2018年02月18日

シュンガイトの逸品マッサージスティック使用実感等・・・

先日、購入してきたシュンガイトのマッサージスティック。
それはとても既成品とは思えない丹精込めた制作物ですね。

シュンガイトマッサージグッズ.jpg

上記写真ではわかりづらいと思いますが、
右手人差し指にベストマッチするよう設計されたもので、
めったにみることができないだろう逸品です。

ただおそらく一般の方がこちらの現物をみたなら、
変な形だと思えるだけで秘められた機能には気づかない。
そのような気がいたします。


シュンガイトは炭素が含まれていて柔らかさがあるため、
強くこすると煤けた跡がつく。
ただその炭素自体、フラーレン構造というサッカーボール状に整えられた形状をした
自然界で採取できる鉱物に唯一シュンガイトのみに存在するもの。
フラーレンというと女性にはクレンジング剤などに最近は使われていることからもわかるように、
浄化能力に富んでいる。
そして電気通電性があり、特に強く浄化した気に変えて気を通す力に長けた素材でもあります。
それがシュンガイトです。

私自身、シュンガイトに関心をもって、ひとつだけサンプルとして購入したとき。
こちらの石を将来的に利用して活かしていくことが活路を開くことになると感じました。
ほぼ直感ですが、その感覚が非常に強くもてました。
実際に施術上での発見として強力な気付きはこのシュンガイトをペンダントにして胸の前に、
またバングルとして左手首に巻いてから訪れています。

私の知り合いには、
シュンガイトスティックを持ちいることで交感神経が優位な緊張状態がリセットされ、
体の奥からリラックスしだす状態に変わっていく実感を語ってくれる方もおられます。

ただし感受性が強いかどうかで、実感できるかどうかは変わりますし、
持った方のエネルギー的なブロケード状態の良否にも関わってきますね。
わかるひとにはわかるが、わからないひとには説明できないところです。


ですがこちらのマッサージスティックの形状からフェイスマッサージ&ヘッドマッサージ。
それにあまりにも画期的なものだと、試行錯誤をしながら用途を探るうちに実感しました。

軽い素材で指へのフィット感が整えられていて、持ち疲れがない。
使用感もよく、顔の筋膜が私が持っているかっさプレートのどれよりも優っている。
翡翠やベン石やオニキスや黒曜石などの素材でできたかっさプレートで、
相応に高価なものも用意している。
いくつもの異なった形状をしたものを揃えてみたのだが、
まったく次元の違う扱いやすさでフェイスマッサージ&ヘッドマッサージを叶えてくれる。

私は去年頭鍼を研究してきて、
てい鍼の可能性を探ってきた。

それは脳梗塞の後遺症を改善させるためのアイデアだった。

てい鍼も数多く作り自身に試してみたのだが、
成果として患部へ接したときの響きが薄くて
到底、実際の鍼とは比べ物にならないものだ。

そのように判断したことがあった。
気を通す力としてはてい鍼も実用的だったが、
私の欲するものとして弱点もいくつかあった。

実はこのたび得られたマッサージスティック。
そこをほぼほぼカバーしてくれているのです。


そしてそれだけではなく、
ツボの刺激用としてのスッキリした感というソフトだがしっかりした後まで続く改善力。
その強力さも驚いた。
そして私のリリース技術があるためもあるのだが、
これは頭部の縫合部分を緩めて顔形を変えられる。
一度や二度、使用して効果を求めるものではなく、
日々、せっせとおこなう必要はあるのだがすごい。

鼻呼吸が驚くほどすっきりするし、
目が見えやすくなってくるし。

頭部の凸凹の形状が変わってきたりもしてきた。
というか凸凹の形状が指先で観る以上に、
このシュンガイトのマッサージスティックで探るほうが探査できるのが驚いた。

副鼻腔炎の方々にヤムナ・ボール・メソッドのボールを使ったフェイスマッサージを提示していたが、
実感としてそれ以上に小鼻の横のリリースをシュンガイトのマッサージスティックでおこなうときに
大きな変化や成果を感じ取れた。

またこれはおそら鼻呼吸を大幅に促進させることで腹部の横隔膜上下動を促して、
胸骨・胸骨柄の動きを改善させることで胸腺の動きを改善させることにもつながるようで、
「花粉症を改善」してくれる期待もある。
実際にもう花粉が飛んでいるようだが、
ためしに少し花粉がきついという人に数カ所アプローチしてやってみたら、
呼吸がしやすくなって目の痒みが消えたと驚いておられました。
これを繰り返せば花粉症の季節は乗り越えるのがずいぶん楽になるだろう。
そんな感想を述べてくれました。
ただそれは胸骨が動くとか横隔膜が動けるという状態が先に作り出せての話だが、
それらが多少動きづらい程度ならばそれらの改善も促されるようだ。
そこも実にいい。

それと同時に、私が今までためてきた30冊弱のヘッドマッサージ、フェイスマッサージの本や、
その他dvdなどの教材のノウハウも使えるから都合がいい。

女性の美顔用として、
使用方法をしっかりトレーニングしていけば、
すごいパワーを発揮することでしょう。
シュンガイトの健康の石として最高の力を発揮させ、
体に良くない電磁波を遮り活性酸素等を低減させる。
そのような内容的印象も手伝って効果は高いだろう。

私がショップでこちらのシュンガイトのマッサージスティックを観たときに、
「得体の知れない空恐ろしい気の込められたなにかがそこにある」と感じて、
文字通り身震いした。
強烈なオーラを放つ。

その強烈な存在感を私の目には映っていた。
(これは比喩的表現じゃなく、私の目に見えて、手に触れてしびれるほどの強さを感じ取っています)

ずっとシュンガイトを何らかのものとして利用したいと考え試行錯誤してきた。
そこにかなりの時間と費用と精力をつぎ込んできて、
シュンガイトを活かす道を模索してきました。
おそらくこれだったんだろう。

セルフケアグッズとして、いい。
実にいい。 ^-^

使い込んだら自律神経系の誤作動を抑え、
顔の見た目などの造作も半年もすれば作り変えてくれるだろう。
私の頭のなかで思い描けるメリットは分野も深く広がります。


ヘッドマッサージ等の専門的な施術法を知って使えなければ、
グッズだけ持っていても活かしきれないのです。
はじめて取り組む人は、
しっかりとした講習を実地で受けることで、
かなりすばらしい健康ライフが得られそう。

つまりヘッドマッサージ等には体全身の縮図がそこにあって、
特定の場を意図的にイメージを入れつつアプローチすること。
それで全身に渡るよい影響が得られますので。


こちらの特殊な形状をしたマッサージスティックに関しては、
手軽かつリスクも少ないため、
世に広めていく価値は高いでしょう。

ちなみに買ってきたものを使い過ぎると、
こすられて小さくなって原型が失せるので、
その前に形状をシリコン型で取るなどしてコピーをしなければ。。。

同様の形状のシュンガイトのマッサージスティックが他にないかネットで探してもいるが、
見当たらない。
当然といえば当然なのですが、、、。


個人的には、
もし私が買ったマッサージスティックがネット上にあれば、
5万円なら5本、即決で購入します。
それだけ手の込んだ加工な上に、
緻密な工夫が随所にしてありますから、当然の価格帯です。
私が使えばそれくらいの価値は使い込めば当然得られます。^-^


ルーターというパワーストンの切り出しや磨きをする工具を買って、
自作して行かなければならないのだろう。
それでルーターをどれをかえばいいのか、
品定めをしているところです。


ただシュンガイトで削り素材は、
あまりにシュンガイトがレアな石なので手に入らないものです。
だからセレナイトやオニキスあたりで試作をしていくことになるのでしょうか。

結果的に、てい鍼を自作していたときは鈴木鉄工所と自虐的なことをいわれて、
つぎには、パワーストーンの加工工作所に移行していきそうですね。
posted by スズキ at 06:31| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。