2017年12月31日

本年一年、大変お世話になりました。

本年一年、大変お世話になりました。

来年もどうぞお引き立てのほど、
よろしくお願いいたします。


ここ最近、指先でのスラッグ、クリック、などのずり圧に近い施術を追い求めていました。


それは軽くさするような感じではなく、
しっかりした圧を心がけてきました。
途中でボウエンテクニック風の軽いが芯は通す圧と強くて芯を通す圧とを迷いましたが、
ボディワイズでの施術の際は、後者の圧で通し、ボウエンテクニックをなす際には前者。
そのように二足を使い分ければいいだけなのだ。

そんな割り切りをするようにいたしました。

だからボディワイズ上での手の指による圧は、
ときとしてけっこう痛いものです。
びーんと治療脈がある部位を通すものですから、
圧をかけられた際の響きが大きいものなのです。

ジーンとするというか、どーんとするというか。
それは実際はその部位のツボにあたる部位の状態が、
なんら問題がなければ響きがないというもので、
ここちよい

そのように訴えられることもしばしばだが、
重りをもちいた施術前に、だいたい表層筋はもとより、中層部までリリース。
軽くさする圧ではないため、副交感神経優位に移行させづらい点もあり、
リリースが可能になったという下地をこさえられた土台に乗せる、
副交感神経優位という改良はしていかなければならないと思います。


ただ圧を浸透する筋膜りリース仕様にしていたため、
施術する私の背中側の伸筋群が巧みに使えるよう感覚を研ぎ澄ませていく。
浸透力のある圧を作り出すときには、
筋肉がもつ筋力で作用させようと仕事をしては無理。

特に屈筋群を使えば、浸透力などはまったく期待できずに、
筋膜りリースなどは表面的にしか起きてはくれません。
プロで研究している人との価値の差が生まれるところです。

菱形筋。
肩胛骨を動かす筋肉がこりがひどくなって呼吸がつまりだす。

棘上筋。
この部分が一点集中して凝ると脳に血液が届きにくくなってしまう。
それで瞬間的に意識を失うような状態になってしまう人がいるほど。
ただ私はそこまでは我慢し切れていないが、
その手前できついなぁ・・・と。

肩胛骨に付着部を持つ前鋸筋が
軽度のむち打ち症に近い状態になってしまうのだ。

すると疲労が抜けなくなり体がとにかく冷えだして、
体中の腱や靱帯が緊張して抜けなくなってしまう。


足裏の腱やちょうけい靱帯などの脚部や腰背部の腱や靱帯が吊り出す。

蛇足ですが、
ただ・・・個人的に、このような体験を自分がしているときに、
同様の症状を持ったお客様のことを思いだして、
なんらかの共感を得て、
そこからお客様の改善のヒントやきっかけを得ようとしている。
足をつって、いててててっとなってみなければ、
そのつった方の不快さ加減はわからないし、
そこで起きている内側の仕組みを探ることも体感上ではできない。
だから実際問題として、無理無駄ムラをするのはいけないと思う反面、
私の場合は、多少、意図的に無理無駄ムラな動きをして体へ負荷をかけて、
改善をしていくためのわかりやすい解決法を自分の身で探ろうと思います。

そこには自分の体験に基づいた深い理解というものがあるかどうか。
そこが効いてきます。



いつもは筋肉部分にももっと負担をかけて起こる体調不良だった。
それが今回は腱や靱帯を意図して使おうと過剰な意識が乗ってのこと。

そうなったとしても体の使い方を工夫して乗り越えるという試練を選んで、
どうにかやり栗をしてきたのだが、
なかなかうまくいかなかった。
というよりも疲弊具合がいつもとは異なる。
施術の時は気合いが入っているので動ける。
だがいっぽ仕事のオフの時間では動く気力がもてない。

これはちょっとまずいなと感じ、
5時間かけてスマーティという遠赤外線サウナに入る。
それで一時はリセットがきいたが、
だが数日後には数倍の戻しの波が襲ってきた。
いつもならばスマーティに入るだけで、
ほぼ完璧にリセットできていたはずなのに。。。

