2016年02月06日

今日は初回ワークのお客様が二人おいでになられました

今日の施術は。
初回のお客様が二人でした。 多謝!!

おひとりはお体の状態は安定しています。
そして私の家とは電車で乗り換えなしで、
おいで頂けるお住まいでした。

私のところへお通いいただいているお客様の中で、
意外に、近距離の五本の指に入ります。 


午後のお客様。

私は、はじめてのお客様は緊張するのですが、
こちらのお客様は、だいぶ前になりましたが、
単発で『お試し一回コース』を受けていただきました。
ですからそのときに一度お会いしております。

あまり詳細を申せませんが、
長野県から高速バスでおいでいただいております。
前回、おいでいただいたとき高速バスでおいでになられたとききました。
高速バスでの234kmの移動距離。
疲労度合いも大きくて。。。
それは体が不具合があるから私のところまでおいで頂いているわけです。
だからこそ、そのような体調を押してまでですから。

岩手県からお見えになられているお客様などのほうが距離的には遠いのですが、
新幹線などを使われれば運賃はかさみますが、
比較的体力は使わなくてすむようです。
ですがやっぱり体がつらいときは、長時間交通機関に揺られるのはつらいもの。


本当は私のところへおいでいただくよりも、
もっとお近くに良い所があればいいのにと。
そう、私は考えてしまうところであります。

それ分だけ、「いらっしゃいませ」という、
その一言に力がこもります。 

長野県からお見えになられるお客様は。
私のところへおいで頂く前に、
療法名は申し上げるのは差し障りがりますからできませんが、
長年幾多の施術院に通い続けておられます。
私の知っている療法を受けてもおられますし、
私が知らない療法も受けておられるそうです。

トータルに体の全体像を観てから修正をかけていないと、
修正をしてもかえって体を複雑なずれを促すことになる。
そのような体質の人はおられます。

私がボディリーディングをするところでは、
物理的な重力だけで曲がったという不具合だけではなく、
他にも怪我から来た後遺症だったり、
施術院で受けた施術のあとで傾いていたり。
それら複雑化された歪みが多数含まれると、
芯になる部分がつかみづらい。

多層化しているしこりをリリースする過程で、
徐々に過去から現在に並べられた歪みの経路を見つけていくこと。
過去から現在の状態が正確に把握できれば、
これからの未来の歪みがみえてきますから。
それが見えたときには、
その人にベストマッチな個別具体なこうしてみてくださいというアドバイスができます。

先々の歪みの種。
それに先手を打って歪み出しの引き金を引かせないようにする。
それには体の使い方にてその人の日常姿勢や仕事姿勢を聞き出し、
そこからの負担を低減させるプログラムを伝えることもできるでしょう。


この長野県からのお客様。
合気道でかつて尾骨を強く打ってしまった。
それからでてきたという不具合も大きくて、
ということ。
尾骨の問題が、大きく後頭骨の部位に出た。
尾骨の問題が大きい場合には、
大脳の裏側あたりが常に圧迫を受けて頭部にはいる血や脳脊髄液の流れを阻害させられる。
そこから脳が虚血になったり血が心臓に返しづらくなったり、
脳脊髄液の流れが大きく阻害されることで自律神経系の不調がでてしまう。


すると、、、どうも、すっきりしてくれない日々。


このたびは数名の尾骨の問題があられるお客様が、
偶然にも高い割合で予約順番待ちにお並びなられていて。
30名中、5名が、何らかの問題ある自覚をもっていた。
その割合の高さに、私は驚いたのです。

こちらのお客様が、最後の尾骨の問題性を含んだ方です。

同一の症状を持つ方が、一時に集まるので、
それぞれのお客様に対して結果の出るやり方を試行錯誤して施すうちに、
徐々にあとから来たお客様にはその新規開拓したノウハウをさり気なく使わせていただける。
そのときは、さも、昔からこの方法をやっていたんですというような、さりげない雰囲気で。
でも内心は、前回、苦労して課題をクリア出来ていてよかった〜とホッとしているところです。

もしも課題がクリア出来ていなければ、
同じ症状をお持ちのお客様が、続々と増えていくということになります。
そうなれば私にとってみれば、計り知れないプレッシャーがつのります。


多数の違う状態である尾骨の問題を含んだ方を同時期に観察しアプローチをすることで。
私の視野は広がり対処法も多様化させることになります。
そのとき「あっ、このノウハウ、先だっての彼、彼女に使えるぞ!!」と、
そのお客様一人だけを観ていては気づかないことにまで気づけてしまうことが起こる。
それでお客様が相互によりよくなれるような地盤が持ち上がるような現象が起きている。

どこか神様が、そのようなお客様方を共同体として集めていただいたのだろう。

ひとつのところを深めていこう、そのような学びを私にさせてくれているお客様に感謝。 m__m


おそらくこの課題は、ブロックをレバレッジで精密に加圧をかけていく方法で、
ある程度の割合でクリア出来やすくなってきたようです。
だから次回に予約順番待ちにお並びいただくお客様を募集させていただく際は、
一名のメールでやり取りをさせていただいた女性を除いては
尾骨の課題をお持ちのかたはおいでならないのだろうと予想しております。


次回の予約順番待ちは、
どうなるのでしょうか。





初回ワークを受ける方に対して。

とある施術院に足を運んで見る。
実際に、受けてみていただいて。

残念ながら、
「この先生は合わない」と感じることもあるでしょう。

結果がでていたとしても、
お客様とのコミュニケーションが難がある先生もいます。
私の嫌いなタイプの先生ですが、少なからずおられます。

または実際に施術成果があまりあがらない技術不足では、
症状が重い方は特に、時間がそこで無駄になることから、
あとで取り返しの付かないことになる場合があります。
つまり状態が悪化している方は、
悪化するスピードが雪だるま状に大きくなるものです。
だから施術院にいくんじゃないかといわれそうですが、
それほどすぐれた施術院がそこここにあるとは私には思えません。

本を書いている先生方を信頼して頼りに通ってみても結果が悪い。
ホームページでお勧めモードの書き込みをたくさん見ていったが、
さほどでもなかった。
そのようなことも少なからずあります。

私のところも含めて、
「ここしかない!」という意識でみるのでは損をしてしまいます。
事実の問題として、本当にここしかないわけではありませんから。
もうちょっと別の視点で可能性ある先生を広く求めれば、
意外に見つかる可能性があります。

見つけようと意識しなければ、
創意工夫して見つける脳の力が発揮できません。
それを使わないというのは、
お客様の立場としては
もったいないことです。

私はお客様がよりよくなる結果が得られれば、
私以外のところに通っていただいたとしても、
まったく失礼なことじゃないと思っています。
もしそちらにいかれて思うほどではなければ、
またこちらのほうへ顔を出していただければ、
それはまた素直に再会を喜びたいと思います。 ^-^



特に、遠方のお客様には、
お近くによい施術院等を見つけていただく努力は継続しておきましょうと、
そのようなアドバイスをしておきたいと思います。

同時に、内心、ボディワイズのような小さなところへと足を運んでいただいていることに、
いつも、感謝しております。

もちろん遠方からのお客様も、ご近所のお客様も、同様に感謝しております。 ^-^

posted by スズキ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック