2014年07月02日

「新規ホームページの仮アップロード」と「体力低減によるいいわけ」です・・・

本年の1月中に、
ホームページのリニューアルをするために用意したものです。

私が自作した感じが、やはりありすぎるほどのものです。
文章ばかりですので、ざっと読み飛ばしてください。


まだ細かい点で抜けなどがないか手直し中です。
後日にちゃんとした新規リニューアルとしよう。

そう、考えておりネット上にアップして正常かどうか検証中。
現状では参考程度にお時間がございましたらご覧いただけましたら嬉しい限りです。
こちらのサイトのURL自体、今までのページのトップページにすげ替えるような作業を、
いずれする可能性がありますので、 仮 URL 的なものとして。

http://bodywork.s73.xrea.com/new_hp/index.html

旧ホームページ内のコンテンツで、
多少ですが有用なものもあって、
そちらを消すことになるので。

どう扱えばいいのか。


少しそちらの扱いを考えて、
新規のページの方を押しでいこうと考えています。

地味な制作活動はしているのだとメールで知人に訴えていて、
遊んでばかりいるわけではなくてとわかってほしかったので。

とりあえず、ちょっとだけ、
ネット上で形をみてホッとしてみたかったのです。


実は、当家の看板猫の死去を迎え、
そこで猫のキャラクターの絵を描いていたので取扱い等、経験上考えていて。
猫の絵をみてうるうる目になりそうで(ペット好きな人にはわかるところでしょうか)
「ホームページV3」というソフトで、まったくの新規制作しようと考えました。

出来上がったのがお固い感じのシンプルすぎるほどのホームページ。
新たに購入したソフトで作成しました。
あまりに色がなく、そっけなさ過ぎて。
そちらをボツにいたしました。 ^-^;



後日、新規ホームページを作る必要なとき、
気軽にホームページを作れるのがわかって。

その場合に、ぜひ「ホームページV3」を利用していこうということで納得しました。




明日に、今までおいでいただいたお客様の予約受付させていただく予定です。
まだ、大々的に再開しましたと胸を張れない体力が戻っていない状態でして。

往復で16〜18キロほど歩き、
体力の様子を見るが心もとない。

私の自宅40キロ歩く感じくらいの体力が用意できなければ。
感覚的には山手線1周弱くらいできないと、
施術を一日徹しでおこなうことはできないのが現実です。
私の施術のやり方だと、とにかく足腰が充実してないと。

そうでなければ、余裕を持って対応ができないものです。

そこにたどり着けるようには、
足の指が改善してからトレーニングをしていったものの。
足の指の爪がはがれて再生するまでに時間が
必然的にかかってしまったので。

猫の失踪したときに睡眠時間2時間30分ほどで、
雨の街を放浪した数週間。
心労と過労で痩せました。
本当に猫が見つからなければ、
我が身がどうなることか。
かなり危険でした。     ^-^;

まったくの個人的なことで恐縮ですが、
今思うと、
ゆるりと、
いろいろありました。 


上半身の作りはどうにか少しは作れましたが、
下半身が16キロほどの歩きで確実にバテる。
今までにはない。へたれた状態です。
(ちなみに私の自宅から秋葉原の神田明神までが13キロ強です)

仕上がらなかった。
実に情けないです。


デスクワークをすると、
ついつい、一日、缶詰状態で部屋にこもってしまう。
そのようなところでの要領の悪さが、たたりました。
それにここ数日のホームページの制作でまた筋力が、
摩耗していったような気がします。 


それにより大々的に、予約受付の再開をしますと胸をはらずに、
こっそりとひっそりとしております。
情けないところですが、
徐々に体を施術をしながら馴らしていく感じで計算しています。

予約を再開しても、金額が上がった点等を考慮すれば、
毎日のようにお客様の予約がはいることもないと思う。
そのような予測を立てております。


それを見越してデスクワークを削って、
体力を継ぎ足していくようにできれば。
7月半ばから下旬にまではどうにか立て直せるはずです。

それと数名のお客様に、
もうそろそろ再開しなければねいけませんよという、
ありがたい貴重なアドバイスをいただきましたから。

私が一人だけの考えでは、
失った体力を取り戻すほうが誠実なのだろうと思い、
日数がかかってもそちらを選択をしたと思いますが、
走りながら考えるならばホームページの完成から間を開けすぎないほうがいいでしょう。

少しでもお客様の顔を合わせることができたほうが、
体力の増強の方をがんばれと本気になれるでしょう。
そのように感じました。



最後に。

ホームページのお客様の体験談。
気づいたらダミーとして旧ホームページの情報から抜き出して当て込んだものを、
そのまま載せてしまいました。
そこが、なにはなくても一番、
バツが悪いような気がします。

10年前はカッピングをしょっちゅうしていたんですね。
ものすごい読んでいて、懐かしいな。 ^-^)
posted by スズキ at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年休業中再開準備! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

新しいHP覗かしてもらいました。
何となく「かわいい」感じがしますね^^
何故だろう???

先週の土曜日にこちら三重県の伊勢市の
カイロプラクティックで施術してもらいました。

勉強の為に^^;
それがこちらのHP↓
http://www.c-cocoro.net/

HPは大事ですね。
「おっ!ここに行ってみようかな?」って、
気にさせなきゃいきませんし。

この伊勢市のカイロプラクティックは、
かなり、勉強されている雰囲気が漂って
いたので、自分の勉強がてら行ってきました。

それにしても、カイロプラクティックの
世界も凄腕の先生が多いですね。

「機能神経学」なんて驚愕しました。

気功の達人の凄さと異質の凄さを感じますね。
いやほんとビックリものです@@
Posted by 山中 at 2014年07月03日 20:43
山中さんへ

こんにちは。

カイロプラクティックというと、
山中さんのフェイスブックの、
アイスホッケー少年の改善映像から
関心がおありなのだなと。

機能神経学とは、私はどのようなアプローチか、
どのようなものか実際に見たことがありません。
きっと山中さんが、これは!と感じられた
効果性の高さがあるのでしょうね。

ネットで調べてもテクニックの用法が見当がつかなくて。

何かのおりに捜して観てみたいなと思います。



AKと機能神経学を組み合わせての用法をするところもあったり。
進化し続けているのですね。

AKしかわからないので、ちょっとこちらよりに
話を逸らしてしまい申し訳ない。
失礼します。


カイロプラクティックというと概念が、
AK由来の派生した機能的な使いなど
目的的に誂えた切り口のテクニックなど。

想像ですが施術者側が
回数をこなしていって成果を自分の目で確かめ
空気感や雰囲気が予想通りの結果になるはずだ、
と信念をもてた。
そんなキャラクターを持てた先生は、強いですよね。

AKのテキストの内容を、「ほんまかいな?」と、
思えているときには鮮やかな変化は起きませんから。
すでにうまく行える人がいる「場」で、
そうなるものだという確信をえられることが
熟達の早道と感じました。



> 気功の達人の凄さと異質の凄さを感じますね。

私はAKの技術者についてしかわからないのですが
達者な方は雰囲気で包みラポールで中に切り込む様子が、
気場を作ってクライアントの囲い込みができていて。
気功の達人と根っ子がにているなと感じました。

安全でゆったり守られていると感じられる場とならなければ、
気功もAKも副交感神経のチャネルが開かずに
自律神経系の作動が改善しないものでしょう。


気功の先生もカイロプラクターも、
人並み以上の方々は、
私なんかでは到底かなわないなと思えるほど
仕事が丁寧で繊細で、賢い人が多くて。
若い人でも経験ある人でも、皆さんそうでした。


『水面下でしている仕事の量』が、
決定的に違うのだと信じています。


『水面下でしている仕事の量』を増やす素養を培う。

直接的に即効で役立つ施術テクニックを学ぶ勉強ではありませんが、
間接的に効いてくる下地になる知識や技術を持っている人かどうか。
そのようなところで伸びるかどうか、
決まるのかなと、タッピングの仕草ひとつからも
感じられます。


私は最近、末梢神経のオステオパシー系の、
タップとは違う直接的な機能上のネックになる
圧迫等を取るような、あまり驚愕されない世界で、
地味に腕を磨いてます。 ^-^;

Posted by ボディワイズの鈴木です at 2014年07月05日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック