2019年09月28日

【業務連絡】ボディワイズの新たな施術法を、体験セッション希望者募集のお知らせ!

 

体を温めて筋肉や神経をリラックスさせることで、筋膜リリースが深まります!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボディワイズの新たな施術法を。
  体験セッション希望者募集のお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・------------------------------------------------------------------------・


【 体験セッション募集要項 】

2019年- 10月1日(火)
       10月2日(水)

                    10月4日(金)
                    10月5日(土)の4日間


時間帯: 9:00-11:00 / 13:00-15:00 / 16:00-18:00

施術時間: 120分


受付 : 一日の受付人数は、限定2名様まで。
場所 : ボディワイズ(鈴木宅にて)
     東京都品川区荏原5-16-18
     電話:03-5498-2220
費用 : 無料(無料の理由は、編集後記内にございます)

体験セッション申し込み受付開始日時 :
   : 2019年-9月30日(月) 午後9時より( 先着順 )
     
    ※定員がいっぱいになりました際は、
     メールマガジンとブログで、その旨をお伝えいたします。
     またメールをお送りいただきましたお客様への返信は、
     10月1日に受け付けさせていただいたお客様以外は、
     明日になると思います。
     どうかよろしくお願いいたします。


応募条件: (1)ボディワイズに通っておられるお客様
      (2)予約順番待ちで並んでいたお客様  
     (※施術を受けた感想をお伺いさせていただくこともあります)

ご質問 : sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp まで、お気軽にご連絡ください。


・------------------------------------------------------------------------・


 【 ご応募のフォーム (メールにて受付開始日時以降にお送りください)】

氏名:

電話番号:

メールアドレス:

希望日時(第三希望までいただけますと、お受けいただける機会が増えると思います):
(希望日時例):第一希望 10月1日(火)  13:00-15:00
        第二希望 10月4日(金)  9:00-11:00
        第三希望 10月5日(土)  9:00-11:00


※ 体験セッション申し込み受付開始日時 :
    2019年-9月30日(月) 午後9時より( 先着順 )


・------------------------------------------------------------------------・

 


【 今までのボディワイズのセッションとの違い 】

■ 今までのボディワイズの施術技術や経験をベースにしています
  ただ重量感ある自作ブロックで梃子の力を取り出したずり圧を廃止しました。

  他の手技によるアプローチやベン石スティック等での圧刺激に変更しました。
 
■ 中医学診断を取り入れます
 (まだ十分な実力はありませんが基礎的な虚実・陰陽・寒熱・潤燥などを読むことはでき
  その読み取った情報を活用して個人の体質やニーズにさらにあった施術をおこないます)

■ 今までの施術法の主だったところは浸透する圧をかけ、ずり圧を生じさせましたが、
  これからはさらに体のお腹の中等に温熱刺激を与えて体質改善効果をあげる試みも。
  圧刺激に熱エネルギーを加えてみたり、代替させて癒しのレベルアップを図ります。
  冷えや不調があるお腹を温熱で適宜緩めると、全身の骨格筋も同時に緩みだします。


・------------------------------------------------------------------------・

【 セッションを受けてほしい方へ】

■ 筋膜の過緊張がほどけて、ほっと一息できます。 
  身体の筋骨格部分のバランスが整えられます。

■ ベン石の遠赤外線効果などにより(自律神経の緊張をゆるめ)ます
  心身のストレスの軽減に役立ちます。

■ お腹を緩めて筋膜リリースのときの筋膜がはがれる際の痛みが軽減。
  それによりスムースに筋膜リリースが可能となります。
 
■ 病因につながるお腹や体の「深部に入り込んだ邪気」を、
  熱刺激で代謝力をあげつつ施術をすることで改善を目指します。

■ セルフ・マッサージにホットストーン・ヒーリングを取り入れてみたい人、
  今回の私のセッションを受けてみれば、その参考になると思います!

  日本ではホットストーンを使った自己メンテをする方はまれですが、
  海外では手軽なセルフヒーリング方法として取り入れられています。

  玄武岩のホットストーンは入手しやすく、自宅で湯煎して温められます。

  {ホットストーンセラピーのメリットは・・・}
  ・筋肉の緊張と痛みを和らげる
   ・ストレスと不安を軽減します
    ・睡眠を促進する
   ・自己免疫疾患の症状の緩和に役立つ可能性があります
    ・がんの症状を軽減するのに役立つことがあります
     ・免疫力を高める可能性があります

  (参考)healthline https://www.healthline.com/health/hot-stone-massage

 


【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。

私が気に入りましたベン石温熱器。

たとえば消化器系の「がん」になっているお客様は、
体内にガスがたまったりおけつと呼ばれる血液の状態が悪化したり、
他の体液の滞りや不浄化が進んでいるという特徴があります。
がん自体は誰もが日々に体の中で生まれています。
生まれても増殖を防ぐよう対処する力があるときには問題ありません。
それが生活習慣病のひとつとして抵抗力が下がるようなことがあると、
進行してしまうという特徴があります。

その進行するときのきっかけは
上記にいう毒になるガスや血液や他体液が体内で停滞しだして、
最初は皮膚表面近くにそれらの影響があったものの、
状態悪化が進むと骨や臓器の近くという
深層部まで邪気が入りだしたことを機にしていることが多いようです。

中医学でいう体内の奥に邪気が入り込み、
内臓の裏や中にまで入りこんでしまいますと。


私が自身の母の看護をしていたとき、
まさにそのような状況だったため、
その内臓奥へ入り込んだ邪気と、どうやって戦えばいいのか?
今までは内科系のアプローチを随時お通いいただいているお客様に
必要なものを掘り下げて学ぶという研究してきました。
がんになられているお客様も、私の施術を受けに複数おいでいただいております。
それによりがんについて勉強していたものの、
母のがんの進行はもっとも早いといわれるもので、
同種のお客様に接し対応した経験はありませんでした。

私のかつての施術法ではカバーできるものではなかったため、
ひとまず自然療法でよいとされるものを母に片っ端から試してみました。
ただ急遽手探りでし始めたことで、
思うに任せないことばかりでした。
「本当にこれでいいのか?」と、不安に押しつぶされつつも、
必死に体と頭を働かせ続けるしかありませんでした。
寝ずに、ご飯も食べずに、風呂にも入らず時間を惜しみました。

母には、そんな私をみて心配し、
「政春、おまえが母さんより先に死んじゃったら、私は切ないよ」
と言葉をかけてくれていたのを思い出します。


そのときに、つくづく感じたのです。


以前からお腹の硬い部分は特別なやり方で緩めては来たが、
そのやり方は、今回の母のがんといった
体質の悪化が進んで血や体液が停滞して酸化が進み、
肉体の深部へと邪気を多く含んだ状態には対応できないのです。

私自身は、筋骨格系のリリースが専門だからという意識があり、
内科系について下手に手を出していい加減なことをいったなら、
かえってトラブルの元になると考えて控えるようにしていました。

ですがその手抜かりを肯定する後ろ向きで済ます考えによって、
いざというときに役に立たなかったのだと思いました。
誰がなんと言おうと自分の内側の愛と正義の心を捻じ曲げてはいけません。
そんなことをしたからとんでもないことになったのだと思います。


その反省に立って、
中医学から何かの今回のような状態に至る前に改善させるヒントはないか。
できうるところで思い当たったところがそこでしたので、
愚直にテキストをノートに書き写し続けました。


そんなときです。
中医学を学ぶとき、
中国の一部の地域で産出する「ベン石」という石が古代中国の中医学では
貴重な役割を果たしていたということを知りました。

ベン石は、経絡上の気の流れを改善し、
温熱用具や鍼などの用途として使われていたのです。

私はベン石を用いた具体的な多数の施術アイデアからピックアップし
施術成果を独自に出せるよう2ヶ月以上の時間と労力をかけて試験を繰り返しました。

それにより{ ベン石による温熱刺激を取り入れた<施術の原石> }を生み出しました。
さまざまなとっぴな使い方まで仮説検証をし続けてきて。

そして通常の利用法も行ないますが、
ベン石温熱器を2機使って患部をはさんで熱を伝え、
比較的弱い加圧操作で問題ある癒着患部に制御の手を伸ばせないかというものに。
このツーポイントリリースにはいろいろ独自のやり方を足していきましたが、
このやり方は施術の場でも取り入れたいと思えました。
感触はいいですね。
そんな応用のタネをみつけだして現在進行形で研究しています。

 

すこし話がそれますが、
体内に邪気を多く含んでいる人は、
多くは静電気を体内に多量に蓄えて、
それにて被爆しているという傾向もあります。

そして邪気を扱うときは施術者に災いのように
ダメージが転写されることがあります。

私は、かつてがんを患ったお客様の施術をさせていただき、
その施術最中や直後に気を失い倒れたことがあります。
未浄化ななにかが体外にでてきて私に入り込んだとき、
気分が悪くなるなどネガティブな現象が起きるのです。
ただ同時にお客様の体が「ふっ」と緊張が緩むことへ。。。

正直に申し上げますと、
私の脳には邪気を受ける恐怖心が体験上根付いていて、
邪気に正面向いて対応することを本能的に避けたところもありました。
ですがこれからは、逃げ腰でおびえてばかりでは
お客様と接する覚悟が足りていないと考えます。

そのリスクを低減できるように施術ベッドにアースが効くようにしました。
試してみると、、、意外に悪くない結果を得られました。
・・・できる対策をきっちり整えていこうと考えています。

 


私は、今年の中盤から長い時間、
ひとり部屋に引きこもりつづけ研究してきましたが。
その研究が十分に花が開くかどうかはわかりません。。。

ですが自分の感性で脈があると信じたものに接して、
常に改良を加えて理想に近づける努力をするならば。
いつか勇ましい姿へと化けることを期待して歩むのみです。


このたびの体験セッションは、
まだ温熱の使い方については、
私自身が未熟さが目立ちます。

ただそこから今後へとつながる原石と考えているものを
お客様に体験していただく機会を持っていただければと
開催させていただくことにさせていただきました。


それもあり「無料」のセッションとさせていただきます。

m__m

そして有料のセッションの開始は、
無料のセッションをお受けいただいた方々の様子を私が見させていただき、
時を置かずに有料での施術の受付をはじめさせていただくことにさせていただくか、
もう少し(数日間の期間をいただく程度)やり方を磨き練ってからとするのか。
決めさせていただきたいと考えております。


どうかそのようなことをご理解をいただきました上、
ぜひ、ご興味をお持ちいただき、
ご都合がよろしいときがございましたら、
お申し込みをいただけましたら幸いです。

最後に。
体験会のお知らせにつきまして。
本来は9月中に開催と考えていたのですが。。。
ベン石温熱器の入荷待ちで後に押しておりまして
ご応募のお知らせがぎりぎりになってしまい申し訳ありません。


皆様、どうぞ、ご検討のほどをよろしくお願いいたします。


2019年9月28日

ボディワイズ
鈴木政春
posted by スズキ at 18:38| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする