2017年02月14日

今年中に、分杭峠にいってみたいなと。^-^

人間の体は成人では約60%は水でできています。


詳細に述べれば、
次のようになります。

胎児は体重の約90%、
赤ちゃんはは約75%、
子供は約70%、
成人では約60%、
老人では50%。
年齢によって分かれます。

余談ですが男性は女性よりも筋肉量が多く、
比して女性のほうが一般的に脂肪量が多いため水分量は低くなっております。


そして、そして。
成人の人体は60%も水分で出来ているんですね!

体内の水分代謝力の良否は、何によりきまるのか?
pH(ペーハー)という単位を聞いたことがある方もおられるでしょう。
体内の水分の電子が減少して酸化したら体内の水分代謝力(血行や他の水分の流動性)は悪化します、
電子が増えて還元した状態となれば体内の水分代謝力はアップするようにできているのです。

そんな体内の水分代謝力を向上させてくれる地球規模のミラクルな場があるのです。


それは「 分杭峠 」のような「 ゼロ磁場 」と呼ばれる地ですね。


イヤシロチのひとつといえるような「ゼロ磁場」と呼ばれている場に、
一時間以上も長居をしてゆっくりくつろいでいるだけでいいのです。
それで体内に多量に含まれる水分が還元化されていくこととなって、
体内の水分代謝力が飛躍的に向上してくれるようです。


すばらしい!! ^-^


体内の水分が還元されて流動性が改善向上することで、
血行の改善やリンパの流れ、脳脊髄液の流れなどなど、
体内の三大体液がスムースに代謝するようになります。

それって、ときとして体液が流れづらくなったことで、
問題が生じた症状を改善させるきっかけになるんです。


還元力の強く作用した水分により体内では
若返りがかなえられるようになるようです。

強い還元力があるものでは、公式なデータではないが経験則上
自律神経系統の通電も改善されるような結果がでてきてくれる。


そしてゼロ磁場で脳波を計測するならば深いリラックスしたときにでる脳波状態に、
自然に移行しやすくなるため、日頃緊張したままの緊張疲れが軽減してくるのです。
比較的、容易にどなたでも深い瞑想状態の脳波がでてくるようなので。

副交感神経系の働きが正常化し
きっちり自己治癒力が向上した状況へ向かうことができるようになる。


推測でしかありませんが、
分杭峠のような身体的な使い勝手の改良の下支えをするパワーと
私のような筋膜リリースを得意とするものの活躍によるお客様の状態の改善とは。
相乗効果のようなものが期待できると思います。 



余談ですが、私自身、都内でも聖地と呼べそうな場所に行くときに感じることは。
心身が癒され脳波の安定した状態を体感している。
脳脊髄液の流れもリズムと力強さの粒が整いだす。
自宅にいて寝るだけで疲れを癒やすよりも、
そういった聖地に頼って出向かせてもらう。
そのほうがすこぶる改善感覚が優れてくる。
そのことを自分の身で感じ取れるのです。


ですが、もし身体的ななんらかの「症状」等があるときには、
身体的影響が大変に強いと言われる「分杭峠」のような
強力なゼロ磁場という場を選択して利用も考えてもいい。

そう思うところがあります。

ただ
一度は分杭峠に訪れてみなければ、
話にならないような気がしている。

一時間以上ゆったり分杭峠の木製ベンチに腰を下ろし、
身についた心身の垢がどのようになるものだろうか。

実際に自分が体験してみた感想からでなければ、
いいも悪いも、説得力ある形で語るのは難しい。


そんなことを考えて、
先日、思い立って長野の分杭峠にいこうかなと、
そう考えてネットで調べるなどしてみたら。。。

分杭峠の地は雪深いようなので、
今は唯一の分杭峠に訪れるための交通機関。
シャトルバスでの人の輸送ができないため、
現在の期間は運休状態なんですね。

でも4月以降になって雪解けを迎えれば大丈夫。
今年は時間を設けて行ってみたいと思案中です。


一応のこと、テレビ番組で分杭峠を取り上げた映像を貼っておきますね。
関心がある方は、ご覧いただけましたら幸いです。



https://youtu.be/-rSZFM1Fmq4
パワースポットニュース 長野県伊那市分杭峠 その1


https://youtu.be/hw2pTH6338g
パワースポットニュース 長野県伊那市分杭峠 その2


https://youtu.be/BEiWu-RJp44
2003.7.26 日本最強パワースポット分杭峠 ビートたけしのこんなはずでは!その2
posted by スズキ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック