2020年12月31日

2020年12月31日 大みそかのご挨拶 

2020年の大みそか。


皆様にとりまして、
いかがな年になりましたでしょうか。

大変ながらにも、
なにかひとつでも、ふたつでも、
よい思い出やさらなる飛躍へとつながる出来事があればと願っております。


私も、想定外のことが多数起こった一年になりました。

身の回りに新型コロナウイルスに感染した方がおられず、
テレビやネットから日々続けて増える新規感染者の人数を知るものでした。

それが
お客様にすぐれた身体操作をレクチャーする映像配信をしていると教えていただいたバレエダンサー の 石井久美子さんのVlog。
少しずつ身体操作を学ばせていただいて、かなり目から鱗が落ちる的確さに喜んでおりました。
そして一週間前ほどに、こちらのブログに石井久美子さんがコロナにかかったかもしれないと伝えておられる映像をエンベデッドさせていただきました。
そのときは検査して結果待ちという状況でしたが、
その後に陽性が判明したというお知らせ映像がアップされております。

バレエダンサーをなさっておられる方々の我慢強さは、
私の知る上では、一般の方と比較できないものだと感じています。
そしてその上位におられる彼女が、カラダの痛みやおそらしい具合の悪さをつたえてくれました。

下に、その映像URLを記入させていただきます。

【コロナ】 お医者さんを呼びました。 #DAY8 #経過Vlog
https://youtu.be/LQYe1XHgUaU


こちらのVlogを見せていただかなければ、
私には、いったい新型コロナウイルスに感染し発症すればどのようなことが起きるかといった
具体的な苦しみについて感じ取ることができていなかったでしょう。



個人的には、
新規感染者数が多くなることも気にかかりますが、
それ以上に、どこから自分が感染したかという認識ができない感染者の割合が50%を超えたとき。
そのタイミングを見計らって、仕事をいったん休業にすることが必要だろと考えておりました。
なんら科学的な判断基準ではないかもしれません。

自分なりの考えで、
公共交通機関により人の移動が多くなるときに感染リスクが高まり
私どものところへ足をお運びいただくための行き帰りに感染するようなら。
施術で体を癒しにきたはずが、かえってこないほうが正解だったと思える。
そういった状況だけは避けたいと考えてのことです。

これは私の施術をお受けいただくお客様の過半数が東京都外で
1時間以上かけてお通いいただいているという特殊性があるためでもあります。


新型コロナウイルスの感染は乾燥する時期に広まります。
その時期を過ぎたころには、感染も落ち着きだしてくれます。

そう想定してそのときをじっと待つことにして、
いまは家でできる仕事上の自己成長につながることに注力しようと考えました。


新型コロナウイルス感染拡大の情勢を受けてではありますが、
突然の休業により多くのお客様に、ご迷惑をおかけして大変恐縮でございます。


皆様の来年の健康とご多幸を、
お祈り申し上げます。



2020年12月31日
ボディワイズ
鈴木政春

posted by スズキ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっているんですね

私の東京に住む知り合いで父親が年末には帰ってこいといってくれても、
「いえ、いえ。今年は泣く泣くご辞退申し上げます」
というやり取りを聞くことがありました。

年末に帰省する方は、今年はコロナの影響により少ないものの、
事情によりどうしても帰省せねばならない方もおられるようです。

そのような方々向けに検査をしてくれるところもあるようです。

ご実家に高齢の父母、祖父母がおられると、
新型コロナウイルスをもっていきたくない。
だから自分の身が陰性か陽性かを知り、
その上で判断することが、まず求められます。

最近、新型コロナの抗体検査キットなどが通販で購入できるようになっています。
ネットで検索しても、そのような検査キットを販売する業者のサイトが見つかります。
それらを観てみると検査キットも多種あって、どれがどれだけの精度であるかはわかりません。


私が日頃施術業務用の商品を購入利用しているサイトでも販売するようです。
メールで、予約販売開始します!という内容を読んで、
なんでエステや施術等の商品の販売をする業者が、このようなキットを売るの???
とちょっと違和感を感じました。

でももしかしたら、
もちろんこの検査キットは医療検査とはいかないものの、
定期的に自己検査をしたうえでお客様に接することが私たちの業界では求められるようになるのだろう。
そのように感じました。


下記URLに商品説明がかかれています。
ただこの商品説明について抗体検査の知識が足らなくて、残念ながらピンときません。

「1回分あたり1960円!初めてでも簡単!すぐに結果が確認できる便利な「抗体検査キット」」
というキャッチーなところが、あぁそうなんだ。。。と漠然としてわかった感じになるところ。

【予約商品】 COVID-19IgM/IgG抗体検査キット(5個入)
https://7beauty.jp/item/34550/?utm_source=7beauty&utm_medium=mail&utm_campaign=20201228_new-item_igmigg_btn&sci_ch=1806


posted by スズキ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

『iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3』を買って、本を大量自炊中です

個人的なことですが、
いままでフラットベッド方式のスキャナーを使ってます。



数枚の書類をスキャニングするには問題はないし、
画素数が高いので写真も鮮明に抽出できますから。
すばらしい。

それに価格も1万円以下で手ごろですし、
解像度も高いので愛用してきました。

ですが大量のスキャニングには向かない。

本のページを開いてひっくり返して、ページがたわまないようにぐいっと力で押さえつけます。
それが時間もかかるし労力も甚大です。

多くの本をスキャニング作業した直後は体が壊れてしまう感じです。
手がしびれて背中も曲がります。カラダも冷え冷えとするほどの負担。




これから百冊ほどの分厚い施術専門書をデジタルデータ化する予定です。
そうすることでいままで収取した知財を効率的に活かせるようにしたい。

スキャニング予定の本.png

それにより施術の総合力を倍以上に確実にアップできます。


透明文字付のPDF化して【Liquid text】を利用すれば、複数のPDFファイルを串刺し検索が容易となります。
(以前、私のブログで【Liquid text】について書かせていただきました → PDFアプリの紹介【Liquid Text】をつかって、脳機能の健康維持を施術専門書等から抜き出し学びなおし中です http://bodywise-note.seesaa.net/article/479090322.html )


Liquid text.png
たとえば資料性の高い均整術の本、オステオパシー系、中医学、アプライドキネシオロジー系などを複数集めて
『脳梗塞』や『更年期』や『がん』や『腰痛 肩こり』など、調べたい言葉を検索語とすれば。
いままでは複数のファイルを別々にPDF ビューアソフトで開いて、テキスト情報をコピペしてました。
その作業は何日も徹夜するほどの大変さ。

それが【Liquid text】を有料版にすれば!

テキスト情報で縦並べで閲覧するしかなかったものが、
フロー化して右側に要点を抽出できてそれを集めて配置できることで、
一覧して見えるような情報配置にできてしまう。


とことん、私はこれがしたかった!!

これで数冊の本から一つの関心事のみを集めた中身が濃い複数視点から得られた強力な抜けのない一冊が作れてしまうのです。
実践者として結果を出したいならば。
複数人のエキスパートからタイミングよくアドバイスをいただけるような探索ができると。
本当は複数の専門家がチームを組んでアイデアを出し、対応ビジョンを創造できればいい。
ですが私は独りで施術をしているもので、
よんどころないお客様の状態から専門家に知恵を借りるときには、
礼儀としてかならず手土産をもっていかなければなりません。
それにも時間やコストがかかります。

バラバラの本から知恵を抽出して突き合わせることは難しい作業ですし、
お客様のお体の緊急性が高い場合もありますから、
そういったときには、何度も何度もそのようなコストを支払ってきました。
お客様には直接そのような裏方のことは申し上げることはありませんが、
毎回同じことを施術でしても、その人の身体はその施術の刺激に慣れて、
そこから先の階層へと昇ることはなく下るものです。
だから徹底的に今までのやり方を咀嚼して含めつつ、
あらたな飛躍のしあわせになるアイデアを含めた施術に押し上げるよう準備をしていきます。



ただもし他の先生からお知恵をいただくときでも、
そこで得られる情報も一分野からの情報です。。。
総合的にそのお客様の全体像をつかんで伝えることも実質できるものではない。
だから、そのお知恵を借りてそれで、そこだけで十分な対処ができることは少ない。
それも事実です。

私の指向の視点が狭まっているところを拡張させていただくにとどまることで終わることも多い。

ならば複数の分野をまたがって検索をかけてくれるようなツールを使いこなせれば、
多方面からひとつのその体の条件を分析して対処できるやり方を得られるならば。

かつては丁寧に調べて4〜5日かかっていたものが、
それがいまではわずか2〜3時間で、今まで以上に内容の濃くアイデアが豊富な見方を得られるようになるとは。

ほんとうにありがたいアプリです。



ただフラットベッド式のスキャナーでのスキャニングを試みて10冊で「俳人になりそう」と感じまして。
人生の風流を読むというより、悲哀を読む感じになりそうですが。



そこで本もスキャニングできるドキュメントスキャナーを購入しました。 
モノをこれから少なくしようと手放す整理をしているところなので、
極力新たなものを買いたくなかったけど、命には代えられません。 ^-^;


https://amzn.to/3hoVet2

iOCHOW ドキュメントスキャナー ブックスキャナー S3 1700万画素 非破壊 自動平坦化 A3サイズ対応 多言語OCR機能 高画質 USB書画カメラ



こちらは高画質のUSBカメラを使ったスキャナーです。
ドキュメントスキャナーとしてはミドル機種に該当するものといえそうでしょうか。
もっと高機能の最新式がよかったのですが、
予算の関係上、30000円を超えるのは厳しかったので、
こちらの購入に踏み切りました。



フラットベッド式でスキャニングするより、
総合的に【 1/5 】のカラダの負担で済みます。

ほんとうにありがたい!!




私はデザイナーではないため、
OCR機能で正確な文字データへの変換ができれば十分です。

本が開くと「たわみ」がでますが、
そちらはソフトウエアでフラット化してくれます。


私の場合、400ページを超える分厚い本が多数あります。
そうなると本のたわみ方はかなりでてきてしまいます。
たわんだ部分の文字は進んだOCR機能上でも弾かれて正確なテキストデータ作成ができません。
対策として2000円前後の透明のアクリル板を買いましてこちらを紙面に押し付けて本のたわみを軽減させています。
こうすると文字データへの変換の正確さが増しますのでお勧めです!





あとは本機の機能として面白いことに、
USBカメラを使う撮影方式で、
ビデオ撮影ができてプレゼンなどにも役立つようですね。
それはあまりやってみる機会はないかもしれませんが。


ただ私の所に多数あるホットストーンの石の物撮りがしやすくなるかもしれません。


英語や中国語の本も、しっかり読みこめるようにできれば。
この際だからデータ化してネット上で一ページずつの邦訳という手間暇時間はかかりますが、
和書以外のホットストーンの良書の多くに手をかけて行こうと思います。





これから本を書棚において置きたいので本をバラバラなページにせず非破壊で自炊しようという人がいたら、
高画質のUSBカメラを使ったスキャナー、お勧めです。

(安価な機種では、ドキュメントスキャナーとして、
 ソフトウエアでの対応でたわみのないまっ平らな書類は取れるけど、
 たわんだ書籍は対応しづらいというものもあります。
 そこだけちゃんとチェックしておくとよいでしょう。
 ただ透明のアクリル板をうまく使えば、ある程度の本のたわみが出ても読める程度に収まるようですので。
 そこはショップで質問してみるといいでしょう)


posted by スズキ at 13:17| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物の生命エネルギーをわけてもらおう

これからの環境を守りたい。
そのため脱炭酸宣言がでており、急ピッチで対応が進められています。

一般家庭での脱炭素化は、燃えるごみの量を減らすことでしょうか。

一軒の家庭がだす食料ごみはわずかでも、
数万件の家庭がだすならば大事になります。

そんなとき植物を育てている人なら、
食品の野菜等のごみを堆肥に変える【コンポスト】をしている人もいます。

私もプランターで植物を育てるようになってから、土づくりの大切さを身に染みています。




いま、私の家のプランターのゴツコラが寒さで弱ってきまして。。。 -.-;
一年サイクルで新鮮な取り立てゴツコラをいただくのも難しいなぁと実感しています。

ただ玄関わきのプランターは元気。
今年の春に無謀なほどの腐葉土をいれて大量のコバエが発生して大変な事態になったのですが。
そこに植えられた枯れる時期のカキドオシがどんどん成長して、わさわさになっています。
日当たりも悪い場所ですが、大量の腐葉土が有機肥料に徐々に変化してくれたのでしょう。
そこから、こんなになるとは。。。「やるじゃん、カキドオシ!すごいな有機肥料!」


ちなみに他の化学肥料のみをあたえられた条件のいい場所に置かれたカキドオシは、すでに枯れだしています。
追肥として化学肥料を与えても、ひっぱくして枯れだしたたままの厳しい状況のままです。
いかに土の力を秘めさせるか。

人も、どんなに身体操作の勉強をしたとしても体作りができなければ、台無しです。
だから技を磨く前の「身体づくり」こそ命です。
身体操作の技はそのあとでついてくるものです。

それと同様に、
育てる植物の特性を知り、土づくりに精通して土壌の力がよくなれば、
植物は期待以上の成長した姿を見せてくれます。

それらハーブの様子を見ると、
人が心身ともに健康にたくましく成長し育つための土壌づくりも大事だなと思い浮かべてしまいます。




人の手で育てるプランターで植物の生命エネルギーが高めるには、
手間暇時間がかかりますが、
そこをわかって計算できるようになると、
様々なトラブルの予防も必要でしょうが、
すばらしいおいしさや薬効を与えていただけます。




人は昔から、植物がもつ薬効を頼りに生きてきました。

薬効といっても、自分のカラダの状態を深く理解できてないなら、
著名な薬草も一歩間違えれば毒にも変わる。

たとえば、私は家で「アシュワガンダ」というナス系のアーユルヴェーダでは大変に貴重とされるハーブを植えています。
2年ほど育てると根に薬効成分が集まり、それを用いられるものです。

このアシュワガンダは抗酸化作用も強い。
それは体内にできた悪性腫瘍(癌)をたたくような成分が含まれております。
それは現代医学でもちいられる癌を制する薬に含まれているものと同様の成分となっています。
アーユルヴェーダ医はそれを5000年前から知り、癌患者様に対して用いています。
「アシュワガンダと、そしてホーリーバジルと・・・」
というように薬効成分の特徴から処方していきます。

すると、このハーブの薬効をいただくかどうかで違った成果がもたらされるのです。

ただ過去に症例として、
自分の体質状態をわからずにアシュワガンダを筋肉増強剤として使おうと頼りすぎた人が、
肝臓に障害を受けるという事例がでております。

アシュワガンダは「アダプトゲンハーブ」です。


【 アダプトゲン 】とは? (Wikipediaより)
アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。
どのアダプトゲンも抗酸化物質を含んでいるが、抗酸化物質がすべてアダプトゲンであるというわけでもなく、
抗酸化作用がアダプトゲンの第一の作用であるとも言い難い。
アダプトゲンに関する認識は数千年前の古代インドや古代中国までさかのぼるが、
本格的な科学的研究が始まったのは1940年代後半になってからである。
1947年、Nikolai Lazarev 博士はアダプトゲンを、
「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、
非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義した。



アシュワガンダも、抗ストレス作用が大変に優れている代表的なハーブです。
日本では育てて観賞用にするのは認められています。
ですが薬効成分を抽出してサプリにしたりハーブティにして流通されることは禁止されています。
なにか特別な意図があるのだと思いますが、非常に稀なハーブです。



調べてみるといろいろ裏事情も見え隠れして、興味が尽きません。




昨日。

生のゴツコラとホーリーバジルの生命エネルギーの高いものを、
アルコール度数40度のウォッカで2週間つけて栄養成分を抽出したチンキを作りました。
両方とも非常に波動的に高いハーブです。


マザーチンクチャー.png

左の透き通ったグリーンがゴツコラ。 右の茶色がホーリーバジル


このようなチンキにしてもちいることで、長い間、そのハーブの薬効をいただけるので、
紅茶に数的入れて特別なハーブティにしたり、
部屋に霧吹きでシューッとすれば気分一新。
特にホーリーバジルのほうは、魔除け的に邪気をはらう力が強いようです。





余談ですが、
カラダとこころのストレスを減らそうという身体づくりのやり方に効きそうなYouTube映像を見つけました。
2年ほど前に中国で流行っていた誰もが楽しんで踊れるダンスのようなものかと思います。

クリスマスイブにご近所様の知人宅へ遊びに出かけてのこと。
(今の時期ですから、大人数の集合ではありませんので!)
椅子に座りながら私も軽〜くですがノリノリで踊ってました。
何度も曲を聞くと、頭の中でエンドレスループしますから気を付けましょう。 ^-^;



https://youtu.be/pNvTqK2rIys
【挖健康】廣場舞《海草舞》抖掉你的蝴蝶袖〜

インストラクターの手に入れ墨の男性。
体幹ができた動きですね。




上記映像の元のミュージックは以下に。


蕭全 海草舞 完整版MV Hai Chao Wu
https://youtu.be/W50B3GDmEsg

歌詞を和訳して読んでみたら、メッセージ性もあってうなりますよ


posted by スズキ at 11:30| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

書籍紹介;『セルフケアの道具箱(ストレスと上手につきあう100のワーク)』自分のこころに自分で寄り添いましょう!!

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。

キリスト教徒ではない私ですが、例年クリスマスには、明石家サンタをたのしく観ることとクリスマスイブに歩いて15分ほどの碑文谷にあるサレジオ協会のミサに参加するのが恒例でした。

一昨日前のクリスマスイブは、教会のホームページにネットでミサの様子を配信するから、極力そちらでとのこと。
それはもっともな話でネットでミサに参加。後日、献金をもって教会へと向かおうと思います。



人は、元気が失せてしまったり勇気がくじかれてしまったとき。
免疫力が下がります。


このようなときは、ささやかなものでよいので、自分を楽しませたり、ご機嫌にさせたり、鼓舞させることが大切になってきます。愛を感じる、気持ちが入っている。

そのようなことを見つけ出して、いい時間を過ごすようにしたいですよね。

でも、ちょっと、ちょっと。
早々につらいきついときなんだけどという場合も。

そのようなときストレス心理学・認知行動療法を専門にしている先生が書いた本は役立つでしょう。



『セルフケアの道具箱(ストレスと上手につきあう100のワーク)』
ストレスが溜まって苦しい。
そのようなメンタルの不調から回避するためのサポートになる本として人気があって、私の施術をする友達からも紹介されました。

ストレスマネージメント、認知行動療法、コーピング、マインドフルネス、スキーマ療法などの理論をもとにしたわかりやすいワークブックです。

私もこちらの本を手にして読ませていただいて道具箱と銘打っているところがわかりました。
単なる心理学の読み物ではなくて、シンプルなワークが多く紹介されています。

実践したらしぼんだこころを膨らませてくれるようなこともあるでしょう。
こころのストレスがだいぶ溜まっているようなら、この本はお勧めです。

ただもし肉体的な体の炎症がメインならば、それは私たち施術家のところに足を運ぶことをお勧めします。
人によっては「誰かとつながること」が大事なときでもありますから、なじみの施術の先生の所で。施術をする先生方は、私を含めて守秘義務を持っており、それはお客様のお体についての情報やその他の個人情報も該当します。
それは雑談枠もです。


余談ですが、社会的ストレスが引き金になって更年期症状を急に感じ始めたり、その症状が強まっているという方が多くなってきているようです。
更年期障害というと女性ばかりと思われるかもしれません。
確かに女性の症状のほうが女性ホルモンの変化の大きさにより、つらさが顕著に表れることが多く、体調管理のため更年期外来という特別な医療分野もあります。
女性向けの更年期障害の解説本もわかりやすいものが多く出ており、
それらは参考になるでしょう。

いまは男性にも、年齢的に40代半ば以降の方に更年期障害に近いといわれるような症状が出てきているようです。
いままでは通勤して大変なところもありましたが、それはそれで同僚と顔を直接会わせられる貴重な時間。そんな会社通勤からオンラインミーティングへ。
パソコンを操作し続ける時間が増えたようです。
そして得意先やお客様先や会場などへ体を運ばずにネットで講座や営業をするよう仕事へと変わった人も。
それで家族との会話が増えたりというケースもあります。
ただ仕事の様子が変わることで新たな仕事を振られて担当するものが増えたり、時間にゆとりがでることばかりではないようです。
そうなるとストレスを感じるということもありますよね。
そのような男性が精神的なストレスから起きたものとはいえないような、
男性更年期障害の症状といえるような状態がみられるケースが増していってるといいます。

そのようなときは女性が女性ホルモンの変調と同時に生じる問題に取り組むという考えと同じように見ていただいて、男性も自身のホルモンのでかたが変わるようなこともあって、そこからの障害があらわれることもあること。
そのことに気づいていただいて、食事にホルモンバランスを改善させるような食材をもちいるようにしたり、内臓部の冷えを低減させるような全身の適度な運動を日々取り組めるようなものを実践するようにしていきましょう。
男性用の更年期の本ではないが、女性用の更年期の本もかなり参考になるので、気にしてみていただけるとよいでしょう。
そうすることで体の症状を抑えられたという男性もおられましたので。
posted by スズキ at 19:37| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

他国でのコロナのようす

こんにちは。

ボディワイズの鈴木です。

朝方など部屋が乾燥して、のどが痛くなったりしておりませんか?




いまの時期。

少しでものどが痛くなったりしただけでもいろいろと心配になるものです。


私の施術をお受けいただいているお客様から、
ロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー・バレエへの入団している【 石井久美子さん 】というバレエダンサーを教えていただきました。
YouTubeチャンネルをもって、積極的にバレエダンサーに必須の足の使い方を指導解説してくれる映像が多数アップされており、
少しずつ私もその映像を見せて学ばせていただいております。
的確に解剖学的な深い視野を持っておられることは【ワガノワバレエ学校(←身体操作について英知が集約している教育機関といえるすごい学校です)】に留学し学んだところからもわかります!
ぜひ、カラダの操作に関心がある方はご覧いただければと思い願うすばらしさです。


ロシアのバレエ団で活躍しておられるそうですが、そのロシア・サンクトペテルブルク。
コロナウイルス感染猛威を振るっているといいます。


その石井さんがYouTubeで、自身が新型コロナウイルスに感染したかもしれないという映像をアップされていました。
マリインスキー・バレエ団で、多数の関係者が罹っているそうで、
いまはまだ検査を受けて、その結果待ちという状況だそうです。

ですが石井久美子さんは、ウイルスに感染したかどうか。
それがインフルエンザウイルスかコロナウイルスかなどわかりません。

検査結果が陰性であることを、
こころより祈っています。


https://youtu.be/yxzFFjNfsik
コロナに罹ったかもしれません


私の直近の周りでは、幸いにも新型コロナウイルスに罹ったという方はおられません。
そのため直接的に個人からどのような状態だったかお伺いする機会はありません。
この映像を観させていただいて、もし自分がまたは家族や友人がコロナに罹ったとしたらと改めてその大変さを感じました。

映像後半に「多くの陽性者がでているサンクトペテルブルクで生活する気持ち」を述べておられるところがあります。
東京とサンクトペテルブルクとどちらの状態がどうなのか、比べる術は私にはありませんが、
どこの国のことでも、これ以上の大事へとならないよう感染が終息していただけるよう願うばかりです。
posted by スズキ at 12:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

じつは施術ができない期間が続くというのは避けたいため、施術家同士での研究会はしています。^-^

じつは施術ができない期間が続くというのは避けたいため、施術家同士での研究会はしています。^-^


今朝がた、徒歩圏内の同業の施術をしている先生のお宅へお邪魔いたしました。

「首の不調があるんだよなぁ」とおっしゃられる、先生。

わたしも今日は時間があったもので、
ワークベッドの上であおむけになってもらい、
ボウエンテクニックという自律神経系の改善を得意とするセッションの変形バージョンをさせていただきました。

頚椎4番に変位があると「眠れなく」なりますので、首のチェックをしていたときにその点を見つけてそちらと上部胸椎に絞ったリリースをしていこう!
そのように考えて、ショートセッションを組みたてました。

ただ頚椎4番あたりにずれた状態が一週間も経過すれば、頭部の顎関節がずれがでてきて側頭部の緊張が抜けなくなっています。
すると側頭筋にさほど強い圧をかけなくても痛点ができあがっています。
あんのじょう、それはあり、右側の側頭筋に強い痛みという違和感があるということを確認。
咬筋を緩めるため、口を私の手で他動的に開けたままの様子を2分間。

それからはボウエンテクニックセッションでもちいる頭への深く眠りにさそうアプローチ法で、すやすやと寝ていただきました。

これで神経系の負担感はゆるんだためそちらの興奮は低下して脳脊髄液のリズムも正常化したものの、
上部胸椎や肩の内旋、股関節右側のずれなど筋膜への深いリリースが必要なものでして。
と寝ていただきました。

これで神経系の負担感はゆるんだためそちらの興奮は低下して脳脊髄液のリズムも正常化したものの、
上部胸椎や肩の内旋、股関節右側のずれなど筋膜への深いリリースが必要なものでして。
それはいずれ、また時間をみて伺おうということになりました。 




という、同業者同士の交流セッションでした。





頚椎4番がずれると、なんで、ねむりづらくなるの?


血流が足らなくなってくるような代謝の滞りが強まることで緊張が抜けなくなってきます。
そんなときに脳内にいく血液量が減ると
睡眠が浅くなってしまう。
寝つきが悪くなっていく。

それは頚椎4番がずれてしまい頸動脈近くに筋緊張が強まったため、
頸動脈部分の血管を圧迫して脳への血流を抑制しているのです。

そういったことが続くと脳のエネルギー不足と脳の酸欠により感情のエネルギーが乱れて収まりがつかないようになります。
すると自律神経が高ぶったままになりやすい。

そのような高ぶりがあると寝付けなかったり、
いくら横になって寝ても疲れが抜けなくなる。


それは強くなって継続すると鬱とにた症状が出始めてしまい、
肉体部分の筋肉部分のサブラクゼーションからの由来した感情の負担は抜けづらいんです。

感情がもともと問題が大だったと思うようなことがあったとしてもそれが改善しても治った感じがない。
食材で気鬱を改善させるものでも難しいし。


興味深いところですよね。

「頚椎4番がずれて左側へのゆがみが高すぎですね。じゃあ、こちらを改善させてしまいましょう」

で、これで状態の底上げができて、そこからの食養生などにアプローチするのもいいでしょう。



ただスマートフォン。
こちらを5分以上、継続的に使いつつ文字入力すると、、、多くはこれだけでかなり頚椎4番がずれる基盤ができてしまいますから。

そのようなことを避けるように、うまくスマートフォン、つかっていきましょう! ^−^
posted by スズキ at 13:52| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

ゴツコラとホーリーバジルのマザーチンクチャーづくり、ためしてます

まとまった時間をつかって新たな施術研究もとりくみつつ、
ほぼおばあちゃんの自然由来の薬箱のようなことを大事にして実際に試しています。


施術のときのサポーティングマテリアルとしてもちいることも視野に入れています。


同時に学んで実際に生活に活かすことからはじめることで、
どのような変化があらわれるか挑むことのたのしさを感じます。


私が特に重視しているおばあちゃんの薬箱のなかのひとつにゴツコラとバコパというハーブの利用があります。

抗ストレス & 抗酸化 などにすぐれた効果を証明されている【 ゴツコラ(和名:つぼくさ) 】、
そしてゴツコラと同様にアーユルヴェーダ医により貴重なハーブといわれている【 バコパ・モンニエリ 】。


ゴツコラとバコパ・モンニエリ は、
インドの最高神ブラフマンの名前(ブラフミー)をもらうほど、アーユルヴェーダでは重要なもちいられ方をされているハーブです。


私の家の玄関先にハーブが植えこんであるプランターが連なっており、
その多くがカキドオシという別のハーブですが、
そのなかにもこっそりゴツコラが息づいています。
そして屋上には衣装ケースにいれて バコパ・モンニエリというハーブも育てています。
いまは屋上は極秘扱いなので写真が貼れなくてごめんなさい。





ときどき私のブログでゴツコラの名前を見かけて、
摂取したらどういうメリットがあるの?

と、ご質問をいただきます。

ゴツコラとバコパ・モンニエリ 。
両ハーブをあわせていえば、両方とも多岐にわたる有益成分が含まれており、
西洋では研究者が詳細な成分を分析し、実用実験を論文化したものが多数存在しております。
それもあって、ひとことで解説できるものではありません。

なのでざっくりというなら抗ストレス作用と抗酸化作用があげられるでしょう。

抗ストレス効果により、こころの落ち着きが図られることも知られています。
人は強いストレスを受ければ体がそれを受けて緊張し、脳への血流も低下します。
過剰なストレスの感受レベルを低減させることで、
かえって視野を拡張させて物事に深い観かたをすることができるようになります。

抗酸化により、体内の酸化が病を作り出しますからそれに対抗できる力があります。

そして他には脳神経への刺激により「記憶力アップ」が期待できます。
これは特にゴツコラは顕著で<食べるIQ>と呼ばれるほどです。

それら作用の発揮が顕著に強くあらわれるような成分が含まれているハーブの一種であり、
代表格がゴツコラとバコパ・モンニエリということです。



もちろんそれらはサプリメント化されて手に入れることもできます。
以下写真は、iHerb(アイ ハーブ )というサプリ等を販売する通販サイトから手に入れたものです。

バコパにゴツコラ.png

左側がバコパ・モンニエリ  / 真ん中がゴツコラ / 右側小瓶がゴツコラのチンキ(マザーチンクチャー)


ゴツコラのサプリは、口にしてやさしい。
何らかの急激な変化を受け取れるものではない穏やかなものというのは、生ハーブとしてとったときとそのまま同様でした。
じわじわとハートに、そして頭上に感じるものです。
想像していた通りサプリの成分はしっかり配合されているのはわかりますが、
生ハーブより摂取した成果は下がりそうに感じました。

バコパ・モンニエリは、錠剤内が顆粒になっており、それを割って口にしたとき。
他のハーブでは感じたことがなかった、胸から上の前方向になんらかの開いた感じを得られまして。
「なんなの、これは?!」と、ゴツコラとは違った強烈ななにかを感じました。
こちらは薬効がやや速く感じますが用法を間違えれば危うさも感じられました。
ゴツコラ以上に慎重に用いる必要がありそうですね。
摂ってみて、そのように感じられました。



そして、自宅のゴツコラ等をもちいて、以下のハーブティンクチャーのつくりかたの映像なども参考にして、
ゴツコラやホーリーバジルなどのチンキをつくっています。



ともみんのキッチンコスメ教室☆ハーブティンクチャー編
https://youtu.be/3sW1T88kbPg


フレッシュな摘みたて生ハーブが、もっともパワフルな効果を期待できますが、
旬のときのハーブの栄養成分をそのままウォッカのなかに抽出して使えるようにできれば。
フランス等の植物療法をしている方々の本をみれば、そのようなものを有効利用して、健康的な生活を送られています。

自宅で自生したハーブももちいることができますから、それは安全が100%です。
あと一週間程度でできあがります。

ゴツコラとホーリーバジルのマザーチンクチャー.png


うまくこれらの効果の実感ができたら、
いま、当家で自生中のバコパ・モンニエリ、ビワの葉やカキドオシ、フェンネルなど、
自宅採取したものをハーブティンクチャーにしたいですね。






posted by スズキ at 13:31| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

固定種を選んで食養生を望むなら、どういう体への成果が実感できるのだろう? 興味津々です。

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。


施術の話ではなくて、申し訳ありません!!


食にかかわるお話となります。

固定種とF1種。
しょうじき、私にはあまりその差がピンと来てなかったのですが。


知人が固定種を販売する種屋を知っていて、
そちらからの種の購入をプッシュしてくれまして。

固定種とF1種にはどのような違いがあるのかの興味を持ちました。
それも、およそ健康面にかかわるようなことも含まれているようです。


多くの農家が野菜や果物を育てるとき。

農協を通して出荷するなら、
スーパーマーケットなどでも扱いやすい形や味など育ちが均一になる種を使っています。

植物に「優性と劣性の品種を交配して採種した種には、必ず優性の形質を持った種ができる」という、
メンデルが発見した「優劣の法則」を利用した技術により形状が均一かつ大きく育つ優性な種を作ることができる。
そのアイデアの下で交配種野菜、それがF1種ですがつくられるのです。
だがこのF1種から種を採取したら優劣の法則に則ることがだきないため、様々な形や味になって均一性がない。
そうなると農家はこのF1種から採取した種から育てたら農協の形状を均一に扱いやすいものとする規格にあわなくなります。

すると必然的に農協を通して出荷する農家は、毎回の種まきで種苗会社からF1種の種を買うことになります。
そのようなことは、皆様もお聞きになられたことがあるかもしれません。

育ちの優性な作物を大量に生産していただかなければ、
日本の人口全体を支えていただけるほどの収穫高が得られないそうです。
F1種から育った農作物を買う私を含め多くの方々はお世話になっています。



メジャーなF1種に対して、「固定種」があります。
固定種とは、農家や採種家の手によって、同じ品種の種を毎年採り繋いできた種のことです。
固定種にはF1種のような均一な作物が育ちませんが、
毎年、農家が自家栽培でひとつの品種を育てていくことで、その土地の風土にあうようになり、年々その土地で作りやすくなっていきます。
そのような特徴があります。


・・・・・というような、
一般的なF1種と固定種との認識の違いしか、
私の頭には入っておりませんでした。




ですが、このブログの最下に貼り付けさせていただいたYoutube映像を観て認識が変わってきました。
私に固定種の種を買うように勧めてくれた方お勧めの種屋さんがYouTubeで語っている映像をみつけて視聴し、
固定種の種を買う意義を少しずつ見出すことができました。



その土地の風土にあった固定種からの作物をいただくことで、
不妊治療をずっとしていたご夫婦が子宝が授かったという内容の話を聞かせてくれています。
もちろん実証実験をして妊娠原因を追究したわけではないでしょうが、
固定種で生命力たくましくなるよう丁寧に育てられた農作物をいただくことは、
それが純粋に益する食養生へとつながるというのは明らかでしょう。

実際、昭和初期のだいこんと、いま手に入りやすいF1種のそれとは主要な栄養素の栄養価にあきらかな差があると、
食養生の本を読んでいて見つけた記憶があります。
肥料を多くし連作して、多くの農産物を出荷することで利益をだすとすると、
昔ながらの育ち方ができないこともあるのでしょう。



ただいまの固定種を使っている農家が生産した農産物の栄養価の資料がないため、
なんともいえないところなのですが。
固定種を使ったら、勝手に良い作物がとれるというわけではないので、
手塩に掛ける農家さんたちの創意工夫と愛情で、こちらの栄養素は大きくばらつきがでそうな気がします。
ですがおおよそ固定種を用いて愛情をもって育てた農家の農作物は、
栄養面でも高い数値を出してくれることもあるのでしょう。

そしてそれがひとのカラダに営気を養う作用をおよぼしてくれると思います。

固定種を使って作物を作ってる農家がネット販売していることもあるようですから、
いちど、そのような通販を試してみようと思います。
毎回、高価な固定種をというのは、私の経済的事情もあり難しいですが、
すこしそちらに投資したい気持ちになります。


F1種の作物と固定種のものと、どちらを買うかは買う側の、
興味関心をベースにした意識と理解と懐具合との兼ね合いによる判断ですよね。


以前、たぶん9年前くらいに東方栄養新書という本を購入して、
食養生について実験をしようと試みました。

この本、私の知り合いの薬剤師さんもお勧めしてくれて、観ているだけで食材のすてきな力が伝わってくる良書なんです。

実践的に成果を感じられるようスーパー等で本書に解説してある食材を買い込んで食べてみたのです。
それを一ヶ月を目途にがんばったわけですが、
そのときは、、、思ったほどの成果が感じられないという残念な結果でした。
気づけばそれは、じゃがいもひとつとってみても高いものと安いものがあると、とりあえず「安いもの」を選んでました。 ^-^;
それは中国産かもしれません。
大衆用の買いやすい食材のみを丁寧に選んでいたので、それは固定種で育ったものではないだろうと思います。

いちど、栄養価の高いすてきな固定種を選んで、東方栄養新書の詳細に解説された栄養素道理の効能を感じられるか。
ぜひ、リベンジしてみたいですね。


東方栄養新書

あとは、、、。
いつも葉物野菜の種は、100円均一やAmazonで適当に選んでプランター栽培していた私ですが、
ちょっとそこを固定種の購入に変えてみたらどうなるだろうか?

来年の春ごろ、ささやかな種まきをするたのしみが増しました。


以下の映像、もし食に関心があり、お時間に余裕がある方はご覧いただけましたら幸いです。

種屋さんの「野口 勲」氏は漫画家の巨匠、手塚治虫先生の編集者をしていた方で、
手塚先生とのエピソードも興味深いし、それに埼玉県飯能市の店の内外装にある手塚漫画の火の鳥のモニュメント等、
いちど、ぜひ足を運んでみたいと心をくすぐられました。 ^-^


【Vegetable journey】「野口 勲」氏が語るタネの重要性
https://youtu.be/FTU3XOqCW9A



posted by スズキ at 17:21| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

全身の代謝をあげるために何をしているの? スマーティとカッピング!

お客様からメールで質問をいただきました。



お客様:「全身の代謝をあげるために何をしているの?」

私  :「スマーティとカッピング!」



たまたまその質問を送っていただいた方も、
遠赤外線ドーム型サウナ・スマーティを持っておられ、
カッピングもしたことがある方です。

なのでこれでだいたい通じるのです。


^−^



健康なカラダは、全身にくまなく新鮮な栄養や酸素などを含んだ血液が運ばれ、
役目を果たした血液は肝臓へ流れ疏泄作用により再度心臓へ向かいます。


そのとき。

心臓から排出された血液の【 1/3 】が脳へと運ばれます。


心臓からの血流の3分の1は脳へ向かう.png


他の多くの体積を占めるカラダのパーツは【 2/3 】でまかなわれているわけです。


脳はどれだけ多量の血液を必要としているかを意味します。

そして脳への血流が滞りない状態を確保しなければならない。
それには全身くまなく血流があるというのが前提です。


だからこそ、血液の頭部への流れる道筋を滞りなくさせることもしますが、
それだけでは足らず、成果が表面的に終わるということです。

なので全身への代謝を底上げしていく必要があり、
それを同時進行でおこなわなければならなくなります。



代謝をよくする組み合わせグッズ.png

ここ最近、スマーティという遠赤外線ドーム型サウナとカッピングを組み合わせて、
私自身の代謝をあげようと試みています。

急激な代謝の上げ方で、かえって私のカラダが変化に追いついていけずに負担を感じるほどです。

カッピングあとは、お血の問題と水毒が皮下組織に蓄積したものが刺激を受けて体外に出ようとして水膨れになることもあります。

カッピングという吸引圧というマイナスの圧をかけたとき。
体内に酸化した停滞する毒素が相当量なければ、皮膚が薄くてもカッピングをしても跡や水ぶくれは出ません。
それはホットストーンのような、熱刺激を受けたときにも、
体内に酸化した停滞する毒素が相当量あれば跡や水ぶくれがでることがあります。

状態として、体内の毒素を排毒できないほど、カラダの虚弱した状態か全身の代謝が悪化していれば、
かえって跡や水ぶくれはでてくることもありません。



この状態は一見すると健常な方と同じ反応に見えるが、
脈を診れば虚証で病が深部に沈んでいることがわかります。
その状態であれば更なる改善の手を考えていったほうがいいでしょう。
すでにカラダの主要関節の周りの動脈の流れを、かなりの数の圧迫をして血流を滞らせるなど、
皮膚の上からは見えないところの問題が深刻化しているでしょう。



人を、ざっくりと健常か患っているかというならば、
ほぼ誰もが健常部と患っている部分の二つをカラダの内側に持っているものです。
完璧な健常部ばかりしかないという人は、架空の動物を見つけるのと同じ程度に難しい。

人体の部分ごとに、健常部と患部と別れていて、
つねにバランスを落としたり戻したり変化しています。
それが繰り返されるのが通常の状態です。

そして病と呼んでいる部分は、
患っても自身の蘇生力で復活できるはずですが、
患い方が深すぎて改善方向への方向を示せなくなって、
患った状態でいつづけようとする状態を「病んだ状態」と呼びます。



そういうところは、
通常代謝が悪化しているため、脳と患部を結ぶ神経系が弱化するか麻痺を起こしています。
それにより改善すべき場所ができているにもかかわらず、そこへとスポットライトを当てられなくて放置される。
それが長く続けば、時には症状が発症してしまうほどの問題へと展開しかねません。



そういうときは脳の機能を活性化させて、体各部から集められた情報に耳を傾ける注意力や集中力をあげさせること。
そういった情報をキャッチする受容体としての脳力を増すことで、
脳が先ほどまで見つけ出せなかった「病んだ状態」に光を当てて、
そこへ栄養素や酸素をふんだんに持ち備えた血液というサービスエンジニアを送り込んで修理修復をしてもらいます。



そうしたくて、選択した具体的なやり方に、スマーティとカッピングを同時に施すというものをトライしてみました。



スマーティとカッピングを同時にするメリットは。

スマーティにはいると2日〜7日間近くヒートショックプロテインというものが体内から作り出され、
代謝が促進され筋肉組織等改善が継続し疲労も軽減して肉質も変わっていきます。

カッピング跡の様子にもよりますが、この赤いマークが消えるまで体内の代謝はいつも以上に促進され、
それにより患部体温があげられるように反応し続けてくれるのです。

そうすると遠赤外線ドーム型サウナで得たヒートショックプロテイン効果とカッピングあとによる患部代謝促進効果により、
大幅に代謝改善を促進してくれるという仕組みです。

カラダの様子の変化から「相乗効果」が感じ取れます。





ちなみに、このようなセルフケアをした反応のでかたは人それぞれですが、

今回、私の場合、極度に眠くなり意識が跳ぶほどという眠気に襲われました。

また、とにかくおしっこが近くなりました。
水毒部分を強制的に排泄している感じがあります。
それは腎臓部の裏手にカッピングしたときに、その部位に水膨れになり状態の悪さを物語ってくれていました。

特別な薬効成分をもつハーブを摂取したときの効きや反応が鋭くなったようです。
(これは予想外のことで、バコパというハーブを摂取したとき、非常に顕著にあらわれて驚きました)



カラダの内部の深部の凝りが動き出したため、体内を通る血流のパターンが一時的に変化して、落ち着かない。
かえってカラダの状態が悪くなったような感じをもつときがでるが、
脈等を診ると細くなったり沈んだりしていないことが確認できる。
そのときはカラダの深部の深刻な問題個所を脳が見つけ出して修復をかけていることもあるようです。
もし脈が沈んで脈管の形状が力なくぐにゃっとした気が失せた状態であれば、
悪化しだしている傾向が強いため、身体への人為的な刺激{今回はスマーティとカッピング}を中止すべきときです。
そのままつづけるとかえって体力を消耗して、虚証がより強まるだけで、別のアプローチ法に変えなければなりません。



カラダを大きく変化させようとするとき。
これがけっこうつらい時期です。
身体が変化改善する道はエレベーターでさーっと運ばれるものと思うかもしれませんが、
長年無理をしてきたカラダを立て直すというのは、国家プロジェクト並みに険しく臨機応変さが必要です。
お客様に対して、そのことがわかっておられるかどうか。
またはそのことをわかりやすくつたえられるかどうかが、大切なところなのだと思います。
そして私自身の身体でもそれが言えているところですね。
posted by スズキ at 16:59| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PDFアプリの紹介【Liquid Text】をつかって、脳機能の健康維持を施術専門書等から抜き出し学びなおし中です

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

いま、いままで貯めてきた有益な情報源である【施術書やその他】を、
複数冊の本を同時に開いて目を通す機会が多くなっております。




特に現時点でのテーマとして設けているものは、

【 人体の脳機能に改善をもたらすには? 】

という課題です。




私自身、施術ではカラダの隅々を観てきました。
そのように全身を見通すための素養や素地が知識や経験としてなければ、
脳機能の改善と言っても狭くものをみてしまうことになるでしょう。
完全ではないが全身を調整できる施術力に手ごたえを感じだしたときに、
どこを特にこれから私が焦点を当てて取り組みたいか。

選ばなければならないときが来ると感じていました。

昨今、私の周りでという狭い範囲ですが、それでも脳機能制限を受ける状態を患っておられる知り合いが増えてきました。
先日、私がブログで書かせていただいた、庭先で倒れて奥様に早期に発見していただけたからという方も。
その方は年齢は60代前半の男性で、日頃、ほんとうに元気で活躍している印象で、病の影など見えていなかったのです。
さいわいにも、倒れたときの発見が早く、意識があった倒れ方だったため外傷もなかった。
そしてその後のリハビリテーションセンターでのがんばりがよかった。
それによって働き盛りのいま、仕事の復帰ができるそうです。




おそらく私がその方の手の脈を左右で観て、左が問題が深いと思って、
左頸動脈近くの頚椎4番横にできた凝りの骨化がないか調べれば、
なにかを感じていたかもしれません。。


私自身のカラダのことですが、この部分の問題は、自分では自分への施術がしづらい点があって、
気になるところが正直に言えばあるのです。
だから先生側に立つだけではなく患者側に立つ、または生徒側に立つものなのですが。
ですがそのようなネガティブな身体的要素も、施術家の立場では変わって見えてきます。

今後、鋭意みずからのケア実践でノウハウを蓄積できる貴重な財産でもあります。
自分がケアする前に苦労した事柄であればあるほど、
ネガティブな体験を肥やしにして真剣に改善方法を探し出しますし、
そのときの効果測定には深い意義を持ちます。





【脳の働き】を<維持できるよう管理する>こと。

それは本人の生活を維持するだけではなく、
その患った方のサポートを懸命になさるご家族にしても、
益することも多いのでしょう。
ほんとうに大切なんだと、痛感しました。



脳の働きの維持を考えるとき。
それはアインシュタイン博士のように眠れる脳を開けるよう総合的に見つめていくことにも発展しだすでしょう。


脳の活躍は、私も皆様も、いまの自分も十分満足だと思います。

ただ人間と他の動物との違いは、人間が知的財産としてつねに自己成長をよろこぶという性質がある点があります。
より自分らしい充実した生き方を求めていくためには、
今の時代は特にですが、脳にかかる過剰なストレスを低減させ、
すこやかな脳機能の発揮をサポートするには。

そのようなところにこだわった視点で、
今まで得てきた本や資料、そして自身のアイデアなどをまとめていきたいと思っています。



今まで得てきた私の手持ちの本や資料は、
施術で対応できるエリアもあれば、身体操作法についても、心理学的アプローチやハーブやその他。

それぞれは別のやり方でアプローチしているが、ひとつの対応すべき課題に焦点にあわせていけば、
それぞれのやり方を実際的に試していくことで、それぞれが補完的に成果というパズルのピースとなります。
おおよそこれひとつで他の要素すべてを包含し凌駕するというものなどありません。


たとえばそこをざっくりと言えば、
カラダのサブラクゼーションを調整する施術にも得手不得手があります。
食養生のみでしつこかったカラダの歪みが消えて身体内部の癒着部の開放がおきることもありません。
でも食事がいい加減では、血が酸性に傾いたままでカラダのゆがみが順調にリリースの階段を自立的に登ることができません。
心の面とカラダの筋肉のコンディションは筋膜を介して相互の同調作用があり、
心理的な不安定さがあらわれる環境やそのような思いが強すぎてはカラダのゆがみや筋肉の柔軟性も取り戻せません。


実際的な場面では、幾種のアプローチ方法を同時かまたは別個に採用しなければ、成果が頭打つことも出てきます。
施術でも脳機能をすっきりさせる手技ノウハウはたくさんあります!
でもそれだけで完結するよりも他のアプローチとして身体操作による脳の働き向上は成果が高いものですから。
それをももちいて他にもバックアップさせる力を秘めたハーブ等の成分による改善プログラムを調合していきたい。


そうなると異なるジャンルをまたいで最低でも150冊以上の複数の本を関連付け理解していく必要がでてきます。


それは「紙の本」もあれば「PDFファイル」も。

紙の本」は見やすいし一番なじみがあります。
反面、置く場所をとられること、要点をまとめるための転記に時間がかかります。

 

その点「PDFファイル」は、大容量のメモリやHDDを積んだパソコンやタブレットがあれば、
スペースを感じずにいられます。
そのため重要な本や資料の7割以上をPDFファイル化しています。

ただPDFファイルは私には見やすさを感じられませんでした。

大画面のモニターやサイドにもうひとつモニターを置くなどできれば質の高い作業ができると思います。
ですが、自宅で施術、そして施術を終わればワークベッドを片付けて簡易な折り畳み机を出してデスクワーク。
そうなると大画面モニターはスマートじゃなくなります。
そこは踏み切れずにいます。


それでもいつもandroidタブレットのPDF表示ソフトに気に入ったものがあり、
そればかり使っていたのですが新たに13インチのWindows10のOSが入ったタブレットを購入。

改めてWindows版のPDFファイルを閲覧するアプリにいいものがないか探していて、
以下のYouTube映像を観て Liquid text というアプリを使い始めました。


"爆速で論文が読める!! PDFアプリが便利すぎてヤバい...。【Liquid Text】" を YouTube で見る

https://youtu.be/6H6MdOW54ak




おそらくですが、
昨今の学生さんたちは普通に活用しているアプリのひとつだと思います。

でも、私は存じ上げませんでした。。。


パソコン雑誌で Liquid text について知ってはいたのですが、
てっきりアップル製品のIOSを使っている人にしか対応していないと思っていました。


ですがWindows10版もあったんですね!



さっそく使ってみて。

メリットとして。

スクロールが速くて快感、気持ちよい。
悩んでいた転記も透明文字を含んだPDFファイルではその文字を選び、右のエリアへ移動させるだけ。
楽で色分けできるし、転記した本文部分へのジャンプができる。
それと同様なことがイラストや表なども画像としてエリアを選び、右のエリアへ移動させるだけ。
楽で色分けできるし、転記した本文部分へのジャンプができる。
転記したコンテンツ部同士をつなげて、構造化した表現で視覚化できます。

情報として必要ないページ部分はたためてすっきりできる。
これはやってみたら感動でした!
本の必要ない部分を指定する作業をすると、必要な部分が鮮明になりますね。

おかげでPDFファイルの要点をすばやく頭に叩き込めます!


長年かけてPDF化したファイルが1000冊以上手持ちにあります。
ほとんどは活躍しきれず死蔵していました。
それらに対して活用の道を大きく開いてくれたようです。


 Liquid text.png


デメリットとして。
わたしのパソコンやタブレットのハードの環境によってなのか、
メモリサイズの大きなPDFでは、途中でフリーズしてクラッシュすることも時々起きています。
この点が気になりました。
また対応OSではiOS(アイ オーエス)とWindows10版があります。
ただWindows10より前のWindows7やWindows8.1などは未対応なので、
OSの無料アップグレードでWindows10にする必要があります。



有料版、無料版があり、
無料版は一部機能制限がかかっております。
ただし無料版のみでも十分すぎるほど役立ちます。
有料版にすれば手書きもでき、より直感的に使えるようになります。
もう少し無料版を使い気に入れば有料版にしたいと思います。



Liquid text 
https://www.liquidtext.net/

 
posted by スズキ at 13:55| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

側頭筋リリースの研究の過程で首筋の側面の筋肉がゆるむのか?!


最近、脳への血流阻害を軽減させるために必須の頭部のリリース法を研究するに際して、
小顔矯正の一般書ですが人気の解説本をいくつか図書館から借りて参照させていただいてます。

側頭部にある側頭骨と頬骨の間には隙間があります。

耳のすぐそばの頬骨の下は、
少し複雑な形状をした下あごの左右の上端があります。
そして咬筋の腱部があって、腱の硬さが表現されているのです。

ですが頬骨の中ほどから目のすぐそばまで浮いた骨となって、
頬部分の立体を作っているのです。

側頭部の頬骨下の窪み.png

そして側頭部の頬骨の下をくぐる筋肉の側頭筋が凝りができると。

咀嚼筋.png

口を閉じる咀嚼動作で発痛がでてくる。
または口の開閉が抑制される。
小顔矯正ってしづらいし、下あごも左右どちらかにずれてしまう。
目へ向かう神経が異常な緊張状態となって見え方が悪化する。
(視力低下でぼやけてみえる、ものが二重に見える、目を開け続けるのがつらく感じる、etc...)

頭部の上に位置する筋肉の中で、この側頭筋や咬筋などの下顎を上下させて噛む筋肉。
それだけ動きのパワーがでる筋肉が、固まってしまうと、遠位まで負担は広がりだして甚大な影響を及ぼしかねません。

頭蓋骨全体の縫合部分をずらし、縫合関節部分のスペースが詰められてきゅうきゅうになる。
この状態となれば、いくつものパーツとなる骨の組み合わせで球形を形作る頭部の骨の全体へとずれの影響は波及していくのです。


ではどうやって頬骨という骨の下で硬化や骨化している筋肉をアプローチすればいいのだろう。

現実的にこの部分へと刺激を適切に加えて緩めるために何ができるのか?


先日購入した下図のハンディなベン石温熱器を2つ同時に使うこと。


USB美容ベン石温熱器.png

それにより左右の側頭筋を挟み込んで緩ませることで、押さえの効いたリリース圧を加えることができます。


片側の側頭筋の凝り部分を温熱器として温めたベン石により挟み込むようにして、
持ち上げる刺激や、左右にグラインドを軽い圧で高速微振動か少し力を加え低速振動を加えるようにしていく。

すると単純に上から擦るだけではまったくリリースがおきない、
側頭筋が付着部以外の骨部分に癒着して骨化したものが緩みやすくなっていく。

そのやり方は、私が自分自身を実験台にして頭部をリリースしている映像を撮影しながら研究していった成果です。


リリース中に起きた反応は、当たった部分の骨の芯に来る感じに思えてしまう痛みも不快なものだったが、
このツールを使わなければ痛みが数倍から数十倍に感じられるのは必至で、
深く緩められる期待ができないリリースしかできないものです。

私もかつて自分のこの部分のしこりを痛みを我慢して解こうとしたが、
激痛で涙が出てもやり進めたが、その結果はこすれた皮膚が青あざか赤いあざができて、
一週間ほど風が吹いただけで痛さが続いたことがあったのです。
凝りは解けた形跡は微々たるもので、得たダメージが大きすぎて費用対効果のつり合いが取れません。
そういった実験は無数にしていて体調管理が大切だという思いは、そういうことにも耐えられるようにという感じです。


そのときとは違って、十分に耐えられる程度の不快感に落としてもゆるみが徐々に深まっていく。

ただ、解けていく量がしっかりとした変化を得たためか、
視神経に触れてぐらぐらになってみたり、
胃経絡のツボを当てて強めなくりかえし刺激をすることでの「おえっ・・・」と胃が気持ち悪くなって吐き気が出てみたり。

ただし終わったとき、目が開きやすくなったりはっきりものが見えだしました。
顎関節の軟骨の円盤状クッション部分が、いつもは詰まりがあって窮屈だったということに、
解けた後に気づけたのはよかったです。

そしてこの解き方は、
瞬間芸的にリリースされてまた戻るという薄い成果のものとは一線を画す。

そのドレスチェンジする感じは、首から上の場合は目立ちますから。



この側頭筋の異常な硬さを示すことで、脳を下支えする蝶形骨がずれだして地面との平衡を保ちづらくなる。
これも脳内の血のかたよりをもって脳部への悪影響をあたえることになるでしょう。




いまのコロナ禍という厳しいストレスが高まりつつある時期です。

こめかみの部分の凝りが強い場合はストレス抵抗力が下がります。
そして免疫力も落ちるといわれています。

緊張やストレスによる歯の食いしばり癖が側頭筋の筋硬化を作り出して、それがそのまま固まったのです。
そしてこの部分の硬さが全身への緊張を強いるような操作をしてしまう。

肉体的なストレス要因以上に、精神的なストレスは顔の表情に緊張を強いて食いしばりを作り、
側頭筋を緊張させてしまうようです。
なかには歯の矯正等により、かみ合わせがずれた感じの不快感から発展した人もおられます。
そうなると首の斜角筋が硬化緊張の度合いが高まって、頸動脈を圧迫してしまう結果を呼び起こします。
そういったことからも脳梗塞等の頭部のダメージが起きやすくなっているようでもあります。


できればそのような悪要因をきれいに手放して、
真の深いリラックスを得ることができるようになれるものか。
当分、日に10分ほどの短い時間、継続的に自分に施してみて変化の様子を見つめたいと思います。 


ちなみに
「側頭筋リリースの研究の過程で首筋の側面の筋肉がゆるむのか?!」
の答えは、アナトミートレインをご存知の方なら【サイドライン】の概念を理解されており、
緩むのは当然じゃん!とわかっておられることでしょう。


そうなんです。

逆に言えば、いくら首筋の横を丁寧にゆるめても、
側頭筋の硬化短縮状態があれば、首の凝りは消えてはくれない仕組みなのです。
そしてその首凝りから肩こりや背部痛が起きて不調を訴える方もおられるようです。

このような方の場合、側頭筋がしっかりリリースできなければ、
治療成績があまりよくないんです。
そのことは私もベン石温熱器を使ってお客様の側頭筋を緩めることを繰り返して実感してます。

posted by スズキ at 20:48| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然界が用意してくれているパワフルな生命力を高める「もの」を見いだせていますか?

ちょっと突飛な話かもしれませんが、
最近、【ミミズコンポスト】に関心があります。


みなさま、ご存じですか?


自宅で出る生ごみを、ミミズが生息しているボックスにいれておくと良質な堆肥に変えてくれる。
それで家庭ごみも減って、自宅のプランターで農作物を育てられる。
家庭ごみをゴミ収集車で運ばれて燃やすこともなく、環境にも優しい。


でも、、、
「えぇ〜、ミミズ?!なんか気持ち悪そう」と言われそうですね。 
^^;



自然界でミミズは落ち葉や腐食し始めた野菜等を食べて土を作る役割を持っています。
ミミズによって作り出された土は、堆肥として高額で取引されています。

なぜかといえば、ミミズ堆肥は、植物も力強く育ち、実も糖度が高くなるのです。
通常のスーパーマーケットで買ったプチトマトが糖度が7ぐらいだったら、
ほかの肥料で自宅で作ったものが糖度が8、
それがミミズの土で育てたものは9近くという驚くほどの甘さ。
そのような映像を見て驚きました。

「糖度が違う!!」

それは理想的な土の中の窒素、リン、カリウム等の成分が多く、根を傷めない。無臭で安全性が高い。
堆肥としてのバランスがこれ以上ないといえるほど絶妙。
他の作物で使ってもすばらしい農作物がとれるそうです。



昔、肥料がまかれずに自然農であったとき。
ミミズが雑草等を土に変えた畑で作った作物はおいしかったことを思い出します。



子供の時、福島の母の実家に行って食べさせてもらった自宅横にある自家用畑から採れたてのトマトやきゅうりは、
鮮度の違いもあった。
そして味のよさもあった。
農家ではないが、スーパー等で買いに行かなくてすむように作っていました。

そのとき肥料を買ってきてまいていたわけではなく、周囲にある雑草を刈ってそこらにおいて風よけをし、
自然にその雑草が腐りだしたところにミミズが集まって食べて堆肥に変えていく。
それだけで、おいしかった。
実はそれはミミズたちのおかげだったんですね。



ミミズの堆肥は、今現在でも最高級の堆肥として売られているほど高価です。
作る手間や時間など大変にかかりますが、それに見合った値で取引されるほどの魅力的な力強い土だからです。
人間の手で作った肥料もよく考えられてはいます。
そしてそういった人が作った人工物を畑に持ち込んだほうが手間がかからないし安価で手に入りやすいのです。

ですが自然界の、ずっとその土地をリサイクルし続けて、
持続的な生命が生き続けられる場所をつくる仕組みに根差した魅力には長けたところがありそうです。



そのような自然界にあった常識が忘れ去られて、
いまの人工的な肥料をまくという常識が普通に感じられるとき。
なにか大切な自然界からのプレゼントに気づく目をなくして、
それをみすみす受け取れなくなってしまったように感じました。


そのような見方の象徴を【ミミズコンポスト】から見いだせて、
ミミズのおかげで堆肥をつくるということに魅力を感じます。





人間にも人工的な人の力がおよぶことで身を立てる者たちと、
自然界の恩恵である自然界の準備してくれたものを見つけ出せて身を立てる者たち。


私は仕事の関係上と趣味もあって、
体の使い方を学ぶための本を、山のように読み込む、そして自主練をする、工夫しています。

そのようにしているときに、
自然界では生きるための準備を私に取り付けてくれたはずの力があったはずが、
それがいささかも働いてくれはしないのかという不思議さを感じてしまう。

新たな知恵を学び成長できる充実感はあるが、
自らの体の奥からの声が聞こえてこないままでいいのかという虚無感もあらわれてきます。
自らの内側は、先祖伝来の身体についての知恵を持っている。
自然界に沿って生きて、生き抜いた先輩たちの知恵が大量に私の遺伝子には書き込まれている。
はず、、、なのに、そこからの声が発せられないままでいる。


だから自然界の観察眼を磨きをかけていく末に、
外界の自然を見る目をいずれ、自分の身にも向けることができるようになるのかもしれません。
そのような期待感を持って、人工的な肥料もいいが自然界の仕組みにのっとったミミズが堆肥を作る姿を見る必要があると思えています。



自然界はミミズが堆肥をつくるという仕組みを作り出しており、
同様に人にも自身の体を他の施術者から配られる肥料ではなく、
自然界からさらなる生命力を輝かせるものが用意されているのでしょう。

そこに気づいていなければ、
いつまでたっても足元が不安で、心の不安定さにつながるはずです。

自然界が用意している野太い語り掛けの声を聴き、『それ』を取りに行くよう動いたなら。
いまの、私の体の使い方の勉強、それだけではなく施術の研究の様子は大きく様変わりをするでしょう。

そして今以上にしあわせを感じられるような仕事を作り出せるかもしれません。



私たちは医者や施術家や運動指導するものなどの接する機会のことで、
人の手から贈られる益が受け取れるのが常識化してきていて、
自然界が用意してくれている私たちの体の内部にある力が発動しづらくなっているのかもしれません。

他の動物の多くは先代がつちかった生きるための本能のプログラムが遺伝子情報レベルで受け渡されています。
その力のおかげで、
カラダを壊したらどう対処するか、
カラダの操作の効率の良い動き方をどうすべきか。
できているようです。
動き方も身のこなしがよくできるような操作法を知っている。
ゼロから組み上げるわけではなくて、
すでに組み込まれたかなりの完成度の高い操作プログラムが発動して動けています。

人間は生まれたての時は白紙だといわれます。
ですが実際は様々な本能的な操作を体が体得しているわけで、
その力を発現できている3歳児未満の動き方を観察することで、
様々な動き方のボディワークを研究している人たちは研究を深めています。





私は、ひとり考えるのですが、
私たちは動き方や体の再生の仕方など、他の野生動物がするようなレベルかそれ以上の英知を持っていて不思議はない。
ただそこへの目のつけ方を忘れ去ってしまい、自然界が用意してくれている。

その自然の道理をよく観察して理解し、一度はそれに沿って生きてみる。
人の手が加えられて自然を制御したあとのものから離れた元の自然をうまく価値をみいだしてみる。
元気な輝きレベルがさらに高くなり、生きごこちが増える、、、かもしれません。





ちなみに私が先年から勉強している中医学も【自然界の道理】を観察しています。
その観察でわかった抽出物を人体に当てはめて体系化しています。
自然界と人体との境界を隔てずに相関させたら、見えるものが出てきます。

自然界内にいる人体とみたとき現れる像は。
デラックスでしっくりカチッと来る見立になって、
目から鱗がごっそり落ちる気持ちよさがあります。

posted by スズキ at 14:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

首の深層の凝りは頸動脈を圧迫して、脳への血流阻害を起こす要素となります

先日は私がお世話になっています方が、
半年前、体調を崩され入院なさいました。

退院なさられたということで、お目にかかりにまいりました。
病状は重篤な状態であるとお伺いできたのみで、心配しておりました。

お会いして奥様から説明を受けてはじめてわかったのですが、
脳梗塞状態になり手術をなされたそうです。

ただ手術直後に優秀なリハビリテーションセンターに入院なされ、
お体の機能回復訓練室で一日に3時間みっちりリハビリしたそうです。

6か月間はカラダの機能回復のためのボーナスタイムといわれております。
このときにがんばることで状態が回復しやすいのです。

本人の努力と元々の心臓の強さをベースにして、
加えてリハビリテーションセンターの先生方のおかげで、
私がお会いしたときは言葉も聞き取りやすく、
健常側の半身は動きも自然な感じに見て取ることができました。


まさにこのような貴重な回復しやすい時期に、
タイミングよく信頼のおけるリハビリテーションセンターでお世話になられたというのは、
体調を崩された方が日頃から顔が広く仁徳に富んだお人柄から得られた奇跡だと思います。

そういう優秀なセンターは込み合うもので、
いざ、症状が出たといってもすぐにお世話になれることはありません。
私も、10数名の脳梗塞などを患われた方を存じ上げております。
このような幸運な方の話を聞いたことがありません。

 

これからもリハビリが続きますが、
おせわになられたリハビリテーションセンターなどとの関係性も維持しつつ、
がんばっていかれることと思います。

 

コロナ禍の入院は、やはり付き添い看病をしたい気持ちがあっても面会も難しかったといいます。

 

 

個人的な話をさせていただきますと、
私が脈診講座に通ったあと、脈診を日々自主練習するようになりました。

少しずつですが首で脈を読み取る感覚も身についてきて、
脳への血流の問題に気づきだしました。
そこからも現状の頸動脈の脈状にある問題から、
なんらかの将来的な予兆を感じる手ごたえを感じられるようになってきたように思います。

 

それもまずは私自身の身体を変化させていき、観察を詳細にしていくというところから見立てていきます。

 

私が自分自身にセルフで首回りの筋肉を緩めるのは、
はっきり言って、私がお客様にするリリースの1/20以下の精度です。
自身の首にチェックをいれるときは、
頭骨と尺骨を回内させなければなりません。
そうした瞬間にいつものチェックする感覚が消えて正確にその個所を把握する手が鈍るのです。

そしてそれにも増して問題ある個所は首筋ではありません。

実際は頚椎第一と後頭骨を結ぶ場面やその周囲の内部の奥にまで入り込んで硬化した凝りです。

この部分に隙間を作らない限り首筋をリリースしても戻るんですよね。
大幅に。。。

そのことをわかっているのでお客様の施術をするときには、
そこに直接手を出さない形でのリリースを遠隔から施しています。
それがあるから長い間、この個所のゆるみの変化が持続できて
そのような好都合な状態へと変化しやすいボーナスタイムが続きます。
その間に、お客様が、いまの現状よりももう一歩前へと、カラダの操作を進めることができます。
それは場合によって、大きな改善へのステップを押し上げるきっかけとなる土台となります。

ただこれも私が自分自身なすことが、容易ではないのです。。。
もちろん、やり方の基礎は自分で見つけだしたものですし、
そうするための複雑かつ大胆なノウハウをもっています。
だからある程度はできるのですが、
お客様への施術では必ずしているわずかな微調整が成されることがなければ、
それは難しいんですよね。

そのようなところも、不思議なほどセルフリリースの前後を脈状の変化で観ればわかるのです。

 

なので、どうやって自分で頚椎第一と後頭骨との隙間を適切に設けるか?


その命題をもって、様々な試行錯誤をしていました。

そして最も大きな変化を生みだせたやりかたは、
遠赤外線ドーム型サウナ、スマーティに入りながら、
バックストレッチャーを2〜3個同時に利用しつつ、
上半身を乗せて患部の距離を微調整させていくこと。
下半身が浮いたりずれがでないように、
そこに重しとなるものを乗せています。

「リストラティブ・ヨガ」の概念やノウハウを知っていれば、
私がしたことがどのようなことかはイメージできるかもしれません。

 

ただ長い時間、遠赤外線ドーム型サウナに入り続けて大量の汗をかき、
そのサウナが時間がくると自動的にスイッチオフになるのですが、
そのときに寝ていて風邪をひきやすくなってしまう状態になりながら。
粛々と前進していきました。


この度は、後頭骨に付着点を持つ棘上筋もリリースの範囲に入る筋肉で、
この部分が今までにないほど深々と解けたとき。
決まって起こる極度の歯茎の腫れや痛みました。
こればかりは歯医者に駆け込んでも痛みが消えるものではない。
非情な痛みでご飯を食べるのが苦痛になり、
ムリをして噛むと容易に歯が抜けるリスクがあります。
その激痛は耐えがたいものですが、理由を理解して変化の推移と今後の方針を立てることが大事です。


一般の方であれば、この時点でここから先へと足を踏み出せなくて、
元の以前あった肩甲骨の問題がでてしまう場所へと納めてしまうでしょう。
これではかえって手出しをしないほうがマシだというケースもでてきます。
着地地点を精度よく設定しない不用意な変化はカラダの芯にダメージを与えますから。
その不安定さは、既存のダメージが深刻であればあるほど改善とはいえない方向へと導かれますので。
自身の現状の把握が正確にできている方でなければ、
信頼できる先生方に依頼したほうがいいでしょう。

 

私も、お客様の首の脈詰まりを診るほどの精度ではありませんが、
私自身で自分の首は見ることができます。


チェックした結果
左首頚椎3番と頚椎4の横に出た張りが頸動脈の圧迫を強めて、
脳への血流阻害を起こしているのは確かです。
右利きのお客様に多いパターンですが、私もその部類に入ります。
ただ前傾での緊張した施術姿勢、それも長時間という負荷と、
左右の手を同量使えておらず右手負担が加重が高いため、
これを温存しておけばいずれは感情の爆発的なストレスがかかったら、
脳梗塞化した症状がでることも起こりうるとわかっています。

 

昨今、ベン石温熱器やスティック状のロングベン石で、お客様の頚椎を解けるようになってから、
その部位の硬化した筋膜の癒着パターンを複数見ていくうちにわかってきたことで、
首は胴体のように深層、中層、浅層といえる部分に多層化してわかれていて、
深層に通る動脈を圧迫する個所にしこりができやすい好発する場所があることが見て取ることができるようになってきました。

そして自分にもそれがあることを見つけました。
それも相応に根深いものです。
いまは私はだいぶ姿勢もマシになってきたのですが、
カラダが弱く虚弱だったときの私の姿勢はひどいものでした。
そのころの異常な緊張を伴って硬直し冷めた部分が首の深層にあるのを発見しました。
状態として、1から10で10がもっとも思わしくないという評かだとすると、
現状で「7」といえるような芯をみつけることができました。
それは頸動脈にかかる部分的にといえども、
非常にいやらしい部分で、すでにネガティブな状態に陥っているが、それに慣れているということです。

 

ただここで冷静にあたりを見渡せば、
一部の他のお客様のほうが、
現状の私よりもはるかに状態悪化が進んでいても脳梗塞状態へと発症していないのです。
だからすぐさま何かが起きるという確証もないのですが、
やはり気持ちのいいもので、放置するには忍びない。
時限装置がついた爆発物を抱えた感じがいたします。


ちなみに発症は頭部に余計な気が上がりすぎるというアンバランスが起きるときが危険です。
発症の契機が寒暖差のようなストレスのときもありますが、
それ以上に人間関係上の感情の衝突があるときに気が上に極端な量を上がろうとしても首で止められてしまって、
というときに甚大な影響が起こることが非常にケースとして発症した方にお話をお伺いすると多く見受けられます。

 

 

余談ですが(1)。
もしかしたらゴツコラを20枚ほど葉の枚数を大量に食べるようにすれば首にある深層の癒着パターンが変わるか?

ゴツコラの脳の状態を改善させるトリプトファンのような力が、
首の深層筋のアンバランスを整えることもあればと思いましたが、
そんなに道理を無視した都合のいいことは起きないものだとわかりましたし。。。 ^-^;

当初からゴツコラの利用は私の首等のリリースとの組み合わせによる相乗効果を狙っていました。
なのでゴツコラにはゴツコラの領分、施術には施術の領分というすみわけさせてごっちゃにしないことの大事さを感じます。

 

 

余談ですが(2)。
別の視点で、今後の脳へのダメージが社会的に加えられる傾向について。
世の中ではスマートフォンの通信規格が4Gから、
はるかに人体に影響を強いる5Gに移行しています。

これも、これから水ばかりの液体で構成された脳、
それも頭蓋骨というドーム型の脳への電磁波を芯にある小脳へ向けて反射させる構造です。

そこで起きている物理的ストレスから逃れようと思えば、
人の密集しない5Gアンテナが乱立しない地に引っ越すか、
そのような電磁波ストレスから身を守る対策をしていくことも考えていかなければなりません。
そこについて同業の施術をする先生方とも、いろいろ深い話を交わすことがあります。


ただ、そのような5Gが空間を満たして脳に電子レンジ状態を強いるという目に見えづらい発症リスクをいう前にしたい話。

 


やはり首のある特定場所に凝りがあって頸動脈を圧迫し脳への血流を低下させるパターンをもっている素養があると、
脳梗塞等のリスクは物理的に増えることはいわれております。
(それは首を私のように脈診するという個人技ではなく、首を流れる血流を図る計測器があるんです)


そして一度、脳梗塞を患うと、再発する方も多くおられます。
再発後のほうが、その後の統合失調の状態は重くなり、リハビリが格段にきついものとなります。


促通法や山元式新頭針療法など、こころづよい対処法もあるものの、
統合失調の状態があればカラダの片側が不自由さがでてアシンメトリーな姿勢維持が続くことで
かならずといえるほど深層に凝りができていくものです。
そしてその深層筋部分に動脈が通っているので、その部分に圧迫が増えて血液循環が全身的に悪化する傾向が増すと、
新たにまた発症するリスクがでてきてしまうでしょう。

またすでに発症してその後の期間を数年過ごしている方々のお体を見せていただいたとき、
8名ちゅう数名の首筋部分に肥大した首の深層筋の凝りを見つけることができました。
ただそのときは私のところへお通いいただいているお客様であった方々ではなく、
私自身が脳梗塞後の後遺症と、その後の経過や施術での対応法などに関心を持っており、
お願いしてお体をチェックさせていただいたということでした。

それは私がホットストーンやベン石温熱器を使う前で、そのときは首等に適切な対処ができなかった頃でした。
なのでチェックさせていただいて、
確かにその部位に問題になるコリがあると本人に気づいてもらっても。

「ごめんなさい。
 私には安全で的確に、この部位のリリースをさせていただく力がありません。
 できることなら私が日頃使っている遠赤外線ドーム型サウナを使うか、
 小豆のホットパックなどで患部を温めて硬化を進めさせないようにしてくださいませんか」

ということが、精一杯でした。
今まではそのような場所に、不穏な凝りがあるという存在に気づいていなかったから、
そこに気づいてこれから対処するよといっていただけた方もいて救われましたが。
一時は遠方まで足を運んでなったときのお話やカラダの様子を見せていただいてました。
話をして、うなづいて聞かせていただいたものの、
やはり、検査結果がでても対処法がないなら受ける側がつらくなるということに思います。
それからは、脳梗塞後遺症を持った方がおられてというときにも、
お話を聞かせてほしいという仲立ちを頼むこと刃しなくなりました。。。

 


ただこの度はコロナ禍での術後に入院しリハビリをなさった方のお話を目の当たりにお伺いして、
改めて首の筋肉の癒着をリリースできることの重要性を痛感しました。


リハビリテーションセンターで手厚いリハビリを受けられた運が非常に良かった方の話ですから、
よかったですねとうなづきながら聞かせていただけました。
ですがこのような幸運の持ち主は少なくなり、アメリカではすでに脳梗塞やその他の病で、
コロナ前なら助かっていた人が助けられなくなっているという統計がでています。


特に脳梗塞などは発症後に、どれだけ迅速な対応がおこなえるかどうか。
そこでのタイムロスは、命にもかかわりますし、その後の後遺症の軽重にもかかわってきます。
テレビでその話を聞いて、目に見えない陰で深刻なことが多数起きていることを痛感しました。


自身の頸動脈、できれば左右の頸動脈の流れの傾向性を把握すること。
(左右の頸動脈の血流は一様ではなく、その左右の流れの差から異常な様子を見分けます)
大事だなと思います。

そして同時に首の深部は、解き方によっては活殺点として活かしも殺しもするところなので。
その部分の凝りという、脳への血流阻害を起こす存在に気づいて、速やかに適切な対処をしてほしい。

お見舞いにいったときには、すでに発症してつらい思いをなさっているさなかですから、
そのようなことをいわれても混乱する時期です。
すでに日本で有数のリハビリテーションセンターでお世話になっておられるのです。
信頼関係がしっかりと構築されているところで、
前向きに今後もリハビリに取り組むとおっしゃられていて、
ほんとうによかったなと思いました。

私も自分が幾分か調べたことがあるとしても、
それはそれとして伏せておいたほうがいいのです。


いずれ退院をして日が経っていくにしたがい、
もしかしたら新たな現状の改善させる押し上げ法もあるかもしれないと思われるようなことがあれば、
私が今までだいぶそちらの施術での改善法は調べてきたのでお話させていただければと思っています。

 

ただ、そのようなことをうだうだ思う前に、
自分自身の不安部分を拭っておかなければ話になりません。

それもあって頚部のセルフリリース法を熱を入れて研究しています。


そのおかげで、自然界では起きないような大きな変化が私の首に加わって、
その変遷を制御しつつ受け入れて、新たな変更を加えるというサイクルに、
いまはかなり忙しく時間を使わせていただいております。

 
posted by スズキ at 18:06| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【深層NEWS : 強い倦怠感…“コロナ後遺症”の実態 BS日テレ】を見て

テレビから東京でコロナウイルス感染が過去最高と知りました。
増加傾向はとどまることなく続いています。

私には今後どのように推移するかはわかりません。。。

同時に陽性となった多くの方々は、回復しています。

そのコロナウイルスに感染したのちに陰性となったあと。
体内にはウイルスがいなくなったにもかかわらず、
後遺症として倦怠感などが残るというケースもあるようです。


いまは、私の施術をお受けいただいているお客様からコロナウイルス感染のお知らせはありません。
ですがこの先の、いざというときの備えとして、どのような後遺症があるかという内容は事前に知りたいところでもあります。


Tverをみていて、
たまたま見つけた以下のような番組がありました。

後遺症の様子も人それぞれです。
だから感染していない人が過剰に心配しすぎて気に病むことは、
精神を病むきっかけとなり、
免疫発揮の抑制を強いることにもなるでしょう。


適切かつ適度な注意を向けていくこと。
そのような大切さを感じました。



深層NEWS : 強い倦怠感…“コロナ後遺症”の実態 BS日テレ 12月4日(金)放送分 12月14日(月) 19:59 終了予定


https://tver.jp/corner/f0062865


新型コロナ後遺症患者の治療にあたる医師の平畑光一氏は、
「(症状が)重くなってくると歯ブラシを持ち上げるのもつらいという感じになる。
歯を磨くために風呂に入って浮力を使って手を動かすレベルになる方もいる」と指摘。
また、新型コロナ重症患者の治療にあたる讃井將満氏は、
「平畑先生のところに多くの患者さんが集まり、ほとんど寝ないで患者さんを見られている。
早急に全国各地で見ていただける体制作りをいま考えている」と述べた。
さらに、大隈和英厚生労働大臣政務官は、
「医療関係者や介護関係者の努力を、差別や偏見、誹謗中傷することはあってはならない。
いまこそONE TEAMに」と呼びかけた。


posted by スズキ at 02:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

猫にボウエンテクニック、効いたらいいですね。

私の施術をお受けいただいているお客様の中にも、猫、犬などを飼われている方も多くおられます。

私は人に対してのみの施術しかできないのか?

いえ、いえ。
そうでもないと思います。


ボウエンテクニック。


オーストラリアのGeelongで、Tom Bowen(1916-1982)が開発し1959年から1982年にわたってクリニックで施術に使用してきたテクニックです。
ボウエン・テクニックの無理な力を加えない優しい手技は、
身体を副交感神経が優位な状態に導き、
筋や腱の中にある固有受容器を刺激することにより身体全体の反応を促すことが現在ではわかっています。
身体の流動性は促進され、リラックスした状態で本来の機能を取り戻していきます。


https://www.japanbowen.com/


私もこちらの施術法を数年前に学び、
プラクティショナーとなっています。


私が念入りにこちらのテクニックをまっさきに練習させてもらったのは、
大井鹿島神社でのことでした。

当時、この神社には誰にでも人懐っこくすり寄ってくる大きなキジトラ猫がいます。

私自身、猫にかまれたり引っ掛かれた体験があって、
見ず知らずの猫に近づいてなでるのは、ほぼめずらしいことです。
そのような私にも人懐っこく近寄ってくる猫。
警戒心がないというよりも、笑顔が奇跡的なまでステキな猫。
そのような印象でした。

野良猫でノミがだいぶ盛んなもので、少しでも頭をなでればかゆみで大変なことになります。
ですがそれも、なんのその。
即効でかゆくなるノミに耐えつつ、
こちらの猫に習いたてのボウエンテクニックを一時間以上もしていた記憶があります。

ボウエンテクニックは、全身へのアプローチをおこないますので、
さまざまなところを触るものの、気持ちよさそうな目をしていて、
不快というよりくつろいでくれているのがつたわってきます。


このねこは多くの人に愛されていたことがわかります。
いまは、もうなんどこの神社にいってもいなくなってしまったので、
惜しむことですが他界したのかと思って手を合わさせていただいたことがあります。
いまも、会えばいつもボウエンテクニックを練習させてもらってたと思い出がよみがえってきます。

正直に言えば、
かわいい猫で、うちに連れて帰りたいと何度も思ったのですが。 ^-^;

多くの方々がエサをもって、この猫にあいにくる姿をみたら、
そのような勝手なことは許されません。




それが、私が人間以外にボウエンテクニックを念をいってさせていただいた貴重な体験でした。




先日、武蔵小山にあるとある保護猫カフェに行ってきました。
私のアメリカ在住のこころの施術の師匠も保護猫を飼っていたことがあり、
保護猫に関心があって近所の保護猫カフェをずいぶんはしごしたようです。
もしかして、ここにも来て遊んでたのかなと。。


ただ私のかつて引っ掛かれてこっぴどい目にあった子供のころのトラウマからか、
私から積極的に遊んであげようとアクションを起こさないため、
猫カフェの壁を温める感じになっていました。

そんななか比較的おとなしい今年5月に生まれた小さなチャトラ猫がいまして。
そちらの頭をなでつつ、楽しい時間を過ごしました。




そのとき「そういえば、大井鹿島神社のキジトラ猫にボウエンテクニックをさせてもらえてたな」と。

そのとき私には、いま、頭や首をなでている猫の体調はわからなかったのです。
あとでわかったのは、「てんかん」を症状として持つということでした。





私は中医学での診断法を勉強したものの、
猫の体調まではわかりません。

私の知り合いからは、獣医がYouTube映像で動物のてんかん症状について語るものがあり、
その映像を見せていただいたら、様々な先天的要件から後天的な怪我や衝撃等のダメージ、それだけでなく、
昨今では5G規格というスマートフォン用の電話の通信に使われる高い人工的な電磁波の影響が懸念されるとのことも。
その映像の解説はわかりやすい。

首と骨盤等の脳脊髄液の流れを改善させるためのセッションなどで、
もしかしたら人間のてんかんが改善する例があります。
保護猫カフェのチャトラ猫にボウエンテクニックをフルにさせていただくのは隔たりがあるものの、
そのチャトラ猫の健康な毎日を過ごしてもらえるような手伝いができるのかなと。


私と同期のプラクティショナーさんに、
ボウエンテクニックをプロで犬など動物に施している方がおられます。
それに私がボウエンテクニックを習った先生は、馬に施術しています。
動物へのセッションという分野もあって、7000円~からそれ以上のセッション費用をいただくものです。

ボウエンテクニックのセッションは、やさしく動物を癒すことができ、
同時に成果も高くあらわれることが知られています。
セッションを受ける動物も、本能的に自分に危害を加えられるものではないとわかり、
自然におとなしくなることが多いようですね。



ならば動物へのセッションは多く経験していない私でも、
チャトラ猫にボウエンテクニックで、もうちょっと深めにチャレンジさせてもらえれば。
なにか、いいかなと。

そのような思いを持ち帰った数日前でした。

またその保護猫カフェにいく機会があれば。



posted by スズキ at 19:55| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

私がゴツコラというハーブをいただいて、助けられた話です ^-^

自分の身体は食べたものによりつくられています。

それゆえに、いただくものを真剣吟味をする構えをもつことで、
効く食べものにもなりますし、食べ方や作り方により薬膳になります。


私には、ご縁を感じたものを深く掘り下げて調べ続けることで、
それを実用にまで取り入れていけるよう磨きをかけたい。
直感的にときめいたものかどうかが、ご縁の正体です。

ボディワークもそのひとつですが、
別なもののひとつとしてゴツコラ(和名:ツボクサ)というハーブがあります。


ゴツコラはさまざまな有益な成分が含まれています。
脳細胞の神経細胞を活性化させるとか、
高負荷のストレスを低減させるとか、
皮膚をきれいに再生するとか、
コラーゲン生成に画期的な効能を及ぼすとか。
他にもあげてみれば、きりがないほど。


個人的には、様々ある成果をすべて調べたいわけではなく、
一部の特定有効活用できる部分に着眼していきたいと考えています。
いまは、その特定部分について明言することは差し控えますが、
一点突破できるだけの力をもってゴツコラが迎えられるかどうか。
そのような試金石のようなものと考えています。。



ゴツコラというハーブは、研究対象として重視されているため、
古代インドのアーユルヴェーダ医が重要視してきたという経験医学的な推薦以外にも、
有効性を実験し立証するような科学的論文も多数見受けられるというハーブの中でも、
めずらしい位置に立つハーブです。


そんな薬効成分の高さを語られると同時に、
ミャンマー、タイなど東南アジアなどでは、安価で取り入れやすい安全性の高い葉物野菜という食材です。


ということで【長寿のハーブ<ゴツコラ>】の<食し方>を探っています。



●【鍋もの】に入れれば、ゴツコラの存在は気にならなくなり、見つけ出せない。


●【オートミール】に、水にお塩を加えて加熱したあとに、ゴツコラをいれると。
           少しシャキッと歯触りがあっていい感じに。


●たいがいの【スープ】に入れても問題なく、おいしくいただけます。


●【ジェノベーゼ + パスタ】のジェノベーゼソースに混ぜても、おいしくいただけます。

ゴツコラ+ジェノベーゼ.png

etc。。。



ゴツコラを栽培して増やすまでは、
ゴツコラをいただく機会が限られて数枚ずつ生でいただくことでしかできませんでした。
せり科独特の三つ葉のような味がするものを多めにとるのは、味的に問題がないだろうか?
そのような懸念は、すぐ払拭することができました。

結論として。
ゴツコラは、脇役の食材として邪魔にならずに、おいしくいただけます。
ゴツコラを工夫した食べ方、作り方によって、
薬効評価も変わるようです。



薬膳の見方で、他の食材の陰陽バランスや主要成分などとのかけ合わせに気遣うかどうかが、
ゴツコラの評価をサプリメントでとれば十分とされるにとどめられるか、
ゴツコラの評価を薬膳上で活躍できる有益な役割をもつ食材となるか。
二手に分かれてくるものだと思います。



ただゴツコラ栽培をする知人は、
「『ゴツコラだからおいしい!』と感動するようなメニューがないか?」を探ってくれている模様です。


そのような知人が、ガパオライスにゴツコラを入れるという試みをしております。


ガパオペーストをカルディで買ってきて、
ガパオライスをつくり、そのなかにゴツコラをいれるのです。
もちろん、おいしくいただけます。


ガパオペーストに入っているハーブは【ホーリーバジル】。
私が持っているメディカルハーブの本には副腎が疲れて体調悪化を起こしたときにお勧めのハーブと紹介されています。

実際は、ホーリーバジルといっても、数種の別があるため、どの種のホーリーバジルが最適なのかは書かれていなかったのですが、
検査も経て【副腎疲労症候群】だとお医者様に診断していただいたが、
なかなかそれに対しての治療が進まなくて困っているという方をみかけます。

そのような方々に、ぜひともといえるだけの日本人に対して試した実効性を語る資料がないものの、
ホーリーバジルに含まれる薬効成分は構造的に分析されており、
そのなかのひとつに【副腎疲労症候群】にもよさそうなものが含まれていることはわかります。

ホーリーバジルはアダプトゲンハーブの一種で、抗酸化作用も高く、
アーユルヴェーダを学ぶとよくもちいられる薬効の高いハーブのひとつです。

ゴツコラも、アーユルヴェーダでは貴重なものとして重視されています。

ハーブティとしてホーリーバジル(トゥルシー)とゴツコラをあわせていただくという取り方はよくもちいられ、
リラックス効果等たかい組み合わせとして知られています。
それに認知機能をあげるときにもこの組み合わせをよくもちいます。


ガパオライスとしてホーリーバジルとゴツコラを、うまくあわせていただく取り合わせをすること。
実際にトライしてみたときの写真は、、、取り忘れてまして、ご紹介できません。 ^-^;

観た感じ、まったくふつうのガパオライスです。
ですが双方の高い抗酸化作用と抗ストレス作用を協力させたものを食べて、
じぶんの身体をいま、つくっている。

これは基礎知識があればプラシーボ効果も狙える ^-^;
効率がいい自分自身のカラダづくりになるでしょう。

そのような実感を持てるものです。


ただ欲をいえば、
鮮度の高いゴツコラを調理するのですから、
ホーリーバジルも同様に鮮度の高いものをつかいたい。
新大久保のタイ食材店としてメジャーなアジアンスーパーに行って、
生の鮮度の高いホーリーバジルを手に入れることができればカラダの芯でくすぶる病を追い出すには、
薬効上も最強でしょう。

そういうのも、試してみたいですね。




余談ですが、
テレビの楽天のコマーシャルだったと思いますが、
お部屋で楽しめるポータブルサウナの写真がでてました。

以前、私が母の介護疲れが元で体調を崩した数年前、
復調するためにこのようなサウナがとても役立ちました。
もしこれがなかったらと考えると、ぞっとします。

体調悪化の一時は、沈脈かつ脈が跳び、舌診や腹診でも深刻な危険を訴えていたのです。

いまも当時の舌を診るために写真を撮ったものが残っています。
地図状舌の深刻さも根深いものが伝わってきます。
それに悲痛な表情も。。。

つらさが先立つと生きてる感じがなかったものでしたが、
凝り性な私は、つぶれかけた自分のカラダという存在を
薄暗い部屋からどうにか息がつける外に出してあげたい。

そのようにするにはどのような方法があるのか?
知りたいと思いました。

ただこのサウナを使ってのみ回復できたわけではなく、
その前から私はアダプトゲンハーブや薬効あるハーブについて調べだし、
主要な40点ほどのハーブを入手していたのです。
それらを有効活用しながら復調を図ったのです。

自分のカラダの不調には、病院にいってもダメなものだとわかっていましたので。
かなりシビアな駆け引きをハーブ摂取に賭けていました。


ただそのときに入手していたゴツコラは、マダガスカル産の乾燥ハーブ。
目立った薬効をそこでは感じ取ることはできませんでした。
それよりもはるかにシャタバリというハーブのほうに、なにかを感じました。

体調悪化は、容易には収まらず沈脈かつ脈が跳び、舌診や腹診でも深刻な危険は続きます。


ですがどうにかこうにかゴツコラの生のものを手に入れられてから、
ポータブルサウナに入る。

ゴツコラの心臓を鼓舞する力が効くのでしょう。

そのようにすると、カラダの内側の毒素のたまりのようなものが排泄され、
徐々に改善し、回復していくことを感じ取ることがありました。

ただゴツコラの生のものが貴重過ぎるほど貴重だったから、
ぞんぶんにそれを活用することができませんでしたもので。


ポータブルサウナに入るだけでは当時の自分の芯に沈んで定着した病の排毒には甘いと実感していました。
それは体調の記録推移をみればわかります。

それからもひとり、なにかいい手はないかと持ち手のなかで探りました。

数週間かけて研究実験し、
カッピング(吸い玉)をしつつサウナに入ると、
皮下の代謝が数倍以上跳ね上がることを見つけ出しました。

それをベースにして貴重なゴツコラを生食でいただくことで、
だいぶんうまいこといくようになっていったのです。


こちらが、当時の私にはよく効きました!!


そうやって自分なりの自由な発想のうえ、
カラダの状態を復調させることができた。
ゴツコラに助けられたことがあります。

ただその当時はあまり食材としてはゴツコラをとらえていくほど、
手持ちのゴツコラを用意できなかったので料理への利用は考えていませんでした。



2015年に見た「ランチのあっこちゃん」というドラマに名言がありました。


ランチのアッコちゃん Lunch no Akko chan 2015 Ep1 日本ドラマ

「生き方を変えたいなら。
 まず、食べものを変えなさい」



この言葉通り、食べものをどう変えるかで、
自分のカラダつくりを支えることもできるはずです。

私がまだ知らない、これからの楽しみながらのカラダの養い方。

探っていこうと思います。
posted by スズキ at 11:42| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

「寝る間を惜しんでオリジナルの施術を、研究し、実践してきてよかった!」そう、実感しました

先日の施術のこと。

たいへんにありがたいことに遠方から長年にわたりご夫婦でお越しいただいているお客様がおられます。


奥様のお身体について詳細なことは、守秘義務上、お伝え出来ないことをご了承ください。




奥様が施術をお受けいただき、ご主人は隣室で施術が終わるのを待っていています。
ご主人が奥様への愛情深い。
それで奥様のケアをしておられます。

私もそれをお伺いしていますから、
奥様の現状に即した「今、ここ!」アプローチをしたら効果大という部分があれば、
隣のご主人に来てもらってその対処をお願いさせていただきます。
日頃の奥様のカラダメンテのリリースケアに習熟しておられるため、
一般の方ではとまどうだろうことをお伝えしても呑み込みが早いので助かっています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『筋膜のレコード』
筋膜がいったん、必要に応じて委縮したり短縮したり、捻じれるなど異常をえたとき。
その状態が、特に感情とミックスしてた場合は、とことんしつこく残ります。
ときとしてそのときの後々の一生涯まで異常な筋肉状態を継続し、
それが全身の筋骨格上の主要関節をずらして骨格の全体にかかわる位置のずれにつながります。

そしてその状態が
股関節(膝関節・足首関節)、恥骨結合、
肩関節(肘関節・手首関節)、胸鎖関節、
仙腸関節、後頭骨、椎間関節等に関する縫合部などに深刻な状態を与えれば、
【気血津液の流れが停滞による体質上の悪影響が】現れてきます。

もちろんそこには、
胸郭変位による肺や心臓の稼働異常
マッスルポンプのパワー不足による影響
リンパ節の詰まり(特に鎖骨角リンパ節)

または左右の手で脈を診るとわかる気血津液の状態理解を筆頭とする、
カラダの全身の動脈でチェックできるその人の左右の内側を流れる液の状態を観ること。
そこからは上述した部分の状態の良し悪しが如実に表現されて読み取れることになります。

以前は足首に至る脳脊髄液の流れで、それを観ていたのですが、
動脈の脈で診た首、足首、鼠径部、手首、腋下動脈などで観たら貴重極まりない情報量が抜群に増えたのです。

全身の脈を診ることでカラダの内部の液の流れや分配などがどうであるか。
そこにこそ、皮膚の表面から見てもいささかも読み取れない情報があるはず。
または高価な検査機器がなくても、私の脈の読み取り精度を高めるよう日々訓練した指先の出番があるだろう。

体質上の問題を抱えた人に多くある『左右の腕の脈に左側が弱まる』という異常に気付いて。
そして左側が弱い人は、意外に大病につながるケースがあるようなので、その理由を手だけではなく、
全身の他の部位にある左右の脈でチェックすることで情報が得られるのではないかと着眼したのです。

そうだと感じながら脈診をさせていただきました。
手首の脈を診るときには、ついつい脈診講座のときの癖で、意識を集中している姿勢で脈を診ますが、
他の足首や頚部、鼠径部、脇下の動脈、その他の左右の脈を診るときは、
主に脈圧と浮沈など他数点に着目してチェックしています。
それは触れた瞬間か長くて3〜5秒もあればわかります。
なのでお客様自身は、脈を診られているという感じは皆無でしょう。

でも意図的にそうやって全身の内側の重要な液の流れの阻害された状態がないかをチェックしており、
そのときに阻害が見つかれば液の停滞をさせる個所を見つけ出していきます。

ただし手痛い!といえるような停滞感ある場所が簡単に見つかるものではありません。

それはたいていお客様が訴えかける痛みが出る不快な場所にはそれはないんですよね。
まったくそこには火元がない、といってもいい。
運悪くその火元ではない部分に、不要なアプローチをしてしまったときには、
悪化させる火に油を注ぐようなことになる。
改善はステップを踏んだ積み将棋のようなもので起こります。
ただ悪化は誤った手を打てば一瞬のうちに深刻化していきます。
自己研鑽が進んでいない方がおこなう判断ではときどき起こる怖いことです。
よい施術をする者は、つねにこの悪化させる手だけは打たないことを優先に考えつくしています。




だからお客様が必死にここが痛いから解いてほしいといわれる『主訴』ですが、
お客様がわからない筋連関、経絡の流れ、神経の状態、周囲組織の様子、その他、20ほどの情報を見ています。

施術をする私が理解できれば、積み将棋をして王手することができますから、
そのときどきのステップを解説することはしません。
多くは自身のネガティブな部分を克明に伝えられれば気分が悪くなりますし、
そこを知らなかったとしても、知らぬ間に不都合を私が取り除いているので。


お客様からその場の説明を求められたり、
お客様にとりあえずその後の改善が持続的にしていってもらえるような念押しをアンカーとして置く場合、
もっとも一般の方もわかりやすい筋連関の概要にかこつけて説明をさせていただきます。
すべてのもろもろを説明するには既得知識が同じ量かそれ以上でなければ、
体内に内在する公式が複雑に複数散在するものです。
そのような解説を受けとるためにお客様は来ているわけではありませんので、
そこはかなりしぼります。

私たちの施術は科学的ではない見えない部分も多数ありますが、
だからといって科学的な見方を放棄して分析をあきらめていいわけではありません。


そしてそのなかでも私にとって大きな変革をあたえていただいたのが、全身の脈状を診るということでした。
私のブログを読んで左右の手の脈を診て状態の違いを感じているという内容が書かれたところがあると思います。
左右の脈の異常は以前からも気にはなっていたのです。

私の脈診についての理解は、
去年の夏ごろでしょうか。
自分で少しずつブログに書きだし解説しだしたときがあり、
そのときに脈診の本をより深く読み込んだという経過があります。

そこで得た脈診の力が少しずつ定着して思考しやすくなりました。

その情報に基づいて見ていく。
そして私の施術で使えるように落とし込んでいったわけです。
多くの体内のチェック法を勉強してきたなかでも、
私の施術との相性が抜群によくて歯車がかみ合ったのですね。


ただしベン石温熱器を使えてなかったら、
体内の液を視れていたとしても、
そこへの改善を加える有効打は打てていなかったでしょう。

特に私が柄の長いベン石温熱器を手にし、
それを用いての施術をはじめたときから飛躍しました。


柄の長いベン石温熱器をもちいたとき、
同業者が私のベン石のヘッド部分を動かすアクションを視れば、
その意味はわかるかもしれません。
今までの私がしていた筋膜リリース法とは別のレベルでの作業を意図して成しています。

通常であれば一手打つ手を出すときに、
2〜3〜5手の手をだす作業を一手でしているのです。

ベン石を加温しての施術ではそれが他の手に比較して大幅に起こりづらいという特性があります。
これは私自身、多数のホットストーンやマッサージ用のグッズをもちいてわかったことです。

ただし一手でのベン石温熱器をもって擦るような作業を直線的か曲線的に成すときには、
お客様は直感的にその刺激に対して加えられた圧に抵抗しようとする皮膚抵抗が高まり、
後々にまでリリース作業の成果は残らずに元へと戻る恒常性に飲み込まれていきます。
ベン石温熱器を用いた場合で一手で処理しようとすると、他の石やグッズと比べれば非常に成績がいいものの、、、
ベン石でもかなりの戻りがあります。


それが2〜3〜5手の手順を一手に含めてだす作業を一手でする場合。
その一手を施す手の内に2手〜3手〜5手をいれる手数は、
お客様の体内の状況は千差万別で、それに応じます。
そしてそれは脈がわかるだけで当てられる手ではなく、
いままでの私の手を磨いた複数の技術が封入されています。

だから解けるのか、というと、そこをベースにして、
もうひとつ、大きな成果をだす構成要素として指摘すべきところがあります。

お客様自身の反応として全身を固めて抵抗をするという手も打てるのではないかと思っていましたが、
ベン石を加温しての施術ではそれが他の手に比較して大幅に起こりづらいという特性から、
そこは抑えられている。
そしてそれ以上に体内の問題になる個所を浄化させる一瞬のうちに生じていく変化が大きい。
それは私がお客様の体内の流れを把握して正常化させるための道筋を読み込んで描くからもあります。

お客様の無意識下では逐次、大味な一手に対しては、皮膚抵抗による刺激を跳ね返す抵抗を打てるのです。
それがエフェクティブに方向や圧や角度やとらえられる個所が一手のうちに順々に変えられる場合には、
効率よく皮膚抵抗という外部からの侵入を遮断して身を守ろうとする門番機能が即応できないようになる。
そのようになるという仮説をもって検証してきました。
意図的にそういった状況をそこに作り出しているのですが、
その部分が大きく加味されていると感じられます。


ただこの一手を施す数秒の手順内に複数の手を打つということが、やってみると、いかに難しいことか。。。
お客様自身のカラダの変化が大きいということは、
勝手にそれがおこっていく自律神経系のリセットを自身でなしていただく場合は、
施術者の私には楽なのです。

ですが適切で深層部筋までを含んだ筋膜リリースを用いてのときは場合が違います。
お客様自身のカラダの変化が大きいということは、一瞬にして、その内側の液の流れが変えられます。
積み将棋で積んでいく手を、相手の指向や状況、思念を読みながらでなければ、打ち出せません。
そのような脳内作業ストレスが、今までの何十倍もかかってショートする感じです。
体技としての難易度も上がり心が折れるほどの異様な集中力を必要とするのです。
お客様との話をしながらの施術もできず、
私の目線はどこか別の方向を見ているときがありますが、
そのときは高速に3次元的なお客様の状態の図を脳内に描いて覗いています。
全身と部分に関連して順次、虫の目と鳥の目で交互に体内をみていくのですが、
そのときの筋腱靭帯の硬度や張りや乾き具合や冷え具合、骨のずれ、などを皮膚の表面から内部の骨や臓器の位置に至るまで。
そのうえで一手を施すときに入れる手数が決まってきます。

それは今まで以上に精度が高く全身の脈で液の状態で情報を得られるためしやすくなってきたのですが、
今まで以上に、『人の身体は誰とて同じではなく、千差万別である』という気づきをあたえるものはなかったです。

人体のものの見え方が、
アライメント異常を柱や梁や壁や床を治すということをメインに考えてきて建物を管理する役割と感じていたものが、
人体を液状と見えだしたときに、別のレベルで人体のしくみが見えて、感じられてきたようです。
野口体操の野口三千三先生の本に、人体を液の視点で見渡している様子がうかがえていましたが、
いま、ようやくその意味が少しだけでありますが見えた手ごたえを感じています。


ただこのような多大な見立ての再構築や施術法のすべては私の内側にあるものをアウトプットするもので、
そのヒントはあるものの直接的な指導署などは見当たりません。

それが今の施術をする私自身の身を、拘束して固めていきます。



たぶんに大幅に深層の邪気がある部位に触れているので、
それに私が深く当てられて体調を崩すという場面もあります。
そこは施術後に近くの小山八幡様での気の浄化で和らげるのですが、
それでもリセットができないほど。
それはつらくもあり、ただし何かが生み出されている証拠でもある。

なのでそれぶんも含めて、お客様の内部的な邪気の浄化が起きている感覚があります。



その結果が、ここ2カ月ほどのお客様のカラダの変化は一様に施術成果がいい。


そして冒頭でお話をさせていただきましたお客様からも、
前回からか、明らかにうちの奥さんの状態が良くなったよ!」とおっしゃっていただけました。



かなり自分の首を絞め心臓をバクバク言わせ息を切らせつつ必死にペダルをこいでいる状況。

その言葉は、奥様の中で起きた状態変化の結果報告ですが、
同時に私にとって声援をしていただけたようにも受け取っていました。


ふだん、それほどほめられることもないので、本当にうれしいものです。 



そんなとき施術をたゆまずにまじめに独自の研究してきてよかったと思います。
私の施術のやり方は、効率が悪い愚直なまでのやり方に映るかもしれませんが、
そこには数多くのお客様と接することで歩んでノウハウを蓄積してきた経験値と、
基礎知識を孤独なまでに積み上げてきた時間と研究の成果がつまっています。


他のお客様方の体内状況からも、
全身の体内の流れる液状の状況を読み取ると、
以前以上に継続的な変化が見受けられています。
そのときの脈状はメモをとりながらする時間を割くのは膨大なものとなるため数値化して遺しているものではありません。
ですが、いつかサンプル的にそのよな変化を調べてみたいと思っています。



さらなる研究をし始めているのです。




私がコロナ対策による臨時休業を決めたのは、

今年、癌で他界される直前までお見えいただいていたお客様がおられ、
コロナの影響で患ったときの特別なつらさを感じていたとのこと。
また先月に私の同年代のいとこが癌で他界したときも、そうでした。

コロナの影響で通常の病院での医療対応が困難になることで、
少なからず命が削られてしまった場面を体験なさっていたといいます。
またそのようなときを察することができます。

私としてはコロナの影響が増すことで医療崩壊状態が起きて、
多くの即、対応を求めたいという方々の苦境を。
病院で働く方々ほどではないにせよ、
直接触れて聞くことも多くあります。

そのような方々の気持ちによりそう自分なりのできることが、
施術の臨時休業というのは本末転倒ということもあるでしょう。
でもちいさな一手を、自分なりに出していきたいと思うには十分のことを、
他界したお客様からもうかがっています。
本当に悔し涙を流してのことです。





今後の日本の行く先が、どのような着地点を見つけられるかは私たちの行動と流れ次第です。

私もせっかく構築してきた私の唯一の強みが発揮できなくなった状況がいつまで続くかわかりません。
そうなれば一流企業並みの体力はないので施術院としての継続は危ういことになるでしょう。


ただ施術で接することができなくなったとしても、
別の手段でお客様とかかわれることも考えだして、
いまの自分の手持ちの力でできることを積極的にやっていく変化の時代がきたのだと感じています。


 

ですがたったいまは、私自身の自分のからだづくりから。

テーマとして「」に必要な上述の施術法の磨きをかけるのは継続します。

そして同時並行的に「」と同音で同価値である「」に気遣いつつ、
自身のカラダのパーツごとの要素を磨いて、
新たな発見を楽しみたいと思います。

 
posted by スズキ at 09:24| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

書籍紹介:【真鍋立夫先生との往復書翰 脈診からの漢方エキス剤 Kindle版】お医者様が書いた専門的な漢方の臨床本がKindoleで無料でした

中医学への関心をもってkindleで脈診と漢方について調べていたら。。。
以下の本を探し当てられました。



はじめにお断りしておきますが、
脈診や舌診・腹診・問診そして漢方薬の具体的名称などが散見される専門書です。
それらの既得知識が不十分であれば目を通しても、理解が難しいでしょう。


ただ私にとって、これほど貴重な情報が詰まった本が無料で手に入るというのは
ありがたいと同時に驚きでした。



本文中にところどころ図表が挿入されております。
それらをチェックすると、私が知らなかった知識も多く紹介されています。

そして具体的な症例が多数紹介してあります。
私には実際に四診(脈診・舌診・腹診・問診)で診断する過程が描かれていることで、
箇条書き的に四診のしかたを紹介した本などでは得られない臨床を横から覗かせていただいた気持ちになります。
その意味でも、たいへんにすばらしい本のように感じました。

こちらの本は 1000ページ近い厚みある本です。
私は精読はまだできていませんが、時間を見て読んでみる予定です。
和漢等を学ばれている方は特に参考になるのではないでしょうか?





真鍋立夫先生との往復書翰 脈診からの漢方エキス剤 Kindle版
石川晶三 (著)


この症状、この病名にはこの漢方エキス剤、西洋医としてそんな対症療法をしてきました。もう少し根拠を持って漢方エキス剤を選んであげたい。五臓六腑のどこに気血水のどのような問題があるからこの漢方エキス剤が効くのではないか、そんな対証療法をするために苦労してきた私の軌跡を綴ってみることにしました。基礎編は私のような西洋医にも興味深く読んでいただけるように症例を大切にしています。臨床編には100例ほどのかぜ診療をとりあげました。『傷寒論』から学び、どのような漢方エキス剤を選んだのか、参考にしていただけたら幸いです。


目次

目次の抜粋
基礎編
 日本漢方と中医学の違いについて
 六経弁証を大切にしている日本漢方
 虚熱という概念について
 気虚と陽虚はなにが違うのでしょう
 五臓の相剋関係とはなに
 脈診はむずかしそうですが
 生薬の豆知識
 よくつかう漢方エキス剤の特徴
 東洋医学的な問診票をつくりましょう
 陽気が不足するとどんな症状になるのか
  冷え・下痢・頻尿・かぜをひきやすい
 陰液が不足するとどんな症状になるのか
  火照り・口渇・動悸・不眠・めまい・寝汗・イライラ
臨床編―『傷寒論』によるかぜ診療
 六経弁証について
 二病期の合病・併病とはなに
 かぜ(61症例)
 咽頭痛(7症例)
 咳(15症例)
 頭痛(8症例)
 インフルエンザ(8症例)
 かぜに抗生物質をつかいますか
posted by スズキ at 10:39| Comment(0) | 中医学診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

コロナ対策による臨時休業中は、山あり谷ありですがゴツコラを食してクリエイティブな室内作業をしています

ハーブによる健康増進や、効果的な能力発揮など。
私の個人的な植物栽培の趣味にも通じることですが。

食べるIQ」といわれIQ及びEQアップも期待できる
ゴツコラ(和名:ツボクサ)というハーブをプランターで栽培しています。


このハーブは虫に食べられる被害が少ないのです。
せり科のハーブで虫が好むものではないのかと安心して育てていたところ、
昨日、驚いたことに、60本ほどある葉の半分を、
ごっそりと葉の部分のみ食べられました。


昨日まであったものが、
いきなりおいしそうな葉の部分のみ食べられており、
葉のない茎ばかりが寂しく立っている様子を見ると。
サルが、果樹栽培する農家の畑を荒らすときに、
おいしいところだけ一口だけ食べて、ポイするときの印象がダブりました。

ショックに目が点になりながら、この時期になると虫たちも食べ物がなくなり、
普段は食べないハーブまで食べることを知りました。
ゴツコラを栽培するものにとって危険な時期です。。。



そうなると、困ったことが出てきます。

コロナ対策による臨時休業中の私の予定として。
施術のご予約を受付をさせていただけない時間を遊行ばかりに当てるわけではなく
長時間をかけてこなさないとならないコアな作業をする予定を組んでおりました。
そこで創造力と集中力を高めたうえでの成果を期待しています。


そうするための起爆剤に、ゴツコラを、このタイミングで量をいただこうと考えていました。

生のハーブのゴツコラを10枚近くとると、私自身の経験上、明らかに発想力や集中力があがります。
普段、思い出せない疎遠な芸能人の名前なども、ゴツコラを適宜、自分に合った量をとると思い出せます。
特に疲れてくると自分に関係ない芸能人の名前や疎遠となっている知人の名前などはでてこなくなります。
でも、それもまた、ポンッとヴィジュアル付きで名前が思い出せたときの快感は半端ではありません。

そういったことが不思議におもえるも、
それはトリテルペノイドという脳の神経を刺激する成分が含まれているので、当然のことです。


ゴツコラを与えられたモルモットは、ゴツコラを与えられなかったモルモットに比べて、「脳の神経細胞の突起が7倍」に。
騒音をネズミに聞かせてストレスをかけても、過剰な反応をしめすことがない「抗ストレス」からくることでしょう。
ゴツコラの実験はかなり科学的になされておりますから、そのようなデータは英文を含めかなり出そろっているのです。
それらを数か月、調べぬきましたから。 ^-^


私自身を用いた人体実験でも、ゴツコラを食べた週と、食べなかった週など、自己実験をする上で、
作業効率が驚くほど違ってきた様子がうかがえました。
そうしてさらにゴツコラへの信頼をあげていったさなかです。

ただゴツコラの効きの実験をするとき以外の普段の日は、
豪勢に10枚も葉を食べられずに、
節約モードで効果がさほど感じられないがとらないよりはマシ程度の2枚ほどでがまんしていました。

そうしてまで貴重品として育てていたゴツコラを、虫に食べられたとき。
笑うしかない感じでした。 -.-;


ゴツコラ栽培のプランターは、
臨時休業中におこなう予定の作業が積まれている私には、成果を引っ張り出す強力な武器にするつもりでした。




ただ、そのような折でも運よくゴツコラを私同様に栽培している知人の助けもあり、
その苦境から脱して、ゴツコラの量が確保ができ昨日からいただけるようになりました。


それで昨日は、ホーリーバジルというアダプトゲンハーブを使ったガパオライスにゴツコラを混ぜていただきました。^-^
カルディでガパオペーストを買ってきてつくれるので手軽にいただけます。
ひじょうにおいしかったですよ。


いまの時代、抗ストレス作用があるゴツコラをいただいて、
過剰にストレスを感じなくて済むように過ごすことも大事な心身ともに関係する自衛になると思います。
そういった意味でも、抗ストレス効果が期待できる何らかのハーブをいただくことは、
理にかなったことのように感じられてなりません。

posted by スズキ at 15:23| Comment(0) | アダプトゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする