2020年03月01日

ホットストーンを使った施術は、たしかに深層筋を見つけ出す武器になる!

昨日、2月最終日の施術でした。
今後の先々が不安な状況ですし、
私にも貴重な施術経験となりました。

その施術中に気づいたことがあります。

お客様がずっと気になって気になってしかたがないといわれている首の奥にある凝り。

いままで、そちらのお客様用に考えて、幾十ものリリースプランを立てて対応したが、
どうしてもその部位にまでたどり着けませんでした。

それが昨日、ホットストーンを使った施術の結果で、
ようやく奥からあらわれてきたのです。

ホットストーンを使った施術だからというだけではなく、
お客様ご自身が日頃からカラダの注意を向けていただけたこと。

それにお客様が数日前まで他国へ旅行中にひどく下したといっておられましたから、
それも体内毒素を体外に捨てて浄化する過程で
筋肉の凝りも緩めるという好条件がありました。

そのような背景があったとしても、
ホットストーンを使った敷石で遠赤外線効果で筋肉組織を4センチほど温めた効果は大きいものがあったようです。


でてきた首筋の凝りは私の繊細な指先で触った感じでは鉄鋼のようなものと感じられました。
硬さも、そして冷えも。
「これは、つらい、、、、非常につらかっただろう」
という実感がリアルにわいてきました。


お客様が訴えているときは、現状でお客様がおっしゃられる症状部位が見えてこなくて、
気のせいだといいたくなるようなときも。
しっかりとリリースを進めていくと、
お客様が感じている通りのものが実際にあったというケースを何回も体験していますから。

そのような経験から、
お客様の言葉を受け取るとき、
「現状では表面上はあらわれていないものだが、いずれはかならずお客様がいうとおりのものが顔をだすはずだ」
という信念を持てるようになりました。

ですが実際にはまだ患部の筋膜の癒着層が深すぎて現れていないため、どれほどのものがあるのかわかりません。
だから私どもとして、
言い方は悪いが、、、
口先で「ほんとうにつらく感じられるほどのものがあるんだと思ってます」といってあげることしかできないのです。。。
わかってあげることができないというつらさも感じます。。。


ただ私がかつて筋膜リリースをしてきて昨日のお客様の首ほどつらさ。
それは見たことがありませんでした。

首は非常に傷つきやすい生命にかかわる重要な器官です。
たとえば、現状の筋膜の癒着があったとわかったとして、
指先で押さえても指は弾かれて解けるものではありません。
解けないだけでなく、容易に首は腫れ上がってかえって委縮するという悪化へと転じるものです。

そのような解くのにも難しいところでしたが、
ホットストーンを使って患部に熱をあたえて緩めてから圧をかけてリリースする、
というやり方を繰り返し繰り返し行う過程で。


少しずつ少しずつ解けてきました!!!



まだ十二分に解けたわけではありませんが、
以前の私の手持ちの技術では、
仮に現状の硬化がひどくなったものを発見しても、
安全で比較的快適にリリースする方法をもっていませんでした。
そうなると対応にも十分な成果をえられるようなものではない。

むしろ計画性のないアプローチをすれば、
かえって事態を悪化させる事故につながるのです。
それは絶対避けるべきですから、
お客様に対してのできる限りの安全を確保するよう、
息を止めて慎重に慎重に施術作業をするにはしますが。

それでは大きな成果をあげられるものではありません。

くやしくてどうしようもない。
そのような、いらだちを覚えます。



そのようなところから、
ホットストーンを活かすことで、
確実にリリースできるやり方へ変わったところを感じられてうれしかったですね。



やり方をさらに練り上げれば、
こちらのお客様のリリースも、
前向きに前進が続けられるでしょう。




と、そういった矢先に、コロナウイルスの感染流行による休業。。。

どーして、こうなるの?と思うほど私もつらいです。

せっかくホットストーンを使った施術を活かすことで、
お客様とかかわりだせてきた折でしたから。
ここで出足をくじかれるとは。。。





同業者の方々も私同様に、大変な思いをしている先生も多いようです。

事情がコロナウイルスの感染流行の抑制のためということで、
しかたがないことです。



それに負けずに自身の施術研究にいそしみたいと思っています。


今後ともよろしくお願いいたします。

posted by スズキ at 13:05| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。