2020年05月13日

昨日の臨時施術受付のお客様の体質レベルの深い改善がおきた種明かしは、河原で採取してきた石のおかげも。


ホットストーンを使った施術になって、
たしかに私もお客様へのアプローチをする筋膜の部位深度が変わってきたと感じていました。

ただしまだまだ私の目から見ればホットストーンの可能性を引き出し特性を生かし切れておらず、
完成度は高いとはいえません。
新たな工夫を足していく日々です。


昨日の臨時施術受付のお客様は、
やはりホットストーンを利用した施術により、
自身のカラダが整っていくステップが先に進んでいき調子がよくなってきた体感を得られたから、
「ここはひとつ施術間隔をあけずに根をつめて通います!」といっていただいているお客様です。

ありがとうございます!

私の目でみても、
こちらのお客様の胸郭の胸椎に深く根差した側弯と前後弯の骨・軟骨・靭帯に入り込んだ課題個所が変わってきたように思えました。
というのも「筋肉という軟部組織としての柔軟な部分を緩める」という筋膜リリースの範囲を逸脱しているということです。

たとえば胸郭の骨組みを正常な立体構造となるために筋膜の癒着をしている部位を見つけるならば。
背中側の起立筋や僧帽筋などの首に関係する筋肉群、
肩甲下筋などの背部肋骨につく肩甲骨関係の筋肉群、
大円筋・小円筋や肩回りの三角筋等の腕と胸をつなげる筋肉群など、
さまざまな「筋膜の癒着部を緩める」ことが必要です。


ただそれらの筋膜の癒着をリリースする施術は、こちらのお客様に対して、
今まで何度も繰り返し回数を重ねてさせていただいておりました。
ですが結果的に徐々にそれら筋膜が緩んだ分だけは楽になるようだがスッキリ感がない。
カラダの状態をしあわせなところまで引き上げられたような気になれずにいる。

そのようなカラダの芯のつらさをぬぐえないでいたものと感じております。


それが実はホットストーンの利用では私は筋膜部のリリースは従来通り意識しているものの、
意図的に骨(骨周りの骨膜が膜状で軟部組織)・靭帯・腱などへのアプローチをするようにしています。

便宜上、いまだに筋膜リリースとは言っていますが、
すでにそこへのアプローチからは対象が少し先に進んでいるのです。


ちなみに骨膜や靭帯や腱が癒着等で骨化したり捻じれたりよれたりして炎症を持つ場合、
その部分の神経麻痺を取り除き、痛覚神経を戻した状態で触られれば、
その痛みは筋膜の癒着の痛みとは異質な、鉄の針のような目打ちで刺された鋭い激痛が現れるのが特徴です。
その痛みをがまんしてもらって解き進めようとしても、どうしても全身が痛みで硬直することで、
痛みに耐えた割には思ったほど異常な骨化をした組織が解けないものなのです。

それがホットストーンで、今日はここを深く解くことにしようと狙った重要個所を15分以上リリース前に温めて置くことで、
事前に骨化した体液がその組織内部に流れづらい状態になった部分への血流を促進させておきます。


そうしておく理由は2つ。

ひとつは骨化という硬化した組織は容易に組織が断裂して破壊され、障害するため、その硬化を緩めることで障害をなくすため。
骨化した組織は、血液やリンパ液の代謝が大幅に減少した乾いた組織です。
それら骨化した組織はゼラチン質で構成されていますが、
十分に水分をえたゼラチンはプルンプルンのゼリーのようですから押しても、ぺきっと割れて二分か破砕するようなことはない。
ですが水分が抜けきった板ゼラチンのような乾燥したゼラチンでできた骨化組織は、ぺきっと割れて容易に破砕します。
人体内部で、この板ゼラチン状になった骨化した組織を無理やり圧をかけすぎて、ぺきっと様々な組織が割れてしまっては。。。

筋繊維や靭帯などは、ぺきっと割れて分断されれば、それは二度と元通りの一本の繊維状にはなれないのです。
それに、、、どのみち、ほんとうに靭帯や軟骨組織や腱などの骨化癒着部を無理やり解こうにも痛すぎるので、
その痛みに耐えることができるひとはいないでしょう。

実際、私は、自分自身でそのことを実験して、その激痛たるや。。。。。
つまりその激痛とは、体内部の組織がダメージを受けるような外圧を受けているということなので、
そこから逃げたくなるのは生理的なことです。
そのような緊張状態で緊急避難中か逃走中には体が解放する反応は置きづらいし、
同時に持続してリリースの変化が起きてはくれない。
そういったことを私自身の自己のカラダへの体験で言えることなのです。。。。


筋膜も骨膜も他靭帯や腱などの軟部組織も、すべて緊張せずリラックスした状態のとき解かれやすい。
ただ時と場合により、あまりにも骨化がピンポイントに進んでいる箇所があって、
そこがその周囲の状態に悪影響を及ぼしているようなときで、
緩みづらい何十年物の骨化のときには、そんなにゆうちょうなリラックス状態で解くようにしてばかりいては、
先へと進む出足が鈍りすぎますから。

そういったときは解き進めるようにすることもあります。

ただ、ひとつ言えるのは、事前にホットストーンで緩めて骨折や断裂等の事故傷害が起きないようにしておくことで、
安全を担保してから進めています。


そしてもうひとつが
15分ほどホットストーンを置き石して加熱を加えることで、
そうすることで痛みの度合いは大幅に減じられますし、リリースの進み具合も増します。
ホットストーンを使って加熱していなければリリースを加えた部分の組織に、
たとえ瞬間加圧を加えても早々に先ほどのずれた状態に戻ることが多いのです。
それが、、、ホットストーンを使っての加熱をしてうまく患部を緩めるようにして代謝を起こし、
干からびた患部に血液等を送るルートを確保しておくと、
持続的に自分の血流で患部に熱を持った体液を送りつづけて解き続けてくれるようです。

この点が、特筆すべき施術効果のアップグレードと言えるのかもしれません。
私もそこは最初からイメージで想定して計算はしていたものの、
ホットストーンを使った施術を繰り返し受けていただいたお客様のカラダの状態を観て、
私が想像していた以上に良い結果を与えてくれています。



ただ「なんだ、やはり痛いんじゃないか!」といわれますね。
ケースバイケースではその通り。

ただし、以前ではリリースしていけば効果が出るとわかっていてもアプローチすることさえできなかった激痛部位を、
解き進めることで、施術の成果の階段を軽快にステップアップできるようになった。
そのことが、昨日のお客様の施術にもあらわれています。

肋軟骨部分の変位、胸骨と肋軟骨を結ぶ胸肋靭帯などに大きな癖が入り込んでいて、
胸郭の動きを改善したかったのですが、、、。
以前の私のやり方で、もちろんその時のベストは尽くさせていただきましたが、
ホットストーンを使わないリリースでは激痛だけではなく骨折や靭帯部の断裂のような後遺症を残すリスクがあり、
安全を確保したぎりぎりのところまでアプローチはしたものの、それでは大幅な変化を起こすには足らなかったのです。

ホットストーンを活かした施術で、そのようなやっかいな足かせが外れだして、施術で先へ進める喜びは大きいですね。




ですが昨日のそのお客様の筋肉のコンディションのよさは、
私が頭の中で想定していた状態をかなり上回って良くなっていました。


「?はてな?・・・」と、頭の中で思いつつ、
「今日はいいですね!!じゃ、首の位置を大きく変えていきましょう!」ということで、
いつもなら、こちらのお客様にしていただくと喉が詰まって苦しくなるだろう動作指導へ入りました。

すると案の定、「これ、難しいですね〜」といわれながら、
私の指示をこなしていかれました。
私もその時、こちらのお客様の自然な位置の首筋の胸鎖乳突筋の出っ張りを初めて見ました!!!
これができたのも頚椎の前弯が大幅に軽減したことによります。

そしてこちらのお客様が副鼻腔炎の負担感が軽減して、
まったく気にならないときもでてきたといっていましたが、
その意味もわかりました。
お尻の仙骨部分が前後に立体化しづらかったところが改善されておられ、
立つときの重心がより理想位置に移行しています。
そして仙腸関節の動きが見て取れるようになって、
それで後頭骨の連動が見受けられるようになってきましたから。
頭部の形状が委縮して詰まっていたところが、
そこが動き出してきて副鼻腔の特に左側に変化がでてきているようです。




そして施術が終わった時に。
お客様が、興味深いことをなさっていることを教えてくれました。


私にとってみれば、お客様が体質の根っこから大幅に変わったきっかけをつくった種明かしです。


私の所では様々な種類の形状や大きさのホットストーンを使いますが、
そのお客様は河原に出向きホットストーンとして使えそうな石をどっさり採取して、
自宅でホットストーンを使った体の温めをするよう習慣づけてくれるようになったそうです。

まだ自宅でのホットストーンをつかった置石・敷石をして日は浅いといいますが、
自宅では私の施術場よりもゆったりとできるでしょうし、
時間が許せばかなり長時間、ホットストーンで体の患部を温めた状態を維持できます。


私のところで利用しているホットストーンセラピー用の石ではないため、
効果はどうかと思うがといわれておりましたが、
私がお客様のカラダを観させていただいた限り、
かなり良好な状態へと移行していけるほど効果がでています。


ショップで売っているホットストーンでなければ効果がないわけではない。
そのことを、こちらのお客様が身をもって証明してくれました。


私も今度、自分専用のホットストーンを求めて、
多摩川の上流のほうへ散策してみたいと思います。 
自分で採取してきた石は、特別の思い出と愛着が生まれそうです。
それに「こんな形状の石が欲しかったんだ!」という奇跡の石も見つかるかもしれませんね。

特に、今は仙骨周辺を安全かつ効率的にあっためられる石を探しているところなので。
外出自粛がくるのが楽しみです。 ^-^




posted by スズキ at 11:18| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする