2020年09月22日

【驚きました!】いまだかつてない異常気象。私が思ってもみなかったところにも、その原因の一端があるのかも。。。

ここ数年の異常気象。
それが地球の正常な寒暖のサイクルからくるものかどうか、
私には判断しかねていました。

私ひとりが感じる地球環境の異変ではありません。

誰もが、なんだか妙なことが起きて、
それはこれからも止むことがないような気がしているようです。
決して楽観することができないまま、
異常気象に順応して生きていくしかないと考えだしています。

過酷な現実です。

気候変動は、自律神経の乱れがきている方々には、
体調不良を感じさせる主たる要因にもなっています。

寒暖差アレルギーも、
低気圧がもたらす鬱傾向も、
カラダの関節が節々より神経に響く発痛も。



なぜ、このような事態が引き起こされたのでしょうか?

詳しいことは私にはわかりませんが、
たまたまYouTubeのお勧めに表示された映像を観て、
水の流れを水源でせき止めたからか?
という仮説を持ちたくなる気持ちがわいてきました。。。


水源といえば。
たとえば、
神田川で言えば井の頭池が源流です。
あまり知られないところでは、
私の目の前の立会川(西小山周辺は暗渠)なら碑文谷池や碑文谷八幡周辺が源流です。

私の友人に『聖なる川の水源・源流』を大事に考えている方がいます。
彼のFacebookには、彼が愛してやまないその地の写真や動画が多数掲載されています。

水源は神聖な聖地で、人の手でそれを支配すべきではない。
私の友人なら、決まって、そういわれることでしょう。



地球上で最大面積を誇るアジア大陸。
その多くの大河の源流は「チベット高原」が源流です。

チベット高原から起こる河川をWikipediaより具体的に述べれば。

『黄河の上流部のマチュ河、長江(揚子江)の上流部のディチュ河、
 メコン河、サルウィン川(怒江)、インダス川、
 ガンジス川の上流ヤルンツァンポ河など国際河川の単一水源では世界最大級である。
 しかし、中国が初の大型水力発電所である蔵木水力発電所(英語版)など
 ダムを建設していることが国際問題となっている[1][2]。 』


「三峡ダムって最近ニュースでよく取り上げられてるけど、それって?」と疑問に持っている方は、
下にエンベッドした映像をご覧ください。


https://youtu.be/8WbJmRq-Mic
チベット活動家 マウラ・モイナハン氏インタビュー アジアの水を武器化する中共 三峡ダムに絡むチベット問題とは


映像内で語るチベット活動家 マウラ・モイナハン氏のいうことに理があるならば。。。

中国が水源付近の木々を多量に伐採し、
多数のダムを造り水をせき止めたことにより、
山から河川を通り海に流れつく水の循環が滞らせたため。

地球レベルの、気候変動を引き起こす引き金を引いたことになっていたとすれば。。。


人体で言えば、血液や津液などの体液が全身をくまなく滞りなく循環することが健康の条件だ。
それは地球も。
人の手で乱されることで滞ることなく水の循環がある自然が健康の条件でしょう。
人体は、血液の流れが悪化すれば、栄養不足も起こるし、細胞の癌化の歯止めがかからなくなる。
つまり弱った体になってしまい病んでいくのです。
地球も、水の循環が自然状態とは異なる状態という悪化が起これば、
健康な状態を保つ恒常性も乱れてしまうことになる原因にもなりかねないと、
体液の代謝の滞りによる人体の弱化になぞらえてみれば思えてくるだろう。
日本の今年の夏、いまだかつてないコースを台風が通り、異常な人体にとって危険な暑さだった。

もしもチベット高原の水源をせき止めたつけが出てきた気候変動ならば、
一度作ったダムを取り壊すことも困難であるし、
ダムを取り壊しても元あった通りの環境に戻すことはさらなる困難さがあるといいます。



いままでテレビやネットのニュースなどで「三峡ダムが決壊する恐れあり」との報道で、
対岸の火事のように感じていた。
長江中流の三峡の地ですから、私の住む町には影響はないのだろう、、、と。

それは私の認識の甘さからきたのんきで浅はかな考えでした。

三峡ダムが決壊にまで追いやられる異常な状態は、
それはアジアの大型河川の多くの水がダムで堰き止められたことによる影響の象徴。
すでに地球規模での水の循環が乱れ、状態悪化が進行したという意味を含んでいるように思えました。



もしもチベット高原を源流に持つ河川のダムが現状の異常気象に引き金となるならば。
いままでの記録になかった気象現象が、今後も収まることがないということなのだろうか。

チベット活動家の方の意見も貴重です。
ただできれば良心を持った学識経験者の先生方に、
科学的な検証をしていただけないだろうか。
調査にもお金は必要だし時間もかかると思いますが、
原因が究明されなければ、対策の取りようもないし、
地球環境悪化の主要原因のひとつであれば、
これ以上のダム建設はやめてほしいと強く主張したい。
それに私が主張する前に、地球崩壊の引き金を引いていると現状を明白に自覚できたら、
私がなにかいうような必要もないと思います。

自分が住んでいるマンション火災が起きていることを知ったようなものです。
そのまま燃え続ければ、やがて自分の身も亡ぼすこととなるとわかれば、
火消し側に回ってくれると期待します。



実際問題として、どういうものか。
知りたくないですか?



もし仮に異常気象の引き金がそこからの影響ならば、
今後も続く厳しい地球レベルの環境変動に、私たちの体調維持ができるかどうか。
健康状態が良好ならば、今後もある程度は耐えられるでしょう。
でも、ひとたび体調不良となれば、
さらなる過酷な気候変動に体がついていけず、
命が短くなることも。

そう考えれば、切実です。
posted by スズキ at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする