2022年10月28日

シュンガイトのハーモナーザーについての考察



Amazonでも


Pachamama Essentials 純正シュンガイトとソープストーンハーモナイザー 研磨ヒーリングロッド 2個セット

のような製品化されて販売されています。


どういったものかといえば、
人間は左手側からエネルギーを吸収して、右手側かエネルギーを放出するようなエネルギー代謝をおこなっているという。
電位的な計測ができる機器で測るとその結果がよくみてとれるのです。

シュンガイトは、自然界に稀有な炭素原子からできたフラーレン構造を持つ石で、
天然の電磁波をバキューム清掃機のように吸収し、無害な状態に変換し排出します。
それは計測器でチェックできる科学的検証がなされたもので迷信ではありません。
炭素系の石ゆえに、よく通電するためタブレットペンのような使い方もできます。

ソープストーンは、エネルギーを発出させる性質を持つ石です。
それを持てば体内の気をスムースに外へと放出する力を助け促進する作用となる。
ソープストーンも、シュンガイトほどではありませんが通電する性質があります。

この通電する性質を持つという点が、体内の調和を促進させるためにはキーになるんですね。

シュンガイト 120mm マッサージワンド(左手)とソープストーンで作られたHUKKA DESIGN(フッカデザイン) ネックピロー(右手)を持ってみて、
ハーモナーザーとして機能するかどうかを試してみました。



すると、、、。


期待したような体内の調和が起こることがないのです。

私の場合、調和が起これば第三の眼あたりに感覚がでたり、
手足等で凝りがある部位が微弱な痙攣をおこして調整が促進されることが観察されます。

それがおこりませんでした。


なぜだろうか?


もしかしたら肺経と心経を結ぶような握りがいいのだろうか?

そう考えて、つかむような握り方を変えてみた。
小指側は通常の握りで心経の少府・少衝に石が触れるようにして、
親指側は肺経の少商に石が触れるようにする。
すると、多少、腕の位置が変わり肺経が開くこととなり、
多少のハーモナイズ(調和)が感じられた。

あとは中国式の考えだが、
地球の北極から南極へ向け磁気がでています。
棒磁石の上に紙を置いて、その上で砂鉄を振りかければ磁力線に沿って砂鉄が配置されます。
それと同様のことが地球にもおきておりまして、
シュンガイトを持つ左手側を北にして、
ソープストーンを持つ右手側を南に設置することも、
よいハーモナイズを促進させる秘訣となります。
バイオレゾナンスといった研究をするときに、
地球の磁力線を利用すして共振をもちいると効果を出していたので。
この方位をこころえることもハーモナイズには大事なことなのです。



だが、この程度か?という期待外れの効果です。。。



まぁ、シュンガイト 120mm マッサージワンドとHUKKA DESIGN(フッカデザイン) ネックピローだから、
Amazonで売っている商品そのままではないし、しかたがないか。。。
と思ったんですが、ちょっとあきらめきれない。




そういえば、セレナイトってソープストーンとは違うがエネルギーを外へと放つ石だからそっちを使えばいいのか?
セレナイトは上半身の安定促進をエネルギー的にかなえてくれる力がソープストーンより強いため、
シュンガイトの下半身の安定促進とあわせて利用すれば身体の幹が楽に垂直に立てられるようサポートしてくれるはずです。
=グラウンディングしやすくなるということ

シュンガイトセレナイト.png

そう考えて、手持ちのセレナイトのワンドを右手に持って試してみました。
結果は個人的な感覚なので他者に共通した体幹が得られるかどうかわかりませんが、
すると、セレナイトのワンドのほうが驚くほどすんなり体の凝り部分の微痙攣が起こりました。
ことのほかいい感じのハーモナイズ反応が起こり、
からだが解放されていきます。

瞑想するときに大いに役立つレベルでしょう。


そういえばセレナイトも、通電性があるのだろうか?
もし通電性がなければ、エネルギーのハーモナーザーとしては力不足となるでしょう。
精神的な問題ではなく、電気的なエネルギー上の調和がここで期待するハーモナーザーですから。

それでセレナイトでタブレットのディスプレイをなぞってみると、
通常のタブレットペンのように通電してタブレットが操作できた。


そのとき、
「なーんだ。シュンガイトでハーモナーザーを試したかったから
 ソープストーンでできたHUKKA DESIGN(フッカデザイン) ネックピローを手に入れたのに。
 すでに手持ちだったセレナイトのワンドのほうが3倍ほどのハーモナイズが感じられたなんて。。。」


ときどきやらかしてしまうことですが、
今回は施術場で大活躍するポテンシャルが大きい『HUKKA DESIGN(フッカデザイン) ネックピロー』を手に入れるきっかけになってくれました。


HUKKA DESIGN(フッカデザイン) ネックピロー

「禍を転じて福と為す・・・? いや、転んでもただは起きぬ、かな」
posted by スズキ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック