2019年03月24日

銀座まるかん ゴッドハートダイエットJOKA青汁を摂って私は結果良好、母は課題が大きい・・

私としては、思慮が浅く失敗をしたと反省していることがあります。


一昨日前ほどから、



銀座まるかん ゴッドハートダイエットJOKA青汁 1箱

というまるかん商品を、母に試しています。


結果として、
腸内で膨張することで宿便を排泄するという仕組みから、
消化器部分に腫瘍があるため問題が生じました。

腹部の膨満感のようなものから、夜中に吐くことで対応するという流れとなり、
かなりきびしい一夜を過ごしたのです。

母には申し訳ないことをしたという思いです。




私もこちらの青汁を同時に服用してみて試してみると、
母のような病状ではないようなある程度の健康体ならば、
いままで試してみたことがあったスリムドカンのようなものとは違うレベルの腸内をきれいにしてくれる感触をつかめました。
私自身の腸内環境は数週間もすれば血液への酸化したものの吸収量は減り、
なんらかの改善を感じられるものとなると思えます。



青汁の大きな効果を秘めた緩下剤としての製品自体に問題があるわけではなく、
母の体調を考えてどれほどの量に現状服用する量を調整すべきなのか、
などの課題がでたということなのでしょう。


今の母自身、酸化した物質の腸からの吸収を減らせれば免疫にこれは大きく関わってくるものでしょうから、
ここをうまく改善したいという思いは強く、共感してもらえてはいます。

とにかくこちらの青汁を母に食していただく際に、
量を大幅に落として効かなくてもいい程度のことから始めなければならないと痛感しました。
もちろん私も慎重にと考えて、
母にとっていただく青汁の量は、様子見でかなり少なくしていたんですが、
それでも、ダメだったんですね。

またはこのたびの青汁はやめて腸内を改善させるための他の方法を考慮すべきなのではと考えています。





*---------------( 追伸 ここから )----------------*


(青汁についての追伸です---読みづらくなってごめんなさい 2019/03/25)

私のブログをお読みいただいた方から、
アドバイスのメールをいただきました。

Sさん、ありがとう御座います!!

> > 青汁の件で大変だったんだね。
> >
> > まるかんの青汁にはサイリウムが含まれているようですが、
> > サイリウムは約50倍に膨張するとのことで、その性質を活かしたダイエット製品なのですね。
> >
> > サイリウムについて調べてみると、
> > 膨張率がかなり強いので、多めの水分と一緒にとらないと逆効果でかえって便秘になったりするという記載があったと思います。


母が青汁をいただいた際、一包を250mlの水でシェイカーでシェイクしました。

毎食ごとに食前にとるといいとまるかんのホームページでは書かれていたのですが、
とりあえず「少なめに」と考えて、一日に一包のみに抑えたのですが。

それであっても負担が大きかったのです。
はじめてのことで、もっと量を減らして、
徐々に増量して安全値を測るべきでした。

慎重さが欠けていたと、反省しています。


*---------------( 追伸 ここまで )----------------*






最後に。

いろいろと「がん」について調べていくうちに、
下に紹介させていただいた本を見つけました。


聖ヒルデガルトの治療学―中世ドイツの薬草学の祖が説く心と魂の療法



ヒルデガルドという有名な修道女がおられて、
その方が語ったり文筆して残した治療的な内容についてまとめられた本です。

そして内容は現代の医学で解説しているような内容です。

お亡くなりになられた年が1179年9月17日で81歳。
当時の西洋では30歳が平均年齢でしたから、その長寿ということだけでも驚きです。
それゆえに参考になるところがあるのではと考えて、いま、読み込んでいるところです。


もしスピリチュアルな内容も嫌いではなく参考にしたいという人がいれば、
自然医学的な内容も濃く実践的な試せるレシピもあるので。
ただがんの場合、ハゲワシの嘴、、、でしたか、をつくるレメディの要素のひとつにせよというのは、、、なかなか難しい。。。

そのようなこともありはしますが、実行可能な内容で効果も後人により語られているものも多数ありますので。

興味がございます方は、ご参考までに。
posted by スズキ at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする