2020年03月26日

筋膜リリース効果が、スライドカッピングで跳ね上がることも!?


中国式の「吸玉療法」等の治療系の本は、和書も点数は多くないものあるのですが。
その延長線上?のスライドカッピングについて関心があるものの、和書でそのような解説書の出版物がありません!! 




いつものように洋書頼みです。




「The Guide to Modern Cupping Therapy: Your Step-by-step Source for Vacuum Therapy」

本書の英語で書かれた内容を機械翻訳して載せますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
内容紹介

古代からの代替技術で、現代の癒しの世界にふさわしい場所を見つけました。

近年では、数え切れないほどのハイプロファイルのアスリートや有名人が、自分の体に特徴的な円形の "カッピング "の溶接をスポーツしています - 背中と肩の領域が最も一般的である。
何千年も前にさかのぼって、カッピングは代替医療の一形態です。 カップは吸引を作成し、痛み、炎症、血流、深いリラクゼーションを助け、さらに坐骨神経痛と副鼻腔の混雑のための救済を提供することができます。

マッサージカッピングボディセラピーは、吸引と負圧を作成するカッピング療法の近代的な修正版であり、静止したカップと移動カップの両方を使用しています。
これらのカップは薬局で利用可能であり、昔ながらのガラスのカッピングのような熱を使用していません - それらを完全に安全で家庭での使用のために簡単にします。

シャノンGilmartinは、ライセンスを取得し、全国的に認定されたマッサージセラピストとこの素晴らしく多様な治療を教え、患者のための肯定的な結果を目撃している認定vacutherapies教育者です。
本書では、誰もがカッピングのプラスの効果を体験できるように、彼女の並外れたプロとしての経験と実践的な経験のすべてを共有しています。
200枚近くのステップバイステップの写真とフルカラーのページで、専門家の指導に簡単に従うことができます。

この本には以下の内容が含まれています。

カッピングの歴史、カップの種類、骨格や筋肉から消化器系、神経系に至るまで、カッピングの多くの治療効果について。
総合的な安全性と技術情報を含むカッピングセッションの後に期待されること
ストレスや背中の張りから五十肩、手根管症候群、TMJD(側頭顎関節機能障害)、酸の逆流まで、一般的な条件のためのアプリケーションです。
運動能力、出生前療法、炎症(急性と慢性)への取り組みなど、専門的な応用のためのセクション。

包括的で読みやすいカッピングセラピーの本で、実用的な提案がたくさんあります。
最近出版されたカッピングセラピーの本の中では最高の一冊に違いない。
-- イルカイZihni Chirali、伝統的な中国医学のカッピング療法の著者

著者について

シャノン・ギルマーティン(CMT)は、国家資格を持つマッサージセラピスト、認定バキュセラピープラクティショナー、教育者です。
メディカルマッサージ、筋膜リリース、神経筋、クレニオセイクラル、軟部組織損傷のリハビリテーション、タイマッサージ、内臓マニピュレーションなど、マッサージカッピングに加え、15年以上のボディワークの経験があります。
彼女はアメリカ国内および海外で教えた経験があり、バージニアビーチで練習しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


他のAmazonにある洋書のカッピングセラピーの本の中では、こちらがわかりやすそうでした。
中国語の本も検索したのですが、写真等が白黒写真でカッピングの跡などの視認性が明瞭性が欠けているようです。
こちらはこんど上野や神保町の中国書が専門に置いてある書店へ出向いて確認してきます。

そこはとりあえずさておくとして、
2日間、比較検討した結果、手に入れておきたい一冊として選ぶならば、
「200枚近くのステップバイステップの写真とフルカラーのページ」の上記のものとなりました。
数週間後にイギリスから届く予定で、たのしみです。

ちょっとでもスライドカッピングについて書かれていたらありがたいのですが。。。




他に和書がないかと探しているうちに見つかった本。


「ファンクショナル・カッピング・メソッド 【綴込付録:施術カップ(Sサイズ)】 (B.B.MOOK1406)」

一般社団法人グローバルアスリートサポート協会( https://gasa.or.jp/ ) というところが監修しており、
そちらにはこちらのリリースメソッドで使う用のシリコンカッピングが発売されています。

こちらのリリースメソッドのやり方は、
上記協会のURLの中間あたりの「FCMストア」というボタンをクリックしてください。
すると上部のドロップダウン式のボタンで「セルフケア」があり解説されてます。

そちらの協会の純正のシリコンカップを購入したいと思ったのですが、
現在は中国でそちらの商品を生産する工場がコロナウイルスの影響で休業しており入荷の見込みがないといいます。

このようなところにも影響がでてくるんですね。。。



とりあえず上記の本を購入すると同時に、


「吸玉 真空 シリコーン マッサージカップ 吸い玉 マッサージ カッピングセット ために筋肉痛救済,男女兼用,透明,5個,L」

それと


「chiwanji 12xシリコーン抗セルライトマッサージ真空療法ボディフェイシャルカップカッピング」

をAmazonで注文。





そのようなスライドカッピングを調べているなか。
私の下記のブログをご覧いただいたエステティシャンのお客様から、
シリコンカッピングを取り入れてなさっておられるということで連絡をいただきました!
ありがとうございます!! m__m


2020年03月24日
シリコンカッピングっていうのがあるんですね。興味津々。

http://bodywise-note.seesaa.net/article/474203852.html


じつはシリコンカッピングどころか、
ホットストーンも組み合わせておられるとのこと。
私が紆余曲折しつつ、ようやく探し回ってたどり着いたものが、
すでにこちらのお客様は日々のお仕事でなさっておられたんですね〜!


久々に「こういうことって、あるのよね〜」^−^;と目が点になりました。

こちらのお客様、私がいうのもなんですが、、、さすがです!



私もこれほど相性がいい技術の組み合わせってあるのだろうかと実感してる、昨今。

着衣のままの施術をホットストーンをつかった施術でもつらぬいている私のところでは、
もしシリコンカッピングを使ったスライドカッピングをするにも、
背中や腕、それに男性の場合は胸部というところになります。


だったらお客様ご自身で、日々のセルフケアに取り入れてもらったらいいのかなと考え、
それでのセルフケアによさそうなスライドカッピングの方法がわかる情報を探し回っていたのです。


シリコンカッピングが役立ちそうな2名程のお客様には
「私がブログに貼ったスライドカッピングの映像を参考にしてトライしてください!!」とお勧めしだしたところです。


そういったアドバイスがしやすいのはシリコンカッピングをつかったセルフケアは、
吸引圧が極端に強すぎないものだと思うので安全だからでもあります。
(ポンプ等を使って真空状態にするカッピングでは、吸引圧をかなり強くできるのだが皮膚が裂けるリスクもでてしまう)

または私が先日やらかしてしまった、
ベン石のカッピングマシーンのような機械式の吸引ポンプで、
あれよあれよという間に肌が過剰に吸い上げられて悶絶ということも。
時期にやり方を工夫すれば、徐々に負担も減少しだすと思います。



ネットで調べると美容系のテレビ番組で「シリコンカッピング」の画期的美容健康グッズとして取り上げられたようで、
むくみやセルライトを軽減・解消させる道具として、すでに多数の女性が取り入れてお気に入りだそうです。
Amazonのシリコンカッピング商品についたカスタマーレビューにも、そのような方々の感想も書かれておられます。



だったら関心あるお客様には日々のセルフケアでシリコンカッピングを取り入れて
自らの気になる部分の筋膜をやさしくはがしてくれるようお客様にお願いし実践していただけたなら。
そうしたセルフケアをなさるお客様は、私のホットストーンを使った筋膜リリースで、効果が飛躍すると考えています。


そう言えるほど私自身や数名の同業者の勇者を実験台にして試用してみたところ、
実にすばらしい、目を見張るような筋膜の緩み方を体験することができました。


posted by スズキ at 10:37| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。