2020年06月08日

新たなベン石温熱器を仕入れるときの、お勉強。。。-.-;

ついぞ最近のこと。

ベン石温熱器を、
新たに今まで私が取引したことがないショップから購入しようかと考え、
数回、中国の業者とのやり取りをさせていただきました。


購入前の注文や入金のこと。
それに購入後のメンテナンスやアフターフォローをしっかりしていただける店があればと考えて、
意図的に送料や手数料は倍に増えるものの、いくつかのショップに分散注文をしております。

いざ故障というとき。

新たなものを買うにも、メンテナンスを受けるにも、そのような事前の調べが大切になります。

日本で商売を長年しているような販社であれば、そこの気づかいも少ないと思います。
ですが中国のショップとなると、どこをどう信じればいいのか。
慎重になったほうがいいでしょう。


慎重さがなければ、思わぬところで詐欺にあいます。。。 -.-;


いや、、、慎重でも事故にあいそうなときってあるんです。




このたび私は新たなベン石温熱器を4万円分の購入手続きをする注文をする前に、
いくつかの業者へ意図的に問い合わせメールをいくつか出させていただいて相談に乗っていただきました。

ショップ側からの信用云々は、いろいろとポータル販売サイトの☆による評価は操作も可能です。
カスタマーレビューのようなものを通してショップを見ようとしても、
ショップの関係者が「店の対応が迅速だった」などはすぐにでも書けるわけでして。

それよりも販売会社へお問い合わせをさせていただき、
受付対応の良し悪しのほうを信用度が高いと私は考えています。

相手方は日本語文が通じるか。
メールの応答があるか。
などの様子を見ていたわけです。

それで「ここだったら大丈夫だろう」というショップを1週間ほどかけてみつけました。



「じゃ、注文します!」と当該ショップのサイトを開いた瞬間。
そのショップのサイトを開こうとしたら跡形もなく消えてました。

あのたどたどしいが感じのいい日本語でのすばやい誠実な返答は、なんだったんだろう。。。
上手出し投げで、転がされた気分です。


『ひぇーっ』
「早々に支払いをしてたら、商品が届くことなく、永遠に<なんだか遅いんだけどな>と言い待ち続けていたのか・・・」



フリーズしっぱなしではいられませんから。
恐怖を横目に、何度か購入させていただいてるショップに注文をして事なきを終えました。
どうしても注文から納品まで、このショップではかなりの時間がかかるんです。
この度は多少値が張ってもすぐに納品していただけるショップをさがしていました。。。


こうして新たなショップ開拓の旅は、
今回は詐欺にあうすれすれで終了。




私の施術で活躍してくれているベン石温熱器は、そのようなトラブルをかいくぐって、
こちらまで無事納品していただけた貴重なもの。
そのような思いがしみてくるところです。 

所有中のベン石温熱器各種2021-5-27.jpg
posted by スズキ at 06:20| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がお世話になっているフェルデンクライス・メソッドの先生の第三弾!!「フェルデンクライス ATMレッスン 楽に椅子に座って立つ3」(YouTubeにて)

私がお世話になっているフェルデンクライス・メソッドの先生。

私のブログを見ていただいておられる方にはおなじみになってきたかと思います!
その先生のATMレッスン、第三弾!!

私のブログにもエンベッドさせていただきます。




https://youtu.be/8MY7TvzQzts
フェルデンクライス ATMレッスン3 楽に椅子に座って立つ その3




フェルデンクライス・メソッド。
フェルデンクライス・メソッドの創始者、モーシェ・フェルデンクライス博士が
「解剖学・生理学」にもとづき私たちの身体を機能的に活かして使えるようプログラムした、
身体操作の再教育するためのボディワークです。

動きを通しておこなう「脳トレ」のようなものと考えていただいてもよろしいかもしれません。

ひとつひとつのシンプルな動き方をしていただくよう指示していきます。
その指示された動きを「力まず」「小さな力で」「呼吸を止めない範囲で」試行錯誤をする過程で、
新たな動きの感じを味わい、よりその動作をするのに適した操作法を学習していきます。

上記のATMレッスン中にも、
「このようにしてみたらより楽に動くよう感じるでしょうか?どうでしょうか」といった、
フェルデンクライス・メソッドの先生からの動き方のサジェスチョンがあって従ってみると。
「確かに、そうすると(そのような意識をすると)動きが滑らかになるな・・・」
といった点を発見できるかもしれません。

そうやって自己の発想と先生の指示の共同作業で動きの発見を積み重ねていきます。



ATMに慣れていないうちは、
指示された動き方は「点」と「点」のように、
バラバラな動作が無秩序に並べられているように感じられるかもしれません。

ですが最後にジグソーパズルのピースをひとつずつ組み合わせて一枚の絵を見せてくれるものだと気づくと思います。


その絵を楽しんでいただけるよう、ゆっくりと、静かに動きを通して脳トレをする時間を設けてみてください!

posted by スズキ at 05:34| Comment(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする