2018年06月02日

骨盤内部は「大骨盤」と「骨盤腔」にエリア分けがあるんです!

腹部をチェックするときの見分け方として、
大切なパート分けがあります。

それは骨盤内部を二分するライン、
骨盤上口を堺に上下2つのエリアがわけられているということです。

消化器がおもだって位置する腹部内臓をおさめる大骨盤エリアと、
膀胱や生殖器などが位置する骨盤内臓をおさめる骨盤腔エリアです。

骨盤内部は大骨盤と骨盤腔にわかれる.jpg

この上下のエリアをわけて腹部を触ってみているかどうか。

意外に大事なんですよ。


腰椎椎間板が縮みこまっていたり、
無思慮な腹筋のやり方で腹直筋を硬化委縮させたり、
脊椎全体の側屈や前後の彎曲が極端だったりすると、
腹腔と呼ばれる骨盤内部も含められたお腹全体のエリアが狭められる結果となります。

その際に、
骨盤内部の大骨盤や骨盤腔エリアなどは重力の最下層部に当たるため、
顕著な萎縮傾向をしめすのです。


主だって大腰筋が変質して硬化が続けば大骨盤内部の内臓に影響が出ますし、
主だって内転筋が硬化短縮すれば骨盤腔内部にある内臓へと影響が及びます。
また大腰筋や内転筋が硬すぎると、異常な牽引痛を生じさせる影響エリアが広域に渡りだします。
そのような状態まで移行している方の場合は、施術でリリースをしたとしても、
ほぼほぼ身体操作のやり方が負担が蓄積するかばいグセ等も内在していることも多く、
戻りが早いように感じます。

どうにか立位や歩行時のやり方を、
少しずつでも負荷が減るようなやり方に変えることも検討すべきでしょう。



また実は、私のお腹の触り方には2手に分かれています。

私が施術をするときに、
なにげなくお客様のお腹をさっさとさわっているときには内部が安定して柔らかいという状態のよさが、
腹部の上に手を持って行きかざした瞬間にあたたかみや躍動感から読み込めたあとのことです。
深く押す必要は感じていませんので、笑顔で「チェック、Ok!」とさっさと次に進みます。

私が施術をしているときに、
お客様のお腹の中をずんずんと奥まで触って状態を読み取ろうとしているときは、
お客さまにとって不快なときではありますが、
大骨盤や骨盤腔エリアに内臓の硬化や降下やねじれや冷えがあるかどうか。
またそれらが大腰筋からきたときには大腰筋の硬さがある部分に触れられて大骨盤部分に含まれる内臓がちょっと難があるだろうとわかるし、
同様なことが内転筋を少しだけつまむようにしてコリッとしたときに痛みがあるようであれば
骨盤腔部分にある内臓に難ありという予想が立つ。
(私が不用意に内転筋をコリッとさせているわけじゃなくて、
膝周辺の内転筋群部分の硬さと恥骨筋部分の硬さと部分により骨盤腔部分の臓器の癒着が推測できるためなのです)


大骨盤エリアや骨盤腔エリアが詰まって息苦しい状態のときには、
恥骨結合部分や仙腸関節の可動が制限されていたりずれて固まっているときが多いものです。

そしてすでに大骨盤や骨盤腔の内部に含まれた臓器が固まってしまえば、
仙腸関節のリリースや恥骨結合のリリースを行なったとしても戻ります。
それはやってみればわかるのですが、
内臓部分の内臓壁部分にある臓器の筋膜とも呼べそうな部分は癒着して
にっちもさっちもいかない状態にもなれてしまう組織だからです。
なので関節部分と内臓部の両方のリリースの同時進行が理想です。




余談ですが、内臓の癒着話で言うと、
ある知人が腹部の開腹手術を受けたときの談で、
内臓置く部分の患部を直接切り取る際にかかった時間はものの5分で、
患部にたどり着くまでの内臓部の癒着を剥がして剥がして剥がして、、、というのが5時間近くかかったと言われたといってました。
内臓部分に炎症を持って大網という網々部分が内臓部に入り込んで癒着が進むと、
本当に内臓癒着状態は大変なものとなるという好例ですね。
そこまでいかなくても、腹腔が縮んだ方の多くの人達の内臓部には癒着が進んでいるようです。

お客様に姿勢が良くなると胴体が伸びるというと、
「あら、いやだ、かっこわるいじゃないの!」とおっしゃられますが、
内臓部の癒着が進んだ方の開腹手術をしてなさる映像を観ると、
胴体が適正な長さがないということの恐ろしさを感じていただけるかも。 ^-^




私は、施術とは、
お客様が施術後に動きやすくなり改めて自己の身体操作に磨きをかけるための下地づくりだと思っています。

体全体の動きを正すにも、
この骨盤上口付近の大骨盤エリアがどのようなコンディションになっているかで、
自己の身体操作を感受する能の良し悪しが決まってしまうように感じています。

そこは下丹田と呼ばれる部位として、
骨盤内部や全体を感じ取ることは大事なことだと思っています。


ぜひ、自分の骨盤腔部分等にも手を触れて気を配ってみてくださいね。
posted by スズキ at 12:02| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。