2020年07月26日

映画紹介:『美しき緑の星』 

だいぶ前から、
私の知り合いがフランス映画『美しき緑の星(La Belle Verte 199 仏)』を観るよう勧めてくれました。

Nさん、ありがとう!



昨日、ネット検索したら
ニコニコ動画でアップされてました。

ようやく観ました!



美しき緑の星(La Belle Verte 1995 仏)』1h39min 日本語字幕 - ニコニコ動画





内容は・・・。

『 ハリウッドで大ヒットしたコメディ映画「スリーメン & ベビー」の原作者、
 フランス映画界の巨匠コリーヌ・セロー監督が描く、宇宙から見た地球という惑星の世界。

 地球よりも遥かに小さな惑星である美しき緑の星は、豊かな自然に恵まれ、
 人々は自給自足で助け合う循環社会を形成している。
 大都市も身分制度もないユートピアの美しき緑の星の住民にとって、
 貨幣制度や戦争を繰り返す地球という惑星は、極めて原始的な文明レベルにあるだけでなく、
 まるで地獄のような星。
 美しき緑の星には「星外派遣」という任務があり、文明化が遅れている惑星に美しき緑の星の住民が派遣され、
 その星の現状を調査したり、文明の方向性を軌道修正したりする。

 「わたし、行ってみたいわ」 危険な惑星である地球への派遣に、美しき緑の星の住人は誰も手を挙げて行きたがらない中、
 勇気ある主人公ミラ(コリーヌ・セロー)が地球派遣の任務に1人手を挙げる。
  そして、美しき緑の星、宇宙の常識から見た、今の地球は一体どんな視点で見えるのか。 』


単なるコメディ映画の枠を超え長きにわたり人々に見続けられている映画です。

見どころは他にも多く、
考えさせられるシーンも。



他のこちらの映画を評したコメントでは
あまり取り上げられていませんでしたが、
ダンスシーンが、いい!!!

アクロバティックなダンス、
木にぶら下がったブランコに乗って自在な動きを楽しむ。
トランポリンを使ってるのかな、という空中に舞う姿。

カッコイイです。
大きなスクリーンで観たくなりました。



お時間がある方は、ご覧くださいね。
posted by スズキ at 11:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。