2019年03月27日

切羽詰った時ほど「自己肯定感を上げることば」を自分に贈ろう。

私の施術上のこころの師と感じている方から、
いまこそ「無」になって施術にあたってくださいという助言をいただきました。

」になるというのも、様々な解釈があります。

「無」に対するものを「有」とすれば、
ある意味、<0か1か>のようなものでしょうか?
そのような意味で使った助言ではないでしょうね。

「無になる」という状態ほど、
禅問答の考案のように答えを求めてほっていけども、
自分の成長により変化して感じられるものはないように感じます。


もっとよく思索を深めていかなければ。。。




そこで、少し別の角度から考えてみようと思いました。

たとえば、、、。
柳生新陰流の開祖となる柳生石舟斎の剣は、
無念無想という無意識のうちに剣で相手と接し打ち倒し、
守備でも無意識のうちに最高の反応ができてしまいます。

無念無想
一切の邪念から離れて、無我の境地に到達した状態をいいます。
仏教の禅などでは、
無念」は雑念を生じる心を捨て無我の境地に至ること。
無想」は心の働きがないこと。

無論、そのような境地に達するには、
それまでに多大な修練を積んだからできることであるのは言うまでもありません。

相手に刀で切られる恐怖をも無くしていなければ、
容易にはそのような無意識に体を捌くことはできません。
平常心では、反射的に恐怖を感じて身がすくむのが当然ですから。


無にいたろう。
言葉に出して言うは容易く、行うは難し。
それは剣の道でも十分に言えることで、
同様に施術の道でも言えることでしょう。


ひとつの捉え方として<無我の境地を目指す>のもよいでしょう。





ただ、私の施術のこころの師と慕う方は、
私がそう言わせていただいて十分すぎるほどの行を積んでおられまして、
他の方向性でも考える視野の広さがあると思っております。

大自然との深いつながりを感じて溶け込むような境地といいましょうか。
西郷隆盛が好んで使い、よく揮毫した言葉にあるく敬天愛人に近しいことを、
よく行動で実践なさっておられる方ですから。

天を敬い我欲を捨て去り人を愛すること。

その視点で行動をなせば自然と「無」になるという姿勢で考えたほうがマッチしているようにも思います。



と、いろいろと頭でっかちな思索を続けてみたものの、
現状の私では、その無になる手前でしなければならないことがあるようです。


それはどういうことかというと、
自分が自分に対して、
まず、どんなときにでも言ってあげたい言葉があります。
次のように。


” そのままでいいんだよ。

  いままでも、ずいぶん、がんばってきたんだからね。”



そういって「自分を肯定する」ことからはじめるように努めています。


近い以前は、まっさきに” なんにも出来ていないじゃないか! ”と、
理想に遠い自分の現状を否定というよりも非難することから始まって、
士気をくじいて出足を止めるという悪癖を持っていました。

そうして士気をくじかれても、前進はしなければならないときもありますよね。

自己否定に切羽詰まりながらも、次の行動へと鞭を打つのです。

ですが、そうなると、目で見えているものでさえも見えなくなってしまうことに気づきました。
まさに、自分を見失ってしまうというように言えると思います。

こころの緊張にがんじがらめになって、視野が狭くなるからでしょう。



そんなときに、「このままじゃ、大変なミスをしでかすぞ・・・」と青くなります。

そして冷静になってみようとしたとき、
まずは自己肯定をして、元の自分の心身に戻ってから行動していこうと思いました。


そのとき出てきた言葉が、


” そのままでいいんだよ。

  いままでも、ずいぶん、がんばってきたんだからね。”



という自己肯定感を持ち上げるものでした。



これはかつて私が通っていたコーチングスクールで耳にした言葉が脳裏からよみがえったのでしょう。

「無」になるどころか、浮き足立って冷静さを見失うままにいた自分には、
いつもの元となる自分に立ち返って視野を広げることからはじめなければ。

それには自己肯定感をあげるための自分への言葉をかけて、
自分を嫌いになったり卑下して疲弊するようなことをなくしていくことです。


特にここ最近は、そんなことをよく思い起こされています。


いずれ自分の元の元の元まで、ずっとたどって観ていくことで、
やがては「無」の域ににまで、到達できればとも願っています。







posted by スズキ at 14:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。