2021年09月10日

昨日、隣町の武蔵小山にあるマッサージ店等、にぎわってましたね〜

私がよく利用させていただく隣町の武蔵小山アーケード整骨院やマッサージ店など種類も豊富で店舗数が多いんです。
10店舗以上ひしめいてしのぎを削ってます。

お店のなかには、外から店内がみえる開放感で賑わいが伝わる整骨院や、
予約状況やすぐに受け付けられますという手書き看板をだすマッサージ店もあります。


そして気づいたことがあります。



つい先日のコロナ第五波ピーク時は、そのようなお店に入るお客様数は前代未聞と言えるほどの少数でした。

それが昨日、木曜の夜間。

なんと!!

「ご予約のお客様でいっぱいです」と看板をだすお店も!
お客様の賑わいを取り戻していたんですね。

今年の夏前に開店したスペースの広いピラティススタジオもありますが、
そちらに置かれたピラティスマシーンが10台前後がフル活動していました。
いままでそれほどの賑わいは見たことがありませんでした。


東京都のコロナ新規感染者数が、いま、大幅な減少傾向にあります。
敏感にそのことをマッサージ店やピラティススタジオ等のお客様は感じておられ、
自身の身体のメンテナンスモードに意識がシフトしたからなのでしょう。

お客様方の本音・心境が、すこし聞こえてきた気がします。


街中のマッサージ店等の賑わいは。
コロナ禍の、わかりやすい『町の人の<ココロがホッとした>安心サイン』。



【関連する記事】
posted by スズキ at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。