2018年10月19日

【業務連絡】:2018年 10月23日(火曜日)午後9:00に、2018年 11月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます(編集後記に、・隣家が更地に ・予約順番待ち受付再開日時のお知らせ あり)

【業務連絡】:
2018年 10月23日(火曜日)午後9:00に、
2018年 11月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます
(編集後記に、・隣家が更地に ・予約順番待ち受付再開日時のお知らせ あり)

------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 11月の予約表更新、予告日時}




■ 2018年 10月23日(火曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

皆様、お元気ですか?

ここ数日、めっきり朝方等寒くなってきましたね。
ついつい、薄手の毛布等で寝てしまい、
風邪を引いてしまいそうなこの頃です。

私も気をつけなければ!!




2点ほど、お伝えしたいことがございます。 m__m




■ ボディワイズの隣家のおそば屋さんが、なくなり更地に。


個人的な話ですいませんが、
私の家の隣は長年にわたりおそば屋さんでした。

ですがそのお蕎麦屋さんが廃業なされ転居し、
現在はすでにその家屋は取り壊され更地になっております。
あわただしく早々に、新たな新築を建てる工事がはじまるそうです。


また幾度も私のところへおいでいただいているお客様が、
「目印のおそば屋さんが消えていて、道を行き過ぎてしまったわ」
と申されておりまして。
ブログ等で、そのことを申し上げておくべきだと思いました。


そして工事に伴う騒音や振動等、
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまして恐縮いたします。
どうか格別のご理解のほどをお願い申し上げます。




■ 予約順番待ち受付再開の日時のお知らせ


【 10月30日(火曜日)午後9:00 】

に、
先日、ブログ等でお約束させていただきました
「予約順番待ち受付を再開」させていただきます。



受付人数は、このたびは 8名様限定 と予定しております。



今後、
少しまとまった期間、
私がおこなう施術の総まとめをさせていただき、
今後の方向性をよく考え判断するようお休みをいただくよう
考えております。

そのため受け付け人数を少なくさせていただいたほうが、
お客様にご迷惑をおかけしないでしょう。
そのような配慮で、少数名の募集とさせていただきました。

ボディワイズの施術について、
ブログ等でご興味を持たれたお客様には、
この機会にぜひ、お目にかかれればと願っております。


また来週中に、
「予約順番待ち受付を再開」の詳細をお伝えする内容のWebページを
作成させていただきます。
こちらのサイトは完成後にメルマガおよびブログでお伝えします。
そちらをご参考になさりご検討いただけましたら幸いです。




以上の2点につきまして、
どうぞよろしくお願いいたします。

お読みいただきまして、
ありがとうございました。

ボディワイズ
鈴木政春
================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 05:12| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

【業務連絡】:2018年10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました






------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。

ボディワイズの鈴木です。

私が施術を受けに来ていただけるお客様とはじめてお会いしたとき。


基本的には施術を最初に受けるお客様は、
身体のつらさが落ち着いてゆければ、
こんな風なこともできるのに・・・
そこのところをどうにかしたいという願いをもってきておられる方もおられます。

ほとんどの方がそう。。。 ^-^


施術前にこちらへお越しいただいた目的をお伺いさせていただくのですが、

たとえば、
「現在は膝が痛くて歩くのがつらいし、何もしなくても疲れてしまって。
 でも、できれば○○に旅行にご主人と行きたいんだ。。。」

たとえば、
「勉強しようとしても、どうしても意識が集中できないし、
 だるくてつらいんだけど。。。
 どうにかしてそこから抜け出して、もっと積極的に動いていきたいんだ。」

たとえば、
「僕はダンスをしているんですが、数分動くとばててしまうから、、、。
 でも自分なりのダンスを思いっきり踊れるようになれればいいのに。。。」

etc....

お客様、100人おられれば100通り。
それぞれが物語の主人公として力強く生きていきたいという思いが伝わってきます。


お客様の話をお伺いしていると、
その人生に引き込まれていく。
そのような高いモチベーションをもっておられる方々も多くおられるのです。

するとお客様が当初申し出ていた問題箇所を
何割か調子をよくするように施術をするだけでは
健康的なその方本来の力がでないということを私は知っています。

単にお客様が当初所望した肩こりやら腰痛が改善できたらおしまい!
というようなところでは切なく感じる。

実際はそこまでのかかわりであれば、
私の体調も壊すほどの負担を強いることもないんです。
施術のテキストは多数持っていて、
相当にそちらの読み込みや習得にも時間をかけていて、
そちらだけで勝負ができるでしょう。

私自身が深層筋まで、まじめに深く解くということが、
どれだけのメリットがそのお客様の人生に起きるかを知っていたとしても。

体質の面であったり、
疾病の面であったり、
そして動きのパフォーマンスであったり。

お客様自身は、
別段、深層筋が解かれたあとのストーリーを想像できてはいないと思います。

やはりそれは多くのお客様の変化をみてきたから見えてくるものでありますから。

私の願いとして、
できれば、、、ぜひ、自身がイメージする活躍ができるようになってほしいのです。

すると私の内側で想像の世界が生み出され、
ストーリーが仕立てられるときがあります。


そうなっていただくためのお手伝いができていければ。


ただ、そこまでつっこんで、没頭していこうとすると、大変な面が出てきます。
ひとりひとりのお客様の状況や状態の現状を見て、
そして現状の私の施術技量を客観的に見ていくと。

そこでは施術書で書かれてはいないそのお客様への観察の目を深めて
次回の施術を受け付けることがあったそのときまでに理想の対処法を見つけ出そうとする。

実際は、たやすく見つけ出せるものではありませんから、
次回の施術でお越しいただく前に必死に対処できるように試行錯誤を繰り返し、
資料をひっくり返したり瞑想したりしつつ、見つけられるようにもがくということです。



おおよそ要領のいい人ならば、または天才肌の施術家ならば、
そこまでしなくても見つけられるような単純な対処法があることを、
私も悩みぬいた後になってみつけたときに「なーんだ、そうだったか」と思い当たるのです。

でもそこまで頭の中でもやもやしたものを言葉にしたり形にするまでのプロセスって、
かなり大変なものがあるものです。


なかなか新規予約受付をなされない。
私がたまたまボディワイズをみつけたお客様の立場であれば、
じれったくて受ける気もうせてしまうかもしれません。
ただ私も偏屈なところがあって、怖いものみたさの好奇心から、
一度はそういう施術だったら受けてみようじゃないかとは思うでしょう。
気合をいれて、「あのぉ、いつごろ新規予約受付するんですか?」
と、定期便メールを送り続けるでしょうね。(^-^;)

ほんとうにこれからのお客様には頼りにならない対応で申し訳なく思っております。
これ以上に不親切な施術院はないと思い反省するところですが、
おそら町工場でもいいものづくりをする企業では飛翔するために、
独自過程を通って力をためて仕上げていかれるものでしょう。


最近では、今の私の施術技術とお客様の自身の心身に取り組む熱心さと、
うまくかみ合っていただいた方が、私も、
「おっ!すごい、いい立ち姿をしてますね」と、
驚きとともに喜びを持って、そのお客様の姿を見させていただくことが多くなりました。

うれしいことだなと、感謝しております。



来月中に、おおよそ8名から10名の範囲で、
新規のお客様の予約順番受付をさせていただく予定をたてています。

私自身の施術の型が落ち着いてきていることから、
活躍の方法を変える時期がきたと感じていて、
受付の人数は少なく限定させていただく予定ですので。

ぜひ、ボディワイズの施術に関心あられるご新規のお客様がおられれば、
ブログやメルマガで予約順番待ち受付日時をご報告いたしますので。

どうぞ、ご検討のほどをよろしくお願いいたします!! m__m


(終わり)


文責:鈴木
================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-

posted by スズキ at 21:00| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

【業務連絡】:2018年 9月23日(日曜日)午後9:00に、2018年 10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます



【業務連絡】:
2018年 9月23日(日曜日)午後9:00に、
2018年 10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます




------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 10月の予約表更新、予告日時}




2018年 9月23日(日曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

(※ 予約表更新予告のお知らせが、
   ぎりぎりになり、申し訳ありません。 )



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

皆様、お元気ですか?

ボディワイズの鈴木です。

ここ数日の朝食のマイブームです。

知人がちょっと血液検査の結果が糖尿気味だということで、
なにか『』で、改善できるような、、、

それも比較的平易なやり方はないだろうか?


そのようなことを考えていたとき。


そういえば、、、お粥は、昔から病人食といわれたりしたが、はたしてそうだろうか?


禅寺では朝食はお粥だったよな、、、建長寺とかもそうだった。

それにかつて読んだ『道元「典座教訓」禅の食事と心』という本を思い出す。

そちらの書中に説かれているところによると、
禅宗では、【 お粥に十徳あり 】といっている。


■------------------------------■

 一には、(肌つやをよくする)

 二には、(体力のもととなる)

 三には、寿(長命にかなっている)

 四には、(胃に負担をかけない)

 五には、詞清弁<ししょうべん>(身体に負担をかけないので、血の巡りもよくなり、自然に頭脳も澄み弁舌もさわやかになる)

 六には、宿食が除かれる(胸にもたれることがない)

 七には、風除かれる(風邪にかかることがない)

 八には、飢消える(空腹をいやす)

 九には、渇消える(喉の渇きが消える)

 十には、大小便を調達する(便通がよくなる)

■------------------------------■



といいます。

これら十徳が得られうお粥食。

香港等では、屋台にお粥を出す店も多かったと思います。
それはたんなる白粥ではなく、
バラエティ豊かなトッピングがほどこされているものですが。
彼らはそれを朝食として好んで食していました。



お粥は、別の意味もあるようです。
昔の托鉢をした僧は、
雨天等がつづきますと食材が尽きてきます。

するとお粥ならば、水を多めにすることで、
皆に平等に分けて食すことができました。


話は少しそれますが、、、。
アショーカ王という仏教の布教に努めた王。
死のふちにいるとき、
自身のもてるもののすべてを寄進していて、
もてるものはマンゴーの実の半分だけだ。

最後にそのマンゴーも寄進したといいます。
そのマンゴーをお粥のように水に溶いて薄め、
王に感謝し多くの僧がいただいたといいます。

国が変わると、
お粥も米からマンゴーに変わるのか!
と衝撃的でした。

ですが粥への印象は、
私には特別なものに感ぜられるようになりました。



私は試しに朝食をお粥にしようと試みています。

かつお節やちょっとのこぶだしやクコの実、ごまなどを、
適量入れていただいています。
少しずつトッピングに飽きてきたら別のものに変えて、
楽しみながら続けられればいいなと考えています。

すでに5日間くらい続けたのですが、
全体的に悪くない結果が出てきていますね。

午前中の施術などはおなかがすきすぎて仕事にならないかも、、、
と、ヘルシーな食事につきもののつらさをこうむることは危惧していましたが、
どうにか、なっています。 ^-^

これを10日間ほど続けてみようと考えています。
自分の体調を感じてみたところよさそうならば、
知人にも勧めてみようと考えています。



皆様も、ちょっと胃もたれ等があったからばかりではなく、
お粥の十徳を得るを期待し、
自己責任を持ってトライしてみませんか? ^-^

お粥を作るのがちょっとめんどうだというならば、
レトルトの白粥を暖めてというのでもいいでしょう。
短時間でさっと調理?して食すことができますから。
忙しい朝にはもってこいかもしれません。


意外にレトルトの白粥は非常食にももってこいで、
常備すると災害時に心強い食料となるといわれてますので。
そういったところでも、お勧めです!


(おわり)
================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 07:00| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

【業務連絡】:2018年 8月31日(金曜日)午後9:00に、2018年 9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:2018年 8月31日(金曜日)午後9:00に、2018年 9月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 9月の予約表更新、予告日時}




■ 2018年 8月31日(金曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

(※ 予約表更新予告のお知らせが、
   ぎりぎりになり、申し訳ありません。

 ※ また私が月末が夏季休暇中となり、
   予約表更新日時が月末となりました。 )



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

皆様、お元気ですか?

ボディワイズの鈴木です。


今日、お客様のお子様をボディチェックのみということで、
見させていただきました。



子供の施術について、私はあまりにも不慣れでして、
お子様の仙骨周り、起立筋という脊柱周辺、頚椎部分など、
特に体の中枢神経系にかかわる部分を積極的にチェックしました。
他にも数箇所、ボウエンテクニックを利用してチェックしまして。



ちょっと話が回りくどくなりますが、
前説で。。。

施術というものは、
この場合はこうやったらこのような成果が出せるという
エビデンスの周知されたものをもちいたとしても
100%の成果がでるものではありません。
たいていはここの体の個性が勝っていて、
そのほかの多くの対処法をその場で探り、
その場で探りきれなければ次回の宿題として調べる。
そして対処していくというものです。

急性の怪我等を除いて、
すでに数年来の慢性化した身体状況ともなると、
改善のあたりをプロの目でつけたとしても、
そのままあたるようなことは稀です。

本当に解き進めていくに従いわかる事実も多く、
それを元に施術過程を書き換えていくのです。
そんな試行錯誤の繰り返しを
慢性化したからだの問題をもつ方のときは
施術上では必要とします。

お客様が当初自分で感じていた部分を解く。
それも複雑で他の多くの施術院を回ってみて
それでも直らないという場合には、
ほんとうに対処も難しいケースが多々あります。

それだけではなく
たいていはお客様がまったく気にも留めていなかった
体内に蔓延している慢性炎症の数々に着眼して
そちらを多数解いていくことでお客様が当初は
あまり期待する主眼ではなかったところまで
体の状態を押し上げていく手伝いをさせていただくこと。

そこまですることで生活の品質が変わります。
縁があり施術でかかわらせていただいたので、
ぜひともそこの健康上の力強い生活レベルを
少しでも押し上げていきたい。




大人への施術の場合、
よほどの体力を消耗しきる状況でなければ、
そのような試行錯誤の施術を受けたとしても
体力があるので変化に耐えられるものです。




ただ子供の施術の場合には、
ときとしてそうとはまいりません!!!



かえって施術で外圧が多数入りすぎると、
それがよくない作用となって現れることもあります。
そこが大人以上に、シビアにでてくるのです。

特に骨格的な仙骨等の癒合がまだな場合には、
反応は大きくでてくることもあります。


だから反応の出方が大人とはパターンが違い、
日ごろ子供の施術に慣れていない私には難しい。


施術をしていてさっきまでは大人のお客様で、
患部の硬さが鉄以上の硬化したものと対処していたら、
つぎに体の硬い部分があるとはいえ
まだまだやわらかいお子様の施術となると、
その施術圧の変化が著しく対処が難しいのです。




私のほうでがんばって、
比較的ソフトタッチのボウエンテクニックのみを利用して、
思ったほどの施術成果を出せるようになれればいいのですが。
私自身、ボウエンテクニックについては、
これから臨床経験をつむという段階です。



子供へのボディチェックは、
おおむねは見ていけたとしても、
施術成果を積み上げていく詰め将棋をするには、
子供への対処という本腰を入れるしかありません。


ここは新たな課題だなと思いました。
ただこれから他の長年かけて暖めてきた
研究部分に対しての課題をこなさなければならず、
あれもこれもと手を広げては、
結果的に、全部ロスになるのがしごく当然です。

掛け持ちをして研究を深められるほど
浅いことをしようとしているわけではないので。
考えどころです。



ただ今日、ボディチェックさせていただいた
3人のお子さんとも、

元気に育ってほしい。



そのための具体的な妙案はないものか。
それも実行可能な。。。


子供の施術になれた先生かどうか、
まずはネットで施術院情報を調べていただき、
がんばってお探しくださいねとお願いいたしましたが。

そうするにも手間隙と、勇気とリスクがある話です。



今度また、そのお母様と話をすることができれば。
とりあえず私の頭の中に、
お子様の体のデータはインプットできたから、
今までの文章上の体の問題点の羅列よりも
数段芯に迫るアイデアは思いつけるだろう。



ボディチェックを受けた子供たちにとっては、
「うぉー、股関節周辺が押されて痛い!」
「首が、いてててっ!」
「背中がこりっとしてびっくりだ!」
と、非常に稀有な経験をする夏休み後半の一日だったと思います。

なんとなく、えっ、私って、こんなに痛いところが
そこかしこにあったなんて。

こんなにいたいところがあったら、
疲れもするよね!

ということを、若干2名の男の子が思ってくれたでしょう。




がんばれ、みんな!

からだケア! 



ボディワイズ
鈴木




================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 16:23| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

■ ささやかな夏のボウエンテクニック体験セッション インフォメーション

私の施術をお受けいただいているか、
または私のブログ内でときどき目にするボウエンテクニック。
少しずつ関心を持っていただけている方もでてこられた様子。

そこで、
ささやかな夏のボウエンテクニック体験セッションを受けていただける機会。

開催させていただきます!



*-------------------------------------------------*

  【 夏のボウエンテクニック体験セッション応募要項 】


募集人数: 3名
日 時 : 8月13日 (1)10:00〜  (2)13:00〜  (3)15:00〜
施術時間: 60分前後
費 用 :【 1000円 】のモニター価格です(当日、現金にて)
場 所 : ボディワイズ 東京都品川区荏原5-16-18 にて


■ 応募方法 ■

応募締め切り日時の8月5日(日曜日)午後9時までに、

下記urlの「ボディワイズへのお問い合わせ」フォームに必要事項を記していただき、

http://form1.fc2.com/form/?id=92535

こちらのフォーム内にございます
【ボディワイズへのご希望、ご質問 : お問い合せ (3日以内にレスをするよう心がけています!)】
というと最後の備考欄に、

夏のボウエンテクニック体験セッション希望』という内容と、
日 時 : 8月13日 の、
下記ご希望いただきます時間帯をご指定しお書き添えください。
(1)10:00〜  
(2)13:00〜  
(3)15:00〜
可能であれば、複数希望をしていただけるようならありがたいです!


ご応募いただきました方には、
8月6日以降、できるだけ早くにこちらからご連絡をさせていただきます。


※ 応募は、長文のモニターレポートをしっかり書いていただける方のみ。
  モニターレポートのフォーマットは、当選者にご連絡させていただきます。

※ 施術にお通いいただいている方も応募、お待ちしております。
  いつもの施術中におこなう圧とは違った、神経系に反応が強いソフトな圧を使います。

※ 応募者が多数のときは抽選にて当選結果をご連絡させていただきます。

※ 【 効果保証 】
  ボウエンテクニックのセッションは、
  24時間から48時間経過後によりよい効果がかんじられるときがあります。
  ただその時間が経過後にも自分にはボウエンテクニックがあわないと思えた際は、
  費用はいただきません。
  モニターレポートをメールで提出して頂いた際に、
  お知らせいただけましたら現金書留にて全額ご返却いたします。
  


*-------------------------------------------------*


【 ボウエンテクニック参考資料 】

・ボウエンテクニックについての資料映像(英語)
ボウエンテクニックの英語映像をまとめてはりつけ!
http://d.hatena.ne.jp/bodywise+bowen-technique/

・私が学んだボウエンテクニックのなかの頼りになる洋書本のウエッブサイト
Bowen THERAPY A Textbook Approach
http://www.bowenseminars.com.au/


*-------------------------------------------------*


このたび。
ボウエンテクニックのプラクティショナーとなりましたことを記念に、
ボウエンテクニック本来の、
経絡や神経系に効くソフトな刺激圧を用いたセッションをおこないます。


経絡をつなぎ神経系の電圧を高めるためには、
刺激を意図的に最適量まで弱めた圧のほうが効果的といわれています。

ボウエンテクニックでは、
本来的には自律神経系で生じている問題に対して、
自ら体内のネットワークがうまくつながりづらくなったところに対し、
進んで経絡にアプローチをしていくんですよね。

これがもともと私がボウエンテクニック講習会で求められていた圧で、
同期生の施術者が言っておられた「ボウエンテクニック縛り」による施術を
ボウエンテクニック講習会の卒業を機に私もトライしてみようと思いました。


^-^


*-------------------------------------------------*



私は現在、施術中にボウエンテクニックの手技を利用して施術の幅を広げるよう務めています。
その際に用いるボウエンテクニックの手技の圧は意図的に強くしております。

圧を強くすることでのメリットとデメリットがあるのです。

メリットは施術全体の圧の強さを平準化させていくことで、
凸凹しすぎた圧をかけられた際の不快感を減少させられる。

ゆっくりと時間をかけた施術では、
時間的に一定時間メリハリをつけ、
弱い神経系への強く反応する刺激を加えることもできます。

ですが次のお客様のご予約が入っているときには、
そのようにすることも難しいでしょう。



ボディワイズでは筋膜リリースを中心軸に据えています。

多くの体調の優れないところがあったり、
体の左右差等の不均衡が見受けられる方。
たとえば圧倒的に自作てい鍼でおこなう起立筋部分の
インパクト圧によるリリースが重要でなんですね。

施術者が目の前のお客様のケアに対し必要を感じた量に応じ
独自に施術法の研究が進むものです。
それにより独自に発達させてきた胸郭リリースや
自作てい鍼のインパクト圧の効きなど。
他の独自の技術についても。。。
20年以上かけ徐々に育ててきました。


今までは自分自身が作った施術法を自分視点でしか見てきませんでしたが、
ボウエンテクニック講習会でボウエンテクニックの技術を学ぶことにより、
別の視点で自身の施術を見つめなおすことができました。
すると独自の足りない部分も、
そして優れている部分もくっきり見えてきました。

いい経験をさせていただきました。


ただここで受け止めて考えなければならないことがあります。

ボウエンテクニックを使うプラクティショナーは世界各国にいます。
ですがボディワイズの私がひらめいて創りだし積み上げた施術法は、
私しかできません。

だからこそ私は自分の施術技術の核とし
発展させることが務めだと思っています。
そこが私の未来への希望でありやりがいでもあります。
私は、そこは最大級、大事にしていくべきだと思っています。



ただ、そうは言っても。

自律神経系へのアプローチもしっかり身に着ける時期がきたと。
そのような必要性も感じています。

それは今の現代日本では、
花粉症のような免疫系の問題ひとつ取ってみても、
多くの方々が自律神経系の乱れからくる課題を抱えている人は多いのです。
他にも脳機能についての課題を持つ方々も増加の一途をたどっております。

そのような苦しいときに、
自律神経系の改善を通し、
神経系の機能回復を意図的に狙っていく。
そこがボウエンテクニックには実績上あるんですよね。

ボウエンテクニックのケーススタディは、
英文ですが下記urlに多数掲載されています。
お読みいただければ、
健康面への多くの希望を持つことができるでしょう。
http://www.bowenseminars.com.au/articles/


そうなると、、、
やはり「ボウエンテクニック縛り」という
ボウエンテクニックのみのやり方で施術臨床を積むこと。
そうすることでボウエンテクニックに対しての試行錯誤や臨機応変さという
理解を深める機会が私自身にも必須でございまして。


ゆくゆくはボウエンテクニックの基礎の対応力を
私の施術に融合を図るように試みる研究をしていこうと考えています。


そのような個人的な必要性を痛感しているこの頃。
それもあっての夏の一日を使いボウエンテクニックの体験会です。


8月の平日開催でモニターレポートを提出をお願いさせていただくという、
それらの条件にご了解をいただけました方がおられましたときは、
ぜひ、お申し込みをいただければと願っております。


私が、一年かけて学んできた集大成の一端を、
体験していただけましたら嬉し限りです。 ^−^


どうぞよろしくお願いします。



2018年7月29日

ボディワイズ
鈴木政春

posted by スズキ at 00:07| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

【業務連絡】:2018年8月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました

【業務連絡】:
2018年8月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました


------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年8月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。

ボディワイズの鈴木です。

暑い日が続きますね〜。

私は、少しだけですがバテ気味です。 ^-^;;;

みなさまはいかがでしょうか?

ぜひ、経口補水液等をうまく利用して、
乗り切ってまいりましょう!

私も気をつけます!!


(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 21:00| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

【業務連絡】:2018年7月22日(日曜日)午後9:00に、2018年 8月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:
2018年7月22日(日曜日)午後9:00に、
2018年 8月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます



------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 8月の予約表更新、予告日時}


■ 2018年7月22日(日曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。


更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm





※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。


*-----------------------------------------------*

※ 夏季休業のお知らせ ※

  8月後半中に一週間ほどにわたり
  夏休みをいただく計画を立てております。
  どうぞよろしくお願いします。

*-----------------------------------------------*


============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。



【 編集後記 】

おはようございます。

ボディワイズの鈴木です。

西日本豪雨にて被害に合われた方々に、
お見舞い申し上げます。

ボディワイズでは遠方より足をお運びいただくお客様もおられます。
そして京都、大阪方面からお越しいただいており
ひとり、またひとりと、被害を受けられた方もおられ、
ご予約のキャンセルや延期の連絡をいただきました。



お客様の健康面での心配をするのではなく、
「身の安心レベル」の心配をするというのは。。。
心配で思考停止状態になっていた時期でした。


それもあって
前回メルマガでボウエンテクニックのみの3名限定・・・
というところのお約束をまもることができませんでした。
有言実行できず、反省いたしております。


こちらは今月末に、
改めてブログで募集のご連絡をいたします。
 
もし応募いただけたときには、
2〜3名ほどの少人数であれば時間のやりくりをして
受け付けさせていただこうと考えています。
募集人数が奇跡的に多い際には、
公正な抽選にさせていただきます。

m__m


私ごとですが明日、明後日で一年かけて関わった
ボウエンテクニック講習会の終了を迎えます。
終了に際して実技試験があるようですが、
大事な技術部分が最終の講習で出てきて。
そちらが複雑で未消化のままであって、
実技試験どころではありません。

実はボウエンテクニックとは、本来的なやり方は、
体内の経絡内にて滞る気の流れを通すものです。
気の流れを通すには神経システムを鋭敏にするために
弱い圧のほうが皮膚抵抗をかいくぐり深く入ります。

ただ私が日頃しているボウエンテクニックでは、
他のメインとなる施術法に高さを合わせるため
強い圧にして神経系には響きが行き過ぎないようにしています。

それが強く出ているため、
最終の実技試験は受かる気がしません。 

困ったものです。
^-^;

(終わり)
================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 04:08| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

【業務連絡】:2018年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。
ボディワイズの鈴木です。

先日、お客様に汗を大量にかいてしまい、
その後に水分補給がままならなかったとき。

意識はあるが記憶が全くなくなったという
数時間を過ごしたというお客様がおられました。

怖いことです。。。

しっかりと精密検査を受けられて、
どこも異常はないということで安心したわけですが、
ですがしっくりこない感じもある。

すると、なんとなく私がお客様の頚椎部分をみると、
第一頚椎と後頭骨の隙間が少なく見えるんですよね。

どうしても首の位置が前に行きがちになりやすくて、
うまくないことから起こるものです。
ここはほんにんの頑張りどころです。
ですが、後頭骨は脳への血液の入る調整弁の役割を果たします。
もし後頭骨がずれることで後頭部の血行が阻害されておきた
記憶の喪失であれば、、、。
この間の検査時は問題がなくても、
また記憶が消えるときを迎えることも予想される。

そういったことが懸念されるため、
お客様には、cv4枕というものがあるよ!やってみて!と
勧めさせていただきました。

ダイソーにテニスボール2個入りという商品があって、
こちらにすべり止めシートを巻きつけて
後頭骨と第一頚椎との隙間に枕のようにして置くのです。

そして5分から10分程度。
ゆっくりしておきましょう。

体が左右差がきついような場合には、
できるだけその左右差を減少させるよう、
姿勢を調整して体の部位を再配置してください。

すると脳脊髄液の流れもスムースになりますし、
脳内の血流も増していくようになります。

そのような対処も有効性があればと思って、
そしてアドバイスをさせていただきました。


またそのようにして脳内の血流を正すことで、
集中力も、精神的なダメージの回復力も増します。

やってみると気持ちのいいものでもありますから、
興味があれば皆様にもやってみていただきたいですね。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:59| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

【業務連絡】:2018年 6月21日(木曜日)午後9:00に、2018年 7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます




------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 7月の予約表更新、予告日時}




2018年 6月21日(木曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。
(※ 予約表更新予告のお知らせが、
   ぎりぎりになり、申し訳ありません )



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

こんばんは。

ボディワイズの鈴木です。

現在、施術をお受けいただいているお客様は知っておられますが、
ボウエンテクニック」という手技療法の一端を
セッション中に取り入れています。

ボウエンテクニックを学ぶことがきっかけとして、
指先を巧みに使うことをさらに心がけるように。
それは自作てい鍼でのアプローチへのつなぎとなり、
施術精度を大幅にあげていくための礎にもなりました。

その去年から習いにいったボウエンテクニック講習会。
二ヶ月に2日間という、飛び飛びの開催でしたから、
モチベーションを保つのが大変でしたが、
他の講習生と練習会で顔をあわせ練習をして頑張りました。
通い始めて、ちょうど一年。

前回のモジュール6で、
習う施術技術はすべて教えていただいたことになります。

そして来月、
その講座は今までの補講と実技試験で終了です。

卒業証書をいただくには、
実技試験があるということで、
そちらをパスできることとか、
60時間のセッションをするとか、
4名のセッション記録を取るとか。

そのようないくつかハードルがあるのですが、
卒業できるかどうかは天に任せることとして。
私なりにできることを、粛々となすのみです。


とりあえず、
施術業をしている講習生同期の方とは、
ボウエンテクニックを習うことで、
施術のバリエーションが広がって、
卒業しなくても、元はとったという感想。

私個人も、それは同感。

いい勉強をさせていただきました。





*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

そしてここで、お得な特別企画です。 ^-^


来月の初旬辺りに、
ボウエンテクニックのセッションを、
応募者多数の場合は抽選で3名様にお受けいただけるという企画です。

詳細は、今月末辺りに、ブログ及びメルマガでお伝えしますね。^-^


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*




実は、、、せんだって、施術中に。
お客様の方は、記憶の中から消えている可能性があるのですが、^-^;
お客様に約束させていただきましたことがありました。

「通常のボディワイズの施術は、
 予約順番待ちでお並びいただいているお客様がおられるので
 ご新規のお客様に対応させていただくことはできません。

 ですが手技をボウエンテクニック技術のみに限定させていただく条件であれば、
 数名の方に時間を割くというのはやってみようと思っています」

とのべたことが記憶にございます。


筋膜リリースとは違った、
経絡(経穴)へのアプローチにより自律神経系等の神経部分の改善を積極的に取り込む。
それがボウエンテクニックの特徴です。

成果は、シンプルな施術では考えられないほど多岐にわたるものです。
腰痛や肩こり、膝痛、肘の問題や、その他、長々と書けば、
あっそれ私も気になっているやつだ!というのが出てくる。



また別の側面から見れば、
講習生の同期のアロマセラピストをなさっている方が、
お知り合いのプロのセラピストにボウエンテクニックのことを話したら、
日本にボウエンテクニックを施せるワーカーがほんの一握りしかおらず、
そのワークを受けられる希少性に気づいて
「私もぜひボウエンテクニックを受けてみたい!」とおっしゃったそうです。
受けて気に入ったら講習会に通って、ボウエンテクニックを施せる側に立つ。

そのような希望者がでてきているそうなのです。



それに、それに。
来月辺りに、
ボウエンテクニックのことを一部書いてある本が出版されるそうです!


ただ私自身、
ボウエンテクニックを誰にでも受けて欲しいというわけではありません。
その考えは多くの日本人の体を見て感じていることがベースにあります。
25年前なら経絡を使ってリリースが容易に起こるような状態の方々が、
ほとんどですばらしい成果が期待できていたのです。

ですが今の日本人の体質は、
昔とは大きく異なり虚実の「虚」に傾倒しています。

それはたとえば、
歩きスマホといったスマートフォンを見続けていれば
当然の話しとして頚椎が萎縮するようなずれがでます。
それは胸骨部分に頭の荷重がかかり呼吸器や心臓へ、
そして胸腺という免疫系に悪影響を与えています。

そしてそればかりではなく、
歩き方や立ち方が、大幅に難点が多くなっております。
もちろんそれらには個人差が大きいものの、
フィジカル上の感受性が落ちてきています。

鍼灸師の知り合いに、
日本で鍼灸師をしていたらどんどん治りが悪い客ばかりになっていって、
自分の腕を疑って落ち込むことが多くなってしまった方がいて。
その方が思い切って渡米して開業なさったのです。
すると、驚くべきこととも私は思わないのですが、
白人や黒人などの日本人以外のクライアントに鍼を打つ。
びっくりするくらい症状がよくなってしまって、
現地では大先生のような認識で親しまれている。

これは今の日本人の体に起きてきている象徴的な傾向なのです。


残念ながらボウエンテクニックも鍼とはアプローチ方法は違いますが
ですが経絡を使うというところでは類似共通点があります。
そのため他国の方々よりも、
今の日本人のほうが効きが悪いか戻りが早い。

それは私も、白人系のお客様を多くはないですが施術上で接したとき、
日本人のお客様とは比較にならないほどリリースが容易で驚いたので。

現代の日本人の体質、体型。
その特異性に気づいていて、
だから私は日本人に対してボウエンテクニックをさせていただいても、
海外での成果がそのまま日本人に当てはまるものではないと思います。


ただ日本人へのアプローチをするにしても、
一部の傾向性をもつ方々はボウエンテクニックで大きな成果を出せる。
そのような予測を立てています。
実証は今後になるのですが、
個人的には、そのような傾向の人を抽出していき、
絞って施術を提供していくことのほうが、
施術者とお客さまにとってもWin-Winかと考えています。

私のボウエンテクニックの施術技術が画期的にまで向上すれば、
このような抽出作業をしなくともよくなるでしょう。
そうなれるようなまでに、技量を挙げていきたいと願っています。

ボウエンテクニックを創始したトム・ボウエンという施術者は、
約8割の方々に成果を感じていただけたといいます。



成果のでそうなクライアントに絞って接していくよう訴えかける。
そのような考え方をするのも、一方的に見えるかもしれませんが。

ボディワイズは、
メインはやはり私が開発していったボディワイズの施術なんです。
施術者として肉体的に圧倒的にしんどいのは私が創りだした施術。

私自身、通常はボディワイズの施術をさせていただいていますし、
やはりそちらのほうが圧倒的に熟練度が高く成果も確実に出せる。

そんなボディワイズの筋膜リリースがある。
その上でのボウエンテクニックを単品でおこなう価値とは?

そのところを試行錯誤し、模索してみると、
ボウエンテクニックにフィットするお客様を選び、
セッションを提供させていただくことに力をいれることは、
考えていきたいところのような気がしてなりません。




(終わり)



================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 05:21| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

予約順番待ち「15番」までのお客様をお呼びいたしました


2018年6月30日
予約順番待ちにお並びになられています「15番」までのお客様をお呼びいたしました。

長らくお待たせをいたしておりまして、
恐縮いたしております。


お呼びいたしましたお客様には、
施術を受けていただけますかどうか
ご検討いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いたします。

ボディワイズ
鈴木政春
posted by スズキ at 21:41| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

【業務連絡】:2018年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。
ボディワイズの鈴木です。


「筋膜がリリースされていくって、広くいうと、どういう仕組みなの?」


同業者の、お客様に説明させていただくときがありました。^-^


一般の方にはなにやらよくわからない言葉が並びそうで、
わかりづらくてすいません。 m__m






正常なやわらかさがある筋膜には、
外圧を跳ね返すクッション性があり、
筋肉が伸びた際の伸びを制限を設けたりする機能もあるようだと聞いたことがあります。

正常な筋膜を顕微鏡で観察すれば、
テンセグリティという立体構造化された組織。
ちょうどそれはお風呂掃除で使うスポンジのように見えるんです。
スポンジは繊維が立体の網目のような状態になって内部空間がつくられています。
それと似たような立体化がなされたゼラチン質でつくられた構造体が筋膜なんです。
正常な筋膜は体内という体温が高い中で水分豊富な状態であれば、
まさにしっとりとしたやわらかなゼリー状でいて、
テンセグリティゆえに伸び縮みの自在性がかなえられるのでしょう。


対して硬化が進んだ筋膜は、
外圧を跳ね返すクッション性はなくなっていきます。
その硬度は骨よりも明らかに硬いものと感じられるほどの状態になりますから。

私は硬化が進んだ筋膜の顕微鏡での映像はみたことはないのですが。。。
正常な筋膜の状態ではスポンジの立体化された繊維のようなテンセグリティ状であったものが、
元来はゼラチン質で組成された立体構造がつくられたという、
冷えて水分を失えばもっとも煮凝りやすい構成物ですから。
まさに冷えて水分を失いテンセグリティ的な繊維内部の空間が失われたときに。
やわらかでしなやかなゼリー状であった筋膜が、
硬く骨以上に強い硬さでガチガチな状態に変質してしまうもののように思えています。

私が初回施術をするときに、
強化プラスチックのようなペットボトルのキャップ大の干からびたゼラチンを触ってもらうのですが、
まさに、私が慢性化した筋膜の硬さを身にまとった筋肉から感じる、
冷たさや硬さや乾き感が、この干からびた小さなゼラチンとして象徴したものなのです。
それは実際に生体の骨の硬度よりも強い硬度を示すというハードなものです。

そのような硬い筋膜は、
壊れやすいガラスのようなものです。
軟部組織としての本来の伸びやかさやしなやかさがない。

伸縮自在性が低下していくわけです。



すると、、、。
思いもかけない軽度の運動による負荷でも、
力の入り方や負担のかかり方が災いすれば、
筋膜のよりあつまった腱が骨膜から剥離を起こしたり、
肉離れを起こしてしまうこともあります。

ただ人間のインテリジェントな側面としての対処法は、
すでにこのようなカチカチの筋膜を体の芯に創ったならば。
本能的に壊れやすい筋膜にダメージをあたえずにおきたい。
その望みをかなえるための、硬化した筋膜をかばうようにする機能が付いています。

筋力を発揮させようとしても、力の出力をしすぎると自らのパワーで、
自分の筋腱を壊すことになるので、そのようにならないようセーブしてくれます。
同時に、筋肉をストレッチをさせることも、
筋腹や筋肉の付着部が傷んだりしないよう早々に痛みを与えます。



それはいわば、
肉体を守るための、安全装置のようなものですね。





もし筋膜が硬化していたとしても、それは可塑性があって、
適切に筋膜がリリースされていくことで、
自身の筋肉の長さを感じ取る筋感覚も増していく事になります。


ただし筋膜組織の成り立つ様子をゼラチン質繊維で作られた
スポンジのような内部空間を持つようなイメージのものと申し上げました。
特に私の想像上の筋膜が寄り集まって筋組織が萎縮したという状態は、
まさに硬さが骨を超えるほどのゼラチンの固まりに近い状態に変わりはてています。


「そのような硬い筋膜もリリースできるようにテクニックを駆使すれば、
 トントンと刺激を与える等で緩んだりすることもあるし、
 マッサージのようなものでも緩んだりすることもあるし。。。
 けっこう、速攻せあるようなリリースができるような箇所もあるんですよ。」


という、なんとなくわかったようなわからないような、、、
曖昧な説明をするならば、



ここで賢く察しのいい人は、
「あれ?_変なこと言ってるよ」って気づくでしょう!



お菓子作りでゼリーなどを創ったことがある方ならば
固形の数立方センチもあるゼラチンなんて、
一瞬でとけるわけないじゃん。

それが筋膜リリース上のテクニックを使って圧したり、
他テクニックを使うと緩むのって、、、ありえないんじゃない?
冷えて乾いて固くなったゼラチンは、
ゼラチンの粉状のものに水分を吸わせてふやかすのに、
けっこう、時間かかるんだよ〜。

そういうことだから、筋膜がかたまった部分が緩むっていうのも、
徐々にかたまった筋膜部分がふやかされて緩むっていうのが
普通じゃないの?


というところですよね。



実は、そうなんですよ。 ^-^

体内で硬化した筋膜が緩むほどに水分を吸収して柔軟性を帯びるような、
筋膜組織が質的な変化が起きるにも時間が必要です。

もちろん、硬化したゼラチンがさっとふやかされるようなことはないのです。


ただ筋膜リリーステクニックを駆使しているときに、
確かに先程まで、硬くてガチガチになっていた筋肉がさっさと緩む。

それって、どういうことなのか?




それは実は、
以下の2つの問題点を見つけてリリースをしていっているわけです。

筋膜がバンド状になっていてよじれていたり、
隣の筋膜に張り付いていたりして、
内部的に引き合ってしまう緊張状態が造られているところを解いてみたり、
というのがひとつのパターン。
ほつれて絡まった糸をほどいていくようなやり方ですね。
他にも筋膜の異常形態がいくつかのパターンがあって、
それぞれにリリース方法は異なります。


そしてもうひとつは、
脳からはすでに「緩んでいいですよ」というメッセージが出ているにもかかわらず、
何らかの理由でそのメッセージが目的の筋肉部位まで届かずに硬化したまま。
というようなパターンもある。

この場合は神経上のトラブルで情報の送受信にような部分に問題があります。

たとえば筋肉がまるまる一本が固くなっているようなときには、
その筋肉の腱部分も相応に固くなって情報のやり取りが鈍るような状態になっていることも。
そういったときには腱部分にある凝りだけをリリースするだけでも、
脳からのメッセージの通りがよくなって
「あっ、脳が緩めろっていってるじゃないか。緩んでもいいんだ!」
と気づくこともある。
ただ腱部分をあまり強打し過ぎると、一時的に大きく緩むが、
時間経過を経てかえって以前よりも固まってにっちもさっちもいかなくなることもあるので。
適量の刺激を加えるという、
適量を見ぬくことがプロとしての価値を高めることになるのだろう。


また他にも、実は私が触っていてお客様が
筋膜の硬化部を触れていると勘違いされていそうなところもありまして。
たとえば筋膜の硬化レベルに硬く問題を帯びたリンパ部分を患部として持っている人も多くおられるので、
そちらに向けてのアプローチをしていたり。




以上に挙げたような筋膜の硬化したパターンのリリースは、
ほぼ、わたしは独自のやり方に傾いてはいますが、
オステオパシー系のテクニック等を適用して、
即座に相応に緩められる感じがでてくるということもあります。



もう少し考察を深めてみていくならば、
骨膜部分に癒着して水分や栄養素の補給が減少した筋膜の硬化部分ほど、
リリースが難しいものはないように、私自身は感じています。

この筋膜を越えて、更に内奥に位置する骨膜への意識は、
たいへんにソフトなアプローチでリリースをなさる先生から教えていただいたのですが、
結果的に私の考えて応用したイメージは自作てい鍼に取り入れられるものとなり、もとにきたときにはソフトなアプローチとは呼べないようになって、
表現されだしたのですが。

概念的なことと思われてしまいそうですが、
筋膜以上に骨膜部分へと意識を向けてアプローチをしたほうが
筋膜リリースの完成度があきらかに向上するように見受けられます。
実際にリリースの手が届く深さが増していくようなリリースの量的・質的変化を感じています。



などなど、
実際に施術の場でなされていることは、
硬いゼラチン状の筋膜を力任せに打ち砕いているようなことでは、
断じてありません。

もっと、繊細で思慮深い観察をして、患部の場面ごとの判断を
幾度も幾度も繰り返しながら解き方を試行錯誤を常にしつつ、
筋膜リリースはおこなわれています。




そして施術により筋膜リリースをおこなったときの状態変化と、
血行を悪化させる身体の使い方に気づき、改善を促しつつ。
それらをきっかけにして血流のスムースな状態をできるだけ長い期間保っていただけるようにしていきます。
そうすることで、ようやく本格的な本来の解きたいと私が切望していた
ほんとうに硬くニッチもさっちもいかなくなった筋膜の癒着部の炎症を癒やし、
古くなった組織を建て替えていけるほどの栄養をそこに送り続けるようにいく。

そこはほとんどがお客様自身の内なるドクターがなさる治癒への仕事です。


私はお客様が次回にお越しいただけた際、
前回の施術をしたところをお客様の内なるドクターがどのようになさったのか。

それを観るのは、とてもたのしみな会話となっています。 ^-^





「筋膜がリリースされていくって、
広くいうと、どういう仕組みなの?」
という質問に対しての回答として、
様々脱線したことも話してはいますが。


筋膜の現状のタイプ分けが適切にできないと、
臨床上最適なそのタイプの筋膜の癒着部へのアプローチができるものではないんだということだけ、
わかってくれれば。
そこがわからなければ筋膜がリリースされる仕組みが画一的なひとつのやり方で
すべてまかなえるというような誤解をしなくてすむように感じます。

ここは、はっきりいって、とても重要な視点だと私には思えています。



(終わり)



================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 21:00| Comment(2) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

【業務連絡】:2018年 5月24日(木曜日)午後9:00に、2018年 6月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます



------------------------


☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆


------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 6月の予約表更新、予告日時}




■ 2018年 5月24日(木曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。


『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。


============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。


どうか、よろしくお願いいたします。





【 編集後記 】

こんにちは。


ボディワイズの鈴木です。

みなさま、お元気でしょうか!


ここ最近。
寒暖差が大きく、風邪を引いてしまわれた方が多くなっているようです。

お客様のなかにも、「最近風邪を引いてしまって、なおりかけでして」
とおっしゃられる方もずいぶんいますので。

私自身も気をつけなければと考えています。
風邪を引きながらの施術は自分もつらいだけじゃなく、
お客様にもご迷惑をおかけいたしますから。

風邪のひきはじめに葛根湯がいいとか、
それぞれの人が自分なりの風邪対策をなさっておられるでしょう。


10年ほど前に、ボディワイズにアロママッサージサロンを経営なさっておられる女性が、
施術を受けに来ていただいておりませいた。
そのお客様が、
喉が痛くなったり、免疫力が落ちてきて体調が思わしくなくなると、
 私はいつもハーブから抽出した<エキナセア>チンキを利用してるんです


「そうするようになってから、体調を大きく崩すほどの惨事は、
いつもぎりぎりでまぬがれているようなんで。
すごく、私にはあってるハーブなんです!」


とおっしゃられて、高価なエキナセアのハーブチンキをいただいたことがあります。
N様、ありがとうございました!!





■ エキナセア
(Amazonで次の商品だったような・・・^-^; https://amzn.to/2IxEbqK )


私もいただいたときにたまたま喉が痛くて、
数滴服用してみたのですが、あっけにとられるほど、
喉に感じた不調が治まったんです。


その後は私よりも家人がエキナセアの恩恵にあずかり、
風邪を引きそうなときにお世話になっていたようです。

 ずいぶんと、昔のこととなりましたが、
 ふと、そのときのことを思い出しまして。 ^-^




久々にそのときのハーブチンキのことを思い出し、
ネットでエキナセアの効果を調べてみました。


すると、
たとえば下記のようなサイトや、他にも多くのページが見つかりました。

 エキナセアの効果・お茶・サプリ・摂り方まとめ? 最高の免疫強化ハーブ
 https://kininal.me/echinacea/


いまでは、エキナセアはサプリとしてDHCのようなメーカーも販売しているし、
お茶としても売られているんですね。

もし免疫力アップに関心がある方がおられれば、
ネットで調べてみてくださいね!





ここからは蛇足ですが。


私が以前、漢方について研究しようと試みる前には、
ハーブ療法について興味を持っていました。


ハーブ療法といえば、
知る人ぞ知るドイツの聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲン

彼女のハーブ療法関係の著書は和訳がいくつもなされており、



 「ヒルデガルトのハーブ療法―修道院の薬草90種と症状別アドバイス
 ( https://amzn.to/2GzpL3F ) 」


こちらの本を参考にして、
いくつかハーブを利用してみたときに、
その効果性の高さに驚いた印象がありました。
ちょっとした狐につままれた感じさえ、
覚えた時がありましたし。


以前は手に入れるのも結構骨が折れたハーブも多数あった記憶があるが、
そのような入手困難なハーブさえも、ネットでサクッと入手できるなんて。。。

便利な時代になりました。
すばらしいです。

今はハーブもドイツではよく調べておられて、
薬効成分の成分表も調べればわかる時代です。

体調管理の選択肢のひとつとして、
ヒルデガルトの本を参照しつつハーブ療法を
自分に人体実験をしていって役立てていくのもいいかもしれませんね。


(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm


sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 14:29| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

【業務連絡】:2018年5月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年5月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。
ボディワイズの鈴木です。



今回の予約表更新は、どうにかして早めにせねばと考えていました。

予約順番待ちを並ばれて、
ついにご予約を受付させていただける事となりましたお客様がおられまして。

ここ一年ですが、
大阪からお越しいただいているお客様が西からおいで頂く最遠の方でしたが。

その大阪という地を、さらに鳥取県という遠方です。

飛行機でお越しいただくこととなさるそうですが、
飛行機の予約も一ヶ月するともう埋まってしまう。
そのような事情もあって、できるだけ早めに予約表更新がなされれば・・・
というメッセージが届いていまして。


でも、実は月末の25日でも必死に幾つかの予定をやりくりしていて、
それでできるだけ多くの予約可能な状態を生み出して公開させていただいている次第で。

今回は、早めにとこころがけていたものの、やはり25日になってしまいました。

Tさん、申し訳ないです。





みなさまもお察しいただけることとおもいますが、
わざわざ近距離の施術院を通り越して遠方からお越しになられるのは、
すでに通えやすい範囲でいろいろな施術院等に通われてのこと、です。

そのお客様とは去年の11月から、
30通ほどのメール上でのやり取りをさせていただいております。

それによりお客様のことをいろいろとお伺いさせていただきました。
お体の不調箇所について、
今までの施術院に通われた流れについて、
私の方へ向けてのご期待につきましても。
ずっとお伺いさせていただいておりました。


私個人として、
単なる施術をするもので、
魔法使いでもありません。

人の体の改善には、
そちらへ進むための筋道もあり、過程もあります。

それは慢性化した症状をお持ちになられ、
身体バランスを筋肉の運動器系にとどまらず、
すでに感覚器へのバランサーの誤作動も起きるようであれば、
まずは根っこまで掘り進めていって、
安定できる体にまで書き換えるので。

私でもなかなかの長丁場になります。

たちどころに治ってしまうようなことはない。
一瞬の間や数日間、痛みを軽減させるという、
そのことを改善させたと名付けてはいません。
だから時間もかけ手間もかけ、
労力・知力の限りを施術につぎ込んでいます。


もちろん、施術を引き延ばそうとしてのことではありません。
私程度のものは、どれだけ必死にやってみたところで、
ここが限界だという限りがあるのです。


ベストを尽くしても、今までの多くのお客様をケアした際の
同種の状況を臨床として考えて当てはめた場合に、どうなるか。
そのような幾例もの流れの概要を把握していると、
よほどの好都合な奇跡的なラッキーなことがない限り、
長く期間がかかると言う方が正直なのだと思えてならないのです。


そのようなこともありまして。。。
遠方からお越しいただくお客様には、
ある程度の体が安定した状態となれば地元か近県で、
ケアをしていただけるようなホームドクター的な施術者を見つけてくださいと
お願いするようにしています。

そのような選択をしていただいたほうが、
私にメリットがあるわけではありません。 ^-^;

ただしお客様は、
施術者からそのようにいわれれば、
気がねなく数ある他の選択肢も探し得ます。


ときどき私から施術放棄をされたと誤解される方もいますが、
それはまったくの誤解です。
通うかどうかの決定権は、自分の体の状態等を鑑みて、
ベストな判断をしていただけるお客様自身にあるということ。
そのことを伝えたかっただけなのです。

私の施術を受けていただくことで、
いろいろとお体へのアプローチされた箇所を感じ、
部分的に気になるところをお伝えも致しますから。
自身のお体の内部的状況について客観的把握ができる量も増えたので、
そちらも有力な自分にあった他院を探す参考にしていただけるでしょう。



長野県安曇野からお越しいただいている男性のお客様には、
合気道・武術のつながりで気が合い、同業の方でもあるので、
他院を探してくださいという助言は一切させていただいてませんが。 ^-^;


他のお客様方には、私の方から
「通いやすいホームドクターを持つようにするのも手ですよ!」
というアドバイスをさせていただき、
お客様の選択の自由を熟考を促す判断をお願いすることがあります。

私としては、ずっとお顔を拝顔させていただいているお客様が
いきなりぱったりとお見えになられなくなるのは、
なにか、ぽっかりと穴が空いたような気もします。
(意外に複雑な心持ちなのですね)


だからそのアドバイスをさせていただいたのですが
「他院を探すよりも、当分はボディワイズでいいよ」
という判断でお越しいただけるお客様もおられます。

それは、それは、ありがたいことと、感謝いたしております。 ^-^



この度、鳥取からお越しいただけるお客様には、
遠方よりお越しいただくにあたり飛行機の予約や金銭面での
ご苦労をお掛けすることになります。

どうにか、5月中に、一度でもお会いして施術をさせていただく機会を持つことができれば。
うれしいと思っています。

施術させていただく側も真剣ですが、
同様に施術を受けに来ていただくお客様側も真剣です。

そのようなことが、つたわってくる
この度の5月の予約表更新でした。

鈴木
(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 00:00| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

【業務連絡】:2018年 4月25日(水曜日)午後9:00に、2018年 5月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:2018年 4月25日(水曜日)午後9:00に、2018年 5月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 5月の予約表更新、予告日時}




■ 2018年 4月25日(水曜日)午後9:00


(※ 現在私が通っておりますボウエンテクニックの講習会にて
   5月9日(水)と5月10日(木)はお休みをいただきます)


上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。


更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。



最近、私の施術で利用中の
真鍮製の10センチ長で幅2.5センチほどのインパクト圧を創りだすグッズ
今ではこちらの活躍がなければ、私の施術構成が考えられないほど役立ってます。

それは私が「ゼロプロマッサー」という、
電動で連続したインパクト圧を与える機器を使っているのです。
(最近は、ゼロプロマッサーはあまり使うことはありませんが、
 以前は施術中にもよく用いていたものです)

ゼロプロマッサーと自作した真鍮製のグッズの使用感比を
私は直接比べることができるわけですが、
緩められた筋膜の維持が自作した真鍮製のもののほうが圧倒的に長くて。
ゼロプロマッサーでの圧は強烈で深く届くのは届くものの、
戻りが早く私の常用していきたいというレベルにはなりえませんでした。
もちろんゼロプロマッサーでもしっかりとリリースポイントを押さえて、
施してのことです。
ただ深部に圧が届くというところでは、
ゼロプロマッサー以外の同種のものと比べれば、
ゼロプロマッサーのほうが群を抜いて優れているので。
いずれ別の使いみちを見つけたいと思っています。 ^-^


実は。
真鍮製のグッズを、体の炎症箇所にほんの軽く触れるだけで、
ドッキリするほど強烈な痛みを感じるという反応がでている。
本来はつぼ等に触れて電子を送り癒やす
「てい鍼」をイメージし作成を始めたので、
その当時の遺伝子が残って効いているのですね。

ですがそれ以上に効果を本格的に引き出せるよう
独自の秘密の工夫を多くしているためもあります。
直感力が鋭い方からは力の源が何かを感じられる。
そのようなことばをかけられて、
そこが真似ができないところなんですよ! ^ー^!!!
という会話が成立しています。



インパクト圧時に、
体の奥までとどく振動と電子の波が神経系を穏やかに再生し、
筋膜部の疲れてよれよれになった箇所がスムースに整理整頓、
そして整地される。
その成果には、私はとてもありがたいことと感謝しています。



だが実際はお客様にインパクト圧をかけるときに、
その真鍮製の器具を握っている私の手の指の腱が、
なんといっても一番強い振動を衝撃的に受けます。

ある面ではお客様の治療にも使える反面、
ある面では施術者のダメージに繋がる。
そのようなことは、よくあることなので。

私の左右の指の腱へかかる負担から、
中指の第二関節を外方から触れると。
激痛が走る。


お客様からは重量級の重りで施術をするよりも楽になりましたよね〜と
気づかっていただいているのですが。

その裏では自身に振りかかるダメージの軽減を考えて
ほんとうに必死に知恵を振り絞っている次第でして。 ^-^

厚めに羊のなめし革を巻きつけたり。
また複数の真鍮製のグッズをひとまとめにして自立させ
私の指の接触を減らし接触抵抗を減じることでインパクト圧の効果を高める。

現状ではどうにか私の指の痛みは半減しました。
ただ日頃、真鍮製のグッズを使い施術をしながらですから。
当分の間はダメージを直しながらまた壊す感じで、
完全に軽快するのはもう少し先になるのだろう。




途中に壁を感じて、あきらめるならばそこで続かなくなります。
そして効果を後退する選択を先に考えるという波に飲まれれば、
他と同じことを成すにとどまるものにしか至ることはないので。

かえって、障壁があればそれをクリアするノウハウを考えます。
それが他とは異なる「決定的な差別化戦略」になるのですね。
私どものようなスモールビジネスは他では売ってないものが、
遠方よりもお客様が足を運び訪れていただけるためには必須。
そこに磨きをかけていくこと。




最後に。
現在の私は夢がありまして。

いずれ真鍮製のグッズを誰もが
一定量の成果が出せるような使い勝手のいいものにして。
多くの一般の方々に広められればと願っています。

ただグッズだけあれば使えるというシロモノではないため、
使い方を実地でトレーニングさせていただく
「真鍮製のグッズを使いこなすトレーナー」として活躍したい。
そんな立ち位置でがんばれる日が来るよう、願っています。


お客様が客観的にそれを使えるかどうかをみていただいて。
その体験から、
命の次に大事なお金をそれに投資するかどうかを、
真剣に見定めていただくことになるでしょう。

その際のお眼鏡にかなうものへと、
十分なものへと仕上げていきたい。

そこに対しての仕込み作業をしているのが、
今の私の施術を日々させて研究をする時期なんですね。



そんな夢がかなうかどうかは、
今の現時点のみを観てはダメですね。

すでに夢がかなった状態を実感して、
そこから大胆かつ緻密に細分化させ逆算して。
そして今のやることを、
そして次の手という戦術を考えるようにする。

地域を絞り、利用者層を絞り、一点集中する。

そこを考えていかなければならない時期が近づいている。
そんなような気がします。


がんばらねば!

(おわり)
================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 11:58| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

業務連絡:【予約順番待ち番号6番、7番、8番のお客様へ】



お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

先程、予約順番待ち番号 6番、 7番、 8番 のお客様へ、
「予約可能となりましたので、ご検討をよろしくお願いします!」
とご連絡をさせていただきました。
前向きにご検討をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします!


※今までは予約表のお客様のご予約状況を見て
「予約順番待ちをしていただいているお客様を5名ずつ」
まとめてお呼びするようにいたしておりました。
これからは、極力早く施術を受けていただけるように考え、
5名以下でもお呼びするようにさせていただいて、
順番が回ってくるスピードアップを図ります。

9番以降のお客様へ。
もう少しだけお時間をいただけますようお願いいたします。


日々、必死に施術研究をしております。
それによりお待ちいただけただけの甲斐があるようにと、
こころがけていきたいと必死で頑張っております。



posted by スズキ at 13:33| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

【業務連絡】:2018年4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。


ここから・・・・・。
個人的なことですいません。

今日の話です。

数日後に、
私の父親の墓参りにいこうかなと考えていたところ、
夢に父が出てきまして。 ^-^

話をするような、社交性のある二人でもないもので。
静かで、おだやかな父との時間をしばし過ごしました。

その余韻を感じながら目を覚ましました。



「脊椎のなかで最もすべりやすい場所は?」

というと、「腰椎すべり症」という症状名を聞いたことがあればわかるでしょう。
腰部分にある骨の「腰椎」。
その5つ縦に並んだ椎骨が、背骨のなかでとてもずれやすいんですよね。

特に「 第5腰椎〜仙骨の接合部分 」という<腰仙関節(ようせんかんせつ)>。
ここが構造上、最も前方にすべりやすい作りなのです。


慢性的な腰痛などがある方の場合、
腰部や背中側の筋肉がつねに緊張しっぱなしになりますよね。

本人は気づかなくても、私が触ってみたところ。
背中が全体的におかしなことになっています。

腰椎がこのような状態がつづいてしまうことで、
さまざまな体全身へ至る問題が生じてしまう。


私なりに、最近もずっとこの症状についての研究だけはライフワークとして、
ずっと意識して対抗しようと思い願っているところです。

そのためには施術法を自分なりに考案するなど、
いろいろと迷走もしつづけているわけです。
そのうえで、どれほどの深い腰仙関節のずれが根強いか、
その深刻さもどれほどのものかがわかってきたところがあります。

それに対応するために、
重量感あるブロックをつかったり
自作てい鍼でのインパクト圧をつかいだしたり。
ボウエンテクニックというよりも、
腱を引く感じの圧を指で創りだすには・・・などなど。
鋭意研究しているところです。

着々と前進していけていると思われます。




私の父親は、生前、腰椎椎間板ヘルニアで苦しみ続けてきました。

父の苦しむ姿を7年ほど見てきました。
多くの施術院巡りを、父とともにしたかったのですが、
もう35年も前の話で、インターネットからの施術院情報もなかった。
知人によい施術院はないかと聞きまわりましたが、運が悪かった。
私が手に入れた施術院の情報で得られた施術院にて、
さらに症状も悪化したところもあった。

そのときの私の思いは、
どうにか腰椎椎間板ヘルニアが私が直せる技量を持ちたい。

施術のやり方について自分発のものしか信じない、
という窮屈で偏屈な頑なさが私の行動から見え隠れするのも、
あまり質の良いとはいえない施術院に私が多数つれてまわり、
幾度も父の落胆を背負わせてしまった。
それを繰り返してしまったからもあります。

施術者など、私のキャラには似つかわしくはないと思いつつも、
父が亡くなったあとになって、
父に対しての罪滅ぼしのように誠実に死力を尽くして
自分なりの施術を追求していこうと決めました。

それが私が施術者を志す前のことです。
父が生まれ変わるときに、同じ苦しみは味わうことがないようにしたい。
そうできれば、本望という思いでやってきました。


父がひさしぶりに私の夢にあらわれてくれて、
施術をし始めたことを改めて思い出させてくれました。



当初の私の願いは、どこまできたのだろうか。
そしてその技量を活かせるときが、いつかくるのでしょうか。



幸いにして、いまお通いいただいているお客様のなかには
腰椎椎間板ヘルニアを患われているお客様はおいでいただいておりません。

ただ、腰仙関節部分は、最もずれて問題を起こしやすい好発部位。
それにもかかわらず、深層までこの部位の硬さが入り込めば
施術者でも容易にリリースはできないような部位です。

実際に私自身、いくつもの施術院にお忍びで通ってみたのです。
どのようなリリース方法でどれほどの効果があるのかを。
浅い腰仙関節のずれで仙腸関節の問題等が深刻でなければ
ずいぶん効果があるだろうと思えた施術もありました。

ですが私が施術をはじめた当時から、
かなりハードルの高いお客様が多数おいでいただけておりました。

「あ〜、あそこの施術院ね。行ったけど、その場じゃよくなっても、3日も持ちはしないよ」
といっておられまして。
「そうか、、、やっぱり、そうなんだよなぁ。。。」と私自身、
自分の頭で深々と理解できるまで考え抜けということだなと思ったことがあります。
それからはやはり独自路線を貫いて、
毎月のように、毎週のように、やり方を考えぬいて色を塗り替えていく。
そうやって出てきた課題に真剣に取り組む行いを、
愚直につづけてきました。


いつかまた、
新たな腰椎椎間板ヘルニアのお客様がお見えになられたようなときがあれば、
十分に対応ができるような下地ができるようならば、なによりだと思います。



そんなことを思いつつ、夢のなかで父に、
「治してあげられなくて、ごめん」と言って目覚めた朝でした。




*--------------------*


(インパクト圧をご自身で体験してみたい方へ、朗報です!)


話が、ガラッと変わりまして。 ^-^


先日、美容院で働いておられる女性のお客様が施術を受けに来ていただけました。
日頃、シャンプーなどでお客様の頭を丁寧な対応をしておられるため、
胸から前が少し前傾気味になってつまっているようなところが見受けられました。

そこで、私の自作てい鍼で「トントン」と胸骨や肋軟骨周辺をインパクト圧をかけて、
しっかとリリース。

すると、一週間ぐらい「いてぇーーー」っという感触がつづいたそうです。 ^-^;

施術後のリリースされて緩んだ状態はセンシティブな感受性が高まっている状態。
その部分に負荷をかけると、「いてててて」と感知しやすいのです。

その部分を使わずにゆっくり休めていただければ治癒も進み理想的です。

ですがそんな悠長なことをいってられるわけもありません。
施術が終わってすぐ、お店に入ってお仕事です。


その後に、もう一度、施術を受けに足を運んでいただけました。
(ありがとうございます!)
そのときには先日の胸部の痛みが印象的であったため
「(またきっと痛いんだろうなぁ・・・)」という感じでドキドキしていたようです。

ですが、、、実際に受けてみると、
思ったほど痛くなくて驚かれていた。

前回の胸部のリリースでも、こちらのお客様の体質上柔軟性が高いため、
十分なリリース圧になっていて、その改善状態がずっとつづいていたのです。
前回の施術を受けて一週間ほどの間、
ずっと患部が血の巡りがいい状態を維持できていて、
胸肋関節のズレや肋軟骨を固めた胸肋靭帯などがほどよく解けていった。

実際、この胸郭部分、私自身もこれほど鮮やかに溶けるやり方は、
見たことがないものでした。
自作てい鍼を扱いだした当初は、ほんとうにびっくりの連続でしたから。。。

ただ最近は、さらに先の応用編へ課題が進行しているので、
ワタシ的には、もう、そこは当然のような気がしていますが。


ただ今度は、首筋部分をインパクト圧を駆使してリリースしまして。
今度は「首がいたたたたぁ」と、忙しい感じです。 ^-^;

こちらのお客様は体質的にナチュラルな重心をキープ出来ている。
とてもいいしなやかな動作ができるという特徴がある方ですから、
特に反応が深くでてくれやすい傾向があるように思います。



ですが、先だって、私のところにメールで、
「先生のいう、インパクト圧を興味あるんだけど、受けられないのか?」と質問を受けていまして。


私的に内々でのデモは、もう何十回も数えきれないほどやってはいます。

同業者向けというところもあって、
簡単に真似ていけそうもない技術でもあるというところも知り、
ちょっと残念だと思われる方も多いのですが。


その反面。。。
前回の予約順番待ち登録にはしっかりと名を連ねていただけて
実際に自分の気になるところをこの際だから徹底的に治して!と、
期待してるぞというメッセージをいただきました。
確かに、役立ってくれそうだという期待値を身をもって感じていただけて光栄です。




そして、いつか関心ある一般の方に向けて、
どういう形になるか未定ではありますが、
時間を割いてデモンストレーションをさせていただく機会を設けられればと思っています。

あまり一般の方では人数は集まることはないだろうと思っているのですが、
もし「自作てい鍼を使った施術ってどういったものなのか関心があるよ」
という方がいたら、私宛にメールでご連絡をいただけましたら幸いです。

気づいた人は、うまくいく!

そんな経験を、ぜひ。 ^-^


私のメールアドレスは以下に。
sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp




お読みいただきまして、
ありがとうございました。

鈴木政春

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

【業務連絡】:2018年 3月24日(土曜日)午後9:00に、2018年 4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:
2018年 3月24日(土曜日)午後9:00に、
2018年 4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます



------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 4月の予約表更新、予告日時}




■ 2018年 3月24日(土曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

(予告告知が、更新日に迫っており、申し訳ありません)




更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

こんばんは。

ボディワイズの鈴木です。

私の住む西小山駅前から桜並木が続きます。

もうすぐ桜の花が咲く見頃かなと思いますが。

今日は雪が少し降るというような寒さと雨で、
早々と桜吹雪が風に舞うようにならなければいいのですが。。。





今日、午前中にお越しいただきましたお客様との会話で。

バレエをなさっておられる女性です。

体の使い方の理解を深める学習様式として、
感性で動くタイプの傾向が強い方と、
知性で身体への必要な気づきを増やし成長する傾向が強い方と、
二手に分かれるような気がいたします。

基本的に私は感性で動けるタイプとはほどとおい運動神経のなさ。
そこが自慢ですから、、、^-^;
必然的に知性で理知的に体への見方を深め、多彩なイメージを描いて
それを身体操作に活かすという後者になります。

今日、お越しいただいたお客様は私よりも運動神経はよいものの、
知性というツールを磨いて伸び続けるタイプです。

だから私と感覚的にシェアし合えるところがあり、
私が動き方の見方を伝えられることもありますが、
お客様から新たに気づいた動き方の視点を教わることもあります。



お越しいただいたお客様がバレエ教室で、
バレエを習いたての方に身体操作の意識を置くポイントを
伝授してあげるときもあるそうです。

解説のときにはバレエ用語という共通言語を持っているので、
その共通認識を元にすると説明が正確かつシンプルに伝わる。
そのような好印象持っておられるそうです。
お客様自身が自分をステップアップさせる際に
実際に変えてきた実績あるノウハウを伝えられています。
すると早々に成長していくことができます。
バレエでの上達を求めるものどうしですから、
具体的に何をしたいかという目的が明瞭にある。
そこに至るために相手を見透かし計算されたアドバイス。

それは非常に役立つもので、
バレエのひとつずつ正確なポーズをとるレッスンを通し、
身体操作全般の動き方の重要ポイントが伝えられていく。

そのようなことに対して、
面白味がありますとおっしゃっておられました。





そのお客様が、ひとつ的確な注目すべき点を述べておられました。

「バレエをしていない人に、
 身体操作を伝えるのはほんとに難しい」

ということです。



身体関係の言葉の定義や、
身体意識の状態の違いなど。
一般の方々と共通言語の日本語を話してはいるが、
双方がイメージしている部分があまりにも違って、
話が通じないということがあります。


ひとつ、よく取り上げられるところで説明させていただきますと。

たとえば、「腰の高さ」ですが、
一般ではお尻のお肉のちょっと上辺りの数十センチが腰、
よくものを知っておられる方なら腰椎1〜5番あたりが腰というでしょう。
ですが私が「腰」ということばを使うとき、
胸椎11番辺りの高さをイメージしています。
インナーマッスルの代表格である大腰筋を利用しようとするときには
胸椎11番あたりが上方へと引き上げられて、
そこを腰の高さと決めるという考えです。

歩くときに「腰の高さを意識してくださいね」といわれたときに、
腰の高さが下部腰椎部分を意識していては、
それではひとりでに大腿直筋等の歩行時に誤用する場所を使うようになる。
「そうならないようなところは、どこか?」と問うことを繰り返すことで、
私も自分自身の腰の高さを決めているのです。

そして今日、
お越しのお客様とは腰の高さの感覚は私と同様に理解してくれているので、
「腰の高さはここを意識して。それは、これこれ、このような理由で〜」
と話を脱線し過ぎることなく、情報伝達が容易に進行することができ、
それにより短時間でも密度の濃い、伝えたいことが伝わることになる。


ただそのような身体操作全般の熟知をしておられる方々は少数派です。
身体操作の専門的な基礎知識のコンセンサスがないことが多いのです。

すると、立位姿勢、ひとつとってみても、多くの言葉をつくすことへ。
言葉を多くして10も20も注意点を提示すれば、複雑な印象を与え、
私が説明を受ける立場であれば、速攻で思考停止状態に陥りますから。。。


そういうときには、
理解するには焦りは禁物で、
幾度もいつもの身体操作の誤用パターンにつまずき続けても、
あきらめないことが大切ですよね。

少しずつ自分のペースを守って、
理解できるところを増やし前進をすること。

現在、執り行っております身体操作とは。
過去に組まれた運動神経系に加えられたプログラムのこと。
合理的な使い方ができていない方向性が強い場合ほど、
改良されたプログラムへの書き換えは非常に手間隙時間がかかります。

ときには、奇跡的なほど飲み込みが早い人もいるのですが、
それはほんとうにレアなケース。 

今日のお客様は、そのことを実感としてしっているから

「バレエをしていない人に、
 身体操作を伝えるのはほんとに難しい」

と、実感を込めた言葉でおっしゃられるのでしょう。
私自身も、どうにかして少しでも私が知っている知識を伝えたい。
そう思い願ってがんばってはいるのです。
そして以前よりも、その成果はあがってきているように感じます。

ただ容易に一筋縄ではいかない場面も少なくありません。
お客様のお体が、相当なダメージを背負われているときは、
今は特にお体の現状を考慮しながらムリをし過ぎないこと。
それが大事です。
ある程度の体の改善がなされたあとに、
そのときがきたら、がんばろーと、掛け声を上げていく。
そのようなお客様がお通いいただいていることも
多いのがボディワイズです。
臨機応変にいくことですよね。

理解度は、お客様自身との兼ね合いも大きい要素となります。
身体操作について、
バレエというひとつに絞り狭く深く知りたい方もおられますし、
もう少し広域に浅く知りたい方もおられるでしょう。

それぞれの現状のニーズと共通認識の様子をとらえ、
私にできるだけのことにベストを尽くそうと思います。




(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 03:51| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

【業務連絡】:2018年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


 2018年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



ボディワイズ 予約可能日程表

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】


こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

先日、お客様のお一人に、
仙骨と腰椎の境目の関節、
つまり「腰仙関節」なのですが、
その関節部を伸ばしたくて伸ばしたくて。
一生懸命にそこをストレッチしてがんばったそうです。

そのような報告をしていただきました。



このような反応が体内から沸き起こってきてくれたとき。
今まで以上に体を垂直性を高めた立ち方に移行していけた証拠。
そうなると、腰仙関節部分を伸ばしたくて、伸ばしたくて!
という感覚が内側から訴えかけられて。
それで四六時中、その部分をストレッチしていたというお客様。
そのようは報告を多数受けていますので。

私は立ち方等の指導をさせていただくときに、
一般的な立ち方姿勢で十分に骨格のアライメント(垂直性)が
確保されているようには認められず、
より厳密な伸びやかな脊柱起立筋側を意識した立ち方を
お伝えしております。

その立ち方の指導が生きるのでしょう。


「腰仙関節を伸ばしたくて、伸ばしたくて!」というように、
今までずっと過度に萎縮している状態が常態化していたが
そこからくる不具合は多いにもかかわらず、
まったく腰仙関節の異常な萎縮が問題だと感じられない体。
そこから離れて、
「腰仙関節部分が詰まっている嫌な伸びのなさを感じる」と、
正常な感覚が芽生えてきた。

そこまでは、大変にすばらしいことが起きたといえますね。



腰仙関節部分が萎縮が強ければ
膀胱に、子宮や膣・前立腺などの生殖器など、下腹部系の問題は
非常に多く引き起こされる。
重い生理痛や不妊傾向、頻尿や、、、。
それだけではなく腰痛や肩こりや体の前後左右の歪み。
その他、多くのアンバランス状態を体の根本に与えてしまいます。

そのような場合には、
臀部の位置が上方へずり上がって腰仙関節部分ばかりか
腰椎の椎間板部分まで萎縮して柔軟な動きを失うならば、
その動かない、動かせない腰部の状態がデフォルトと感じて
それはそのままでいていいものだと勘違いをしてしまいます。


私の施術をさせていただいた統計というもので、
狭い傾向ではありますが、
根深い慢性疾患を持っている方々の9割は、
この腰仙関節部分が関節としての動きを
失っていたり悪化している。
それにより腹圧が正常にかけることができなくなり、
内臓の下垂が起きてしまいそれを修正する術がない。

それは腰仙関節部分が萎縮したときに
内臓を載せる骨盤底筋が前傾して内臓がお腹ポッコリ。
そのような位置に固定されて腹式呼吸がしづらくなる。




だったらその腰仙関節の関節部分を乖離させて
関節として使えるようにさせればいいじゃない。

というのが、普通の考えなのです。。。



実に不思議な事をいうようですが、
意外に思えるほど腰仙関節の萎縮があるにも関わらず、
そこをあまり重視していない先生が多くいるようです。

いいえ、正確に言うと、、、
腰仙関節の関節部分はあまりにも強く萎縮するもので、
この部位を緩めて通常位置にまで腰椎と仙椎を切り離すことが
不可能なことなんじゃないかといわれる私の知人同業者が多くいるのです。
(個人的に同業者の知人はそう多いほうじゃないのですが、
皆様、しっかりとした腕をお持ちの方だと感じています)


実際に、私もそう昔ではないのですが、
同様に、難治性疼痛などを持った方々や重い生理痛や不妊症を患っている方の
腰仙関節の異常な緊張と硬さなどは、
まさに腰仙関節の一部の部分から来ているのではありません。

大腰筋の萎縮や腰椎全体や下部胸椎部分の拘縮傾向や
仙骨周辺の靭帯の骨化や股関節をつなぐ筋肉群の異常や
その他、幾つものお膳立てがすまなければ腰仙関節を解くことができないことを
臨床で苦心惨憺の上で悟ったものです。
おそらく徹底して徹底してというスタイルで体をくまなく観なければ、
分かり得ない前提条件プログラムなのだと思います。

そうなると、一般の方には理解できる範囲外のこと。
そして私が施術を話し合うる人も、「私には対応できないです」と。。。
腰仙関節の部分以外の下準備の複雑さやその他大勢の部位自体も硬さが著しい。
腰仙関節の硬化を緩めて解く前の下準備自体にも、
かなり空を見上げるほどの高いハードルがあるようなのです。
もちろん、お客様、ひとりひとりの身体の違いはあるものの、
本当に、腰仙関節の正常化ポジションにすることが、試金石。



お客様自身が、自分の内部感覚から腰仙関節の部分を緩めたくてと気付き出す。
そのときには、体の内側の状態が幾つもの下準備部位が対処が進み
好転していっていることを示しているのです。

それだけではなく、
みずから腰仙関節部分が伸ばしたくてというお客様の傾向として、
自身の体についての感受性が鋭く富んでいる方々のみが訴えてきてくれた。

そういう方々の場合には、
私がその腰仙関節のリリースをさせていただいたときに、
改善された状態が維持しやすいという傾向があるのです。^-^


せっかく腰仙関節部分のような大切きわまりない
重要部分をリリースさせていただいたとしても。
残念ながら他動的に解かれたときには戻りやすい。


自らが必要性を持って腰仙関節の異常な萎縮状態を作り、
その緊張状態で骨盤や腰を固めて支え生活せざるをえなかった。
たとえ様々な体への不具合を引き起こすような
腰仙関節部分の萎縮等であったとしても、
いつの間にか、またいつもの状態に強烈に戻そうとするのです。

体はかつておこなった場当たり的対処により規定を学習され、
たとえそれが不具合を引き起こしてしまうものでも、
いったん当然のように受け入れてしまえば逃れられないほど、
脳が元通りの慣れ親しんだ問題ある状態に戻そうとするものなのです。


そのような際の対処法として。
身体操作について改善させるためのノウハウに則って、
身体の使い方を再構成していこうとするようなことがあれば、
そのような問題ある状態に戻ろうとしづらくなる成果が期待できます。
私の施術ではかなり時間をかけて体の使い方を新しい視点で見つめるよう
指導やアドバイスをさせていただくようにさせていただいております。^-^


うまく身体操作についての理解と実戦をおこない、
そして腰仙関節部分のリリースが起きるための
下準備になる部位のリリースが済んだときに、
「腰仙関節部分を伸ばしたくて伸ばしたくて!」
という、本人的には手を出したくても手が出しづらい切ない感じを得るのです。

それはいくら一生懸命に本人がストレッチをしてみたとしても、
腰仙関節部分自体は非常にハードに萎縮して動けないままです。
だからいくらストレッチをしても伸びなくて、
ずっといつもストレッチをしてばかりいたくなる状態になってしまう。
^-^;;;


私の経験上、
そのようなときに私が特殊な重りを使って巧みに腰仙関節をリリースをすると
それは非常に大きなステップアップをする段へジャンプする姿を見せてくれます。

ちなみに、、、
手で押しても引いても、AKA等をしてみたとしても容易には動くことがない方がおられて、
そのような方々のリリースが至難の業で対応が私の周りを見ても難しい様子でした。
それを重りを使って梃子を活かし特殊な形状にすべり止めをかませることで
腰仙関節部分のリリースができるようになりました。

だいたいそのような技術は一年から8ヶ月ほど前にようやっと、
私が理想にできるようなレベルへと近づいてきた状況です。。。
(私自身、理想は高く設定しているほうだと思いますのでそれはあしからず)


相当に研究に研究をしてみても、
参考図書も紐解いてトライしてもことごとく私が望むだけの変化は起きなかった。
自身での創意工夫もし続けてきたのだが、それでも本当に難しいものであった。
多年にわたって腰仙関節部分の理想位置までのリリースは難問中の難問。

今は、お客様に述べることもなく、
ごくごくあたりまえに腰仙関節を解いて理想位置へと徐々に近づけます。

それが自作てい鍼を使ってのインパクト圧を、
これまた巧みに使ってお膳立てをすると、
腰仙関節のリリースの進行度合いが更に格段に良くなった。

このように今も更に、
理想的なリリース状態へ近づけるよう工夫をし続けている。
他の先生方の腰仙関節のリリースについては、
私は観ていないのでなんともいいようがない。

ただ最近、自画自賛ではないのですが、
インパクト圧を使ったときの成果から
さらに多くの方に腰仙関節を自由な状態が作り出せてきた。
そのことが、非常に嬉しいし、誇らしく感じます。




個人的なお願いとなりますが、

長年に渡る体の不調がある方々の場合。
腰仙関節部分に詰まりがあると診断されたならば、
ぜひ、ぜひ、徹底的にその部位を緩める体験をしてほしい。


腰仙関節の詰まりが解けないままで過ごす
すっきりしない生活より、
遥かにリリースされた後は快適になったと
私に笑顔で話して聞かせてくれるお客様が多くおられるのです。



================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

【業務連絡】:2018年 2月25日(日曜日)午後9:00に、2018年 3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます



【業務連絡】:
2018年 2月25日(日曜日)午後9:00に、
2018年 3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2018年 3月の予約表更新、予告日時}




2018年 2月25日(日曜日)午後9:00



上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。




更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。






【 編集後記 】

こんばんは。

ボディワイズの鈴木です。

施術をさせていただくときの背景音楽。

施術者ごとに、様々だそうです。
先日、ボウエンテクニックの講習会で昼食時に、
話題に出ておりました。

ある人は、音楽なし、ある人は気に入ったCD。。。


そしてここ最近の私は。

YouTubeで
「RELAXING JAZZ & BOSSA NOVA MUSIC RADIO
-24/7CHILL OUT PIANO & GUITAR MUSIC LIVE STREAM」
という番組があります。

そちらをずっとエンドレスで
流させていただいております。


施術をするときに
静かな音楽を耳にすることは
リラックスモードを深めてくれますよね。

個人的に、気に入っております。 ^-^





================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-

posted by スズキ at 03:30| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

予約順番待ちに並ばれているお客様5名に順番が来ました!

一昨日前。

新たに予約順番待ちにお並びいただきました5名のお客様に、
「予約順番が回ってきました!」とのメールをお送りさせていただきました。 ^-^

そして早速、全員のお客様にレスをいただきました。
感謝いたしております。

施術でそのときの私のベストを尽くせるよう、
がんばっていきたいと願っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


施術をする側として、リピートして通っていただくことで、
徐々にお客様自身の施術が進み、
より深い体の内側の情報をえられて
新たな局面を迎えてまた内奥にあるしこりや今まで気づかなかった不具合に気付き、
そちらへ意識的なアプローチを繰り返していく。

それが施術として、何年もその後に続くいい家づくりにも似た、あとに残る仕事の理想型です。

ですがもちろんそのときそのときの状況で、
一回のみの施術で終わることもあります。

それは私自身の力不足ということもありますし、
お客様の施術にお通いいただける状況ではなくなったということも生まれるでしょう。


この度の、予約順番待ちにお並びいただいたお客様で。

数年前に一度、予約順番待ちにお並びいただいてお越しいただいた方が、
再度施術に通えそうな状況となられたということで予約順番待ちに再登録していただけました。
ありがとうございます!


実際、施術をする方の側としては、日々、施術をするというのは日常のことのようですが、
その施術を受けていただいたお客様に取りまして、
特別な施術を受けてきたぞ!という時間ですから。


一回のみ」の施術でのお付き合い。
その施術提供にも深い縁や思いを感じています。

施術をさせていただく側として、
一回ごとの施術を大事にすること。

施術をさせていただいている、そのとき、その場。
そこにしっかり意識を集中できているかどうかで、
私自身の人生の密度や意義も変わるように感じる。

なので、一回のみの施術をさせていただけるチャンスも、とても歓迎しております。
そこでの私のいたらないところももちろん多々ありますが、
私自身の長年続けてこれた強みといえるところも伝わると願っています。
そういうものはいくらネット上の文章で述べてみても、正確に伝わりませんし、
お客様自身が自分の体の内側にアクセスしやすくなるような手伝いをすること。

そのような各人各様の状態や状況を理解して、
進むべき方向付けを考えて施術という乗り物でそこへ至る道筋を、
施術者とお客様とともに協力し合いながら引いていくものであります。

もともと施術者が何ができるかというと、お客様の黒子として活躍することで、
たまにレーシングカーのサーキットでレース中にピット・インしてメンテする。
故障箇所を見つけて直し、再度、レースに滑走する。
それはお客さまご自身の力で、うまく施術者はそのときの客観的に体がどうなっているか、
そのメンテ箇所を伝えたり方向付けを私なりに考えてコンセンサスを得たり戦ったりして。
そうやって前進して、成長していくような気がしています。



ぜひ、予約順番待ちにお並びいただいているお客様。
よろしくお願いいたします。 ^-^
posted by スズキ at 10:50| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする