2020年01月16日

「施術室のマイナスイオンを増やして、施術成果を押し上げよう!」の巻き

今日、施術をさせていただく部屋用の「ブラックシリカ」という、
マイナスイオンを発生するしてくれる天然石が追加で届きました!

それも粉末で15キロ・・・・・。
と、2キロ分の規格外のちょっと安価な欠片。



ブラックシリカ・イメージ図


もってきてくれた佐川急便のいつもの配達をしてくれる方が、
「なんか、重いよね〜 ^-^;」

佐川急便さん。
本当に、お世話になっております。 m__m




マイナスイオンに満ちた空間とプラスイオンに満ちた空間。

その違いは?

マイナスイオンに満ちていれば清々しく感じられ呼吸がしやすく感じますし、
それにより血中の酸素量が増えていくため、
血がさらさらになって循環がしやすくなる。
心身ともにリラックスもしやすくなります。
精神的な落ち着きが感じられますから。

生命力がアップする感じですね。



プラスイオンに満ちてしまえば重々しくて、
どんよりした雰囲気になります。
往々にして呼吸がしづらくなる。
それにより血中酸素量は減少し、
血液の循環が悪くなっています。
心身ともに緊張し気が晴れない。

生命の気力を奪ってしまうのです。


自分を本当にかわいがってあげたいなら、
どちらの部屋にいたほうがいいのだろう?

ちなみに、、、
私の体質ではプラスイオンが多い場所にいると、
体の節々が異変を察知してしまうようなのです。
プラスイオンが過ぎたところにはいられません。


だったらもちろん、
イヤシロチと呼ばれる神聖な場には、
奇跡的に症状を落ち着け改善を促す力があるといわれています。
できるだけ、イヤシロチに近づけて、
気分がよくなる環境に身を置きたい。
・・・ですよね!



現代社会は交流電機や電磁波が強すぎて、
それだけで気の力がめぐりが悪くなって。

まさか自分の体調不良がそんなところからだったか!という人は、
ドイツで高い規格で住環境を改善させるアドバイザーの専門家バウビオロギーの方々が、
日本の住宅内で問題を見つけるために機器をもって状態を測定してアドバイスするなら。
問題がそこに起きていて、気づかないうちに心身が傷つけられている人がいるようです。

たとえば、、、
世界保健機構という組織では電磁波の基準を4mG(ミリガウス)以下に決めようとする動きがあるそうです。
それが、電気毛布ならば50mGから100mG。
携帯電話の電磁波の量は機種にもよりますが大概は50mG以上も出ています。
携帯電話の電磁波は脳や眼球に直接作⽤しますから欧⽶では、
16歳以下の⼦供には携帯電話を使わせないようにしているそうです。
パソコンがついているディスプレイ前やそのパソコン端末周辺のWifeからも。

私が子供のときには、そんなパソコンや携帯電話や電気毛布等々なんかなく、
電磁波過敏症という特別な症状をもつ人もおりませんでした。


リスクがあるといわれるほどの電磁波に囲まれた現代に育った環境で暮らす子供たち。

あまり「それは危険だからね」とか「もっとどうにかしなきゃいけないよ」というと、
そのマイナスワードに聞こえる言葉なんか対処したくないと思うことも多いでしょう。
極端な話ですが「地獄に落ちるぞ」といわれたら、嫌な気持ちになります。
嫌な思いをしたくないから聞きたくない人も多くいるでしょう。







なかには、こんなことにこだわってちゃいけないといわれる人もいるでしょう。
もちろん、同業者の先生方の中でも眉唾物という人も多数おられます。

少し以前の話ですが、
知り合いの施術をなさる先生。
施術のやり方を、私とその先生とでいろいろと話し合い、
大変な勉強熱心な先生ですしキャリアも私以上の鍼灸師の先生です。

ですがお客様も治るかどうかが不安定だそうです。
それはお客様の状態はそれぞれ軽重がありますし、
一様ではありません。
十分な力量をその先生自身がお持ちです。
それゆえに治療効果が不安定というのは、
技量が素晴らしいため難病のお客様が多く通われているのだと思いました。

先生から話をよく聞きますと、
やはりその通りだったようです。

ですが気になったのは、
その先生自身が得体のしれない体調不良で困っているとおっしゃられるのです。

先生が自身を客観視して、
いろいろと原因を探った。

ですがあまり芳しい成果がでてこなくて、
大きな大学病院へ通って精密検査を受けたが、
そこでも問題の原因が不明だといわれていて。
「困っているんだ」とおっしゃられました。


私も、そのとき直感的に私の普段する筋膜リリースが持続的に効くタイプではないと感じました。

そのような漠然とした思いはしたものの、その理由は、わかりません。
根拠のない適当なことは、いうことはできませんから。
「お大事になさってください」と頭を下げることしかできませんでした。






そのようなときの後日談。



その先生のご自宅兼鍼灸院に、
足を運ぶ機会を得ました。

鍼灸院ですからお灸もするため換気扇もついている施術室。
部屋も華美な装飾はなくシンプルな様相でいい感じです。

ですが、私がその場にいると、
不思議なほど声がでなくなる。

その状態に自分で気づいて、
この場に何かがある!と直感。


たまたま電磁波による人体における障害などに関心があっただけでなく、
水脈をダウジングでチェックするということも研究中という趣味があり。

部屋の中の機器をみれば電磁波障害ではないようだが、
水脈か地盤目の亀裂などの影響がありそうだなと感じ、
おもむろにダウジングロッドはないので、
ポケットに入っているペンジュラムを取り出してチェック。

そうすると
人の恐れや心配などの念や思いが気となって治療のときに施術院の部屋に散り隅々に滞っており、
その施術院の場が強力なプラスイオンを発する四隅が気になっていたのですが。

ですが先生のご家族は、健康でご高齢のお母さまも元気そのものですから。
先生のご自宅全体が問題であるわけではなさそうです。


先生の自宅兼施術室は傾斜地にあり土地の奥から水脈が急流となり流れて、
その影響が地面の上に建つ家屋に、たまたま影響を与えていたようでした。
気になったから私が自宅にもどり調べる機器をもってチェックすると、案の定でした。

その施術室の数平方メートルのピンポイントの場のみ、
気の乱れをかもしだす影響を作り出していたようです。


施術室に2台ある1台のベッドには、
その水脈の健康を害するような周波数を持った影響が出ているようです。
もう1台のベッドには、その悪影響は半分ほどになっているようです。



それからベッドの位置の移動を提案させていただいたり、
その先生に水脈の問題から健康被害があるなら役立つものをプレゼントさせていただきました。

その先生には私がやっていることを肯定的に賛同されているわけではなく、
私が何をいっているとか、
何を感じてみているとか、
非常にわかりにくいものだと思います。

特にこの施術院の部屋にはよからぬ気が感じられといわれるものだったら、
黙っていられない心境だったと。
私がそんなことをいわれたら、
察して余りあるものがある。


なので、その先生の表情を読み取ると、
いぶかしげに見られてまともな話をしているとは思われてませんでしたね。 -.-;


私がわかる範囲内ですから知れたものですが、
できるだけの対応を一緒に騙されたと思って!
とやっていただいた結果。



その先生がおっしゃられた一言。

「なーんで、あんなに体調が悪くなっていたんだか」

原因不明の症状が大幅に軽減されて、
それまで服用なさっておられた薬を辞めることができたようです。
実にラッキーでした!


そのような電磁波や地盤からの低周波の影響などは、
目には映らないものですし、迷信ぽく感じられます。

ちょっと気になって調べたいと思う人がいても、
どこで相談していいものか、わかりませんよね。


私もその施術院内で呼吸がしづらくなって視力が落ちて声が蚊の鳴くようなほどになっていた、
そのような状態悪化から免れるような状態に落ち着きを取り戻しました。
残念ですが完全にクリーンになった場にまでは書き換えられませんでしたが、
廃業を考えて落ち込まれた口調だった先生が落ち着いたきっかけのひとつになったのかもしれません。


もちろん場の状態をよくしただけで、
これらのことがすべて起きたわけではないと思いますが、
施術をする先生方は特に気の乱れを察知する能力にたけた方が多いものです。
たぶん私がした場の調整も多少は効いたのかもしれないと思っていただいて、
ご自身でも楽しみながら自己対応をなさるようになられました。

私は、それでその先生からお金をいただいたわけではないのです。
とりあえず、様々な体を改善させるための可能性のひとつとして、
「試してみなきゃ、わからないから、やってみたらいい」という、
好奇心とチャレンジ精神がある人なら知っていることを話したい。
そのようなおせっかいな気持ちがあるだけです。 ^-^



人は目に見えるものだけではなく、
目に見えないものからの影響も受けているようです。

そのような先生のことを思い出すことがあって、
お客様への電磁波による健康被害や施術への悪影響の軽減を考えて、
見えないところへの対策をさせていただいてます。
私の自宅は立会川という川が近くを流れる関係上、
水脈の悪影響が以前にはありました。
それに気づいて手を打ってからは、
睡眠の質が向上したり、
集中力を保ちやすくなったり、
風邪をひきづらくなったりなど。
その以前とは大きな違いを感じたものでして。

そういったことがあったため、
その鍼灸院の先生のご自宅兼施術室の様子が
「これは電磁波の悪影響じゃなくて、
 水脈の超低周波の問題じゃないかな」と感じたのです。




「施術成果が高まる場づくり」は、凝りだしてみると楽しいです!
自分の体が敏感に変化を感じてくれるというのが、さらに興味を深め、
効果を実感できて喜びがわいてきます。


ただ今日届いたブラックシリカの粉末を6キロほどの麻袋に入れて部屋の隅につるしたら。。。

狭い部屋のせいだと思いますが、
かえって部屋全体をめぐるはずの気の循環が滞りだして。
その場にいて気分がざわつく感じになりました。

やりすぎるのはよくないですね。

またブラックシリカの粉末をつるすだけでは消臭効果まではあるものの、
案の定、想定したとおり、
部屋を暖めると発生する遠赤外線や育成光線が、
部屋のなかを脈動のような波を打ちつつ循環することはありませんでした。
それで、他にもやってみようと考えていたひと工夫をしてみることで、
その点も改善できました。


いまは微調整をしているところです。




【 追伸 】:(1/17)

マイナスイオン。

施術をさせていただく部屋にブラックシリカとその他の石の混合したものの設置のおかげで、
マイナスイオンが、かなり増しているようです。


私事ですが普段は午前3時くらいに寝て、
午前6時30分に起床してます。

それがマイナスイオンのリラックス効果が極まって、
昨日は眠くて眠くてしかたなかった。
午後11時に仮眠をとろうと寝て、
気づけば目覚めたのが朝5時ころ。

目覚めは日頃以上にすっきり。


気をよくして筋肉の状態をチェックしてみたら、
一昨日前と今を比べると、
表層筋層がゆるゆるになっていました!!!
痛みや張りや凝りを感じる神経がある部分が
ゆるゆるになっていたのです。


マイナスイオンによって人体におこることは、
個人差がありますが、一度設置してしまえば、
半永久的に効果は持続します。


自身が就寝する場を変えようと行動することは、
マットレスや枕を変えるなども効果的でしょう。

加えて、部屋の中の気の循環を良くすることで、
気分よく暮らせるようになるのも健康維持にいいですよ! ^-^

posted by スズキ at 19:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする