2018年03月24日

【業務連絡】:2018年4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました




------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2018年4月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。よう
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。


ここから・・・・・。
個人的なことですいません。

今日の話です。

数日後に、
私の父親の墓参りにいこうかなと考えていたところ、
夢に父が出てきまして。 ^-^

話をするような、社交性のある二人でもないもので。
静かで、おだやかな父との時間をしばし過ごしました。

その余韻を感じながら目を覚ましました。



「脊椎のなかで最もすべりやすい場所は?」

というと、「腰椎すべり症」という症状名を聞いたことがあればわかるでしょう。
腰部分にある骨の「腰椎」。
その5つ縦に並んだ椎骨が、背骨のなかでとてもずれやすいんですよね。

特に「 第5腰椎〜仙骨の接合部分 」という<腰仙関節(ようせんかんせつ)>。
ここが構造上、最も前方にすべりやすい作りなのです。


慢性的な腰痛などがある方の場合、
腰部や背中側の筋肉がつねに緊張しっぱなしになりますよね。

本人は気づかなくても、私が触ってみたところ。
背中が全体的におかしなことになっています。

腰椎がこのような状態がつづいてしまうことで、
さまざまな体全身へ至る問題が生じてしまう。


私なりに、最近もずっとこの症状についての研究だけはライフワークとして、
ずっと意識して対抗しようと思い願っているところです。

そのためには施術法を自分なりに考案するなど、
いろいろと迷走もしつづけているわけです。
そのうえで、どれほどの深い腰仙関節のずれが根強いか、
その深刻さもどれほどのものかがわかってきたところがあります。

それに対応するために、
重量感あるブロックをつかったり
自作てい鍼でのインパクト圧をつかいだしたり。
ボウエンテクニックというよりも、
腱を引く感じの圧を指で創りだすには・・・などなど。
鋭意研究しているところです。

着々と前進していけていると思われます。




私の父親は、生前、腰椎椎間板ヘルニアで苦しみ続けてきました。

父の苦しむ姿を7年ほど見てきました。
多くの施術院巡りを、父とともにしたかったのですが、
もう35年も前の話で、インターネットからの施術院情報もなかった。
知人によい施術院はないかと聞きまわりましたが、運が悪かった。
私が手に入れた施術院の情報で得られた施術院にて、
さらに症状も悪化したところもあった。

そのときの私の思いは、
どうにか腰椎椎間板ヘルニアが私が直せる技量を持ちたい。

施術のやり方について自分発のものしか信じない、
という窮屈で偏屈な頑なさが私の行動から見え隠れするのも、
あまり質の良いとはいえない施術院に私が多数つれてまわり、
幾度も父の落胆を背負わせてしまった。
それを繰り返してしまったからもあります。

施術者など、私のキャラには似つかわしくはないと思いつつも、
父が亡くなったあとになって、
父に対しての罪滅ぼしのように誠実に死力を尽くして
自分なりの施術を追求していこうと決めました。

それが私が施術者を志す前のことです。
父が生まれ変わるときに、同じ苦しみは味わうことがないようにしたい。
そうできれば、本望という思いでやってきました。


父がひさしぶりに私の夢にあらわれてくれて、
施術をし始めたことを改めて思い出させてくれました。



当初の私の願いは、どこまできたのだろうか。
そしてその技量を活かせるときが、いつかくるのでしょうか。



幸いにして、いまお通いいただいているお客様のなかには
腰椎椎間板ヘルニアを患われているお客様はおいでいただいておりません。

ただ、腰仙関節部分は、最もずれて問題を起こしやすい好発部位。
それにもかかわらず、深層までこの部位の硬さが入り込めば
施術者でも容易にリリースはできないような部位です。

実際に私自身、いくつもの施術院にお忍びで通ってみたのです。
どのようなリリース方法でどれほどの効果があるのかを。
浅い腰仙関節のずれで仙腸関節の問題等が深刻でなければ
ずいぶん効果があるだろうと思えた施術もありました。

ですが私が施術をはじめた当時から、
かなりハードルの高いお客様が多数おいでいただけておりました。

「あ〜、あそこの施術院ね。行ったけど、その場じゃよくなっても、3日も持ちはしないよ」
といっておられまして。
「そうか、、、やっぱり、そうなんだよなぁ。。。」と私自身、
自分の頭で深々と理解できるまで考え抜けということだなと思ったことがあります。
それからはやはり独自路線を貫いて、
毎月のように、毎週のように、やり方を考えぬいて色を塗り替えていく。
そうやって出てきた課題に真剣に取り組む行いを、
愚直につづけてきました。


いつかまた、
新たな腰椎椎間板ヘルニアのお客様がお見えになられたようなときがあれば、
十分に対応ができるような下地ができるようならば、なによりだと思います。



そんなことを思いつつ、夢のなかで父に、
「治してあげられなくて、ごめん」と言って目覚めた朝でした。




*--------------------*


(インパクト圧をご自身で体験してみたい方へ、朗報です!)


話が、ガラッと変わりまして。 ^-^


先日、美容院で働いておられる女性のお客様が施術を受けに来ていただけました。
日頃、シャンプーなどでお客様の頭を丁寧な対応をしておられるため、
胸から前が少し前傾気味になってつまっているようなところが見受けられました。

そこで、私の自作てい鍼で「トントン」と胸骨や肋軟骨周辺をインパクト圧をかけて、
しっかとリリース。

すると、一週間ぐらい「いてぇーーー」っという感触がつづいたそうです。 ^-^;

施術後のリリースされて緩んだ状態はセンシティブな感受性が高まっている状態。
その部分に負荷をかけると、「いてててて」と感知しやすいのです。

その部分を使わずにゆっくり休めていただければ治癒も進み理想的です。

ですがそんな悠長なことをいってられるわけもありません。
施術が終わってすぐ、お店に入ってお仕事です。


その後に、もう一度、施術を受けに足を運んでいただけました。
(ありがとうございます!)
そのときには先日の胸部の痛みが印象的であったため
「(またきっと痛いんだろうなぁ・・・)」という感じでドキドキしていたようです。

ですが、、、実際に受けてみると、
思ったほど痛くなくて驚かれていた。

前回の胸部のリリースでも、こちらのお客様の体質上柔軟性が高いため、
十分なリリース圧になっていて、その改善状態がずっとつづいていたのです。
前回の施術を受けて一週間ほどの間、
ずっと患部が血の巡りがいい状態を維持できていて、
胸肋関節のズレや肋軟骨を固めた胸肋靭帯などがほどよく解けていった。

実際、この胸郭部分、私自身もこれほど鮮やかに溶けるやり方は、
見たことがないものでした。
自作てい鍼を扱いだした当初は、ほんとうにびっくりの連続でしたから。。。

ただ最近は、さらに先の応用編へ課題が進行しているので、
ワタシ的には、もう、そこは当然のような気がしていますが。


ただ今度は、首筋部分をインパクト圧を駆使してリリースしまして。
今度は「首がいたたたたぁ」と、忙しい感じです。 ^-^;

こちらのお客様は体質的にナチュラルな重心をキープ出来ている。
とてもいいしなやかな動作ができるという特徴がある方ですから、
特に反応が深くでてくれやすい傾向があるように思います。



ですが、先だって、私のところにメールで、
「先生のいう、インパクト圧を興味あるんだけど、受けられないのか?」と質問を受けていまして。


私的に内々でのデモは、もう何十回も数えきれないほどやってはいます。

同業者向けというところもあって、
簡単に真似ていけそうもない技術でもあるというところも知り、
ちょっと残念だと思われる方も多いのですが。


その反面。。。
前回の予約順番待ち登録にはしっかりと名を連ねていただけて
実際に自分の気になるところをこの際だから徹底的に治して!と、
期待してるぞというメッセージをいただきました。
確かに、役立ってくれそうだという期待値を身をもって感じていただけて光栄です。




そして、いつか関心ある一般の方に向けて、
どういう形になるか未定ではありますが、
時間を割いてデモンストレーションをさせていただく機会を設けられればと思っています。

あまり一般の方では人数は集まることはないだろうと思っているのですが、
もし「自作てい鍼を使った施術ってどういったものなのか関心があるよ」
という方がいたら、私宛にメールでご連絡をいただけましたら幸いです。

気づいた人は、うまくいく!

そんな経験を、ぜひ。 ^-^


私のメールアドレスは以下に。
sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp




お読みいただきまして、
ありがとうございました。

鈴木政春

(終わり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
【関連する記事】
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。