2021年01月12日

昨日、『医道の日本社 プロフェッショナルカタログ』が届きました!

私と同業者の方へのおしらせ。 ^-^


同業者の皆様には、
すでに知ってるよ!と言われそうですが。


医道の日本社という、専門的な施術関係の出版社があります。
医道の日本社オフィシャルサイトをチェックしていただければわかりますが
出版物以外にも様々な施術用グッズやトレーニング用具などが販売されています。

■ 医道の日本社
https://www.idononippon.com/



こちらの出版社の本や施術用グッズを購入するとき、
Amazonで購入する前にチェックするものがあります。
定期的に医道の日本社から送られてくるカタログを経由で注文させていただくと、
クーポン割引をしていただけたりポイントを付与してくれるなどのサービスが受けられます。




昨日、『医道の日本社 プロフェッショナルカタログ』が届きました!

医道の日本カタログ.png

以前は書籍カタログという側面が高かったものの、
いまはグッズ販売のページが半分以上を占めてます


セール以外でも使える「お得なクーポン」があって、
このカタログをずっと持っておきたくなるようになっている仕組みがあって。
「なるほど〜、こうすればずっとカタログを捨てられなさそうだな」と感心しました。



カタログを見てきになったものとして。
自転車のサドルに座るような感じのスツールがありました。

この椅子に座れば、自然に座り方が整うスツールなのだろうか?




ワークベッドを使う施術のときに。
頚椎部分を非常にソフトなタッチで緩める頭蓋仙骨療法をするときなど、
安定した座りやすいスツールであったほうが精度がよく手技ができるものです。


会陰部分(骨盤底筋群)を上に適量押し上げてくれる形状をしているため、
これなら背筋が楽に伸ばせる状態をキープしやすくなるんですね。

中国武術の練習をするとき、
会陰を引き上げ る(提肛)をすることで、脊椎を整えて通すのです。

それをしやすくしてくれる形状というそのような印象を持ちました。

価格が高めでして。
カタログを見るだけの現時点では購入するにはためらわれますがしたが、
どこかで試しに座る機会があれば、さらに興味を深めるかもしれません。
posted by スズキ at 11:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。