2017年03月03日

花粉症対策の考察



副鼻腔の奥に狭さなどの問題があれば、
その分だけ炎症が起きやすくなるかも。

そんな考えも含めてボールを使ったヘッドフェイスマッサージをトライしています。 ^-^

副鼻腔の奥のサイズは左右が揃い始めました。
それもあると思いますが、相応に体は酷使して固まったり張りが強くなってはいるものの、
花粉症の症状は出ていません。

ほっと、、、現状では胸をなでおろす感じです。

またヘッドフェイスマッサージですが、
先日、お客様にご協力を得て簡易的ではありますが、
ボールを握ってヘッドフェイスマッサージをしているシーンの撮影をしました。

ですが、ヤムナボールが値が張るため、
それでできないという方が多くおられるため、
そこの敷居を下げるため、
現在、ネットで最適なボールはないかと調べています。

フランクリンメソッドでもオレンジ色のボールが販売されています。
お客様がそちらをお持ちいただきまして握らせていただきました。
するとかなりヤムナのブラックボールよりも安価ですし、
黒いボールカラーよりもオレンジ色のほうがいいかなと。
私が目的とする頭や顔へのずり圧をかけるには代用としては十分。

そのように考えてフランクリンメソッドのページから、
セミナーを受けていないものですがボールを購入できますかと問い合わせをしました。
ただ3週間ほど返信がないので、そちらは断念し却下。 ^-^;
まぁ、なんらかの連絡トラブルが合ったのでしょうが、
ご縁がなかったということでしょう。

1キログラムのメディシンボールのようなボールを購入しました。
今までメディシンボール系のものは利用したことがなかったのですが、
ソフトな素材で作られているというところからと、
エクササイズでの衝撃等に耐えられる素材だから、
おそらくずり圧をかけるにも最適だろうと推測し。

そしてずり圧をかけるときには、
圧倒的にボールにウエイトが乗っているほうが出力が強まっていいので。
もろもろ考えるとメディシンボール系のボールの選択はいいはずだろう。


イグニオ(IGNIO) ソフトウェイトボール (Soft weight ball 1kg) 1kg

実際に手にしてみて、ヘッドフェイスマッサージに利用してみると、
ちょっと空気が足らなかったのでポンプで空気を加えていきました。
すると、、、けっこうサイズが大きくなってきてしまったのですが。
だいたい直径が15センチくらいか。。。
ちょっと今までの感触と比べると握りづらくなり制御が大変ですね。

ですがウエイトがあったほうがいいだろうと言うアイデアは、正解。

一週間程度、メディシンボール系のこちらのボールで試してみます。
それで、安全かつ効果的ならば、
先日、映像撮影にお付き合いいただいたお客様にお願いさせていただき、
こちらをつかって撮り直しをしようかと考えています。 ^-^

とりあえず私がヘッドフェイスマッサージをするのは、
顔の筋肉を緩めるのが目的ではありません。
皮膚や筋肉の下にある骨の位置を修正するのがこのマッサージ。
外側の筋肉が緩むだけならば、顔の奥のパーツが変わる量も少なく、
私が期待することはおこりはしません。
ですがウエイトがあるボールを活用し、
頭部の骨組みを再構成するような圧を
しっかりかけること。

頭蓋骨の骨のパーツの位置が変わらなければ、
奥に設置する眼や耳や鼻などの感覚器官を修正する質も低い。

顔のサイズも変わるし、
頭部の中に設置させてある、
目や鼻や耳などの機能も改善するはず。
それがうまくいくように改変できるツールになるのが目標です。

ただし、
骨組み自体を変えようと言うところこは容易にかなえるものでもなく、
日々、少しずつ積み重ねるようずり圧アプローチを加えていくことで、
急激な筋肉や関節などへの変化による負担を与えることなく解き明かすことが必須です。

むやみに適当に刺激を加えれば、
リリースして改善するような落とし所を見つけられず、
糸が絡んだものがさらにこんがらがるようになります。

そんなところも考慮して、
比較的他のヘッドフェイスマッサージでも行われているようなスタンダードな7つほどのアプローチに、
ポイントを絞ったものを作ろうと思います。

私自身に対しては、実験的なことと割り切り、相当無茶をしていますが。。。
その無茶のひとつがメディシンボールのフェイスマッサージ用のボールとしての試用でしょう。 

さて、さて。
上述のようにも他にも計画的にやり方を練りに練ってはいますが、
最終的にうまくいくでしょうか。^-^;

楽しみです。



そのような頭蓋骨の理想位置への置き換え作業が日々進み、おかげか。
以前は一度花粉症になったことがあるのですが、
今年の私の花粉症の現状は、問題なく過ごさせていただいております。


そういった、
花粉症対策もあるんですね!



ワセリンを鼻の穴の中に綿棒で塗ると。

ワセリンHG

すると、、、
不思議なほど花粉症が治まる人がいるんです。

かえって私としては花粉症というアレルギー体質自体を改善させることが根本ですから、
あまりワセリンを塗るだけでくぐり抜けていかずに、
体質をもっと良してと体が教えてくれているのが花粉症の症状と考えて欲しい。

それは花粉症なりアレルギー体質になっている人の体の整体的特徴があるのです。
鼻の穴の中にワセリンを塗ってみても、それは変わらずにいますから、
呼吸器系や循環器系への問題が残ったままで多年過ごせば、
それら器官の働きが悪いまま生活する負担蓄積はいずれでるので。
そちらを放置するよりも、
すでに慢性化した状態の方々は簡単に改善させられるような魔法はなくて、
少しずつ今まで着込んできた積年の課題として体の奥にまでためたすすを払う。




「ワセリンを綿棒で鼻の穴の中に丁寧に塗ると、ずいぶんと、軽減する人もいるそうだ」
と、ネットで得た情報を教えてあげました。

ワセリン商品のページ中のAmazonのカスタマーレビューで
【花粉対策】
鼻の中に塗ってます 効果絶大 綿棒で奥まで散布してます。。。。。
という書き込みを見まして。 ^-^

おすすめさせていただいた次第です。


やってみて成果が出る人と出ない人がいると、
これぞ、決定版!とは言いがたいものですが。

関心がある方は、お医者様に相談の上、自己責任でトライしてみてくださいね。 ^-^
posted by スズキ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック