2019年12月12日

ホットストーンの石、それぞれの特徴と活かし方の検討




臨時受付の施術をさせていただいて気づいた点を改善するため、
今日は、一日、自宅で自主研究をしておりました。

おもに「ベン石」と「玄武岩」の、
特性の違いを見つけるべく比較すること。


私自身の体感では、
ベン石を加熱したホットストーンと玄武岩では、
利用して特性の違いを感じることがあります。


「玄武岩」のホットストーンでは、
ワンセッション分の施術上で十分な数をそろえています。
中国から比較的安価で取り寄せることもでき、
様々なサイズの石が安定的に手に入るもので。

玄武岩という溶岩性の石には、
わずかながらの磁鉄鉱が含まれているところは興味深い。
二酸化ケイ素(水晶:シリカ:SiO2)はあまり含まない。


「ベン石」にはケイ酸カルシウムが含まれます。
よって二酸化ケイ素が含まれています。
水晶の安定した結晶が人体にパワフルに健康回復改善を促す影響を与えてくれる。
そして様々なマッサージやツボ押し用に特化した形状のものがそろっている半面、
玄武岩よりもサイズが大きなものが手に入りづらいのです。
そして多少サイズが大きいものとなれば、玄武岩より高価。
それに壊れやすい特徴があるため、
通販で購入のときには輸送途中で
壊れてしまうことも少なくない。
それにてトントンと打ち付けるような巧打系の刺激を与える用途には適しません。

遠赤外線効果は、ブラックシリカ同様の、大変強い力を発揮します。
ただブラックシリカは、なにも刺激せず遠赤外線を出し続けるに対し、
ベン石では、摩擦する必要があります。



そのように思いついたことを書けば、
玄武岩もベン石も、いくつか特徴があります。



ただ。
私が一番知りたいことは、体内に入り込んだ邪気が、
玄武岩とベン石とどちらが対処する力が強いかです。


どうやってその実験をすることができるかを考えて、
それぞれをオーリングテストから、筋反射でみてみたり、
自分の体にホットストーンとして使ってみたり。

思いつくまま試してみたのですが、
数値的にそれらの効率的度合いがしめされるところではないため。
いまだに、私自身のベン石への強い信仰心から、どうしても欲目でベン石に軍配を上げたくなります。


もし玄武岩でもベン石と同程度の邪気を追い払う力が発揮できているならばいいのですが。
ベン石のほうが実はすごいとなれば、そちらを手に入れることができるかどうかが命です。

それこそ石の特性からくる得手不得手がありますから、
湯煎で玄武岩を温める時に「ポイント型水晶のかけら」を水に入れておきます。
すると湯煎用の水が水素養分が染み出した「ジェムウォーター」になり、
それを玄武岩が受け取り短期的に影響を受けます。
そのうえで玄武岩をホットストーンとして使ったほうが私の体には合うように感じられました。


また「シュンガイト」という石を湯煎するお湯に入れると、
それ以上に何度もヒーリングに使われて疲れた石たちが浄化されて力を取り戻すように見える。
それは確かにそう感じられました。


玄武岩のみで湯煎するよりも、
ベン石と玄武岩を同時に湯煎してベン石のシリカ成分を玄武岩に渡すようにしてもいい成果がでているのかもしれません。

ホットストーンをどう使うかバックボーンとなるものを持ち合わせていないため、
自分で編み出そうという気構えを持つことができて、
おもしろい研究ができていると思います。




こうした実験には誤認や勘違いなど、つきものです。
だから私が得たノウハウを人に紹介したら、
デマを飛ばした元をたどると私に行きつくこともでてくるでしょう。
ですがその過程で人には思いつかない成果をつかむこともあります。


とにかく自由な発想と観察力で、
石の力を引き出そうと奮闘中です。

^-^



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



余談ですが、
昨日、浅草へお参り。


浅草寺で観音様を参拝させていただいて、
それから待乳山聖天( http://www.matsuchiyama.jp/ )にも。

待乳山聖天の本堂に入ると、
天井に大きな龍神様の絵が描かれております。
本堂内の空間自体が独特で神聖な空気がながれております。

そのようなありがたい場に立ち寄った時には、
最低でも30分はその地にとどまっておくこと。

そのようにするといいと、
私の知り合いの尼様からお伺いしたことがあります。



思い悩んでいたことへの回答が得られたり、
道が開けるよう後押しをしていただけます。




そういうときに、近年の私は待乳山聖天に決まって足が向きます。



待乳山聖天の本堂、裏手にはお百度参りをするための場があります。
そちらで女性がお百度をなさっておられました。
待乳山聖天は真剣な願い事を持つ方々が集い祈る聖地として、都内屈指です。

思いを秘めたお百度参りをなさる方の願い事が、
聞き届けられてかなえることができればと願ってやみません。



ぎりぎりのところで我をなくして神様にゆだねて任せること。


そのあとは、すべてを受け入れること。
そうするしかできないときがあります。


ホットストーンの石が秘める力を活かして、
皆様自身が自己の健康を向上できる成果を得て、
安心した生活を送れるようになるといいですね。

そのような面での可能性を感じて独自に石の施術利用法を研究しています。
これが人のために奉仕することへとつながってほしい。

そのようなことを思った、昨日でした。


posted by スズキ at 21:51| Comment(0) | ホットストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする