2019年05月10日

後日、無料セッションのお誘いをご連絡させていただきます!(ただし無料は「訳あり」です ^-^;)

個人的なことですいません。

母からの相続、名義書換等の事務的な処理。
まだ申請まで添付書類の取り寄せや、
先方との予約時間が先の先で時間がかかるものはあるのですが。
どうにか主だったところまで、
手をつけることができて見通しがついてきました。

私の家は、複雑な事務的な処理などないはずです。
それでも、役所に行ったり、金融機関に。
なんど足を運んだのが品川区役所ですね。


母の遺品の8分通りは、
とっておいても私が使えるようなものでもございません。
だから忍びない気持ちで、処分しました。
あと2割ほどの残りも、まだまだあるのですが、
これらは父や母が家を買い、大切にしてきた思いが詰まったもの。
なかなか手を付けようにも躊躇してしまうものです。。。
でも、いつかは家の中を簡素化させていこうと思うので、
どうにかせねばと思ってはいますが。


そして母へお線香をあげていただける方々も、一段落ついてきました。


あとは私の家の外にのびるホンコンカポック等の木々が生い茂って、
葉を大量に地面に落とすようになっているので。。。
長年、私のうちに緑の目に優しい風合いを送り届けていただきましたが、
多くの部分、枝打ちをするしかないだろうと考えています。
植物たちには、ほんとうに申し訳ないのですが、
ノコギリを買ってこねば。。。



そして来週までは役所にいく予約等がいくつか詰まっており、
いまもまだ落ち着きませんが。
(これはゴールデンウィークが10日間もあったせいですね)



私自身、少しずつ施術の感覚を身体に思い出してもらわなくてはなりません。
自分で苦心の上に作り出した手技は、
頭というより身体が勝手に動き出してくれるものです。
そこの部分はまったく心配はしておりません。

ですが、この度、重いおもりを使ったずり庄を、
深刻な諸事情により封印しようと考えています。

面を広く当てたずり庄をかけることで、
痛み等の不快感を大幅に低減させつつ、
身体状況の改善も非常に深いという特徴がありました。
それを取りやめるというのも、思い切ったことですが。

介護中に錘たちのメンテナンスが行き届かなくて、
ボロボロに劣化して使えなくなってしまいまして。

その事態を受け入れて次に進もうと思いまして。


現在の施術上の刺激ですが経穴部分をうまく狙うことで、
その部位の刺激から身体の改善を促すというものにシフトしてきました。

改めてそちらへの可能性を探る時期と思っております。


そうすることで、経絡線をたどることで「五臓六腑の情報を得る」ことができます。

その点の中医学的な発想を、いちから学び直して、
そのうえで成果を上げることができるようになりたいと考えております。




新たな施術スタイルを創造して確立するための模索をする時間をいただこうと思っております。


ただ施術風景全体像を模索するにも本を見たり、
頭の中で手順をイメージをしたりするだけでは、
うまくいくかどうかがうかがい知ることができないものです。





そのようなこともありますので、
近日中に1週間ほどのうちの数日間。

ボウエンテクニックと合気の手の内を活かしたセッションを、
お客様向けにご提供させていただければと願っております。


もちろん安全性も高いものですし、
成果へのこだわりもあります。

しかしこのたびは、
前段に申したような試験的かつ試行錯誤をさせていただきたいという意図がありますので、
費用をいただかない形でおこなわせていただければと思います。


あとただ、ひとつだけお願いがあります。

ビデオで私がセッションをしている風景を撮らせていただいて、
後に私が視聴させていただいて研究する材料とさせていただきたいと願っております。


いままでボディワイズにおいでいただけなかったお客様も、
この機にぜひ、体験セッションを受けに来てくださいね。

うん、やはり実際に受けてみるとブログの文字ばかりじゃイメージできなかったな!
ということも、あるでしょう。



たとえば、先日、お問い合わせをいただいた同業者の方など、お時間が合いましたら、ぜひ!

ただ本当は、
いままで施術を急に休業させてしまいご迷惑をおかけいたしました方々、
皆様全員とお会いしたい気持ちです。



ただより詳細の規定をおつたえさせていただくのは、
もう少し事務処理作業をさせていただいた後となります。

具体的には、私のうちが借地権で借りているもので、
そちらとの交渉や手続き見通しが立っておらず、
ひやひやしてまして。
そこがほっとできたら、改めてお知らせいたします。


どうぞよろしくお願いいたします。




鈴木政春
posted by スズキ at 21:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする