2021年01月27日

漫画家が描いた美術解剖学の本。『ソッカの美術解剖学ノート 』は施術者や身体興味のある人の興味をそそる一冊です!!

またもや本の紹介です。

「施術の勉強を始めたいけど、でも、解剖学の本をパラパラページをめくっても、興味が持てなくて。。。
 自分、施術をする人には向いてないのかな」

というとき。

私は持ってない本なんですが、大きめな書店に行くと手に取るホンがあります。

それは医学書関係の書棚にはありません。

美術関係の書棚へいくと、
つぎの書名の本がでーんとおいてあります。


ソッカの美術解剖学ノート

マンガ家、アニメーター、ゲームクリエーター必読!人体の自然な動きを描くコツが満載!
本書は、韓国の有名漫画家であるソク・ジョンヒョンが9年の歳月をかけて描き上げた美術解剖学の集大成ともいえる書籍です。
特に、解剖学的な自然さに基づく人の動きをどう描くかについて頁を割いて、丁寧に解説しています。
本書には、1コマ漫画がちりばめられていて、人体構造の説明も楽しんで読み進められる工夫がなされています。



これがまた施術法を新たな視点で着眼するときなどに役立つ。
それに見ているだけで楽しめるという、
お勉強感がまったくないまま筋骨格系のアプローチをする施術者にも解剖学知識を提供してくれています。


本書を手に取ると重いし、立ち読みでページを開くのは憚れるようなもの。
家の都合で重い本を買い控えしているため、買えていないのです。
それでどうしても施術専門書は分厚いものも購入するが、
それ以外は後手に回ってしまうのですが。。。
キンドル版が出れば速攻で購入しようと思っている本のなかの一冊です。


またYou Tubeでこのホンを検索したら、
つぎのような概要をちょっとだけ紹介する映像がありました。
ご参考までに。



紹介】ソッカの美術解剖学ノート (ソク・ジョンヒョン,チャン・ジニ)
posted by スズキ at 13:15| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足裏を砭石のマッサージツールでリフレクソロジー。してみませんか?

逆さぶらさがり健康器、つかってみると調子がいいよ!というブログを数回にわたり書かせていただきました。

ら、

「でもさ、逆さぶらさがり健康器、持ってないし、うちの部屋には大きすぎておけない!」
という連絡をいただきました。

私の家も狭いのです。
広げればたたみ3畳ほどのスペースを必要として、
たたんで収納してもその存在感は。。。
なんど捨てようと思ったか知れません。 


『もうちょっと小回りの効いたセルフメンテナンスができる方法はないの?』

となると、興味深いところではゾーンセラピー、反射区療法。
リフレクソロジーサロンなどで施術なさっておられますよね。

手や足、顔などにある特定のエリアをチェックすることで全身の状態を知ることができ、
その箇所を刺激することでチェックした部分の状態を改善させる事ができるというもの。

たとえば、足の親指一本の裏側のそれぞれの特定場所から、
●頭頂部
●視床下部
●松果体
●下垂体
●頭部
などの状態を知るチェックポイントがあるそうです。

私も親指裏だけでこんなにわかるんだな〜と感心しました。

以前から反射区療法のほうには関心があったのですが、
下記の本、カラーの写真だし、とてもわかりやすい!

いままで私が参考にしていたゾーンセラピーの本は、
情報はともかく白黒で版型が小さめだったため直感的にどの部分を指しているかが分かりづらかったので。



毎日、心地よい自分でいられる 不調と美容のからだ地図

内容(「BOOK」データベースより)
“なんとなく不調”もスッキリ!“もむべき場所”が正確にわかる、究極のもみワザ34。



そして上記の本は一般の方にもわかりやすく、過不足なくまとまっている良書ですが、
以下の本は施術者が持っていても大変参考になるものです。
内容が施術者用のセミナーでうけられるほどの内容であろうと感じられます。
施術者をなさっておられる方が、反射区療法の参考書としてみるには、
以下の本を目を通してやる気や興味を増してから、
上記の本を手にするというのも手かもしれません。



足裏分析リフレクソロジー 優れたセラピストは揉まなくても足裏で全てを見抜く!!

内容(「BOOK」データベースより)
新常識!!“視て、観て、診るリフレ”で必ず施術に結果が出る!!10000以上の実例から割り出したデータを徹底分析!!観察して得た3つの情報をアセスメントし、クライアントにどう説明するか、施療プランと目標の立案、食事や生活指導等ホームケアアドバイスの必要性など快方に向けての使い道を考えます。



また私は砭石(べん石)を使いこなすように訓練するため、
以下の特別な形状のマッサージツールを使って足裏等を刺激していて効果をたかめています。


泗濱ベン石(泗濱浮石) 足つぼ・手のひら かっさ あんま棒

力が入りやすいしとっても握りやすいマッサージ棒。長時間の使用でも、手が痛くなりません。
砭石の特徴として、
皮膚にこすりつけるときに
十分な摩擦により熱を持てば遠赤外線を発生して筋肉の硬さを緩めるときに奥まで熱が通りますし、
神経的な癒やしをかなえるような超音波が発生してくれる。
特別なパワー・ストーンです。


上記の写真はアマゾンで599円。
一般の方が利用するには、これで十分でしょう。
使い方の解説書などはないものの、
ゾーンセラピーの本を見てこちらのツールを握れば、
どのようなシーンでこのツールを活かせばいいかが想像がつくのでは。
使ってみると機能的ですし、指で押すとき以上の効果が感じられるという人が多い。

マッサージツールとして、上の砭石の形状は、大変によく工夫されています。


ただこのタイプのアマゾンで手に入るもののなかには、
どうみてもこれは砭石じゃないなというものや、
マッサージ効果を引き出すには十分な素養がないなというものなど。
さまざまなものが売られているようです。

最高の素材の砭石のマッサージツールは、
おぅほんとうになめらかで、やすものとはぜんぜん違うぞ!!というものなんです。

なので本業の施術をしている先生であれば、
お値段は張りますが本物の砭石のいいものを手に入れたいときは、
中国の本土のサイト等から上記のツバメ型で相応の値段のものを選ぶといいでしょう。
posted by スズキ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする