2020年06月06日

新たなゴツコラ自生地発見と自分をまず先にやさしくする勇気をもつこと

ゴツコラ(和名:ツボクサ)の自生地調査。

徐々に進んでいます!

(ごく一部の、ボディワイズのお客様との連絡情報をブログに書いているようで恐縮です)


昨日も、ひとつ自生地を発見しました。

都内ゴツコラ自生地.jpg

3カ月かけて4つめの自生地を確認できたところです。
探そうと思って探さなければ、
身近な場所にあっても気づかないものだというのが、
4つめの自生地をみつけた感想です。
その地は私がすでに300回以上訪れています。
そしてその横を素通りしてきたところだったのです。

灯台下暗し?

人の目は、興味や関心により見えるものが違う好例でしょう。



新たに発見した自生地からわかったことは。
・人や他の動物がいかない未踏の地であること。
 長年守られつづけたご神木の周りのようなイヤシロチであること。
・適度な日照で半日だけ日が当たり、日陰になってもジメジメしない。
・土がふかふかなところ。
そのような場所がいいようですね。

草木が近くにあれば大きく茎や葉が伸び、
さもなくば小柄な状態で地をはうように伸びます。
ただし勢力の強い他の雑草が生える地には育たないようです。

※ 自生地は人が訪れて踏み荒らすと、ツボクサが根絶やしになる恐れがありますので、
  ネット上での情報公開は見合わせさせていただきます。
  また見つけた人がおられたら、ぜひ、その点のご配慮をいただけましたら幸いです。 m__m


あとは、まだ私は未確認ですが、
他の一地域では、ご家庭の庭にたくましく自生しているようです。
ほんとうにうらやましくなるようなステキな地にお住まいですね。

調べが進んで実感したのは、
東京という都会でも自生しています。
皆様も、探してみてくださいね!

新潟にあるツボクサ自生の最北端より以南であれば、
条件が整えられた地に移植すれば自生できるでしょう。
それはたとえばお庭があるうちに住まわれる方ならば、
庭の最適条件の地に植えれば育ちそうですし、
虫食いにあいづらいためコンパニオンプランツにもなります。
もし庭がなかったとしても、私の家で実践しているように、
ダイソーで買ったプランターで育てることもできます。



ゴツコラ写真.jpg





ここで話がガラッと変わります。

これから経済的な動向は戦国時代のような時代が訪れると思います。

中小企業ばかりではなく大会社が倒産する時代です。
コロナウイルス感染が騒がれる前も消費税が上がり景気が下がってきたときよりも、
深刻さが増したはずです。

そうなると「精神的に壊れてしまったりまいってしまう人」が多くなるでしょう。

「施術院」でのしばりで考えてみても、
「施術」をしている場所は市中にいっぱいあるんです。
「施術」のみを売りにしているのでは、
景気動向が悪化すればお客様の足をお運びいただける人数は減ることになります。

資本力や従業員数等の企業体力のある治療院グループは盤石でしょう。

ですがそうとも言えない施術者は困ったことです。
この時点で施術者も精神的にまいるところでしょう。
施術料の割引をして、急場をしのぐという選択肢を選ぶと、
多くの場合が施術者が本来の力を発揮できないまま閉店に至ります。
ここは最悪な禁じ手だとわかっていても、せざるを得ない方もでてまいります。

それ以外の手持ち資金程度でまかなえる、新たなサービスを考え実行するしかないでしょう。
真剣にお客様に対しての価値を創造し提供できるかどうか。



「コーチング・バイブル」というコーアクティブ・コーチング関係の本を読みながら、
今までの自分の行動や実践してきた歩みから、
どのような信条をもっているのか。

自分にとって価値あるものとは?
改めて自問自答をしています。

仕事のことも、プライベートな活動のことも。
様々な視点で自分を見つめなおす機会となります。
仕事だけを考えた場合、アンバランスな人生の輪が描かれてしまう。

「北風と太陽」のお話のように自分を自分で暖かく認め信頼しやさしく許された状態でなければ、
人は重いコートを脱ぎません。
温かい陽光を受けて育つゴツコラ(和名:ツボクサ)が育つ地に自生している気持ちでいることが、
充実した人生を送るためには必要です。

上にあげた本の「コーチングバイブル」では、
北風のような叱咤をする自分の可能性を削る心の声のことを「グレムリン」と呼びます。
ことあるごとにグレムリンは変化や冒険を妨げるささやきや非難の声は消えることはないのです。
ですがグレムリンとの付き合い方を知ることで、うまくそれとやっていけるようになる。
そうするための道案内としてコーチングがあるんですね。


これから北風が強く吹くでしょう。


そのときほど危険を冒さないようにさせるために与えられた恐怖心が、内なる声を大きくするでしょう。
それが大けがをさせないよう自分を守るグレムリンの役割なので。

自分に厳しくひとにやさしくという言葉がありますが、
自分に厳しい人間は、たいていが人にも自分同様かそれ以上に厳しいものです。
感情が壊されたり疲弊しすぎれば精神までもが壊れてしまいます。
自分の個人のすぐれた存在を見失ったときは、それを取り戻すべきです。


自分へやさしさを与えられたとき、他人にもやさしくなれるものです。
自分へのやさしさを与えられるほうがグレムリンの声も感情を逆なでません。
私が経験したことは内的な声で「思うようにおやりなさい」という応援でした。



ゴツコラ自生地を廻り観察することで、
この植物は雑草とは違っていることに気づきました。
自然からやさしさをいただいてはぐくまれることを実感しています。


新たなチャレンジを始めなければ継続的にいまの仕事をし続けることが難しいときこそ。
思い切って変化を受け入れてはばたく好機です。
そうせざるを得ないというように、おしりに火が付いたときほど実力発揮がしやすいときはありません。







ちなみに、いま、私自身が考えていることですが。。。

いま、私が考えてみた試み。
【ゴツコラ自生地をブログの書き出しにしたら、本題が思いっきり後ろにずれ込みました!!ごめんなさい!】



スモールサイズのベン石温熱器 詳細.jpg

スモールサイズのベン石温熱器だけを手にしていても、
残念ながら、それは温めるためだけの小さなカイロに他なりません。


それを施術をする者の知識や知恵を同時に提供して、
ベン石の温熱器が皆様の健康管理に役立つ力になれたら、というところです。


以前私は脳梗塞後遺症の改善の策として「頭鍼」について詳しく調べたことがありました。
医療専門書コーナーの頭鍼専門書の過半数6冊ほどを買い込んで調べたのです。
ですがそのときの致命的な盲点で私が鍼灸師ではありません。
知識は増えても実際に施す手がでなかったということで、頓挫した経緯があります。



そしてこの度、ブログに書きましたがスモールサイズのベン石温熱器を私自身で日々、実験中です。

私が一般の方にはご存知ない頭鍼のマップをもとに頭への温熱器での注熱をトライしだしました。
頭部のみならず全身への好転が期待できるツボや経絡を通してアプローチをすると・・・。

異様な眠気という好転反応がはじまって、カラダの基礎的な状態がどんどんよくなってきたのです。



頭部の凝りが激減したり、
顎関節の調子がよくなったり、
鼻の通りがよくなったり、
首凝りが1/10以下になったり、
おでこの出っ張った脂肪部分が減ったり、
興味深い変化がこのベン石温熱器を頭鍼の知識を動員したマップを生かして温めてから。
そしていまも、日に30分前後、スモールサイズのベン石温熱器による頭への温熱器での注熱をしています。

もちろんスモールサイズのベン石温熱器だけで私のカラダ全体が変わったわけではないにせよ、
実感できる変化は、このスモールサイズのベン石温熱器による頭を温めるだけの手軽さからは驚くほど。

普段、冷静に成果を5割引き以上下げて測る私も、
認めざるを得ない変化を体感することができるようになったのです。



そこでこんど、私の知り合いの美容整体院の店長をなさっていた小顔矯正のプロに、
そのスモールサイズのベン石温熱器を貸し出して(現在、貸出分を発注中)、
その美容上の鋭い目で変化や効果などを実感してもらおうと考えています。
すでにその小顔矯正のプロの方には一度私がお持ちして体験をしてもらっており、
「高額な美顔用のマシーンはピンキリありますが、、、これ、いいね!!」と、
その理由付きでお墨付きを頂戴いたしました。



ただ、、、このスモールサイズのベン石温熱器。
大きなネックがあります。。。
スモールサイズのベン石温熱器は、中国発送です。
発送時に不良品だったときも多々ありました。一度や二度ではありません。
そうなると中国業者との不快極まりないやり取りをせざるをえなくなります。
それに製品がついたときは使えても数か月せずに使えなくなることもありました。
このようなときは2か月は使えないんですよ。
去年の夏ごろ、私はそれで泣き続けましたから、その怖さや切なさを十分知っています。
仮に順調に中国から届いたとしても、それは一ヶ月先に届くので、
モチベーションが下がった時点で手元にくるわけです。
また変なところでは、通関手続きでのことと思いますが、製品が入った箱は、
ことごとく壊されていて、扉を閉めるフックがかからない状態です。。。


そういう不便があると使いたいと思って試したい人も、
尻込みをしてしまうでしょう。


そこで私が、何度か連絡を取り合っている中国の業者へ5本購入の発注をし、
そちらが着いたら頭部や首、バスト周辺の免疫系の主要個所へのケア用に希望者へそちらを
月単位でレンタルさせていただければと考えてまして。


私が学んだ頭鍼で得た知識のなかで「一般の方にわかりやすいところをセット」にまとめたPDFを付けて。

これがなければ、ただの使い勝手のいい当たる面積の少ないカイロ程度の存在かもしれません。
実際、使い方の知識が不足して使いこなす妙を実感する前に、多くの健康器具を買って使わなくなるのと同じように。
部屋の片隅で放置されている人。
有用性を引き出せる使い方がわからなければ、そうなるのは目に見えてます。

ですがしっかりと使い方を学べば、私自身が自分の身体のケアにもちいて実感しているような効果が体感・体験できます!


そして、これは希望ですが昨今のZOOMを使ってオンラインミーティングで個別のニーズをカウンセリングでお伺いして、
どのようなところをアプローチしてほしいかをこちらで模範させていただいて、お客様にそれを模倣してもらい指導する。
もちろん対面で来ていただければそれもさせていただきます。

そのようなことができればと考えているところです。


もし施術をお受けいただきに来ているお客様なら、
この温熱器による大きな関節のような筋膜の固着が進みやすい場所等をセルフリリースするよう
やり方をお伝えいたしますから、ご家族の方にも使っていただけるでしょう。


いま、私が考えているあらたな挑戦の仕込みは、このようなことでしょう。




もし、企画がしっかり整えられたとき、ブログとメルマガで限定3名様を募集させていただきますので、
小顔やすっきりした顔に、という美容や美顔を期待する男子・女子。
アンチエイジングのノウハウ含め、顎関節の不具合や肩こりなどの対策に。


「自分にやさしく」とお考えのお客様、
お問い合わせいただければと願っております。

そのご期待にそえるよう企画を練ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


■・・・・■


突然ですが、
2020年6月7日。
私がスモールサイズのベン石温熱器を、
中国の業者に買うと伝えていて少し待ってねとお願いしてたショップが
スモールサイズのベン石温熱器の販売をいきなり取りやめてしまいました。。。

誠実そうな対応をしていただけるショップだったはずが、、、ショック!!

まぁ、、、こういうことは頻繁に起こるのが中国の業者とのやり取りです。



スモールサイズのベン石温熱器が手に入りづらいなら、
それを使わずに同様の成果をあげる工夫を視野に入れて、
方向転換を図らなければなりません。

カンタンなことじゃないかもしれません。
ですが中国の業者が信頼できないところが多いので。
そこを使わずにやっていける方法を模索したほうが正解かもしれません。

というのは、もともとこちらの温熱器では配線がしっかりはんだ付けされておらず、
壊れやすい個体がかなりのパーセンテージで含まれてます。
だから日本製であればちょっと落としただけというものでは使えなくなるということはないのですが。
こちらの製品では運が悪ければ、すぐ、使えなくなります。
電気が通電していてのトラブルでは、通電しなくなって加熱されなくなっただけならいいが、
配線内部でショートして火を見るリスクも。
私はそのような壊れて使えなくなるというケースを想定しており、
主力で使う温熱器の機種は、数個の余剰ストックをして対応しております。

たださすがに一般の方が、わざわざ壊れることを見越して余剰ストックを抱えるというのも。。。
正直、なさる方はおられないでしょう。

もし自身が購入したサイトの中国の業者の店主がいきなりいなくなると。
(※ 詐欺サイトが横行しているのが実情で、いきなり消えるのはめずらしくありません)
購入後の機種トラブルの相談窓口が消えてしまったことになります。
ときおり「そもそも、それ、頼んでないよ」という、別商品を誤発送されるケースです。
この場合はメーカーに掛け合っても門前払いされますから、あきらめるしかありません。

そういったことが頻繁に起こるため、
いい製品でも購入トラブルが後を絶たない。

そのような購入の際起こる障壁を取り除くための、
私が正常作動を確認した商品をレンタルするというアイデアでした。
私自身がトラブルを先行して肩代わりするというところに価値があるところでした。
一筋縄ではいかぬのが、中国の業者とのやり取りですね。




■・・・・■
posted by スズキ at 10:56| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする