2022年09月03日

「代替医療がうさんくさい」といえる余裕がある日本での生活を送れること。 それって、ありがたいですよね。

同業者のお客様からホリスティック医学について話が出ました。

どういうことかというと、
「日本だと、多くの人たちの印象では整体とか他のホリスティック医学と称する代替医療って、うさんくささがいなめないよね。
 それって、どこからくるのだろうか。」
という内容です。


それは日本の場合はそう感じられるケースがあるっていうことだと思います。

海外では、代替医療がうさんくさいからと敬遠して話が済まされない家計の事情があるのです。

その理由としてわかりやすいのは、
アメリカ人の個人破産申請理由で一番多くあるのが「医療費」。


病気になって手術を受けたら有り金すべて使い果たして破産した人が、半端なく多い。
私の知っている方のご主人さまがアメリカで集中治療室にひと月入院したときに、
支払い請求書の額は5000万円だった。。。


だったら民間の医療保険に入ればいいじゃないかと思われそうですが、
その保険料も目の玉が飛び出るほど高いときている。
緊急で白内障の手術を受けるための掛け捨て保険料で50万円を支払っていると、
アメリカ在住の知り合いの方が申されています。


日本でも医療費の支払いにより破産することはあります。
ですがそうなる桁が違う。
これはアメリカだけの話でもなく、他の先進国の多くにいえることなのです。


たとえば日本のような後期高齢者医療保険のような制度がないため、
日本では延命医療を施すような選択肢が提示される場面でも、
高額な医療費を支払えないから死を選ぶ。
そのような選択肢を選ぶしかないため寝たきりにならずに亡くなる。
これが現実。


そのような状況だからといって、人々も手をこまねいているわけではありません。
到底支払えない医療費よりを払う用意をするより、
低額で済ませることができる代替医療に着眼して生活を安定させる努力をします。
代替医療を積極的にもちいて健康を維持し、病ではそれで治療を試みています。


それが長年続いています。


海外の個人破産申請理由に医療費のためと筆頭で書かれる国ほど、
代替医療がはぐくまれ、治癒力のいいものであるかどうかを率直に吟味します。

つまり日本ではうさんくさいといった印象をもって敬遠しがちな代替医療でも、
代替医療について目利きになったクライアントにより治療実績等が口コミで伝えられ、優れたものであれば隆盛するのです。
逆に、治療のための実力がないと判断されたものは手厳しい絡印が押され人々にそれが伝わって撤退するしかなくなります。

彼らには代替医療に生命や財産がかかっている土場で暮らしているのですから。

だからこそシビアな眼で、
さらに安全で安心できる自身にあった代替医療があれば積極的にそれを取り入れたいと思っています。
だから施術内容をわかってもいないといった状況で頭ごなしにうさんくさいといって通り過ぎるのは、
時として大きな後悔が残る失敗となりうるといった痛い経験をしている者も少なくありません。



それ故に、日本のとある指圧の先生方がアメリカやドイツ等で講習会を開くとき、
日本人では質問されないような鋭すぎる突っ込んだ回答を求められ、
それが不出来であれば一気にそこで信用が失墜することも日本の先生方は熟知している。
そのため海外での日本の代替医療の講習会の開催をすると、
そちらに赴いて講義する先生方は10キロ体重が落ちるともいわれる。
息が抜けない、気が抜けない、まさに真剣勝負をあちらも挑んでくる。
これは日本でおこなう講習会では、ありえないほどの尋常じゃない大変さだとお伺いしました。




そういった厳しい選択眼で選びだされて認められた代替医療の先生は成果に根差したバックボーンが整えられ高く評価され、
尊敬されることが多い。
そのため、代替医療の先生全般がうさんくさいと陰口をささやかれることは、日本と比較すれば少ないようですね。


私たち、日本に住み健康保険が使える者は、安心して医療の提供を受けることができるありがたさから、
海外の医療費が理由で破産申告をするほどのこともなく生活できています。

やっぱり、そのことに、感謝ですね!

今後も末永く健康保険制度が続いてくれることを祈っております。。
posted by スズキ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする