2016年06月22日

購入:Kindle版 DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>


Dr.マスコリーノ Know the Body 筋・骨格の理解と触診のすべて
大型本 ¥ 8,640

上記の本は、医学書のある大きめな書店に行くと、かならず眺めてくる本です。

関連している筋肉像が理解しやすいように配置されてぱっと見で理解しやすい。
いつもいいなぁと思いつつも、手狭な自宅の書棚に置けるスペースもないから。
そう思ってあきらめてまして。 ^-^

他にも解剖学上の資料になる書籍があるから、
それらで事足りるようであればと思いました。

ただ中古になって5000円を切ったら。
そんなことは、考えてしまうところです。


ただ手元にある専門書を徹底活用してから次を手に入れるようにしたほうがいい。
そんな思いもありますから、

プロメテウス解剖学 コア アトラス 第2版

などを自宅に帰ってくると改めてページを開いて眺めています。


話は変わりまして、
解剖学的な筋骨格系の知識を伝える一般書〜専門家一歩手前の本。
ずいぶん、増えましたね。

驚くほど増えた。

比較的手に入れやすい価格帯に落とされ、多数販売されています。

それらの本には、
見やすくて観る気にさせてくれる優秀なものもあります。

ただし私が臨床をするうえで使い勝手がいいかといえば、そうでもなくて。

たとえば・・・。

絵の角度が悪かったり、一枚の写真だけじゃ立体的には見えてこないだろうし。


そんなことをブツブツとダメ出しをして、
結果は買いたいという衝動はおきません。

これは個人的な感想ですし使い方が明瞭で、欲しい知識があからさまであれば、
それに合うかどうかがはっきりしてくるから。
自分が得たい知識を得やすいかどうかが問題。
そこでのストレスを感じたくはないから、
ストレスを感じさせる本のように感じるものが、手元にあると。

強烈なストレスを募らされます。


ただ以下のKindleで購入しました。


2016年6月22日 現在、
下記のKindle本¥ 49。

もしかすると、いつか役立ってくれるかも。

それにデータで持っているという形だから、
書棚に本を置くという、
一冊買えば一冊廃棄へ。
そのような悩ましいこともおきませんから。

本書はKindle版はDVD付きになり得ないのですが、
書店で本として買えばDVD付きだそうです。
そうなると使い勝手が良くなって感じるかも。

でも、、、書店で本を開いたときは、
確実に買う気にはなれなかったです。

DVD込で勉強すればと提案されているのですが、
そこまでしたくなる気持ちはなくなっていました。

では、なぜKindle版の本書を購入したのか。
ありていにいえば、安さに釣られた衝動買いです。 ^-^;


DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>
Kindle 価格: ¥ 49


700点を超える写真と精彩イラストで、筋肉の仕組みと効果的な医療マッサージを解説した充実の1冊です! 監修は、東京有明医療大学教授・柔道整復学科長の成瀬秀夫先生。執筆協力は、筑波技術大学保健学科・鍼灸学専攻教授の緒方昭広先生。柔道整復と鍼灸の第一人者であるお二人による、一番わかりやすく、効果のある医療マッサージをご自宅でどうぞ!
本書は、「DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ」の底本を電子書籍化したものです。この底本は、あくまでも書籍とDVDとを併せて読むことでより理解が深まる構成となっております。底本を電子書籍として読みたい方や、書籍でザックリと理解したい人向けの本です。本電子書籍だけでは、わかりづらい部分もありますのでご注意ださい。


クリニカルマッサージを行うための筋解剖の知識、クリニカルマッサージに必要な触診・手技を解説。各筋の起始、停止、筋の位置がわかるビジュアルイラストとともに、日常生活動作、筋の働きなどについてまとめている。付属DVDと誌面ではマッサージの際に施術者の目線で撮影をしているため、視覚的に理解しやすい。対象となる筋の理解、マッサージの具体的な方法を知ることで、はじめて適切なマッサージを被術者へ提供することができる。

・----------------------------------------------------------・

追伸:

DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>が
2016年6月26日現在 Kindle 価格: ¥ 2,430

このように一気に価格がアップしてしまった。

ちょいとびっくり。

私ならば、この2430円だったら買わないです。 ^-^;
解剖学を理解するにも、
他の選択肢を模索するでしょう。



posted by スズキ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック