2020年01月23日

業務連絡:【 メールマガジン<ボディワーカーの夢とお仕事>の配信停止予告 と 新たなメールマガジン<温和にボディワークメソッドのメールマガジン>ご登録のお願い 】(2)




================================

================================
【コンテンツ】

(1)メールマガジン<ボディワーカーの夢とお仕事>の配信停止予告

(2)新たにご登録をお願いしたいメールマガジンのお知らせ



================================



めるま!のメールマガジンが廃刊になる1月31日までは、
あと{1週間}となりました。
はやくも新規のメールマガジンのご登録をいただけましたお客様。

感謝いたしております!!




(1)メールマガジン<ボディワーカーの夢とお仕事>の配信停止予告




私がメールマガジンの発行でお世話になっております 
メルマガスタンド『 melma! 』より
メールマガジン<ボディワーカーの夢とお仕事>を発行。
現在 200名の方がご登録をしていただいております。

ただ残念ながらメルマガスタンド『 melma! 』が、
『 2020年1月31日 』に サービス全体が停止となります。

それによりボディワイズでお世話になっておりました
メールマガジン<ボディワーカーの夢とお仕事>も、
発行を終了させていただくこととなりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   □ 廃止されるメールマガジン □
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    ボディワーカーの夢とお仕事(ID:105120)
   http://melma.com/backnumber_105120/
   (発行メルマガスタンド: melma! {メルマ!})

   こちらは1月31日に自動的に廃止されることとなります。

   ※ 数日前のこと『 melma! 』の廃刊予定のメルマガに、
     新規でご登録いただきましたお客様がおられます。
     お手数をおかけいたしまして恐縮いたしますが、
     新たな発刊予定の「まぐまぐ!」へのご登録を
     お願いできましたらうれしい限りです。
     どうぞよろしくお願いいたします。
   


◎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◎


(2)新たにご登録をお願いしたいメールマガジンのお知らせ


今後は『メルマガスタンド:まぐまぐ』より
別のメールマガジン発行をさせていただくこととなりました。
そちらにて「業務上の連絡」や「その他のお知らせ」等のご連絡をさせていただきます。

  {今後の施術再開のお知らせ}や{お得な情報}もこちらのメールマガジンで
   お知らせさせていただく予定です!


お手数をおかけいたしまして恐縮いたしますが、
今後のお知らせをさせていただければと願っておりますので、
新規メールマガジンにご登録をお願いいたします。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■ 新たにご登録をお願いしたいメールマガジン ■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   温和にボディワークメソッドのメールマガジン
   https://www.mag2.com/m/0001688614.html
   新規:メールマガジン (発行メルマガスタンド: まぐまぐ)

  ■ボディワークスタジオ『ボディワイズ』の業務連絡
  ■「筋膜リリース」やその他多岐にわたる施術技術を駆使したボディワークについて解説やお知らせ
  ☆彡またその他、有益な健康アップ情報を提供させていただきます!

  【ご登録方法】
   温和にボディワークメソッドのメールマガジン
   https://www.mag2.com/m/0001688614.html

   上記のurlにアクセスしていただきますと
   まぐまぐの私の発行ページに移ります。
   こちらのページの下方にございます
   『メールアドレスを入力するだけで届くから、面倒な登録は一切なし!』
    の下にある入力スペースにメールアドレスをご記入いただき
    登録をお願いいたします。


◎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◎


【 編集後記 】

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

めるま!のメールマガジンが廃刊になる1月31日までは、
あと1週間となりました。

それにて新規、まぐまぐ!からのメールマガジンの
ご登録を受け付けさせていただいております。
「登録しました!」とご連絡を頂戴いたしましたお客様。
ありがとうございました!

ご興味がございます際には、
お気軽にご登録ください。
よろしくお願いいたします。



そして施術業務において。

ホットストーンマッサージを前面に押していこうと考え、
お客様にご期待をいただけるご提供できるだろうという、
機材準備や創意工夫と知識の獲得が整えられてきました。

お客様や同業のお友達のご協力のたまものと、
臨床を積み重ねさせていただきました。
この場で深く感謝を申し上げます。



そのおかげをもちまして、2月から、
施術再開を予定しております。


ボディワイズ
鈴木


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 16:13| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットストーンマッサージをするときの工夫、ミトンを使う!

ちいさなホットストーンマッサージをおこなうときの工夫


ホットストーンマッサージをさせていただくとき、
女性が店主で女性がお客様というときは、
下着姿になっていただいてタオルをもって隠すというタオルワークが巧みに操られます。

私のホットストーンマッサージでは、
現在、着衣のままで施術をさせていただいております。

女性のお客様が半数以上おられますので、
そのようにさせていただいたほうが抵抗が少ないと考えております。


着衣という皮膚にじかにホットストーンが当たるときよりも、
ホットストーンの熱の管理は幅が出て、
多少温まり方が強くても、その状態で施術をおこなうことができるのです。

それでもホットストーン用に利用している「ベン石」は、
遠赤外線効果や痛みがある神経を癒す超音波効果など様々なマッサージに適した作用をもたらしてくれるのです。



ただ・・・そうなると、
ひとつ盲点のような問題が生じてきておりました。


それはそのホットストーンを私は素手で持っているんです。

素手ではホットストーンが熱くて・・・.jpg

手で触れるにはすごい熱かったりするときは、
布で多少それを包んで手に感じる熱を緩和させます。

ですが布(鹿のなめし皮)で包むときにはネックがありました。
布で包むとなると、ホットストーンを握り支えて圧をかけるときの力の調整が不安定になります。
滑りやすくなってしまうんですね。
すると圧はガタついた感じになります。
ホットストーンが接触している部分が揺れて一様な圧を取り出せなくなるのです。

それでもリリースが起きないわけではありませんが、
かなり減額されているのはあきらかでしょう。



そこで、先日、知人の施術者のデモワークをさせていただいたとき。
試しにミトン(熱い鍋などをつかむ鍋つかみのこと)を手に付けた状態で、
50度弱のちょっと熱いと感じるほどの玄武岩を握ってホットストーンを活かしたずり圧をかけてみたのです。



そのとき受けてくれた施術者の意見として、
「いつも以上に安定した圧で、受け手として快適に感じられた」
といいます。

施術をしている私も、
ホットストーンの熱さにいつもは耐えながら素手でやっていたほどの温度ですが、
その熱さ地獄?も感じない快適さです。
ただ、今回の改善点としてのメリットはそれだけでは終わらなかったのです!


私は通常のホットストーンを使ったマッサージをなさる方よりも大きなホットストーンを使ってずり圧をかけます。
ホットストーンの石の面はすべすべになっていて、
皮膚に対して滑らかな圧がかかるようになっているのですが。
その滑らかさとは、ともすると施術者がホットストーンを把持するときにも滑らかに滑ってしまうということです。

つまり握ってみて、微妙に滑りやすいから強く握るホールドのしかたをするか、
またはすべりを活かした計算されたやり方をするしかないのです。
後者のやり方では、マッサージオイルを利用するときには、そのようなやり方ができるでしょう。
ですがマッサージオイルを塗らずにとなってちょっと強く握らなければ対応ができないときでは。。。

ホットストーンを人差し指に力を入れて握った時には、
ずり圧の効果が大幅に減じられて筋膜部分のリリースは思ったほど成果は上げられなくなります。

それがミトンを手にはめてホットストーンに接するときには、
ミトンがシリコン製で粘着性があるものであれば特に握らず、
手の型を腱でホットストーンをホールドした状態の形状へと作り上げてしまえばいいのです。

それで手からホットストーンが滑り落ちるような事故は起きません。
それだけでなく手の操作する力が、ダイレクトか、
それ以上にホットストーンの重みを借りて安定的にお客様の患部のリリースに効いてきます。

そのようにしたホットストーンを活かした筋膜リリースの効率はよく、
いつもの3倍以上のリリースが起きているように感じます。
(これ私の感覚的なところで、筋硬度計では調べてませんが、少なく見積もっても、こんな感じです)
受け手も安定的な圧で不安が減少するためか、
圧が強く作用するようになったにもかかわらず、
不快感や不安定感が以前よりも減少してリラックスできているとのこと。



このようになってほしいと思ってはいたものの、
実際に思い通りのところに着地できて、大喜び!

ホットストーンマッサージ素人だから、
独自研究していかないとと切羽詰まって工夫をしているからこそ、
できた冒険なのかと思います。

これで私どもの施術をお受けいただけるお客様へのメリットも、
大幅に増すことができるのだろうと期待しています。




とりあえず、握りやすいミトンはないかと、
Amazonで、2つほどシリコン製のミトンを注文しました。


(追記2020/1/24:アマゾンから届いたミトンを使った結果、左側のミトンは重すぎかつつかむときに力がかなり必要で、ボツ。右側のミトンのなかの布部分を取り出してシリコン部位だけを使うようにすると、ホットストーンを使ったリリースにいい結果をもたらす)


あとミトンに手を入れ続けると手がふやけるのでは?
そのような恐れもあるため、
それで、とりあえずダイソーで、
すべり止めのついた手袋を3種類購入してきました。

昨日の臨時施術の受付させていただいた施術では、
まだAmazonで注文したミトンは届かなかったので
ダイソーで購入した3種類のうちもっとも安定したものをつけて施術をさせていただきました。


軍手や柏手に握り面にすべり止めになるゴムを付着させたものは
手で筋肉の状態を繊細に見る時には、手袋を外さないとならないので
つけたり外したりというのは、多少面倒となりますね。
ですが装着した感じは悪いものではありませんでした。
ダイソーで容易に手に入るすべり止め付き手袋で対応できるなら便利。^-^

ただシリコン製ミトンのほうが、
手に入れている私の手もシリコンでスパイクされていて滑らないため、
圧倒的にこちらのほうが私のホットストーンマッサージでは理想的かもしれません。


手に装着して施術をさせていただく試験を経て、
どれが最適であるか判断したいと考えています。


posted by スズキ at 15:42| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする