2016年06月16日

腱鞘炎かな?

※ 腱鞘炎からの肩甲骨の動きの制限へつながることがあります。


マウスを必死に握り続けて細かい作業をする。
それがもとで腱鞘炎になることがある。

腱鞘炎からは遠く感じるが、
肩甲骨の下の肩甲下筋や棘上筋や棘下筋、菱形筋が不調になる。
そしてそれにも増して大円筋や小円筋までも問題が出ることも。

そうなると案外数ヶ月も、その不調が収まらないこともある。

腱鞘炎は繰り返されやすいものの一つですから、
傾向と対策を自分なりに得ておく必要があります。

舐めてかかると棘上筋の緊張から脳の働きに低下傾向をかもしだしたり、
腕が固まり肺経の経絡線が問題が出て呼吸がしづらくなったりします。
それにも増して、手の関節の可動域が低下していることを知ったら、
なんだか辛い感じがひしひしと感じられる。

また私の場合は、
そのような状況まで追い込まれれば目がとにかく疲れてしまう。
乾燥してしまったり、目の周りの筋肉がゴロゴロと固まるよう。


これは放置したくない状態ですね。


今日、そんな私からみればあきらかに腱鞘炎であろう方をみつけられたのです。

ただ痛みが強く出ているところがやはり気になって仕方がなくなるのが人情で、
背中の肩甲骨の奥辺りが痛いのでお医者様に出かけて検査をなされたとのこと。
検査結果からは、大きな異常が見つからずにほっとするところです。
ただ異常がみつからなくても痛いものは痛い。
痛みがなくなったわけじゃない。

私は、アクティベータを、利用してリリースを試みました。

いつもならばずり圧をかけてリリースをしようとしていたでしょう。
それはそれで効果は絶大ですが、痛みがやはり相当に強く出るので。
この度は、アクティベータに活躍してもらいました。
それによりリリースのときの痛みも減少し、リリース深度も深まり、
腕の状態は上向きました。




すでに腱鞘炎になっているときには、小指の先で軽く触れられただけで激痛がするものです。
すると指等で圧をかけるのは激痛で解かしていくような圧をかけさせていただきづらいのです。
それがアクティベータは一瞬の瞬間圧で、持続圧の場合に痛みが増す恐怖感がわきづらいので。
それでいてエネルギーの投入量が大きい。
かなり使えるなというのが実感ですね。


ちなみに、
お客様の場合、
すでに腱鞘炎部分には強い炎症があるのです。
本人はそこにはあまり気づかずにおられます。
それは最も痛いところに意識が向けられて二番手以降は霞んで見えるという痛感の優先順位判断によります。

実際は最も痛いところとは、確かに痛みが出るほどにがんばっているところですが、
同時に他の二番手以降の痛みの場を特定することでそちらを緩めることこそが大事。
実は一番痛いところはまだまだ痛覚がしっかりしているくらい血流がある場所だが、
すでに血行不良で麻痺が起きているところは歪みが減少してしまって見えないでいる。
得てしてそのような血行不良の箇所が筋肉が萎縮しっぱなしで硬化しているために、
最も痛く感じているところの筋肉部分に負担をかけさせてしまっていることが多い。

この度はそのような盲点に入りこんだものだったのかもしれません。

このたびの腱鞘炎ではないかと思える理由の一つとしては、
お客様が一日だけだったそうですが、
急ぎの仕事で一日中、マウスを握り続けた。
そのときに体を随分ねじれる形でキーボードの置くところも書類のおきがに困ってへんてこな位置に。
それだけでもちょっと呼吸がしづらい歪曲した体の状態ですから、
その上に繊細なミスの許されない仕事をするならば、
緊張感が筋肉を引きつらせる量を増してしまいます。



また、ワンポイントですが。
マウスをクリックする指を、
人差し指を使うと問題が出やすい。
できれば中指と薬指でクリックを。

そのようにしたほうが腱鞘炎にはなりづらいというのは私の経験上得られたものです。


posted by スズキ at 03:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!

スマホとパソコンとゲームは筋膜機能不全に
陥る元凶ですよねぇ。

最近、しみじみ痛感します^^;
と、言いながらパソコンで今、入力していますが
・・・

最近、
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」
著者:福冨章 を購入しました。
(1300円+消費税)
結構、内容が斬新で面白いです。

この本の中でも、「パソコン・スマホ症候群」
として、書かれています。

顎が前に出てしまう人、
ストレートネックの人、
猫背の人、
骨盤後傾の人、

これから日本はどうなるのでしょう・・・?
Posted by 山中 at 2016年06月16日 05:45
山中さん

こんにちは。

「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」って、
アマゾンで本の内容をチェックしたら、
なんとなく腱引き療法を思わせるよう。

「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」では
【古くて新しい「腱弾き」】
というのですが、

腱引き療法の「腱引き」と「腱弾き」。
不思議と似とる。 ^-^)


私は腱引き療法のほうは、
マニアな武道雑誌「秘伝」に載っていたので、
しっかり読み込ませていただきました。 ^-^


ですが「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」は、
あまり詳細は存じ上げませんから、
私も書店に行ったら、
ぜひ「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」を見てみますね!

面白い情報をありがとうございます!



それにしてもスマホ等が、
どれだけ首や肩や腰まで、負担を強いているのか。
それに対してどう対処しなければならないのか。

見ていかないといけないですね。
ここは、まずは自分の身から。

・・・私もその意味で、反省。

極力は使いたくないものですが、
そうもいかないのが今の時代なのでしょうか。-.-;
Posted by ボディワイズの鈴木 at 2016年06月17日 14:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック