2017年09月23日

【業務連絡】:2017年10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2017年10月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんばんは。
ボディワイズの鈴木です。


最近、施術中に手腕に関わる背面の筋肉群を意図的に使うようにしています。

本来は脚部の背面の筋肉群もといきたいところですが、
膝をついて施術をしているため、
脚部裏側には意識が向けづらいという課題があります。

ひとつ困ったことがあるのですが、
起立筋は言うに及ばず菱形筋や広背筋、そして僧帽筋など、
いきなりペースをあげて使い出したため、
頭皮が背中側に引き下ろされてしまって。

それにより頭蓋骨の形状が窮屈な状態へと変形してしまった。。。

それがたたって、
下を向くとメガネがずり落ちる度合いが急激に上がりだし、
顎関節や歯にかかる異常な緊張が出だしてきた。

対処法として、頭から遠赤外線サウナのスマーティに入るという手もあるが
頭部へのてい鍼による刺激でマッサージを加える事でよい影響が出ないかと。

最近、わりと太めの丸棒の自作てい鍼を削りだして、
六角にして扱いやすくしたのでそちらを用いてみた。

するとてい鍼が後頭部に当たるときに、鋭利な激痛が。
それは起立筋や僧帽筋が張っていて下方に引っ張られる力が強すぎて起きる状態で、
同時に後頭骨が内側へと凹みだしていることにも気づいた。

これは自律神経系におよぶ結構深刻な問題が生じていたということだ。

頭蓋骨のダメージ箇所から推測すれば、
呼吸が薄くなり、疲れやすくなって、
精神への影響がでだして内臓諸器官が弱りだすんです。

見過ごして、3ヶ月もそのまま仕事をしていれば、
年単位以下の休業に追い込まれていたかもしれない。。。

頭蓋骨のリリースの素地はヤムナボールで、
ディテールを自作てい鍼でアプローチをしよう。


ある程度、背部筋の量と質が確保できるまでの我慢。
それがかなうまで、これで切り抜けられるはずです。


自作てい鍼が進化していって使いやすくなってきた。
それも効いている。よかった。 ^-^


それにしても、、、自身の体は見逃しがちですね。
相応に、注意深く自身の体の内部を感じ取るよう、
気配りはしているほうなのですが。。。

まだ甘かったんですね。


注意をしなければ、
長く健康に活躍することはできないのは、
私も皆様と同様なんです。


随時、体調の波を見定めて生活をしていきたいものです。


(おわり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
【関連する記事】
posted by スズキ at 21:00| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。