2019年05月09日

未病を対処する中医学の学びを深めようという思いと、身内の介護で施術という新たな接し方の提案へ



母の介護で得た経験は、かけがえのない学びを私に与えてくれました。
そのときに気づいたこと。
そして今後の私の指針にしたいことを二つばかりかかせていただきます。



(その1)

それは潜在した病があれば、
それが顕在化する前に対処するに越したことはない。
そこへの積極的対処の必要性についてです。。。。。
いざ、大きな疾患として顕在化すれば、
そこから元通りな状態を取り戻すことは困難です。
当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、
未病を感知して、顕在化させない見える化した中医学の仕組みを持って、
より多くの情報を獲得する技術を持ってお客様に接することです。

そのひとつの具体的な見立てをえる方法として
来週から脈診などを基礎から学ぶようにします。
近所の鍼灸院さまで10回コースで教えてくれているので、
そちらへ通わせていただこうと考えています。
脈もこの先生が翻訳された本からすると、
これだけのことがわかるのか!!と、まさに驚くほどのものでした。

脈診も高いレベルまでの習得は長い経験があって磨かれるものでしょう。

なにか新たなものを学ぶというには、いい機会だと思います。




(その2)

または母が昭和医大で入院していたときに、
相部屋の患者様の方々から感じたことなど。
いくつもの胸に刻んんだ指針を受け取って、
いまからの進む道を具体的に描いていこうと思います。

たまたま母のベッドの隣のベッドに寝ておられる患者様は、
その詳細はかけませんが御子息が高名な大学教授をなさっておられ、
現在は病院の副院長として多忙を極めているそうです。
ただ多忙ゆえに、なかなか母の病床に顔を出すことができません。
その隣のベッドで、私が母の施術をずっと、ずっとしているとき。




くったくのない声で

「いいわね〜。あなたの息子さんに体をもんでもらえて!」
「うちの息子は、ちっとも来やしないし、来ても肩一つもんでもくれないんだから〜」


という言葉が繰り返されたことが印象的でした。




その息子さんが夜間においでになられたときがありました。
大変に温和で聡明なお顔をなさっておられました。
その方が母にかける言葉の端々から、
勇気づけようとなさる思いがつたわってきます。

そんなときの言葉による勇気づけは貴重な患者様とのこころのふれあいとなります。
愛情はそばに寄り添うことでつたわりますし、
それを言葉にしても。。。

そして新たな切り口として、、、
そしてまた私が自分の母にしていた施術も、
ある意味、苦痛を軽減させるだけではなく、
非言語の身内からの想いを伝える手段となりえるでしょう。


他の病室をつぶさに見ていったわけではありませんが、
一様に看護師さんたちが私が母の施術をしている姿に、
おっ、なんかしてるわね?!それって?」という驚きの反応でした。
大学病院のベッドの上での施術をする光景は、
めったに見ないような風景だったのでしょう。


施術家に依頼して出張して病室で施術をするのもいいのですが、
シンプルでやりやすい、同時に危険性が少ない施術法を身内の方に覚えていただき
お見舞いにきたときに、さりげなく患者様の様態をみて手当のように施術で手を当ててあげられれば。。。


やはり、身内には、患者は緊張せずに甘えられるのです。。。

私の母もいっていました。
身内じゃないと、ここまではしていただけないし、
身内じゃないと、、、。
と。



施術を覚えて、そしてやってあげようというのも、
施術者に負担が掛かりすぎれば共倒れになるので、
ソフト系の両者ともに負担の少ないやり方を模索し広まればいいのです。

きっと隣のベッドの患者様も、
「自分も身内に手を触れてもらって手をかけてもらいたいのになぁ・・・」
というこころの底の切望した声を出すこともなかったことでしょう。


それに実際に受けている患者側としては、
安定剤や睡眠導入剤などを必要量が減るかなくても、
その時を過ごせるというのはかけがえのないことでしょう。

介護をするものが必要最低限の施術の技術を持っていると、
介護をする側もされる側も、急場をしのげるケースもある。

私の母も指圧をする人なので、そういっておりました。



勇気付けの声をかけ続けるのも、かける方も辛いし、
かけられる方も負担になりますが、
副交感神経優位の状態のリラックスモードに体が休めるようにできる施術を贈るのならば、
施術を受ける方も、施術をする方も、ともにすばらしい時間を共有することができます。



ちょっと想像してみてください。

自分自身が、子供に優しく心身ともにリラックスできるような施術をしてもらえて、
すやすやとねむることができる瞬間を、つらい闘病の時にえられたとしたら。。。

どうでしょう。

うれしくなりませんか?

なにか大切な気持ちが、伝わってきませんか?





それは、私には価値のあることと思えます。

性根を据えて、
---だれでも施術ができるようになる簡単レシピづくり---
に取り組むことができれば。
そのような、なにかをしたい気持ちになりました。



そのような思いを描かせていただけた大学病院での入院時の学びでした。

posted by スズキ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くのお客様からのご連絡、ご訪問に感謝いたしております。

私事ですが、
今年の2月から母の介護で激動の嵐の日々を過ごしてきました。
施術の仕事から遠のいて、
ただただ母の余命を尽きるまで、
自宅介護でいっしょにいつづける。

もちろん、一縷の希望があるとすればそれを求めて、
ひたすらに私にできることを背負ってやってまいりました。




そのときから今日の間まで、、、

メールで、数十名の多くの方から励ましの連絡をいただきました。
また手作りのこころなごまれるようにというメッセージカード
そして遠方からおさずけいただくよう手に入れていただいた長寿を祈願する由緒あるお守りをお送りいただいたり、
直接持ってきていただきました。

また私が取り込んでいるとお考えいただいて連絡は差し控えていたが、
ブログをお読みいただいて気にかけていたんですという方もおられたと思っております。


完全休業をさせていただいた私にとって、
そのようなお客様からの連絡や思いが、
唯一の社会との接点と感じられました。

「このような隔離感がするものなのか」と、
様々な思いを背負って感じた日々を送りました。


そのようなお客様方々の思いをいただき、
深くそのお気持ちに感謝をしています。



いまは週に2〜3日ほど、
15〜20キロ程度のウォーキングから、
落ちた体力を取り戻すよう努めています。

職人は体力が落ちると、気持ちや頭の回転にもストップがかけられる。
そこから抜け出すことがなければ、仕事の再開もままなりませんから。


*------------------------------*


そんなこんなの、日々を送る先日。
私が母の遺品整理をしているとき。

「ピンポーン」と、チャイムがなりました。
母の友達がお線香をあげにきていただけたのかなと思い、
玄関を開けると。。。


ストリート系のダンスをなさっておられるお客様が訪ねてきてくれました。
彼はとても気持ちのいい青年です。
こころねがとてもやさしいんです。


ただいつもはしていないマスクをしていたのです。
「実は、自転車に乗っていて事故を起こして・・・」といわれまして
自転車が前につんのめったまま顔を打たれたとのこと。
相当な痛みがある身体の各部を押して、
わざわざやってきてくれたのです。

よーくみると、手にはいくつかの包帯的なものや、
マスクの下の唇やその下の歯にも深刻な負傷が及んでおられて。。。

そのことに気づき私自身、そのことにも目が点になりましたが、
「お母様はご愁傷さまでした。
そして鈴木さんも、さぞやお疲れでしょう。。。」


まさに、ありがとう。。。、、、



一瞬、言葉がでずに、つまりました。

最近はどうですか、とお体の方を見て質問をさせていただくと、
ちょっと右の太もも前側が張ってきているということでした。

「でも最近、 骨盤職人という器具を使ってセルフメンテをしているんですよ」

と、「鈴木さん、知ってますか?」

といって、「鈴木さん用に持ってきたから使ってください。」といって、
手渡していただいて、長い時間おじゃましては悪いからと、さっとお帰りになられました。。。


ほんとうに、ひさかたぶりに、ボディワイズにお通いいただいていたお客様の顔を拝顔させていただいて、
あらためて仕事で施術をさせていただいたことを思い出しまして、気が引き締まりました。




その後、Amazonで頂戴いたしました商品を調べてみました。


ペルビス 骨盤職人 PV01


骨盤職人を使用して、心も身体もリフレッシュしましょう!
そんな腰や背中、臀部のツボを、寝ながら簡単にマッサージ することができます
材質: ラバーウッド
販売元: ペルビス株式会社
サイズ: 長さ32cmx幅10cmx高9cm(※2012年7月23日製造元確認済)

骨盤職人とは?
腰や背中を自分で指圧すると、あまり力をかけられなかったり、届かない…なんてことや、
無理な体勢や姿勢になってしまい、そのせいで逆にかえって肩や腕がこってしまい、
疲れてしまった…なんてことが誰にでもあるのではないでしょうか。
病院やマッサージ屋さんに行って手当てをするにも、
慢性的なこりを取るには時間をかけてじっくり取っていく他ありませんので、お金も時間も浪費してしまいます。

骨盤職人を使うことで、そんな腰や背中、臀部のツボを、寝ながら簡単にマッサージ することができます。
また、臀部や腰、背中をマッサージしていくことにより、骨盤矯正や、姿勢の改善にも繋がります。
骨盤職人を使用して、心も身体もリフレッシュしましょう!


使用方法
1日4〜5分”寝ながら”簡単マッサージ!骨盤職人は体に優しい木材を使用しております。
臀部や腰、背中を中心に、一箇所4~5分、一日に10〜15分程度使用することで、コリをほぐし、骨盤を矯正します。



という紹介がなされていました。


ダンサーの彼は、自己メンテナンスにも熱心で、
どのようなグッズが自分の体に役立つかという視点で、
良いものを積極的に取り入れるようになさっておられます。

彼がお勧めのものは、間違いがない効果の高い信頼できるものです。

そしてちょっと私自身も使わせていただくと、
この木製の重みがあるグッズだから安定して、
痛みもなく気持ちよく体がほどけていくのが実感できました。

球状になったボールがここちよくツルツルな感じがいいですね。
特に起立筋全体はこのツールでリリースをすればかなり緩むと思います。

最近は、ずっと母の告別式当時の夢を見続けていて、
寝る時間を持てるようになった反面、
深く寝れている感じは持ててなくて。
母の介護が始まる以前は、
3時間も寝れば体力も早々に戻って、
かなりきついワークも普通にこなせていたものでしたが。

肉体的なダメージよりも、
精神的なもののほうが、深く胸に刺さって抜けないもので、
後を引くものだと実感しています。

ですがこちらの骨盤職人を使って首周囲を緩めたら、
すっきりとあまり困った夢、悪夢もおさまって眠れました。


多謝です。



ただAmazonで価格を知ると、驚くほど高額なものです。
私からも何らかの機会でお返しをさせていただければ、と願う気持ちに。

そればかりではなく、
私が全身、傷ついて痛みを背負ったときに、
お見舞いに、「いま、いかなくては」と思えるだろうか。。。




人の優しさを感じています。



そしてこの年になって、、、ですが、多くのことを学ばせていただきました。
posted by スズキ at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする