2020年04月08日

緊急事態宣言が出ましたね。長期戦を覚悟して、しっかり体をつくらないとと、私は感じました。だから施術に通って私もボディメンテ中です。^−^;

こんにちは。

今日は、いい天気ですね。
今日を過ぎると、また少し寒くなるといいますから。
貴重な晴れの日です。


昨日の4月7日夜に、安倍首相より非常事態宣言が出ました。

自宅で自分なりの楽しみを見つけて過ごす必要があります。


それもあって、、、。
今朝は、小松菜の根っこ付きの4センチほどの茎と、
5センチほどの長いもを、鉢に植えました。

ここ1週間ほど「再生野菜」のYouTube映像をいろいろと見て、トライしています。
映像の成功例通りにできずに植物育成の成功率を「ゼロ近くで」キープしています。
カンタンだろうとなめてかかっていたら、ことのほか失敗続きで。 ^-^;



再生野菜は、容易にゼロ近くの成績を出せたものの。

対してコロナウイルスの流行をゼロ近くまで落とし込むには苦心をします。

社会生活的にも、様々な影響が出ていますよね。
昨日の緊急事態宣言を受けて、一斉に図書館の業務が停止しました。

ジュンク堂書店池袋店は日曜を休みにするが現状では開店している。
だが渋谷店は、2020年4月8日(水)〜 終了時期は未定です。
渋谷のジュンク堂は東急百貨店本店内の店ですから、
デパートが都からの要請を受けて店を閉めているので閉めざるを得ないのでしょうか。

非常事態宣言が終わる時期は、一ヶ月後と政府が「期間を設定」しています。
ですがそれはあくまでも気休め的な目安であるようにしか思えません。
不測なトラブル等の事態が多大に想像できますから、
正確な非常事態宣言の終了がいつになるのか。
それは誰も計算できないのでしょう。

ですが、期間をなんら設定せずに、事態が終息するまでだが、
それはいつであるか見当がつかないといわれると。。。
つらすぎるように感じますので。
よかったのかなとも思います。




非常事態宣言が発令されたとしても、
一切の外出が禁止されているものではなく、買い物もできますし。

1歳〜4歳児のこどもたちは私の家の前の私道で、複数名が集まりたのしく遊んでます。
(こどもが一日中、自宅内でというのもストレスをためて不健康です。
それでは免疫力が低下して、別な問題も起きそうです。それもいけませんので。
私は、こどもが外で親の監視下で注意深く遊ぶのであれば結構なことだと思うのですが。
非常事態宣言がでて、おやごさんたちは、締め付けを感じているのでしょうか。。。)

他に先ほど買い物に出かけると西小山駅周辺のアーケードで、
街を歩いてマスクなしという人たちも、意外に目につきました。
「時折見受けられました」という人数よりもちょっと多い程度ですが。

すでに外出自粛の要請を都がした4月5日に、久々に電車に乗ると、
山手線の一車両でマスク着用していない人の割合は、
私の想像より多い18名中4名ほどおられました。
非常事態宣言前のことであるため、
今日はどうであったかはわかりませんが。。



非常事態宣言により、コロナウイルスの流行が縮小化される期待はできます。
そのことは大きな意義があります。
コロナウイルスの流行により貴重な日本人の命を奪われないように。
そのためにも頑張っていきたいと思いますよね。

もし去年の今頃の私のがんで闘病中の母の介護をしていたとき。

コロナウイルスの流行があれば。
それにより母の死期が早まるのではと、
どんなに心配してもしきれない思いだったでしょう。
自分の愛する人の身を守るためならば、どんな努力もいとわない。

すでに私の母は他界していますから、身内への実質的な心配はありませんが、
西小山を歩けばご高齢の方も多いですし、
母の友達のご高齢な方々は、既往症を持っておられる方が多いのです。

そう考えたら、
施術再開をしてこれから頑張ってペースをつかむぞというところでしたが、
施術をいまは休業させていただこうという判断になりました。

母の介護をした日々を経験していなければ、
施術をさせていただいてお客様の元気に貢献したほうがいい!
そのような考えももっともなところでもあるため、
施術の休業という判断はしていなかったと思います。


ひとたび爆発的なコロナウイルスの猛威が近辺で吹き荒れれば、
私の身の危険もありますが、
精神的に切羽詰まった思いをされている方々が
多数おられることは容易に想像できるのです。

だから心底、早くコロナウイルスの終息して、
安全で平安な日常を取り戻せればと願ってやみません。




ただ緊急事態宣言が「コロナウイルスの流行が根絶やし」となる拘束力を強めた措置ではないようです。
そのように冷静に受け止めていけば「非常事態宣言は終了時期は未定で長期化する」と考える必要があります。

目に見えないウイルスへの恐怖心を抱き、恐怖からこころの健康が失われれば、感情のバランスが崩れます。

ウイルスが身の回りに近寄ってきた切迫感が増したとき。
対岸の火事と思って他人事と感じたものが、
いきなり身震いする自分事になったとき。
体への影響が深刻かつ「表面化」していきます。



もしも仮に短期に終結を迎えられれば、そちらが想定外のことです。
もちろん想定外を希望してやみませんが、
想定内の備えをして「取り越し苦労だった」と笑うほうが賢明です。



幸いに、まだ日本のコロナ感染者数は
イタリアやアメリカのニューヨーク、その他のパンデミックを起こした他国より状況はいいでしょう。

ただ以下のurlに感染者が最も多い国や場所が時間と共に入れ替わる様子を表示しているグラフがあります。

「【図表で見る】 新型コロナウイルスのパンデミック 広がりと対応」
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51992741
のなかにある【 How confirmed cases of coronavirus have spread 】の表です。

今年1月〜3月初旬までは、日本はコロナウイルスの感染者が多い国でした。
それが現在ではアメリカや欧州の感染者の激増。
その様子をみたら、怖くなりました。

コロナウイルスには、爆発的な流行を遂げる感染力があることは明白だからです。

もし日本でも気を抜いたコロナ対策をしてしまえば、
アメリカや欧州のようになりかねないのです。

仮にも想像したくないことですが、
隣人や友人、家族、親戚がコロナウイルスで他界しだしたとき。
悲しみを感じ、そして自分の身にも近づくウイルスの恐怖を感じたとき。
こころの健全さが損なわれたとき、肉体的な健康を顕著に失うようになります。


たとえば、どのような肉体的な健康の損なわれ方があるでしょうか。


少し考えてみると、、、。

人が過度の恐怖心によりこころの健康を失ったとき。
ことの大小はありますがほぼ100%「身体のゆがみを増長」させていきます。


身体のゆがみが大きくなる理由は。
まず、体の前面にある筋肉群の屈筋の並びが、怖さからくる緊迫感から委縮していきます。
身が縮む思いといいますが、
実際にそのような感情であれば、身体は、主に体の前面の筋肉がまず利き手利き足側が委縮しだし、
骨盤の前傾がことの軽重にあわせて比して起こります。
それにより骨盤がゆがみだして、背筋が傾斜捻転し始めて、
起立筋群という背骨をまっすぐに立てる筋肉群が疲弊してしまうほど休みなく使い続けられて、
背中の筋肉群までが、やがて委縮してしまうようになっていくのです。

それはやがては背骨のクッションである椎間板が押しつぶされていくことを意味します。

それにより自律神経に問題が起きたり、
交感神経優位な状態から抜け出せずに目に見えない過労状態を引き起こします。
そうやって支えづらくなった体を支えて、
呼吸も浅くなって疲弊していくようです。


それにその脊椎のゆがみは、
もともと持っていたその人特有の身体のゆがみのパターンを誇張させてゆがみがひどくなる傾向があります。

脊椎のゆがみがもとで内臓自体が理想の位置からずり落ちて下垂し始めると、
様々な内臓への負担も蓄積し始めて病にいたることもあるといわれています。
ご高齢な方は、骨密度が下がり、自然に脊椎のゆがみが大きくなった結果、
内臓が下垂して病を得やすいといわれてもいますので。。。

または恐怖の感情が強くなった末の姿勢の崩れ方によって、
感情がうつ状態から抜け出せなくなる人もあらわれてきます。
これもまた免疫力が低下する原因になるといえるのでしょう。

それらは高齢者ばかりか20代や30代の若い人にも表れてくるということです。

ちなみにネットで調べたら「コロナ鬱」という造語も広く使われているのですね。





これからの長期化でカラダに現れる将来的な状態悪化も考えれば、それに備えたくなる。



もちろん、セルフケアとして、
日頃の身体の使い過ぎによる凝りに、
この度のコロナウイルスによる精神的なストレスから来た
筋膜がコリコリになっているところをゆるめようと思いました。

セルフでのホットストーンセラピーやカッピングなどを徹底して使っていくことで、
今後の施術にもそのノウハウがいきると思いますからがんばって、
想像力たくましくアイデアを絞りだして凝った体を実験台にして研究していました。
しっかりと自分なりの結果は、出せたと思います。


ですがセルフワークでは、やっていてわかりますが限界があるんですね。

セルフワークでは自分の見方でしかメニューが組めません。
そうなると他者から与えてもらえる気づきや触発がありません。
まったくもってレベルが高い内容を指摘されても取り組みようはありませんが、
ある程度、説明を聞けば理解できるか、または自分が知っていた内容だが自分にそれを当てはめられなかったところなど。
そういうものは、意識の顕在化したところまで登ってきづらいのです。

そういったものは他の施術をする先生のセッションを受けているとき。
非常に有益で進展性のあるヒントをいただけることが多くあります。


セルフワークに徹するときは、時間を存分に使える時です。
私も、そう考えて、緊急時には他者の先生の手を借ります。


すると自分の「ここ、大事!」というところ以外の視点でアプローチをしてくれたり、
「えっ、そんなところに、これほどの問題があったんだ!!」と気づくことが、結構あるんです。

もちろん「すばらしい技術を持っている先生の施術を受ける」ことが前提です。
そこに至ってないレベルの施術であれば。
今は、その施術を受けているときではないと思います m__m;




私も、そこでさっそく、
よく存じ上げている先生(ボウエンテクニックもなさっておられる)のところに足を運びました。

他の先生にセッションをしていただくと、
あらためて自分の状態に気づくことが多いんですよね。

自分の体を管理するには定期的にセッションを受けておきたい。

月に一回ペースでお世話になり、
私のカラダを先生にモニターしてもらえれば、
そのときどきで先生から客観視した意見を伝えてもらえるでしょう。


いまはメンタル面をタフにしていくことも必要ですが、
肉体のコンディションや詳細を把握して、
特に免疫系を低下させる問題の改善の波を加速させることは大事なときです。



心身一如とは、よく言ったものです。


体の感性が優れた人は、セッションを受けることで多くの気づきが得られます。
または重要な体の課題が解決するようなこともあります。

ですがさほど体の感性がないというときでも、
カラダがリラックスできて先ほどまで感じていた体の負担感という荷物を下ろせたら。。。
確かにそれだけでも心も喜んで生き返るような気がしますよね。

体が張ってたり凝りがひどければ、その窮屈さからこころもふさぎこみがちになるでしょうから。




いまは緊急事態宣言が出たのですから。。。


私だって、施術のプロでしっかりした先生に面倒を見てもらって、
『即効で身の改善を促すとき』でしょう。

そのようにしておいたほうが、いざというときに役立ちます。
1月からコロナがじわじわテレビを通じて感じられるようになってきました。
そしていまはもう4月になって、短期戦は過ぎたと思います。

すでに長期戦に足を突っ込んで、疲弊してきたこころとからだのバランス状態を各自が確認してメンテで手をかけるときです。

心身ともに擦り切れていては、勇敢にたたかったが途中で力尽きてしまう。。。
長期戦に耐えられる肉体的な整体の素地を整えておく必要を痛切に感じます。

という考えです。



ただ、この考え方は、私一人が編み出した考えでも何でもないんです。 ^-^;

私のボディワイズへの臨時施術の受付の施術を、受けに来てくれる方々のほとんどのお客様は、
私の見方と同じく現状が長期化すると見越して、
無理してでも今後のもっと深刻になる前に体を整えにいっておこうという方です。

実は、臨時施術の受付の施術をご希望いただきましたお客様に、
コロナウイルスの流行が大きくなったならばキャンセルをしてくださいと。
当日、出がけでもいいのでキャンセルを受け付けますと返信するのですが。
それでキャンセルをされたお客様は、おられません。0人なのです。

話を聞くと、私同様に考えているということでした。
「さらなる悪化も予想もできるし、そのうえで長期化もあるだろうと思うんで。
長期戦に耐えられる体を持てるようにしておかないと、後でこっぴどいことになりそうだから。
いまのうちに施術を受けておきたかった」という人も。



私も、そのようなお客様の期待に応えられるよう、いつも以上に施術を頑張ろうとするわけです。




・・・ただ、私が施術を受ける側になって、ボディワイズを休業中というのは、、、
休業でなければ施術を受けたいと考えていただいていたお客様に対して、絶妙に申し訳なく感じております。

どうにか、現状でも皆様へのお役立ちができるようなことを、
行動に落とし込んでしていけないかと、模索しています。




また、ボディワイズでは施術を受けたことがないけど、、、
筋膜を緩められたら、腰が軽くなるとか、息が吸いやすくなるとか、
心臓関係からのの不整脈がとか、免疫系もある程度は改善できそうだときいて、よさそうだなと。

漠然とでも感じられた方は、
初診の方は臨時施術の受付の施術の対象外とさせていただいている私の身勝手さではありますが、
具体的な問い合わせをいただければ、私のわかる範囲ですが、お答えさせていただきます。

以下のホームページのお問い合わせから、ぜひ。
http://onwa.client.jp/pc/toiawase.html

またお問い合わせいただきました方で、
歩いてこちらまでこられるような方でしたら。
新たな深層を狙った筋膜リリース系のホットストーンセラピーを考えて、
日々、ノウハウを蓄積中です。

そのオリジナルなセッションを1時間ほどにショートカットしたデモンストレーションを、お受けいただけるチャンスも! 
(デモなので、料金発生はしません!が、真摯にアンケート調査に付き合っていただける方、限定で求める予定です^-^;)



posted by スズキ at 18:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする