2015年09月19日

施術家冥利につきる話

昨日、お客様と話をしているとき。

経済的に成功した投資家は、最近、
シンガポールに移住する人がおられるそうです。
仕事をする際の、税制上の有利な点もあるので、
シンガポールと日本を行き来しながら仕事です。

香港へも同様の税制上の有利も手伝い
会社設立をなさる方も増えていますので、
私の知人はそちらでのお仕事をなさっておられます。

海外での会社設立とは、
驚くほどのメリットがあるようです。


私も投資家デビューや他業をすることがあれば、
お世話になります!! ^-^


あまり詳細なことはいえませんが、
そのお客様とお話をしているとき。

体があまりにも不調が際立ってしまい、
自身でおこなわれていたビジネスができなくなりました。

断腸の思いを感じつつ、
いったん、多忙にしていたお仕事から手を引かれたそうです。

たぶん数ヶ月ほどで復帰することができるだろうと考えたが、
気づけば3年以上も時間が経っていたそうです。
首から上の苦痛は気が狂いそうになるほど辛い。
(私の歯の治療もきついが、当然それ以上辛い。そうお見受けいたしました)

そのような状態のなかで、
ありとあらゆるといえるほど、
時間とお金と努力の汗水を費やしてきたのです。
ですが改善にはたどりつけなかった。
そのようにおっしゃられました。

やはり長期間に渡り仕事ができない。
それでは経済的につらくなりますし、
ユダヤの格言では次のように、いう。

『 人を傷つけるモノが三つある。
  悩み、いさかい、空の財布だ。
  その内、空の財布が最も人を傷つける。』

といいます。


現状で困れば将来にも不安が増す。
精神的にこれほどつらいことはないと思います。


ただ椅子に座り続けることもできない体ですが、
将来に夢を持ち、
投資家デビューするために緻密な研究研鑽をし、
がんばってきた。
その必死さは、鬼気迫るものといわれました。



本人に身に備わった知的なセンスは十分です。
自分を信じていい。
そんな気持ちから投資家学習に望んでいる。

今の自分の体では力仕事もできないですし、
精神的負担がきつい人との折衝も難しいし。

だから投資家という仕事を選んだところもあるが、
それだけではなく彼が師匠といわれるメンターとしての投資家とのご縁もあるそうです。

ただ9割以上が利益が出るどころか失敗覚悟の投資家の道は、
決して順風満帆なものではないことを知っている方でもあり、
その荒波を選択する大変さも痛感しておられるようです。
仕事として投資家となれるようなところまで気づければ、
投資のものの見方が開けてくるそうです。


とりあえず投資家としての勉強を自分が納得できるまで、
一切、実際の投資をすることはないと宣言していました。

そのスタンスで数年以上勉強なさってこられたわけです。

それが、ご本人は遊びでといわれますが、
投資をしないという封印を破られました。

ちょうどそれがすっきりとその方の体が整い始めてきた。
そのような傾向へと明らかに引っ張りだされた状態です。


それと同時期ですから、
私にはこちらのお客様が頭で考えてしまうという迷妄の沸き起こる時期を少しずつ乗り越えられて、
腹で物事を見抜くことへのステップへと進まれた証拠だろうと感じました。


そう、私が勝手に感じたというこだけのとですが、
人は、頭で考えると、ぐるぐると考えをめぐらしてはいるが決断までいかない。
そして行動にまで落とし込めないという現象が起きる。
それが腑に落ちるというようにいわれるように、
内臓に重心が据え付けられるようになったとき、
吹っ切れた感がでてくることもあるといいます。

こちらのお客様は、
慎重に次ぐ慎重派ですから。
私ととても良く似ています。

だからもう少しはやり残した研究をするでしょう。
とりあえずお遊びで投資した分の動向を見聞して、
その動きから今まで学習した理論体系を利用して、
どれだけの自分の好きな投資活動の成績が輝くか。

体調が悪い場合には、
感情のコントロールが難しくなります。
呼吸器系が機能が低下すれば、
精神は動揺しやすくなります。


「遊びで投資したんだよ」と、
納得して本格的な投資をしたわけではないといいます。
ですが、裏側は姿勢や目つきなどから、
体が改善してきて次に進むサインだと。
私には感じられました。

お客様も体の状態の最終局面まで来たといおっしゃられましたから。

体とは、よくしようとすれば際限ないものです。
当面の、体を改善する必要最低限を獲得しよう。
目的は、仕事を再開するための基礎力をつける。
そこはクリアできるところまでたどりつく一歩。

そこまできた。

いろいろ紆余曲折で波乱もあった施術ですから、
本当にうれしかったんですよね。
私は。


体調が改善されて転職なさる方は多くおられました。
体調が改善されることが契機に
未知の職に取り組み夢をたぐり寄せることができる。
もしもそんな手伝いができれば、
施術家冥利につきるといえます。


願わくば、
体の復調を契機に、
彼が充実したワクワク体験を得られる瞬間を得て、
シンガポールに旅立って欲しい。

または香港も、いいですからね! ^-^


posted by スズキ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック