2020年06月19日

呼吸法以前の話、呼吸と伸長収縮する背骨のこと。

「息を吸うときには、
 背骨は伸びるでしょうか?
 それとも縮むでしょうか?」


お客様に、そのような質問をさせていただいたことがあります。
 
そのとき、
「背骨が縮んでは息を吸いづらくなるでしょうから、背骨を伸ばして息を吸うんでしょう!」

と回答をいただくことがあります。



ざんねん。 ^-^;



「正解」

息を吸うときに脊椎を収縮させます。
息を吐くときに脊椎を伸ばしていきます。


息を吸うときは脊椎が収縮する.jpg



コップの水を飲むときには、ちょっと胸の前を上方へと伸ばしていくのですが、
そのときに、背骨は縮んでいるのです。

試しに、背骨を上下に伸ばしながら、コップの水を飲んでみてください。
飲みづらいですよ〜。



では次に。
風船に息を吹き込むときは、腰の後ろの腰椎を上下に伸長させています。

試しに、風船を膨らますときに背骨を縮めながら息を吐いてみると、
風船はなかなか膨らみません。
背骨を上下に伸ばして、「ふーっ」と息を吐けば、
楽に息がどんどん入っていくでしょう。


・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・


ただ、ときどき人によって見受けられるのですが。
息を吸うときに脊椎を収縮するのではなく、息を吸いながら背骨を伸ばしていた人。
息を吐くときに脊椎を伸長させるのではなく、息を吐きながら背骨を収縮している人。

楽に息を吸ったり吐いたりするには、
背骨の伸長・収縮が関連動作として起きているのですが、
逆になっている人がいるのですね。
無意識のうちにそうしている。

それではダイナミックな呼吸にブレーキをかけてしまいます。




またときには呼吸と背骨の伸長・収縮が関連することがない人もいます。

呼吸と背骨は無関係だといわんばかりに。
背骨を固定させながら呼吸をするのです。

それではダイナミックな呼吸を阻害します。




いずれにせよ、それでは呼吸はしづらいのです。




この知識は、
『歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと』という本に描かれています。

歌を歌おうとするときは、
脊椎と呼吸との動作が協調しなければなりません。

私のような運動オンチでは、こういったところから、
体の使い方のミスを修正していく必要があるんですよね。

そうしなければ本来あるカラダの機能を、
どぶに捨てているような気がしてなりません。
もったいない、、、、ですよね。
posted by スズキ at 17:09| Comment(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独自のセルフケアによる体調変化:たとえば。体温がとりあえず36.5度近辺をキープし始めました

体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。
免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。

免疫力は、
体温が1℃下がると30%低下し、
逆に1℃上がると一時的には最大5〜6倍アップするともいわれるのです。


{体温を上げること}の重要性がよくわかります。




そのような科学的な見方からも<体の冷え>があると、様々な体調不良をもたらすといいます。

出版物でも、
「体も心も“冷え”で壊れる」
「腸の冷えを取ると病気は勝手に治る」
「長生きしたけりゃ、腸は冷やすな」
「腸はぜったい冷やすな!」など、
<腸の冷えを、よくないよ!>という本が多数出版されています。
私もいろいろとそのような本を読み漁りました。



個人的なことで恐縮ですが、
最近の自分なりに考えたセルフケアを実践することで、
現状の私のカラダの状態変化が起こっています。


ちなみに行っているセルフケアを具体的に始めた期間もあわせて挙げれば、、、



1. スモールサイズのベン石温熱器を使ってセルフリリース(主に頭部とデコルテ部分)
  を先行して3週間前から。

2. ゴツコラ(和名:ツボクサ)の実食実験
  を7日前から。

3. 独自の呼吸法を3か月前から付け足しています

こちらの3つを、同時期におこなっております。



つまり、
3か月前から独自の呼吸法をし、3週間前からスモールサイズのベン石温熱器を使ってセルフリリース、7日前からゴツコラの実食。
そのような流れです。




現段階では研究中なもので、
スモールサイズのベン石温熱器を使ってセルフリリースも呼吸法も、
日々、やり方を工夫して変化し続けていますし、
ゴツコラの実食も、スープがいいか、サラダがいいか、など確認しながらの実験をする日々です。
なので実際のやり方を限定的にこのようなことをしていますと紹介できないのは恐縮です。


私の体温は、
2か月前は検温をすると、<35.4度>でした。
現在は検温をすると、<36.4度>を保持しています。

2か月前は、ストレスフルな時期でしたから余計に体温が低下したのでしょう。
ただ去年一年通して、検温すると35度台であり、36度はいってませんでした。
不眠不休が去年の前半に続いて、母への施術研究で睡眠時間が1時間前後という日。
それは4カ月だけでしたが、精神的にも追い込まれていたため負担は、
後になって負の財産として残りました。
介護疲れで介護する人が先に亡くなることがあると聞きますが、
そのラインに私はごっそりと乗っていたのでしょう。。。




それで去年から今年の前半は、いつも手が冷たかった。
身体も全体、冷たい状態です。
遠赤外線サウナで暖めてちょうどというところまで弱っていました。

自分の脈診で状態を診れば、橈骨動脈を通る血液量が少ないく脈管が{軟}でした。
また半年前は、脈打つリズムが乱れて、脈が飛ぶという心臓への異常も観られました。
脈管の位置も{沈}という、病が奥に入り込んだしるしです。

一般には橈骨動脈で脈を診ることが普通ですが、
施術をするときなど足の動脈や首の動脈を診たり、
臨機応変にどの部分でも血の状態がわかる動脈をチェックをする習慣が私にはあります。
足首や足の鼠径部の動脈や首の動脈で去年の自分の脈を診ると、
手で診る以上に、その状態は悪化していました。
「手で橈骨動脈を診ればいいなんて、それだけじゃ、ダメじゃん・・・」
と、唖然としながら、さらに状態が悪い動脈管を見つけてはへこんでました。

多くの方の場合、右手と左手では、右利きの方は左手の脈が弱くなる傾向があります。
全員というわけではありませんが、体調の不安定さを持っている方々のほとんどは、
そのような傾向があるようです。
それで両方の腕の脈を診て、生きた脈のほうが心臓の状態をよく表していると判断し、
脈がとりづらくなっているほうは血流の制限が加えられた現状のありかを探り
改善させるような施術をして改善できるかどうかを試みるようにしていきます。
ただ、通常、相当この脈をとる腕の左右差は、根幹に根付いたところからの影響がもととなっており、
改善にいたらせるまでには手間暇時間と高い技術での対応が必要といえるでしょう。




ちなみに私が昨年の体調不良のときと今とを比べれば、体調の安定を体感できています。




今の体調の変化を加速させたものの要因として、
特に、このゴツコラの実食を始めた一週間が効いています。

その動きは急激な加速をもって現れました。

スモールサイズのベン石温熱器を使ってセルフリリースでも眠気が感じられましたが、
ゴツコラの実食を合わせてから、以前にも増して{強烈な眠気に襲われる}ことが多くなりました。

午後8時頃に食後、体力的に疲労したほど体を使ってはいないのだが、意識がなくなるほど眠い。
外出後に午後5時に帰ればそのまま意識がなくなるほど眠くなる。

5分だけ横になろうと思って、毛布など掛けずに、タイマーをかけて横になってみても、
まんま、寝てしまって起きない。
それで睡眠時間が10時間という日も出てきております。

今までの私は3時間の睡眠で動いていたのが、うそのようです。


おそらく体内で血が動き始めたために起きている現象でしょう。
通常は好転反応といって体質上の転換期におこるものです。





そのおかげからと推測いたしますが、
私の筋肉のコンディションの変化は、
私の手で状態を触れて、温度、湿度、柔軟度、深層までの状態などチェックすると、
かなり若返って、水泳をする人の筋肉と似てきましたね。
もう少し呼吸が深まれば、私が知る気功を修練する人の筋に近づけるのでは。



脳神経系の状態の変化を測ることは、やり方がわからないので客観的な指標を持てずにいます。
ゴツコラの末梢血管を拡張して、血の通りが悪化した部位にも血流を再開させてくれていれば、
イメージ上では改善が図られているように思えます。



ベン石にお世話になったり、ゴツコラにお世話になったり。
これらの一方だけでは、これほどの変化は生じないものと考えています。
双方の血を巡らせる効能を引き出し相乗効果を期待していました。
そのプランを、第一弾で、イメージ通りに乗せられてきたと思います。




これで私らしい人に勧められるような「セルフケア」が見えてきました。 ^-^



ケア (care) は、広い意味では、世話や配慮、気配り、手入れ、メンテナンスなどをすることです。
たとえば自動車が故障したらなおしますよね。

でも人間の無限に広がる可能性を考えれば、
最良のセルフケアは、自身を具体的に把握し、その体を惚れ込むことから始めなければなりません。
それはよりよく、そしてより深く自身の身体を知る窓です。
内側に秘めた潜在的な力をすらすらと活かすきっかけでなければなりません。

人間がおこなうセルフケアは、自動車の故障とは違います。
いまだに現れていない偉大な自身に至るための世話や配慮、気配りであってほしいですね。
私は、そう考えています。
そしてようやく、故障個所の修理が済んできて、神が授けてくれた人間の身体を味わい尽くすという気持ちに、
セルフケアという言葉を飛躍できそうな気がしてきました。





ただし、自分の身体への学習は深遠で膨大です。
私が独りだけでやることにも限界があります。

現状のセルフケア法に加えて、
フェルデンクライス・メソッドのFIセッションやATMセッションで、
動き方の再学習を助けてくれている先生にお世話になって、
私の姿勢や動きの感性が磨かれていけば。


動的な肉体の動かし方が窮屈であれば、
どんなにセルフケアやリリースをしたとしても、
まずもって肉体の窮屈な表現を下地に思考の制限がかかりつづけます。
ここが変わらなければ、一部の筋・腱・骨格・関節にばかり負担を強いて、
そこが弱っていくことで全体が崩れていくように人体はできているのです。
動作の固定化が、人の死をつらいものとするのだと、私は信じています。



そこに向けて対策を打たなければ、人体という素材を理解したことにはなりません。

様々なサプリ等の技巧により満たされるよりも、
私は自身の肉体という素材にほれ込んで、その魅力や活力を動かして引き出すことが最良と考えています。


私自身が、運動音痴や気づきの浅さもはなはだしいものです。
だから、ここは自分一人の才ではかなえられません。
そのためにはナチュラルな身体操作を学ぶ機会を設けていただき、
そちらへと移行させていただける先生の助けが必要です。

フェルデンクライス・メソッドの先生にお世話になれば
私なりのアンチエイジング対策ができていくような気がします。


posted by スズキ at 10:54| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする