2020年01月20日

中国は春節で商取引ができない時期について、と、やっぱり体の使い方を磨き続けるとすごいことがおきるんだと感動した話

昨日、ベン石温熱器を販売する業者のホームページに「在庫なし」が多くなっているとブログに書いたら、

新しきベン石温熱器 小画像.jpg
知り合いの方から、
中国が”春節”だからじゃないの_?」
と教えてくれました。


eさん、ありがとう!


たぶん、そうだろうと私も話をお伺いして思いました。

中国ではマッサージ用具としてメジャーな製品ですし、
私の利用しているベン石温熱器は、年々使い勝手がよくなるようバージョンアップしている商品です。
そういうやる気あるメーカーは、容易につぶれることもないでしょうから。


ちなみに、中国の春節では、地方から中国の都会へと出稼ぎにきた人々が、
お仕事を辞めて帰省するという大きなイベントです。

この時期には中国製品を仕入れたくても、
ショップも運送業者も動いてない。
そしてお仕事を辞められた経営者は、
春節が終わってから労働者を募集し、
それからまた仕事が徐々に回り始めます。
そういう状況だから「在庫なし」表記にして、
注文を一時的に受付をしないという意思表示。

納得です。 ^-^





*--------------------------------*





話が変わりまして。


今日、臨時施術の受付にて、施術をさせていただきました。

その際、お客様が
「ヒスイローラー注文したんだけど、納期予定がきても届かなくて。。。どこかで、行く先知れずになってしまったようだ」
とのこと。


私も、そのようなこと、ありました。

-.-;

早く手に入れたいと思っているとき、
この納期遅れはやる気が削がれます。

中国から送られてくるマッサージ用具は、
・納期遅れ
・商品破損
・商品間違え(特に数量を減らされて送られてくる)

などが、たびたびあるんです。
破損等を見越して、必要な商品数よりも多めに注文する対策をとるようにしています。
ただ納期遅れは、いかんともしがたいです。。。

ただヒスイローラー。

他のローラーよりもとてもよく首の筋の凝りがリリースしやすいんです。

ネフライトという軟玉でできており、
ネフライトの神経系の高ぶりを即座に軽減させ、
コロコロとマッサージをしているときの痛みが少なくて、
揉み返しのような後々の不快感がでたことがありません。


できれば首筋は、ほんとうにすべての経絡にここは影響がでるといわれている通り道。
そしてこの首筋では経絡線を閉じやすくもありますから。
この部分のマッサージは、中国人は大変に重視しており、
日々のここのマッサージを習慣化するようにしましょう。




またこのお客様。

体の使い方を研究なさっておられる方で、
身体操作の巧みさが増していって。


まじめにあきらめずに前進していくという人です。
真剣に体の注目点を絞ってテーマを決めて気づき、
進歩を重ねていかれています。


そのお客様の筋肉のコンディションが、
私が驚くほど前回(一ヶ月ほど前)と今回と、
比較して、大きく変わっていました。

起立筋の深層部が肋骨や脊椎に粘りついているようなことがなく、
脊椎から1センチほどの部分にある留め金のようなちょっとした凝りによる粘り部位を外すと、
脊柱起立筋がかなり深部までしっかりとリリースされている状態がわかりました。

それがなかなかこのレベルの方は、
ヨガのインストラクターをしている人でも意外にいないし
プロのスポーツをなさっておられる方で観たことがあるが、、、。


という感じで、
何度も「今日は感動しました!」と。


最近、私は施術再開に向けて、
臨床に使える速攻でリリースできる施術法を再吟味してたのです。
それも絶対に施術でお客様に対応するときには役立つものですが、
施術だけでこのお客様のような変化は生まれることは、
120%ありえません。

やはり私が選択するのは、
根底に自らの体の状態に気づいてその可能性を伸ばす修行をする人への対応。
そのときに助力させていただくことの充実感は、すばらしいものであります。


がんばれば成長していけるのだと、
しあわせなお客様に教えていただきました。



私も初心に帰って、好きな身体操作の練習を学びはじめなければと。
まずはイノベーションをねらわずに既存の自分が知っている知識を再検証して、
プログラムを組んで自分の体の操作を乗りこなせるよう楽しみながらやっていければと思います。
posted by スズキ at 00:14| Comment(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする