2023年10月24日

20年前、力士の施術で白旗を揚げた。それからの施術力の伸びは、いま、どうなったか?

個人的なことですいません。
きのう、夢を見ました。

巨大を誇る力士の施術をしにいく夢でした。

20年前のこと。
リアルに力士の施術をすることになったとき。
正直、歯が経ちませんでした。
名のしれた方ではない修行中の力士。
筋肉の質は、白鳳や朝青龍のような粘っこいしなやかさのない虚証を示します。
だから深層筋の硬化や萎縮によって血管やリンパ管などの脈管系を塞いでいる。
それにより気血の流れが滞りが観られるわけです。

それもあって人づてで私のところに筋膜リリースをしてほしく訪れたわけです。

ですがお見えして身体を観させていただいた開口一番、
私から
「ごめんなさい。いまの私ではあなたに価値ある施術をさせていただくことはできません」
正直にそうお伝えしわびました。



なぜなら、
この力士同様の肋骨拡張型で呼吸器疾患や循環器に問題あるお客様がおられて、
その方のほうがだいぶん力士より条件はいい。
それでも改善が他のお客様と比較して8割減。
結果的に微増する改善でもお付き合いいただけたお客様でしたから、
がんばってこれたのですが。
その方の骨折しやすい状況の肋骨部位を改善させる手による手技は、
神経をすり減らすこと著しく、施術姿勢も他のお客様とは大幅に異なります。
その方の施術をした日から3〜4日間は、私の身体の気の流れが止まります。
そのお客様より5倍ほども筋の癒着総量とさらなる硬さの筋硬度でした。

そのようなことから、
断腸の思いで白旗を揚げさせていただいたのです。
恥ずかしいことですが、
他のお客様の施術に大幅な支障がでることを避けたい。
当時の自分の持ち手になる手技の力量の上限をみても
力士の方がお客様として通っていただいたとしても
それで十分な成果をだせない。
力士として早々に芽が出ることができなければ廃業だそうで、
あまり時間がないという。
そこでの焦りから「すぐにでも治してほしい」と繰り返す。

その状況で対応が難しいことは早々に伝えたほうが
相手のためにもなると感じて、白旗を揚げたのです。



今の施術でお世話になっている筋膜リリースの武器となる、
砭石もない、、、
ホットストーンもない、、、
棒状かっさもない、、、
私の身体も力士っからすると大幅見劣りする痩せっぽち。

ただ砭石やホットストーン等で力士を十分深層筋が溶けたかと想像すると、
計算上、それはかなりの苦戦をしたことでしょう。

なのに、なぜか唐突と思えるような力士の施術を受けても余裕を感じる夢をみたのか。

不思議。
それは昨日、インドから施術用具と考えて取り寄せたシバリンガムが2つ届いたからか?

そこしか思い当たる節がない、、、。


シバリンガムは飛来した隕石が地面にぶつかり、その土地の岩石等を溶かし、
しれが時間経過とともに冷めて固まったという隕石系の石として知られます。
砭石やシュンガイトなども同様に隕石系の石。
隕石系の石には、隕石衝突時の振動エネルギーが石の内部にいまも活性し続けており、
その影響により人体の気を促進させる効果をもたらすといわれてもいます。
ただ、、、そのような振動エネルギーは、いくらかは繊細な感受性を持つ私でも、
「?・・・そんな振動エネルギーって、感じられないんだけど」となるんですが。
もしかしたら、大幅に体組織に馴染みやすいエネルギー源なのかもしれませんね。


実験的にシバリンガムを使い筋、腱、靭帯などの軟部組織を、
自分の身体を実験台に解いてみたところ、
なんかちょっと不思議なほど靭帯のつまり箇所に変化がでた。
特に肘内側、膝裏、首裏、腰裏など、靭帯が酷使されてこるところ。
そういう箇所にあてがってしばらく置くだけで、
緊張して凝った軟部組織が自己開放現象が起き、
自動的に微痙攣が生じてコリがさっと軽減した。

そういったことが現場わかってきました。
シバリンガムは砭石とは人体に与える影響は異なります。
ガラス質のケイ素が多くの分量含まれているものの、
砭石より硬度が低く柔らかさを持っている。
チャコールグレーのシバリンガムは、鉄分豊富だそう。
砭石は、遠赤外線の発生から緊張した筋のコリを解く力も高いが、
鋭く神経系にしっかり届いて自律神経系を活性化させるエネルギーが伝う感じがあります。
対してシバリンガムは保温力が高いためホットストーンとして利用もできますし、
ラグビーボール型が肌の当りにやさしい。
それよりなにより、砭石やシュンガイトより、だいぶん大きな石が手頃な価格で手に入る。
砭石などの良質なマッサージ用の石が貴重品なため高額なため、
それと比べると、
「この4インチサイズのシバリンガムが3000円なんて、なんてありがとう!」
となるんです。^^;
まぁショップに寄って、値段はまちまちなんですが。


(上記写真はAmazonで私が4つほどシバリンガムを仕入れたところの画像ですが、他のショップより激安だったためか現在、販売休止してるみたいです^^;;;)


インドでは聖なる石としてシバ神の名をいただいております。
だから施術用に使おうというのはもっての外だといわれるはずですが
私なりに大切な聖なる石と感謝しながら施術に使わせていただきます。


昨日見た力士の施術を受け付けた夢から。
いつかあのときの力士のような方がきたら、
白旗を揚げないで受けたいと思い続けてたと感じました。
シバリンガムをうまくノウハウをもって使いこなせば、
そういったことが正夢になるということでしょうか。
それにはもうちょっと研究を進める必要はありますが、
可能性を感じられ、笑顔になれますね。
posted by スズキ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック