2018年03月31日

アレルギー対策とは「体質改善ありき」です!!

一昨日前に、お一人のお客様から、メールをいただきました。

アレルギー性の相当にきつい症状を持っている女性のお客様です。
そして先日、アレルギー対策を施したワークをおこなったところ、
メールでその後を報告してくれました。
ご本人もちょっとびっくりするような成果がでてくれたようです。

ほんとうに息をするにも苦しいところから、
長い間をかけて、着実に体質を変えてきた。
その勝利だという実感を私はもっています。


ただお客様には、
そのアレルギー対策を施術が優れていると思われていたようで。
もしまた問題が出てしまったら再度そのアレルギー対策施術を!
とのご要望のメール内容でもありました。

結論としていえば、
体質改善が姿勢の改善や筋肉的な問題、
経絡的にも血圧等のバイタルサインや呼吸器などの状態など、
総合的に含めてなされての今回の成果なんです!

アレルギー対策をいくらしたとしても体質改善がなされておられなければ、
部分的に付け焼刃的な対処をしているだけの施術です。

そのようなものは戻りが早いだけではないし、
揺り戻しが強く出てしまうこともあって、
私には徹底的な体質改善がなされないうちに
アレルギー対策をしようという施術をしても。
本当に一時しのぎでしかないのだと思います。
それはお客様が本当の意味で幸せを実感できないやり方を押し付けているに過ぎません
私はそのようなことは、やりたくない仕事ですね。

それでは「施術で向上的に体質を安定させて、元通りになりづらくするとか、元通りにならなくなる」
そのような目的を持った対処をする選択ではなくてもいいことになるのかもしれません。

実際、他のお客様からも改善例を報告いただくケースが「自作てい鍼を進化的に使用」してからは、
大幅に増しています。
ここは、強調してもし過ぎることはないでしょう。


自作てい鍼でのインパクト圧では、
深く深層筋を解くためというだけではなく、
神経系や経絡的にも状態を安定させている。

そしてその自作てい鍼の使い方は、
その着想得終えた源流からの力添えをいただくような意念から強力に作用をいただいたとき。

たとえばこの度メールをいただいたお客様のアレルギー性の疾患はかなりつらいところでした。
ただ、、、ご本人も自覚があったようなものは一部分でしかなく、
他にも気血の詰まりがずいぶん私には見て取ることができていて。。。
かなり複雑に内部的に入り組んでいて、
それを自身でセルフケアで対処するのは難しいでしょうし、
相応に技量を持っていない先生から施術で手を出されれば、
状態がさらに悪化するような不安定な状態が強い初期状態だったと思い起こします。

それら気血津液の正常化や筋肉の正常化や神経系の働きが鈍っていたところのケアを含めて、
自作てい鍼では非常に小回りよく精密にリリースしエネルギーが与えられていった。


それは他のお客様からも、
実際に花粉症や他様々なアレルギー性の症状緩和の
同様の報告を受けることが多くなっています。

もちろん相当に状態が複雑で重くあって、
ケアにも一筋縄ではいかないお客様もおられます。

ただここ6ヶ月は、月一度で、コンスタントにお通いいただければ、
80%近い割合で状態が改善してきたようだという報告を受けてます。


結論として。
現実的なアレルギー対策をお考えの方は、
循環器、呼吸器などの問題が軽減され経絡や神経系の問題を低下させる筋膜のリリースを進めていき、
よい状態をキープしていただけるような姿勢も身につけていただく。

それが私がいう言葉遣いでは「体質改善」と呼ぶことです。
ここがベースになって、
各種アレルギー対策になるような、
ホルモン部分を乱す部分の調整(恥骨部や胸鎖関節部のずれ)や、
腕の肺経部分の経絡異常を改善させていったり、
喉部分の深々と入り込んで一般的に溶けるとは思えないほどのしこりを緩めていったり。
その他いくつもの臨床から割り出して効果が高いと
私が判断させていただいたそのお客様にあったポイントの対処もしていくんです。

そうすると例年だったら花粉症の厳しい時期に、
少しずつお薬を減らしたり弱められたりしていくことも多くありますし、
なかにはまったく大丈夫になったという方も。


私もここ数日、花粉症になりました。 ^-^;;
実際、自作てい鍼をつかった施術が、
施術者自身にはお客様が思いもよらないほどの衝撃や負担がかかっているので。

ある程度は、そこは被るつもりで、必死で研究しているもので。

もともとの私自身、体質が悪化したのではなく、
単純に筋肉が固まって気血が一時的に詰まっただけですから。

スマーティという遠赤外線ドーム型サウナ治療器に入っておれば、
そこはリセットすることができ、花粉症の症状は、それで一気に消えるか大幅に軽減してくれます。
昨日の夜に、スマーティに長時間入ったため、花粉症の症状は、1/10程度で、
目が長時間外出していると痒くなるというところや、
ときたま鼻が出るという程度で。
施術中にはまったくそれらも気にならない程度になっています。

そんなところからも、
どんなアレルギー対策をする際も「体質ありき」ということを身をもって感じさせられます。
posted by スズキ at 02:44| Comment(2) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の花粉は去年効いていた薬が効かないほど凶悪です。自分の身体のコンディションの問題なのかは不明ですが、アレルギー対策興味あります。
Posted by R at 2018年04月03日 08:34
Rさん

お世話になってます。

今年は、去年効いた薬が効かないほど強烈な花粉の時期なのですね。

私も数日前、ひどい地獄の花粉症で、
一晩でボックスティッシュを一箱消費するほどで、
ぐったりしていました。 



最近、お客様のなかでひどいアレルギー体質(鼻炎・花粉症・パニック障害等も含む)であったが施術等での対処と、
それと同時に改善方向へ乗り上げられたという人たちを見てきました。
あるお客様は、アルゼンチンタンゴやフラダンスやバレエ、フェルデンクライス等々。

私自身、数日前、いきなり強烈な花粉症になったときに身体操作がまだまだ自分自身が至ってないなと恥ずかしくも痛感しました。
私の動き方のアイデアと、
内側の運動感覚野と感覚神経野が合致してないんですね。



今回の私の花粉症は、脚部大腿直筋部分や下腹部や腹部腰部の過激な下方への詰まりが起因して、胸郭の動きが異常をきたしておきたことでした。

それに気づいてしまえば神経波磁力線の出るMリングにお世話になれば、
花粉症の症状が、ほぼ実害なし程度に軽減しました。

ですがやはり、
身体操作が自分が考えているようなことができていない。
そのような反省が意識として強く残りました。

がんばって、ひとつ、系統だてて動き方の把握を努めなければ。


またボックスティッシュを一晩で一箱という、
惨事を招き入れることになります。

そうなってはお客様が信用して来ていただけなくなりますから、
ボディワイズの鈴木としては死活問題になります。
必死にならなければ。。。



Rさんも、凶悪な花粉症からの鬱屈した感情を吹き飛ばすよう、がんばってください!!
Posted by ボディワイズ  at 2018年04月06日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。