2018年10月25日

チープな自作版CV4枕でも、けっこう首や肩が楽になり、脳脊髄液の流れも良好に

第一頚椎と後頭骨の詰まりを改善するグッズ、ご存知ですか?


頚椎第一と後頭骨のあいだが詰まっていると、
頭部に血流が流れ込みづらく滞りがちになります。

それにこの第一頚椎周囲には脊髄神経部分が、
骨部分に接している非常に自律神経系としても重要なポイント部分です。

頭蓋仙骨治療というオステオパシー系の施術法には、
この大事な第一頚椎と後頭骨を「CV4テクニック」と呼ばれる効果的なリリースをおこなうテクニックがあります。

それは通常はその技術を習得したものにやっていただくのが一番いい。

でも、ある程度なら「CV4枕、CV4クッション」といったグッズを、
第一頚椎と後頭骨の詰まりがある部分を緩められるよう工夫して設置。
それでソフトで快適な第一頚椎と後頭骨の詰まり改善がはかられるようなグッズがあるんです。

製品版は、下の写真の上方にある緑色のグッズです。
(サイズ感は、裏の水色のボードが22.5センチ×15センチとなります)
CV4枕1.jpg

ただこの製品版が、アマゾン等でも見つからない、、、ようなのですね。

入手困難?

廃盤?

ということで、
あとは自分で自作するしか、CV4枕を手に入れる道はない!


で、自作したやっつけ仕事でつくった自作CV4枕が上写真の下方のもの。




ということで、
ダイソー等の100円ショップを利用して、下の写真のようなグッズを集めます。

1、(ダイソーで入手→)ぷにゅぷにゅボール2個セット(※1)
2、太目の輪ゴムを数本
3、台所用に使われているシリコンマット

(※1)ぷにゅぷにゅボールは個体差があり、固めのものからやわらかめのものまで。
    極力やわらかめのものを手に入れておいたほうがいいでしょう。
    そのほうがリリースが起こりやすいと思います。

手作り版CV4枕の素材.jpg



では、さっそく、実際に後頭骨部分の下部に自作版を当てて横になり利用してみよう!


・10分間ほど自作CV4枕を使ってリラックスして休んでみました。


製品版が8000円くらいしていたと思うので、
それには及ばないものの、
十分な第一頚椎部分のリリース感があります。

私の場合はという個体差があるので、
別の方ではどうなるかはわかりませんが、
この部分がかたく詰まっていては脳内の血流が滞りがちになるだけではなく、
脳脊髄液という脊髄神経系のエネルギー源になる栄養素を脊髄に送り込めないんです。

その脳脊髄液が送り出される状態が改善するときに、
いっときだけ脳脊髄液の流れのリズムが停滞します。
その現象が自分に起きたのが感じられたので、
脳脊髄液の停滞によりおきる自律神経の不調も、
そこそこ落ち着かせるにも、もってこいでしょう。


わずか、300百円弱の工作です。


興味がある方は、トライしてみてくださいね。


「CV4テクニック」とグーグルで検索すれば、
テクニック自体の情報もいろいろ手に入るかもしれません。
ほんとうは頭蓋仙骨治療やクラニオサクラルセラピー関係の、
専門書をお読みいただければ、ベストなのですが。^-^
余裕がある方は、そこをしっかりチェックしてみてください。

posted by スズキ at 11:39| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。