2019年03月11日

目黒不動尊でひとり瞑想、余談の糖尿病対策の菊芋と、シュンガイトの粉末利用

私は以前より目黒不動尊に参拝に、
毎月のように散歩の延長線上で訪れていました。

目黒不動尊の寺社内では、
とても強い澄んだ気のエネルギーのようなものを感じられます。
私にとりまして、特別な聖地です。



そのような地では度々インスピレーションを受けることがあります。

それはたとえば
施術に関すること、
自身の精神的成長に関することなど、
様々な多岐にわたるひらめきを得てきました。


一人で気を鎮めること。

母を目の前にすると、
容易ではありません。

だからこそ少し離れた場所へ出向いて、
冷静に今の自分を客観的に見つめ直す。


そのような機会として目黒不動尊へと訪れやすい機会が与えられて、
ここ数日、一人で訪れ参拝をさせていただいております。
今はもう、早咲きの桜も見える時期となり、
他にも多くの参拝なさる方々がお見えですね。
そんななかでも一人、黙々と意識を研ぎ澄ませながら瞑想中です。
私は周りの参拝する方々からすると、かなり浮いた存在でしょう。


主には手持ちの施術リソースで利用可能なものの見落としを埋める慎重さを取り戻すために、
または新たな気づきを与えていただけるように取り組んでいます。


これは私の以前からの施術研究の日々にもしていたルーチン通りに、
しっかりと瞑想の状態で視野を広げる機会を設けられているままです。

こうすることが内容の濃い母への施術等につながるだろうとも考えております。

普段の自分を取り戻せる瞬間がある。
それはしあわせな時間でもあります。


それに目黒不動尊で参拝中に施術には直接関係しづらいようなインスピレーションを受けることが、
たびたびあります。
インスピレーションを受けて、それの解釈がどうなされるか。

そこに新たなる行動への転換点となることが多いようですから。
慎重でありたいと思っています。




それとはまったくことなりますが、

エドガーケーシー療法にて、
糖尿病の改善のため血糖を安定させる目的で菊芋というお芋がよいとのこと。
私は聞いたことがないお芋でした。

でも菊芋はさまざまな健康雑誌やテレビにも取り上げられているんですね。

ひとまず試してみようとアマゾンで以下の菊芋のパウダーを購入してみました。
味噌汁等にいれて食すといいようです。


菊芋パウダー (菊芋粉末)150g:長野県阿智村産100%|計量スプーン1本付き

なんらかの成果が得られれば上々です。






またまったくの余談ですが、
エドガーケーシー療法では、
ある種の癌に対してカーボンアッシュという特別なサプリが推奨されているようです。

ですがこのサプリ。
なかなか入手困難で入手期間もかかるしかつ高額なサプリなもので。
そうも悠長なことをする時間もないため、手に入れるのはあきらめていました。

ただ、「カーボンアッシュ」という名称の後ろに(フラーレン)という文字が。。。
フラーレン構造を持つ炭素といえば、
私にとってはシュンガイトという貴重で希少なパワーストーンです。


とりあえず手持ちのシュンガイトを削って服用するというのもよいかどうかを、
ダウジングでチェックしてみると。、、、.

悪くはなさそうな反応で、ダウジングの先の水晶が円を描いて回り始めました。

備長炭を削って食すようなことは、
整腸のためにされることもあって、
シュンガイト自体、ほぼほぼ炭素なので食してもそれほどは害はありませんし。

試験的にシュンガイトを鉄ヤスリで削り、母が飲むお茶に混ぜています。

ただなかなか鉄ヤスリでは削りづらくてシュンガイトの粉末の量が得られずに、
ちょっと難儀しているところです。
どうにかして、100グラムほどの粉末を作って常備したいところです。。。






まったくもって、
母もいろいろと新たな試行錯誤の課題に付き合わされてはいますが、
「それで、ちょっとでもよくなるようならば、、、」とがんばってくれてます。
posted by スズキ at 04:44| Comment(0) | 母の自宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。