2020年03月30日

アーユルヴェーダのハーブで珍重される、ゴツコラの芽が、でません! 助けてください m__m

私の今の目指している施術では、筋膜の癒着をほどくために、「加熱し、持ち上げる」です。


加熱」とは、ホットストーンを取り入れた冷えた筋膜の癒着部を温めて融解させやすくするもの。
血行不良のある部分をなくして冷えをとるためです。


持ち上げる」とは、スライドカッピングを取り入れて、
筋膜の塊で押しつぶされた血管やリンパ管のような代謝するにも管が狭まり通りづらくなった代謝の停滞を被る状態を、
皮膚から持ち上げることで、物理的に末梢部の血管やリンパ管のつぶれを体から遠位へ引き上げて回復させるのです。
そうすることで末梢部の血管のつぶれたままになった個所がふくらみをもって代謝できるようにさせているんです。
血流がなされる道幅を増すという直接的な血行促進作用をあたえるための作用も狙ってるのです。
同様なことがリンパ管でも起こっているわけですね。


物理的に血管やリンパ管の圧迫によって生じてしまった血流等の代謝の停滞個所を回復させていこうとしているのです。
非常にパワフルといえるような効果が目の前で大胆に起きるものです。
ですがそれをするには高度なパフォーマンスが可能な施術者がいたときのみできるものですから、
もし私が体を壊して病いが体の深部へ入り込まれたら、いったい誰にそのような施術を頼めばいいのか?


正直に言って見当がつかないのです。。。


 


 


ただ「末梢の血管の状態の改善」には、
施術にだけ頼ればいいわけではありません。



何度も何度も、私のブログを読むと顔を出してくるゴツコラ。 ^-^


 


 


「ゴツコラ(和名:つぼくさ)」というせり科の植物。
アーユルヴェーダで最も重要なハーブのひとつとされており、インドでは5,000年以上前から珍重されています。



願わくばゴツコラを自宅で栽培して、
生のゴツコラの葉と茎の束をジューサーミキサーにかけて「ジュース(ペニーワートジュース)」にしていただきたい。
天然の代謝の停滞を体の芯から改善して整えてくれるパワフルな味方なってくれるでしょう。
その食物繊維は、腸内の壁にへばりつく宿便をこそいで排泄する青汁の強い作用もあります。



それにゴツコラは食品扱いですからおいしくいただいて血行促進ができます。
強力な強壮剤のような作用をしめす「アシュワガンダ」という強烈な血行促進がなされるハーブ植物とは違い、
気軽においしく(?)サラダにしても食べられるんです。
インドでも生葉を食べたり、ハーブティーにしたりして摂取するのが一般的です。



神経や脳細胞を活性化させて老化や老衰を遅らせるほか、食べるIQという異名もあります。
血行改善美肌効果もあり、若返りの効果があるとされています。
利尿作用があり、体内に溜まった老廃物を排出させ、むくみ改善の効果があります。
末梢血管を拡張させることがわかってきて脚痩せのための脚のむくみや、下肢静脈の流れをよくして、
冷えから足を守って暖かくするということを注目されて、欧米では美脚サプリとしても売られています。


抗酸化性の高いアダプトゲンハーブの一種とされる向きもあって、
アレルギー等の改善効果は薬用といっていいほどのものとしてアーユルヴェーダ医は、
ゴツコラを処方のハーブのひとつにいれて出すことが多くあるようですね。


それに「ジェイソンウィンターズ・ティー」という、
健康の牽引力のある特別な様々なハーブをブレンドしたお茶にもゴツコラははいっています。


やっぱりこのお茶を飲むと、体が活気付いて調子よくなるんですよね〜


 


ゴツコラを使った知人の話では、
血行改善のパフォーマンスが高く認知症が改善したそうですし、
他には知人の友人ということですが男性不妊症の男性が改善したり。
他にも。。。。。


 


私には魅力的に感じます。


 


たとえばがんのような病も、
がんの種類によっては、血行が悪化して冷えた個所ががん細胞のアポトーシス誘導ができなくなって起こるといわれています。


すでに血管が押しつぶされて血流が十分届きづらくなったところを、
ゴツコラの末梢部の血行促進力が強いため、ゴツコラの飲食後に後には体内の水面下では自然な形で修復がなされるものです。
そのようなこともあってがんにかかりづらい体質へ改善させるためにとっておくとよい植物としても注目されています。


 



そのような健康を創造するためのハーブの代表格として、
ゴツコラをたくさん栽培して実際に食べて様子を確かめてみたいと思っています。



去年、発芽したゴツコラは、徐々に伸び枝分かれしております。
昨日の雲行きが悪かったので、他の鉢は雪でかなり手痛い被害を受けたのですが、
こちらのゴツコラを植えたプランターだけは部屋に避難させておいて無事でした。



ただ目下、悩みがあります。


3月に入り50粒ほどゴツコラの種を水耕栽培用にもプランターの土にもまいたのです。
半陰性を好む性質があるため、直射日光が当たるのは避け、午前中辺りは明るい場所に設置しました。
また水耕栽培用に、水を入れたタッパーウェアの容器に十分水を吸わせたスポンジを置いてそのうえで種を乗せて発芽を待っています。
等々、図書館からその手の本を10冊ほど借りて参考にしてやったのですが発芽してくれないのです。
日々、少しずつ植え方を変えたり育成光線ライトを当ててみたり(発芽には意味がないと知ってるんですが・・・)
水耕栽培用キットで、ぶくぶくと泡が出るようなポンプ付きのものも買ってみたり。
自分で思い当たるところは試してみてはいるんですが、どうしてもうまくいかない。


 


ゴツコラは3月から5月にかけて種まきをする植物で、
すでにもうすぐ4月になるのですが。。。
昨今の天候不順で気温が15度を下回る日が定期的に来たためか、
まったくもって50粒のゴツコラ発芽率が0パーセント。


それは予想外のことで、
トホホです。


〜〜;


 


どうしても発芽させたいということで、
種なしゴツコラとなる恐れがあるが「ジベレリン酸」という「発芽促進剤」を使ってみようと思っています。


ちなみにジベレリン酸は、種なしブドウを作るときに使われます。
この溶液を使用すれば、種を作る栄養を枝葉や根などに当てるようになるそうです。


ちなみにジベレリンについてのハイテンションな声を持つ先生の講義映像。



ジベレリン-8


 


 



なんで、私がまたまた性懲りもなくゴツコラの記事をブログに書いたかというと、
お読みいただいている方へのお願いがありまして。



もし、園芸を趣味となさっておられる方が読まれていて、
「ゴツコラを発芽させて畑にしたよ」とか「こんなような工夫をしなさい」とか「せり科の植物だからここがポイントじゃない?」などなど。
もしかしたら「もうちょっと安定的に気温が20度を超える日が続くまで、ひたすら待て」というのが答えかもしれません。
ですが、できれば工夫次第で、こんなに発芽するんだというやり方があったら、日本にゴツコラ栽培がブームになって、
認知症改善や学習能力がアップしたり、美脚の人々が増えるかも。


それだけじゃなくて、ホットストーンをつかいセッションするときにも末梢部の血管がゴツコラを摂っていて開いていれば、そのときの施術成果は大きく跳ね上がると考えてるのです。
末梢血管が拡張するというと、それは末梢神経に対しても良好な影響が出てきます。
末梢神経系の交感神経が優位になりすぎている人たちは、施術成果が著しく落ちることはわかっていまして、
それが筋緊張を再度、速攻で元通りにして固まってしまわれる要因の一つにもなっているようです。
だったら日頃に末梢血管が開き末梢神経への酸素量を十分にキープして活性化した神経組織であれば脳への情報流入も正常になっています。
その状態とは交感神経の異常な緊張を落ち着かせて、治療脈の出やすい副交感神経優位にスイッチが入りやすい状態としてくれるのです。


それって、すばらしいじゃないですか!!


そう、思いませんか?


一回の施術の効果が長くキープできるだけじゃなくて、
その施術が引き金になって、体の他の部分も自動で改善方向へ向かうことを意味していそうですから!
そうしたら、ものすごくお得な尊いセッションとして、
今までの私の施術を越えて後々まで続いていくパワフルさがでてくるんです。


そうなってくれればと夢をみたいですね〜。


 


そこで50粒の種を、、、今のところまいてみて不発に終わらせてしまった私に、
もし、あなたがご存知のノウハウや、園芸関係で見ておきたい本やYouTube映像などなどがあれば、
ぜひ、教えてくださいませんか?



ゴツコラは種がなくても枝を地植えすればそこから根が出てくるものですから、
私のところで多めに育成できたら、ぜひ、お客様におすそ分けをしたいと思っています。


ゴツコラの家庭菜園や窓際菜園ご希望のお客様にプレゼント用として。
種からの発芽は難しいのですが、枝葉が出た茎を植える育て方は、いたって簡単だと思います。


 


どうぞよろしくお願いいたします。


 


 


 

posted by スズキ at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

「ずり圧」を補完し、筋膜リリースのバリエーションを増やすシリコンカッピングによる「吸引圧」

まずはじめに、
シリコンカッピングの教材DVD。

「医道の日本」という出版社から出ていたんですね。


Amazonでいうと以下の通り。


CIANA シリコーンカッピング (カッピング+DVDセット)
価格: ¥13,200 通常配送無料

スライドカッピングを使ったやり方も、解説してあるようです。


医道の日本のサイトから購入すると、だいぶ安くなるんですね。
https://www.ido-netshopping.com/products/detail.php?product_id=5557
13,200円(税込)が10,560円(税込)へ。

あと私は代引きで注文したので手数料¥ 440が加算されますが、
それでもAmazonで買うよりもお求め安くなります。

Amazonで買うときの即配は期待できませんが、
自社サイトを持っているショップで少し値の張る注文をするときには送料もかからないでお得になりますね!





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





シリコンカッピングの吸引圧のことを、
英語で言うと「バキューム・プレッシャー」だったり「ネガティブな圧」といわれたりします。

ところで、、、
「なぜこの吸引圧がホットストーンに加えられるとすばらしい筋膜を緩める効果があるのか?」

実は押し込むような圧やずり圧のような圧をかける時に、苦手な部分が人体にはあるんです。




ひとまず、前提知識として、
深層筋を解くときに、ずり圧を使ってどのような仕組みでリリースを起こそうとしているのか。
そこを知っていると、うなづけるところが出てまいります。




ずり圧をアイロンがけをするときをイメージとしてたとえるため、
アイロンがけをしやすいアイロン台とは?を考察してみましょう。

アイロンがけ.jpg

アイロンをかけるときにアイロン台をつかいます。

アイロン台は、通常は背板のような硬い板の上に、中綿が詰まったマットがあります。
それがいちばん、アイロンをきれいにかけられる仕様ですね。

(1) もしもそのアイロン台が、液体のようにぽちゃぽちゃしてれば押し付けて均等にアイロンの熱を加えられませんね。
  アイロンをかけようとしても、アイロンがけをしようとする衣類等は逃げてしまいます。

(2) もしもそのアイロン台が、デコボコだったとしてもうまくアイロンがけはできません。
   凸の部分だけはアイロンの熱がかかりますが凹はアイロンがかからないからです。

(3) もしもそのアイロン台が、「硬い板だけ」で中綿のクッション部分がないと熱がうまくとおりません。
    アイロンがけをするときのアイロンの操作が難しいものになりますし、
    ときいは熱が急激にかかってしまい衣類等が焦げてしまう。



私たちが「ずり圧」という圧をかけて、
お客様の筋膜の癒着をごっそりと解けるのも、
ちょうどいいアイロン台がそこに用意してあるとき。


たとえば、背中の起立筋の筋肉部位に癒着部を見つけてずり圧をかけるとき。
その筋膜の癒着部の下に位置する、よりしっかりした硬さがある部位があるかを調べています。
それは解こうと狙いをつけた下にある「さらに強い癒着した凝り」や、「骨」であったりです。
その硬い板を利用してアイロンがけをするかのようにずり圧をかけるときの摩擦熱を生じさせ、
それで筋膜の層を分離させておいて、
一体に癒着してにっちもさっちも正常な動きができなくなった筋肉同士を引き離すわけです。

それはたとえば、皮膚から何センチとか何ミリ下にどのような筋肉と筋肉がくっついて動けなくなっている部位があるか。
そして、それらの筋肉はどのような本来の機能・動きの方向を持っているのかを考えて、
それらの筋膜をはがすときにはがすのに適した方向を考察の上選んでいきます。
そのリリースの方向を探るにも試行錯誤は必要ですから、即見つかることはまれですが、
そこが見つかれば、そのキーになる部分をほどいた瞬間に周囲の関連する部分が見事に筋膜の緊張が緩んでほどけるのです。

そのようなことをするときにはビジュアルで患部やそれに関連する部位を脳裏に描き出していき、
そちらの絵を詳細に描き切れた瞬間にどのような手を打てばいいかの回答がみつかるようです。
効果的なリリースのための一手は、だから人それぞれのカラダの状態により違ってくるのです。
徹底した観察から意図的な一手を打つかどうかで、筋膜リリースの効率や安全性も変わります。



ただし人体には、アイロン台の板がない中綿を押すだけしかできないような部位もあります。

たとえば「みぞおち」です。

みぞおちは、多くの呼吸器等に問題がある方には、
決まってしつこい癒着が見られます。
みぞおちは肋軟骨と横隔膜とが癒着が進んで皮膚表層部を緊張癒着させた状態になると、
季肋部の動きを制限させて呼吸代謝を制限させ、
心臓に与えるべき胸骨の前後動によるマッサージも受けられなくなるものです。
そして免疫組織として重要な胸腺の刺激が低減させられますから、
花粉症等の免疫力不足により過剰に外部から来た物質に反応するアレルギーなどの症状も引き起こします。



ですがみぞおちに私が手を当てて押し込んでみても、その先は胃や大腸など柔らかい臓器があるのです。
そのためみぞおちにずり圧をかけても(1)の液状のアイロン台でアイロンがけをするようなものです。
ほぼほぼ思ったように解けることはないんですね。

アレルギー等の状態が強かったり、みぞおちの硬さが強すぎることで問題が起きている確認が取れると、
そのときにはどうするか、、、。
しかたがない、みぞおちの皮膚をパツパツになるくらい奥の奥まで押し込んで解こうとアプローチをします。
(実際はみぞおちの筋緊張が強いため、それほどは奥に押し込めていない)


だが、、、幾分か、リリースができる。


おもに肋軟骨に付着が癒着した部位が緩むのです。
ただし、これがまたずいぶんとやられてみると苦しいんです。。。

もちろん、みぞおち部分のゆちゃくがなければ、押されても痛くもかゆくもないんですよ。

でも癒着している人は、あまりおおぅ!と感嘆できるほど解けないにも関わらず痛いんです。
ただそれを人によって2〜3回、または5〜6回していかないとみぞおちが理想へと近づかないんです。



ですがここでホットストーンで筋膜の癒着部を緩くなるよう温める下準備ののちにカッピングを用いてスライドカッピングをすると!



スライドカッピングには、別に押し付けてアイロンがけをするようなアイロン台が必要ないんですよ!




そうなると、いままではこんなに苦心しながらずり圧を用いてみぞおちをリリースして、
お客様にも「痛いよね〜、ほんと苦しくてごめんなさい!でもこれで呼吸機能が、ちょっとずつよくなるから、がんばろうね」
というか、
お客様の痛みをごまかすために、まったく別の話題を振って話し続けるか。
かなり苦労してきたものでした。

それがいままでのずり圧の数倍のリリースができます。


痛いか痛くないかでいえば、現状の私のやり方では痛いんですが、
そのリリースのしかたは工夫次第で軽減できるでしょう。
そればかりか、、、
お客様自身が、自身のみぞおちや肋軟骨の変位部分に、
日頃から痛すぎない程度にシリコンカッピング等をなされば、
それだけでもずいぶん状態が改善できてしまいますよ。

手軽に自分でみぞおちを解けるんです。
意外に、こういう痛みがあるところは、
他人に触られるといやな危険な感じがして恐怖心から痛みが増すんですね。
ですが自分で自分へカッピングをするなら吸引圧をたやすく調整できるので、
他人に解かれるときの緊張もおきずに解けるんです。

すばらしいじゃないですか!! ^-^



それは実は、みぞおちが硬い人の特徴として、肋軟骨部の変位が強く出ている人がほとんどです。
肋軟骨が持つ、本来の柔軟性が失われてしまった状態ですから、しなやかさがなくなっています。
ということは、カンタンにカウンターの力が入れば、それは骨折する状態を意味していますから、
施術者は息をこらえて骨折させないように慎重の上に慎重にリリースの作業をするわけです。

施術者の心身にかかるダメージは、一歩間違えればがけから落ちるところを歩くようなものです。

先生の中には、そのような骨折させるリスクをお客様に負わせるのはいかがなものかというので、
あまりその部分を解こうとなさらない方もいますが。
私は、いままで肋軟骨の変位が強い方も、少しずつ改善するごとにかつての状態から抜け出る姿をみてきたので。
できることなら、どなたにもそうなってほしいと願って、慎重に頑張るというようにしてきました。



それが、、、スライドカッピングであれば、骨折しやすい肋軟骨の変位した部分へ圧を加え押し付ける操作ではない。

そしてずり圧等の、外部から体の芯へ向けて与える押す力に対しては皮膚抵抗がかなりかかるんで、
圧の多く(時には過半数の圧が皮膚部分で抵抗にあって減じられます)はお客様のその生理的な現象で消し飛んでしまうのです。

それが吸引圧については皮膚抵抗は、ほぼ起きないものだと聞いております。
自然界では、外界から圧せられて攻撃を体内に与えられるときには身を守ろうとするというシステムを構築しましたが、
皮膚を吸引されたら吸引圧をちゃらにしようというめったにないことまではエネルギーを多大に使って対抗システムは作っていないのですね。
それは、当然といえば当然なのです。


そうなるとスライドカッピングの、ずり圧と比べると数分の1もあるかどうかでも、
筋が筋膜ごと体から遠位へと引き上げられ、それが「筋膜をはがす力」となります。



だからリリース効率が、いい。



理論上はそうなるだろう。
そのように予想して、トライしたものの、想像していた以上の成果がでたときもあって、喜んでいます。

特に事前に筋膜部のはがれやすい部分を見つけておいたり、一部作って置いてからやってみるといいようです。
ここは一般の方では見つけたり、筋膜の硬化をはがしやすい部分を作るなどはやりづらいところでしょう。
ですがそういった工夫を施術者が適切にしていけば、いい。

またはおそらくこのような施術を繰り返している先生や方々は、
観察からどうやると緩ませるに効果的かを見つけているかもしれませんね。



そしてみぞおち以外にも、
押し付けて解くずり圧をかけづらい部分がいくつも人体にはあるのです。

胸郭全体を含む肋骨もそうですし、首も、仙骨の上も、その他も。。。



吸引圧をかけてもちあげて、それからずり圧にして解けば、
さらにエフェクティブなリリースがかなうようなところも。
そこが私のこれからの研究課題となると思います。


そうやって考察していけば、いままでの私の施術スタイルがさらに進化への変化を期待できるでしょう。



ただしあらたなたものを取り入れると、手間暇時間が加算されるため、
そこを臨床で無駄・ムリ・ダブりなどを見つけ出していきたいのです。


ひとりで部屋で座学研究では、手詰まりですが。。。

来るときの準備をしっかりしていこうと思います。

posted by スズキ at 11:26| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

コロナウイルス拡大から、きびしい時代になりましたね。。。取り留めなく書いて、すいません

以下の内容は、私の知り合いの施術院の先生が書いていほしいという許可をもらって書かせていただいております。 m__m
とりとめのない話になって、申し訳ありません!!!




数日前、私の知り合いの施術院の先生が廃業を決めたと、夜中に連絡がありました。
とある有名な駅の近くで経営なさっておられる先生で、経営手腕と人心掌握が巧みですばらしい仕事をなさっておられましたが。

去年の年末からの消費税の増税で数名の働いていた方を解雇せざるをえなくなり、
そしてコロナウイルスの影響で自分も解雇になったといっておられました。
経済的な低迷と働いてくれていた先生を解雇してからは、
自分が現場で馬車馬のように働いたそうです。

ですが去年のうちにすでに体調がよくなくて、
それを押して働いたため体の状態が悪化したといいます。



体を壊していなければ、、、
再起するチャンスもでてくる時期で無念さが残ります。



いまは公的機関からの借り入れが容易に受け付けられるそうです。

『無担保、無保証、実質無金利(払った金利があとから返ってくる)』という通常では考えられない融資です。
この条件で申し込みをするには直近の売上が前年または前々年の同月と比較して売上が下がっている、
または昨年の12月と比較して売上が下がっている事が条件となるそうです。

詳細については各金融機関にお問い合わせください。

▶日本政策金融公庫の相談窓口
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html




私は去年、個人的な事情で母の介護から体を壊して無職状態で、
このような救済措置の恩恵を受けることはできません。
私は自宅開業で、仕事場を借りていないのと、
臨時施術の受付の施術をご希望いただくお客様のおかげさまで(ありがとうございます!!)、
いまのところでは休業中でもやっていけております。




他の先生方は、必要があれば当面の固定費分の支払いができるだけでも国から借金をして、
倒産または廃業せずがんばってほしいと切に願っております。



いまは新たなお客様を集める時期ではありません。
外出を手控えろと公的な組織からも勧められています。
それどころか外出制限を受ける可能性がある時期です。
集客のために広告を積極的に打っていく積極策では、
一歩間違えれば経費増加から経営悪化を招く恐れがでてきます。

コロナウイルスの影響が収まるまでは守りに徹し、
働けるときに備える時期と考えたほうがいいでしょう。





話が、また元に戻りまして。。

最近では施術院の乱立から撤退する先生方も少なくないのです。
ただ私も、この先生なら生き残って成長し続けると思っていたので驚きました。
しばらくお会いできてなかったのですが、
「体を壊したので、鈴木君のところで、2回ほど施術を頼めないかな」とおっしゃいます。

話を聞くと、あと2回の私の施術を受けるだけのお金はとっておいてあるのだといいます。
先生の事情を聞いているので、
復調後に私が施術を受けさせていただくという書き付けをもらって
ひとまず施術を5回受けていただけることと約束をしました。
施術者同士は、【 交換セッション 】といって、
互いが相手の施術を受けて勉強することがあります。


交換セッションはお金が間に介在することはないんですよね。
今回はそれがいいと思って、私から提案させてもらいました。


いまの私は、自宅にいるようにしております。
仕事では新たな施術のしかたを手探りで見つけ模索し始めで、
その施術の型や流れを付けたいときです。

実践的に気づきの多い施術をお客様に対してさせていただく必要なときです。
いままでのやり方を包括して、さらに奥へと進む道として構成していく過程です。
そのような生まれたての技術は、時を開けずに磨きをかけなければ、
間延びから着想が永遠に失われることもでてきます。

それもあるのでということで、交換セッションでいこうよとお願いしました。



プライバシーがありお伝え出来ませんが、先生のお体の症状を聞くと、
「私のところでいいのか?!」という症状。


「鈴木君に頼みたいケア部分があるんですよ。
 そこをね。お願いできればと期待してるんだ。
 だから根治をお願いするとか言った無茶なことは、いわないよ。
 僕だって、少しは医療知識もあるんでね。


 僕が鈴木君の施術ができなくなったら、
 香典を先渡ししたと思ってあきらめてください
 交換セッションの提案は、言葉に甘えるよ」と、しんみりというのです。


そのときに私が彼に言えたのは
「言葉に甘えるなんて、とんでもないよ。
 私こそ、お世話になるんだよ。
 
 私たちの境遇は、変わりはしない。

 自分が今いるところで立ち上がり、上を見上げればいい。
 過去に逃したことを悲しむこともなく、
 明日を思い煩うことも、今はやめておきましょう。」
というのが精一杯でした。

コロナウイルスの感染拡大の深刻さが増していくなかですから、
訪問施術をさせていただこうと思っています。
祈念すべき初の訪問施術です。




これからの、余談のようなこと。

日月神示を読むと、(今年、子の秋に、社会的な大難が起きる)ようなことが書かれていたと記憶しています。
(私がうつろな眠そうなときに、その本の章を読んでいたので、ほんとかどうか多少自信がないですが・・・)
そう書いてあったと思います。


そして私が早朝6時に人がほとんどいない目黒不動尊にでかけ、ひとりで瞑想する中で、
「難は、まだこれからで減ることはない。だから、用心し、修行なさい」という明瞭な声が、頭に聞こえた気がします。
はっと我に返って、あたりを見渡しても誰もいませんが。。。




ただしこれからの「難」を妄想して思い煩い恐れたとしても、
恐れの感情が行き過ぎた時点で悪縁を引き寄せるとんでもないものに化けるのです。
中医学では過度な恐れは腎を弱らせ気エネルギーを緩め下降させて冷静な行動を妨げるといいます。
腎気が弱ることで身体にも脊椎を立てる力にも悪影響がでて姿勢が崩れ、他の病候も現れます



そんな「差し迫った時だから、どうすればいい」のか。



そういうときのことを日月神示を読むと、次のように説いていたと思います。

よく日月神示を読みましょうという他に、

「大工は、大工としての、
 魚屋は、魚屋としての、
 神が与えた、
 神に仕える仕事があるぞ。

 一人ひとりそのお役目を大切に努めるのじゃ。
 それでよいといっておろうが。」




自分の仕事を、どんなときであってもむなしいものとは決して思わずに、そのときにできることをすればよいのでしょう。
苦労をしても誠実な気持ちを貫くならば、望みのかなったときの喜びを格別にするのです。


今の心身ともに暗澹としているとき。
ゆっくり朗らかで温和な気持ちをかなえる癒しの仕事のひとつが、私どもの職業です。

そこでの価値を最大化できるよう探求して、
施術受付の再開を待っています。



たとえば、いま。
秋以降にも難ありということを勝手に仮定したとします。

そのときの難を恐れても仕方がなく、
「大丈夫、どうにかなるよ」と口に出して腎の気が下降しないようにしょう。

「大丈夫か?ダメじゃないか?」は、絶対に死語とすべき時期です。
今は、死語を口に出さずにいきましょう。
そう考えなければ、やっていけなくなるときなのです。



ただし「大丈夫だから何もしなくていい」わけじゃありません。
「いまするべき行動を起こしたから大丈夫になる」というのが正解です。

そうやって、ひとまず今の私のルート選択をしていこうと考えています。





長々と、とりとめもなく書いてしまって、申し訳ありませんでした。


m__m;
posted by スズキ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

筋膜リリース効果が、スライドカッピングで跳ね上がることも!?


中国式の「吸玉療法」等の治療系の本は、和書も点数は多くないものあるのですが。
その延長線上?のスライドカッピングについて関心があるものの、和書でそのような解説書の出版物がありません!! 




いつものように洋書頼みです。




「The Guide to Modern Cupping Therapy: Your Step-by-step Source for Vacuum Therapy」

本書の英語で書かれた内容を機械翻訳して載せますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
内容紹介

古代からの代替技術で、現代の癒しの世界にふさわしい場所を見つけました。

近年では、数え切れないほどのハイプロファイルのアスリートや有名人が、自分の体に特徴的な円形の "カッピング "の溶接をスポーツしています - 背中と肩の領域が最も一般的である。
何千年も前にさかのぼって、カッピングは代替医療の一形態です。 カップは吸引を作成し、痛み、炎症、血流、深いリラクゼーションを助け、さらに坐骨神経痛と副鼻腔の混雑のための救済を提供することができます。

マッサージカッピングボディセラピーは、吸引と負圧を作成するカッピング療法の近代的な修正版であり、静止したカップと移動カップの両方を使用しています。
これらのカップは薬局で利用可能であり、昔ながらのガラスのカッピングのような熱を使用していません - それらを完全に安全で家庭での使用のために簡単にします。

シャノンGilmartinは、ライセンスを取得し、全国的に認定されたマッサージセラピストとこの素晴らしく多様な治療を教え、患者のための肯定的な結果を目撃している認定vacutherapies教育者です。
本書では、誰もがカッピングのプラスの効果を体験できるように、彼女の並外れたプロとしての経験と実践的な経験のすべてを共有しています。
200枚近くのステップバイステップの写真とフルカラーのページで、専門家の指導に簡単に従うことができます。

この本には以下の内容が含まれています。

カッピングの歴史、カップの種類、骨格や筋肉から消化器系、神経系に至るまで、カッピングの多くの治療効果について。
総合的な安全性と技術情報を含むカッピングセッションの後に期待されること
ストレスや背中の張りから五十肩、手根管症候群、TMJD(側頭顎関節機能障害)、酸の逆流まで、一般的な条件のためのアプリケーションです。
運動能力、出生前療法、炎症(急性と慢性)への取り組みなど、専門的な応用のためのセクション。

包括的で読みやすいカッピングセラピーの本で、実用的な提案がたくさんあります。
最近出版されたカッピングセラピーの本の中では最高の一冊に違いない。
-- イルカイZihni Chirali、伝統的な中国医学のカッピング療法の著者

著者について

シャノン・ギルマーティン(CMT)は、国家資格を持つマッサージセラピスト、認定バキュセラピープラクティショナー、教育者です。
メディカルマッサージ、筋膜リリース、神経筋、クレニオセイクラル、軟部組織損傷のリハビリテーション、タイマッサージ、内臓マニピュレーションなど、マッサージカッピングに加え、15年以上のボディワークの経験があります。
彼女はアメリカ国内および海外で教えた経験があり、バージニアビーチで練習しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


他のAmazonにある洋書のカッピングセラピーの本の中では、こちらがわかりやすそうでした。
中国語の本も検索したのですが、写真等が白黒写真でカッピングの跡などの視認性が明瞭性が欠けているようです。
こちらはこんど上野や神保町の中国書が専門に置いてある書店へ出向いて確認してきます。

そこはとりあえずさておくとして、
2日間、比較検討した結果、手に入れておきたい一冊として選ぶならば、
「200枚近くのステップバイステップの写真とフルカラーのページ」の上記のものとなりました。
数週間後にイギリスから届く予定で、たのしみです。

ちょっとでもスライドカッピングについて書かれていたらありがたいのですが。。。




他に和書がないかと探しているうちに見つかった本。


「ファンクショナル・カッピング・メソッド 【綴込付録:施術カップ(Sサイズ)】 (B.B.MOOK1406)」

一般社団法人グローバルアスリートサポート協会( https://gasa.or.jp/ ) というところが監修しており、
そちらにはこちらのリリースメソッドで使う用のシリコンカッピングが発売されています。

こちらのリリースメソッドのやり方は、
上記協会のURLの中間あたりの「FCMストア」というボタンをクリックしてください。
すると上部のドロップダウン式のボタンで「セルフケア」があり解説されてます。

そちらの協会の純正のシリコンカップを購入したいと思ったのですが、
現在は中国でそちらの商品を生産する工場がコロナウイルスの影響で休業しており入荷の見込みがないといいます。

このようなところにも影響がでてくるんですね。。。



とりあえず上記の本を購入すると同時に、


「吸玉 真空 シリコーン マッサージカップ 吸い玉 マッサージ カッピングセット ために筋肉痛救済,男女兼用,透明,5個,L」

それと


「chiwanji 12xシリコーン抗セルライトマッサージ真空療法ボディフェイシャルカップカッピング」

をAmazonで注文。





そのようなスライドカッピングを調べているなか。
私の下記のブログをご覧いただいたエステティシャンのお客様から、
シリコンカッピングを取り入れてなさっておられるということで連絡をいただきました!
ありがとうございます!! m__m


2020年03月24日
シリコンカッピングっていうのがあるんですね。興味津々。

http://bodywise-note.seesaa.net/article/474203852.html


じつはシリコンカッピングどころか、
ホットストーンも組み合わせておられるとのこと。
私が紆余曲折しつつ、ようやく探し回ってたどり着いたものが、
すでにこちらのお客様は日々のお仕事でなさっておられたんですね〜!


久々に「こういうことって、あるのよね〜」^−^;と目が点になりました。

こちらのお客様、私がいうのもなんですが、、、さすがです!



私もこれほど相性がいい技術の組み合わせってあるのだろうかと実感してる、昨今。

着衣のままの施術をホットストーンをつかった施術でもつらぬいている私のところでは、
もしシリコンカッピングを使ったスライドカッピングをするにも、
背中や腕、それに男性の場合は胸部というところになります。


だったらお客様ご自身で、日々のセルフケアに取り入れてもらったらいいのかなと考え、
それでのセルフケアによさそうなスライドカッピングの方法がわかる情報を探し回っていたのです。


シリコンカッピングが役立ちそうな2名程のお客様には
「私がブログに貼ったスライドカッピングの映像を参考にしてトライしてください!!」とお勧めしだしたところです。


そういったアドバイスがしやすいのはシリコンカッピングをつかったセルフケアは、
吸引圧が極端に強すぎないものだと思うので安全だからでもあります。
(ポンプ等を使って真空状態にするカッピングでは、吸引圧をかなり強くできるのだが皮膚が裂けるリスクもでてしまう)

または私が先日やらかしてしまった、
ベン石のカッピングマシーンのような機械式の吸引ポンプで、
あれよあれよという間に肌が過剰に吸い上げられて悶絶ということも。
時期にやり方を工夫すれば、徐々に負担も減少しだすと思います。



ネットで調べると美容系のテレビ番組で「シリコンカッピング」の画期的美容健康グッズとして取り上げられたようで、
むくみやセルライトを軽減・解消させる道具として、すでに多数の女性が取り入れてお気に入りだそうです。
Amazonのシリコンカッピング商品についたカスタマーレビューにも、そのような方々の感想も書かれておられます。



だったら関心あるお客様には日々のセルフケアでシリコンカッピングを取り入れて
自らの気になる部分の筋膜をやさしくはがしてくれるようお客様にお願いし実践していただけたなら。
そうしたセルフケアをなさるお客様は、私のホットストーンを使った筋膜リリースで、効果が飛躍すると考えています。


そう言えるほど私自身や数名の同業者の勇者を実験台にして試用してみたところ、
実にすばらしい、目を見張るような筋膜の緩み方を体験することができました。


posted by スズキ at 10:37| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

シリコンカッピングっていうのがあるんですね。興味津々。


私どもに通っていただいているお客様に、
次回お越しいただく前になにか改善のためのヒントとして助言できるようなことはないか。

そう考えて、数日前、書店で下記の本を見つけました。

がんの原因は汚血の爆発にある

内容紹介

【目次】
序章私が汚血吸引療法にたどり着くまで
●内科・皮膚科で始めたが、がん患者が訪れるように
●体内の汚血がなくなれば病気は改善するほか

第1章がんとは何か
●がんは10年から20年かけて作られる
●ストレスはなぜ体に悪影響なのかほか

第2章汚血が、がんの原因
●汚血がたまると体はどうなるのか
●抗がん剤は有効かほか

第3章汚血を取り除くがん治療
●私が考えるがんの治療方程式
●手術をすべきかどうかは体力しだいほか

第4章自然治癒力をあげる
●「毒」を体内に入れない生活
●老化を遅れさせるほか
内容(「BOOK」データベースより)

がんをはじめ病気に勝つのは、すべて患者自身の体力、生命力、自然治癒力、免疫力にかかっています。けっして化学薬品ではありません。汚血を体外に出せば、体は自然治癒力を発揮します。免疫力もあがります。その力は絶大です。誰にでも備わっている力を最大限に発揮できれば、体は改善されます。寛解や治る希望が持てます。
著者について

1945年、台湾生まれ。83年、千葉大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院産婦人科勤務。85年、荏原病院内科勤務。91年、順天堂大学医学部精神科で医学博士号を取得。93年、蔡内科皮膚科クリニックを東京都渋谷区初台に開業し、現在も院長をつとめる。著書に『病気の原因は汚血にある』(幻冬舎)。



とのこと。





吸い玉療法(カッピング)といわれるものの一種で、
皮膚に鍼を刺して真空にしたカップをつけることで
刺した皮膚から汚血(=瘀血(おけつ))を出す療法をしているそうです。

瀉血といって、それは中国等で昔からおこなわれているものです。
日本では、医師は、治療としてすることを許された療法です。
(または鍼灸師の先生方も可能かもしれませんが、私の知り合いの鍼灸師の方で、瀉血療法をなさっている方がいなくて。。。)

皮膚に傷をつけるという患者様を意図的に負傷させる行為ですから、
医師免許を持たない民間医療者が、瀉血をすれば逮捕されるのです。


そして上記の本の著者は、お医者様ですから瀉血療法もできます。



あとからそういえば私の知り合いの方も医師により瀉血をしていただき、
そのときのカップに血が入った写真を送ってくれたことを覚えています。
さっき、思い出しました。

もしかしてIさんは、上記の医者のところでお世話になったのだろうか?



私は最近「カッピング」を施術中にすることはなくなりまして。

かなり以前には背中の起立筋部分にカッピングをさせていただくことがありました。
それはカッピングによってつけられた黒だったり赤色だったり紫だったりする跡が背中に残っているあいだじゅう、
そのお客様の代謝は非常にいい状態が保たれます。
施術後に施術成果を維持促進させる目的がかなえやすかったのです。

ただ背中の紫マークが紋々のようで温泉にいけないとか、他さまざまな意見をお客様から聞き、
お客様の不評を買ってお宮入りになった経緯があります。

正確に言えば、カッピングがなくても施術成果が持続できるようなまでに、
私の施術のしかたが変わってきたので。
だから、カッピングを出して仕舞って、カッピングをして、
カッピングをするにもその説明をする手間や、カッピング後のマークがついたときの訴えなど、
それをお聞きするのもつらいと思うようになったのも手伝って。
カッピングを施術中に出すことはなくなりました。

ただそれでも数年の間はカッピングを施術中に使わせていただいた経緯があって、
多くの臨床例を納めています。
私としてはカッピングの後に出てくる跡がどのような質のものがそのお客様の内側にあるかを知ることができました。
黒色、紫色、赤色、と様々なカッピング跡がつきます。
ざっくりいえば黒が最も状態が悪化しており要注意な状態で、紫は何らかの化学物質も含まれる遺物で、赤色は疲れが蓄積しているなど。
そのようなマークがつくところは、まさに筋膜の癒着がひどくなっている部位に重なって出てくるのです。


それでカッピングの症例を多く経験的に知っていることが、
私の筋膜リリースのための見立てに貢献しているのですね。


そしてカッピングを、短期間で繰り返しおこなえば、
体内のおけつと呼ばれる毒素の集まりが排泄しきり、
いくら強めにカッピングをしても、一切、跡がつかなくなってきます。
デトックスがしっかりしきった理想状態の人ができあがりです。

カッピングをしないことで、
一時的な見栄えを優先させるか。

カッピングをすることで、
恒久的な見栄えを手に入れるか。


できれば後者が理想だと思います。
私も、そこをめざして、日々カッピングをトライして、
青あざのような跡をつけ続けたことがありました。
やっぱり、そのようにしていたときは調子がいいんです。




私にとって、カッピングは最近はしないがなじみの深いものでもあります。


そして大量のカッピングのカップや電動の吸引器もあります。
でもちょっとやってみようというには仰々しい感じで、
引っ張り出さないとなりません。


なのでちょっとだけ、このピンポイントにやってみたいというときはどうすれば手軽か?
そう考えてAmazonでいい商品がないかを調べてみました。





すると、シリコン製の吸引ポンプを使わないものも出ているんですね。
それは、かなり本格的な大きなサイズのものもあって、
これだったら使い勝手がよさそうです。



買うかどうか、いま、まだ迷ってます。

ちなみに使い方は、以下のYouTube映像でみていただくと、
おおぉ、こんなスライドできちゃうんだ!と驚くかも。
私は、驚きました。 ^-^;


Cupping Therapy for the Back

そして、ホットストーンで敷石をしながらこのシリコンカッピングができたらいいだろうな。
と思いつつも、うちでは服を着たままの施術ですから、
とりあえず自分専用でやってみて試してみたくなりますね。



ちなみにシリコンカッピングを効果的に使うやり方をレクチャーする映像もありました。


Massage Cupping Techniques for the Back, Pain Relief, Relaxation, How to Use Massage Cups

これを見ていて、ますますほしくなります。

「シリコンカップって、どれくらいの吸引力なのか?」
「吸引中のカップのヘリの部位の当たりによる痛さ具合は?」
「ヘビーに業務用として使ったときのへたり具合は?」
などなど、いろいろな疑問が頭の中によぎりまして。
実験したくなる。。。


が、あと数日は、本当に必要かどうか、自問自答してみます。

最近、本当にホットストーンの大量買い等、
コロナウイルスのための休業などの影響で、
買い物を自粛しないといけないので。


ただ、、好奇心に勝てずに買いそうな気はしていますが。

ちなみに、私が私用で買ったベン石のついた電動式カッピングマシーンがあります。


ハンドヘルド電動バックマッサージャー、負圧ホットマッサージ美容機器ディープティシューグアシャ削りマッサージツール用筋肉、頭、首、肩、背中、脚と足(タイプ02)

カップの皮膚に当たる部分がベン石でできており、
それが加熱されて遠赤効果が得られるしくみです。
吸引も加熱も9段階という細かさで設定できます。
赤いLEDライトも照射されるすぐれものです。


ただあまり売れなかったのか、
すでに廃盤扱いになっていて。

手に入れられないレアものです。

買ってみたはいいが、
ベン石があまりに小さくてがっかりして。
それで一切使ってなかったんですが、
今回、とりあえず使ってみました。

すると・・・
電動で吸引してくれるから、らくちんです。
それどころか、瞬時にカップ状の部分が真空化して、
皮膚が引っ張られて、一人で「おぉ〜、た、助けてくれ〜」と叫びつつ、
スライドカッピングをしていました。


カッピングマシーンの跡.jpg

そうした格闘の末、
「や、やばい、おけつ。
たまってるじゃないか!」

絵ほどじゃないですが、
確実におけつのマークが出てます。

でるだろうと想像していたのですが、
だいたい想像通りの低成績で目が点になりました。

ただこの日は、ほんとうに久々に夜、深く寝ることができました。
不眠解消にも、もってこいですね!






以前に施術でカッピングをしていたころ。
お客様に、カッピングはどのくらいの頻度でやればいいのかと尋ねられたことがありました。

そのときの回答は、
それは基本、人それぞれのカラダのコンディションごとに違ってくると思いますが、
以前、私が読んだ中医学の本は一ヶ月のうち2〜3回する習慣があると、
体内に酸化したおけつがたまりづらくなる。
健康な人はより健康に。そうでない方も、健康に近づくはずです

と言った記憶があります。



posted by スズキ at 03:01| Comment(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

キノコ型ベン石(大)を使って脊柱起立筋の最もときづらい棘突起に沿った一側線リリースは、すごい!いいですね。。。でも。



先日、同業者の整体の男性の先生が、ホットストーンを使った施術を受けに来てくれた。
私のブログを読んでくれていてホットストーンに関心を持っていたところから、
ホットストーン利用の施術を受けて自身でも取り入れてみようと考えていただけました。

私が利用しているホットストーンは、
一般的なホットストーンセラピーで使っているやり方とは異なります。
「深層筋をリリースするためのホットストーン」という命題をもって、
つねに自分の頭で考えていますから、様々な工夫が出てくるわけです。

現在、ホットストーンの種類として「かっさタイプ」、「スティックタイプ」、「グリップ型タイプ」、「電熱式タイプ」、その他、
極力、研究素材として入手してから。
どう使うかという使い方を記したペーパー等が一切ありません。

そこで私が試行して工夫しつつ使ってみて。
深層筋へアプローチするのに優れていると思えば、
それは極力ブログでそのまま載せているのですが。
それが中国の業者から入手しなければならないものの多くあります。




ホットストーンの利用での施術を考えてくれた先生に、
私が使ったホットストーンの優れものツールについて入手方法を問い合わせを受けました。

私は、、、
「そういえば、最近、在庫ありとネット上では公開されていても、実際は在庫がないという業者が増えているな。
 私のほうで、そこを確認してから教えようか」と考えて、業者に問い合わせメールをいくつか送りました。

ベン石の入手等で中国の業者とのやり取りを度重なってきていて、何度も手痛いことを体験してきた。
在庫や納期等を事前に問い合わせておいてからのほうが、その先生が迷わないで済むだろうと。

すると案の定、ショッピングページでは在庫ありだが、実際は在庫なしという回答が得られた。
ときどきこのひと手間をしないと、注文して数週間後、業者側から「在庫なし」ということで、
先方からのキャンセルとされてしまうことがでてくる。
すぐ教えてくれれば、他の業者を探して時間を節約できるのだが、緊急に必要なものだった場合には、泣きが入る。
そのようなことをよくする業者を、私は痛い目にあって、把握しているので。
調べておいてあげようと考えたのです。。。





そのような在庫なしの確認を取れた商品のひとつを挙げるとすれば。。。

キノコ型のベン石です。
キノコ型ベン石.jpg

サイズが大きく冷めづらく熱持ちがいい。
きのこの滑らかなかさの部分で、
滑らかでスムースな圧をかけやすい。
それは頭部のリリースを穏やかにするときに、
すばらしい成果をたたき出してくれるのです。

ベン石温熱器を持っていれば、そちらを使ったほうがパワフルですが、
それがなければ、このきのこの頭部分の滑らかさがある部分を使えば、
側頭部や頭頂部、特に顎関節症の方のケアにももってこいです。
顔のサイズも、こちらのツールを使えばかなりいともたやすく変えられるのです。


一側線.jpg

そしてキノコのかさの部分をかっさのように使えます!
私は脊柱起立筋の背骨の棘突起より数ミリ離れた部分、
(整体をしている私たちが一側線と呼ぶ部分です)
こちらを適切にリリースすることが、
これほどしやすいツールを知りません!

この一側線の硬さを検査し、
適切に凝りや緊張を見つけるのも難しく、
それと同時にリリースする技術も難しい。
一般の方では触っても、
ほぼ対処できない困難さです。
この一側線の凝りがあると脊椎の側弯や捻じれや前後屈などが改善できないんです。
つまり脊柱に直近にあって椎骨の並びの影響が非常に強く出るのが一側線です。

たとえば起立筋の太い全体をゴリゴリと解いて脊椎が延ばされたたつもりでも、
一側線を解かずにいれば早々に元通りにゆがむんですよね。
だから「起立筋を解いたんだけど・・・」と施術をする初学者の方がいたら、
この一側線を処理をごっそりと抜けているということもよくあることですし。
そして初学者の方だけでもなくて、棘突起に一側線のしこりがへばりついて、
凝りは冷えてしまってリリースが大変にしづらいのです。

無理して解こうとすると、どうなるか。。。
棘突起の骨を打ち砕くような、危険な圧になってしまうのです。
それがわかっているから、アプローチができないとあきらめる。

施術をするという依頼はしたが怪我をさせられたいわけではなく、
怪我を負わない範囲でのことをしてほしいというのがお客様の思いです。

それがホットストーンを使って起立筋部分を長時間にわたり温めておく。
するとこの一側線部分の解けづらく塊になった凝り部分も緩むんです。
そのうえでベン石のキノコ型のホットストーンを使えばリリースが叶うんです。


キノコ型のかさのヘリを立てて一側線に当て的確に部分を狙って解き進めます。
これがまた、不思議なほど力の出しやすい形状の構造だということに気づきました。



この部位を適切に解ける治療をすることは本当に困難さがあるものですから、
解けるかどうかという意識があまりない先生も多くいると、
他の先生と話をしていたことがあります。

だから極端な話、
この一側線を適切にしっかりと機能が回復できるほどに解いてもらえるだけでも、
遠方からその治療を受けに来ても、
患者様は元が取れると思うと二人でうなづいた覚えがあります。



一側線。
それが腰椎や頚椎のヘルニアや脊椎管狭窄症や側弯等の脊椎の並びの人には、
これらが解いて差し上げられるかどうかが、大きな次に進むカギになります。
それなのに一般の方々が一生懸命にアプローチをして解こうとしてみても、
本当に解けてないんですよ。
だから一進一退の攻防をし、
いずれは一側線の凝りの厚みが蓄積するので、
状態の悪化がなされて再発し続けてしまう。

そのような不都合な負のループを切ることができる。
ただすでに症状という状態の悪化した場合を解くのは技術的に高度なことで、
施術の専門家がなさってできることだと思います。

だったら、私がホットストーンを使って筋を的確にリリースをする特殊な手を使うのですが、
こちらの先生なら私と同じ手を使える方なのです。
じつに稀有な先生です。 ^-^


なのでホットストーンについて関心のある先生に、
絶賛でお勧めしたわけです。
ぜひ、そのような一側線リリースを、キノコ型ベン石でかなえていただき、
お客様に対して満足度をアップさせてほしいと思います。


なのに中国の業者では「在庫なし」。。。

コロナウイルスの影響のまえの春節の時期辺りから、
特にこのような状況が多くなってきているようです。





またホットストーンを使っておこなう施術について、
本当にセルフケアワークに役立てられるものなので。

施術業をなさっておられる方々にも、
効果的にメニューに取り入れられるものでしょう。

ぜひ多くの方々にそのことを知ってほしくて。
そのための企画を考えていたのです。。。

なのでキノコ型ベン石の大きなサイズのような、
ぜひとも勧めたいというグッズがあるものの。
中国の業者から経由するものは入手困難で勧めることができないというケースが多くて。
多くの人に目が触れる媒体で知らせるには紹介しづらい。

これが悔しいところですね。


posted by スズキ at 05:32| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

伝染病予防のとりくみ方のお勧め、「清潔に保つこと」と「レタス・セロリ・にんじんを食べてアルカリにカラダを保つこと」

コロナウイルス対策。


昨日、一年以上ぶりに同業者の方とお会いする機会を得ることができました。
現在も休業せずに、非常に忙しく活躍なさっておられる先生です。


その先生が私の家に来て、
さっそくなさったことは。

自前で持ってこられた「アルコール消毒液を使って手の洗浄」です。

現在はアルコール消毒液が薬局等で手に入りにくいようです。

彼は地元で別のルートで量り売りをしてくれる店を見つけ買いに走るそうです。
別ルートのお店も品切れになることがあるが、次期の入荷予定はあるようです。

苦労して購入した貴重なアルコール消毒液を使い、
自身の施術室を徹底浄化しておられるといいます。
ドアノブから手に触りそうなところを徹底して消毒し、
アルコール消毒液の消費量は大変なものだそうです。


今できるお客様への配慮をする姿勢が伝わってきました。

私も施術をする自室での配慮は、
平素は窓を開けての換気体制や、
空間を酸化からアルカリへと導く力が強いブラックシリカの設置を施術部屋に移動したり。
他にいくつか気をつけていたものの、こちらの先生の取り組み姿勢から学ばせていただけるところは多かったです。




伝染病の予防方法について。
知る人ぞ知る「エドガー・ケーシー」氏の、伝染病に関してのリーディングが、
私が読ませていただいているメルマガで掲載されていました。

エドガーケーシーが活躍していたころ、
天然痘」という伝染病が流行していました。
天然痘のワクチンが開発されていないころでした。
天然痘は極めて感染力が強く、しかも致死率が20%から50%もあります。

生命にかかわる驚異的な危険性をはらんでいます。

その天然痘の予防法に対してのリーディングは、
相談者の各人に与えられたものですから一概に万人向けではありませんし、
現在の伝染病は天然痘ではなくコロナウイルスです。
そのまま当時のケイシーのリーディング内容を自分に当てはめていいかは、
わからないところもでてきます。

ただ、アドバイスとしてうなづけることも多々あるようです。

「清潔に保ちなさい」

「レタス・人参・セロリを毎日食事の一部として食べることを守ること。身体をアルカリに保つことを心掛けなさい」


というメッセージが伝えられました。


確かに体が酸化することで血液の粘度が上がります。
それと時期を同じくして免疫力は大幅に後退します。
なのでカラダをアルカリに保つことは、
イコール、血の浄化につながり、
免疫が高い状態でキープできるということでしょう。



特に「レタスをたくさん食べなさい」というメッセージも。
そうか、レタスって体をアルカリに保つにはいいんだ。。。
レタス、食べなきゃ。


もうひとつ付け加えらたいメッセージ部分に、
「(上述した内容の対策をしたならば、)
あとはまったく(恐れないこと)だ」

といいます。


中医学では、精神的ストレスのひとつ、「恐れ」のこころを過度にもつなら、「腎を損傷する」といいます。
腰痛、尿失禁、物忘れ、思考力の低下などの症状が現れます。
腎の性状として「水」の運行にかかわりますから。
人は恐れが強すぎれば体内を循環する水の流動に悪影響がでてきます。

水分代謝が阻害されては、免疫物質をカラダの隅々まで送れなくなる。
そう見れば、恐れが免疫力を目減りさせる原因ということもできます。

恐れの感情が、免疫抑制剤に働くことを理解して、
今思いつく、できるだけの対策をとったあとは、
恐れてはならない。


できることへのアンテナは立てつつも、
「大丈夫だ、きっとなんとかなる」と、
自分の口から言葉を出すことが免疫力を高めるのだから。


社会的にも経済的にも、
たいへんな時期だから。
コロコロと転がり落ちつくことのない感情の気を、
力強く満たされた状態に保つ必要があると思います。





最後に。

伝染病、コロナウイルス対策としてできることのひとつ。
スーパーマーケットや八百屋でレタスを、ニンジンを、セロリを買って食べよう。
レタスは種も買ってきて育てようか。

ダイソーなどでは「サニーレタス」や「レタス・サラダミックス(コスレタス・レッドオーク等」のレタスの種、売ってますし。
(ほんとうにサニーレタスでもいいのか???疑問が残るが・・・)

2020-3-20 追伸:『「レタス」ですぞ〜!ちなみに、白っぽいレタスよりも、ロメインレタスやサニーレタスなどの緑の濃いレタスがケイシーのお勧めです。』
と後のエドガーケーシーのメルマガより書かれているところがありました。ご参考までに。


レタスの鮮度が高いほうが免疫力もつくのです。
たまたは以下のブログをみたら、
セリアという100円ショップで
レタスの鮮度キープのすぐれものがあるようで。
興味、有ります。 ^-^



ヨムーノ

すごいぞセリアさん!"茎に刺すだけ"で野菜が長持ちする「究極の便利グッズ」発見
https://www.o-uccino.jp/article/posts/60695
posted by スズキ at 09:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

不景気の嵐が吹き荒れる今だからこそ、誰にでもやさしくわかるホットストーンセラピー入門講座のテキストがあればいいのにと思ってます。

時事ニュースに疎くなった私ですが、
久々に国会討論をNHKで見ました。

国が景気対策をするといいます。
緊急景気対策をするほど景気が悪化しているというと。



おそるおそる、今後の日本の不景気がどうなるのか。
心配になって、ネットで「不景気」と検索してみた。

すると以下のサイトがヒットしました。


不景気.com
https://www.fukeiki.com/



企業業績の悪化から、
ここ最近の国内の企業倒産やリストラなどの情報が。

最近、あまりテレビを見ない生活を続けていたため、

このような上場企業が
、、、今の時代は早期退職者を募るのか、、、。

頭がくらくらくらと、
心臓も動揺を隠せず。



今後の景気が思わしくないままが続けば、
不況に強い業種や、不況に弱い業種など、
差が開くことだろうと思いました。

整体院等の施術院関係は、
以前より利益の少ない業種の位置をキープしています。
それゆえ頑張る先生は経費削減意識も徹底しています。



ですがこれからの景気後退による動向からは、
費用が掛かる病院のような医療機関の受診も、
まして施術院に通うこともままならなくなる。

そのようなときが今後来る可能性もあります。

私や同業者の方々の生活を立ちいかせるため、
これから、さらにお客様にとって価値ある施術やサービスを提供すること。

自分にできることを最大限するしかないので、
やることをやった後は、大丈夫と信じていく。
それがベストだと思う。


病院・施術院に行かなくてもよくなるような、
「セルフケア能力」を個人個人が養うことが必要になります。


どんなときでも心身ともに健康的な生活を送りたいのは当然ですから。


そのような「セルフケア能力」を飛躍させる自己治療法として。

ホットストーン・セラピーは、
自分ひとりで石を手に入れて自宅で疲れた体や浄化すべき患部を癒すことができるものです。



去年の私は、徹底的にそれで自分のカラダのメンテナンスをしました。
施術院には結局通うことなく、自分を脈診で診てかなり重症でしたが、
どうにかこうにか、施術再開ができるまで、体を立て直せました。

(神様、ありがとうございます!)


脈診でいうところの、沈脈という病気が体の奥にまで入り込んで、
脈がしょっちゅう規則的に打つべきところが飛んでしまったり。
舌を診れば地図状の舌苔のはがれかたが、
消化器のきわめて異常な状態を表すほど。

自分で自分の状態が診れるというのも、
面白いものです。


私の好きなユダヤの格言集のようなタルムードという本には、
「他人の髪のチリはわかっても、自分の鼻の上にとまったハエは見えない」ということわざがあります。
他人の欠点はすぐ気づくが、己の欠点はわからない、あるいはみようとしないという意味です。


施術をしているものとして、自分の体を客観的に見つめる目もあるのですが、
本能的に状態がひどかったりするとそれを認めたくなくて見ようとしません。
見えていても、見えていないふりを無意識にするのです。


そんなずるいことも中医学診断を学びだして身に付く過程で許されなくなり、
自分の現状にも逃げないで見つめるマインドが養われていきました。

ちなみに病の位置を「病位」といいますが、
それが浅いときは「表にある」といい
それが深いときは「裏に入った」といいます。

私のカラダは、
ホットストーンセラピーをする前は、
着々と病位が深く入り「裏に突き進んで」いました。
心身ともに生きた心地はしておりませんでしたから。


ホットストーンを使わずにいたら、
おそらく今の私はないと思います。


それゆえに、
「ホットストーン、すばらしい!」といいたいのです。


そのようなホットストーンで救われたセルフヘルプをした体験者として、
ホットストーンを使ったセルフケア行動を多くの人がとりやすくなれば。

そのように願ってなりません。




ただ私のように自身でホットストーン用の石を、
100個ほども買い込んで、
自宅でそれを挑戦する人も少ないはずです。

だって、ホットストーン関連の情報があまりにも少なすぎますし。

ただ送られてきた石を目の前にして、
どのようにこれを使えばいいのかと。
マニュアルなど石に添付されているわけでもなくて。


書店に行ってみても個人で気軽に学んでやってみようと思える教材もなかった。
日本語の本とか、YouTube映像とかも。。。

ホットストーンセラピーを習えるのは、
女性のみという講座は見つかりますが、
男性の受講はお断りなんです。
ホットストーンセラピーを学ぶにも情報源がなくて。

結果的に、いまだに様々な形態のベン石のかっさやホットストーンなどを目の前にして、
「さぁさぁ、私ならこの形状の石、どう、つかう?!」
と、アイデアを多数出して変わった使い方をしていそうです。
施術の試行錯誤は、もともと慣れているので、
案外楽しくやっていますが。。。

どこかに効果的なホットストーンのやり方があるのにも関わらず、
初心者モードの試行錯誤をするということに、
こころのひらかない気持ちはありますが。。。

どうにかこうにかそれでやっていくなら、
ホットストーンを教える協会等で習えば、
部外秘の技術を得てしまって人に教えられないということもある。

そのような心配をすることのない、
創作ホットストーンセラピーをこさえています。



ただいまだにエステサロンがやるのがホットストーンセラピーだ、
という固定観念があったため手を出すことがなかった私が。
なぜ、「ホットストーンセラピー、お勧め!」というかが、
妙縁だと感じられてなりません。



私も「ベン石温熱器」を使った筋膜リリースを思い立って、
それが中国から数か月届かずに途方に暮れてしまったとき。

だったら手に入りやすい玄武岩で普通のホットストーンを勉強して、
ベン石が届いたときのノウハウを貯めようと思わなければ
ホットストーンセラピーが成立するほど玄武岩を大量買いしてませんでした。

ただ今考えるともしベン石温熱器が、スムースに手に入っていたら、
その機器を一機だけ使うのみの施術法をひたすら考えていたはずです。

それでは、去年の私のカラダの病が裏に入った状態は治せずにいたはずです。
明らかなるパワー不足でいたでしょう。。。



いまはコロナウイルスの拡散防止対策をする時期として、
やむを得ず休業しているのですが、
ホットストーンセラピーを自身に取り入れてなかったら。
いまだに去年の体調の悪さを引きずっていたか、
さらに悪化の一途をたどっていただろうと思う。



そのような体験をした私だからこそ。



『誰にでもやさしくわかる(ホットストーンセラピー入門講座)テキスト』
そういった教材があればいいのにと思ってます。

そのようなものができるように、私もがんばらねば!



ただ。休業でお客様の施術ができず臨床データが増えない。
臨床研究から勉強する分野の深さを決める私には。
それでは研究の伸びが大幅に制限されてしまう。
つらいです。

ホットストーンセラピーで、
「裏に入った邪気を、どのようにして浄化できる?」
という命題が解けるようにしていきたいのですが。



施術をせずにいたほうが私のカラダは楽ですが、
いまは、座学でとどまる時期じゃありません。

一日に一人のお客様のペースで施術回転ができれば、
半年で大化けする基礎データがたまると思いますが。

不況による集客状況と、
コロナウイルスを収束させるための施術休業が重なるとは。
とにもかくにも私らしいホットストーンセラピーづくりを、
どうにかこうにか推し進めていこうと思います。



皆様、ご協力のほどを、お願い申し上げます。
posted by スズキ at 18:46| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

272円のグリップ型ベン石を、ベン石入門として買ってみてもいいかも。。。

先日、同業のお世話になっている先生から、
「ベン石の握って施術ができる270円台のやつって、どこにあるの?」
という問い合わせを受けました。

2020年3月17日現在、
価格は272円!!

中国から来ますから納期がかかりますが、
驚きのリーズナブルな価格です。


Amazon経由で購入できます。
https://amzn.to/2U8xbU9


ベン石の握るやつ.jpg


Roman Center ウッドマッサージ棒 天然石 ストーンニードル鍼フットスティックボディマッサージスティック 指圧 リンパ かっさ


「ストーンニードル」というのが「ベン石」のことです。


<ストーンニードル>=<石でできた鍼>

これは古代中国では鉄やステンレスの鍼はなくて、
ベン石を針状にして皮膚刺激をしていたんだそうです。
それが当時のベン石の採掘場が枯渇してベン石がとれなくなったとき、
鉄等の別の素材を使ってベン石でおこなっていた皮膚刺激をしました。

そのような流れなんですよね。


またベン石を温めて皮膚に押し付けて温熱刺激を加えて邪気を浄化した様子も、
古代中国の遺跡の中から見つかっているのです。

ストーンニードルと同様に、ベン石が採掘できなくなったときに、
「じゃ、ベン石による温熱刺激以外のやり方はないか?」と試行錯誤の上、
中国の<お灸>ができたというのです。

鍼灸の歴史的な流れの源流に、
「ベン石」があるというのは興味深いと思います。


現代では新たにベン石の採掘場所が見つかったため、
再度ベン石を使ったマッサージツールが供給されているのです。

私は数年前に<ベン石>が「隕石由来の生成過程を経た石」と知り関心をもちました。
ただ当時はマッサージツールとしてベン石が手に入る環境ではなくて、
ベン石のサンプルが欲しかったもののあきらめていました。

それがベン石が、強力に血を浄化していく力を持つと中医学研究の過程で知りました。
邪気が瘀血(おけつ)として体内に溜まってしまうことで、病を得る仕組みがあります。
ベン石による患部へのアプローチ。
それは大きな邪気を浄化させるプロセスに貢献するのではないか?

当時はテキストや映像では見ても、自分での効果の実体験はありません。
未体験ゾーンでした。


やっぱりそのようなときは、
私も高価なベン石を中国業者経由で納期が長期待たされたり途中キャンセルにあったり、
さんざんな苦労をして、いきなり手に入れる前は、
安価なベン石を手に入れて自分の施術にいれられるかどうかを探りました。


そのような意味合いで、
まずはベン石を試したいという人にとって、
このツールは安価なものの最たるものです。
送料込みでこの値段ですから。^-^


人によっては、施術をする先生のスタイルによっては使えなさそうという人もいるはず。

それはなぜかというと、このような器具を使った丁寧でわかりやすい施術解説書がないんです。
買っても、他から学ぶことができずに、白紙の状態で使い方を工夫できないと使いきれません。


でも、、、272円なら、
究極、自分の足裏を押すための専用ツールにしてもいい値段でしょう。


ちなみに送ってくるときには、しっとりと上品な黒々した感じではないでしょう。
鼠色でうすら汚れた石という感じです。

それを観て「こんな粗悪品!」とAmazonのカスタマーレヴューで書き込みをしている人もいます。
ですがそれは間違いですね。

最高級のベン石ではないため、石のきめ細かさは最高級とは違います。
最高級のものは持った時の感触が違い肌に吸い付くような感触ですね。

ベン石にも松竹梅のような等級があるんです。
それはさすがに272円じゃ買えません。
「泗(し)濱(ひん)浮石(ふせき)」と呼ばれる高級なベン石は、
その数倍から数十倍の価格になります。
私が使っているベン石温熱器は「泗濱浮石」の高級な石を素材として使われています。
やはり熱の伝わり等が、等級が低いものとは比較にならないような気がします。



だからこちらのベン石は、
「ベン石ってどういうマッサージツールになるの?」というお試しをしたいとき。
いきなり高額なものを買うのもリスクがありすぎですから、
まずは安価なものを手にして感触を確かめてみるのもいい。
そのような位置づけて試していただければ、よいでしょう。



ただこちらのベン石も、そんなに悪くはないものです。

オイルマッサージをするときにオイルを吸ってしっとりしたり、
自分の肌を直接的にこすると不要な皮脂を吸収して黒くしっとりしたコンディションとなります。
滑らかさが変わっていくのです。



posted by スズキ at 14:49| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

趣味と実益の園芸、ホーリーバジル、そしてゴツコラ

体調管理方法のバリエーションにもいろいろあります。

整体、お医者様、それにアダプトゲンハーブ:ホーリーバジル!^-^




今日、3月14日。
春になり、気候が暖かくなってくれると思いきや、
東京では今日「雪」がちらつきました。


アダプトゲンハーブと呼ばれる、
古代インドや古代中国のハーブ等で知られた植物の種類があり、
今日はそのうちの「ホーリーバジル」の種まきを断念しました。


アダプトゲンハーブと呼ばれるものの規定とは。。。

1. 服用者に無害であること(適用両範囲内であること)
2. 非特異的な反応を示すこと-つまり、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して抵抗力を高めること
3. 生理機能を正常化すること;標準値からどの方向にずれても正常値に戻すこと


『アダプトゲンであるとされるハーブ類』

アシュワガンダ
冬虫夏草 (トウチュウカソウ)
党参(トウジン) (ヒカゲノツルニンジン)
エゾウコギ (シベリア人参/エレウトロ)
ホーリーバジル (カミメボウキ)
高麗人参 (朝鮮人参/オタネニンジン)
イボツヅラフジ (グドゥーチー)
アマチャヅル (ジャオグラン)
甘草(カンゾウ)
マカ
霊芝(レイシ) (マンネンタケ)
ルージァ・カルタモイデス
ロディオラ
朝鮮五味子(チョウセンゴミシ) (チョウセンゴミシ/オミジャ/シサンドラ)
チャーガ (カバノアナタケ)
シラジット(インド、ヒマラヤ山脈の特定か所で採取できる土)

などがあります。


そのなかのひとつが「ホーリーバジル」。

アーユルヴェーダの盛んなインドやスリランカでは、
どの家庭でも軒先の鉢植えや庭にホーリーバジルを植えているといいます。
ホーリーバジルを植えている家の前を病魔等は避けて通るといわれるほど、
免疫力をアップしてくれるそうです。
薬代わりに、一日に3枚の葉を食べるようにするといいそうです。

ウイルス対策にはホーリーバジル!

そのようにアーユルヴェーダ医は、
有益なハーブのひとつとして必ず処方するもののうちのひとつです。

コロナウイルスの対策にホーリーバジルティを使ってうがいをする。
そのようなことも勧められているのでは。



去年、植えた時期が、心身ともに復活したのが去年の半ばを越えた時期で。
7月2日に「ホーリーバジル」を植えました。

残念ですが芽が出ても大きく育たず、
すぐに枯れてしまいました。

台風にやられた。。。

プランターで栽培したのですが、
対策が必要だったんでしょうね。

オーヤトゥルシー」という日本人の方が日本でも育てやすい種類の種を取り寄せてまいたのですが。。。


今年はオーヤトゥルシーではないのですが、
免疫力を高める効果の高い「クリシュナ種のホーリーバジル」を3月中に植え込みを終えようと考えています。
再挑戦です。



ホーリーバジルの種からの発芽方法は、
一般的なバジルのやり方と同一です。

種を「水」につけておくと、
種の周りがジェル状の膜に覆われます。
そのようになった種をまくわけですが、
地面を掘って埋めるのではなく、
プランターや庭の土の上に置く感じで。

それでOK。

やってみると簡単だし、
YouTube映像にもあり、
それらを参考にするとよいでしょう。

しっかり根付いてくれたならば、
生命力の強い植物ですから育てやすく、
収穫の喜びを味わえるでしょう。
種のとり方をわかっていれば、
翌年、採取した種をまたまけばいい。

種が多く取れたら、知っている人に、
おすそ分けするのもいいでしょうね。




ただ、栽培するのは面倒という人は。
ホーリーバジルをお茶にしたティーパックも売られてます。
そちらを利用してというのもよいでしょう。


みなさまも、ぜひ、今の時期の保険として、ホーリーバジルを試してみていただけませんか?





最後に。
最近、私がみまくっている園芸系のYouTube映像。

Horti
https://www.youtube.com/channel/UCKm42P_NQ7fdamdIE7wZxqg

園芸家の深町貴子が企画・制作・プロデュースする動画を中心に園芸の楽しさをお伝えするカルチャーセンターです。

園芸に興味のある方はもちろん、園芸やったことが無い方もHorti から始めてみませんか?

趣味の園芸という番組にもでておられた方なのですね。

趣味の園芸やさいの時間「ペットボトル菜園」 1/2


たまたま以下の牛乳パック栽培を観て、
「なんとわかりやすくてたのしい解説をなさる方だ!」と感動しまして。

おどろきの牛乳パック栽培


他にある園芸家の映像は、園芸のプロがつくっているのはわかりますが、
見る側として解説が間延びして途中であきちゃいまして。 ^-^;

それがHortiさんの軽妙な語り、解説は、ついつい引き込まれて。
たのしみながら園芸技術が学べ、本格的な勉強になります。


余談ですが、
他にも「ゴツコラ」(ペニーワート)(和名:つぼくさ)というハーブがあり、
こちらも3月中に植え付ける予定です。

「ゴツコラ」アダプトゲンハーブに準じているとされ、
記憶力を高め学習能力向上につながるという優れもの。

できれば、下記の映像を参考にし、
有機の土ではなく無機の土を使い、
家の中で栽培できればと。


野菜のグリーンハウス
posted by スズキ at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

書籍紹介:『大東流合気柔術  合する合気の道』

先日、お客様より「大東流合気柔術  合する合気の道」という本をお勧めいただきました。

それでAmazon経由で購入いたしました。





120ページほどのB6判のコンパクトな本。
合気柔術の技の解説がなされたものです。
久々に施術研究以外の本を購入しました。 



合気では無駄な筋力を使うことなく、技をかけます。

それを応用できれば施術者が疲れないし腰を痛めたりもしないようになるし、
お客様に対して施術成果を向上させることにもつながるでしょう。

ただ、本を読んだだけじゃ、やっぱり奥深い合気の何たるかは、
私にはわかりませんが。
取り組むきっかけにしていきたいと思っております。 

やはり身体操作術は、奥深く、面白く、興味が尽きないですね!


ちなみに昨日は臨時施術の受付の施術をさせていただきました。

バレエ発表会前のコンディショニングです。
お客様ご本人はいまいちだといいますが、
私の目には改善点よりも改良後の点が多く見受けられました。
よく研究しておられる!という感じです。

自分の情熱を向けられるものがある方は、
しあわせそうに私の目に映ってきます。



私も自分らしい何か新しいことを学び始めたくなりました。 ^−^
posted by スズキ at 11:54| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

仕事の休業が続いていますが、現状でできることを怠らずにやっていきたいと考えています

以前、鳥インフルエンザが流行していたことがありました。
その時期に制作された
NHKスペシャルシリーズ 最強ウイルス
第1夜 ドラマ 感染爆発〜パンデミック・フルー
第2夜 調査報告 新型インフルエンザの恐怖
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20080112

こららは2008年1月12日・13日(日)の連夜放送されました。


当時、このドラマを観て恐ろしいと思いました。
だが、当時の私には現実味を帯びていなかった。

今回のコロナウイルスの感染の流行のさなかで
当時の映像を思い出せば現実味を帯びてきます。


それもあって、
私も政府がいう1〜2週間が山場だと信じて仕事を休業させていただきました。



つい先日、YouTubeのトップページのお勧めを観ていたら、
そのNHKスペシャルの映像がでてきました。
だれかがアップロードしたんですね。

改めてコロナウイルスの流行が終わってほしいという気持ちが増しました。




NHKスペシャル シリーズ最強ウイルス 【前半】


NHKスペシャル シリーズ最強ウイルス 【後半】


外出後の手洗い、うがい、公共の場でのマスクの自衛はします。
仕事を休業させていただいているため、すごもり状態でがまん。

免疫力があれば死に至る病ではありません。


ですが現在において病と付き合っておられる方々が感染すれば、
深刻な状況となるといいます。

高齢化社会。
高齢化により免疫力は後退します。
高齢にはいたらなくとも、
中高年を過ぎれば、
何らかの持病を持っておられる方が多いと聞きます。
去年は私も体調が思わしくなく免疫力が後退していた時期が続きました。


運悪く自分がコロナウイルスにかかる可能性もあります。

できる対策はしていきますが、それ以上は運にまかせるしかありません。
最近ではウイルス感染が身近な施設や店などででてきている状況ですし。
たまたま乗り合わせた電車でとなりの人がウイルに感染しているときも。

避けたくても、避けられないことも起こりうるのです。


自分だけは大丈夫と思わずに、
自分が病を得たとき闘病するために食料等を用意して、
病気にかかる前提で行動したほうがいいでしょう。



トラウマになりそうな強烈な恐怖体験をしたら、
自分はどう思うか、感じるか、なにをその時するか。
人はネガティブな過去や未来の体験を思い描くことを避けたい。
それが本能的な自衛のための行動パターンだといいます。
本能的な自衛の行動パターンは、
思慮分別ができない緊急避難的な対応から始まっていて、
その後も、思慮分別が行き届かないまま本能的な行動に走り続けてしまうようです。

カウンセリングやコーチングでは、
そのときに耐えられる程度の恐怖体験を思い起こさせて、
実際にそれがどのような影響が起こるものかを観ていく。

そうすることで、最悪の事態を避ける工夫へ発想がいき、
自分がなんら対抗する力がない無力な存在という思いから、
自分にも対策していける自己効力感を持たせることにより、
危険ゾーンにいていたたまれない感情の迷いの淵から抜けだします。

その結果、
「危険ゾーンに片足を突っ込んでいるが、セーフティゾーンにだって片足を突っ込んでいるじゃないか!」
と、現状を広く公平に見渡して”恐怖心からのみのものの見方”から離れたときに賢明なアイデアを生み出せまでしょう。


危険ゾーンに感情が居座ると視野が狭まって判断を適正化させるには不向きですが、
セーフティゾーンと危険ゾーンの両方にいて当然だと事態を受け入れたときに冷静さが取り戻せます。





・・・ただ、私どもの仕事のことのお話になりますが。
1〜2週間が山場だという言葉を一定の基準と信じて決めた休業期間。
このままのコロナウイルス流行の状況であれば、先々のことが読めないようです。




「ホットストーンを使った筋膜リリースを、
多くの方々のライフスタイルに溶け込ませるようにしたい!」
「それによって病に進む手前の未病で健康状態へ引き返せるセルフケア方法にして届けたい!」

と、地道な行動をしていこうと考えていた矢先です。。。



ホットストーンを使った筋膜リリースは、
まだ延べ臨床データ数が1000人におよんでいません。
臨床からお客様に具体的な必要な事項を汲み取っていき、
そこから研究をして成果を出すように努めていきます。

その過程で私の技術力は着々と延びていくのですから。

お客様の施術をさせていただければ
日進月歩以上のスピードで施術技術は磨かれていきます。
そうしていく予定での施術の再開でしたが。。
現状ではそれが難しい社会的状況になっています。


そんななかでも今、セーフティゾーンでできることを考えて、
「別の切り口」で、
ホットストーンを使った筋膜リリースの研究および広報をと思っています。



posted by スズキ at 03:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビワの葉エキスをホットストーンの熱源で体内に効率よく吸収させるには?


真剣に<<血液浄化に効くやり方>>を求めたいことがありました。

血液が濁れば、病へ移行しやすくなります。
そして体質は変わりづらく体調も好転しづらいのです。


それが血液がしっかり浄化されて後に、
脳内の血管を拡張して脳力を最大限発揮させるように、
アーユルヴェーダでブラフミーと呼ばれるゴツコラなどを摂ればよい。
この組み合わせにより自律神経の状態が効率的に改善しだす。
そうして自分の内部に出てきた病の部分を発見して、
改善を促せるようになっていきます。




「やはり血液浄化が、体質や体調を変えるためには必須だ」
と私は思います。
では、どのような「血液浄化法」があるのだろう?




そうして私の脳裏に真っ先に思い浮かぶのが「ビワの葉」。

施術法じゃないんだ、というのは肩透かしを食らった感じでしょうか。
すいません。 ^-^;




私の家の玄関の前の鉢植えに「ビワの木」が植えてあります。

もう8年ほど前になると思いますが、
義兄が癌で闘病していたとき。
義兄の体の回復を祈りつつビワを買って入院中の病院へいき、食べてもらいました。


そのときのビワの種を持ち帰り、
数か月間、波動療法でがんの状態を改善させるための周波数を浴びせ続けてから、
植木鉢へ種をまきました。
植えたが、丸一年、芽がでませんでした。
あきらめがつかない思いのまま。
ずっとその鉢植えをそのままにしていたら、
ついに、芽が出たのです。

そのときはうれしかったですね〜。

植木鉢が置いてあるところは、あまり日当たりがいいわけではないため、
大きさにして1メートルほどに、やっと育ってくれました。



いずれは大きな木になり、そのビワの葉を血液のデトックスのために活かしたい。
将来的に、そのようなケアにつなげたいと願っております。

いまでは自宅でビワを育てなくても、
ネットショッピングで容易にビワの葉も、種も、それらの加工品も手に入れることができます。
わざわざ自分で育てなくてもいいのです。
ですが日頃、水をやったり、害虫を取り除いたり世話をさせてもらったビワから葉をいただく。
そのようにしたほうが、自分にとってありがたさと愛情が増すような気がするのです。

長々と余談を話してしまいました。。。
申し訳ありません。





ビワの葉には、『 アミグダリン 』という成分が含まれ、
それが効率よく熱と同時に体内に送り込むことができれば、
アミグダリンは癌細胞も健康細胞にしてくれるほどの力で、
自然の恵みの尊さを教えてくれます。


ビワの葉には、
細胞に活力をあたえ、血液を浄化する強い働きがあります。


血液浄化の力が体質を変える力になると、
医師、ヒポクラテスはいいました。
血液が浄化されていれば健康になれると。


ビワの葉療法は、
お釈迦様がビワの葉を火であぶって患部に当て、
人々の病を治したという言い伝えもあります。
以来、ビワは万病によいとされているのです。



ビワの葉を活かした民間療法には、
ビワの葉温灸」があります。
ですが私が試したとき、
やけどもしましたし、
悲惨で大変な目にあいました。
やり方が下手だったんですね。

それもあってビワの葉の温灸は、
私にはトラウマになりました。^-^;




東城百合子著【自然療法】ではビワの葉温灸以外にも、
ビワ葉こんにゃく療法」が紹介されています。

こんにゃくを温めて湿性の高い熱がよく皮下まで届く熱源として使い、
ビワの葉の養分を体内へと浸透させる療法です。


そのときにシップをする場所とシップの種類。

ホットストーンでビワの葉エキスを加熱.jpg

【うつ伏せで背中側から】
・左右の腎臓を背中から温シップ。(温シップ30分、冷シップ1分)
・両足裏を背中側から温シップ。(温シップ30分、冷シップ1分)

【仰向けで体の前面から】

肝臓を仰向けで温シップ。(温シップ30分、冷シップ1分)
・症状がひどいときに脾臓は仰向けで冷たいこんにゃくを使って冷シップ。(冷シップ10分)
 (脾臓は、冷やしたほうが機能が活性化するという珍しい臓器)

病気のときは、腎臓や肝臓が浄化槽の役割をしてくれます。
それらの臓器により毒素を体外に排泄してくれるのです。
そして毒素が血のなかから抜け出していきます。
そうして血液が浄化されやすくなるよう工夫するのです。



こんにゃくシップによりビワの葉のアミグダリンを体内に送り込み、
細胞を活性化させて、血液を浄化させる。

自然療法の本の通りにこんにゃくを使うことが安全性や快適性、そしてやりやすさの点から正解だと思うのですが、
温める熱源をこんにゃくではなくホットストーンで置き換えて、それによりさらなる成果が出せるようにできないか?

そのような命題で、実験をしています。


ホットストーンを使って、それをビワの葉のアミグダリンを体内に送り込む熱源とすると、
こんにゃくを使ったシップとは大きな違いが表れてしまいます。

それはこんにゃくを使うことでフィット感が高まりますし、
それ以上に湿性の熱源からは、
乾燥した熱源を皮膚に当てる以上に熱の伝導率がよくなる。

こんにゃくを使わないで、代わりにホットストーンで体内にビワの葉の養分を吸収させるには、
乾燥した状態では絶望的。


ビワの葉エキス」というビワの葉をアルコール等に付け込んでビワの葉の養分を抽出したエキスを、
脱脂綿やガーゼにしみこませて患部につけ、
その上に人肌よりも5〜10度ほど高い温度設定にしたホットストーンを置く。

ビワの葉をエキス抽出した液体が、
こんにゃくを使うことなく体内に熱が伝導させる湿性のある熱源となっていく。
毛穴を通して体内にビワの葉エキスが、ホットストーンの熱により送り込まれるのです。
肝臓、腎臓を温めて血行を促すと疲労の元となるものが取れて新陳代謝を盛んにします。
これで体が楽になるのです。
血行が改善するため、体内にそこここにできた凝りが熱い血液が行き届いて溶かされて、
どうしてもとれなかった疲れが抜けていくようになります。


なぜシップという体内への取り込み方法を使うかというと。
飲食により消化管を通すならば消化吸収で血液へ届く量が減じられるが、
シップではダイレクトに血中にビワの葉エキスを送ることができます。

毛穴を通して体内へと取り込むことで、
体内に影響を与える率が多くなります。




現在、ビワの葉エキスを使ったシップをするのに良好な熱源となるホットストーンの材質はなにか?
ということを調べています。

玄武岩か、
ベン石か、
ネフライトか。


という三択問題という少ない選択肢で、
どれが絶対的によりよいかという数値が出たわけではありませんが。

個人的な当ててみた感じでは、
ネフライトとベン石が同程度の良好さがありますが、
もっているそれらの石の形状が小さいなどの問題が。
ちなみにネフライトは神経系に訴えかけてくるため、
凝りの解放が起きた反応の痙攣が起きやすく感じる。
そのため人により目に付くような変化が実感できる。
ベン石にもは興奮し痛みを作り出す神経状態を癒し、
熱さの質が人体にフィットして受け付けやすくある。


玄武岩は、マグマ由来の石で、
シンプルな保温力は実感できて温まれるものの、
ベン石やネフライトを使って温めたときよりも
好転する反応は少ないような気がしました。
でも手持ちの玄武岩では、ラージサイズがあり、
こちらのサイズなら肝臓や腎臓にフィットする。


ということでどのようなホットストーンで加熱すればよいか。
「帯に短し襷に長し」で、ちょうどというものが見つかりませんが。

いずれ、ネフライトかベン石でラージサイズが手に入れば、
肝臓や腎臓、脾臓にフィットしうれしいことになるだろう。
そのように期待しています。

おそらく「ネフライト」のいいものが手に入れば、
それが最もこの課題に対して、
良好な結果を生み出せるでしょう。
でも、手ごろなものが見つからなくて。。。





posted by スズキ at 01:43| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

フェルデンクライスメソッドの機能的統合(ファンクショナル・インテグレーション)の初体験で、右股関節のつながりの悪さを発見!

フェルデンクライス・メソッド。


私のブログをお読みいただく方には、
ご存知の方も多いと思います。



Wikipediaのフェルデンクライスメソッドより。

『フェルデンクライス・メソッドとは、
イスラエル出身の物理学者、モーシェ・フェルデンクライス(Moshe Feldenkrais 1904 - 1984)によって創始された
ソマティックエデュケーション。


概要

フェルデンクライス・メソッドのレッスンは
「ATM(Awareness through Movement=動きを通しての気付き)」と「FI(Functional Integration=機能の統合)」に分けられる。

フェルデンクライスのATMレッスンは主にグループ単位で行われるレッスンである。
フェルデンクライスのATMレッスンが他の多くの身体教育と異なる特徴として、
指導者の動きを見て真似するのではなく、指導者の言葉を聴いて出てくる各人の自発的な動きで行うことが挙げられる。
「こうしなければならない」という規範ではなく、各人から自然に引き出されるそれぞれの動きを重視するのである。
そして、ある動きをすると身体の感覚がどのように変化するかを観察し、変化の「気付き」を積み重ねる。

フェルデンクライスのFIレッスンは指導者が生徒の身体に柔らかく触れながら、
動きを案内してゆくレッスンである。 生徒が身体の機能を有効に活用できるよう、押し付けではない手助けをする。 』




フェルデンクライスメソッドの先生にありがたくも当家までおいでいただき、
かねてからお願いしておりましたFI(Functional Integration=機能の統合)を体験させていただきました。




私自身が先生のFIを受けることで感じたことは多いが、
特に右股関節がうまくつながっていないということに驚きました!

「えぇ〜っ。左右の股関節がこんなにコンディションが違ってるんだ」と。

私がひとりで上述説明した「ATM」をおこなっても、
右股関節の接合の浅さ、不具合は今回ほど明瞭には気づかなかったのです。

そこで丁寧に右股関節が骨盤の腸骨とつながるように手助けをしてくれた。
それでかなりしっかり股関節がかみ合いだした。





そして右肩、右腕の力みが抜けずに腕が内旋して肩甲骨がよからぬ位置に。
それは肩甲骨と胸椎との間の菱形筋という筋肉が右側がまったく有効に機能できていないことを示していました。

「おぉっ。なんたることだ」とココロの中で、いっとき、動揺しまくりました。
どうしても右側の腕、肩、肩甲骨の屈筋群が委縮した状態が抜けてくれません。
なのでこちらも、右股関節同様か、私の体感ではそれ以上に手助けをしていただきました。



するとかなり強い緊張を示す私の右肩、腕、胸、肩甲骨周辺が緩みだしました。

そして仰向けでの手助けを受けているのですが、
徐々に肩甲骨がワークベッドのベッドの面に吸い付くように重さを感じて落ち始めました。

「そうか、ここが私の右肩のホームポジションなんだな」
そう実感させていただきました。



そして左腕、左肩を動きをつけていただいて上半身が整い始めてから、
再び右股関節の関節のつながりの様子をみていただきましたときには。
さらに右股関節のかみ合わせが改善しておりました。



これで胴体と手足がうまく関節でつなげていただいた状態になります。



その後に歩き方の指導を受けて、
気づけばいつもより私の身長が数センチ伸びたかのように感じました。


そして私の左肩の調子の悪さの根の一端に、
右側股関節と右肩関節に関する屈筋優位の状態があったことも実感できました。



貴重な気づきをあたえていただけた、
記念すべき第一回目のFI体験となりました。

優良な動きを体験できたときは、
後々までその体験知を体内で体感を巡らせば、
セッション後も以前の私のミスアライメント状態の骨格の位置に戻ることを回避してくれるようになります。

いままで忘れてしまっていた「正しく骨の位置が整えられた」とき、
全身的なゆるみの感じや呼吸のしやすさはどう変化していたか。
先ほどの緊張して骨格がずれていた状態との違いが感じられる。
快と不快、適度な弛緩と過緊張の違いのように。


一度、体感した良好に導かれた状態を、カラダが十分に味わってくれたならば。
快の自然体なポジションに帰ることを、思い出してくれるでしょう。


先生に、多謝!!
posted by スズキ at 17:47| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

ホットストーン枕を自作してトライしてみました!首凝りと肩こり、半減し、いい感じに緩みますね

頚椎の柔軟性をあげることは、
自律神経系の改善の要となります。

つまり全身的な

私は持ってないグッズですが、フィンランドで採れる特殊なソープストーンという吸熱性と保熱性に富んだ石で、
首枕に使えるものが発売されています。


楽天のソープストーンを販売しているサイト
https://item.rakuten.co.jp/aquaprimo/huk-smn/


興味はある。。。



最近では他にも、
遠赤外線効果が豊富な黄土が入った電子レンジで温めるだけで
90分も加熱できるすぐれた肩用の温熱パッド
が売っています。

こちらは工夫次第で首も温められますよね。


7ウェルネ 黄土 ホットクールパック 肩用



が、出費と収入源が重なって痛い昨今。
買い控えするしかありません。





そこでいつものように自作で手持ちのホットストーンを工夫して、
それらしいものを作ってみました。

試作です。


ホットストーン枕2.jpg

ネフライトが緑色の石。
黒が玄武岩です。

黒い玄武岩は
8センチ×6センチの楕円を両サイドに4つずつの計8つと、
8センチの円形を首に当たる部分として4つ。

三日月型の玄武岩の連なりの上にあるものは、
ネフライトで後頭部のカーブに沿っています。
ちょうどおさまりのいい形状です。

三日月型の玄武岩の連なりの下にあるものは、
第七頚椎あたりがあたるように設置しました。





ここまでの設定で、試してもよいと思いましたが。。。
蛇足的な実験も付け加えました。
最近。
左側の上部胸椎の深層に何か強烈な課題があるのだと
リアルに感じ取れることが多くなってきました。


それで私の左側の肩甲骨と胸椎の間に当たるように設置したネフライトの楕円を置いたのです。

最近、人体は左側の胸郭内に想像以上のダメージを蓄積していることに気づいて。
その部位に特別な刺激をあたえようと考えて設置したものです。
ちなみに背中側のこのネフライトと私の胴体をはさんだ前側の胸側に2つの石を設置。
それは左側胸鎖関節の直下です。
これで胴体の背中側の熱源と前胸部の熱源の挟み撃ちで、
深部までの熱が通りやすくするという考えになります。


左側の胸椎脇につよい詰まりを人体は作りやすいのでは?」というのは
推測の域にしか達しておりません。。。

ただ脈診を多くのお客様にさせていただくと、
圧倒的に左側が弱い方が大多数です。
反対の右側が脈圧が弱かった人は「0」です。

なぜ、心臓から近い左手側が脈圧が、
こうも極端に弱くなってしまうのだろう?
脈診に詳しい先生に聞いたことがありますが、
個性だということでそれ以上の答えはなかった。

そして左側の脈が極端に弱い方は、
大病になりやすいのではないか?

それは私の母の脈が左が弱かったからということで、
去年の私自身の後遺症が残っているからかもしれませんが。
おそらく左手に血液を送る通路は確実に圧迫されやすい構造を、
人体は器質的に持っているのではないか?
特にそれは右利きの人に限ってだろうか?

そのようなことを想像しながら、
いまは多くのお客様の、そのときの脈を見せていただいて、
橈骨動脈の脈管の状態や気血の流れの様子をみております。

そのうえでの推測ですが、
頚椎第一が詰まっているというのは自律神経の異常を引き起こす引き金としては
非常にわかりやすい顕著な症状ですが、
同時に上部胸椎の左側の一側線辺りに徹底して注熱できて、
心臓や胸腺部分の動きを改善させるようにその周囲の凝りをホットストーンで加熱する。
そうして左側上部胸椎(下部頚椎を一部含む)の詰まる原因になる委縮し凝った組織を緩めて、
なんらかの体質にまでかかわるる改善が得られるかもしれないと考えてやってみました。

後頭部と頚椎の温めにより頚椎第一のリリースをすると同時に、
左側胸椎の一側線部位を加熱することで、調和的に上半身のコリが減少するのではと思い立ちました。
それと同時に左右の脈圧が整いだすことを観て、カラダが安定しだしたといえるのかもしれません。

ちなみに気血の流れは一致するので、脈圧が足らない、脈管が細く張りがちっともない状態は、
血が足らないだけではなく、気が届いてもいないということを表しています。
気が届かなくなるところは、察するに神経系の系統が一部鈍くなる傾向があります。

だったら、、、どうにか左側の気血を増やすために、筋膜リリースの手でもなにかできないか?

そのようなアイデアを持っておこなった実験です。






【 60分:やってみた感想 】

・頚椎全体が上下に自然にかなり伸びた感じ。(5時間経過後も調子いいです)

・頚椎や肩、胸肋関節、胸鎖関節などの関節が、
 やってみて終わった後に伸びをちょっとしただけで
 パキパキと音を立てて解放されるのがわかった。
 肩や首、特に首と頭の付け根の大事なところが緩んだのがわかる。

・左側胸鎖関節下にホットストーンを設置したときに熱さを強く感じました。
 この部位が特段の冷えがあることがわかりました。

・左側肩甲骨と胸椎の間の奥には、熱が与えられた感触で右側にはない詰まりがあることがわかりました。
 それも相当の深部であってなかなか表面上からは見て取れない部分です。


一回だけやっただけでは、
成果はこの程度でしたが。

セッティングが面倒なんですが。
そこをこらえて面倒に思わず、
定期的にやってみたらどうなるか。

1週間ごとに試してみるというのがいいのだろうと思います。


さすがにお客様への施術では、この設定でやっていくのは大掛かり過ぎて困難です。

でも、もし興味を持った方がおられればAmazonでホットストーンを買い集めてトライしてみてください!
ホットストーンの半端ない熱量がカラダの奥の冷たくなった部分を温めてくれます。

posted by スズキ at 16:52| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

ダイソーで発見! 「美姿勢サポーター」(フリーサイズ)


ダイソーで発見!
「美姿勢サポーター」(フリーサイズ)


ダイソー 美姿勢サポーター.jpg

これがあれば、たすき掛けが誰でも楽にできるね。

ゴムもそれほど強すぎない。
そこも優しい感じでいいし。

一部の界隈で、高評価です。 ^−^」
posted by スズキ at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンセグリティの崩れがヘルニアに転化するの?

たまたま私がお世話になっているお店で、
「椎間板ヘルニアの手術後に、再び坐骨神経痛がでてきて」
という方のお話を聞きました。

手術後にすっきりした感じが続く人と、
再び以前の状態へと戻ろうと体がしている感じが伝わる人と、
大まかにわかれるといいます。

前者であったならばほっと一息がつけるところですが、
後者では、だんぜん素早く手を打つことがお勧めです。



後者の方で、
自身の「テンセグリティ構造」が乱されやすい緊張した姿勢での仕事をなさっているときは、特にでしょう。





テンセグリティ(tensegrity)とは、バックミンスター・フラーにより提唱された概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語。


そして体は、骨と軟部組織によるテンセグリティ構造により作られています。

どういうことかというと、、、。

正方形の立体が硬質な物質でつくられていたならば、
押してみても動けないんですけど

骨組みだけでの立体構成では動かない.jpg


下図のゴムと棒でできた立体構造(テンセグリティ)は、
押してみたらつぶれるようにひしゃげるよう形を変えて動き、
手を離せば元通りの状態に戻るようになっています。

テンセグリティ構造なカラダ.jpg


人体が平面的ではなく全身を通して立体化しているのは、
骨が棒で、筋肉・靭帯など軟部組織が張力をもつゴムと考えてください。

人体が形を自在に変えても、緊張を解けば元通りの状態に戻れるのは、
このテンセグリティ構造でできているおかげなのです。




それがいつのまにか筋肉や靭帯などの軟部組織の緊張がほどけない状態の部分が一部でも生じたとすると。。。

そうすると、体全体がゆがみやひしゃいだ状態というままになってしまうのです。
そこからは、ぎくしゃくと元通りに戻ろうとしても戻れないおさまりの悪さが感じられるでしょう。

それは、カラダの一部の張力が狂うだけで、他の全体の張力バランスが崩れてしまっているという、
かならず広域へと影響がおよぶというものです。


その張力を絶妙な感じで異常をきたさせるのが、
そう、
「筋膜の癒着」ですね。

この筋膜の癒着部分がひとつやふたつでも、
自分自身ではそれを追って観察していくのは大変です。


カラダのプロでも大変なんです。


すでに症状としてヘルニアや側弯症などが現れていたとすれば、
筋膜の癒着個所はひとケタで収まる数ではないため、
「どれをどういった手順でどの程度ずつ解いていけばいいか?」
などの、
全体のリリースをしたのちの落としどころをみて解き進みます。
ヘルニアや側弯症が発症していた方は、
もともとの筋肉の状態はやわらかめの方です。
意外と思われそうですが、実際にはそうです。

もともとの筋肉が速攻で石のように固まるタイプの人は、
腰痛になれども椎間板ヘルニアや側弯になる前に、
自前の強固なコルセットをカラダに仕込んでいて。
そちらを機能させるという荒業をつかっています。
それによりテンセグリティ構造の弾性力をもつものを固形化へ。

もちろん固形化した状態は、
血行不良・リンパの詰まりや運動機能低下を引き起こします。
決して理想形ではないということはわかってください。




椎間板ヘルニアになる方や側弯症がある方は、
寝ているときに体内に仕込もうとしたコルセットがゆるめられ、
一部の動作をしたり体を支える際にもっとも負担がかかってしまう寝ても緩まなかったしこり部分だけが残ります。
そしてそのようなしこり部分は蓄積されていくに対して、
他の日々寝れば緩むといった筋肉部分はゆるっとしている。

そうなると、柔軟な筋肉部分のなかに、一部分だけ非常に強固な緊張した筋が体内に存在し始めるのです。


するとどうなるか?


ずるずると柔軟な筋組織関連の部位を、強固に硬く緊張した部分が自分のほうへと手繰り寄せるのですね。
その力は柔軟性の強弱のコントラストが大きければ大きいほど影響が顕著に表れてきます。
その傾向が強くなっていくことで椎間板ヘルニア等の問題が生じだします。

つまりテンセグリティの張力のゴムが、最初はみな同じな弾性力だったが、
いつしか一部のゴムだけが緊縮しがちとなって、
他の全体のパーツに影響を与えてひしゃいだ状態になるのと同じことです。



そうなると、柔軟性の高い部分をさらに解きますと、
この場合は、ヘルニア等の症状が重くなったりします。
側弯症も、そう。
解くべきところと、解かない部分を分別していくこと。


半年以上続く慢性的な腰痛や首の痛みなどがある方の場合には、
すでに深層筋部分までしこりが入り込んでいるケースが多くて、
表層筋や中層まではさくさく解いたとしても、
その奥の深層をどう読んで解いていくか。
立体構造体としての再構築の段階です。


そこの経験値が高いかどうかが施術をする人の腕なのでしょうか。


その判断が未熟なままでやってしまった解き方では、
ときとしてその部分を解いたらかえって全体のバランスが一気に崩れてしまうようなこととなり、
ときには腰や首などの部分にかえってさらなる負担をしいさせてギックリ腰やぎっくり首になる。
そうなると、それは好転反応ではなくて、さらにもうひとつゆがみのパターンを増やす結果へ。

私自身も、最初から100%見抜けるわけではありません。
手探り状態で、小さく試し、手を加えて、
その結果から推理して徐々に状態を見極めるようにしていきます。
余裕なき、ギックリ腰にさせないように緊張しながらの施術です。





そしてもうひとつ、
厄介といわれればその通りのことですが。。。


上図のテンセグリティ構造のボールは、
押して放てば元通りに素直に戻ります。

ですが人体は、ちょっと様子が異なります。

常日頃からの緊張して固まっているパターン姿勢、というものを持っていたならば、
そちらへ戻っていってしまうのです。
それは脳の中での恒常的にいつもの状態に戻そうとする作業でもあり、
それがすぎれば運動神経系へ器質的な刷り込みとなってしまっていて。


神様が用意してくれた私どもの自然体とは異なるパターン姿勢に戻る。


その傾向が強い人ほど、椎間板ヘルニアや側弯傾向の再発がなされやすいようです。


そうなるとフェルデンクライスメソッドのような、
本来的にはどのように体を動かすと機能的に操作できるかを経験できるようにして、
身体操作法の研究をしてみる必要が出てきます。

そこをしっかりと対処しておけば、比較的再発が起きないし、
それ以上に、以前のつらかったカラダの状態から抜け出せて、
気持ちよく機能できる自分本来のテンセグリティ構造になる。






8年以上前のことですが。
以前、私のところへお越しいただいていた医療関係のお仕事をしていたお客様で、
記憶では6回ほどのヘルニアの手術をしておられた方がいます。
手術後の跡もみせていただきました。
その方のお姉さまは、アメリカでのプロフェッショナルなダンサー。
柔軟な体で、そのお客様も以前は非常に柔軟だったのだろうと思います。

ただ手術が繰り返されるうちに、手術後の部位がケロイド状になり、
筋膜も切られているため張りとしての機能ができない状態になって。
テンセグリティ構造が、体内の奥でしきりにアンバランスを訴えて、
どこに行けば落としどころがいいかがわからなくなってしまいます。
カラダの柔軟度がある方は、このもどかしさ、歯がゆさは常に頭を騒がせて、
物事への集中力を削ぐような作用が出てきます。





今はそのお客様とのご縁は遠のいておりますが、
今の私がそのお客様と接する機会があれば、
手術後にケロイド状になってしまった組織は、
玄武岩ではなくベン石かネフライトをホットストーンとして使って温めれば、
柔軟性は取り戻しやすくなっているのではないかと思います。

体内奥の1.5インチまで届く遠赤外線効果を、
もうちょっと奥まらせるために、
適した表現ではありませんがマンモグラフィーの撮影のように
患部をホットストーンで挟み込んでつまむことで熱を通すので。

やられているときは、ちょっとむぎゅむぎゅとされる不快感はあるでしょう。
ですが5分以上ケロイド状になった個所にベン石かネフライトで加熱すると、
体内の硬化して引き連れたケロイドが緩むような人が数名出ておりまして。


ケロイド状の手術後の状態を解くとき。
・ネフライトのホットストーンのほうが、
熱は、ツーンと鋭く入る感じかもしれません。
ケロイドの患部に接触させて設置したままにしておくと緩みます。
・ベン石のホットストーンのほうは、
熱は、じわじわと。熱いけど耐えやすいかもしれません。
ケロイド患部に接してこするようにするとリリースしやすいです。

これは他の手術痕がある方でも、
自宅でベン石等の石を用意して湯煎してケロイド個所をアプローチしていただければ、
テンセグリティの状態に戻りやすくなってくれる成果を期待できるかもしれません。

ちょっと関心ありという人は、
ぜひ、トライしてみてください。

またお客様の中で、この部分のケロイドをどうにかしたいと考えておられる方がいれば、
まだ試行錯誤の段階ですが、
ぜひ、お声がけしてください。
少しでも改善していただけるようベストを尽くします!





当時の私には、お客様が満足が行く対応をすることができていませんでした。。。

そのお客様と手術前に出会えたならばと思っても、
それは現状、意味のないことです。。。

ただそれからヘルニアの手術をして再発しそうな兆候をお聞きすると、
なりふり構わず、「ぜひ、早く手を打ってほしい!!!」と口走ってしまうようになりました。 
posted by スズキ at 15:52| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日、YouTubeでオペラ配信するんですね!!

昨日、知人のお宅にお邪魔したら、
今日、「YouTubeで1億6千万円の制作費の豪華なオペラがやるぞ!」と教えてくれました。


びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》第3日『神々の黄昏』特設ページ

https://www.biwako-hall.or.jp/performance/special/gotterdammerung202003.html


そして13:00〜かぶりつきで本日はオペラ鑑賞するそうです。 ^-^


コロナウイルスの感染防止のため観客をいれることができないが、
せっかくの公演を中止にすることはなく、YouTubeで、それも無料で配信してくれるとのこと。
ゲネプロでもないかぎり、無観客状態でプロのオペラを鑑賞することなどめったにありません。


私も観たい気持ちはあるものの
渋谷ジュンク堂へ資料調べにいく予定で観れませんが。

関心ある方はぜひ、ご覧になってはいかがでしょうか?







びわ湖ホール プロデュースオペラ 『神々の黄昏』3月7日





びわ湖ホール プロデュースオペラ 『神々の黄昏』3月8日

posted by スズキ at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

花粉症対策にもホットストーン! すごい効きました!(個人的感想)

さきほど、歯医者さんにいってきましたら、
歯科衛生士の方が、
「去年までは花粉症で鼻とくしゃみだったのが、今年は目がかゆくて、こすってしまうんです」
とおっしゃっておられました。

花粉症で目がかゆくなったことは私もありまして。

擦ってみて一時的に収まる感じもしますが、
でもそれで収まってくれるものでもなくて。

いらいらとして集中力がなくなりますから。
つらいんですよね。
ほんと、よくわかります。


個人的なことですが、
施術での体への負荷がきつくなると、
例年春先のスギ花粉による花粉症に目がかゆくなってしまうことがあります。

そんなときに、まだまだ修行が足らないと痛感します。
お客様になにかカラダの使い方を偉そうなことをいうなど、
100万年早いといわれそうで。

ひどくなる前に、
胸腺から排出される免疫物質がでてくれるようにするため、
早々に胸腺の動きを賦活させるために、いろいろと手を打ちます。


・ 胸骨や胸骨柄の両サイドの肋軟骨の柔軟性を戻す
・ 胸鎖関節の可動の改善(鎖骨下筋の柔軟性と胸鎖関節部位の靭帯が固まって固着していたら割るかんじ)、
・ 肋間筋の不連続な部位をチェックして、肋間筋が委縮して狭窄した部位を解放して動きを取り戻す
・ 脊柱全体の動きをしなやかにさせて、特に頚椎第一の固着部を緩めておく
・ 仕上げに仙骨部位の変位が軽くか重くかどちらかで必ずあるから、そちらを整えていくこと



それをかなりの力技で痛みをこらえて、
真鍮製のスティックでのインパクト圧や他のずり圧を作り出すツール等を用いて解きます。

そうすると私の身体状態であれば、即効で花粉症の症状が半分になるかほぼ消失します。
そのおかげでマスクをせずに施術をすることができていたわけですが。。。

それがもう、まじめに上記のポイントを解くときに痛いんですよ。
なぜかといえば、日頃はお客様に向けてずり圧やインパクト圧をかけるときには微調整をしながら打てるものの。
力のベクトルを自分に向けて打ち出すことにはまったく慣れておりません。
自分への圧をかけるやり方は、打ち方が下手過ぎて衝撃がいけない方向へ走り、
骨折させかねない。
骨は圧をかけてはいけない流れの目があって、、
お客様への施術では、必ずそういったところを読んで避けるのですが、
自分に施す圧は不思議なほど危険極まりないこととなってしまいます。
肋骨や鎖骨、胸骨を折ってしまう手前のすれすれでどうにか回避して。。。
そんなやり方で、花粉症のひどくなりそうな時期はカバーしてました。

そのおかげで、花粉症でお医者様にかかったこともありませんでした。

でも、自分で自分に施すのは怖くてしかたないんです。

かといって軽い圧でリリースをしてもある程度の花粉症の状態を改善させるならできるものの、戻りが激しくて。
それでは骨格上の変位が是正できてないので、胸郭全体の動きをもたらす呼吸器のシステムが稼働しないんです。
一時しのぎ的に胸骨の上をさすったりこすったりして、胸腺へ刺激をもたらすことができますが、
それも・・・あまりかんばしい成果が見込まれないことは実証的にわかっていますので。

結局はおそるおそる、やらざるをえない羽目になっていたわけですが。


それが、今回は花粉症の対策法は違っています。
数週間前に感じた「花粉症かな?」も、いまはすっかり、消えました!


それはホットストーンを敷石として置石として、使っただけなんです。



私もこうなることは予想してはいたものの、
まんまとうまいこといって、
驚きました。

テンションが上がります!



花粉症のなり方は人それぞれなので、
対処する身体か所の条件は違ってきます。


なのでこのたびは私が自分にやって成果がでたやり方を、
まんま、無理やり写真イメージを使って解説いたします。




【 うつ伏せで、胸骨や胸鎖関節周囲、腹部腹直筋、鎖骨下筋・大胸筋部分など 】


うつ伏せで多少硬めの床と体の隙間にホットストーンを敷石として置きます。
ホットストーンがごつごつとして胸骨や肋軟骨部に当たって不快な痛みがある。
ですがそれが一呼吸ごとに胸の前が動くことで胸骨の上に乗った胸肋靭帯のしこりを
こすり効率的に緩めてくれるのです。
私は30分ほど。

ホットストーンの敷石、置石.jpg



【 仰向けで、脊柱起立筋と特に肩甲骨と肩甲骨の間あたりの凝りや胸骨部のずれた部分を温めます 】


仰向けで多少硬めの床と体の隙間に、
背骨の下に首筋部分から仙骨手前までホットストーンを敷石として置きます。
胸の上にも胸の前面と背面で挟み込むようにしておくことで、
胸の前後4~5センチほどまで遠赤外線効果がある熱で凝り部分をほどいてくれるのです。
そして重要なのが仙骨部に薄手のホットストーンを敷石して、
それで足らなければ左右の臀部筋にも当てておきます。
こちらは50分ほど。


ホットストーンの敷石、置石2.jpg


※ 肋骨の拡張がしたままであったり、委縮した状態のままであるようなら、
  仰向けの状態で変位のある肋骨部分へ熱が加えられるようにホットストーンを当てておきます
  特に右利きが利き手が強い時、左わき腹の肋間筋が異様に固まり委縮している人が多いです。
  また左手の深部筋まで硬くなっていたため、循環器の動きを弱められてしまい心臓への動きが思うようにいかず、
  心臓の真上にある胸腺の動きがよくないというケースもあります。






私のように一度ですっきりという人もいると思いますが、
そうならなくても繰り返しやってみれば免疫力が上がって、
花粉症が軽減してくれるまでもっていけるでしょう。

関心がある方は、トライしてみてくださいね!!
posted by スズキ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

ベン石のグリップ型2つを合わせて首の凝りのリリースがさらに改善!

最近、雨降ったり晴天だったりと、天候の変動が激しく、
私も風邪気味になりました。

完全な風邪というわけではないのですが、
これは無理をするとこじらせるようだと。

数日間、自宅でおとなしくしていました。

皆様は、大丈夫でしたか?


自宅で、なにをしていたかというと、
ベン石や玄武岩、ネフライトなどの様々な形状のものから、
どのようにこれを使えばいいのか?という使い道研究です。


50種類ものさまざまな形状の石を集めました。

ちなみに私が利用しているホットストーンの一部は下記に掲載
http://onwa.client.jp/pc/hotstone.html


ただそれぞれをどのように使えばいいのかはわかりません。。。
解説書もないしネット上に、使用方法は解説されてませんから。

買った後に、自分で使い方を発想して編み出す必要があります。
自分の施術の仕事に対して、どのような課題があるか次第です。



たとえば「グリップ式のベン石」。

これ、Amazonで272円。
機能的なものであるにもかかわらず、
お安いもので、ついつい5本も多量買いしました。




L字型の形状を活かすことで、
狭い部分へのてこによる圧を取り出せる。



ただし首の筋肉がことのほか硬くなると、
グリップ型が一個では対抗できないので。。。

グリップ型を2個を銅テープで固定して、
温めてみました。^-^

ベン石グリップ.jpg


そうすると画期的に私の仕事では使い勝手がよくなりました。

・保温性が長くなり冷めづらい、
・重さが倍になり力の作用も強まる
・握る際にさらに握りやすくなる
・フラットな面が線的ではなくなり、
 2本線的になり圧のかかり感が修正できる
 (体内への圧がスムースにはいるということ)
・肩甲骨と肩甲骨の間などの菱形筋などに圧をかけるときに握りやすく便利


日頃、このしづらい施術上の作業をすーっとスムースに、
カンタンそうにできるようにするためには?
という視点でものが見れていなければ発想できません。


「こんな狭いところをどうやって解くの?」というものや、
「こんなに硬い部分をどうやって解くの?」というものなど。

そういった苦しいときに、
ホットストーンにお願いすれば。

工夫次第で、こともなげに解けるように変わっていくことが。
多種多様なホットストーンの形状があってこそ、
作られるワークセッションなのです。
posted by スズキ at 11:21| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロサッカー選手の認知症発症リスクは一般の人と比べて3.5倍って・・・

認知症は、想像以上に社会生活を送るうえで大変な症状だと思います。
個人的に、私の母が亡くなる前に母がいうには「私が認知症ではなくてよかったでしょう」と。

それは母の友人の女性が認知症になり、
認知症になる前と後の友人の変わりようから、
その介護をし続けていた家族の姿を見てのこと。

本当に大変だったらしい。

母は、首の血管が太いほうだということは、
頚部で血流を測ることでわかっていたので、
自分は死ぬまで認知症にはならないと自慢していたのだが。
その通りになりました。


確か特に左側の首の頸動脈が細い状態になっている方の場合、
認知症発症リスクは高い傾向にあると聞いたことがあります。




先ほど、ラジオを聴いていたらプロサッカー選手が認知症発症リスクが一般と比べ3.5倍と報じられていました。
イギリスの大学にて調べられたことで、プロサッカー選手をかなりの数調べたうえ出したものだそうです。

関心があれば、「サッカー アルツハイマー」のような検索語で調べてください。


『神経変性疾患で死亡するリスクは一般人の3・5倍だった。
 病気別では、アルツハイマー病で5・1倍、アルツハイマー以外の認知症で3・5倍、パーキンソン病で2・2倍だった。
 一方、肺がんや心筋梗塞などのリスクは一般人より低かった。』



興味深いデータです。



「ヘディングを若い時からすることの弊害ではないか?」といわれていました。
プロの世界ですからあたりの激しいスポーツ。
一般の人や一般のサッカーをする方々とは比較にはならないと思います。


ですがすでにアメリカでは、10歳未満の子供のヘディング制限などをおこない、
まだヘディングシュートなどでかかる衝撃に耐える首の筋肉が育っていない子供たちを守るようにしているといいます。
同様に他のサッカーが盛んな国で、人体への影響を考えて、そのような措置がとられてきているようです。




<首に負担をかける>ことで「認知症発症リスクを高める」ということでしょう。





私が一度プロのサッカー選手の施術をさせていただいたときですが、
首の芯がかなり深いところが硬くなっていました。
サンプル数が少なすぎるので、プロサッカー選手、全員がそうだとは言えませんが。。。

彼らは筋肉が柔軟性が一般の人よりけた違いにいいのです。

すると左右の顔が整っているように見えても、
実は顎関節に関する筋肉が左右同様にがちがちでした。

顎関節の凝りがあると、首凝りが消えないんですよね。

そのような凝りはすっきりととれることが難しくて、
内部的に癒着が進んで状態悪化が積まれていくこと。
首が持ってかれそうなヘディングを体験したならば、
どれほど深部でその衝撃を受けたことか。。。
ダメージが芯に入ったのでしょう。
特に側頭部でヘディングをしちゃったときには、
衝撃が首の横からは耐えられないようにできている。


そういったことがアルツハイマー傾向を強めるなら、
サッカーをしていない人であったとしても、
首凝りがきつい状態だったら。。。
サッカー選手たちのような症状になりはしないか?

そのようなありがたくない想像ができてしまう。



私も施術のときに頭部の形状を観察したり調整を加えることもあります。
カンタンにいえば、首凝りがあると頭部の形状に異常が出てくるのです。

顔写真を見て、顔の左右を観察すると。
どちらの首が凝っているかとか、
どちらの腰が凝っていそうだとか。
見えてくるものです。





サッカーや他の武道をしているわけでもないけど、
ですが実際には多くの方々が首を固めております。



たとえば小顔矯正の流行りのお店で勤めていた方ら聞くと、

・頭が凸凹している
・左右が非対称である
・頭頂や後頭部が絶壁になっている
・顎のラインが左右が大きく違う
・おでこがでこっている・・・

などと、小顔矯正をしてもらうまでは、
自分ではまったく気付かなかったような変形をしている人がほとんど。

ただその凸凹や左右非対称を、きれいな球状にするときに、
お客様はほとんどがやすらかに眠ってしまうんだそうです。
頭部形状が整っていないときには、顔じゅうの表情筋がこわばります。
それが頭部がきれいな球状に変わると、表情も温和に幸せそうになり、
脳脊髄液の流れが制限されていたものが流れ出したり、
首凝りで頭部の血流量が制限されていたものが通ったり。

おそらく女性にとって、体験してみたらやみつき?になるでしょうね。
繰り返し受けていくことで、頭部の縫合部分のくっついて動かないような異常個所も緩みだし、
徐々に改善が定着していくことでしょう。


そのようなケアのしかたもあります。



サッカー選手も、
もしかしたら小顔矯正を受けて頭の凝りや首の凝りを解いてみればよいのかもしれません。 






また認知症発症リスクを低下させるようなやり方は違いますが、
脳内の血流量を増やす機能性ハーブ。

インドのアーユルヴェーダという伝統医療では、
ゴツコラバコパモニエラなどをもちいて脳内の血流量を増やしています。
脳内の血管が拡張してつまりづらくなるようです。

それにより認知症発症リスクを低下させてくれる若返りのハーブと呼ばれています。

ゴツコラは、栽培用植物としては、
日本では広まっておりませんが、AmazonやIHerbなどでサプリで手に入ります。

それに対してバコパモニエラは、AmazonやIHerbなどでサプリでも手に入りますが、
Amazonで栽培可能なものも手に入ります。

水草扱いなんですね。


私はゴツコラを、今年、育てたいと思っています。


あとは首凝りを少しでもしのいでいこう!
posted by スズキ at 10:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

ホットストーンを使った施術は、たしかに深層筋を見つけ出す武器になる!

昨日、2月最終日の施術でした。
今後の先々が不安な状況ですし、
私にも貴重な施術経験となりました。

その施術中に気づいたことがあります。

お客様がずっと気になって気になってしかたがないといわれている首の奥にある凝り。

いままで、そちらのお客様用に考えて、幾十ものリリースプランを立てて対応したが、
どうしてもその部位にまでたどり着けませんでした。

それが昨日、ホットストーンを使った施術の結果で、
ようやく奥からあらわれてきたのです。

ホットストーンを使った施術だからというだけではなく、
お客様ご自身が日頃からカラダの注意を向けていただけたこと。

それにお客様が数日前まで他国へ旅行中にひどく下したといっておられましたから、
それも体内毒素を体外に捨てて浄化する過程で
筋肉の凝りも緩めるという好条件がありました。

そのような背景があったとしても、
ホットストーンを使った敷石で遠赤外線効果で筋肉組織を4センチほど温めた効果は大きいものがあったようです。


でてきた首筋の凝りは私の繊細な指先で触った感じでは鉄鋼のようなものと感じられました。
硬さも、そして冷えも。
「これは、つらい、、、、非常につらかっただろう」
という実感がリアルにわいてきました。


お客様が訴えているときは、現状でお客様がおっしゃられる症状部位が見えてこなくて、
気のせいだといいたくなるようなときも。
しっかりとリリースを進めていくと、
お客様が感じている通りのものが実際にあったというケースを何回も体験していますから。

そのような経験から、
お客様の言葉を受け取るとき、
「現状では表面上はあらわれていないものだが、いずれはかならずお客様がいうとおりのものが顔をだすはずだ」
という信念を持てるようになりました。

ですが実際にはまだ患部の筋膜の癒着層が深すぎて現れていないため、どれほどのものがあるのかわかりません。
だから私どもとして、
言い方は悪いが、、、
口先で「ほんとうにつらく感じられるほどのものがあるんだと思ってます」といってあげることしかできないのです。。。
わかってあげることができないというつらさも感じます。。。


ただ私がかつて筋膜リリースをしてきて昨日のお客様の首ほどつらさ。
それは見たことがありませんでした。

首は非常に傷つきやすい生命にかかわる重要な器官です。
たとえば、現状の筋膜の癒着があったとわかったとして、
指先で押さえても指は弾かれて解けるものではありません。
解けないだけでなく、容易に首は腫れ上がってかえって委縮するという悪化へと転じるものです。

そのような解くのにも難しいところでしたが、
ホットストーンを使って患部に熱をあたえて緩めてから圧をかけてリリースする、
というやり方を繰り返し繰り返し行う過程で。


少しずつ少しずつ解けてきました!!!



まだ十二分に解けたわけではありませんが、
以前の私の手持ちの技術では、
仮に現状の硬化がひどくなったものを発見しても、
安全で比較的快適にリリースする方法をもっていませんでした。
そうなると対応にも十分な成果をえられるようなものではない。

むしろ計画性のないアプローチをすれば、
かえって事態を悪化させる事故につながるのです。
それは絶対避けるべきですから、
お客様に対してのできる限りの安全を確保するよう、
息を止めて慎重に慎重に施術作業をするにはしますが。

それでは大きな成果をあげられるものではありません。

くやしくてどうしようもない。
そのような、いらだちを覚えます。



そのようなところから、
ホットストーンを活かすことで、
確実にリリースできるやり方へ変わったところを感じられてうれしかったですね。



やり方をさらに練り上げれば、
こちらのお客様のリリースも、
前向きに前進が続けられるでしょう。




と、そういった矢先に、コロナウイルスの感染流行による休業。。。

どーして、こうなるの?と思うほど私もつらいです。

せっかくホットストーンを使った施術を活かすことで、
お客様とかかわりだせてきた折でしたから。
ここで出足をくじかれるとは。。。





同業者の方々も私同様に、大変な思いをしている先生も多いようです。

事情がコロナウイルスの感染流行の抑制のためということで、
しかたがないことです。



それに負けずに自身の施術研究にいそしみたいと思っています。


今後ともよろしくお願いいたします。

posted by スズキ at 13:05| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする