということを実感していただけるでしょう。


そのようなイメージを作り出すのに役立つ良書だと思いました。
posted by スズキ at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

寒さと心理的な緊張がつのると上虚下実が保てずに、上実下虚になりやすいようです。それはある程度なら施術でケアできます!

今日の元日は、スーパーマーケット等お休みのところが多く、
西小山駅近くの「まいばすけっと」にいくと普段見られない混み方でした。
みなさまは、用意周到にご飯を用意しておられることでしょう。


カラダの重心位置は、上虚下実(じょうきょかじつ)が理想とされ、
上半身はすずやかに力みなく軽々と、
下半身は充実して安定していること。

それが寒さや心理的な緊張、そして運動不足がたたり乱されることが多くなりました。

はずかしながら私も、
寒くなってきていると、人の背中は丸まりだします。

加えて昨今は、毎日、自分や皆様が無事に一日が過ごせるかなって。
心配する日々です。
緊張が抜けないままのときが続けば、
肩の位置が上に上がりだし、胸椎が後ろへ出っ張る猫背へと固定されてしまう。


すると全身への血液循環が滞りだすのと同時に、全身の気の流れが悪くなりだして自律神経系の乱れが生じます。
脈を診ると、その状態であるのは一目瞭然です。


カラダの使い方を気を配るようにしてまいりましょうという私自身が、
右肩の内旋により右手への血行を極端な悪化をさせてしまい、
右手が死にだかのように冷たくなってあかぎれができそう。

それもあってセルフケアとして、ベン石温熱器を2機使って血行を抑止している血管部位の筋硬化部位を特に温熱で緩めてみた。
自分でおこなって手が届く腕に対してのケアはこれでかなりの改善がみられるのです。
動脈が流れる場所は、骨がある部位の近くであり、それは最下層の深層部です。
浅い部位のみを緩めたとしても、一時的な血行を改善効果はあっても、
それでは持続的効果は数十分から長くて数時間です。
そのような対処は風前の灯火的なあざといものです。
量的に多大な負担や負荷がかかりすぎているときは、
焼け石に水のようなアプローチを受けると、
自分は施術を受けてもすぐにつらさがでてしまうと。
救われない不安定な気持ちとの葛藤が生じるようです。。。

なのでそれ以上の深いものを狙っていくならば。
深層部の動脈の血管を圧迫しつづけて緩められなくなったものに対して、
いっときはどーんという衝撃があるようなアプローチであったとしても、
数日からそれ以上の改善し続ける時間を設けられるリリースのほうがいい。
そのようなリリースをうけることができれば、
改善できたときのほっと一息付けるため姿勢や動作への気配りが容易になる。
余裕が心理的にも生まれるということです。





背中の肩甲骨の棘上筋・棘下筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、菱形筋などはネックになっているとわかっていても、
ベン石温熱器を握る私の手は、そこまでは手が届かない。。。
そして上部胸椎がずれだせば、胸腺という免疫系の最大級の要所の機能が低下して風邪をひきやすくなる。
ウイルスや細菌などへの抵抗性が落ちやすくなるのです。




ここからちょっと余談ですが、、、

ただ、いいかわるいか微妙な物言いですが、
今の日本人の姿勢特徴をみれば欧米人のさっそうとした姿勢で胸の位置を理想へと固定して、
しっかり自然な深々とした呼吸をすることができている人たちと比較すると、
自然な自発呼吸をするときの呼吸代謝量がおおかたが少ないようなのです。
息苦しさを感じられるはずの部位にしこりがだいぶついているものの、
本人がそのことに気づかずに自分は普通に呼吸ができていると思えている。

そのような認識でいると、日頃から呼吸がしづらいという負の状態に不感症になって麻痺を起こしていて、
さらに悪化させられるようなウイルスや細菌による呼吸のしづらさが強いられても、多少耐えられます。
もちろん、これは耐えられる分だけの余力があるという条件付きのことですが。

それが平素から深い呼吸がある程度できるような「伸筋を使える者たち」が呼吸困難を強いられたときには、
精神的動揺もひどくあらわれてパニック発作を起こし極端なダメージの傷跡を付けられてしまうようです。
西洋人のほうが伸筋を使う者たちが多いため、呼吸器系がパワフルな傾向があるのです。
ただそのような旺盛な呼吸推進力が強烈なブレーキを踏まれると、
善から悪化の振れ幅が普段呼吸がしづらい人以上にきついものと感じられて、
精神的苦痛が耐えがたくパニックへと陥りやすい傾向が強まるそうです。
そのことはスポーツをなさる方々でも伸筋を使えている人がいて、
その方々の様子から伝わってきます。
コロナウイルス感染が呼吸器の肺胞に問題をしょうじさせる特徴があるそうです。
普段にそこを存分に使えているものが病により急激にその組織を取り上げられたなら、
ほんとうに苦しいんでしょう。。。

で、このような伸筋を使えているものが肺胞機能を制限されたときに、
上虚下実という重心どりができなくなって、
上実下虚のようなアンバランスな状態となります。
そのときに胸椎や胸骨柄あたりに骨格上の変位している部位を見つけ出せる場合もあります。





元へと戻ります。 

私も、完成度は低いものの身体操作上、伸筋群を活かすよう心がけています。
すると上記で上げた「背中の肩甲骨の棘上筋・棘下筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、菱形筋などはネックになっているところ」の引っ掛かってしまうところ。
こちらを敷石につかうホットストーンを温めて背中の患部にあたるよう設定して刺激を与えるようにすると。。。

角度的にあて方が難しい面があるものの、だいぶこれでカラダの状態が上向いていきました。
以前の施術での肉体的な疲れであれば、
ランブルローラーのようなごつごつした刺激を受ければ、
それでほぼ復活できるようなものでしたが。
それが精神的緊張が根を張ると、24時間休むことなく脊柱起立筋を緊張させて身を固めて自己の感受性を落とし、
同時に外敵から身を固めて守るという本能のままいつづけようとするため。
こうなるとミリ単位のポイントを狙って刺激を送る必要がある対処が必要なため、
それにはランブルローラーの刺激は大雑把すぎるのです。。。




ちなみに、このような寒さや心理的な緊張を受けているのは、私だけではありません。

それは私とほぼ同様な背中の緊張の度合いの強さから起立筋が脊髄神経を縛り拘束しているようなことで、
カラダの不調を感じられている人もでてきているんです。
特徴として寝付けなくなって睡眠障害が生じたり、寝ても悪夢ばかり見る。
あとは津液の固摂力が低下していく傾向も見受けられるようです。



この場合、腕全体の隅々までの凝り、首の深部の凝り、肩甲骨回り、
大胸筋部分、三角筋、腹直筋と腹横筋や腹斜筋、そして仙骨部から首付け根までの起立筋全体を解くことで、
心身ともに拘束感が深々と緩まりだします。

もちろん浅い部分のみを固めた状態の方にはその程度にあったリリースで十分です。
ただ精神的な長期にわたり24時間かかり続けた緊張は筋肉の繊維を痛め続けて、筋組織の状態事態を悪くします。
それらをうまく代謝させて新たなものへと置き換えを促進させるような深さまで緩めなければ効きが思わしくありません。。。


これからの時期。
さらに寒さと心理的な緊張の度合いは増すことも考えられます。


もしベン石温熱器を購入された先生方がおられれば、
現状のお客様の中の多くの方が上虚下実の逆の「下虚上実」という
非常にアンバランスな緊張を強いられ続けるパターンを保持していることがみえてくるでしょう。

私が昨日に、上記の部位を近所の友人宅へとリリースさせていただきにいったのですが、
非常に即効性もあって喜ばれました。
ベン石温熱器を持参しての出超だったのですが、
ベン石という筋肉のリリースに対して特別な素材を用いて熱転写させていただくことで、
以前の私には想像できないほど効率よく、そして受ける側も気持ちよく負担感が少なく施術ができますね。

ちなみに平素、本業の施術では角型のベン石温熱器をもちいることが多いのですが、
経絡やマルマ療法の応用でピンポイントに注熱をしたかったので丸型のベン石温熱器をこの度は用いました。
丸型ベン石温熱器を使うことでピンポイントへの注熱がしやすくなります。
ただ温度管理が、角型よりも丸型のほうがシビアになるので、その点は難しさもあります。


posted by スズキ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年12月31日 大みそかのご挨拶 

2020年の大みそか。


皆様にとりまして、
いかがな年になりましたでしょうか。

大変ながらにも、
なにかひとつでも、ふたつでも、
よい思い出やさらなる飛躍へとつながる出来事があればと願っております。


私も、想定外のことが多数起こった一年になりました。

身の回りに新型コロナウイルスに感染した方がおられず、
テレビやネットから日々続けて増える新規感染者の人数を知るものでした。

それが
お客様にすぐれた身体操作をレクチャーする映像配信をしていると教えていただいたバレエダンサー の 石井久美子さんのVlog。
少しずつ身体操作を学ばせていただいて、かなり目から鱗が落ちる的確さに喜んでおりました。
そして一週間前ほどに、こちらのブログに石井久美子さんがコロナにかかったかもしれないと伝えておられる映像をエンベデッドさせていただきました。
そのときは検査して結果待ちという状況でしたが、
その後に陽性が判明したというお知らせ映像がアップされております。

バレエダンサーをなさっておられる方々の我慢強さは、
私の知る上では、一般の方と比較できないものだと感じています。
そしてその上位におられる彼女が、カラダの痛みやおそらしい具合の悪さをつたえてくれました。

下に、その映像URLを記入させていただきます。

【コロナ】 お医者さんを呼びました。 #DAY8 #経過Vlog
https://youtu.be/LQYe1XHgUaU


こちらのVlogを見せていただかなければ、
私には、いったい新型コロナウイルスに感染し発症すればどのようなことが起きるかといった
具体的な苦しみについて感じ取ることができていなかったでしょう。



個人的には、
新規感染者数が多くなることも気にかかりますが、
それ以上に、どこから自分が感染したかという認識ができない感染者の割合が50%を超えたとき。
そのタイミングを見計らって、仕事をいったん休業にすることが必要だろと考えておりました。
なんら科学的な判断基準ではないかもしれません。

自分なりの考えで、
公共交通機関により人の移動が多くなるときに感染リスクが高まり
私どものところへ足をお運びいただくための行き帰りに感染するようなら。
施術で体を癒しにきたはずが、かえってこないほうが正解だったと思える。
そういった状況だけは避けたいと考えてのことです。

これは私の施術をお受けいただくお客様の過半数が東京都外で
1時間以上かけてお通いいただいているという特殊性があるためでもあります。


新型コロナウイルスの感染は乾燥する時期に広まります。
その時期を過ぎたころには、感染も落ち着きだしてくれます。

そう想定してそのときをじっと待つことにして、
いまは家でできる仕事上の自己成長につながることに注力しようと考えました。


新型コロナウイルス感染拡大の情勢を受けてではありますが、
突然の休業により多くのお客様に、ご迷惑をおかけして大変恐縮でございます。


皆様の来年の健康とご多幸を、
お祈り申し上げます。



2020年12月31日
ボディワイズ
鈴木政春

posted by スズキ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっているんですね

私の東京に住む知り合いで父親が年末には帰ってこいといってくれても、
「いえ、いえ。今年は泣く泣くご辞退申し上げます」
というやり取りを聞くことがありました。

年末に帰省する方は、今年はコロナの影響により少ないものの、
事情によりどうしても帰省せねばならない方もおられるようです。

そのような方々向けに検査をしてくれるところもあるようです。

ご実家に高齢の父母、祖父母がおられると、
新型コロナウイルスをもっていきたくない。
だから自分の身が陰性か陽性かを知り、
その上で判断することが、まず求められます。

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっています。
ネットで検索しても、そのような検査キットを販売する業者のサイトが見つかります。
それらを観てみると検査キットも多種あって、どれがどれだけの精度であるかはわかりません。


私が日頃施術業務用の商品を購入利用しているサイトでも販売するようです。
メールで、予約販売開始します!という内容を読んで、
なんでエステや施術等の商品の販売をする業者が、このようなキットを売るの???
とちょっと違和感を感じました。

でももしかしたら、
もちろんこの検査キットは医療検査とはいかないものの、
定期的に自己検査をしたうえでお客様に接することが私たちの業界では求められるようになるのだろう。
そのように感じました。


下記URLに商品説明がかかれています。
ただこの商品説明について抗体検査の知識が足らなくて、残念ながらピンときません。

「1回分あたり1960円!初めてでも簡単!すぐに結果が確認できる便利な「抗体検査キット」」
というキャッチーなところが、あぁそうなんだ。。。と漠然としてわかった感じになるところ。

【予約商品】 COVID-19IgM/IgG抗体検査キット(5個入)
https://7beauty.jp/item/34550/?utm_source=7beauty&utm_medium=mail&utm_campaign=20201228_new-item_igmigg_btn&sci_ch=1806


posted by スズキ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

【深層NEWS : 強い倦怠感…“コロナ後遺症”の実態 BS日テレ】を見て

テレビから東京でコロナウイルス感染が過去最高と知りました。
増加傾向はとどまることなく続いています。

私には今後どのように推移するかはわかりません。。。

同時に陽性となった多くの方々は、回復しています。

そのコロナウイルスに感染したのちに陰性となったあと。
体内にはウイルスがいなくなったにもかかわらず、
後遺症として倦怠感などが残るというケースもあるようです。


いまは、私の施術をお受けいただいているお客様からコロナウイルス感染のお知らせはありません。
ですがこの先の、いざというときの備えとして、どのような後遺症があるかという内容は事前に知りたいところでもあります。


Tverをみていて、
たまたま見つけた以下のような番組がありました。

後遺症の様子も人それぞれです。
だから感染していない人が過剰に心配しすぎて気に病むことは、
精神を病むきっかけとなり、
免疫発揮の抑制を強いることにもなるでしょう。


適切かつ適度な注意を向けていくこと。
そのような大切さを感じました。



深層NEWS : 強い倦怠感…“コロナ後遺症”の実態 BS日テレ 12月4日(金)放送分 12月14日(月) 19:59 終了予定


https://tver.jp/corner/f0062865


新型コロナ後遺症患者の治療にあたる医師の平畑光一氏は、
「(症状が)重くなってくると歯ブラシを持ち上げるのもつらいという感じになる。
歯を磨くために風呂に入って浮力を使って手を動かすレベルになる方もいる」と指摘。
また、新型コロナ重症患者の治療にあたる讃井將満氏は、
「平畑先生のところに多くの患者さんが集まり、ほとんど寝ないで患者さんを見られている。
早急に全国各地で見ていただける体制作りをいま考えている」と述べた。
さらに、大隈和英厚生労働大臣政務官は、
「医療関係者や介護関係者の努力を、差別や偏見、誹謗中傷することはあってはならない。
いまこそONE TEAMに」と呼びかけた。


posted by スズキ at 02:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

業務連絡:3週間+数日(+α)施術業務を休業させていただきます

2020年11月27日発行


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

コンテンツ:
※ 12月1日〜12月21日まで、施術を休業させていただきます
※ 編集後記



=============================

業務連絡:3週間+数日(+α)施術業務を休業させていただきます


新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」の提言により、
12月1日〜12月21日まで、施術を休業させていただきます

=============================



気になるのはコロナウイルス流行の影響です。

昨日、26日に。

【 新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」


 昨日、新型コロナウイルス対策を話し合う政府の分科会は、
感染が急速に拡大する一部地域では、「ステージ3」相当の対策を、
今後3週間に集中して行う必要があると提言した。

政府の分科会は、一部地域で「ステージ3」に相当する対策が必要で、
尾身会長は、北海道・札幌市、東京23区を中心とした地域、
愛知・名古屋市、大阪市が該当するという考えを示している。

また、必要な対策として、酒類を提供する飲食店の営業時間の短縮、
感染拡大地域との往来の自粛、「GoToトラベル」の一時停止などを挙げていて、
GoToトラベルについては、感染拡大地域からの出発分も除外するよう求めた。】


https://news.yahoo.co.jp/articles/1124e55d374d70353c0370019807c5ad94e8a9cc


との内容の提言がなされました。




来るべき時がきたというように、
私も私の知人も肩を落としています。

これから冬、乾燥し、ウイルス感染が広がりやすい時期となります。

コロナウイルス流行により、
徐々に高齢者や基礎疾患を持たれた方、
それにとどまらず重症化の傾向が強まっています。

取り返しのつかない人命にかかわることです。
そのことを重く感じて行動すべきだと思います。

もしも、一昨年前他界した母が病を持ち続けて存命していたとしたら。。。
命に係わる目に見えない敵に恐怖していたでしょう。
いま、そのような思いを切実になさっておられる方々が、
多くおられることとお察しいたしております。




私の自宅裏が小野内科という病院です。
コロナ前は午後7時には明かりが消えていましたが、
最近は午後11時まで明かりがともされていることも多くなりました。
それをみて医療関係者の方々はご苦労をなさっておられると、
つくづく感謝の念がわき、現状を少しでも緩和できるような行動を、
それぞれが自分なりのやり方で取らなければならないと考えています。




それらを考量させていただいて、
休業を再度する必要があると数週間前から考えていたのです。
ただどのような期間に限定できるかという、期限が設定できずにいました。

新型コロナウイルス対策を話し合う政府の分科会の
「今後3週間で集中して対策を」という提言を受けて、
3週間の期間を設定し12月からの休業を決定させていただきます。




切に祈ることは、
お客様の、お体の健康が続きますようにということです。
このことに、尽きます。


そして加えれば、
願わくば、3週間の集中した対策が実ることで施術再開ができるよう希望をもって、
休業中も課題をもって施術研究をし続けています。

今後とも、どうかよろしくお願いいたします。



ボディワイズ:鈴木政春
(終了)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




【 編集後記 】


昨日、中国の業者からベン石温熱器の追加分が届きました。
「柄の長いベン石温熱器」と「ショートサイズのベン石温熱器」。
ためしに一本ずつ購入したのですが、
施術で画期的な有用性を認められたため追加発注したのです。



特に「柄の長いベン石温熱器」。

★ 解くことが不可能だったところを改善させる力を秘めています ★

こちらのベン石温熱器を採用させていただいたことで、
いままでリリースが不可能であった部分にまで手が届き、
柄の長いベン石温熱器では肋骨の周囲、胸郭、起立筋の一側線Line、
鼠径靭帯、横隔膜と肋軟骨の境目、鎖骨下、などなど。
かっさ特有の先端を活かした細やかなアプローチと、
柄の長さを利用したてこの応用によるアプローチのパワフルさと安定性。



使ってみればわかりますが、
高い成果を出すにはカンタンに使いこなせるものじゃないツールです。
それは私への負担が身をもって教えてくれるものです。
こちらの柄の長いベン石温熱器を巧みに使いこなす
私の体感は体力と集中力と頭脳の発揮は、
30キロ歩く以上の負担で施術後に気を失うほどです。
それに筋肉の凝りが残る量が半端ではなく、
代謝阻害の率が非常にかさんできて。
施術以外は極力体力温存で休んでいるにも関わらず、
太った体型ではない私が体重計に乗ったら3Kg強〜4Kg、痩せました。

だから一般的にどしどし使ってくださいとはお勧めしづらい点があります。
身体操作が未熟過ぎたり、
使い方を間違えれば事故につながるリスキーさを持つツールですから。


ですが、いままで理論上、リリースすれば何が起きるかが見えていたが、
そこに手出しできなかった制約が取っ払われたた。。。
それはムリと思えたことを乗り越えるために静かに私に近づいた成長の兆し。
純粋に誠実に研究し続けるという代価を支払うことで、
思い願ったことがかなうような世界であることを信じています。


そのようなベン石温熱器を多用した施術結果として
深層筋のリリースということばを本気で使えて、
深部のおけつを拭う力を得られるまで脱皮できる可能性を感じています。
大病にかかわるものを事前にリスク軽減できるようにするには、
未病段階でおけつを処理できるかどうかが鍵です。

そこができるようになりたいと、切望しています。

そして施術を受けていただきますお客様に対して、
実直にその成果を提供していきたい。

お読みいただきありがとうございます。



2020年11月27日
ボディワイズ
鈴木政春

posted by スズキ at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

合気柔術の道場を見学させていただきました

今日、午前中、合気柔術の道場を見学させていただきました。
男性のお客様が入門なさっておられる道場です。

ほんとうにすばらしい道場で、ありがたいことだなとつくづく感じました。
U様、感謝です!!!



(その道場についての詳しいことはブログに書くとをお伝えしていないため割愛します)

道場で見学させていて。
多くの手練れの方々が修練なさっている姿を鑑賞させていただきました。

予想したより多くの道場生がおられまして、
そこここから聞こえてくる練習中の指導の声に耳を傾けるうちに、
私の少ない脳のメモリーでは把握も記録もあきらめていました。

純粋な気持ちで合気柔術に取り組まれている方々ばかり。
そのことが稽古をなさっておられるときによく伝わってきました。

たのしく居心地の良い時間を過ごさせていただきました。
ほんとうに、よかった。


posted by スズキ at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

最近、19インチメモパッドをつかってカラダの使い方イメージの解説用に利用しています。

昨日は、私の住む品川区、風が強かったですね。

今日は個人的にゴツコラ採取にでかける予定でした。
でも風の強さで断念しました。

これから数日間が、急に寒くなる予想だそうです。
皆様も、寒暖差にお気を付けいただきお過ごしください。





話が、コロッと変わります。




最近、私の施術をお受けいただきましたお客様に
カラダの使い方の解説をするとき。

お絵かきメモ用の下記の製品を使っています。

Smaly お絵かきタブレット 19インチ ホワイト 電子メモパッド



サイズが19インチと、大き目ですから私が購入したときは4000円弱で、
いま、Amazonサイトをみると、他の出品者が3000円弱で出していました。

・・・衝動的に、もう一枚、買おうかと思いましたが踏みとどまりました。

そう思えるほど、私には意外と役立っています。

ペーパーレスで、紙資源を無駄にしなくて済むという気楽さもありますが、

・お客様に説明するときの絵も、小さいよりかは大き目のほうが見やすい。付け足して描ける余白があっていいとか。
あとあとまで残しておかなくてもいいような図については、大いに役立ってます。




そしていま、DIME (ダイム) 2021年 1月号 <雑誌>の付録が。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4910159290114_2.jpg
会議中のメモ、アイデアスケッチ、
備忘録、伝言板、子どものお絵描きなど、
いろんな用途に使える
「8.5インチLCDデジタルメモパッド」

約10万回も書き換えが可能な、
この液晶メモパッドはボタン電池内蔵で、
LCDの板面が常時オンになっているため、
付属の専用ペンですぐに用件が書ける仕様
になっています。

しかも本体の厚さはたったの約5mmで超軽量。
ノートPCと一緒に持ち歩くと、とても便利な
メモ帳として重宝します。

また、書き直す時は、本体下部の「ゴミ箱」
ボタンを押すだけで、書き込んだ内容は、
すべてきれいに消去可能。

8.5インチというサイズと、視認性の高い
ブラック地の液晶で、メモ帳としての
機能性も十分。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とのこと。

【990円】の雑誌で、この付録は豪華すぎる!
そのことに気づいた人たちも多くて、現在、この号のDIMEはベストセラー。
多くの方々が付録を手に入れるために雑誌購入決意しようかと衝動買いを誘います。 


さすがに19インチをもう一枚というのは、部屋が圧迫感が出てきそうですが、小型ならほしい!
メモパッド付のDIMEがまだ書店で売ってたら、買っておこうかと思います。

posted by スズキ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

頚椎第一や頸椎第二を狙い撃ちした注熱をUSB美容用ベン石温熱器で!

業務用としてベン石温熱器を、
施術個所ごとに最適なものと機能別に使い分けるため、
いくつかの種類を購入してきました。

たとえば、以下のようなものです。

それぞれを頭部、頚部、胸部、腰背部、脚部、骨盤部など、
身体の凹凸や解こうとする筋膜リリース個所にフィットするものなど判断して、
それぞれを使い分けて仕事をしていくのです。


彫刻家が様々な彫刻刀を持ち換えて仕事をする意味が、
体感的にさっこん、痛感するようになってきました。



所有中のベン石温熱器各種2021-5-27.jpg

先日、上図のスティック型ベン石温熱器を購入したので、
フェイスラインや首の胸鎖乳突筋、顎関節や側頭骨部分などは、
こちらで対応するのがいいだろうと考えました。
なかなかいい感じでリリースがはかどります。



ですが、首の部分で一か所だけ。
どうしてもうまくいベン石のヘッド部分をフィットできない部分があったのです。




それはどこか?



うなじ部分の「左右の頭板状筋の間(隙間)の頭骨に付着する腱」です。


頭板状筋の後頭骨付着点を緩めるには?.jpg


この部分に「角型ベン石温熱器」のヘッド部分を押しつけてみると、
悪くはないのですが、フィット感がいまいちですし、
当てた状態から角度を繊細に選んで移行することができません。

スティック型ベン石温熱器」でフィットするように当ててみたのですが、
スティック型ベン石温熱器のベン石のヘッド部分が薄い円盤状になっており、
その薄い部分のエッジでは温度が低いため、十分な患部の注熱ができません。


いろいろ角度等を変えて試行錯誤をしてみたのですが、
結果的に第一頸椎部分にまで注熱をできないかと考えていた目的が達せられず。


いろいろとベン石のヘッド部分を自分のうなじの当該部分に押し当てることで、
結果的に以下の「USB美容用のベン石温熱器」なら、
最適な成果が出せるだろうとわかってきました。




それで中国の業者に発注をかけ、届きました。 ^-^


USB美容ベン石温熱器.png



なんら変哲もない、ちょっとぶっといなめらかなペンシルタイプですが、
頭板状筋の頭部の付け根や左右の頭板状筋の内側から外側に向けてなど刺激を与えると、
心地よくフィットしてくれるのです。
それに加熱もUSB対応の他のベン石温熱器と比べれば低出力で、
火傷するほどまでは暑すぎず暖かく気持ちいい程度を維持できます。

(※他の大きなサイズのベン石温熱器は、低温設定でもやけどするほど高熱化する傾向があるため、
  通電加熱したまま使い続けるとやけどリスクが出てきそうなときが頻繁にみられる。
  私のところでは、そのような火傷リスクを減らすため、
  一定量温度を高めたら加熱スイッチを切っています)

また、こちらのUSB美容用タイプなら、
経穴部分をアバウトにとる用途で使うには、
意外に行けそうな気がいたします。


実は他のベン石温熱器の種類で、ヘッドの先っぽが5ミリほどの先端になっている機種があって、
こちらは経穴を正確に割り出してから、ジャストミートして注熱刺激を与えて成果を最大限出せるものもあります。
鍼灸師の先生や経穴の扱いに高い技術を培った先生ならばそのような針の先のようなイメージの機種もいいでしょうが、
私にはそれは使いこなせません。

私のようなものではヘッドの先端が350mmという太さがあるUSB美容用ベン石温熱器で、
経穴部分をその円のサイズ内に含めて注熱できるというところがちょうどのような気がいたします。




ただ、私がこの頚部第一周囲を注熱すると、、、
しばらくの間(だいたい5分から15分くらい)頭がくらくらします。


やりすぎると、意識がもうろうとする感じ。


それは頚椎第一を調整するときに、よく起きることですが、
これが起きると眠気がどっと襲ってきて、起きてられなくなりますので。
それほどまで全身に対しての影響度が高い重要な部分であるということです。
やり方によって、弱い力をかけただけで気絶させることもできるほどの急所でもあり、
それゆえに重要極まりない治療点でもあるのです。



セルフワークとしてこの部分のリリースは、したくないところです。
正直、精密な調整は自分の頭の裏のことでできるわけもないので。


仕事がある日は、この人体実験テストはできないんですよね。 ^-^
posted by スズキ at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

■ 10月27日(火曜日)午後8時に、翌月11月の予約表URLを公開いたします!!

■ 10月27日(火曜日)午後8時に、翌月11月の予約表URLを公開いたします!!


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

最近、筋膜の癒着のリリースは、
ベン石温熱器やホットストーンセラピーを合わせたため、
かなり深まってきたことを実感しています。

以前なら物理的にアプローチができなかった
鎖骨下の極小スペースに入り込んだしこりや、
肩回りへの筋をわけるようなこともできる。
また頭部や顔などにも、小回りが利くリリース。

そして極めつけはベン石の角型温熱器を頚椎下に
温めて置いておく。
とりわけこれが好評です。
(これはお客様ごとに頚椎の状態をチェックしてやっております)


施術をさせていただく側の私自身。
よき道具に巡り合い、かつてのスキルを継承して施術ができる喜びに、
感涙しております。 ^-^


                 2020年10月25日発行
                         鈴木 政春


=================================

コンテンツ

● 11月予約表更新のお知らせ

● ご新規のお客様へお読みいただきたいこと

● 長々とした【 編集後記 】


=================================



・---------------------------------------------------------・


■ 10月27日(火曜日)午後8時


  に本営業の予約受付表を公開させていただきます。
  
  上記の時間以降に、下記の予約可能日程表URLをご覧ください。




■ ボディワイズ 予約可能日程表 URL

https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vRlEaXNS-OSlF5ihNcBeBopSpJKXwQZmA82u0hNBy4tq_9ClBPFAJb6bETisXq9HaNFXwI16Upa_Xdt/pubhtml?gid=2042741115&single=true

(上記URLの短縮URL:  https://tinyurl.com/yywjnzcv )



 ※ 日程表後半の予約のしかたを参考にしていただき、
   予約可能な日時を下記メールアドレス宛にご連絡ください。
   sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp



● ご新規のお客様へのお願い ●


 ご新規のお客様のお願い事項を、下方に記させていただきました。
 ご新規のお客様は、何卒宜しくお願い致します。


・---------------------------------------------------------・


■ 予約受付:完全予約制


■ 時間:約150分


■ 施術開始時間 以下の(a),(b),(c)からお選びください

   (a) 9:00-11:30

   (b) 13:00-15:30

   (c) 16:30-19:00


■ 費用: 15000円 (料金は毎回のセッション終了後に現金でお支払いください)

■ 一日: 3名 までの限定受付(一人ひとりの丁寧な施術を目指しています)

■ 休日: 月曜・金曜(ほか都合によりお休みをいただくときがあります)


■ 施術内容:施術はホットストーンを活かした筋膜リリースにより、
       身体の動き等の改善や血行促進などをはかるセッション


■ 動き方のレクチャーの取り組みに関して

20分ほどに時間を圧縮させていただく予定です




     ・---------・



 ここ一年通しておこなってきました臨時施術の受付は、
 お通いいただいているお客様のためのアフターフォローの特別な受付です。
 新規のお客様は、施術受付の対象外とさせていただいておりました。
 『本営業』にさせていただくことで、
 新規のお客様の施術のご予約を受け付けさせていただきたいと願っております。




__________________

● ご新規のお客様へのお願い ●

__________________



 ご新規のお客様には、


■ 初回のご予約のときの備考欄に記入願いたいこと 


 初回のご予約をいただく際に、

 備考に、
 ・施術を受けたいと考えたきっかけ、
 ・施術で得たい成果
 ・ご紹介者がおられましたら、差し支えなければ、その方のお名前

 をお知らせください。


■ 初回のみ『質問表』の記入をお願いいたしております。


 ご予約受付後に施術日前日までにメール等で『質問表』記入をお願いしております。
 事前にお身体の状態や施術ご希望の理由等お知らせください。
 初回のご予約を受け付けさせていただいた後に、
 ご記入いただきたい質問表の条項が記されたURLをお伝えいたします。




【ご新規のお客様へ 
 セッション申込みの際に <同意していただきたい事項>】



(1)ボディワイズは医療機関ではございません。

ボディワイズの活動は、
医師のように疾病の治癒を目的とするものではありません。
医療機関ではありませんので、【 医療費控除の対象外 】です。

お体に対して何らかの症状がすでにあるというときには、
医師の診断を先行してお受けいただくことをおすすめいたします。


(2)ワークご依頼を差し控えさせていただく条項

ボディワイズで初回お越しいただいた際、
お体の状況をお伺いしボディチェックをさせていただきます。
そのときにボディワイズで対応いたしかねる場合、
ワークご依頼を差し控えさせていただきます。

[主に次の場合]
・伝染症の皮膚病
・骨粗しょう症
・悪性腫瘍(癌)
・妊娠中

その他、お体に気になる深刻な疾患がございますとき。
医師に整体の施術を受ける許可を求めていただけることをお勧めいたします。


(3)ワークをさせていただく許可

ボディワイズの鈴木に対して、体のバランスを整えるために、
手技をおこないます。
また立ち方や歩き方などの指導を必要に応じておこないます。
体の使い方はお客様のご協力があってこそ成立します。
ぜひ、この期に関心を深めていただけましたら幸いです。
施術等に、不安な点がありましたらご質問を歓迎いたします。


(4)キャンセル規定

24時間以内のキャンセルについては、キャンセル料(1セッション分の料金)をお支払いいただきます。
またご連絡いただかないままでの15分以上の遅刻は「キャンセル扱い」とさせていただき、
同様のペナルティが課せられます。
どうぞ施術運営のご協力のほどをよろしくお願いいたします。



上記のことを、
同意いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



     ・---------・

・---------------------------------------------------------・



【 編集後記 】



お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


個人的な絵空事の話です。

「今月初めころから 11月3日 に
 私の家にも甚大なダメージを被る大規模地震が起きる。」

「それにより自宅を手放し地方へと移住することになる。
 自然あふれる移住先で自作農をしながら余生を過ごす。」

半年前から繰り返しそのビジョンが現れてきました。



これはあくまでも、私の妄想で真実ではありません。

昨今の地震や台風などの災害が多発する流れや、
明るい見通しが立たない国際情勢も混じって、
知らぬ間に心の負のストレスが蓄積したのでしょう。
諸々からの「恐れの気持ち」によりつくられた印象。


仮に大規模な天災が起きても個人の力では抗しきれません。
ノアの箱舟を作り始めるのも現実的ではない気がします。


そうして考えると日本で第一の神宮である伊勢神宮で
国家と国民すべての安泰無事を祈願したくなりました。
そうすることが私のできること。

そのような意味も含め
数日前に伊勢神宮に参拝させていただきました。

神様を尊敬し、それが人に返ってくる。

恐怖におびえ浮足立つことなく、
今日できる範囲の「自分の課題に集中する」こと。
今日をどう生きるかにより、明日の幸不幸を分けます。


おかげさまで、吹っ切れて、
11月分の予約表を更新させていただきます!!




ちなみに。
私が手出しできる範囲外ですが、
肺や腎臓や皮膚、その他内臓に起きる「線維化」。

特に慢性疾患を持つ方々の線維化のメカニズムです。
ウイルスやカビの影響が線維化プロセスに関係するようで、
線維化した組織を持つ方々の身体を触ってみると、
正常組織とは、硬さの硬軟、水分、温度などから
触れる範囲では触ると触覚が違って感じられます。

ウイルスやカビという外的要因により感染して起きるため
免疫系に機能低下が起きなければ抵抗できます。
そこが源流で各人の責任において対応すべきすが、
すでに線維化した場合。
熱と線維化した組織の影響の関係性というものがあるか?

筋膜の癒着が進むときにも線維化した状態が
その内部に含まれるという同業者の先生がおられて関心を持ちました。

自分なりの研究課題を持ちつつ、
これからも頑張ろうと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。



2020年10月25日

ボディワイズ
鈴木政春



posted by スズキ at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする