2020年07月30日

日本でもドイツ基準の自然療法士制度があればいいのに。。。

日本では、医療というと西洋医がメインです。
または東洋医学としての鍼灸等でしょうか。


ですが他の国々では、
草木等を利用して健康を維持するためにもちいられる自然療法を生活に取り入れる人々は多いようです。




去年。
私の施術のこころの師匠と慕っております先生が、
アメリカで薬草を学ぶコースを受講していると連絡をいただきました。

先生は、野草で目的のかなう薬草となる植物を求め歩くそうで、実践的。
得た薬草は、チンクチャーとしてエキスを安定したウォッカのような蒸留酒や蒸留水などに移し保存するそうです。

ワイルドライフを、いまも送っておられるでしょう。

新型コロナウイルスのような危険はおのずと避けて通る知恵を持っている先生なので、
不思議と大丈夫だと。
もう少しアメリカが静まったころに連絡をいれるつもりです。


アメリカでは、そのような自然療法講座も主宰されて、
高額な受講料でも多くの生徒が集まって学んでいるそうです。







他国でも自然療法について受け入れられている国があります。

中国は、日本にもなじみが深いでしょう。
『神農』がみずから草木を口にして、薬効を語ったという話。





他には?
例えば、ドイツ。


ドイツでは、自然療法士(ハイルプラクティカー)という職業があるほど補完医療が市民権を得ております。
ドイツでは薬局で補完医療分野のホメオパシーやフラワーエッセンスで処方されたレメディが手に入ります。


自然療法を学ぶ場も多くあって、関連書籍や雑誌が多数出版されています。


ドイツは、新たな医療機器が開発されたとき医療認可を受けるとき、
徹底して検証をする国として知られてます。
私が知るドイツで開発された医療認可待ちの機器は、
日本の医療認可も大変なものだという印象を凌駕する認可ハードルの高さでした。
「その検査、まじめに必要?」と思えるような、
落下防止どころか2メーターほどの高さからガシャン!と落下させて壊れないかまで検査します。
精密機器を容赦なく床に落下させて壊れては駄目だしするという国です。
日本では、そこまではしないんだが、とドイツ人が苦笑してました。


同様な高いハードルを突きつけて認められたドイツ人基準の自然療法は、
自然療法士という補完医療の担い手を育成され国民全体の6割が、
補完医療で治療体験を持つ療法です。
だから一般的な病院でも取り入れて効果を上げております。



一見すると『薬草学』はおばあちゃんの知恵袋。
「この薬草は、便秘に効くよ」と薬草ツボから出したセンブリを煎じて飲むような感じ。

自然療法が効くのかどうかと疑う人もいそうですが、
その多くは質の高い自然療法に接した経験がないか浅い人が持ちやすい感想です。

事実に基づくほどの知識がないときには、
疑うことがリスク低減になります。。。



自然療法が身近かに利用できる環境で心配ないものだと知っていれば。
信頼する親や身の回りの人たちが自然療法を利用してしあわせな顔をしていたならば。

親しみを込めて自然療法に目を向けることができるはずです。


とっても身近に感じられることでしょう。



またドイツ在住の日本人がドイツで長男が腹痛で入院したら、
抗生物質ではなくホメオパシーのレメディが処方されたそうです。
効果の裏付けや科学的根拠があるということ。


日本の病院では、現状、ありえないことです。

ドイツの職人気質な補完医療の番人となるには、
そうする権利があたえられるほど高度なトレーニングや試験が必要です。
ここが前提条件として安全や効果が担保されている必要があるのですが、
そのうえでなら抗生物質の処方を差し置いて代替医療を採用するという天秤が用意されている。


その選択肢の幅広さが日本でも実現できれば、私にはありがたいです。


レスキューレメディのような緊急事態を治めるためのホメオパシー等の処方もあります。

ここでは詳細は触れませんが、緊急な腹痛等の病気のみがカバーする領域ではありません。
心身ともに日頃から安定した自分を手に入れるサポートを積極的おこなう対応がなされて、
よりよき人生へのサポートが受けられる。




病気にならないための自然療法も大切ですが、
よりよい生活を楽しむための自然療法に、
それが含まれているというのが理想です。


個人的な願望では、ドイツのような国レベルの自然療法士の資格が制度化してほしいです。

今の各人が各人の体質に合った免疫力を向上させていくことへの取り組みを、
自然療法でバックアップしてくれるようであれば、
ぜひ、受けてみたいときです。







最後に余談です。

私ごとで恐縮ですが、
最近、大自然感を味わうことがめっきり消えた生活を送っています。


自然に触れるためこの夏、初の式根島を考えていたら。
与論島で新型コロナウイルスの感染が大変な状況だそうですね。

それで式根島観光協会の方に、式根島の方々も小さい島ですががんばってくださいと送りました。

「離島での感染は、時間の問題ともいわれておりますが、

 出来る限りの対策を取りながら、何とか無事に終わるまで頑張りたいと思います。」


とのレスを頂戴いたしました。
「いまは、来てほしくない」とは言えない観光推進したい立場の方です。

でも与論島に知り合いがおられて大変だという声が入っておられるようで、
そんななか東京品川区在住の私が行っていいものか?


思考は迷宮に入りつつあります。
外的状況が変わってほしいです。



とりもなおさず、
何とか無事におさまって、島で暮らす方々もつつがなきよう祈っております。



下に貼り付けた映像は、
式根島ではなく三宅島の映像です。
タブレットやスマートフォンで、動きながら観ると楽しいです。
パソコンで視聴している方は、マウスで画面上をドラッグして左方向へ動かしてみましょう。

こういうのを、期待して行ってみたいと思うのです。
(いいよね〜)


https://youtu.be/NvchzPwsNCw
VR対応360°映像で三宅島体験【七島展望台】

posted by スズキ at 16:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

社会・心理的ストレスが{気滞}をうみ、自律神経や内分泌の機能を悪化させて体調不良を招く

今回は施術関係の話ではありません。

数日前、東京内の貴重なゴツコラ(和名:ツボクサ)の群生地へ。
いま、私の家のゴツコラ(和名:ツボクサ)が種つきだしたので、
群生地で新鮮な発芽率のいい種を分けてもらおうと考えまして。

前回に群生地へ訪問した5月。
そのときよりだいぶ成長したと思いきや、
葉は勢いをなくし、群生エリアも深刻な縮小傾向でした。


7月は、一日中晴天だったという日は4日間のみ。
日照が悪すぎたため私の家のゴツコラも勢が悪いものは枯れたり、
カビ等に腐食されました。
他の植物もそのような影響を受けたものも少なくありません。

だから群生地もその影響が出ていてもしかたがない状況です。
群生地で種を少量のみ採取したが、種の粒は小粒で生命力が弱そう。


今日は、採取した種をお参りさせていただく寺社エリアに撒く予定です。
神仏のご加護をいただき発芽を期待してます。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



新型コロナウイルスから派生した社会的影響は心理的な負担を余儀なくし、
同時に巣籠ステイホームが続いたため運動不足も。
そのうえ極端な長梅雨による日照不足でビタミンD、特にビタミンD3が不足。



皮膚が太陽光を浴びることでつくられるビタミンDは、一般的に「太陽のビタミン」と呼ばれています。
ビタミンD は、必須栄養素です。
腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。カルシウムの働きに関わり骨などの健康に関与します。
それだけではなく、ビタミンDには、免疫機能を調節する働きもあります。
体内に侵入したウイルスや細菌などに対して、過剰な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進します。
このため、かぜやインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防にも関与することが分かってきました。
その他、がんや高血圧など、さまざまな生活習慣病を予防する効果も期待されています。



ビタミンDを体内に増やすには、、、。
ビタミンDは1日20分程度、日光に当たることで体内でつくることができるので、散歩やウォーキングなど、外に出る習慣をつくりましょう。
天日干しのしいたけやきくらげ、鮭、いわしなどの魚類、卵黄などに多く含まれています。
またはビタミンD3配合サプリ。



ということで、
ビタミンD3サプリで免疫機能をアップしてくれるなら、
新型コロナウイルス対策の微力貢献はしてもらえる?





ですがこれだけで十分対応できているか?

自信なさげです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ストレスにさらされている自覚がある人もいますが、
自分ではストレスを感じていなくても身心症状がストレスからきたものだという人もいます。

私たちは外界の刺激や体内環境の変化を脳の視床下部が察知して、
自律神経系・内分泌系などを制御して、身体を一定に保つようにしています。

しかしストレスが続いてしまえば視床下部が過剰反応を起こします。
それにより自身の臓器の弱いものへと悪影響が及び、
自律神経や内分泌系のバランスが乱されることとなります。

自身がすでに病を得ていたならば生理的ストレスを蓄積するでしょう。
新型コロナウイルスによる心配や恐怖、そして継続中でいつ終わるかわからない緊張からは
社会・心理的ストレスがかさみます。


それにより自律神経や内分泌の乱れが発生し、
身心に臓器の機能の異常などをもたらします。



ストレスが多くなると中医学では「肝」の気のめぐりが悪化して{気滞}に陥ります。
西洋医の視点でみる解剖学的な肝臓という臓器と、
中医学の視点でみる肝とは別の意味を持ち混乱を避けられると思います。
詳細の解説は見送りますが、中医学でいう「肝」は肝臓が任された特別な役割・機能をあらわすものです。

気滞}となれば、いらいら、胸やわき腹が張ったり、ガスやげっぷが多くなります。
そして動悸、息切れ、食欲不振、下痢が現れ、悪化すればのぼせや頭痛、目の充血へ。


そしてやがては気が滞り続けてカラダの隅々へと栄養を送る血を配送することができなくなればエネルギー不足に陥ります。
これが{気虚}。
食欲不振、気力不足、疲れやすく風邪をひきやすいようになる。

そして血液が不足するときもあり、これは{血虚}。
血が滞るため顔色が悪くなり、めまいや抜け毛、手足のしびれや月経不順など。

または潤い不足に陥れば{陰虚}。
口が渇いて手足がほてり、寝汗をかく。


そしてこのようなストレスが継続すれば、ストレスに対しての抵抗力はさらに弱まります。
それがさらに{気滞}{気虚}{陰虚}を強めることで身体を虚弱化させていくでしょう。



社会・心理的ストレスから気滞へ.png



こうした気のめぐりの悪さは血液のめぐりを同時に停滞させます。
血液の停滞が「おけつ」が体内に現れだして、頭痛、肩こり、皮膚のがさつき。

この物理的に血流を妨げる作用をもたらすおけつが生じると、
自律神経や内分泌の異常も進み、
当初は神経ネットワークの問題が内臓諸器官の働きを乱す自律神経が失調した状態で、
内臓器官自体は異常がなかったものです。
ですがやがておけつが蓄積されて主要な臓器等へのエネルギーを送り老廃物を除去する代謝機能が阻害されれば。
阻害影響を強く受けた<臓器組織の虚弱化>が起こりかねません。

ここまで進行しては改善が危ぶまれることもあります。


このように社会・心理的ストレスが引き金となり、
{肝}の気を送りだす機能を抑制させれば、気をとどこおらせ血液の停滞まで至らしめます。

その引き金が様々な身体的悪影響を及ぼすということは、中医学では常識。




ひと、それぞれがオリジナルの社会・心理的ストレス対策を講じられるよう工夫が必要なときです。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




私の気滞気分を一気に変える方法を、最後に、ご紹介いたします。
一部、汎用性がないやり方もあり、すいません。

音叉やティンシャのような打楽器的に自分の手で握りながら打ち鳴らすことができるものを使います。
音を鳴らしたとき、自分の手に振動が伝わり、ストレス脳が急速にリセットする感覚が味わえます。







ただ、実はこれで十分かというと、私の肩コリはこれでは、もう手に負えない。

長雨でも体を鍛えておかなければと思って、
最近、長距離を歩くようにして負担がカラダに蓄積した。
それが抜けにくくて体がどんよりしていたのです。

それをどうにか処理するには?


というところで思い出しました。^-^

ブラス.png


今は施術で使わなくなったが、以前、上記写真の2本真鍮製円柱の棒をトントンとノミと金づちを使うようなイメージで、
インパクト圧を使って、しつこい筋膜の凝りをほどいていたことがありました。

実は、そのとき。

多くのお客様が、この真鍮がカチン!となった時の音をうるさいと思わずに、
「ホッとする」「音で体が緩む」と言ってくれていたのです。


それを聞いて、私は思いました。
もしや、この真鍮製の棒を二つ、空中でカチン、カチンと音を鳴らしただけで、
カラダが緩むのではないか?




実験したら、
実際に、私が想定していた以上の筋膜部の癒着が緩んでいた。
私の肩コリが、瞬時に魔を切ったかのようにぬぐえたのです。



真鍮製の棒を自作しておられるお客様のA様。
ぜひ、試してみてください。

まじめに、これ、即効です!!!
posted by スズキ at 13:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

映画紹介:『美しき緑の星』 

だいぶ前から、
私の知り合いがフランス映画『美しき緑の星(La Belle Verte 199 仏)』を観るよう勧めてくれました。

Nさん、ありがとう!



昨日、ネット検索したら
ニコニコ動画でアップされてました。

ようやく観ました!



美しき緑の星(La Belle Verte 1995 仏)』1h39min 日本語字幕 - ニコニコ動画





内容は・・・。

『 ハリウッドで大ヒットしたコメディ映画「スリーメン & ベビー」の原作者、
 フランス映画界の巨匠コリーヌ・セロー監督が描く、宇宙から見た地球という惑星の世界。

 地球よりも遥かに小さな惑星である美しき緑の星は、豊かな自然に恵まれ、
 人々は自給自足で助け合う循環社会を形成している。
 大都市も身分制度もないユートピアの美しき緑の星の住民にとって、
 貨幣制度や戦争を繰り返す地球という惑星は、極めて原始的な文明レベルにあるだけでなく、
 まるで地獄のような星。
 美しき緑の星には「星外派遣」という任務があり、文明化が遅れている惑星に美しき緑の星の住民が派遣され、
 その星の現状を調査したり、文明の方向性を軌道修正したりする。

 「わたし、行ってみたいわ」 危険な惑星である地球への派遣に、美しき緑の星の住人は誰も手を挙げて行きたがらない中、
 勇気ある主人公ミラ(コリーヌ・セロー)が地球派遣の任務に1人手を挙げる。
  そして、美しき緑の星、宇宙の常識から見た、今の地球は一体どんな視点で見えるのか。 』


単なるコメディ映画の枠を超え長きにわたり人々に見続けられている映画です。

見どころは他にも多く、
考えさせられるシーンも。



他のこちらの映画を評したコメントでは
あまり取り上げられていませんでしたが、
ダンスシーンが、いい!!!

アクロバティックなダンス、
木にぶら下がったブランコに乗って自在な動きを楽しむ。
トランポリンを使ってるのかな、という空中に舞う姿。

カッコイイです。
大きなスクリーンで観たくなりました。



お時間がある方は、ご覧くださいね。
posted by スズキ at 11:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

累積疲労、してませんか?

昨日、武蔵小山のブックオフに立ち寄って「累積疲労―心療内科医からの警告」という本をみつけ、手に取りました。

施術系の本ではないという安直な理由で、
購入には至らなかったのですが。

自宅に帰ってから「累積疲労」についてネット検索で調べてみました。
最近ちょっと疲れてて休んでも疲れが抜けないという人は、要チェックでしょう。

日々の睡眠や休息で回復できなくなった過剰疲労は蓄積して、
 カラダのなかの90%を占める毛細血管やリンパ管が詰まる。
 成長ホルモン分泌の減少で、死んだ細胞が体内に蓄積される。
 さらに進行すれば、胃腸の虚弱化、体内酵素活性力減少、脳機能の低下に至ります


というのが「累積疲労」というものだそうです。


元気に日々疲労を解消できる人と、
死んだ細胞が体内蓄積する人との差のイメージを膨らませると。。。

累積疲労.png


のような感じでしょうか。

「カラダの血流等の代謝が滞り毛細血管が詰まる等により、細胞が死ぬ」というのは、
細胞の餓死もありそうですね。
わが身の中で起きていたとすれば、あまりに不憫です。





累積疲労と似た言葉のイメージに慢性疲労があります。
ただ慢性疲労は、現状はどのような原因で起きる症状化が解明されていないそうですが、
累積疲労は違います。

肉体上に起きた疲労も、やがて心理的疲労にまで展開しうつや他の精神的な症状も起こることもありますが、
日々蓄積する疲労原因になる事象を減らせば、やがて改善に向くといいます。






最後に、累積疲労をネット検索すると、
厚生労働省のホームページ
こころの耳 https://kokoro.mhlw.go.jp/
というページがでてきました。

そちらにある「働く人の疲労蓄積セルフチェック」というコンテンツ。
20問の質問に答えて、あなたの傾向を教えてくれる優れものです。
https://kokoro.mhlw.go.jp/fatigue-check/worker.html





私のことですが、
最近、改めて神社仏閣へと足を運ぶような時間を持つようにしています。
木々が生い茂るマイナスイオンがでている場所とかもいいですね。
なにかそれで仕事の生産性が向上するわけではないです。
むしろ汗だくで疲労する時間になります。

ですがステイホームを抜けて気分が入れ替わるだけでも
累積疲労の元本を削って減らせるようです。


自分の気を鎮める場に赴くことも、お勧めです!

posted by スズキ at 13:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」でも有名な蛭子能収さんが。まさか。

今日は、直接、施術の話とは関連しないことで、申し訳ありません。

個人的な趣味主張で恐縮です。


「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が好き。
暇があるとYouTubeで観てます。
訪れたことがない土地に思いをはせることもいいのですが、
太川陽介さんと蛭子能収さんのやり取りする姿をハラハラしながら、
同じ映像を繰り返し再生しているほどです。



既に蛭子能収さんは、体力の限界を理由に引退していて、
新たに「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 Z」の羽田圭介さんと田中要次さんへ引き継がれました。
初期作品内の田中要次さんの番組内の言動から、こちらは観る気が失せてしまった一人なのですが。


こだわりが強くマイペースで生きるローカル路線バスに乗る蛭子能収さん。
その姿に、ある意味、生きる勇気をもらっていました。



そんな蛭子能収さんが、アルツハイマー型とレビー小体型の認知症であると診断されたそうです。

もうネット上でもテレビでも話題になっているようです。
そのことを聞いて驚きました。


蛭子能収さんが、とある健康番組に出て認知症との診断を受けたそうです。


2020年07月08日
蛭子能収に芸能界引退の危機…まさかの認知症発覚か!?/「主治医が見つかる診療所2時間スペシャル」

https://www.tv-tokyo.co.jp/information/2020/07/08/220936.html



主治医が見つかる診療所 動画 2020年7月9日 蛭子能収から緊急SOS!認知症検査に完全密着
(上記映像は、蛭子能収さんが出演するところから再生される設定にしてあります)




認知症について、一般書レベルを超えたわかりやすい書籍も出ており、
私はそのような図解された本を数冊読みこみました。

私が関心あるゴツコラ(和名:ツボクサ)が軽度認知症にも改善例を持つという話があり、
その関係で認知症の専門書はハードルが高すぎて挫折したのですが、
わかりやすいが内容の濃い一般書をえりすぐって調べていたのです。


アルツハイマー型は、ゴツコラでの改善例はあるようです。
興味深いところでは、私がブログをときどき読ませていただいている長野の高遠のほうにお住いの方で
ゴツコラ栽培をなさっている方が、自身のご高齢の姉が認知症の症状が出たときにゴツコラを食べさせて改善と書かれていたのが印象的。
そして姉の症状が進んだときはゴツコラを食べさせる量を増やして対応したといいます。

私はその話を聞いて、一気にゴツコラファンになるキッカケを与えてもらいました。 ^-^
「なんて、素敵な役立つハーブが、世の中にはあるものだ」と、目を輝かせました。



ゴツコラファンとしては、ネガティブにも思われそうな細かいことを述べるようですが、、、
日本人がゴツコラを利用して、体に良い状態を享受したというデータが乏しくて、
本当に日本人に効果がどれほどあるものなのか、、、疑問を持ってみています。

他国の方々以上に、昨今の日本人は陰虚の性質が高齢者から若者に至るまで年々強まり、
他国の方々が効くといわれるものを摂取したとき、昔の日本人には同様な成果がでると期待します。
ですが陰虚に傾き体内のエネルギーが枯渇する傾向が強くなってきた日本人の体質では、
すでに漢方や鍼灸、それに整体等も効きづらくなっているのです。

私も、私が施術を始めた当初では、この程度の私の施術の技術でも効いたはずが、
今の新規の方には当時のやり方では到底歯が立たないものだと感じることもしばしばです。

それゆえに、ゴツコラはWHOでも珍重されるという稀有な将来性高い植物といわれてますが、
現代の日本人にどれほどの効果があるのか、疑問です。
特に都会で仕事や家庭、学校等で多大なストレスを蓄積している方の場合、
なかなか思うような成果が期待できるものではないと。

勝手ながら感じております。
それゆえに日本人がゴツコラの実食で認知機能の低下を抑止させたり予防できたというような情報が
喉から手が出るほどほしいところです。

アルツハイマー型認知症は、ゴツコラの実食により改善したという例はあるようです。
ただレビー小体型認知症は、ゴツコラで成果が出るかどうかが私が調べた範囲内では見当たりません。
英語で適切な検索語を選択してデータ検索をおこなえば、何らかのものは見つかると思います。
意訳の多いGoogle翻訳で判読したもので、意味が定かではないところが多くありますが、
フランス語圏のところでは、多少良い感触があると書かれているようなところがあったようです。

一般的にゴツコラで認知症を改善させたい日本人も少なく、
日本人の認知症が改善する身近な具体例を知りたいと思いつつも、
さいわいにして私の身のすぐそばには認知症認定された方がおられません。



私の願いは、また蛭子能収さんが太川陽介さんと一緒に、
過酷な旅番組の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」ではなくて結構ですから、
笑顔ででこぼこフレンズとして番組に出てくれるようになることをお祈りしております。




認知症の初期段階は、
西洋医学のお薬で進行を遅らせることはできるようです。
ですが脳内の器質的な変化が定着してしまい進行を止めたり元通りにするということは難しいため、
徐々に進行して終末期を迎えてしまうことが多いようです。

再生医療等のなんらかの高度な技術を活かすなどにより、
近い将来、進行の歯止めがかけられるようにならないでしょうか。。。
posted by スズキ at 20:48| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルス感染患者の闘病体験ドラマ(配信終了が7月13日(月)23:59 という 168分 の番組)

新型コロナウイルス感染者が東京では増えていますね。


さいわい、私も私の知人や親類縁者には、感染した者がおりません。
さしせまった感染実感を身近から感じることがありません。

ですがボディワイズでは、究極の選択で臨時施術の受付という不安定な営業のまま、本営業を先延ばしにしています。

マスク等をしていたとしても、密閉された空間での施術では、逃げようがないウイルス。
人が病気へ転じる仕組みの過半数がウイルスや細菌、バクテリアが関与しています。
そのことを去年の中頃より学びだした知識から、
本営業は先とするしかないと判断し続けていました。
そのために多くのお客様にご迷惑、ご不便をおかけいたして申し訳ありません。


以前、ボディワークでの筋膜リリースのみを自身のテリトリーだと考えていたときは
ウイルスや細菌についての知識は一般書程度で意識が乏しい様子でした。
身近なできごとではない対岸の火事と考えていました。



ですが、、、。
個人的に去年、すい臓がんで他界した母のこと、そしてがんを患われておられたお客様のことを考えて、
その後も、調べ続けています。
実際の対処できるところまではいきませんが、
私にも部分的なケア可能な仕組みを見出そうと考えていました。

慢性炎症の延長線上で癌化した細胞がアポトーシスせずに生き残るというのは真菌の影響があるのか?
等々、推測してはそれ関連の書物やネットでの学術論文でチェックをいれるようなことを繰り返しています。

そんな日々を過ごしているとウイルスや細菌等に対する恐怖心や対抗心は、
少なからずふつふつとわきおこるものです。
温熱対応での冷めて免疫を低下させている組織を加熱して部分免疫力を増すとか、
(体力を落としている方のときは、全身におこなう温熱対応よりも、限られた血液資源を優先的に送る個所をホットストーンで指定して導くとよい)
または体内環境を改善させるようなアダプトゲン・ハーブの活用の模索など。
いまもまだなんら実績が伴っていない手探り研究中ですが、
中医学が病の元がウイルスや細菌等との折り合いや戦いということだとわかってから。
それを学びだしたときにウイルスや細菌等の恐ろしさを身に染みてきたと思います。
目に見えないほど小さな存在が、人間にとってどれほど多大な影響を与え続け、
それとのかかわりを模索してきたのかを感じられたような気がしておりました。

なおかつ体内の奥に炎症化が慢性化した状態を検証したときは、
単純に筋肉が炎症を起こしてダメージを受けているばかりではない。
血行不良により免疫抵抗が落ちた組織エリアでは、
通常の健康体では体内で繁殖できない攻撃的なウイルスや細菌の繁殖があるものと考えて、
警戒し、対策をするべきだと考えるように変わった経緯があります。




ただ新型コロナウイルス感染者の、苦痛について知る手立てが見当たりませんでした。

体力があってタバコも吸わず、免疫力があるようなら、
症状として発症しないか、または軽症ですむのではと、
希望的な考えでいた自身を反省します。

新型コロナウイルスによる感染者がどのように大変な闘病生活を送るか。。。。。

関心があったものの、、、。


そのようなさなか、たまたま昨夜、Tverで
『池上彰の人類vsコロナ危機〜徹底検証! あの時何が起きたのか〜』
(Tverの上記番組のURLは下記に)
https://tver.jp/corner/f0053690

公式サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/ikegamiakira/?sc_cid=videotokyo


という番組を観ました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都の感染者が連日100人を超える中、どう第2波に備えればいいのか? 
感染リスクが高いのはどこ? 
飲み会は大丈夫? 
池上彰の解説や豪華俳優の実録ドラマで徹底検証する。

【出演者】 池上彰、大浜平太郎(テレビ東京キャスター)、
増田ユリヤ(ジャーナリスト)、松本哲哉(国際医療福祉大学主任教授 )、
高畑淳子、東貴博、鈴木ちなみ
【ドラマ出演者】寺脇康文、酒井美紀、松村雄基、
宮澤佐江、日向丈、片岡明日香、宮崎美子、窪田等(ナレーター)ほか
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


配信終了が7月13日(月)23:59 という 168分 の番組です。

ぎりぎり観れた感じでラッキーでした。

献身的に医療従事していた医師が新型コロナウイルスに感染し、
その闘病を経て生還した再現ドラマを観て、
改めて恐ろしさを感じました。

同時に医療関係者各位の献身的な仕事に頭が下がります。
感謝申し上げます。


関心がある方は配信終了間近ですので、
お急ぎでご覧になられますようお勧めいたします!
posted by スズキ at 08:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

『はたらく細胞』第1話「肺炎球菌」のみ無料で視聴できます!

体の勉強には、むずかしい本を読むばかりが唯一ではありません。

以前にもこちらのブログで紹介させていただいたのですが、
はたらく細胞』というアニメ。
コミックからアニメになった作品です。

『はたらく細胞』公式ページ

https://hataraku-saibou.com/


いまAmazonやアベマ、そしてTVerなどで
『はたらく細胞』第1話「肺炎球菌」のみ無料で視聴できます!



体内に侵入した病原菌:肺炎球菌を、免疫発揮する白血球が駆除する流れが、
それぞれの登場する細胞を擬人化させて活躍を描き、わかりやすく学べます!!
免疫細胞は、白血球のみならずヘルパー細胞やNK細胞まで出てきます。
血小板キャラが、かわいいと大人気です!



TVer  はたらく細胞 https://tver.jp/corner/f0053616

アベマ  はたらく細胞 https://abema.tv/video/title/26-53
posted by スズキ at 05:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

東京在住者、4割が移住に興味あり、、、かあ

先日、友人の施術者より、
「いまは東京を抜け出す移住者が増えている」といってました。

移住して志のあう人とのコミュニティを作る人たちが、彼の周りでは増えているそうです。


2014年の内閣のどこかの調べですが、
東京在住の4割の人が移住を考えているという。


仕事面、生活面、現地の先住の方に溶け込めるかなど、低くないハードルはあるでしょう。

ただインターネットを活用して仕事をすることができるスキルを上げていけば。
以前よりも仕事面でのハードルはさげられるようになったという移住者も。


移住後にUターンし住み慣れた東京に再び住む。
都会のすばらしさを再認識して戻る人もいるようです。


そんなことをいろいろ考えて見つけたYouTube映像。
加藤紀子さんがでていたので、つい、見てしまいました。 ^-^



https://youtu.be/7h1dZDuwybA

おためし!移住体験「くらし潤す水の都 愛媛県西条市」 厳選いい宿 特別編


移住といってもどこにいけばいいかさえ見当がつかないし、
人の多い東京だからなんとか暮らせているという感じもあるので。
今は、夢のような話ですが。


暑くなったら自然のあるところで、のーんびりしたいですね。
posted by スズキ at 18:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

私が「解説に使ってるお絵かきソフトは、コミPo!」です 

私は手書きではうまい絵が描けないので、
簡単にキャラクターが解説しているような絵が描けるソフトは必須です。


そのような私に対して同業者のお友達より、質問を受けました。


「解説に使ってるお絵かきソフトは、なに?」


すでに販売停止となった「さし絵スタジオ」等、いくつか使ってはいますが、
最近、気に入って使っておりますのが下記のWindows対応のソフト「コミPo! 」です。

私はパッケージ版で購入しました。
パッケージには含まれないキャラクターのオプションを、Amazonでのダウンロード購入しました。
トータルで15000円ほどです。


それが今はずいぶん安くなってるんですね。
入っているキャラクター数が制限されているもの
「880円」という格安にてダウンロード販売されています。



コミPo! [ダウンロード]
ウェブテクノロジ・コム
プラットフォーム : Windows 8.1, Windows 10

価格: ¥880




この基本ソフトはキャラクターが多く手に入れたほうが表現もしやすくなるので。
後に必要なキャラクターをダウンロード購入してもらうことでソフト会社の利益が出るのでしょう。


コミPo! (コミポ)公式サイト
https://www.comipo.com/


<私のこちらのソフトの使用例 1>
腋下の狭窄部 特に左側.jpg



<私のこちらのソフトの使用例 2>
頭部の凝りのリリース場所.jpg



最初は、使い勝手がわからずてこずりました。
ですが頻繁にバージョンアップしてくれて、
作り手のソフト会社さんの気合を感じます。


私以外の方はこちらのソフトを活かして、
・企画書に人物のピンポイントイラストをいれたり、
・絵が描けないがマンガ出版したり
・ココナラで「コミPo!で漫画をお作りします」という商売をなさっている方もいるみたいです。

皆様、それぞれたのしみながら使っておられるようです。



posted by スズキ at 17:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

外出自粛が解除されたおかげで(施術のお話ではありません)

今回のブログは直接的な施術技術についてのお知らせではありません。
今回は、私の私的な記録として書かせていただいたような気がいたしております。




昨日、お客様でがんとなられ今月初旬にご他界なさられた方の、弔問をさせていただきにご自宅へ訪問させていただきました。


現在のコロナウイルスによる外出自粛によりご家族と縁者のみに知らせがいくこととなっていたのですが、
たまたま私が最後にそのお客様の施術をさせていただいたとき施術用機材をお貸しいたしました。
その機材をお忙しいさなかにもかかわらず郵送していただいたのです。
そのきっかけにより、数日前にお客様の訃報を知ることができました。



お客様は純粋を絵にかいた若い男性で、彼とお会いして話をすることができないとは。。。



私の母が去年にがんにより他界しました。
その母ががんにかかったことを知ったときに、
こちらのお客様ががんを患ったことを知りました。
ですが私は自分の母の施術、そしてその後のことで施術の再開も遅れていました。

ただひとりだけ施術再開を待たずに私からお客様へ
お体のお加減を教えてほしいと連絡をさせていただきました。
通常はお客様に対して御用聞き営業のようになるため、
お体の様子をお伺いする以外のメールをお客様へさせていただいても、
施術の押し売りされて気分を害されることはしないようにしております。


こちらのお客様のことは、いつも気にかかっていて。
特例中の特例として、頭から離れずにいまして。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで連絡をさせていただきました。


こちらのお客様に少しでもしんどい体を楽になってもらいたいと願い、
それから定期的に施術をさせていただいておりました。


こちらのお客様は西洋医に受診され、つらいがん治療を受け続けて勇敢に戦っておられたと聞きます。
そのようなお客様ですから、カラダに負担がかからない施術を心がけたいと考えていました。


ひとつの考えとしてひねり出したのが、
ホットストーンの利用による対応で「効果と安全」を届けたい。
母の他界後に始めた着想のホットストーンをもちいる考えは、
こちらのお客様への施術をさせていただくケアで磨きをかけていきました。

もうひとつは、
ゴツコラは、がんの特効薬ではないが、じわじわ改善させる力を持ちます。
お客様はすでに言葉ではあらわせないつらい治療を受けてきたといわれました。
それは私にもお客様のカラダを見せていただいたときに、わかりました。
それ以上のつらさの上塗りを私がすることはないようにしたいと思い、
圧をかけるといった作用以外のもので、最良と思えるものを調べてつたえようと考えて、
自宅でゴツコラを栽培していたというものです。
私が「ゴツコラ」にこだわっていたのかというのは、施術では対応できないところを心底期待してのことでした。



こちらのお客様への施術等の対応をしたい一心で極めようと進んできたため、
お客様の奥様から訃報をいただいたとき。

「私は、、、これからのホットストーンを活かした施術の研究やゴツコラを栽培して、意味があるのだろうか?」

と、思え頭が真っ白になりました。
感情が混乱していたことを覚えています。
悲しいやらさみしいやら、自分のふがいなさを攻める思いもありました。



そのような思いのなかで弔問させていただきました。

お客様の遺骨の前で手を合わせさせていただきました。
今までの感謝の思いと、
つらかった闘病から抜けだしてがんばってきたねという思いと、
彼が遺した家族を心配し気づかう気持ちがひしひしと伝わってきました。


私はお客様の奥様も、そしてお母さまのこともお父様のことも存じ上げております。
お疲れのところと思い、お話は後日として早々にお線香をあげさせていただいて帰宅しようと考えていました。
ですが他界なされたお客様の闘病のときのこと、最後の日の様子のお話をきかせていただきました。
私の知らないご家族が知る故人の人となりが知ることができました。

このご家族の語られた故人のやさしいお人柄を感じて、
自分の施術の未熟さを思うよりも、
このお客様とご縁をいただいた感謝の思いに満ちていました。

お客様のご家族様はお力落としのことと存じます。
心からお悔やみ申し上げます。



今の時期、東京が外出自粛が解除されたための電車で出かけられました。
ありがたいと思いました。



posted by スズキ at 23:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

{楽天的}か{悲観的}か{楽観的}の3つのうち、{楽観的}がタフな人生のカギになるのでしょう。

【 悲観的思考 】では、
「もう駄目だ、押しつぶされそうだ」と言って恐怖におびえ暗くなり何もできなくなる。
これもまた問題の解決から遠のきます。

特に悲観的思考が過ぎると、周囲を混乱させることがあります。
起きてもいないごり押しして心配を他者にもそれを押し付けすぎてしまえば、
脅し文句のような「もし〜〜の、ようになったらどうするんだ?」と
不安がらせることをさも自分が正当だと訴えてくる。
見事にその術中にはまれば、その論拠がそろわない理屈で悪い波動に巻き込まれてしまう。

悲観的思考が過ぎたことをいったときは、
悲観した通りの悪い想像を引き寄せるような波動をだしていて。
それが相手への嫌がらせに聞こえてイラつかせていることが察知できればいいのです。
自分では自分の考えが当然だと譲らなままでいて、
身内からも煙たがられて、付き合いが疎遠となることも起きるようです。




では、、、悲観的な起こってもいない最悪な事態ばかりを訴えるのはよくない。
それよりも楽天的であるべきなのでしょうか?



【 楽天的思考 】では、
「大丈夫、大丈夫、きっとどうにかなるさ」と言って必要な手当てを何もしないで、最悪な方向へ突き進むことがある。



ただしコーチングの世界では、このふたつの思考は、どちらも推奨されません。
アドラー心理学では「楽天よりも楽観を」というそうです。



【 楽観的思考 】では、
<自分たちが、なにもできない無力な存在ではない>という{信念}が根底にあります。

「現実には大変なことが起きているし、未来にも大変なことが起きるかもしれない。
でもきっとなにかそれを解決するための手立てを見つけることができる。
自分にもできることがあるし、世の中にもたくさん解決への道を歩む人がいる。
そこに希望をもって何かを考えて、いろんな試行錯誤の末、やっていける。
そうやって成長していくことが人間の対処法なんだ」



ちょっと解説めいた長い文章になりましたが、
私はこの楽観的思考で物事を眺めてみることが大切だという思いがあります。

また、楽天的と楽観的を取り違えていて、楽観的とは楽天的と同じ意味だと考えるのは間違えです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



自分の身体についての取り組みにを、
{楽天的}か{悲観的}か{楽観的}かの3つのうちのどの考えで行動を成り立たせるか。



悲観的でこころが縮み夢や希望が壊れたままで行動するよりも、
楽天的に自然にまかせておおらかにいたほうがいいこともあるかもしれません。

または、その逆の良さもあるかもしれません。


ただ楽観的な気持ちで意志が夢と希望を叶えるために行動したときのほうが、
人間的な成長が起きるもののように感じられてなりません。
そこによりよい生き方ができる基礎があるように思います。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



いま、なんでこんな健康関連とはつながりそうもないことをブログに書いたかというと、
人は、自分ひとりでとめどなく考えると左脳が機能しすぎて恐怖や怖れに支配された悲観的な方向へ陥りがちになります。
問題から目を背けるようにして「きっとどうにかなるだろう」と思考放棄の楽天的でいることも起こりがちのこともある。

それらに陥るのは脳の働き方がそのようなパターンで固定された悪い姿勢のようなものといえるでしょう。
心理学で見ても、そうであるようです。


いったん、このような楽天的か悲観的な考えの悪い姿勢のような偏った傾向を持ってしまえば、
自分の立ち方や歩き方が「これが普通だ」と思えるのと同様に、もし不都合があっても疑わないようです。


では、楽観的な思考でものをみるにはどうすればいいのでしょうか。

楽観的なモードに思考するには、
習慣的に楽観的な物事の見方や考え方をできるような体験を通しての学びが必要だと思います。
自分は、いま成長過程であって、その成長をよろこぶ気持ちで接するような訓練が必要です。

それは「立ち方」や「歩き方」といった、誰もが普通に立ったり歩けたりしているにもかかわらず、
そこをさらに極めていくことで健康の底上げをしていこうとなさるお客様たちのような取り組み姿勢です。

そして立ち方や歩き方にも、現状のカラダの様子から次のステップはここだろうと、
高い山を上るための階段を登りやすいところまで下げて設定して登ってもらいます。
一気に登ってほしいからといって、階段の一段が1メートルもあっては、
誰も登れるものじゃないのです。




楽観的な意識で物事が考えられる思考法がみにつけるための戦略として、
私個人の、今現在の考えでは、よいコーチングの先生に力を貸してもらうこと。

私がかつてコーチングスクールに通ったことを知っている人は、
私がコーチをする側だと思われるかもしれませんが、
私はコーチングをしていただくクライアント側です。 ^-^


それでもって、ただいまコーチングの先生にお願いをする予定です。
(ただ費用的なところで2〜3回ほどですので、1回ごとに気合をいれて受けねば!
 あまりもうけがないクライアントで申し訳ないです。^-^;)




コロナウイルスを発症する人がゼロになったとしても、
人々の価値観の根っこから変わっていく流れは加速が止まらないと推測しています。
社会的・経済的なものからは私の仕事にも変化を迫ることになると思います。



そのようなタフな変容を遂げる時代で生きる力を得るには、
楽天も悲観も弱すぎます。
進化論がいうような環境の変化に適合し続けられる楽観主義者として伸びる力を養うこと。




多くの県が外出自粛の規制が解かれて経済活動を復活してくる時です。
私が住む東京も、近い将来、外出自粛の規制もなくなっていくでしょう。

新型コロナウイルスの対策時期に経済的な多大な損失を被った負債はこれから支払われることになります。
私には、そのつけはどのようなことが起きる火種となるのかは想像できません。


私の性格上、楽天思考ではいられないものですから、ともすると悲観的思考との戦いで疲弊して、
よりよい生き方を放棄される行動が選択されることにもなりかねません。




そうならないようにするための予防を、
いまのうちからしておこうと考えています。

環境の変化に気持ちがついていけなくなることが、
私にはもっともつらい思いを味わわなければなくなるように思えてなりません。

posted by スズキ at 17:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

風邪がひきづらい部屋の環境を作り出し、巣籠を快適化してくれる鉱石「痛みを取る石ブラックシリカ」

あまり参考にならないことですが、
「ブラックシリカ」という鉱石をご存知でしょうか?


珪藻土(ケイ素)と黒鉛(炭素)のふたつが混じりあった石です。

北海道の特定の場所でしかとることができない希少性の高い石で、
血行促進から筋肉痛の緩和(炎症を低減させる作用により)、除菌や除湿などの効果があるといわれます。
それで健康関連のネックレスやブレスレット、そしてかっさ等のグッズになって販売されています。
また岩盤浴でも、ブラックシリカを使っているところも多くあるようですね。

アイヌではブラックシリカのことを「神々が宿る石」「痛みを取る石」として病の治療などに用いていました。


ただブラックシリカの面白いところは、
除菌という部分にとどまらず、
なめくじやゲジゲジなどの庭にでるやっかいなものも抑制するのですね。
ブラックシリカの粉末を、プランターの土のうえに撒いておくと、
去年まではそれをしなかったらなめくじやゲジゲジの駆除に一苦労だったのが、
ほぼほぼ、いなくなりました。

新たなプランターを仕立ててみたとき、ブラックシリカを撒いてなかったので、
そちらになめくじがやってきました。
そこでブラックシリカの粉末をそのプランターの土に散布したとき。
その場にいたなめくじが、塩をかけられたときとは違ったもがき方をして、
その場を退散していったのです。
ゲジゲジも同様に、ブラックシリカが大嫌い生物なのでしょう。

いま、唯一、一本だけあるゴツコラの植わったプランターがなめくじやゲジゲジに襲われたらと心配していたのが、
まるで嘘のようです。
おまけに追肥的に、においのある腐葉土を与えても、
その上からブラックシリカの粉末を散布すると、
腐葉土のにおいはゼロにはなりませんが、
気にならないほどに速攻で低減されることとなります。


ただ5センチ大のブラックシリカのかっさプレートの上にカタツムリを乗せて様子をみたとき、
あまり動じないで悠々と逃げていったのだが、
顆粒状のブラックシリカのあるエリアに逃げ込もうとしてそれに触れた途端、
のたうちまわる様子でした

かたつむりには罪がないので、水洗いして、近くの桜並木の街路樹にある草の茂みに逃がしてあげましたが。
その顆粒状になることで、もしかしたら小さいサイズの生き物には、よりダイレクトな影響を受けるようになっているのかもしれませんね。





他にもブラックシリカにはステキなところがあります!

人体にも植物にも健康促進を図るといわれる「育成光線」が、常温で出続けています。
加熱したりこすって摩擦熱をだすことで育成光線を出す鉱石は他にもあります。
ベン石がこすると摩擦熱で育成光線がでて、効果的に血行促進をさせたり消炎効果を生むようになっています。
ですが、常温で加熱することなく育成光線を出続けるというのは、
世界的にもブラックシリカ、この石だけなのです。
北海道のブラックシリカがとれるその場所のみ、
雪解け前にそこだけ早々と雪が解けるといいます。

また育成光線の放射のおかげか、
ブラックシリカを活かせば作物育成で、
実のつき方が明らかに良くなるのです。




そしてそして。
ブラックシリカには、もうひとつ強力な作用があります。

実は私がブラックシリカを大量買いした背景は、
私が煙に弱いもので、煙があると目が痛くなるのです。
黙っているとそんなそぶりをみせないですが、
じーっと耐えている状態なのです。

すると煙のにおいをかぐだけで、
条件反射的に体がひるむという軟弱な者でありまして。。。 ^-^;


個人的なことで申し訳ありませんが、明日は母の一周忌です。
そして母の他界後は朝は線香を絶やさないようにしています。
煙のトラウマ被害に襲われながらの、決死のおつとめです。

ただそこの煙との格闘は、
どうにか線香のにおいを強力に消臭させて終わりにしたい。

そう考えていまして、さまざまな消臭剤を試しました。
「無香空間」の業務用をごっそり買ってそこら中に仕掛けても、
まったくダメだでした。
その後、空気清浄機の導入後も私の敏感な目は涙を流します。


困ったな、、、。


というときに考え付いたのが、ブラックシリカを試しに使うことでした。

ブラックシリカの消臭作用は科学的にどうなっているかわかりませんが、
においの元を科学的に分解してにおいが消えるといいます。

案の定、ブラックシリカを特殊に設置後は、
私が仏壇がある部屋に入っても、
私は泣かなくてすむようになりました。 
それだけではなく、室内の気の流れの循環が促進され居心地がよくなりました。


ブラックシリカのすごいところは、
6畳の部屋の空間を、まるまる隅々までクリーニングしてくれるところでしょう。

四隅と仏壇横に特殊な設置方法ですが、
ブラックシリカの粉末や粒を適宜設置するだけで、
まるごと科学的ににおい成分を分解してしまうのです。



そういった興味深い実験をしていました。



ここ数日、天候が上がったり下がったりの体調を崩して当然という日が続きました。
それにより、私も布団を出す前に、施術研究で力尽きてさむーいところで寝てしまった。
そのような健康に良くない状態を幾度も繰り返していまして。

おそらくいつもであれば、喉が痛くなったり、鼻が出たりという風邪を引いた状態になるはずです。。。


が、、、。

そのような風邪をひいてしまってもおかしくないような状況で、朝目覚めたとき。
「あれっ、ちょっと鼻が出たな、と思ったけど、大丈夫だな」

ということが続きました。

室温が4~6度です。
薄い毛布を一枚かけただけで、
仕事途中でちょっとの仮眠をと思って横たわった瞬間気を失ってまして。
それで長時間のデスクワークに疲れて憔悴してるは、
おまけにカラダは冷え切った状態で5時間ほどいたわけですから。

私が平素が体温が高いというわけではありません。
先日、歯医者で検温をしてくれといわれたとき、
体温は無茶なデスクワークを含めた研究作業をしてるため、
そのストレスがたたって体が固まっての35.8度でしたから。。。

元々私はそんなに体が丈夫なほうではないので、
以前の私なら数日は体調不良のため頭痛や咳、鼻水などがでていたでしょう。
それがなかったのは、不思議というか奇跡のように感じました。



それで知人にブラックシリカはすごいと言うと、
「しっかり布団を敷いて寝なさい」といわれました。
確かに、、、もっともな話です。 ^-^;



さすがにコロナウイルスの除去ができるとはいいませんが、
ブラックシリカの粉末を一定量、部屋の四隅で特別なピラミッド状にして設置し、
他、数キロ分をつるしています。
それがなんらかの風邪をひきづらくさせる環境づくりの要因になっているように感じます。

また余談ですがブラックシリカだけよりも、シュンガイトのタンブルを混ぜたほうが、
周囲にあたえる影響エリアが増すようなことのようになっているようです。
もう少し他の鉱物も混ぜて複雑な調合をした設置なので、
純然たるブラックシリカのみの成果ではないのですが。
ですがブラックシリカの空間除菌力を主軸に考えて、
その力を促進させるための補助を仕込んだものです。
だからブラックシリカは、欠かすことができません。


それらにより消臭分解するのと同時に、
風邪のウイルスや菌などにも抑制効果があらわれているのかもしれません。



実は、そうなればいいな、とも、計算して買うかどうか迷いに迷ったものの。
一度買えば減ることのないものだからと「投資」と思って数万円分のブラックシリカの粉末を手に入れたのです。
それが想定したような成果をうんでくれて、喜んでいます。



コロナウイルス流行以前のブラックシリカの粉末を使わなかったころは、
毎朝、お客様が来る前に除菌消臭スプレーを玄関、階段、トイレ、部屋に丁寧にまいていました。

それは私が嗅覚で人の状態を観て判断するというところがあって、
自室等のにおいをリセットする必要があったのです。

それがいまは、そのスプレーを多量にまかなくても嗅覚情報がしっかりつかめています。
いま私は部屋や階段等、いたるところに隠してブラックシリカを設置しています。
もちろん施術をさせていただいく場も、他以上に念入りに設置しております。

そのような味を占めたため、
胸ポケットに小さ目なオーガンジー袋へブラックシリカの粒状のものとシュンガイトを入れたものを入れています。
風邪封じのお守りのようなものでしょう。



いまは、コロナウイルス流行のため、
風邪をひいただけで病院にいって薬を処方してもらいたくても思うようにはなりません。

そのようなさなかで、
なんどか発熱してもおかしくない状態を無傷でやり過ごせてきたのも、
何らかのブラックシリカの粉末の作用があったものだと考えています。
明らかに私の体調や体感が、ブラックシリカを設置した前後で異なり、
たぶん、仕事上の集中力や直観力も飛躍的に伸びているような気がします。


ですから、個人的に、ブラックシリカの粉末の購入は、いい買い物をしたなと感じています。


私にとってブラックシリカは、「健康維持の神々が宿る石」といえそうです。



パワーストーンに関心がある方がおられれば、
ぜひ、生活に取り入れて試してみてください。

たぶん大量にブラックシリカを部屋の四隅に設置しただけでも、
お部屋全体の気の滞っていたネックになっているところがあれば、
そのようなところを浄化して、部屋の居心地をよくしてくれるでしょう。

巣籠状態の今には、もってこいかもしれませんね。

posted by スズキ at 13:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

4/25(土)18:30〜に柳家小三治師匠のYouTube配信があるようですよ!

私の落語愛好家仲間?のお客様から、ご連絡をいただきました。

k様!多謝!!!


『そんな中 ちょっと お知らせをと思い メールしました。

先程 Twitterで 小三治師匠が
4/25(土)18:30〜YouTuberにて
ライブ配信(無料)されると情報を得ました。
三三師匠も 木曜日にここ2週くらいやってくれてます。
もし お時間ありましたら 是非!

今は 生で聴きに行けず残念ですが おうちでおこたに入りながら聴くのもの良いものです(笑)


本当に みんながストレスたまる状況ですが 少しでも早く 穏やかな日常が送れるようになるといいなと願うばかりです。


それでは また』



柳家小三治師匠が、この機にYouTubeでライブ配信していただけるんですね。
詳細は以下に
人間国宝・柳家小三治、YouTubeデビュー!? 札幌での独演会延期で生メッセージ配信


三三師匠は三三師匠のブログで( http://yanagiyasanza.jugem.jp/ )。

過去の映像や音源を耳にするのもうれしいです。
ですが、いまの時間を共有するようなライブがなによりです。
科学技術の発達のおかげで、離れたところからもネットで見れるという現実。

それで江戸が舞台の古典落語を聞くというのも、面白く感じられてなりません。



posted by スズキ at 18:28| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

ストレス過多の時期は体内に発生する活性酸素が増加して、DNAの修復が追い付けません!その様子を、ぜひモニターしてみませんか?

人は、適度なストレスがかかった状態で、やる気が出てきます。
チャレンジ精神のようなものでしょうか。



人は、過剰なストレスがかかった状態で、カラダが弱っていきます。
すると体内で発生する「活性酸素」に影響が出てきます。


活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生します。
これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し、
平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になります。

ですがこのDNA 損傷はすぐに修復されるのです(DNA修復)。
これがなされておれば病へと傾くこともないでしょう。



「人はだれしも毎日体内で正常な人でもがんができるけど、
 健康なら、そのがんは駆逐されてなくなっちゃうんだよ!」
という内容のことを、私も聞いたことがります。
それは活性酸素によりDNAの損傷が一日数万から数10 万個ほどあっても、
すぐにDNAの修復がなされるからなんですね。

ただストレスフルな精神状態が継続することで活性酸素が発しする量が増えていきます。
それはDNAの損傷が量的に増加した状態です。

増量したDNAの損傷の修復が追い付いていかなくなると、
DNAの修復にミスが多くなり、
修復力が減少する(修復が間に合わない)事態が発生していきます。
するとDNAが損傷したままの異常な細胞が増加していく細胞分裂が起きてしまうようです。

このときに「悪性新生物」と呼ばれるものが増加傾向となっていくようです。

健康のバランスが崩れていくようです。
それらは生理的現象といってよい状態です。


現状の過度なストレスが心身へと長期にわたり影響してDNAの損傷が体内の細胞に増えれば、
単純に考えても体の内部ではDNAの損傷は増加の一途をたどります。

悪性新生物が体内にいたとしても、過剰なまでのアドレナリンが出ていると、
症状も出ているはずが、あまりそれには気づかないか、
不調でも悪性新生物の影響とは思わないことが多いのです。
「当世が、このようなご時世ですから、ちょっとやそっとの不調感があっても当たり前よね!」

それでも、アドレナリンがでているため、
日々、やり過ごせるようなことに。


ただ緊張感が解けたときが怖いのだといいます。

心拍数や代謝を強烈に促進させるアドレナリンが通常量に収まるときに、
体内の血液循環やリンパの流れが通常の状態にまで弱まると。
悪性新生物が内部的に増加しておれば、そのときに影響が表面化するのです。

これは激務で勤めていた会社員の方が定年退職したあとに、
よく起こることでもあるんですよね。

いまはそれとは違うかもしれませんが、
非常事態宣言がでた意味をかみしめれば、
国や社会レベルでの、去年では想像もつかないことが、
いま、起きています。
そしてこれから起きようとしているのですから。。。


ただある程度の悪性新生物の影響があったとしても、
その量が少なく影響がおだやかなようなときには過度に心配しすぎずに、
冷静に医療機関等にお世話になるのがよいでしょう。




またDNAの損傷がはげしくなる体の場所の状態について観察すれば。
中医学では、そこに「おけつ」と呼ばれる病気の根っこがあるとみます。


「おけつ」って?

汚れた血のようなイメージを持ってもらってもいいかもしれません。
正確に言えば、ちょっと違うものなんですが、

この「おけつ」が体内に留まり微小血管等の細胞へと栄養を送り酸素を供給し二酸化炭素を回収するような血行を阻害する要因となります。

「おけつ」といわれても、
そんなものは、体の内側にあるもので目で見えるもんじゃないよ。
レントゲンやCTやMRIにも映りませんよね。
そうなると、どうやって、「おけつ」のチェックをすればいいかわからないよ。。。


と突っ込まれそうです。


でも、大丈夫。
ごく簡単に、「おけつ」が自分のカラダのなかにあるかどうかは調べられます。


吸い玉療法、カッピングといってやってもらったことのある人なら、
自分の「おけつ」の状態を確認できているかもしれません。

カッピングの跡が、ぜんぜんでないとき、赤くなるとき、紫になるとき、黒くなるとき。
様々な跡のパターンがあるのです。

代謝する力がある人が体内に「おけつ」があるときは反応がしっかりでてくれて、
内部状態がモニターしやすいのです。

代謝力が減退した(虚証)の方は「おけつ」があっても反応があまりでてくれなくて、
内部状態がモニターしづらいため、繰り返しカッピングをすることが求められる場合もあります。
カッピングだけでは、対応難しい人も、私はかつて多数経験したことがありますが。
本来持っている排毒作用が発揮できないほどに体が弱った状態です。
実際はこの状態のほうが、問題が大なのです。
こちらのモニターが難しいというのは、カッピングの弱点なのですが、
脈を診たり舌を診たり腹を診たり問診していけば、状態が良くてカッピング跡がでていないとは考えられないこともあります。
そういったところで、判断させていただくことができます。


カッピング跡について。
特に紫色や黒くなる色などがかなり目に付くようなときには、注意が必要。
「おけつ」が内部的に悪さをしていると考えているそうです。
そうなると「おけつ」があると示すカッピング跡の場所から、
どこにどのような影響があるかを知ることができます。
この状態がわかったときには放置するよりも、手当てをしてくださいね。
早めに手を打っていただき、体内の不浄な状態は浄化をしたほうが気分もいいですよね!!



こんなコロナウイルスに感染の恐怖、
今後の世界や日本の変動の不安、
そして自身の今後の経済活動がどうなっていくのか。
そこが重く背中にのしかかってくるいまだからこそ。

自身の状態をカッピング跡をモニターして、
カラダの内部の理解をしながら日常を過ごすことが大事なのだと感じています。

私はシリコンカッピングを使っての、カッピング跡のチェック。
そこを欠かしません。

私のようにカッピングを自分にやっていく習慣をもっていくのもいいでしょう。




私はホットストーンセラピーとカッピングを組み合わせると、
その「おけつ」をよりスムースに浄化できるのではないかと研究しています。

カッピングだけではなく、
事前にホットストーンセラピーで代謝力をアップさせておいて、
それからカッピングへと連携するようにすると対処力があがるようだとみています。

ただホットストーンを使った直後にカッピングを5分以上すると、早々に水膨れになるなど、
いろいろと経験値をあげて問題を燻し出す必要がありますが。


同時に肩関節と股関節、仙腸関節、脊椎(関節)などを関節への手技を加えることで、
さらにその関節周囲の血管やリンパ管等の締め付け部分を緩めて管のなかの液を流しやすくするのです。
逆に言うと、ここの関節周りが骨化して代謝を阻害していると、
ホットストーンとカッピングだけでは、状態が悪化している方の浄化には難しさを感じまして。


施術の休業といったこともあり、
施術への落とし込みがしづらい時期ですが。
ですが少しずつ研究は深まっているように感じています。
posted by スズキ at 16:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

緊急事態宣言が出ましたね。長期戦を覚悟して、しっかり体をつくらないとと、私は感じました。だから施術に通って私もボディメンテ中です。^−^;

こんにちは。

今日は、いい天気ですね。
今日を過ぎると、また少し寒くなるといいますから。
貴重な晴れの日です。


昨日の4月7日夜に、安倍首相より非常事態宣言が出ました。

自宅で自分なりの楽しみを見つけて過ごす必要があります。


それもあって、、、。
今朝は、小松菜の根っこ付きの4センチほどの茎と、
5センチほどの長いもを、鉢に植えました。

ここ1週間ほど「再生野菜」のYouTube映像をいろいろと見て、トライしています。
映像の成功例通りにできずに植物育成の成功率を「ゼロ近くで」キープしています。
カンタンだろうとなめてかかっていたら、ことのほか失敗続きで。 ^-^;



再生野菜は、容易にゼロ近くの成績を出せたものの。

対してコロナウイルスの流行をゼロ近くまで落とし込むには苦心をします。

社会生活的にも、様々な影響が出ていますよね。
昨日の緊急事態宣言を受けて、一斉に図書館の業務が停止しました。

ジュンク堂書店池袋店は日曜を休みにするが現状では開店している。
だが渋谷店は、2020年4月8日(水)〜 終了時期は未定です。
渋谷のジュンク堂は東急百貨店本店内の店ですから、
デパートが都からの要請を受けて店を閉めているので閉めざるを得ないのでしょうか。

非常事態宣言が終わる時期は、一ヶ月後と政府が「期間を設定」しています。
ですがそれはあくまでも気休め的な目安であるようにしか思えません。
不測なトラブル等の事態が多大に想像できますから、
正確な非常事態宣言の終了がいつになるのか。
それは誰も計算できないのでしょう。

ですが、期間をなんら設定せずに、事態が終息するまでだが、
それはいつであるか見当がつかないといわれると。。。
つらすぎるように感じますので。
よかったのかなとも思います。




非常事態宣言が発令されたとしても、
一切の外出が禁止されているものではなく、買い物もできますし。

1歳〜4歳児のこどもたちは私の家の前の私道で、複数名が集まりたのしく遊んでます。
(こどもが一日中、自宅内でというのもストレスをためて不健康です。
それでは免疫力が低下して、別な問題も起きそうです。それもいけませんので。
私は、こどもが外で親の監視下で注意深く遊ぶのであれば結構なことだと思うのですが。
非常事態宣言がでて、おやごさんたちは、締め付けを感じているのでしょうか。。。)

他に先ほど買い物に出かけると西小山駅周辺のアーケードで、
街を歩いてマスクなしという人たちも、意外に目につきました。
「時折見受けられました」という人数よりもちょっと多い程度ですが。

すでに外出自粛の要請を都がした4月5日に、久々に電車に乗ると、
山手線の一車両でマスク着用していない人の割合は、
私の想像より多い18名中4名ほどおられました。
非常事態宣言前のことであるため、
今日はどうであったかはわかりませんが。。



非常事態宣言により、コロナウイルスの流行が縮小化される期待はできます。
そのことは大きな意義があります。
コロナウイルスの流行により貴重な日本人の命を奪われないように。
そのためにも頑張っていきたいと思いますよね。

もし去年の今頃の私のがんで闘病中の母の介護をしていたとき。

コロナウイルスの流行があれば。
それにより母の死期が早まるのではと、
どんなに心配してもしきれない思いだったでしょう。
自分の愛する人の身を守るためならば、どんな努力もいとわない。

すでに私の母は他界していますから、身内への実質的な心配はありませんが、
西小山を歩けばご高齢の方も多いですし、
母の友達のご高齢な方々は、既往症を持っておられる方が多いのです。

そう考えたら、
施術再開をしてこれから頑張ってペースをつかむぞというところでしたが、
施術をいまは休業させていただこうという判断になりました。

母の介護をした日々を経験していなければ、
施術をさせていただいてお客様の元気に貢献したほうがいい!
そのような考えももっともなところでもあるため、
施術の休業という判断はしていなかったと思います。


ひとたび爆発的なコロナウイルスの猛威が近辺で吹き荒れれば、
私の身の危険もありますが、
精神的に切羽詰まった思いをされている方々が
多数おられることは容易に想像できるのです。

だから心底、早くコロナウイルスの終息して、
安全で平安な日常を取り戻せればと願ってやみません。




ただ緊急事態宣言が「コロナウイルスの流行が根絶やし」となる拘束力を強めた措置ではないようです。
そのように冷静に受け止めていけば「非常事態宣言は終了時期は未定で長期化する」と考える必要があります。

目に見えないウイルスへの恐怖心を抱き、恐怖からこころの健康が失われれば、感情のバランスが崩れます。

ウイルスが身の回りに近寄ってきた切迫感が増したとき。
対岸の火事と思って他人事と感じたものが、
いきなり身震いする自分事になったとき。
体への影響が深刻かつ「表面化」していきます。



もしも仮に短期に終結を迎えられれば、そちらが想定外のことです。
もちろん想定外を希望してやみませんが、
想定内の備えをして「取り越し苦労だった」と笑うほうが賢明です。



幸いに、まだ日本のコロナ感染者数は
イタリアやアメリカのニューヨーク、その他のパンデミックを起こした他国より状況はいいでしょう。

ただ以下のurlに感染者が最も多い国や場所が時間と共に入れ替わる様子を表示しているグラフがあります。

「【図表で見る】 新型コロナウイルスのパンデミック 広がりと対応」
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51992741
のなかにある【 How confirmed cases of coronavirus have spread 】の表です。

今年1月〜3月初旬までは、日本はコロナウイルスの感染者が多い国でした。
それが現在ではアメリカや欧州の感染者の激増。
その様子をみたら、怖くなりました。

コロナウイルスには、爆発的な流行を遂げる感染力があることは明白だからです。

もし日本でも気を抜いたコロナ対策をしてしまえば、
アメリカや欧州のようになりかねないのです。

仮にも想像したくないことですが、
隣人や友人、家族、親戚がコロナウイルスで他界しだしたとき。
悲しみを感じ、そして自分の身にも近づくウイルスの恐怖を感じたとき。
こころの健全さが損なわれたとき、肉体的な健康を顕著に失うようになります。


たとえば、どのような肉体的な健康の損なわれ方があるでしょうか。


少し考えてみると、、、。

人が過度の恐怖心によりこころの健康を失ったとき。
ことの大小はありますがほぼ100%「身体のゆがみを増長」させていきます。


身体のゆがみが大きくなる理由は。
まず、体の前面にある筋肉群の屈筋の並びが、怖さからくる緊迫感から委縮していきます。
身が縮む思いといいますが、
実際にそのような感情であれば、身体は、主に体の前面の筋肉がまず利き手利き足側が委縮しだし、
骨盤の前傾がことの軽重にあわせて比して起こります。
それにより骨盤がゆがみだして、背筋が傾斜捻転し始めて、
起立筋群という背骨をまっすぐに立てる筋肉群が疲弊してしまうほど休みなく使い続けられて、
背中の筋肉群までが、やがて委縮してしまうようになっていくのです。

それはやがては背骨のクッションである椎間板が押しつぶされていくことを意味します。

それにより自律神経に問題が起きたり、
交感神経優位な状態から抜け出せずに目に見えない過労状態を引き起こします。
そうやって支えづらくなった体を支えて、
呼吸も浅くなって疲弊していくようです。


それにその脊椎のゆがみは、
もともと持っていたその人特有の身体のゆがみのパターンを誇張させてゆがみがひどくなる傾向があります。

脊椎のゆがみがもとで内臓自体が理想の位置からずり落ちて下垂し始めると、
様々な内臓への負担も蓄積し始めて病にいたることもあるといわれています。
ご高齢な方は、骨密度が下がり、自然に脊椎のゆがみが大きくなった結果、
内臓が下垂して病を得やすいといわれてもいますので。。。

または恐怖の感情が強くなった末の姿勢の崩れ方によって、
感情がうつ状態から抜け出せなくなる人もあらわれてきます。
これもまた免疫力が低下する原因になるといえるのでしょう。

それらは高齢者ばかりか20代や30代の若い人にも表れてくるということです。

ちなみにネットで調べたら「コロナ鬱」という造語も広く使われているのですね。





これからの長期化でカラダに現れる将来的な状態悪化も考えれば、それに備えたくなる。



もちろん、セルフケアとして、
日頃の身体の使い過ぎによる凝りに、
この度のコロナウイルスによる精神的なストレスから来た
筋膜がコリコリになっているところをゆるめようと思いました。

セルフでのホットストーンセラピーやカッピングなどを徹底して使っていくことで、
今後の施術にもそのノウハウがいきると思いますからがんばって、
想像力たくましくアイデアを絞りだして凝った体を実験台にして研究していました。
しっかりと自分なりの結果は、出せたと思います。


ですがセルフワークでは、やっていてわかりますが限界があるんですね。

セルフワークでは自分の見方でしかメニューが組めません。
そうなると他者から与えてもらえる気づきや触発がありません。
まったくもってレベルが高い内容を指摘されても取り組みようはありませんが、
ある程度、説明を聞けば理解できるか、または自分が知っていた内容だが自分にそれを当てはめられなかったところなど。
そういうものは、意識の顕在化したところまで登ってきづらいのです。

そういったものは他の施術をする先生のセッションを受けているとき。
非常に有益で進展性のあるヒントをいただけることが多くあります。


セルフワークに徹するときは、時間を存分に使える時です。
私も、そう考えて、緊急時には他者の先生の手を借ります。


すると自分の「ここ、大事!」というところ以外の視点でアプローチをしてくれたり、
「えっ、そんなところに、これほどの問題があったんだ!!」と気づくことが、結構あるんです。

もちろん「すばらしい技術を持っている先生の施術を受ける」ことが前提です。
そこに至ってないレベルの施術であれば。
今は、その施術を受けているときではないと思います m__m;




私も、そこでさっそく、
よく存じ上げている先生(ボウエンテクニックもなさっておられる)のところに足を運びました。

他の先生にセッションをしていただくと、
あらためて自分の状態に気づくことが多いんですよね。

自分の体を管理するには定期的にセッションを受けておきたい。

月に一回ペースでお世話になり、
私のカラダを先生にモニターしてもらえれば、
そのときどきで先生から客観視した意見を伝えてもらえるでしょう。


いまはメンタル面をタフにしていくことも必要ですが、
肉体のコンディションや詳細を把握して、
特に免疫系を低下させる問題の改善の波を加速させることは大事なときです。



心身一如とは、よく言ったものです。


体の感性が優れた人は、セッションを受けることで多くの気づきが得られます。
または重要な体の課題が解決するようなこともあります。

ですがさほど体の感性がないというときでも、
カラダがリラックスできて先ほどまで感じていた体の負担感という荷物を下ろせたら。。。
確かにそれだけでも心も喜んで生き返るような気がしますよね。

体が張ってたり凝りがひどければ、その窮屈さからこころもふさぎこみがちになるでしょうから。




いまは緊急事態宣言が出たのですから。。。


私だって、施術のプロでしっかりした先生に面倒を見てもらって、
『即効で身の改善を促すとき』でしょう。

そのようにしておいたほうが、いざというときに役立ちます。
1月からコロナがじわじわテレビを通じて感じられるようになってきました。
そしていまはもう4月になって、短期戦は過ぎたと思います。

すでに長期戦に足を突っ込んで、疲弊してきたこころとからだのバランス状態を各自が確認してメンテで手をかけるときです。

心身ともに擦り切れていては、勇敢にたたかったが途中で力尽きてしまう。。。
長期戦に耐えられる肉体的な整体の素地を整えておく必要を痛切に感じます。

という考えです。



ただ、この考え方は、私一人が編み出した考えでも何でもないんです。 ^-^;

私のボディワイズへの臨時施術の受付の施術を、受けに来てくれる方々のほとんどのお客様は、
私の見方と同じく現状が長期化すると見越して、
無理してでも今後のもっと深刻になる前に体を整えにいっておこうという方です。

実は、臨時施術の受付の施術をご希望いただきましたお客様に、
コロナウイルスの流行が大きくなったならばキャンセルをしてくださいと。
当日、出がけでもいいのでキャンセルを受け付けますと返信するのですが。
それでキャンセルをされたお客様は、おられません。0人なのです。

話を聞くと、私同様に考えているということでした。
「さらなる悪化も予想もできるし、そのうえで長期化もあるだろうと思うんで。
長期戦に耐えられる体を持てるようにしておかないと、後でこっぴどいことになりそうだから。
いまのうちに施術を受けておきたかった」という人も。



私も、そのようなお客様の期待に応えられるよう、いつも以上に施術を頑張ろうとするわけです。




・・・ただ、私が施術を受ける側になって、ボディワイズを休業中というのは、、、
休業でなければ施術を受けたいと考えていただいていたお客様に対して、絶妙に申し訳なく感じております。

どうにか、現状でも皆様へのお役立ちができるようなことを、
行動に落とし込んでしていけないかと、模索しています。




また、ボディワイズでは施術を受けたことがないけど、、、
筋膜を緩められたら、腰が軽くなるとか、息が吸いやすくなるとか、
心臓関係からのの不整脈がとか、免疫系もある程度は改善できそうだときいて、よさそうだなと。

漠然とでも感じられた方は、
初診の方は臨時施術の受付の施術の対象外とさせていただいている私の身勝手さではありますが、
具体的な問い合わせをいただければ、私のわかる範囲ですが、お答えさせていただきます。

以下のホームページのお問い合わせから、ぜひ。
http://onwa.client.jp/pc/toiawase.html

またお問い合わせいただきました方で、
歩いてこちらまでこられるような方でしたら。
新たな深層を狙った筋膜リリース系のホットストーンセラピーを考えて、
日々、ノウハウを蓄積中です。

そのオリジナルなセッションを1時間ほどにショートカットしたデモンストレーションを、お受けいただけるチャンスも! 
(デモなので、料金発生はしません!が、真摯にアンケート調査に付き合っていただける方、限定で求める予定です^-^;)



posted by スズキ at 18:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

新型コロナウイルス感染症の「日本の研究者のpdf」と「中医たちの取り組み」

新型インフルエンザ:コロナウイルスについて。

皆様も、ネットでさまざま検索して、
理解を深めつつ自衛手段を模索しておられるとお察しいたします。

新型コロナウイルス感染症について< COVID-19 >という学術名があるようで、
学術名で検索をすると以下のようなpdfファイルが

COVID-19への対策の概念
新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する厚生労働省対策推進本部クラスター対策班
東北大学大学院医学系研究科・押谷仁(2020年3月29日暫定版)

[PDF]COVID-19への対策の概念
https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf

56ページものページ数があり、
サーズとの比較などから入り、
他、このリポートを読むことで、
すっきりと頭の中で日本政府がしようと考えている視点が理解でき整理ができます。


参考になるなと考えて、
シェアさせていただきたく書かせていただきました。


また、
以前、脈診講座を受けていた時。
中医学関係の先生に習っていたので、
授業間の雑談で、「サーズが流行っていた時に、中医学関係者は、その発生場所を理解して適切な処方をすることができていた」
という話をお伺いしたことが記憶に残っています。
実によくその処方が効いたそうなのです。。。



だったら、今回も同様なことがあるのでは?
そのような日本のマスコミでは流れてこない水面下の情報を知りたかった。

ただ人為的な何かの操作がウイルスに施したものであれば、
その限りではなくなってしまうのでしょうから、
サーズのような対応力ある処方が難しいのだろうが。。。




中医のつわものたちの気質からすれば、
現状をなすがままで静観しているわけがないのです。
中医の印象は勇猛果敢で闘将のような強烈な馬力を感じるものです。
中医方剤について優れた知恵と知識と研究心を持っていて、
それらをフル活用して対応を模索しているはずです。

そのようなイメージを、漠然として持っておりました。。。


では、具体的には?
中医は、どのように新型コロナウイルス感染症に立ち向かっているのか!


と、しらべていくと、、、
意外なところから情報を集めることができました。



中医学の本を多く出版する「東洋学術出版社」の発刊した本を多数購入しています。
本に挟んであったはがきの読者カードでメルアドを登録しましたら、
定期的に新刊本の紹介をメールマガジンとして送ってもらえるように。


一昨日前とどいたそのメルマガで興味を引いたのは、
次の中医学臨床について定期的に発刊されている本。

『中医臨床』プラス通巻160号(Vol.41-No.1)◇「新型コロナウイルス感染症 中医はいかに立ち向かっているのか」
【「治未病」で挑む中国の中医。】という読みどころのところでした。

http://www.chuui.co.jp/chuui_plus/002892.php/#1

【TOPICS】新型コロナウイルス感染症
 中医はいかに立ち向かっているのか (編集部)

2019年12月に中国湖北省の武漢市で広がり始めた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。
流行の拡大は世界中に広がり3月11日,WHOはパンデミックであると表明した。
収束の見通しはたたず,社会生活の混乱が続いている。そんななか中医学はどうしていたのか? 
じつは最初の発生が確認され多くの犠牲者を出している中国では,
予防,初期〜重症期,そして回復期の治療まで,各ステージで中医学を組み込んだ対策が提案されており,
実行に移されている。
これは,中医学最大の持ち味である@未病先防,A已病防変,そしてB治癒後の再発防止という
「治未病」の考え方そのもので挑んでいることを現している。
3月4日までの中国におけるCOVID-19の治療・予防に対する中医の取り組みを紹介する。



そして下記に上記情報の引用一覧が知らせてありました。

通巻160号(Vol.41-No.1)◇「新型コロナウイルス感染症 中医はいかに立ち向かっているのか」の引用元一覧
http://www.chuui.co.jp/chuui_plus/002887.php
(中国本国での検閲等で情報が削除されるかもしれませんので、興味ある方は、早めにチェックをなさるとよいでしょう)


こちらの引用一覧内の中国語であるが中医学の心得があるものであれば、
新型コロナウイルス感染症に対してどのような中医処方をしているかがわかります!

中医の漢方に詳しい先生方であれば、
それぞれの生薬の機能等から内容がよくりかいでき、
新型コロナウイルス感染症をどのように中医がとらえているか処方意図が読み込めるのでしょう。
その意味でも、興味深いところがあるかと思います。

残念ながら、私も含め一般の者には、
処方の情報があっても生薬等の入手が困難で実際に処方通りの方剤を得て準備するのも難しい。
その点で、なんだかなぁとなってしまうでしょうが。。。




ご参考まで。



最後に。

中医学に関心がある方へ。
東洋医学出版社のホームページ( http://www.chuui.co.jp/ )のトップページ中ほどに
「中医学をマスターするための5ステップ」というpdfファイルに飛ぶコンテンツがあります。
http://www.chuui.co.jp/qa/chuui_step1.pdf

私が去年学んでいたのは、5ステップのうちの2ステップの中医学診断まで。。。
あと3つのステップは?手付かずなのか。。。といわれそうです。
確かに上位ステップの本は買いましたが、中医学基礎がなければ読解できるものではないのです。
なので正直に言えば、手付かず状態です。


ここまでをまなぶだけで、中医学の基礎を学ぶのもとっつきにくくて、
独学ではもう、、、しんどかったです。 ^-^;

もしこの5ステップを、中医学を志したと同時のタイミングで知っていたら、
もっと効率よく良書を選択できて、労力や時間をロスせず学べたと思います。


中医学に関心がある方は「中医学をマスターするための5ステップ」を参考にして本をそろえて、
ステップアップしていかれるとよいでしょう。



参考まで。
posted by スズキ at 06:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

オンラインビデオ会議アプリの「Zoom」、プライバシーが守られないって、、、つらいなぁ

コロナウイルスが感染経路がわからない人も増えてきました。

そうなると、密集せず換気も十分な屋外を街を散歩するのはいいものの、
電車やバスなど公共機関にお世話になるのは、内心、勇気がいりますね。



私どもの業界では会って話して指導できれば何よりですが、
ZOOMアプリ( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html )」などを使って
サービスを提供するという試みをなさっておられる方々が増えてきているようです。



ウエッブ会議では、私のような実際にお会いできて体への刺激を与えることで改善を促すというやり方の施術の提供はできません。
ウエッブ会議とは、相性があまりよくないですね。 ^−^;
残念!
ひと工夫が必要でしょう。


そのような制約がある業種もございますが、
筋トレやヨガの指導、その他、動きへの指示をあたえるようなボディワークのサービスでは、
クライアントの映像が見えるビデオ機能を利用することでカバーできるところも多いようです。
ウエッブ会議とは、相性がいいようですね。 ^−^
うらやましい!



先日、同業者の方からのメールでは、すでにトレーナーの方がzoomアプリ等を使って、
クライアントへセッションをするよう試みているようだと教えてくれました。
模索して前進するというのは、すばらしいことですね。

クライアントは、先生がセッション中に手で支えてくれて、よりよい方向に導いてくれるものだったのだが。
クライアントへの指示や気づきをあたえるための接触ができず、声がけだけになると違った感じになるのでしょう。

そのようなところが減じられたために起きることなのか、
マネタイズが難しく感じるといいます。


クライアントとしては、以前の対面式セッションとは、違った不都合さもありそうです。



それでも、今の時期では、いつも、見慣れた先生の顔を見ることで、ほっとした気持ちになれるのかもしれません。
私も、以前からお見えのお客様のお顔を拝見すると、
「どうぞお客様、ご自愛ください」という気持ちと、
コロナウイルス流行前に時間が戻ったように錯覚することもありました。
ほっとするときがあります。

ZOOMアプリでウエッブ会議は年額16000円ほどでいろいろと使えそうだということで、
なんらかの可能性は広がりそうと期待がありました。



そのようなさなか、皆様はすでにご存知かもしれませんが、、、

2020年04月02日 10時43分 ソフトウェア
セキュリティ&プライバシー関連の問題が相次ぐオンラインビデオ会議アプリの「Zoom」
https://gigazine.net/news/20200402-zoom-should-not-use/


ZOOMアプリは、なにかとプライバシーが守られない会社が運営していると述べられております。
ここ数日、「ZOOMアプリって?」ということで、使い方をいろいろ調べてたもので
「えぇっ、ホンマでっか!」と驚きました。


プライバシーが守られないツールを使うのは、まずいんじゃなかろうかとも思います。
いい感じで、改善してくれるようだったらうれしいのですが。



ありがたいことに、ZOOMアプリの他にも、
いくつかウエッブ会議ができるようなオンラインビデオ会議アプリサービスはあるようですが。
ウエッブ会議に使うツールの選定にも熟慮が必要な時代なんですね。




かなりそこは時代に乗り遅れたもので、
外出自粛のいまの同業者のみなさまは、
オンラインビデオ会議アプリの利用以外にもどんな手を打たれるのでしょう?

メールに代わるビジネスコラボレーション「Slack( https://slack.com/intl/ja-jp/ )」という
共同作業に特化したツールを使って打ち合わせをするという場合もあるそうです。
「Line」にはない共同作業用に特化した管理がなされていて、便利なのでしょうね。

勉強になります。


新たなアイデアに興味津々です。

もしなにかよいアイデアがありましたら、ぜひ、お話を聞かせてください!

お願いいたします。
posted by スズキ at 15:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が、ゴツコラ栽培を切望する不可思議な理由(すこじ怖い話が苦手という人は、お読みにならずにスルーしてください。申し訳ありません!!!)

先ほど、近所の歯医者にいくと「コロナウイルス対策」をしておられました。


たとえば、、、

・検温
(高熱であれば退去なんでしょうね。検温結果は私は35.8度でした。体温低めだろうと思っていたが、やはり疲れが取れてないのか)
・使い捨てスリッパを50円で販売(帰り際にこの貼り紙に気づいて買いそびれました)
・待合室の雑誌等を撤去
・当院はコロナウイルス対策を徹底しているという張り紙
その他、、、

そちらの歯医者へ通うお客様の人数も、激減しているようです。
いつも大盛況な歯医者さんですが、いまはキャンセルが相次いでいるそうです。
多くの患者様もコロナウイルスの影響で外出を控えているのが現状なのですね。。。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そのような、さなか。

どのような超常現象よりも、いまの社会的な現実のほうがシビアな気がしてなりません。
信じられないことが起きています。

私には今後の起きる事態を想像することも難しい。
思い悩み、気をもむばかりでは、今を生きることもが、できなくなります。

今できることを、とにかく見つけて、ひとつ、真剣に取り組んでみるのもいいと思います。




そういったときだから、
私がゴツコラというアーユルヴェーダでは著名な植物の栽培にこだわる理由を話したくなりました。




「えぇっ、夏でもないのに、怪談かよ!!やめてくれ〜」といわれそうな内容が含まれていますので、
そういったことが苦手な方は、読まないでくださいね。
お願いいたします。 




他愛もないことに思われそうでございますが、
気合をいれての園芸をしたいと思う理由です。

「またかよ〜」と、おっしゃられそうですが、
私はかなり真剣なんです。 




製薬会社がなかった5000年も昔のインドのこと。
当時のお薬は「薬草」が主なものでした。

なかには「シラジット」というヒマラヤ山脈の特定の土地にだけとれる土のようなものもあります。
こちらは他の植物をとるときに同時に摂取すると植物の薬効を高めるような働きがありますが、
他の多くは薬草です。



植物には、それぞれの種類ごとに薬効があります。
私は数年前から、そのことに関心を持ちはじめて調べています。

そうして調べていくうちに、ゴツコラはアーユルヴェーダのなかで珍重されるハーブでも3本の指に入るようなものだといいます。

それを聞いてゴツコラの乾燥した粉末のものを1Kg購入して、
ハーブティとしていただくようにしています。

ただ凝り性なところがあって、
ゴツコラの自家栽培ができればいいのだがと思うようになりました。




個人的な話で恐縮ですが、
私が去年、病重の母の介護をしているとき。
かかりっきりになって母に寄り添っていて、
母の命が続く限り施術の仕事はできないと考えていました。

ですが母は高齢で医療費は差額ベッド代やその他特別な私が試しにかってきた治療用具ほどでしたが、
どんなに倹約をしても生活費はかかります。

借金はないものの、長期戦に耐えられるかどうか?
介護にいくらかかるものかわからないので、非常に母も私も不安になります。



そこを補填するためにどうすればいいのか。

そこで、そのときに私が母に語っていたのが、

「私がとても人体に優しく健康を維持できるようなハーブの種をまいて、それを売るために頑張るから。
母さんは無理のない範囲で、そのハーブの面倒をみてくれないか?」


というような話をすると、
母「それじゃ、ゆくゆくは私の田舎では使ってないビニールハウスがあるから、兄弟に頼んでみて育ててもらって」


私「それは、いい!すごいいい考えだと思うよ!!」
私の頭の中では、多くのいまは一部でしか流通していない貴重なハーブを面倒見ていって、
関心を持っていただいて購入してくれた多くの人が、私たちが目指したその恩恵を受けて喜ぶ姿が浮かんでいました。
そのイメージで登場する母は「どんなもんだい、私が育てたんだから」と自慢げに誇らしげにしています。



そのような生きるための勇気を持つ話をした2週間後、母は他界しました。

一度は祈念していた神様のおかげで危篤状態から奇跡的によみがえったものの、
すでに母は医療用の点滴等で命をつなぐ状態がつづいていて、
それ以上を耐えるのは心身ともにできなかったのでしょう。



私には在りし日の母と嬉々としてこれからの夢を語ったときのことを、昨日のように思い出されます。




いつもの施術のときは、霊的な感性のボリュームを絞り、
物理的な操作に徹しています。

施術を始めたてのころは、施術技術がないところを気のような力でカバーしていたこともありましたが、
それにより【気枯れ】という自分の内側の生命力が枯渇して生きるしかばね状態に何度も陥ってしまい、
施術を長期にわたって休業せざるを得なくなったことがあります。

それも物理的な施術操作ができるようになり、しっかりと成果がでてくるようになったところから、
だいぶ【気枯れ】に苦しむことはなくなりました。

おかげさまで神社仏閣等での瞑想で、以前より、気の強さも保てるようになってきましたから。
感じるのは気枯れじゃなくて、純粋な筋肉痛ぐらいで収まってきおります。




突然ですが、
私はもともと霊感はあるほうだと思います。



母の死後にも母の49日まで、
母はしょっちゅう見回りに来てくれていました。

霊的なことを実体験として体感する方には当たり前のことといわれますが、
霊的なセンサーがない方には、おかしなことをいうやつだといわれそうです。
そのときは疲れて夢でも見ていたんじゃないかって、笑ってスルーしておいてください。

私が中医学診断のテキストを寝食忘れて読み込んでいて気を失て倒れたときには、
家のチャイムが音楽モードで鳴り響きます。
チャイムのスイッチを切っても鳴ってます。
同時に母の声が頭の内側に響きます。
「起きなさい!風邪ひくよ!だめじゃないのよ。無理しないでよね」と、お怒りの声を聴きます。

それで起こされて寒い部屋でうずくまって寝ている自分をみつけ、
毛布をかけることができたから、いま、私は生きているのでしょう。

そういったことが4〜5回もあったでしょう。

そのようなことがなければ、私も介護疲れの残りや無心に勉強する負荷をかけて悲しみから逃れるため、
心身が疲れ果ててぎりぎりのときでしたから。
それ以上体が冷えると無理がたたって、私のカラダも冷たくなり戻らなかったと思います。
私のブログで「私のカラダの裏に病が入ったと」いったことを書いていたころは、
だいぶ復活してきたころでして。


ちなみに一番最初にこのことが起きたときには、誰かが玄関にてチャイムを押してるのかなと思いました。
玄関をのぞいてみると、誰もいません。

夜中の2時ですし。。。いるわけはないのです。


チャイムも、音色で設定してある「ピンポーン!」という音ではなくて、
チャイムの裏メニューとなる音楽演奏モードで音楽がなっているわけでして。
音楽でならしたほうが、ピンポーンの連射を聞かされるよりいいだろうという母の配慮だったのでしょう。


私の母も霊感が強く、そのおかげで母が指圧をお客様にすると奇跡的なほどによくなる方がおられました。
母のオーラは、層が分厚くピンクがかった紫に輝いていたのです。
それで周りの方々を明るい気持ちになってもらえるようでした。
紫がかっているというのは母自身には見えていなかったのですが、
私には職業柄そういったものを見てチェックするようにしていたので、
紫という高貴なオーラを身にまとうとは、気の力も強く強運だし聖なる感謝の気持ちに満ちているわけで。
ただものじゃないとは思ってたんですが。。。

だから亡くなって自由に動けるようになってから、
早々にどうやって物質に力の作用をあたえればいいかなどもわかったのでしょう。
母は生前、うちのチャイムに音楽モードがあるとは知らなかったのですが、
亡くなったら、電気回路にも明るくもなったとは。。。


私の母ながら「さすがだ!」と、感動していました。


ただ、それも、49日が過ぎたときから、ぱったりとなくなりました。
母は無事に霊界の世界で生まれ変わったのでしょう。
いまは、静かな家になり、ひっそりとしてしまいました。




私も、それほど遠くない時に、母に霊界で迎えに来てもらうときもあるでしょう。
ですが私が亡くなったときに、母と同様な力もありませんし、徳もないと思いました。。。
そうなるとあちらでは住む世界が違ってしまいますから、迎えにはきていただけても、
私の住むそれほど高くないところと母の住む高いところとでは住む場が違います。
それからが永遠のお別れがやってくるのでしょう。

そうもなると、なんとしてでも徳を積まなければという思いにもかられるわけです。

いまからでも、いろいろ修行をしようと、新たに決意をいたしたものです。
そういった修業とは、徳を積む行をすることがいいと思います。



そして、、、もしかしたら、
日本にゴツコラが普通にたべられるハーブの一種になるまで広められたら、
徳を積んだこととなるのかもしれない
と、直感で根拠はありませんが、そう思ってます。



そして私の家には、私が去年の秋口にヤフオクで手に入れたゴツコラの種を植えたゴツコラが、一株だけ育っています。


ゴツコラ写真.jpg


育て方をネットで調べてみても、様々な解説があってかみ合わないようなもので、
今考えれば、よくこの一株は外で零度近くの冷たさを感じても枯れずにいたものだと。
雪の下になり冬越えには適さない温帯地域にてよく育つ植物なのです。
それを知らずに雪に埋もれさせたことがありましたし。。。


そんな不思議な一株のゴツコラをみると、
母がこの一株を守ってくれていたように感じます。
母と夢見たゴツコラを日ノ本の日本で流行らせたいという気になるのです。


ペニーワートとも呼ばれています。それは、葉っぱのサイズが外国の小銭の1ペニーのサイズから名づけられました。
ゴツコラは見る人が見ると、たんなる雑草にしか見えないハーブです。

ですがインドでは世界を創造した「ブラフミー」という神の名で呼称されています。





そして私の施術を受けに来ていただいているお客様に、出版社関係の方がおられまして。
先日、本についての企画として、ぜひ、ゴツコラについての本を出版してくださいませ!
とお願いさせていただきました。



そのときに、まったくはなから取り上げていただけそうもない、という感じではなくて、
もしかしたらしっかりした企画建てできれば。。。。。

日本にて「種付きのゴツコラのムック本」がでることもあるのではないか?!

ということも状況的にございます。




それもありまして、だいぶ必死だったわけです。 ^-^




私の自宅は東京品川区。
東京の家庭でも種からゴツコラを栽培する方法を、
ひたすら模索しているわけです。

私でも十分に容易に育てられるし、
一年中、サラダとして食べられるようになって。
ゴツコラらしい成果から、しあわせなんだという体験談を語れるようになるなら。

そこをまとめて「魅力的な企画」に企画書を落とし込んで持っていくことができるようになります。



いまは、私が持っているものはゴツコラ栽培の、たった一株の育成実績だけです。
かわいそうなほど、ちっぽけな、頼りなさげな実績でしかありません。
ですがそこから、これからの展開を切望する情熱があります。



ゴツコラのムック本を出したいと思い願うのは、日本では私、ひとりぐらいでしょうか?!
おそらくそうじゃなくて、私以外にもゴツコラのすばらしさを実感している人はいます。

でも、
もし本ができて、
ここでしっかりとしたゴツコラブームがきたら。
ゴツコラのジュースをゴンゴロウズカフェという、鎌倉あたりのカフェでも注文できるようになって。
「抹茶みたいだね〜」とおばあちゃんや学生さん、仙人にならう人なども愛飲されて。
そのうえカイワレ大根のようにスーパーマーケットで気軽に購入できるようになれば、
多くの日本の人々の健康に貢献するだろうというのが私がイメージできるゴールです。

そこまでイメージを描き、具体的に夢想した人は少ないでしょう。



ここ最近、毎朝、ゴツコラの種を撒いたが芽がでない鉢をのをみて、
心底、「神仏にどうかよいお知恵をお授けください」と願い続ける次第です。

5月後半くらいで20度くらいの暖かい気候になれば、芽吹くことはわかっていますが、
私の家にあるひとつの株が、越冬して生き続ける姿をみて、
もしかしたらなにかの発芽させられる秘策があるのかもしれないと感じられてなりません。
そうなったとしたら、発芽しやすくなりますから、自宅で水耕栽培をして育ててみたいと思う人も増えるでしょう。

いまの私の発芽は難しいと悩み続ける状態じゃ、
「ムック本で、ぜひ、出してみましょうよ!」といったとしても、
出版社の方からは「残念ながら、編集企画会議は通りませんでした」といわれるのが目に見えてます。



もとよりゴツコラは普通にインドやタイや日本の温帯地域では普通に自生してごっそり育っているものですから、
『奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則氏』には足元にも及びません。



でもできればお盆に母の墓参りで「あのとき話をしたゴツコラってさ、手ごわいけど、がんばってるから応援して」と、
手を合わせるときになんらか色の良い報告ができればと願っています。

まずはゴツコラ栽培を、まずは私の自宅の鉢植えや水耕栽培からはじめていければと思っています。
コロナウイルス対策のための休業から、植木鉢の前で「出てきて、まってるよ」と見つめる時間が多くて。
穴が開くほど芽が出ていない土や環境を観察しています。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



それもあって最近、私のYouTubeのトップページに表示されるお勧め映像の半分は「ハーブの育て方」や「水耕栽培」について、という事態となっております。

^−^



ただそれらを参考にして一生懸命やってはみているものの、
まだ朝晩の気温が10度を下回るときがあり、
ゴツコラは種からでは発芽しないですね。



サニーレタスや、他の葉物野菜の種からは発芽はしても、まったく大きくは育たないですね〜。
みていて悲しくなるくらい貧弱な双葉が出てきて、それ以上育たないのです。。。

やはりゴツコラは種からの発芽は難しいと痛感している、この頃です。

ゴツコラを「苗」での流通になると、流通コストもかかるし、
いろいろと大変なので、「種」から発芽にこだわっているものの。


ここはひとつ、別なやり方も模索してみよう。。。


ゴツコラは苗からならば、育成はずっと楽にも計画的にもなる」というのはわかっています。

根がない茎状のゴツコラを数十も用意して、土の上において十分に保温して水分を補給すれば、
もともとがその状態では生命力たくましいハーブの種なので、数週間後にはわさわさに増えていくのは、
タイ人の方がそのような解説映像をネットで見せてくれている。

「苗から、まず、増やすか・・・」



そんな状況の折ですから、
「しかたがない。再生野菜の研究もはじめるか」と。



https://youtu.be/HF7DlRt1ppM
生ゴミからフレッシュな野菜が作れる!野菜の根から作る再生野菜「リボベジ」のやり方


ただしうちのゴツコラは貴重過ぎて実験台にはできないので、
普通のスーパーマーケットで手に入る野菜から実験を始めることにしました。

スーパーマーケットで、三つ葉、カイワレ大根、セロリなどを買ってきて。
根っこと茎を残して、水につけて栽培しています。

今日は、にんじん、そしてみつかればフェンネルも。

いずれ、ゴツコラとホーリーバジルとフェンネル。
この3つをあわせたドリンクをつくって試飲してみたいと思っています。
私なりの免疫力をやさしくアップしてくれるハーブの調合です。
メインはゴツコラとフェンネル、隠し味にホーリーバジルです。
・・・おそらく。
まずくて飲めたものじゃない、この世のものとは思えないものができそうな予感がしますが。
効能の合わせや相性では悪くないはずです。
そういったドリンクをだすカフェ。
いいです、かね?はてなですが。 ^−^;


今のはわしにはスーパーの野菜売り場を歩けば、
野菜をみるとすべてが栽培可能かどうかの苗にしかみえません。

葉物野菜等は根っこと茎3CMほどを残していただくのですが、
最近、新鮮野菜をまったく食べてなかったと思いあたりました。

それでは体に良くないですね。


再生野菜作り。
私自身の健康増進のためにも、まじめにやっていこうと思います。






以上、かなりしんみりとした不可解な話をしてしまい申し訳ありませんでした。


posted by スズキ at 13:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

<ピンチを乗り越えたときのやまけんさんのキーポイント>になぞらえて、私の場合を書いてみました m__m

いまのとき。充実した時間を過ごそう!

YouTubeで「やまけんさん」という方のチャンネルを登録しております。
ビジネス・コンサルティングをしておられる方です。

やまけんさん個人がビジネスでピンチを迎えたとき。
どのようなことをしたかを10のポイントとして解説。

コロナウイルス対策をどうすればいいかという具体的な解説ではありません。
ですがストレスフルなピンチな時期をどう過ごすかの参考になればとのことです。

時間がございます方は、直接、映像を視聴いただけるようお願いします。 ^-^


「1ヶ月で売上が半分以下に落ちた大ピンチのときにやったこと」
https://youtu.be/v-Rex8YUA5o


===================================

<ピンチを乗り越えたときのやまけんさんのキーポイント>
___________________________

1.よく眠る

2.人に本音で相談する

3.最悪なことを想定する

4.できることを書きだす

5.削れる費用の見直しをする

6.銀行から借り入れをする

7.不義理ではない終わらせ方をする

8.生活レベルを下げる

9.最低限だけ働いて休む

10.やる気が出てくるのを待つ

===================================

※こちらのキーポイントに照らし合わせて、私のことを書いてみると。。。



【1.よく眠る】

正直にいいまして、よく寝ています。
私には去年の苦痛が身を割かれる日々で、しんどかったので。
これからは私や多くの方含め「空の財布」に陥る危険な世界がやってきそうですが、
でも、いまはよく眠ることができています。
さいわい、激痛のベン石仕様のスライドカッピングをすると、代謝がよくなり眠くてしかたがありません。
寝ていても去年に見続けていた悪夢を見ることがなくなりました。


【2.人に本音で相談する】

これは、できてません。。。

自分が感じている不安、つらさなどを人に聞いてもらうこと。
人に話す際、潜在意識で無言のうちにこころに現れる不安感はとめどもなく生まれ出てきます。
人は、視野が狭まり目先のことしか気づけなくなっていると不安がわいてくるようにできているのです。
だからひとりで黙っていればマイナスへと自然に傾くようにできているそうです。

自分が話すだけではなく、他者からの本音の話を聞かせてもらうことで、
自分以外の人の見方を学び自分の思考の殻を破ることもできます。
本音の相談をすることは大事。


【3.最悪なことを想定する】

私が思う、最悪なこと。

<最悪に感じるもっともつらいこと>ですね。
新コロナウイルスにより日本や世界で、偉大な人々の生命が奪われることです。

「人類の7割がコロナウイルスにかかって、生死の体験をする」という最悪の想定もされているそうです。
私も、十分なコロナウイルス対策をしていますが、
私が運よく地雷を踏まずに生き残れた3割に入れなかったことを想定する。
1〜2年内に、病で苦しみ臨終のときを迎えています。
それは「人生100年時代到来」といわれていたことが、ほんわかな幻想のように感じるでしょう。

そのときにどういう気持ちであるか。
またはどういう気持ちでありたいか。

新コロナウイルスの流行った時代に生きてきて、
そのときに自分ができる他者の方へ向けて贈れるプレゼントはなにもないとあきらめること。
そう感じて思考が動けなくなったまま行動が止まったままでの最後を迎えるのはやりきれません。


【4.できることを書きだす】

{仕事以外}
・家の中での気功法等の修練
 仕事での施術ができておりませんし、長距離散歩等の外出も避けています。
 それにより体力低下を招いています。
 運動不足からわずかずつ脂肪で太ってきましたし免疫力も後退した自覚があります。その防止をするため。
・家庭菜園
 コロナ長期化を考えて家庭菜園でサニーレタスを発芽させ水耕栽培を考えていますが、天候不順でまったく育ちません。
・2週間分の食物購入:レトルトの<白がゆ>等を備蓄
・好きな落語家の音声や好きな音楽を部屋中でエンドレスで流しておく
・不要不急の外出要請はありますが、完全に自室にいつづけたままでは街の空気感を肌で感じ取れません。
 週に1〜2度、目黒不動尊など、徒歩でいける範囲内の散歩、参拝。
・唯一の贅沢として、知人の施術をしている先生方の施術を受けに行こうと思っています。
 個人的に施術を受けるのは体質的に苦手なもので、いままであまり先生方の施術を受けにいきませんでした。m__m
 でも今のいまでは、顔見知りの先生がたにお世話になれると、心身ともに安心できます。
 それは浪費ではなく、がつがつした勉強意欲ばかりでもなく、私には不要不急の外出ではありません。

{仕事}
・ホットストーンやスライドカッピングを使っておこなう施術を解説の文章化へ
・中医学診断や他、オステオパシー、ボウエンテクニックを含む手技療法等の再学
・「わかりやすい文章の書き方」の勉強して、書き物をしていきたい
・私がまとめた施術の知識に関心ある方へ情報提供ができないか(オンラインのZOOMアプリなどを利用して)
 「ピンチはチャンスだ!」と前のめりなことを申した同業者の方がいます。
 多くの方が自宅におられるわけです。
 自分たちの自宅でもできる健康促進のやり方を詳細に説明しようとしても、施術中では時間等の制約から聞いてもらえませんが。
 そういったところもクローズドの集まりであれば興味ある方であれば話せるでしょう。

 ・・・と、思っていたらとあるボディワークもそのようなことを考えておられたようです。
 その先生は、声で指示をだす脳内の運動プログラムを書き換えるきっかけを与えるようなことをなさっておられるので、
 ZOOMのみで仕事を完結させることもできるので、すばらしいのです。


【5.削れる費用の見直しをする】

仕事で必要とした資料であれば、書籍や施術用具を無理してでも手に入れました。断腸の思いでそこを削ります。


【6.銀行から借り入れをする】

銀行からの借り入れは、私には「困難」です。


【7.不義理ではない終わらせ方をする】

私は、個人で仕事をしており、人を雇用しておらず、雇用解雇は、しなくてすみました。
(知人の施術院の院長さんでは、ほんとうに大好きなスタッフに辞めてもらったとつらい話を聞きました。。。)


【8.生活レベルを下げる】

私の自覚では、私は今までの生活レベルも高くないほうだと思います。
散歩中での外食もなくなりましたし、食費は自分で料理をする時間も増えて削れます。
買い控えの徹底をしていくしかなく、浪費をなくしていくミニマリストの追求でしょう。


【9.最低限だけ働いて休む】

ストレスフルないまは、焦りの気持ちは、よくありません。
仕事以外のときは、趣味と実益の「食べて健康になれるハーブ栽培」をして楽しんでいます。
ですがハーブも葉物野菜も、さっぱりで。。。 ^-^;


【10.やる気が出てくるのを待つ】

意外にやる気は出てきます。
余命が1〜2年はあるのだ。
そういうありがたい仮定をして生きていますから。

私は施術を考えることが好きです。
いまの外出自粛の意義を感じれば、
お客様への施術をさせていただく機会は、ほぼなくて。
そうなると「自分はいま、なぜ施術の勉強をしているのか?」と独りむなしさを感じ、
やる気を保てなくなるときもありますが。

基本的には「今まで蓄積したつたない自分の施術ノウハウとは?」というアウトプットをする時期だと思っていますので。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わざわざ、私が考えていることの一端をブログに書くのも、、、
読まされた方にとってご迷惑かと考えましたが。


いま、実際に、30分かけて書き出して読み返してみると、
書き足らないところや、修正したほうがいいところも、
具体的に見えてくるものです。


もし、よかったら皆様も、時間を見つけてノートに自分の場合を書いてみてくださいね!
posted by スズキ at 10:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

伝染病予防のとりくみ方のお勧め、「清潔に保つこと」と「レタス・セロリ・にんじんを食べてアルカリにカラダを保つこと」

コロナウイルス対策。


昨日、一年以上ぶりに同業者の方とお会いする機会を得ることができました。
現在も休業せずに、非常に忙しく活躍なさっておられる先生です。


その先生が私の家に来て、
さっそくなさったことは。

自前で持ってこられた「アルコール消毒液を使って手の洗浄」です。

現在はアルコール消毒液が薬局等で手に入りにくいようです。

彼は地元で別のルートで量り売りをしてくれる店を見つけ買いに走るそうです。
別ルートのお店も品切れになることがあるが、次期の入荷予定はあるようです。

苦労して購入した貴重なアルコール消毒液を使い、
自身の施術室を徹底浄化しておられるといいます。
ドアノブから手に触りそうなところを徹底して消毒し、
アルコール消毒液の消費量は大変なものだそうです。


今できるお客様への配慮をする姿勢が伝わってきました。

私も施術をする自室での配慮は、
平素は窓を開けての換気体制や、
空間を酸化からアルカリへと導く力が強いブラックシリカの設置を施術部屋に移動したり。
他にいくつか気をつけていたものの、こちらの先生の取り組み姿勢から学ばせていただけるところは多かったです。




伝染病の予防方法について。
知る人ぞ知る「エドガー・ケーシー」氏の、伝染病に関してのリーディングが、
私が読ませていただいているメルマガで掲載されていました。

エドガーケーシーが活躍していたころ、
天然痘」という伝染病が流行していました。
天然痘のワクチンが開発されていないころでした。
天然痘は極めて感染力が強く、しかも致死率が20%から50%もあります。

生命にかかわる驚異的な危険性をはらんでいます。

その天然痘の予防法に対してのリーディングは、
相談者の各人に与えられたものですから一概に万人向けではありませんし、
現在の伝染病は天然痘ではなくコロナウイルスです。
そのまま当時のケイシーのリーディング内容を自分に当てはめていいかは、
わからないところもでてきます。

ただ、アドバイスとしてうなづけることも多々あるようです。

「清潔に保ちなさい」

「レタス・人参・セロリを毎日食事の一部として食べることを守ること。身体をアルカリに保つことを心掛けなさい」


というメッセージが伝えられました。


確かに体が酸化することで血液の粘度が上がります。
それと時期を同じくして免疫力は大幅に後退します。
なのでカラダをアルカリに保つことは、
イコール、血の浄化につながり、
免疫が高い状態でキープできるということでしょう。



特に「レタスをたくさん食べなさい」というメッセージも。
そうか、レタスって体をアルカリに保つにはいいんだ。。。
レタス、食べなきゃ。


もうひとつ付け加えらたいメッセージ部分に、
「(上述した内容の対策をしたならば、)
あとはまったく(恐れないこと)だ」

といいます。


中医学では、精神的ストレスのひとつ、「恐れ」のこころを過度にもつなら、「腎を損傷する」といいます。
腰痛、尿失禁、物忘れ、思考力の低下などの症状が現れます。
腎の性状として「水」の運行にかかわりますから。
人は恐れが強すぎれば体内を循環する水の流動に悪影響がでてきます。

水分代謝が阻害されては、免疫物質をカラダの隅々まで送れなくなる。
そう見れば、恐れが免疫力を目減りさせる原因ということもできます。

恐れの感情が、免疫抑制剤に働くことを理解して、
今思いつく、できるだけの対策をとったあとは、
恐れてはならない。


できることへのアンテナは立てつつも、
「大丈夫だ、きっとなんとかなる」と、
自分の口から言葉を出すことが免疫力を高めるのだから。


社会的にも経済的にも、
たいへんな時期だから。
コロコロと転がり落ちつくことのない感情の気を、
力強く満たされた状態に保つ必要があると思います。





最後に。

伝染病、コロナウイルス対策としてできることのひとつ。
スーパーマーケットや八百屋でレタスを、ニンジンを、セロリを買って食べよう。
レタスは種も買ってきて育てようか。

ダイソーなどでは「サニーレタス」や「レタス・サラダミックス(コスレタス・レッドオーク等」のレタスの種、売ってますし。
(ほんとうにサニーレタスでもいいのか???疑問が残るが・・・)

2020-3-20 追伸:『「レタス」ですぞ〜!ちなみに、白っぽいレタスよりも、ロメインレタスやサニーレタスなどの緑の濃いレタスがケイシーのお勧めです。』
と後のエドガーケーシーのメルマガより書かれているところがありました。ご参考までに。


レタスの鮮度が高いほうが免疫力もつくのです。
たまたは以下のブログをみたら、
セリアという100円ショップで
レタスの鮮度キープのすぐれものがあるようで。
興味、有ります。 ^-^



ヨムーノ

すごいぞセリアさん!"茎に刺すだけ"で野菜が長持ちする「究極の便利グッズ」発見
https://www.o-uccino.jp/article/posts/60695
posted by スズキ at 09:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする