2019年10月05日

昨日、真剣勝負で気合をいれた体験会が終わりました! ^-^

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

昨日、体験会の最後のお客様がお越しになられて、
無事、終了となりました。


おいでいただきましたお客様方、感謝しております!!
私自身が本当に良き勉強をさせていただきました。

前々回の無料で施術をお受けいただけるよう設けた機会では、
ボディワイズに通ったことのないお客様もお越しくださいという応募条件とさせていただきました。

そのことでいつもよくしていただいている整体院の先生のお付き合いしている女性がお見えになられたり、
「鈴木先生のブログをいつも見てて、一度、遊びにきたかったんだ」というバレエをしている方がお越しいただけたり。
私が新たにお顔を拝顔させていただく方も多い出会いの会のような状況でした。


今回の体験会では、以前から施術をお受けいただいていたお客様に、じかに施術に体験していただくことで、
私はお客様方のお体の状態を、カルテに書けば100ページ以上の情報を頭に入っているものですから、
そのお客様のお体がどのような変化を実際起こされるのかを施術を通して私が自分の技術量を推し量りたかった。
そのような意図が含まれたものでした。
お客様には初めての温めた石を多用された施術を体験することとなります。
私にはお客様の潜在していた問題個所に対して、今までは、どのような既存の手技療法でも解けない部分、
そしてかつ私が編み出していた真鍮製スティックでも、錘でも、プルパでもリリースが危険すぎてできなかったり痛みが強くてアプローチを避けた部分にどう取り組み成果を出せるものか。


たとえば首筋奥にある鉄板のようなしこりを解かれていたお客様は、
「これは前から入っていたの?」
と驚かれるようなことがありました。
それは以前からありました。

ただそこを一般の施術院で解く先生もいない箇所です。
すべての先生のことを存じ上げるわけではありませんが、
私のところには施術者が多数通ってきていただけたため、
そこにしこりがあることさえ気づいていない先生もおられることもあるほど見つけにくいが、重要な健康因子で、
もししこりがあると気づいていたとしても私同様に解くことができないほど痛みがでるため解かないという先生もいました。
私も解く技量がない状況では強くここを解かなければ健康的ではないとダメ出しを口にしては、
かえってネガティブな感情がその首筋だったら首筋に根付いて気持ちがふさいで不安定にさせてしまうことになってしまう。

そのような個所はトリガーポイント的には少なくないものでした。
「そこを、どのようにしたら解き進めることが可能となるだろうか?」
という課題に対しての回答を、ひとつ出せたと思えた体験会でした。


ただ一度の施術だけではどうなるかというのは経過観察が必要です。

急性の凝りは、身体操作上、わざわざその凝った場所の上塗りをして、
また凝りを作り出そうとはしないですむので、
その部位をリセットがうまく完了できればいいだけのことです。

だから急性の凝りは対処は他人任せでもうまくいくのです。
私も、その場合は、「これは原因がわかっていて、再度繰り替えさない急性の凝りだから、まったく気にしなくていいですよ」といいます。
そういう私の顔は、かなりの笑顔です。



ただし危険なしこりか作られた所のほとんどは、
本人としてはそこに慢性的な凝りを作り出す操作を繰り返しています。
日々そこに凝りをこさえて生活をしてきているのです。
だからこそ慢性的な過剰な負荷によりしこりが骨がある体の芯にまで入り込んで骨膜にまで癒着が進んでしまっているのです。
そういったところを緩められたとしたら、血流も改善するし、代謝が全般よくなります。
ですが本人が気づかないうちに自分でその凝りは作ったもの。
それが体の使い方の誤用だったり癖だったり、仕事での緊張からくるものだったり、
様々な要因がありますが、、、本人が無自覚にしている行為により慢性的な凝りは作られているものです。

その理解が進んでいて対処している人はいいのですが、
そこへの配慮する習慣がないときには、
どこまで解いて鎧化したりコルセット化した凝りをおろせばいいのか。。。
そこへの見極めが私にとって、さらに慎重にならなければいけないところにきたのだと。

ホットストーンを使った施術を通して感じていました。



おひとり、おひとりのお客様の施術では、
私のそのような調整と挑戦が混じったセッションとなりました。



リリースを深くすることができるとなると、
実は、「慢性的な凝りを作らない工夫や努力をする解いていい人」かどうか。
その視点で見ていかなければならないというところも増えてくるのでしょう。


ですがホットストーンを用いた施術では背中の起立筋や脊柱回りなど
自律神経系の緊張を深く緩めて、
心身の過緊張をリセットしてくれるという意図を持った施術で構成されていますから。

自律神経のふさがったり見えづらくなった神経の状態を改善度を深めていくことにより、
やさしく体質がバランスをとってよくなっていけるようにしていくという、
リラクゼーションモードのものへと移行していく。
つまりこれは2人同時のセッションのときのような、
うまく一定の間をとったセッションをすると起こりやすくなるので、
そういったところも考慮に入れたほうがいいとも考えています。


現在の私のホットストーンを用いた施術の型は、
最初のステップとして産声をあげたばかりです。
こちらを新たなツールを発見して買い求めたり、
私自身も今まで解けないという既成概念を持った思い込みを捨てて挑戦することも増えるでしょう。
そうして徐々に磨きをかけていき、より効果を引き出せるよう工夫をしていきたいと願ています。







そして昨日の体験会の最後のお客様。

ちょうど一年前に予約順番待ちにお並びいただいたお客様で、
私の母の緊急入院でご予約をいただいておりましたがこちらからキャンセルさせていただいた経緯がありました。
そのとき予約順番待ちに並ばれていたお客様たちに予約可能の連絡をしておきながらも、
母の病状が急を要する状況でボディワイズ休業をすることにさせていただき、ご迷惑をおかけいたしておりました。

そのことがずっと頭に引っ掛かりとしてあり続けていたため、
今回の体験会では今まで通ってきていただいていたお客様と、
予約順番待ちで並んでおられて私が連絡をさせていただいた方という枠を設けさせていただきましたことがあります。

その際のお客様にたいして、
この無料での体験という機会にてお会いできるならば幸いと考えておりました。

そしてちょうどその意をくみ取っていただけたお客様が最後のこれからの施術となった次第です。
ありがとうございます!




今回の私の目標として、時間管理を考慮して
ホットストーンを用いた施術を2時間前後でまとめるという課題が私のなかにありました。


そのため都合、
身体操作に関心があるお客様でしたので、施術は2時間半ほどかけました。



ただその他、2時間強、体の使い方の話をしていました。
私から、ただただ一方的にというわけではなく、
お客様が今勉強しておられることについてもお伺いして。

とりあえずお客様も、自身の体のことについてというより、
私から身体操作について聞けるところがあれば聞いておきたいしそのいい機会だと。


お客様がお帰りの時間の時計を見ると、
もう9時近くになっていました。 
私にとって楽しい時間が過ごせました。 







秋分の日を迎えお彼岸のときには体験会の構想準備で、
両親の墓参りに行くことができませんでした。

真剣勝負と考えて気合を入れて取り組ませていただいた体験会が終わり、
私がなしていきたいことの具体的なイメージも見えてきたので。
数日内に、ずいぶん遅れたお墓参りにいってこようと思います。

母の言葉で、お盆とお彼岸は墓参りに来なさいといわれていて、
その願いをようやくかなえられそうです。 ^-^


香取神宮の境内で小一時間ほどお気に入りの大杉(拝殿近くの大杉ではない)いつものように瞑想をして、
なにかのひらめきや啓示が与えていただければと願っています。

posted by スズキ at 15:56| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。