2017年12月22日

お部屋の中で直射日光をソフトな太陽光へ

まずはじめに。
施術とは、関係ないことで、すいません。


最近、施術の研究等のデスクワークが続き、
休みの日にもあまり外出できずにいました。

施術日は一日中家にこもりっきりで、
夜中に気分転換に神社参りをします。
そんな生活が続く。

研究をするときは部屋の中ではLEDライトの照明に頼って、
太陽光を浴びることは、わずかな食料買出しの機会程度です。
自身でいうのも何ですが、、、
真剣に今後を見据えて必死に悩み続けていた。

ここ一ヶ月、太陽光を浴びることが少ない日々が続いていました。

タフな決断をするには太陽光を浴びる機会が少ないことが
効率のいい思考や判断の妨げになっていたのかもしれない。

そんなことを感じていました。




ちなみに太陽光の重要性について。
コンパクトに伝えてくれる映像があります。

特殊な太陽光の進行方向を変えて
部屋の奥までソフトな光で照らせる仕組みを持つフィルムを3Mが開発し、
その製品のコマーシャルです。
こちらほどコンパクトに太陽光の優れた点を伝えてくれる映像も珍しいです。 ^−^;


3M™ スコッチティント™ 太陽光採光フィルムのご紹介


この3M製品、興味が出てきましてアマゾン等で売ってないか調べたが、見当たりません。。。

残念。。。



そのような折、3Mのこのフィルムに機能的な類似するものがないか探しました。

するとフィルムではなかったのですが、
あかりカンパニー社の「アカリナ」というブラインド。


あかりカンパニー ブラインド(採光ブラインド) アカリナ M50 幅800高さ1200右


こちらのブラインドが太陽光を偏光させ部屋の奥まで光を届けるものです。

アカリナfor homeはブラインドの概念を超えた
「閉めたら明るくなる」未来型省エネツールです
とのこと。



アカリナを映像で見るとわかりやすいでしょう。



アカリナのメーカーホームページ
https://akari-lab.shop/user_data/akarina.php



おもしろい! ^-^



電気代が、わずかでも軽減するならばうれしいし。

今は長時間、自宅で文章処理をしています。
高価なブラインドであったとしても、
健康面の向上や仕事への取り組みのパワーアップ。
それができるならば、、、。

ただ、、、高いなぁ ^-^;

一日中、太陽光が燦燦と輝ける部屋であれば、
十分に元が取れそうですが、そうでもなくて。。。

それでも購入するかどうか。。。
そこが悩みどころです。

他の太陽光と友達になれる手段がないか、
しばらくは、検討してみようと思います。


posted by スズキ at 02:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。