いつもの定型の対処法が効かないと、少しは焦りますが、
こういうことはよくあることですし。

再度冷静に問題点を検証すると、

そこで筋膜系のダメージじゃないな、、、と理解するにいたる。
靱帯や腱が過剰に意識して使われて「神経系の問題」へと発展したのだろう。
それもかなり焦げ付くほど過剰に施術中に腱部を使い続けたから、
椎間板付近にある神経根が部分的に深く閉じた状態になっていた。
神経根が縮んだりひしゃげたりすると脊髄神経の伝達がうまくいかなくなる。
ちょうど場所的には、心臓、肺、胸腺あたりにくる部分の神経根が問題だろう。

それが自律神経系を狂わせて体温調節をしづらくしたり、
呼吸関係の不調和を強いて体力を奪わせて、
それが同時に免疫力も低下させていたのだ。

せれじゃ、、、神経根をふさぐ部分を緩め、
再度あけていく必要があるということだな。


発想は単純だが、おそらくそんな感じで片が付くと思う。

なにせ、まだ慢性にはなっておらず、急性といえる状態。
対処が適切であれば効果はそこそこ速効であらわれます。
そこも十分知っているので、
体がつらくても、
焦りはもたない。

得てして、
このようなときに焦ればかえって状態の悪化を呼ぶだけ。
一瞬は焦ってもいいが、
それを長引かせずに冷静さを取り戻すべきです。



そう考えて、「神経波磁力線 Mリング」を利用してみた。

Mリングとは、
脳波を副交感神経のでやすい状態に持って行ってもくれるものだが、
神経波というだけあって神経のダメージ部分にも手当をしてくれるはず。

すると体のここかしこの複数箇所がぴくぴくと微細な痙攣をし始める。
それが以前では感じたことがなかったパターンだったので、
その不思議さに驚きつつ、ゆったりと「陸王」のビデオを観ていた。

一昼夜かけて背部の腰部から肩部と胸郭前をずらしつつMリングをかける。

すると案の定、体の軽さが取り戻せてきた。






久々にMリングを使ったのだが、
それとは別の話だが。。。

少し前にマイブームで銅線をねじって輪っかにしておくと、
それで生命力が強まってというものを作っていた。

実際にこの銅線でつくったリングを玄関先の琵琶の鉢に巻き付けたところ
樹の勢力が驚くほど増していった。
電磁波の悪影響を低減し、水のクラスターを小さくしてくれるなど、
いろいろと使い勝手のいい銅線のリングを家の中にいくつも配置している。


はたと、「Mリングのリング部分に銅製のリングをつけてみたらどうなるのか?」
画期的な体のゆるみとかでてきてくれるようにパワーアップできるのではないか。
そのようなアイデアが出て試しているところです。

体感として体の変化で感じたところでは、
「やっぱり、そうなったか!」というところです。
Mリング単体よりも、パワーがかなり増していますね。
個人の体感ですから、他の人はどうかわかりませんが。

とにかく足にMリングのリングを巻いて30分ほどかけておくだけ。
それで呼吸が楽になり、肩や首の張りが消えてすっとなくなり、
なにより脳に血が行っているという感じなんですね。


これからも腱や靱帯を意識しつつ使う研究をしようと考えているので、
こちらのツールが用意されていれば、ほんとうに心強い。





別件ですが、
そんなことでつい最近にMリングを使い始めたら、
SeesaaブログのコメントでMリングの修理場を教えてほしいというコメントが。
なんかの、シンクロなんでしょうか。

一応、ネットで検索をしてもうまくでなかったのですが、
あとで思い出してかつてメールで同様の問い合わせをもらって、
回答した記憶があったので、そちらを調べてコメントレスをしておきました。



今年は最後の最後まで、
こんなぐだぐだした感じで、
施術研究と自身の身体管理を徹底した一年の締めくくりになりました。

ちなみに、私の仕事納めは31日の大晦日。
きっと大晦日は予約が入るわけはないだろうと、
余裕で構えていたらご夫婦でご予約をいただきまして、
感謝です!



最後まで、とても気づきの多い、いい施術の時間が過ごせた一年になりました。

ありがとうございます。


ボディワイズ
鈴木












posted by スズキ at 23:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。