2019年04月03日

ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの作曲した曲の紹介 

施術とはあまり関係のないことで、申し訳ないです。



ヒルデガルト・フォン・ビンゲン」という方をご存知ですか?
私は、この方をハーブ療法を調べていて見つけました。
こちらの方を調べていくと、とても多彩な才能を発揮なさる修道女であられるようです。



「ヒルデガルト・フォン・ビンゲン」について、
一部ウィキペディア出典で転記させていただくと、

「ヒルデガルト・フォン・ビンゲンまたはビンゲンのヒルデガルト(独: Hildegard von Bingen, ユリウス暦1098年 - ユリウス暦1179年9月17日)は、中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長であり神秘家、作曲家。史上4人目の女性の教会博士[1]。

神秘家であり、40歳頃に「生ける光の影」(umbra viventis lucis)の幻視体験(visio)をし、女預言者とみなされた。50歳頃、ビンゲンにて自分の女子修道院を作る。自己体験を書と絵に残した。

医学・薬草学に強く、ドイツ薬草学の祖とされる[2]。彼女の薬草学の書は、20世紀の第二次世界大戦時にオーストリアの軍医ヘルツカ(Gottfried Hertzka)により再発見された。才能に恵まれ、神学者、説教者である他、宗教劇の作家、伝記作家、言語学者、詩人であり、また古代ローマ時代以降最初(ギリシア時代に数名が知られる)の女性作曲家とされ、近年グレゴリオ聖歌と並んで頻繁に演奏されCD化されている。神秘主義的な目的のために使われたリングア・イグノタという言語も考案した。中世ヨーロッパ最大の賢女とも言われる。」


とのこと。



作曲家でもあられるということで、
「もしかしたらyoutubeに、彼女が作曲した曲があるのでは?」
と思って探してみました。
すると多数、彼女の曲を見つけることができました。



私が聞かせていただいて心に残ったアルバムもあり、
例えば、、、


Hildegard von Bingen - Monk and the Abbess




グレゴリオ聖歌とも違った旋律です。
静けさのなかに強烈に心に響き胸を打つ曲。

何と歌っているかの曲中でたたえる歌詞は、
私には歌の言語がさっぱりわかりかねるのですが、
自らの心身の浄化を図るにはありがたい共鳴音や周波数もふんだんに入っている曲も多く見受けられます。


深く癒されたいとき、
厳かな気持ちで聞いてみるといいと感じました。








posted by スズキ at 03:53| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。